FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

LOVERS

【金城武】     謀     【LOVERS】
http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1092498814/


1 :名無シネマ@上映中[]04/08/15 00:53 ID:CYjjA9XP
語れ
http://www.warnerbros.co.jp/lovers/


48 :名無シネマ@上映中[]04/08/28 18:53 ID:LInVOqB+
かなり大味の映画
HEROもそうだったがアクションと映像美を抜かしたら
何が残るのだろう
まあチャン・ツィーには萌えたけどな・・・

50 :名無シネマ@上映中[]04/08/28 18:55 ID:ZxiK5zSg
インファナル・アフェアでラウさまに
はまった私としては
HERO英雄と甲乙つけがたい。

51 :名無シネマ@上映中[]04/08/28 18:57 ID:LInVOqB+
>>50
ラウたん悲しかったね・・・

59 :名無シネマ@上映中[]04/08/29 02:40 ID:ZGgMlWxo
今日、観て来ました。
いろんなところでボロクソ書かれてるから
全然期待しないで観たら、かなり面白く感じました。
みんな、内容がないって言ってるけど
ドンデン返しあったりとなかなか。
あと、チャン・ツィイーがかなりかわいい。
吹雪の中、後ろの木が静止してるのはどうかと・・・

60 :名無シネマ@上映中[sage]04/08/29 03:16 ID:9IgB1uzv
あのー、どうして金城をだまして連れ出したのか
よくわからないんですけど。
何か情報でも聞き出したのか?
官吏を一人殺すのにこんな手の込んだことする必要もないような。
「二転三転するストーリー」は結構なんだが、HEROとちがって
今回は腑に落ちない点が多い、、かな。そこそこ楽しめたんだけどね。

65 :名無シネマ@上映中[sage]04/08/29 15:28 ID:gpxwKCD4
>60
この映画ではそんな細かいストーリーは気にしてはいけません。

129 :名無シネマ@上映中[sage]04/08/30 00:25 ID:lC1CzA3T
俺の感想は>>60に似てるかな。
手の込んでる割にはいまいち意味がない大陰謀に萎え~。
や、「英雄」よりかは面白かったんだけどな。ちゃんと起きてられたから。

131 :名無シネマ@上映中[sage]04/08/30 00:36 ID:Paan65sR
>>129
基本的に飛刀門は朝廷のものは斬るわけでしょ。
金城は朝廷側の弓と刀の達人のエリートなんだから
味方を裏切らせて一人で連れ出してから色仕掛けで殺したほうが
簡単で後腐れ無しということじゃん。
女ボスが結婚どうこう聞いたのは色仕掛けの掛かりぐあいを
確かめたということで。

136 :名無シネマ@上映中[sage]04/08/30 00:45 ID:lC1CzA3T
>>131
あの世界に金並みの使い手がどれだけいるのか分からんけど、とりあえず
あんなややこしい手を使ってまで謀殺しなきゃいけない大物なのか…つーと、
なんか違う気がするんだよ。映画内の描写だけだと。
飛刀門側が金個人を激しく警戒してるような描写がもっとあるか、または
金をおびき出すことが更なる策略の糸口になっていくとか、その辺り、
もうちょっと説明がほしかった気がする。

あ、原作嫁ってのは無しの方向で。

138 :名無シネマ@上映中[sage]04/08/30 00:53 ID:Paan65sR
>>136
うん、折れも原作はまだ読んでない。
映画の中じゃ、ラウと二人でその地方の官軍のトップみたいだったからさ。
一番最初のほうにラウが遊郭に飛刀門の女がいるとか言って送りだしてるじゃない。
映画の最初から金城を暗殺する計画がスタートしてたってことでしょう。
あとから思い出すと。

149 :名無シネマ@上映中[]04/08/30 01:12 ID:D1G2oNg7
>>136
つーか、終盤、頭目が金城のことを「用なしだから殺せ」といってるように、
金城は別に目的じゃない。

・つかまえた飛刀門の暗殺者は、じつは全頭目の娘(反乱軍の大物)、
・それが逃げた(金城的には潜入捜査のつもり)、
・ラウが将軍に報告、
・地方軍隊(ラウと金城所属)じゃなく、将軍直属の精鋭部隊が出陣
(一気に飛刀門を叩きつぶすチャンス)

将軍(精鋭部隊)てきには、敵を襲撃のつもりだが、それは逆に飛刀門
の考えたシナリオで、地方軍隊ではなく将軍直属部隊を叩いて、一気に戦局
を変えようとした、もしくは手薄になった中央(将軍)を叩く(ラスト前の
精鋭部隊が剣を構えているが、やけに静か、というのはその暗示?)
ということでしょ?
そもそも金城はあくまで飛刀門(ラウ)の計画の為の、駒でしかない、
っていうのは、普通に十分説明してあると思うが、、。

154 :名無シネマ@上映中[sage]04/08/30 01:18 ID:Paan65sR
>>149
なるほどねー。

67 :名無シネマ@上映中[sage]04/08/29 16:41 ID:HT1LZGQn
移動シーンに工夫が無い上長いのでダレる。
朝廷側の追手の襲撃もワンパターン。
でも欠点はこの2点くらいで殺陣も俳優の演技もストーリーも
ほぼ満足。というかそんなに期待もしてなかったし。
英雄HEROとかよりもヘヴン・アンド・アースやMUSA武士と同列に比較
した方がいいかも。

76 :名無シネマ@上映中[]04/08/29 19:27 ID:6MQfadu0
物語は穴だらけな上に在り来たりな恋愛物。アクション・シーンは
迫力がなくまるでダンスのよう。

とはいえ、美術や衣装は素晴らしい。チャン・ツィイーは綺麗で
踊りの場面が圧巻。アンディ・ラウはちょっと渋くて格好いい。
そして何よりも金城武が



美 し い 。

鼻血を垂らした間抜け面になっても美しいままだ。凄いぞ、金城武! やはり恋愛物は
男女ともこの位の美形でなくちゃね。ラストでちょっとだけウルウル
しちゃいました。

77 :名無シネマ@上映中[]04/08/29 19:31 ID:EMIC+1iR
個人的観方で申し訳ないが聞いてくれ。
ラストの雪は幻というか主人公たちの心の表れというか・・・
現実の結末は竹林の中に刀を持った官兵が駆けて行ったところまでだと思った。
その後の野原での三人の戦いは三人の残留思念を形に表した・・・ではないだろうか?
本当はすでに死んでるんだよ。

107 :スマソ[]04/08/29 23:17 ID:1A2d/5wL
アニタ・ムイて誰ですか?エンディングでムイに捧ぐとあったので。

110 :名無シネマ@上映中[sage]04/08/29 23:18 ID:QLdIUXn5
>>107
http://news.searchina.ne.jp/topic/198.html
ここ参照。

270 :名無シネマ@上映中[sage]04/08/31 18:08 ID:oDPabsmQ
>>107
アニタムイは
今回の映画で本当は飛刀門のnew頭領やるはずだった人。
病気で死んだのでその部分がなくなって、今みたいな
形になったそうだ。

116 :名無シネマ@上映中[sage]04/08/29 23:55 ID:M4jmku8z
なんでアンディ・ラウが、投げないで投げるフリしたのかよく分からん。
どっちにしてもチャンツィは抜くだろうから、結果は同じだと思うんだが。

119 :名無シネマ@上映中[]04/08/30 00:08 ID:vDOPtbgp
あくまで想像ですが劉(アンディ)の愛は狂気をはらんで屈折してるから
金(金城)と小妹(チャンツィ)に死を与えることは二人の愛に負けたことに
なるから投げるふりをして自分と小妹で黄泉の世界へいきたかったんじゃないか?
いろんな解釈あるだろね。

122 :名無シネマ@上映中[sage]04/08/30 00:11 ID:Paan65sR
>>116
ツィーが金城が好きだから殺すとツイィーが可哀想だからか
ツイィーのナイフで刺されて一緒に死にたいからか
両方とも取れそう。
ツイィーはラウ自身は狙わずそのナイフを狙ったのが
血とぶつかるシーンで。
ツイィーは身を捨てて2人の男に気を使ったことになるべさ。

140 :名無シネマ@上映中[]04/08/30 00:55 ID:D1G2oNg7
>>116
基本構造は、ラウがナイフ投げて金城死亡、ラウはチャンのナイフで死亡
チャンはナイフ抜いて出血で死亡の三竦み状態

ここで、金城が自分が先に殺される距離にいくから、チャンのナイフ投げは
無駄になるからやめろ(ナイフは抜くな)ということで、自分の命よりチャンの
命を優先するという「愛」を見せてラウに一歩リード、、。

くやしいラウ、ナイフを投げるふりをすることで、飛んできたチャンのナイフで
死亡&チャンの出血死による、無理心中作戦。
「へっ、俺達二人で美しくあの世行き、おまえは一人この世で生きろ金城め!」

しかし、愛した二人を助けるため、チャンはラウではなく、ラウが投げた(はず)
のナイフをねらう。(ナイフの代わりに飛んできた血にあたるナイフ)

結局、チャンだけ出血死で、二人は生き残る。

ってことだよね?

137 :名無シネマ@上映中[sage]04/08/30 00:46 ID:Paan65sR
あの紅葉した山と一面の花の草原のところ綺麗だね。
ウクライナなのか。
中国にはああいうところは無いってことかな。

162 :名無シネマ@上映中[]04/08/30 02:02 ID:C84Z3ZeE
ウクライナの花畑、そんなに綺麗かなあ?
あんなとこまで行くより、中国にもいいとこありそうな気がするけど。
ただ、相当な高地だろうけどね。

164 :名無シネマ@上映中[sage]04/08/30 02:14 ID:Paan65sR
>>162
やっぱ紅葉した山と花畑が一緒なのは珍しいんじゃないかなあ。

217 :名無シネマ@上映中[sage]04/08/30 22:49 ID:gNGe6iqh
小妹が盲目を装っていた理由って何???

219 :名無シネマ@上映中[sage]04/08/30 23:13 ID:Eo4kkCSp
>>217
盲目で知られている前頭目の娘と思わせることじゃないのかしら。

221 :名無シネマ@上映中[sage]04/08/30 23:19 ID:BdzIsB+j
何回も殺されかけてるのによく見えない振りできたな。
襲ってきてるのが秘湯門ならともかく。

225 :名無シネマ@上映中[sage]04/08/31 00:20 ID:41gUu+EA
HEROが好きだったから見て来た。
相変わらずワダエミの衣装最高。動きも考えた衣装で素晴らしい。
ロケーションも良い。綺麗な景色を楽しむという点にはLORに劣らず。
ただ、HEROはワイアーアクションがこれでもかって感じで出て来て、ある意味
突き抜けてるなって感じだったが、今回はラブストーリーという事もあって
アクションが中途半端になって反って浮いてしまってる印象だった。
自分的にはHEROの方がすっきりして良かった。

220 :名無シネマ@上映中[sage]04/08/30 23:18 ID:WzXAFVIc
ツーイーは、金城と言うより、
「風のように自由に」という言葉に強く惹かれた深層心理。
三年も待ったのに、心変わりされて哀れすぎなラウが一番人間臭くてよろしい。
顔もカコイイ43歳。

231 :名無シネマ@上映中[]04/08/31 00:54 ID:RX14eWo6
>>220 言葉だけではないと思うのだけど・・
小妹は風隋を愛してしまった自分に気付き一人で旅立ったのに
風隋は謀の中にいると知りながらその後を追い竹林で小妹を救った。
愛を口に出さなくてもいざという時は愛の為に捨て身になれる人だと確信した。
最後のシーンで小妹の為に刀を捨てた。それがいい証拠
劉は確かに気の毒だけど3年も愛していたのにという言葉は自己満足。
もはや風隋に心が動いた小妹を引き止める術もないと思う。
まだ一回しか見てないのでここでの書き込みを読んでまた見たくなりました。
自分の解釈が変わるかもしれないし新たな発見もあるかもしれないから。

259 :名無シネマ@上映中[sage]04/08/31 15:10 ID:Q6N2j9Lc
前にここで「2度目は全然印象変わる」というレスがあったから
ちょっと試してみようと思って2回目見てきた。
ほんとだね。かなり違った。不思議なくらい面白く感じた。
1回目は、映像はすごいけどストーリーがなんて浅いんだと思ったけど
今回は3人それぞれの想いが結構胸に響いてちょっと泣けた。

262 :提供:魅せられた名無しさん[sage]04/08/31 16:36 ID:+xfDKu+0
>259
私も同じ。2度目で感動した。
イーモウの描き方って
台詞に伏線があったり、行動に意味があったりで
奥深い。ストレートじゃないんだね。
だから1度目じゃ気がつかないとこもあった。
それに1度目は「謀」の全容がどうなのか拘りすぎてたかも。

291 :名無シネマ@上映中[]04/08/31 23:29 ID:IWtHNR85
金城がツィイーに自分の顔を触らせようとしたとき
やおらツィイーがしゃがみこんだシーンにはビクーリした。

294 :名無シネマ@上映中[sage]04/08/31 23:45 ID:JjoigVJ8
>>291
俺も一瞬言わずもがなな想像したあと「そりゃないわな」と思い直したが
あれはひょっとしてねらいか?

368 :名無シネマ@上映中[]04/09/01 20:08 ID:4+zhSd2s
正直、この扮装の金城武に三日間で惚れるのは厳しい。
かなりの遊び人という設定ですしー。
アンディの方が顔が良いし。
最後に金城を追わなければメデタシなわけですし。
歯痒いなあ。断然アンディ派だ、自分は。



369 :名無シネマ@上映中[sage]04/09/01 20:26 ID:EZ11MPDM
>>368
顔じゃなくて、命をかけて自分を守ったって事に惚れたんでしょ?

374 :名無シネマ@上映中[]04/09/01 20:56 ID:9cfm13nX
>>368
アンディのほうが顔がいい?わたしゃ、あの鼻がいやだ!

384 :名無シネマ@上映中[sage]04/09/01 22:02 ID:lg+olzw6
今日確認したが、エンドロールで俳優達のスタントマンの名前まで出てた。
金城はひとり、アンデぃ・ラウは3人、ツィイーも3、4人いた。
きちんと誰のスタントやったと名前を出してもらえるんだね。
日本と偉い違いだな。

382 :名無シネマ@上映中[]04/09/01 21:33 ID:qoSHv7qW
この映画の金城ていつもの荒い鼻息だけ本物で後は吹き替えなんでしょう
日本語、北京語、広東語、台湾語、英語
どの言葉もすべて中途半端な奴だ

383 :名無シネマ@上映中[sage]04/09/01 21:55 ID:LNxnXS1q
>382
すみません、
金城はほとんど自分で北京語で喋っていますが、何か?
金城&ツィイーの吹替えは一部分だけ。昔の中国語の言い回しの所ね。
アンディ・ラウは全て吹替え。
遊郭の女主人も一部吹替えだよ。

HEROの時よりも、台詞が昔の言い回しだから俳優達は大変だったろう
と監督談。

386 :名無シネマ@上映中[]04/09/01 22:06 ID:k3uhF3Zu
年季の入った武迷の方がほとんど武ちゃんの声は吹き替えで残念と
言っていましたし、私も実際映画を観てそう思ったのですが。
383さんの情報は正確なものですか?
アンディは自分で全部しゃべってるように感じましたよ。

394 :名無シネマ@上映中[sage]04/09/01 22:30 ID:rvj/LBxp
アンディ・ラウは残念ながら声が全く違いますよ。
メイキング映像見た人は、わかると思います。
アンディ・ラウファンに確認済み。
香港の人は大陸物に出る時は、なまりが強いのでほとんどの俳優が吹替え。
例え北京語を喋っていても、なまりがある分、口の開き方が変わってくるので
吹替えにすると口が微妙に合ってないのがわかります。

金城君とチャン・ツィイーも一部吹替えのところがありますね。
これは声が違うのでわかります。
ほんと中国の時代劇に出てくる、昔の言い回しのところが吹替えのようですが。
ほとんど、吹き替えなんていう人良くわかって無くてないのではないでしょうか?

413 :名無シネマ@上映中[]04/09/01 23:14 ID:/lZYLDF1
鼻血はカッコ悪からやめてほしかった・・・

426 :名無シネマ@上映中[]04/09/01 23:33 ID:Z8uREoFm
ツイィーの肩のラインきれい 細いけれど女らしいなまめかしいラインがエッチ



513 :名無シネマ@上映中[]04/09/02 11:55 ID:SdZdd+w1
ラストだけど
小妹の意図は直ぐに分かるんですよ。自分が死んで二人を生かす女心が。
ただ劉が随風を殺らなかった理由が分かり難いというか伝わらない。
後で考えれば色々と想像はできるんだけど映画館のその場では…。

自分は小妹の刀で命を落として一緒にあの世へ逝って満足し
敢えて殺さずに女の死の悲しみに独り生き地獄に落とすという意図なのか。

どうもそんなところなんだろうけど
それにしてもその心理は理解し難いような。あまりにも陰険すぎる。

咄嗟の気持の変化で刀を投げるのを止めた…という感じにも見えて。
その気持に何らかの感動するべき他の要素が有ったらなと思うんですが…。

514 :名無シネマ@上映中[sage]04/09/02 11:56 ID:DCVlsmsl
風のように自由に生きる人間が一人くらい残ってもいいんじゃ

515 :名無シネマ@上映中[]04/09/02 12:04 ID:SdZdd+w1
そうだね。
そんな気持が劉に湧いたとしたら感動ですよね。
その背景に組織の非道とそれに翻弄される同じ駒としての共感があって。とかで。

517 :名無シネマ@上映中[sage]04/09/02 12:41 ID:jBppeP6B
劉は小妹のために剣を捨てた随風を見て自分の剣を投げなかったのでは?
しかし小妹は自分の命がなくなるのをわかっていて剣を投げた。
その時、劉は気が付いた。自分の愚かさを。
だから自分に刺さってる剣を抜いた。

518 :名無シネマ@上映中[]04/09/02 12:52 ID:QJi1esJ0
随風が小妹の命を救う為に自ら刀を捨てたとき
劉は完全に敗北感を感じたのだと思う。
去っていく後姿は抜け殻のようだった。

532 :名無シネマ@上映中[sage]04/09/02 17:12 ID:wpbKKZzD
劉と金の友情についても描かれてたら、もっと面白くなってたし納得も出来たんだけどね。
俺は、劉は小妹を試したんじゃないかと思ってたよ。
もし小妹が刀を抜けなかったら「やっぱ金の命より自分の方が大事なんだろ?」って感じで。
でもやっぱ>>140の解釈が一番辻褄が合ってる気がする

562 :名無シネマ@上映中[sage]04/09/02 20:14 ID:V5KfhASH
この映画で朝廷を出さなかったのは、
張藝謀の意図的なことだと想う。
さらに中国に変わってもらいたいんだよ。
なんかメッセージ的なものを感じた。

578 :名無シネマ@上映中[sage]04/09/02 22:02 ID:cV3wUxi+
誰かが、レスしていたけど、
冒頭におけるアンディとツィイーの太鼓シーン。
よくよく考えると深いなぁ。

・本音   仲間、恋仲であることの確認。

後半、アンディが竹薮の中であの演目をやって見せるけど、
あの竹薮で互いに、厳しい訓練をしていたんだなぁと

・建前    敵同士である。仲間ではない。
       金城を謀るキッカケ。 

583 :名無シネマ@上映中[sage]04/09/02 22:55 ID:4Zy6tzb1
あのアクション、皆いいと思ってるの?
竹林の中で、竹細工しながら攻撃には、脳みそ腐るかと思ったよ。
A級(美術、衣装)と、B級(内容)と、C級(アクション)
そんなごっちゃな感じが居心地悪い映画だった。

586 :提供:魅せられた名無しさん[sage]04/09/02 23:12 ID:pOJYdfqn
>583
あの竹林のアクションカコええと思ったけど。
ワイヤーやりすぎないでよかったよ。

596 :名無シネマ@上映中[sage]04/09/03 00:55 ID:CDexzhKq
他はともかく、竹やぶ忍者だけは、、、



597 :名無シネマ@上映中[sage]04/09/03 00:59 ID:a7IwZw/q
自分は季節が変わったところで引いてしまった。
映像美はわかるんだが。

599 :提供:魅せられた名無しさん[sage]04/09/03 02:23 ID:f58c3/Vl
>597
季節変わってないよ。
晩秋のロケで撮影中に大雪に見舞われた。
演出過剰なんていう人いたけど
とんでもない。リアルそのもの。

627 :名無シネマ@上映中[sage]04/09/03 19:55 ID:a7IwZw/q
>>599
そうなのか。
でもそれは撮影の裏側なんて知るよしもなく、ポスター見たくらいの知識で
見に行った自分のような客にはわからん。
いかに二人が長く闘ったかを表すための演出だとしか思えなかった。
映画館でも微妙に失笑が起こってたし、美しいのはわかるけど…

634 :名無シネマ@上映中[sage]04/09/03 21:21 ID:CDexzhKq
雪が感じさせる時間の流れと、役者が見せる時間の
流れにギャップがありすぎて、違和感が強かった。
しかも、少し引いた映像になった時に、明らかに
届かない間合いで刀振り回してたし。
竹やぶ忍者は正直苦笑ものだったが、映像としては
3枚ぐらい上手だった。


関連記事

  1. 2008/10/26(日) 21:00:00|
  2. ら行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<人のセックスを笑うな | ホーム | ウォンテッド>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/314-c21ec51b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR