2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

ジブリだけなく次代の日本映画を背負う宮崎吾朗監督「3作目が勝負」

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1337988477/
14_20120526193425.jpg

1 ◆3ZUPU3cydIci @ターンオーヴァーφ ★:2012/05/26(土) 08:27:57.40 ID:???0
長く国内の映画興行をけん引してきたスタジオジブリ。
一方で近年は10年公開の『借りぐらしのアリエッティ』を手がけた米林宏昌監督など、
ジブリの未来を担う存在にも注目が集まっている。
昨年公開された『コクリコ坂から』を手がけた宮崎吾朗監督もその1人。
父・宮崎駿やスタジオジブリのイメージからの解放を目指し、吾朗氏の模索は続く。

興行収入44.6億円(観客動員355万人)を記録し、11年の日本映画興行ランキングの首位となった
『コクリコ坂から』が6月20日にDVD・BD化される。
昭和38年の高校生の初恋を描き、昭和という時代を前面に押し出すなど、
スタジオジブリの作品としては異色の仕上がりで、2作目の監督作となった宮崎吾朗氏の“個性”が焼きつけられている。

「この作品を手がけたことで、ようやく監督としての立ち位置が分かりました。
もっとも最初は、お膳に載せられたものに対して、どこから手をつけたらいいか分からない状態でした。
それは、やはり脚本を宮崎駿が手がけたことも影響していたと思います」(宮崎吾朗氏/以下同)

脚本は素晴らしいが作品はダメだと言われたくないあまり、過剰に意識してしまったのだという。

「近過去が舞台なので、その時代を完璧に調べ上げることが、まず先に立ってしまいました。
本当は、その時代を生きた少女の心や思いを把握することが大事だったのです。
それに気づいたのは絵コンテを半分ぐらい描いたときです。
もう一度脚本を読み直し、仕切り直すようにプロデューサーから言われました」

思い至ったのは父の脚本をなぞらないようにすることだった。
自分なりのアプローチで昭和の時代を懸命に生きた少女の世界に入っていくことが肝要だと気づいたのだと語る。

「この話は、親子や血のつながりの“宿命”のストーリーだと解釈しました。世代が繋がっていくことは生命をリレーしていくこと。
思いを順繰りに手渡していくことです。なにより次の世代に手渡していくことが大事なのだと気づきました」  

■父と同じことはできない自分なりの世界を構築する

そのテーマは宮崎駿が息子、吾朗にアニメーションという表現手段を手渡していくことに通じるだろう。

「今までは自分の置かれた立場から逃げたい気持ちの方が強かったのですが、
この作品を体験してからは宿命に立ち向かうしかないと思うようになりました。
父と同じことはできません。能力も違うし、育った時代や価値観も異なります。
宮崎駿的な大上段に振りかぶった世界ではない、自分なりの世界を構築していくことができないかと、今は考えています」

本作では宮崎吾朗監督の個性がキャスティング、音楽などにも色濃く表れている。

「音楽の武部聡志さんは名曲「上を向いて歩こう」の挿入が決まった時点で、
この曲を尊重するスタンスで作曲してくれました」

今後もコンスタントに作っていくという点はプロデューサーとも一致しており、
さらに「ジブリ的ではない、宮崎吾朗の世界」を目指すようにアドバイスを受けているという。

「宮崎駿、スタジオジブリのイメージから解き放たれたときに何が生まれるのか。
次作はちょっと野蛮な少年のお話にしたいと思っています。
自分探しなどしない、良い子でもない、逞しい少年の在り方を映像化したいのです。
日本がどうなる的な視点や、大所に立つわけではない、日常的、等身大の少年の視点です」

次回作も原作モノになる可能性があるとも話す。構想を徐々に固めつつあり、
「3作目が勝負」と力を込める宮崎吾朗監督。
間違いなく、ジブリだけなく、次代の日本映画を背負う存在の1 人と言えるだろう。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120525-00000350-oriconbiz-ent
(おわり)

49 :名無しさん@恐縮です[sage]:2012/05/26(土) 08:51:11.38 ID:pJ8KPcAm0
こいつに日本映画背負わせるなよ・・・

267 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 12:36:39.25 ID:f97XRBie0
勝手に背負うな笑

54 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 08:52:43.88 ID:fAl070tY0
何で息子なんだ?
理解できん。。。


69 :名無しさん@恐縮です[sage]:2012/05/26(土) 08:57:46.76 ID:85jnja5P0
才能ある訳じゃないのに日本を背負われても迷惑です

162 :名無しさん@恐縮です[sage]:2012/05/26(土) 09:49:24.58 ID:Yzer2U2xP
>>1
悪意のあるスレタイだな~
吾郎に才能はないと思うけど

11 :名無しさん@恐縮です[sage]:2012/05/26(土) 08:32:27.10 ID:VBZ971zG0
こいつの監督作品は、金返せレベル

25名無しさん@恐縮です[sage]:2012/05/26(土) 08:40:49.54 ID:5GQvubQP0
ゲドは史上最低の映画だったけど、坂の上のなんちゃらはまあまあ面白かったよ。
だんだん良くなってるから次は当るかもよ?

34 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 08:43:44.84 ID:UPMriS6a0
>>25
コクリコはパヤオがだいぶ介入したからね
結局吾郎以外だとパヤオのプレッシャーに勝てないらしい

後継者だった近藤も潰してしまったし

51名無しさん@恐縮です[sage]:2012/05/26(土) 08:51:21.30 ID:Z9QUgJVF0
後継者が才能無し吾郎さんとは
ジブリは新海レベルにまで落ちてきたな

55名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 08:53:00.21 ID:UPMriS6a0
>>51
有力な後継者をすりつぶしてきたからな

近藤喜文

スタジオジブリでは『耳をすませば』の監督を任される(それ以前から近藤が演出をするという宮崎との
約束があったため、宮崎が企画を持ってきた)など、宮崎駿・高畑勲の後継者として将来を期待されていたが、
1997年の暮れに解離性大動脈瘤で倒れ、1998年1月21日に47歳の若さで死去した。

なお、『耳をすませば』の作成中に宮崎駿と近藤の間では何度も衝突があり、ときには宮崎が
演出の変更を求めたり脅すようなこともあったという。

このことについて宮崎は「自分が終わりを渡してしまったようなもの」と語っている。葬儀の出棺の際に『耳をすませば』の
主題歌である「カントリーロード」が流された。妻は色彩指定をしていた山浦浩子、息子が一人いる。

85名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 09:05:02.61 ID:dmGx73aiP
吾郎みたいな奴に託すなら、なんで近藤さんに自由を与えなかったのか
ほんとに酷い事してるよジブリは。

87 :名無しさん@恐縮です[sage]:2012/05/26(土) 09:06:41.31 ID:WtG0i5Hg0
>>85
吾郎にだって自由を与えてはいないだろ。
オヤジだからオヤジの扱いが分かってるだけ。

88 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 09:07:04.16 ID:3Bxmg3RV0
>>85
パヤオは口出すなら自分が監督全部屋れよ
とおもうわ

30 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 08:42:18.65 ID:nVVyWJga0
宮崎吾朗「3作目が勝負」
ニート「そろそろ本気出す」

33 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 08:43:14.77 ID:F/iKXW7v0
この人はさぁ
キャラクターのビジュアルに執着がなさすぎるよ

35 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 08:44:22.28 ID:QLSxFkU+0
駿が黒澤だとしたら、吾朗は木下的なものを感じるね
日本映画を背負うってのもわかる

19名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 08:38:03.16 ID:ZLRKkENsO
吾郎って才能ないのに宮崎駿の息子って看板だけで監督できるんだもんな
長島一茂と同じだな

149 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 09:42:57.70 ID:WdhI8PzC0
>>144
一茂は1軍デビュー初打席ホームランとか父親譲りの見事なトンネルエラーとか期待を裏切らなかった

177 :名無しさん@恐縮です[sage]:2012/05/26(土) 10:04:28.32 ID:SY3dHkxG0
>>19
創作とスポーツで比較するのは難しいけど
長島一茂は才能だけなら親父以上って評価もあるし
長島の息子じゃなくてもドラフトされるレベルの選手
駿の後ろ盾のもと好き勝手やって全く結果出せない
ゴロ―と比較するのはいくらなんでも失礼

189 :名無しさん@恐縮です[sage]:2012/05/26(土) 10:30:55.57 ID:VpGevOa00
>>19
一茂馬鹿にしてるけど、六大学まで野球やってドラ一、一軍で本塁打撃つぐらいの実績はある。
ゴローちゃんと比べるのは失礼だよ。どちらかと言えば、香川照之に近い。

252 :名無しさん@恐縮です[sage]:2012/05/26(土) 12:17:27.38 ID:ovcHOXKT0
>>19
深作ケンタとまるカブりw

38 :名無しさん@恐縮です[sage]:2012/05/26(土) 08:45:46.57 ID:C3mxGuGU0
この人がジブリの次の成長を阻害しているようにしか見えない
親の七光りの才能なしは事務方等に回り、
他の才能の芽を摘むような振る舞いは避けた方が良い

194 :名無しさん@恐縮です[sage]:2012/05/26(土) 10:57:22.10 ID:dzGFfKzB0
ゴローだって辛いんだよ
あんまり苛めてやるな

40名無しさん@恐縮です[sage]:2012/05/26(土) 08:46:13.73 ID:HdyrZlUV0
なんかやけに不評だが
お前ら何なんだ?一応コクリコ板ヒットして評価高いだろ
どんだけ世間知らずなんだかしらないが黙ってろw恥かくのはお前らの方だぜw

318 :名無しさん@恐縮です[sage]:2012/05/26(土) 13:55:15.02 ID:X2JTIU+R0
>>40
コクリコ板はパヤオが脚本書いた。ゲドは吾朗が書いた。

あとはわかるな?恥をかく前に黙っていた方がいいんじゃないか?

42 :名無しさん@恐縮です[sage]:2012/05/26(土) 08:48:59.98 ID:ZovtxGiU0

aQ_20120526193424.gif

ゲドは衝撃だったな
いや衝撃という言い方はおかしいけど
わくわくとかもなく途中で寝てしまった
試写会で席を立ったハヤオの気持ちがわかる

102名無しさん@恐縮です[sage]:2012/05/26(土) 09:13:51.63 ID:ZovtxGiU0
ところでゲドってたとえ親父が作っていても面白いものになったのか?
原作同じなのにそんな監督で違うもんかな

110 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 09:16:11.39 ID:3Bxmg3RV0
>>102
>原作同じなのにそんな監督で違うもんかな

原作あり映画を色々みてみろよ・・・

113 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 09:17:13.02 ID:w7fLgKnP0
>>102
なった。間違いなくなった。
まず動きがない。1枚絵を見せて歌を流しているだけ。
そして全体に流れている鬱々とした空気が気持ち悪い。
ストーリーが意味不明。竜が最初と最後に出てきただけ。

94 :名無しさん@恐縮です[sage]:2012/05/26(土) 09:09:49.06 ID:97Q2zG2n0
俺けっこうゲド楽しめたんだがなあ

いかんせんストーリーが普通すぎたけど

46名無しさん@恐縮です[sage]:2012/05/26(土) 08:50:30.56 ID:6DBT+iuc0
おれも二台目やっているが、ほんとつらいぞ。周りからはいつもバカボンって思われてるだろうに、お世辞いわれているのがわかってもニコニコしなきゃならんし。
親みたいな才覚がないのもわかってるしね。努力でどうなるものでもない。
コクリコ坂をみながら、吾郎の心情に共感していたよ。きっと、ほとんど親父に手直しされて、自分で書いたところなんてほとんど残ってないんだろうな‥って。
良い身分だろうけど、本人は毎日が地獄だと察する。

182 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 10:13:23.55 ID:sW6mGouD0
>>46

んじゃ、ジブリ出て他の会社に行けばいいじゃん
採用してくれるスタジオがあるならな

52名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 08:51:38.37 ID:UPMriS6a0
>>46
NHKのドキュメントみてそう思った
あれはキツイわ

結局吾郎はクリエイターじゃなくてまあ雇われマスターみたいなもんだな

79名無しさん@恐縮です[sage]:2012/05/26(土) 09:01:47.61 ID:w10QtTyT0
>>52
もうね、やらなきゃよかったのにとしか思えんな。
>>46氏は多分家業継いたんだろうし、偉いと思うけど、
吾朗氏は別にアニメ映画やらんでもよかっただろうと。

93 :名無しさん@恐縮です[sage]:2012/05/26(土) 09:09:45.62 ID:zaf3tfas0
>>79
ジブリ美術館の館長やってれば良かったのにね
まぁそれも親父にあてがわれたポストだけど

吾郎は本人が無能を自覚してないのが一番キツイ

131名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 09:25:24.57 ID:IC1MmiqR0
でもいずれ親父さんの寿命が尽きた後に、
ナウシカのリメイクは吾郎がやるんでしょう?
(´・ω・`)

139 :名無しさん@恐縮です[age]:2012/05/26(土) 09:34:01.91 ID:JwLbiTXr0
>>131
まあそうだよね
あっこはアニメ店舗の老舗企業として育っていくんだよね
宮崎ブランドが続いて行くわけだ
目指すはジャパニーズディズニーだからねえ
だから、みなさん投資しているんだろうねえ

65 :名無しさん@恐縮です[sage]:2012/05/26(土) 08:56:54.54 ID:O49yJ7t30
ぶっちゃけ駿が死んだら
オリジナル製作じゃなくて手塚や石ノ森みたいな版権型にしないと生き残れないでしょ

155 :名無しさん@恐縮です[sage]:2012/05/26(土) 09:46:12.78 ID:C1JYiTdw0
20年後は制作はやらずに
著作権管理団体になってると思う。

74 :名無しさん@恐縮です[sage]:2012/05/26(土) 09:00:08.74 ID:C0YbVKuL0
1作、2作と爆死しているのにまたチャンスが貰えるとか優遇されてんな

68 :名無しさん@恐縮です[sage]:2012/05/26(土) 08:57:34.51 ID:xYKYbkIe0
これだけのプレッシャーがあると、なまじ突然良作が出るかもしれんぞ

103 :名無しさん@恐縮です[sage]:2012/05/26(土) 09:13:54.65 ID:OCDIjJg60
コクリコで方向性見つけただろ
あれすごく面白かったよ

216名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 11:45:45.34 ID:NtlIwd7O0
ま、一回野に出て武者修行するべきだとは思う
1ヶ月で30分アニメをバンバン演出してスキルアップすれば良い

224 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 11:56:15.77 ID:cB1Hvsft0
>>216
こいつに依頼するアホ会社はありませんけど、自社制作でもするの?w

コネ+お金+タレント声優+宣伝の力が使える劇場版に守られないと死亡確定なんだけどw

225 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 11:56:34.35 ID:w588yvrE0
ジブリは人が育たない
そういう環境じゃない

233 :名無しさん@恐縮です[sage]:2012/05/26(土) 12:01:20.39 ID:jPqbxflh0
優秀なスタッフがいっぱい居るのにジブリの劣化が止まらない

239 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 12:08:25.11 ID:TOX4GSFZ0
絵師は揃ってるんだがな、ジブリ

21 :名無しさん@恐縮です:2012/05/26(土) 08:39:16.56 ID:dmGx73aiP

5_20120526193426.jpg

すべての元凶は鈴木

185 :名無しさん@恐縮です[sage]:2012/05/26(土) 10:15:47.46 ID:fgeW2Ivo0
鈴木Pが全ての元凶。つか、あいつなんなの?
関連記事

  1. 2012/05/26(土) 19:38:47|
  2. 映画ニュース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5
<<今更だけど映画「バイオハザード」のサイコロステーキってマジで作ってたんだな | ホーム | デンデラ>>

コメント

鈴木Pは普段から模造刀をスタジオ内で持ち歩いてる危ない人だよ
刀振り回してスタッフ脅してるってさ
  1. URL |
  2. 2012/05/26(土) 19:52:27 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

ぶっちゃけ吾郎にはジブリ以外で原作無し、脚本監督吾郎で一作撮ってくれと言いたい、短編でも良いから。

個人的な世襲願望で国民的アニメ会社を潰すなよ。
  1. URL |
  2. 2012/05/27(日) 21:08:27 |
  3. 名無しさん@ニュース2ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

ゲドをハヤオにやらせてればと言う人多いけど
ハウルの原作への理解力の無さを見るとハヤオでも失敗してたと思うね。
まあ原作を見てない人を騙すことは息子より上手いだろうが
  1. URL |
  2. 2012/05/30(水) 19:28:06 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

本当に「アニメ第三作」なんだよな。
普通ならアニメーターとして何十本かに関わってから監督をやるから「監督としてはアニメ第三作」だが、
吾郎は 普通の会社員→ジブリ美術館館長→アニメ監督だから、アニメーターの経験が微塵もない
自動車の製造も整備も運転もまたくやったことのない人に「自動車の開発責任者をやれ」というようなもんで、才能云々の遥か以前の問題だわ
  1. URL |
  2. 2012/06/01(金) 15:13:48 |
  3.   #-
  4. [ 編集 ]

車の開発だったら別の畑から来たからこその非常識さが役に立つかもしれん
現実的な技術面とのすり合わせはどうせ技術者とか下の人の仕事だし
アニメの場合は車でいうところのすり合わせ部分が監督の主な仕事だからな
  1. URL |
  2. 2012/06/02(土) 17:32:29 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/3076-e053f515
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ジブリだけなく次代の日本映画を背負う宮崎吾朗監督「3作目が勝負」】

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1337988477/1 : ◆3ZUPU3cydIci @ターンオーヴァーφ ★:2012/05/26(土) 08:27:57.40 ID:???0 長く国内の映画興行をけん引してきたスタジオジブリ。 一方で近年は10年公開の『借りぐらしのアリエッティ』を手がけた米林...
  1. 2012/05/26(土) 22:28:19 |
  2. まとめwoネタ速neo

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。