FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

卒業

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/kinema/1126710605/
5_20120808005942.jpg

1 :無名画座@リバイバル上映中:2005/09/15(木) 00:10:05 ID:XXf8MoNx
チャールズ・ウェッブの原作を、カルダー・ウィリンガムとバック・ヘンリーが脚色、「バージニア・ウルフなんかこわくない」のマイク・ニコルズが監督した悲喜劇。この作品で、マイク・ニコルズは、67年アカデミー監督賞を獲得している。撮影はロバート・サーティース、主題曲をポール・サイモン、そのほかの音楽を、デーヴ・グルーシンが、担当している。出演は、「奇跡の人(1962)」のアン・バンクロフト、ブロードウェイ出身のダスティン・ホフマン、TV出身で「シェナンドー河」など、2、3の作品に出演しているキャサリン・ロス、他にウィリアム・ダニエルス、マーレイ・ハミルトンなど。

製作 ローレンス・ターマン
監督 マイク・ニコルズ
脚色 カルダー・ウィリンガム
バック・ヘンリー
原作 チャールズ・ウェッブ
撮影 ロバート・サーティース

アン・バンクロフト Mrs._Robinson
ダスティン・ホフマン Ben_Braddock
キャサリン・ロス Elaine_Robinson
ウィリアム・ダニエルズ Mr._Braddock
マーレイ・ハミルトン Mr._Robinson

原題 The Graduate
製作年 1967年
製作国 アメリカ
配給 ユナイト
映倫区分 G


183無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/11/02(木) 08:16:12 ID:6V3kg6BM

14_20120808005941.jpg

邦題つけたの水野晴郎

184 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/11/02(木) 10:39:55 ID:/LVbVI/R
>>183
原題は『卒業生』で邦題が「卒業」。
似てるようでニュアンスはかなり違う。
邦題の方が断然いいね。

277 :無名画座@リバイバル上映中:2009/01/31(土) 16:18:31 ID:tw01rKU9
英語でGraduateはもちろん卒業生だが、
どこを卒業したかが問題だ。

普通英語圏ではgraduateは大学を卒業した場合にだけ使う。
だからGrarudate=もうすでに卒業した人=大学院生

それにtheが付くから
The Graduate=ある大学院生

つまり
The Graduateというのは将来の目標も決まらずに悶々としてとりあえず大学院に入った
アメリカの有閑階級の退廃した生活を描いた映画なんだよ。

10 :無名画座@リバイバル上映中:2005/09/16(金) 14:13:57 ID:wQw2sM6E
よく出来てる映画ですね。
今見てもそのテンポの良さには驚きです。
無駄がなく、エンディングまで一気に見せる
見事な脚本とシャープな演出に脱帽ものです。

11無名画座@リバイバル上映中[sage]:2005/09/16(金) 16:27:12 ID:YsHNDdIY
大好きだ。
ビデオの頃から何度も見てDVDを購入した時の喜びはひとしお。
面白くて、切なくて、名台詞いっぱい。

そしてなんと言っても、名シーンが多い。
自分は、あの、キャサリン・ロス演じるエレーンを追って
大学のキャンパスで、ホフマン演じるベンがひたすら待つ描写。

美しい・・・・そしてサイモンとガーファンクルの♪スカボロ・フェアが。
ともかく曲がこれほどまでに鮮やかに映画に染み込んだ映画は多くはないでしょうね。

12 :名無しさん:2005/09/16(金) 19:29:49 ID:R6qWgifl
>>11
ほんと、不思議な歌詞だけど良い曲だねえ。スカボローフェア。

14 :無名画座@リバイバル上映中:2005/09/17(土) 03:11:05 ID:yd1L94g0

41_20120808005940.jpg

教会から連れ出して、バスに乗ったシーンで、ホフマンの顔が笑ってない。
あの笑ってないところの意味を考える。
覚悟か、不安か、少なくとも希望ではない

15 :無名画座@リバイバル上映中:2005/09/17(土) 03:22:28 ID:ULgrSqdV
ダスティン・ホフマンとキャサリン・ロスが、それまでの笑顔から急に真顔になるんだよね。
ついつい勢いで花嫁略奪&結婚式場から逃亡しちゃったけど、
よく考えたら「うわー、とんでもない事やっちまったよ・・・」という、不安が急に大きくなってしまったような表情に見える。
しかし、実際はあの表情はあの二人の素の表情で、監督がわざとそのまま撮り続けてカットしなかったのだとか。
観客に、二人の気持ちについて大いに想像を働かせてもらおうとして、敢えてそうしたんだってね。

79無名画座@リバイバル上映中:2006/01/13(金) 17:11:13 ID:LBQrlZ8P
今でも分かんないのが最後のシーン。
二人で逃げ出してバスの中、女のほうは何度も笑いかけるのに男は微妙な無表情に近い笑顔…なんでかな?

80 :無名画座@リバイバル上映中:2006/01/13(金) 19:09:57 ID:u8gDN66/
>>79
「うわー、やべー、俺とんでもない事しちゃったよ・・・」
と、途方にくれている表情なのでは。

実際は、なかなか監督の「カット!」の声がかからないので
困惑している表情だそうです。
監督はわざとそうしたらしいけどね。
だから、ああいう何ともいえない表情を撮る事が出来たと。

87 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/02/05(日) 02:58:56 ID:gSvF5Gw+
>>79
そうかな?
エリートコースめざして略取優等生コースを糞真面目にやってきてた
男が人妻と関係するは、娘とも出来ちゃうは、挙句の果ては激情にから
れて駆け落ちまでしてしまったんだよ。
略取誘拐罪かなんかで訴えられるのは明白だし、大学出たての若造が
明日からどうして生活していくべえかと色々と不安になるのがが普通じゃ
ないのか?
ひょっとすると数日もおかず2人は別れてしまうんじゃなかろうかと思わ
せる様なラストショットは、マイク・ニコルズがこの映画の全ての登場人
物に向ける皮肉な視点を感じてしまう。
決して純愛を貫徹した若者の青春賛歌(うう、喉が痒い!)なんて陳腐な
映画じゃないと思うよ。

81 :無名画座@リバイバル上映中:2006/01/15(日) 14:50:25 ID:8lHURvhr
なるほどねー。
なんか演技にしては微妙な表情で…
「不安感」そんな顔だったもんね、その後どうなるんだろってずっと思ってたよ。
監督は狙ってやってたのかな?

82 :無名画座@リバイバル上映中:2006/01/18(水) 19:48:40 ID:uFos0T2N
だとしたらすごい演出!
オスカー監督賞は納得

13 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2005/09/16(金) 20:20:23 ID:0M2vB9Ps
この頃のマイク・ニコルズは好きだな
「バージニア・ウルフなんかこわくない」とか
「愛の狩人」とか。
「キャッチ22」は好きじゃないけど、ところどころ凄く良いシーンが
あった

90 :無名画座@リバイバル上映中:2006/02/05(日) 22:32:08 ID:JdDPYAxC
ああいう行動を取ってしまった以上、もう後戻りは出来ないんだし
二人で暮らして行くしか無いと思うけどな。
エレーンだって今更ノコノコとは戻れないでしょ。

91 :無名画座@リバイバル上映中:2006/02/06(月) 08:21:34 ID:wN0GsdPD
同じように感じました。
なぜか、あの二人は別れてしまうんじゃないかって不安感の残る最後でした。

教会の扉に十字架でカンヌキをかけ、二人で手をとり走り去る…ここまではファンタジーだったんだけど。

25 :無名画座@リバイバル上映中:2005/09/20(火) 00:34:05 ID:Vkk3N6SM
この男女の後日談が、クレイマークレイマー

5 :無名画座@リバイバル上映中:2005/09/16(金) 04:28:21 ID:jBmBSQ1t

51_20120808005939.jpg

ロビンソン夫人怖すぎ

20無名画座@リバイバル上映中[sage]:2005/09/19(月) 23:34:13 ID:UQofnsLD
女としては夫人がかわいそうで仕方なかったけどなー。
娘に手を出されるなんて、かなり辛いと思う。
しかもそんな非道なことをしておいて、夫人を悪者扱い…
哀れ…

21 :無名画座@リバイバル上映中:2005/09/20(火) 00:04:20 ID:dqgZwZ8T
>>20
おいおい、最初に誘惑したのは夫人の方だろ
それに、ベンは最初は娘とデートするのも気が進まないみたいだったしな
でもデートしてみたら、やっぱり若い子の方がいいやって思っちゃったんだろうな
まあ母親と娘の両方と付き合うなんてどうかしてるが、
そもそもの原因を作ったのは夫人だからね

22無名画座@リバイバル上映中:2005/09/20(火) 00:26:11 ID:KuaWYbzE
それを言ったら夫人の旦那にも責任がある事になる。
そーいう善悪を説く映画ではないよ。

23 :無名画座@リバイバル上映中:2005/09/20(火) 00:27:45 ID:dqgZwZ8T
>>22
でも>>20みたいに夫人に同情する気にはなれない、悪いけど

26 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2005/09/20(火) 02:52:47 ID:KuaWYbzE
>>22
分かってるって。
この映画を現実則に当てはめてもしょうがないって事を言いたかった。

31 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2005/09/24(土) 12:43:51 ID:6cC7pM13
確かに夫人は若い男の子誘ったりしてちょっとあれな所もあるけど
最終的には恋をしてたわけだし、女になってたわけで、やっぱり可哀想ったら可哀想!

28無名画座@リバイバル上映中:2005/09/22(木) 01:18:03 ID:3/520SKG
若かったから凄く感動しました。ラストの二人の表情は、いろんな思いが
詰まっているのが伝わって好きですね。
大人になって親子どんぶり映画って書かれてあって
ショックだったなー
まあ、確かにあのまま二人が仲良く暮らしましたって
無理ある気がするけど。。
でもやっぱり大好きですこの映画!
今、音楽を聞いてもシーンが浮かんでくるし。。
大人になるってある意味、残酷?

29 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2005/09/22(木) 01:31:26 ID:/MLEvUGS 
>>28
結婚はゴールじゃなく、スタート。
そんな嬉しさと不安を、かみ締めてるようなラストの2人の表情が良かったですねー。

32 :無名画座@リバイバル上映中:2005/09/28(水) 10:24:00 ID:2QxzY3PU
あの映画は娘がでてくるまでの前半がいいんであって、後半は退屈。
夫人のほうが娘よりはるかにいいのにな。と若い俺は思った。
今もそう思うけど。

33 :無名画座@リバイバル上映中:2005/09/28(水) 10:55:17 ID:W8bPUXEH

77_20120808005939.jpg

キャサリン・ロスってぜんぜん美人と思わない。
ニュー・シネマの頃は、美に基準が狂っていたとしか思えない。

34 :無名画座@リバイバル上映中:2005/09/28(水) 11:10:45 ID:2QxzY3PU
あれはミス・キャストだな。だけどアン・バンクロフトとだったら
誰がやっても食われただろうな

35無名画座@リバイバル上映中[sage]:2005/09/28(水) 13:49:37 ID:cDO9xY64

aQ_20120808005958.gif

はあ? ダスティン・ホフマンだって全然ハンサムじゃないでしょ?
オキマリの「美男美女物語」に抵抗したのもニュー・シネマ。

36無名画座@リバイバル上映中:2005/09/28(水) 14:31:01 ID:2QxzY3PU
>>35
そうかあ?「俺たちに明日はない」のウォーレン・ビーティなんてアランドロンなみだろ。
俺は興味ないけど。ロバートレッドフォードとかポールニューマンも悪くない。
あれもニューシネマだろ。

37無名画座@リバイバル上映中[sage]:2005/09/28(水) 19:03:16 ID:cDO9xY64
>>36
別にニュー・シネマが美男美女撲滅運動ってワケじゃないさ、そりゃw
「別に美男美女でなくたっていいじゃん」ということだってばさ。

まあニュー・シネマ以前のハリウッドでは、ジャック・ニコルソンや
フェイ・ダナウェイがスターになることはなかったんじゃないの?

つまり、当時だって誰もキャサリン・ロスが美人だとは思ってなかったでしょ。
ただ、彼女が登場したときの新鮮な雰囲気みたいなものは、いまとなっては
判り難くなってるとは思うかな。エリザベス・テイラーとかオードリー・ヘップ
バーンの時代に現れた「等身大の女優」って感じね。

38 :32:2005/09/29(木) 11:07:59 ID:PsFZL9Ee
>>37
キャサリン・ロスは美人だと思うよ。だけど人形みたいで魅力がない。

43 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2005/09/30(金) 00:44:41 ID:Cyrk22xF
>>37
同意。
キャサリン・ロスは、あの時代の雰囲気を体現していた女優だと思う。
カリフォルニア大学バークレー校のキャンパスを歩く姿など、本当に在籍している学生のように見えた。
そんな等身大の魅力を感じる女優は、ニューシネマ以降。
完璧な美を求めていたハリウッドへのアンチテーゼではないだろうか。

185 :無名画座@リバイバル上映中:2006/11/07(火) 13:04:21 ID:ynoSd7fI
それまではデカパイじゃないとハリウッド女優はダメって云われてた。だからニューシネマはわざとペチャパイ女優を起用した。
キャサリン・ロスは可愛かったから良かったけど、キャンディス・バーゲン、フェイ・ダナウェイはホントギスギスでもう勘弁してほしかった。
まあ女性をそんな眼だけで見てはいけないんだろうけど、映画の中ぐらいは許してくれよ・・って思ったな。

186 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/11/07(火) 16:24:27 ID:rtLZeMu3
おっぱい振り回すのは当て付けだったのか

308 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2009/03/20(金) 15:51:30 ID:4UEEYkq4
ストリップ女が調子こいて、エレ-ンの後ろで乳 揺らしてたけどベンに追い返されるシーン面白い

41 :無名画座@リバイバル上映中:2005/09/29(木) 22:28:51 ID:3/gd9Vgi
キャサリン・ロスは良くも悪くもアメリカンニューシネマの象徴だね。

42 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2005/09/29(木) 23:53:38 ID:c3rWoWv7
ニューシネマ最高!

52 :無名画座@リバイバル上映中:2005/10/02(日) 07:36:42 ID:gHZp4orB
ニューシネマ=希望のもてないエンディング(ベトナム戦争のせいか?)
と昔から思ってます。
卒業の2人の表情、俺たちに明日はない、明日に向って撃て、イージーライダー等。
でもキャサリンは昔から好きで写真集ももってました。

53 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2005/10/02(日) 09:37:38 ID:FXnUJ/ML
ニューシネマはコミカルに始まってバッドエンドって感じが多いね。
やっぱり、ああいう感覚が好きなんだよな。

67 :無名画座@リバイバル上映中:2005/10/22(土) 12:17:10 ID:VDaYIy6s
この30年近く、爽やかな青春映画と思ってたけど、
ここ来てみて冷静に考えてみたら、
自分の母親と何度も寝た男と結婚しようとするなんて・・・
スゴイ話だったんだね。
身震いしたヨ。

68 :無名画座@リバイバル上映中:2005/10/22(土) 20:07:28 ID:HJpHDIIx
いや、どこをどう見ても「爽やかな青春映画」には見えないが・・・。
ラストシーンの鮮烈な印象により、そういうイメージを
持ってしまう人も多いけどな。

69 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2005/10/22(土) 21:01:04 ID:yGzlkd9E
なんとなく有閑マダムの寝室に置いてある化粧水の香りが漂って
きそうな映画。「泳ぐひと」にも同様のものを感じる。
あとはW・ビーティの「シャンプー」とかね。

70 :無名画座@リバイバル上映中:2005/10/23(日) 01:01:00 ID:/fZ2lEiy
確かに親子で関係をもってハッピーエンドは
おかしい映画かもしれない。でも
公開当時、あれだけ支持されたのはそれを
超えるものがあったからではないでしょうか。
3人の個性と演技力、音楽、カメラワーク
それらがうまくまとまっていたと思う。青春の
一編に私は、はずせません。、

103無名画座@リバイバル上映中:2006/03/12(日) 10:07:28 ID:F4pj8L2J
ダスティン・ホフマンが教会の窓を小刻みに揺らして「エレーン!」と叫ぶ場面は
本当は窓をドンドンと叩く予定だったが、あの教会の人から
「それはやめてくれ」
と言われて許可が降りなかったので、
やむなくああいう形になったという。
それが、彼の切迫した心情を表す上では却って効果抜群の演出になった。

123無名画座@リバイバル上映中:2006/05/14(日) 15:13:59 ID:e+gPRtIv
エレーンが、ベンに連れて行かれたポルノ劇場で
大粒の涙をポロッと流すシーン。可愛かったなあ。
あの純情娘の涙には大抵の男なら、守ってあげたくなっちゃう。
この娘しかいないと一途な男こそ思っちゃうかも。

132 :117:2006/05/20(土) 00:46:37 ID:fAaI54im
>>123

うんうん。君は正しい。

133 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/05/24(水) 02:46:09 ID:oe8733DC

2401540_20120808005958.jpg

動物園に向かうエレーンのバスを追っかけるのがいいなあ。
俺もやりたいよ。「やあ、偶然だね!(ハァハァ)」

138無名画座@リバイバル上映中:2006/06/06(火) 22:21:17 ID:BMHJtG+F
あの最後の協会でオルガン弾いてるタガが外れたような女が
出てくるたびの、爆笑だわ
なんでか、見るたびにわすれてるんだけど、去年また見る機械があって
やっぱ、一人大爆笑、なんであのシーンがあるかなあ?
やっぱ計算していれてんだろうな

142 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/07(水) 21:52:16 ID:+RWig59W
>>138

たしかに、さっきみて、こんなシーンがあったんだと
確認しました、めっちゃ可笑しい
ある意味、見事な演技、10秒くらいの中であんな演技ができるんだなあ

139 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/07(水) 12:24:06 ID:7zIlsKdJ
「卒業」はコメディでもありますから。

140 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/06/07(水) 17:13:23 ID:kil09PVE
コメディ劇団セカンドシティ出身だからね、ニコルズは
ベルーシやビルマーレイと同じ。

どの映画にもシニカルコメディ的な要素が入ってるよ
「心の旅」のリッツとかw

212無名画座@リバイバル上映中:2007/05/29(火) 18:44:07 ID:JF+xGgm0
アン・バンクロフトは晩年、自分がサリバン先生ではなく、ミセス・ロビンソン
として人々に記憶されていることに不満を述べていたそうです。ホテルでホフマ
ンにいきなりキスされて目を白黒させていると思ったら唇を離したとたんに煙草
の煙をフーッと吹き出すお笑い、ウェイターをうまくつかまえられないホフマン
に対して低い声でひとこと「ウェイター」と呼び止める熟女の貫禄、本人が不満
でも私はミセス・ロビンソンが大好きです。この作品は現実であればとんでもな
いお話を、コメディとして作ったところがさすがハリウッドです。

214 :無名画座@リバイバル上映中:2007/05/30(水) 10:52:15 ID:ON14rtUp
>>212
禿同 !!
そうですよね、バンクロフトと言ったらミセス・ロビンソン。

いわゆる映画に出てくる“年上の女”キャラではベストワンだと思います。
ちなみに2位は自分的には『おもいでの夏』のドロシーです。

173 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/10/05(木) 02:17:56 ID:bPhvpa3Y
花婿の立場は?

174無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/10/05(木) 10:42:52 ID:Ab948pWK
一番の被害者だよね。
同情します。

175 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/10/08(日) 20:29:12 ID:M+47IKt/
>>174
女たらしだしいいんじゃない?w

177無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/10/11(水) 00:36:52 ID:XdvONnv8

2003836_201111180450135001321542053c_20120808005938.jpg

一番の被害者はエレーンの親父

178 :無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/10/11(水) 16:33:16 ID:uGoTkQGI
>>177
確かにそうかも。
妻を寝取られ、娘も盗られ、
もう散々だね。

106 :無名画座@リバイバル上映中:2006/03/21(火) 23:50:33 ID:o3X0dhRO
ってか車運転すんのにベンに酒をすすめるロビンソン家はどうなってるんだ

189無名画座@リバイバル上映中:2006/12/04(月) 19:48:22 ID:SO2tc4es
この映画は人が生まれてから死ぬまでの映画と勝手に妄想している。
冒頭の飛行機から飛行場の場面と最後の教会からバスへの場面がその辺を良く象徴しているのでは。
だから飛行場の場面の後は・・・
個人的にはダスティン(性器)が潜水服(皮)をかぶせられプール(性欲)に沈められ笑われていたのが
プールの上で自らベストを脱いで自由に泳ぎまわる場面との対比が秀逸だよね。

190無名画座@リバイバル上映中[sage]:2006/12/05(火) 10:39:15 ID:1aQXtcum
>>189
ものすごい解釈だわw

191 :無名画座@リバイバル上映中:2006/12/05(火) 12:30:14 ID:BERUpElv
>>190
でも冒頭の場面を見直してみ。ラストの場面と対照的なのが分かるから。

関連記事

  1. 2012/08/09(木) 21:28:49|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【画像】マコーレー・カルキンさん(31歳)の老化の過程を時系列でご紹介 | ホーム | スーパーヒーローたちの日常を激写>>

コメント

キャサリンロスはかなりかわいい
  1. URL |
  2. 2012/08/09(木) 23:42:35 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

キャサリンロスってケイトマーラに似てるよね
今風の顔だなと思う
  1. URL |
  2. 2013/01/13(日) 18:10:42 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/3148-5d8450a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR