FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

子ぎつねヘレン

子ぎつねヘレン
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1141128024/


3 :名無シネマ@上映中:2006/02/28(火) 22:06:04 ID:413i0nKS
公式http://www.helen-movie.jp/
宣伝ブログhttp://blogs.yahoo.co.jp/kogitsunehelen
2006年3月18日公開


16 :名無シネマ@上映中:2006/03/01(水) 09:05:57 ID:F16bSjit
先週、試写会行ってきた。
素敵な映画でした。思わず泣いてしまった。
舞台挨拶のナマ大沢たかお格好良かったよ。

17 :名無シネマ@上映中:2006/03/01(水) 10:28:52 ID:VTISoP9H
少年、元ホストの城咲仁に似てない?

18 :名無シネマ@上映中:2006/03/01(水) 12:13:17 ID:Fvy2vMiP
にてねー

19 :名無シネマ@上映中:2006/03/01(水) 13:24:26 ID:uU2d24sF
大沢と小林の関係がさっぱりわからん
親子にゃ見えないし、なんの説明も無い
勝手に住み着く子供、なんの説明も無い
大沢と松雪の関係もさっぱりわからん
なんの説明も無い
不自然な花畑
いかにも予算無くて短期間で撮りました
時間の関係でカットしまくりってのが見え三重
子役以外に見所なし
2点

31 :名無シネマ@上映中:2006/03/02(木) 10:45:43 ID:lBj4sXGd
>>19
>大沢と小林の関係がさっぱりわからん

血縁上は分からんが普通に親子

>勝手に住み着く子供、なんの説明も無い

松下が大沢にプロポーズされたと思い、引越してきた
ただ本人は仕事の都合上遅れ、子供だけ先に来た

22 :名無シネマ@上映中:2006/03/01(水) 15:06:48 ID:1MlA75td
>>19
そこは子狐と少年の純愛物語ですから



21 :名無シネマ@上映中:2006/03/01(水) 14:48:58 ID:97Jo918D
北海道で生きる人間にとっちゃ
キツネなんてエキノコックスが恐ろしいよ。

24 :名無シネマ@上映中:2006/03/01(水) 18:46:42 ID:78wdcNXQ
エンドロールのあとに
※キツネに触るとエキノコックスに感染する恐れがありますので迂闊に触れないでください
って載せないと、後々まずいんじゃないだろうか。
載せたら載せたで冷めるけど。

33 :名無シネマ@上映中:2006/03/02(木) 15:00:32 ID:rVtiX5B5
>>24
あったよ

25 :名無シネマ@上映中:2006/03/01(水) 21:27:13 ID:MnYQD3Iv
駅のコックさんに感染するとどんな症状が?

50 :あま菜Lわ:2006/03/04(土) 00:50:11 ID:IILCj+dv
【エキノコックス】
現在北海道にしか認められていない寄生虫媒介の感染症。
人間の口を経由し脳・肺・肝臓などに入り込む。今現在、切除手術以外に
効果的な治療法のない、極めて致死率の高い病気。

55 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 10:32:07 ID:vuwL0B5u
子ぎつねってかわいいなと思ってこのスレ覗いたけど
きつねにそんな病原菌がついてるとは知らなかった・・・

40 :名無シネマ@上映中:2006/03/03(金) 15:36:36 ID:+xBR6lYM
見所は小林良子の制服姿だけだな
スカート長すぎだが

41 :名無シネマ@上映中:2006/03/03(金) 16:32:50 ID:nUA40ZvV
見所と思うなら名前間違えないで…小林涼子

193 :名無シネマ@上映中:2006/03/15(水) 12:49:37 ID:K9u8IHyO
子ぎつねのCGすごくよく出来てるよね
まるで本物みたいに見える!

205 :名無シネマ@上映中:2006/03/16(木) 00:15:13 ID:PimryFvC
>>193
は?子ぎつねはCGじゃないでしょ。
8匹使ったと言ってましたよ。本物。

206 :名無シネマ@上映中:2006/03/16(木) 00:23:10 ID:EW99LiiS
>>205
きつねは成長が早いから8匹使ったんだってね。
それを知るとちょっと萎えるな

255 :名無シネマ@上映中:2006/03/18(土) 15:56:13 ID:OtCLJccU
見てきた
爆涙とまでは行かないが所々でほろり。隣の女性は後半ずっと泣いてたw
キメ台詞はちょっと安っぽいのばっかりなんだが、ストレートさが逆に良かった。
あと犬だなwいい味出してる。寄生虫関連は心配してたがまあ納得。
惜しむらくは間かなあ。ちょっと場面転換激しかった気がした。

273 :名無シネマ@上映中:2006/03/18(土) 23:15:04 ID:+SgDG+sY
子役の男の子、この前何かのドラマに出てましたよね?知ってる人居たら教えて下さい。m(._.)m思い出せないのが気持ち悪くって…


275 :名無シネマ@上映中:2006/03/18(土) 23:30:36 ID:3WJWdX0C
http://www.smile-monkey.com/profile/fukasawa_arashi.html
深澤 嵐

277 :名無シネマ@上映中:2006/03/19(日) 00:27:30 ID:F86qZfA5
>>273
丁度1年前は国仲主演の「みんな昔は子供だった」に出てた
視聴率良くなかったが隠れた良作ドラマだと思う

282 :名無シネマ@上映中:2006/03/19(日) 03:20:04 ID:DturL10H
普通に感動した。最後の花に囲まれての
シーンは涙が止まらなかったよ。
前半はなんだこりゃと思ったけど

302 :名無シネマ@上映中:2006/03/19(日) 18:53:33 ID:YPks+Krd
エキノコックスについてはしょっぱなからめっちゃ強調されてたし
それで感動が白けるから押さえるんじゃ?とか言う予想はハズレだったよ。

主人公、出鼻からめちゃめちゃ叱られて風呂に放り込まれて
ガシガシ洗われてたし。おまわりさんもキツネに触ったのかっ!?と
怒鳴られてびびってたし。
ヘレンはそのあと虫下し処置されたわけだから、抱いても舐めても
さほどの危険はないという理屈は通ってるし。

獣医との関係も普通に最初に説明されてたぞ。お母さんの好きな人
だから大丈夫とか、獣医の娘も再婚のコブだって言ってたし。

307 :名無シネマ@上映中:2006/03/19(日) 20:46:07 ID:wwh4UNd1
何っ、エキノコックスのおかげで嵐くん入浴シーンのサービスが…

309 :名無シネマ@上映中:2006/03/19(日) 20:57:49 ID:I01VUqyV
エキノコックスが虫下しでどうにかなるのなら
北海道中のキタキツネに今すぐ虫下し飲ませろ、行政

324 :名無シネマ@上映中:2006/03/20(月) 01:23:12 ID:zbm6nsk+
今日観てきた。
後半泣きっぱなしだった…(ノД`)

塚うちのじぃちゃん、昔エキノコックス病で死んだ。
今から20年くらい前だけど。
当時はまだエキノコックスっていう病気が世間に知られてなくて、じぃちゃんは原因不明で亡くなった。
後からエキノコックス病だと分かった。
入院してる間にエキノコックスだと判明してれば、それなりの処置をしてもしかしたらじぃちゃん助かってたかもしれないのにな。
だから私はその病気がいかに恐ろしいものかはリアルに分かる。
今の時代ならもし感染しても命を落とすって事はまずありえないと思う。
病院に行かないでずっと放置してるなら別だけど。

327 :名無シネマ@上映中:2006/03/20(月) 03:02:34 ID:+xcfiuPi
今日観に行ったけど…どこで泣くの?てかあの映画つくりはないと思う。小学校で観る映画みたいやった。せっかくヘレンは可愛いのにさ。つーか家族話いらんし。もっとヘレン中心でいって欲しかった。

357 :名無シネマ@上映中:2006/03/21(火) 14:25:17 ID:N1X8wljD
終始、子供の視点で語られている映画だったな。
若干説明調のセリフが目立ったけど、おそらくは分かりやすくするための演出なんだと思う。
その点を理解して見ればおそらく楽しめる。
どう見ても大人向けの映画じゃないんだけど、大人が見て楽しめない類のものではないと感じた。

367 :名無シネマ@上映中:2006/03/21(火) 18:27:49 ID:p1AS7fUY
今日見てきたけど、予想よりも淡々としててほどよかった。
動物もの弱いのでどうなるかと思ったが、グシュグシュになるほど
入り込まずにすんだ。
キャスティングもアクが強くなくて見やすかったな。
自分子供嫌いだけど、太一役の子は演技も大げさでなく
自然な感じでよかった。以上です。

376 :名無シネマ@上映中:2006/03/21(火) 21:18:36 ID:aLJrNCNt
へ~、結構おもしろいと思った人が多いんだな。
個人的には今年観た映画の中でも相当ひどい出来だったんだが。
まず、子役がブサイクすぎる。「花田少年史」の予告にでてきた
マルコメ君みたいな子役のほうがかわいかった。

※以下ネタばれ含む

とにかく、太一の言動が腹立たしい。
役に立たないとわかった途端に自分が連れてきた犬をほっぽり出したり、
診療中のウサギを無視して大沢たかおにつめよったり、
自分とヘレンのことしか考えていない。
オチにしても「これでヘレンは幸せだった」と動物の気持ちを勝手に決めつける
のはどうだろう。単なる自己満足にしか思えなかった。

334 :名無シネマ@上映中:2006/03/20(月) 16:48:11 ID:n0+18vF5
ところでヘレンをやった子狐は
健常子狐なのでしょうか?

目の前で手を叩いても反応しないのは
演技?

387 :名無シネマ@上映中:2006/03/22(水) 01:41:26 ID:+zTlmrBm
>>334
普通の子狐だって大沢たかおがトーク番組で言ってたよ。
反応しない様になるまで何十回テイク撮ったそうです。

393 :名無シネマ@上映中:2006/03/22(水) 09:23:23 ID:jJpYbyFH
太一が生肉やってるときに
後ろからほふく前進でやってくる犬の姿がよかった!

397 :名無シネマ@上映中:2006/03/22(水) 11:50:38 ID:/RBmGVrn
>>393
あれ可愛かったね。あの場面だけ笑いが起こってたし。
個人的には、松雪が「じゃあ4人でお風呂入ろうか!」
と言った時の大沢たかおのマヌケヅラも壷だった。

子供向けにもっと大げさな演出なんかがあるのかと思ったけど、割と軽いタッチで楽しめた。
ぐっときたのは、死んだへレンの目が涙で濡れてた所かな。
子役の嵐くんうまかったし、大沢と松雪も濃すぎず薄すぎず良い感じ。
チョイ役のおひょいさんもいい味出してたw
何度も見たいまではいかないけど、全体的にはよかったと思う。

471 :名無シネマ@上映中:2006/03/25(土) 08:07:17 ID:+MHlRTno
>>393
あの動きが本当に良かったw
一番活き活きした動物描写が見れたってのがあそこってのが皮肉

461 :名無シネマ@上映中:2006/03/25(土) 00:16:52 ID:NFJRovxZ
最初の方の意味不明の妄想CGでかなり萎える映画だな。。。
なんの伏線になっていないし

462 :名無シネマ@上映中:2006/03/25(土) 00:19:26 ID:0+vREgGv
>>461
確かにあの部分は萎える。あの部分はいらない。

479 :名無シネマ@上映中:2006/03/26(日) 00:17:52 ID:XEVSzYhQ
エンディング、なんかいきなり歌が流れてくるんだけど台無し。
バックには関係ないキツネが映ってるし。ヘレン映せよ。
いつも流れていたピアノの挿入曲だけでよかったと思う。

488 :名無シネマ@上映中:2006/03/27(月) 01:37:35 ID:Vooj53Lx
周りの話をもっと観たかったよ。
例えば、学校のシーンとか。先生萌

490 :名無シネマ@上映中:2006/03/27(月) 03:21:26 ID:7/gqHnCU
へレンが一番演技がうまかったです。


結局ヘレンは何の病気で死んだんですか?

491 :名無シネマ@上映中:2006/03/27(月) 03:41:22 ID:l0/msnUj
脳にダメージがあったといってたから
脳腫瘍で逝ったのだろう。

501 :名無シネマ@上映中:2006/03/27(月) 23:48:02 ID:/Zpon9+h
>>491
あれ?
オレは後天的外傷性の 何かだと思ってたんだが・・・・・・・
違ったか?!

497 :名無シネマ@上映中:2006/03/27(月) 14:28:39 ID:9UufZQP/
きつねうどんおいしそうでしたよね



498 :名無シネマ@上映中:2006/03/27(月) 16:44:49 ID:nq0BsVFW
キツネパンとカップうどんと缶ビールのお食事・・・

533 :名無シネマ@上映中:2006/03/29(水) 01:24:56 ID:FzFrSGt6
>>376の感想に近いものがあった。
子役がブサイクだとかは思わなかったが、ウサギを治療中に詰め寄るシーン
なんかは見ていて腹が立った。
子供だからってしちゃいけないことはいけないとしっかり教えるべきだろう。
大沢に頼まれて預かっただけで、事情をよく知らないオヒョイさんに大学の授業中に
いきなり飛びかかるなんてことをさも英雄気取りっていうのはちょっとなぁ。
別に飛びかからなくても、ヘレンが声を出す設定は出来るんだし。

その一方で、犬のほふく前進なんかには笑わせてもらった。

脚本が雑。転校生だというのがセリフの説明がないと分からなかった。
他の子役も出てきているんだから、新しい学校の子供達と馴染んでいく過程を
ちゃんと描いて欲しかった。ラストの花を教えてくれる重要なキーパーソンなんだから。

吉田日出子がいきなり魔女になるっていうのも最後まで何の必要があったのか
よく分からなかった。

540 :名無シネマ@上映中:2006/03/29(水) 15:42:00 ID:bbZWHU4T
今日3人の子供(俺の子じゃないけど)を連れて見てきた。
普段は閑古鳥なシネコンが親子連れで満員に近かったから、
やっぱそれなりに収益を上げそうな予感。ボロい商売なのね。

大人の目から見たら、脚本が荒すぎてダメな感じ。
既出だけど、大沢と少年の関係が意味わからん。母親(これがDQN過ぎ)が
北海道に来てからさらにハァ?。しかも大沢と一緒に住んでる女が娘なのか
妹なのか。。。なんでこんな雑にしたんだか。

子供たちの反応は「ヘレンかわいそう」。まぁこんだけでいいか。

541 :名無シネマ@上映中:2006/03/29(水) 16:22:13 ID:gnGhzyGK
人間関係、ちゃんと理解できましたよ…。
理解できない人が多いのか?

547 :名無シネマ@上映中:2006/03/29(水) 19:37:21 ID:bbZWHU4T
別に脚本かばわなくても、普通に雑じゃん。

少年がキツネ拾う→困った交番のお巡りさんが獣医に連れてく→ガキがいつの間にか
獣医のとこに住み着く→DQNママ帰国。獣医と知り合い。ガキをそこに行かせたのもママ

592 :名無シネマ@上映中:2006/03/31(金) 03:34:39 ID:iLan/nAA
脚本が雑。大同意。
殺されると思ったヘレンを連れて少年が逃亡したあと廃車の中であっさりトリップ。
ヘレンがいなくなったのも気づかないでにやにやなんてあり?
抱きしめて震えてるならまだしも。気持ち散りすぎ。
全編通してずっとこんな散漫な感じがつきまとってた。

596 :名無シネマ@上映中:2006/03/31(金) 15:03:11 ID:UcJd8VP+
「雑」というか、あざといと俺は感じた。
前半の太一が夢みすぎだし、「殺すしかない」は強引。寄生虫なら普通「駆除」だろ?
逆にヘレンにミルク飲ませたり肉を食わせる描写は不足している。ここは口移しぐらいはすべきだろう。
ただ、後半はまあまあ。見所はヘレンとロッシの名演かな。

590 :名無シネマ@上映中:2006/03/31(金) 02:10:48 ID:gLzlSoqb
全身消毒の入浴シーンを90分みっちりやるべき。
言うまでもなく例の寄生虫病の注意喚起のためである。

593 :名無シネマ@上映中:2006/03/31(金) 07:15:51 ID:PxxA270U
>>590
90分もショタの風呂シーンなんて
(;´Д`)ハァハァ

627 :名無シネマ@上映中:2006/03/32(土) 21:00:43 ID:LsXOadJr
最初
獣医と一緒に住んでる娘は同棲している彼女かと思った
しばらく見てから、この娘は彼女などではない、獣医の妹だと思った
最後に、この娘が獣医の娘である事がわかった

679 :名無シネマ@上映中:2006/04/03(月) 09:55:23 ID:N+127eLk
賛否両論あるのはたしかに仕方ないけど自分は単純に感動した。
色々な感動場面とコメディアスな場面もあったりして素敵な映画だった。
何か子供心を取り戻してくれるような気持ちにもなれたし。
子ぎつねが、すご可愛いからなおさら感動した。
動物好きな人は泣けると思うよ。単純に。
よい映画だったかな。

724 :名無シネマ@上映中:2006/04/05(水) 20:43:46 ID:mNFB9iay
松雪泰子が演じた役ってこの映画に必要かな?
もし必要だとしたら、母親と子供の関係の描写が非常に弱いと感じた。



良かった所は、セリフだね。後からこの映画を思い出したときに
あのシーンのセリフが良かったというのがある。

725 :名無シネマ@上映中:2006/04/05(水) 20:52:01 ID:GMkOXLvq
>>724
どこ?

ゆっくりでいいんじゃないかな?
ってとこ?

松雪も警官もいらないし、一人で知らない人の家に暮らす設定もいらない。
普通に家族にキツネがやってきた!って感じでいいんじゃね

727 :名無シネマ@上映中:2006/04/05(水) 21:07:12 ID:mNFB9iay
>>725
   太一「ヘレン・・・、雨じゃないよ、 僕の目から降ってきたんだ」


ここのセリフがすごい良かった。
シーンは、太一とヘレンが緑の草がたくさんある所で、かけっこしていて、
座ってから、太一がヘレンを抱っこした時に、太一の目から涙がたらっと落ちる所。
ヘレンは目が見えないでしょ?だから太一が「雨じゃないよ」って教えてあげる。
それで、「雨」が、「涙」になっていて、
「目から涙が流れたんだ」が、「ぼくの目から降ってきたんだ」と例えている所が
神秘的でいいと思った。


その後に、お花畑で、太一がヘレンの顔を見たときに、
ヘレンの目から涙がにじんでいたよね?
それって、太一が「ヘレン・・雨じゃないよ、僕の目から降ってきたんだ」
といったシーンと繋がっているんじゃなないかと思うんだよね。
今でもこの言葉とシーンは記憶に残っている。

728 :名無シネマ@上映中:2006/04/05(水) 21:20:05 ID:mNFB9iay
続き。

最後にヘレンが、「太一、雨じゃないよ・・・僕の目から降ってきたんだ」

って心の中で言って、天国に旅立ったんじゃないかな、と想像したり、
あの最後のヘレンの涙に、「太一、ありがとう」という気持ちと、
「もっと太一と一緒にいたい」という気持ちが現れているのかな、とか考えると、ぐっとくるんだよ。

749 :名無シネマ@上映中:2006/04/06(木) 17:58:33 ID:/Igy7RYj
>>727>>728見て思い出してウルウル・・・
時間あったらもう一度観たいなぁ。とにかくヘレンと子役が可愛かった。
あのラブラドールはロシナンテの災難に出てたんだってね!

750 :名無シネマ@上映中:2006/04/06(木) 19:32:03 ID:hr8xjEjc
ロッシは去年亡くなったんだよね(´・ω・`)

781 :名無シネマ@上映中:2006/04/08(土) 00:06:01 ID:Z4Mwigjz
>>750
マジで!?すごくショック!・・・
ロッシ=ロシナンテって知って嬉しかったのに、亡くなってたなんて・・・

913 :名無シネマ@上映中:2006/04/13(木) 21:38:12 ID:J1yxbgPZ
よく考えたらヘレンケラーに失礼だ

922 :名無シネマ@上映中:2006/04/14(金) 00:12:13 ID:zZwes1N+
>>913
それ、漏れもオモタ

933 :名無シネマ@上映中:2006/04/14(金) 17:08:42 ID:Hj/Oc06A
ヘ~レ~~~~~~~ン♪

934 :ヘレン:2006/04/14(金) 19:33:55 ID:U5AHggS1
なんだ~?呼んだ~?


890 :名無シネマ@上映中:2006/04/13(木) 03:16:25 ID:yjET92Dx
キー坊の嫁


関連記事

  1. 2008/11/28(金) 13:44:19|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 | ホーム | オーメン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/310-99846d46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR