2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

グリーン・デスティニー

http://choco.2ch.net/test/read.cgi/movie/989931026/
5_20120421205216.jpg

1 名前:臥虎藏龍 [2001/05/15(火) 21:50]
剣の英雄たちが群雄割拠する時代。天下の名剣“グリーン・デスティニー”の使い手としてその名を轟かせる英雄リ-と女弟子ユーは、心惹かれ合いながらも長い間人々のため正義に生きてきた。リーは剣を置く決意をしてグリーン・デスティニーをユーに託し、依頼されたティエ氏に無事剣を届けたユーは、そこで貴族の娘イェンと出会う。その夜、グリーン・デスティニーが何者かに盗まれ、ユーはイェンを疑い彼女の家を訪ねる。

キャスト: チョウ・ユンファ、ミシェル・ヨー、チャン・ツィイー、チャン・チェン
監督: アン・リー
脚本: ワン・ホエリン、ジェームズ・シェイマス、ツァイ・クォジュン
製作: ビル・コン、シュー・リーコン、アン・リー
原作: ワン・ドウルー
撮影: ピーター・パウ
音楽: タン・ドゥン、ヨーヨー・マ

原題: 臥虎藏龍
製作国: 2000年アメリカ・中国合作映画
配給: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
上映時間: 120分


61 名前:名無シネマさん [2001/06/11(月) 22:44]
「グリーン・デスティニー」を映画館で観てきたけど、
中途半端な映画と感じた。ストーリーをもっと
しっかり作って欲しかったなぁ。戦闘シーンは面白かった。
最後までイェンにむかついた。

62 名前:名無シネマさん [2001/06/12(火) 00:44]
「グリーン・デスティニー」は、セーラームーンみたいな漫画だから、
お転婆娘が飛び回っているのを面白がって見ていればいいというか、
ストーリーなんか無くてもいいって気もしたが。

63 名前:名無シネマさん [2001/06/12(火) 00:47]
セーラームーン見たことない人はわかんないよぅ
このアニヲタ!

67 名前:名無シネマさん [2001/06/12(火) 01:33]
>>63
すまんねぇ。ならば「チャーリーズ・エンジェル」みたいなもの、と言えばどうでしょう。
武侠映画というのは、ツイ・ハークの「スウォーズマン」とか見ても解るけど、
あれは基本的にコミックではないかと思う。
だから「グリーン・デスティニー」は、香港人には「これは違う!」と言われて全然受けなかった。
一方これを文芸作か何かと勘違いした日本の観客からは、
感情移入できないだの、ストーリーがなってないだの言われて、
そんなこと、本当はどうでもいいのに。
その点、娯楽映画の楽しみ方を心得ているアメリカ人には、受けたのではないかな。
これは本当に、単純に楽しめばいい娯楽映画だと思うんだが。

72 名前:名無シネマさん [2001/06/12(火) 02:11]
>67氏
いい事言ってます、その通りだと思います。
武侠映画を沢山見ている訳ではないですが、ツイ・ハークが作る武侠映画を見ると
まるでコミックのようなストーリー展開だったり、アクションだったりします。
これがダメだと登場人物が飛びすぎという感想になり、
コミック的展開を期待すると物語がいまいちだったと言われる。
アメリカ人には活劇が受けたんじゃないだろうか。

74 名前:名無シネマさん [2001/06/12(火) 02:23]

77_20120421205211.jpg

忍ぶ恋ってもんを一度してごらん。見方が変わるYO!

これはアクションもあるけど恋愛映画の部分に
多くの人(特に女性観客)が惹かれたんだと思う。

148 名前:エイドリ杏 [2001/06/23(土) 18:45]
DVD買って見た
剣戟映画で感動したのははじめてだよ
彼女と一緒に見たい映画だね。

リームーバイがユーシューリンに
見捨てないでくれって言うシーンと
最後の一息は君に使いたいって言うシーンが
すげー良かった

164 名前:名無し [2001/06/24(日) 23:32]
俺も、今日やっとDVDで観たんだけど、そんなに良い映画か、コレ?
みんな誉めるけど、あのワイヤーワークは、ちょっとやりすぎだろー。
なんでもかんでも吊って飛ばしゃ良いってもんでも無いと思うんだが……。
特に、ミシェル・ヨーなんて、それでなくても物凄いアクションをこなす人なんだから、
そっちの方を大事にして欲しかった。

それと、物語も説明不足。
あれだけ「武侠に憧れてるんです~」とか言いながら、なんでイェンはあんなにムーバイに反抗的なんだ?
盗賊の弟子だからってだけじゃ説明し難い。
また、最初は「ただのイタズラだった」等と言いながら、その割にはずいぶんとあの剣に執着してる。
さらに、最期、「祈っててね」って山の上の橋から飛び降りる彼女を、黙って見てるロー。お前はそれで良いのか???

なんか、イマイチ釈然としない話だったなァ。
ま、クンフー映画のコレクションしてるから、DVD買って損したとは思わんが、俺的には大騒ぎするほどの映画ではなかった。

171 名前:名無シネマさん mailto:sage [2001/06/25(月) 00:09]
>>164

41_20120421205214.jpg

最後(最期じゃないと思うぞ)イェンが飛び降りるのは、伝説のためだよ。
けして自殺ではないと思います。だからローは黙って行かせたんだろうし。
ムーバイが生き返ったかどうかは謎だけど。

260 名前:名無シネマさん [2001/07/04(水) 00:49] 
自殺じゃないと思いますよ
途中で伝説の話が出てきたでしょ?病気の親を助けたい息子が・・・
って話。なので、ムーバイ(禿)を助ける気持ちで飛んだと思います。

261 名前:名無シネマさん [2001/07/04(水) 01:40]
いや、だから事実上自殺なんじゃ

262 名前:名無シネマさん [2001/07/04(水) 03:44]
…死んでないって。

264 名前:名無シネマさん [2001/07/04(水) 05:40]
>262
でも、死ぬでしょ? 実際。 まぁ、あのシーンは
「そういう想いで飛んだ」ってトコに意義があるのは分かるけど、
結局本人の自己満足であって、残された者は辛いさね。

もしも伝説が本当で、生き返った!・・・とかいうなら
イッキにC級映画に成り下がってしまうのでは?

265 名前:名無シネマさん [2001/07/04(水) 06:17]
でも、原作では死んでないんでしょ。
あれだけ宙を舞ってる少女なんだから、死んだと断定するのは…(w
でも、ムーバイが生き返る可能性もなくもない。
毒薬で一時的に仮死状態だったのかもしれないし。

266 名前:名無シネマさん [2001/07/04(水) 07:02]
>>265
ムーパイが一時的な仮死状態ってのは無理があるんじゃ・・・。
じゃないとシューリンがムーパイ見捨ててどっかいくとは思えないんだけど。(;´Д`)

267 名前:名無シネマさん [2001/07/04(水) 08:07]
>>265
死んでないと断定することも出来ないけどね。実際には死ぬだろ。
原作とはそのシーンの意味付け自体違ってるかも知れないから、
原作で死んでないから云々って言える問題でもないし...

268 名前:名無シネマさん mailto:sage [2001/07/04(水) 13:55]
実際には、って・・・
映画の話なんですけど。

269 名前:名無シネマさん [2001/07/04(水) 21:18]
「実際には死ぬだろ」とか、「何故あんなふうに空が飛べるんだ」とか思ってしまったら、
映画って全然面白くないんだろうな。可哀想デス。

181 名前:名無シネマさん [2001/06/25(月) 07:41]
グリーン・デスティニー、DVDで見たけどそんなに良いとは思え
なかった。ワイヤーで宙に浮くシーンは不自然すぎるし、話の筋の
構成がなんかチグハグな感じで、脚本はなんでアカデミー賞に
ノミネートされたの?って感じ。
絵的に素晴らしいシーンはたくさんあるし、女優も素晴らしいと思ったけど
映画全体としては「?」って印象。

ストームライダースやワンチャイ天地大乱の方がよっぽど良いと思う。

191 名前:名無シネマさん [2001/06/26(火) 04:31]
>>181
本当に、ワンチャイや風雲を観たのか?あれこそ不自然に宙に浮いてるぜ。
だってさ、重力に逆らって上方向に16段蹴りぶち込んでんだぜ?(w
それに、ストーリーだって破天荒なアクションがあるからこそ成り立ってるんだ。
グリ・デスも同じ事だよ。香港電影ヲタなら、芸術とか賞とか抜きで楽しめる作品だと思うけどなぁ。

69 名前:名無しさんにズームイン! mailto:sage [2005/12/16(金) 21:38:53 ID:c/YNtHox]

14_20120421205215.jpg

チャン・ツィーの乳首に(;´Д`)ハァハァできなければ
つまらない映画らしいが(´・ω・`)

79 名前:名無しさんにズームイン! mailto:sage [2005/12/16(金) 21:40:55 ID:qS1YZ6ph]
>>69
乳首出るの?

94 名前:名無しさんにズームイン! mailto:sage [2005/12/16(金) 21:42:43 ID:c/YNtHox]
>>79
乳首が透けるらしいよ

194 名前:名無シネマさん [2001/06/26(火) 09:21]
チャン・ツイィーって
遠目に写るとパッとしないんだけど
アップになると、めっちゃ可愛いね。
ラストシーンの斜め横顔アップは、天女のように可愛いとオモッタ

196 名前:名無シネマさん [2001/06/26(火) 10:45]
>>194
書道をしている時に横からのアップも良いよ。

197 名前:名無シネマさん [2001/06/26(火) 11:31]
ツィィーたんハァハァ

255 名前:名無シネマさん [2001/07/03(火) 15:07]
ツィィーたんの可愛さですべて許せます

207 名前:  [2001/06/30(土) 05:10]
ここで言われているほどツィイーが可愛いとは思わなかった。
が、役者としては良い物持ってるな、と思ったよ。
目で殺す!みたいな。
アクションもなかなか良かったし。

ストーリーのほうはシューリンが余りにも悲惨すぎるとしか・・・。(;´Д`)
クソガキの好奇心みたいなもので死んだも同然じゃないか、ムーパイは・・・。

329 名前:名無シネマさん [2001/07/26(木) 00:16]
やっとビデオで見た。
やはりあのお嬢様のわがまま具合が許せない(ワラ
映画としては今までの武侠映画とは違った新しい味だとは思う。
北京の町並みのセットは美しかったし。
で、米国で受けた理由は「クラシックな西部劇と同じ劇立て」だからだろうと思った。
この物語を西部劇に翻案するのは、七人の侍を翻案するより馴染みやすいのではと思われ。

277 名前:名無シネマさん [2001/07/09(月) 01:16]
ふと思ったが、イェンはそんなに我が儘だったのか?

じゃじゃ馬だとかお転婆だとかいうなら納得もいくが、
二十歳前の娘が盗賊に砂漠で誘拐されるし、さらにその頭と恋に落ちるし、
都に帰るとしたくもない結婚をさせられるし、師匠は悪党だし、
師匠を追って西域の警官が来るし、師匠を仇と追い回す男は弟子になれと迫るし、
唯一の心のよりどころであるシューリンは逆ギレするし。

彼女の立場としては非常に苦しいモンだと思うけど。
ちっとばかし錯乱でもしないほうが異常ですよ。
そりゃ当時の女性観からすれば我が儘だけどさ。

この映画が気に入らなかった人たちの感想に、
「ヒロインが我が儘すぎ」というのが目立つのは何故なんでしょうか?

278 名前:名無シネマさん [2001/07/09(月) 01:37]
>>277
その通りですね。
私も全然わがままだとは思わなかった。

それに、お転婆な女の子が、実はいいとこのお嬢さんで、
ワイルドな男と恋をしてしまう、なんてのも、
古今東西どこにでもあるお決まりのパターンだから、
結構すんなりはまって見てしまいましたが。

279 名前:名無シネマさん [2001/07/09(月) 01:53]
「イェンが剣を盗まなければ、何も起こらなかった」という意見もよく聞くね。

それはそうなんだけど、もし剣を盗まなかったら、ムーバイは師匠の仇を討たないまま
引退するというわけで、それは武林というか武侠界では恥ずべき行為になっていたんじゃないかと思ったり。

でも引退するわけだからどうでもいいのか。
結局「剣を盗まなかったら皆それなりに平和だった」という結論だよ、オイ。

280 名前:名無シネマさん [2001/07/09(月) 08:50]
>>278
>お転婆な女の子が、実はいいとこのお嬢さんで、 ワイルドな男と恋をしてしまう
>古今東西どこにでもあるお決まりのパターン
その通りだと思います。
イエンは家庭教師が悪党で昔から武術を隠れて教えてくれていて、自由奔放な武侠の
世界に憧れていたのに貴族の娘という立場の為政略結婚させられそうになった。
だからあそこまで奔放な性格だと思われてしまうのでは。
また彼女にとって碧銘剣は自由の象徴なのかとも思う。
>>279
>結局「剣を盗まなかったら皆それなりに平和だった」
イエンにとってはボンボンと無理やり結婚されられてしまうけどね・・・・

203 名前:エイドリ杏 [2001/06/28(木) 20:30]

51_20120421205212.jpg

ユンファが素晴らしかったよ
ベレッタガンガン撃つ役もカコイイけど
リームーバイはもっとイイ

205 名前:名無シネマさん [2001/06/28(木) 22:20]
>>203
出番は少ないのに、アクションもそれほどないのに、存在感抜群ですよね。
徳も武芸も高いのに、シューリンの前では素直になれないところが少年臭くて
おもしろい。恥ずかしがり屋の李慕白。

223 名前:tenky [2001/06/30(土) 18:28]
映画の中身の話。「主観」がどんどん変わっていくので、お話を追ってるうちにとまどう、というのが最大の問題。主観が、男戦士(チョウ・ユンファ)>女戦士(ミシェル・ヨー)>少女戦士(チャン・ツィイー)>どこでもなくなって‥‥終わりになる。観客としては、当然有名俳優が演じる中年男戦士が主役なんだろうと思って見始めると、中盤少女戦士の話になって純愛ドラマ繰り広げるし、かとおもうと中年男女戦士の恋愛話にもどってしまい、最後は‥‥? あららららと混乱することになる。パンフを見たら、沢山出番のあった役者さんがほとんどカットされてしまった、という逸話が載っていたので、あ、これは、「とりあえずいっぱい撮影しておいてつじつまは後で合わせようぜ」パターンか? と嫌なカンが働いてしまった。もりだくさんでアクションが派手な割には、ひとつひとつのカットが映画として計算されていないという印象を受けたのはこのせいかもしれない。

それでいて、「マトリックス」のスタッフと有名俳優の名前を利用してハリウッド式A級映画の売り方をしようとしている。そこがどうも「だまくらされた(されかけた)」という印象になってしまって、後味が悪い。「さくや妖怪伝」の方がB級バリバリ全開で確信犯的に作ってるだけ好感持てるなー。いや、何度も言うけど、面白かったんですけどね、B級映画としては。

225 名前:名無シネマさん [2001/06/30(土) 21:41]

2003836_201111180450135001321542053c_20120421205210.jpg

碧銘剣の「ヒイィィィィン」って金属音が(・∀・)イイ!

112 名前:名無しさんにズームイン! mailto:sage [2005/12/16(金) 21:44:32 ID:paBBmTM/]
刃がペラペラだな。あんなんで斬れるのかな?

441 名前:名無シネマさん [2001/08/23(木) 23:30]
いまさらなんですが、イェンとシューリンとの剣戟格闘戦で、最初一本だけだった
シューリンの刀が途中からするすると二つになるのはどういうわけでしょうか。
二本の剣を重ねて一本の剣のように使っていたのか、それとも二本目はどこかに隠し
持っていた?

442 名前:名無シネマさん [2001/08/24(金) 00:09]
>>441
二つに割れる剣なのです。
香港映画ではこう言う奇妙奇天烈な剣が結構出てくる。
母子剣とか。

113 名前:名無しさんにズームイン! mailto:sage [2005/12/16(金) 21:44:34 ID:JpxtI7UM]
やっぱ刀は日本刀が1番美しいな

124 名前:今昔夜叉王鈴木佐藤丸田中山田ノ神耳元 ◆kwskQgGp7Y mailto:sage [2005/12/16(金) 21:45:16 ID:QgNF+NWu]
>>113
うんうん、あの輝きは宝石にも全く劣りませんよね。

240 名前:名無シネマさん [2001/07/02(月) 02:45]
さっき見たアゲ。めっちゃよかったわ。
もともとチョウユンファが好きなんだけど、
すっかりミシェル・ヨーのファンに。

2401540_20120421205239.jpg

しぶすぎっ。
主演の4人はそれぞれがよかった~。

243 名前:名無しさん [2001/07/02(月) 18:03]
いまDVD見終わったよ、なんかいろんな意味で面白くて良い映画だった
個人的にはチャン・ツィイーのちょっと斜視気味の目に萌えた
あとヨーヨーマのチェロが哀愁帯びてて良いすよねぇ
ラストもファンタジーっぽくてなかなか良い

242 名前:名無シネマさん [2001/07/02(月) 17:55]

20071115_20120421205237.jpg

ビデオ、息子とみました
息子が「空飛んでるんだけど、どうして?」
としつこいんですが、
どう説明したらよろしいですか?

247 名前:名無シネマさん [2001/07/02(月) 21:10]
>>242
武術を極めるとできるようになるのよ、と夢を与えるのはどうだろう。
もしくは、ワイヤーで吊ってると正直に言う。

248 名前:名無シネマさん [2001/07/02(月) 21:19]
>>242
「そんなこと言う子は晩飯抜きだぞ」と脅す

272 名前:名無シネマさん [2001/07/04(水) 23:36]
音声解説で最後に「良い子は真似をしないでください」って言っていたよ

282 名前:名無シネマさん [2001/07/11(水) 18:20]
格闘場面は何回見てもすごいなあ。どうして、格闘素人の俳優が振りつけされているとは
いえ、あんなに動けるの? よほど運動神経良い人じゃないと無理だよね。
自分も太極拳を学べば、あんなに動けるのかなあ。

289 名前:名無シネマさん [2001/07/15(日) 01:41]
ちょっと飛び過ぎ、屋根の上で動かしてる足が完全に滑っている。
超人的な脚力で蹴って「跳躍」しているような感じが伝わらない。
あれなら最初から、足を動かさず浮揚しているように見せればいいのに。
でも風景は美しい。
最近DVDで見た香港映画ではチャイニーズオデッセイで泣いた。。

290 名前:名無シネマさん [2001/07/15(日) 13:33]
滑ってるんじゃないよ、方向転換してるだけ。
シューリンはどちらかというと"跳躍"かもしれないけど
イェンは"浮遊"タイプにふたりは描き分けられてる。
宙に戻ろうとするイェンをシューリンが掴んで地面に引き戻そうとしたり
よーく見れれ。

405 名前:名無シネマさん [2001/08/17(金) 10:46]
DVDを何度も見て、章子怡の格闘場面でスタントの人が演じているところがわかり
ました。シューリン邸で闘うところで上空から見下ろすショットのところでは違う人が
演じていますね。体格が章子怡よりほんのちょっと小柄な方のようです。
雑誌などでよくつかわれるシューリンの刀の攻撃を背転して避けるショットも、スタント
ではないかと・・・
劇場で何度も見ているのにこの辺りはなかなか分からなかったです。

406 名前:名無シネマさん [2001/08/17(金) 11:58]
>>405
ツィイーには男女各1人のスタントが付いたよう。
「初恋のきた道」監督チャン・イーモウの発言では臥虎藏龍でツィイーは
約7割~8割のアクションを自ら演じたんだって。
劇場で見てたときも「あ、ここスタントだな」と分かりましたよ。
基本的に引いた絵の時は吹き替えだと思っているので。
それに顔の輪郭や体格、表情で何となく分かりますし。
でもツィイーはミシェル・ヨー姉さんと違いアクション女優でもないけれど、
本当に頑張ったと思うよ。辛かったと言ってたし。
ダンスをやっていただけあって体の動きは良いけど。

325 名前:名無シネマさん [2001/07/24(火) 00:05]
ビデオで観たけど、正直、ドラマは???だった。。。
決闘シーンはまあ迫力があったが、おてんば娘がなぜあのババアに肩入れ
するのかよくわからなかったし、なんであんなに強くなったのかも
わからない。
娘は単なるドキュソじゃないかと思ってしまう。。。

ごめんね。

326 名前:名無シネマさん [2001/07/24(火) 09:15]
>>325
数巻ある原作を一つにしたので話に無理があったり説明が省かれていたのでドラマが
???な部分も確かにありましたね。

a_k_20120421205236.jpg

あのババアはおてんば娘に武術教えていたので、娘は師匠に対して肩入れしたのでしょう。
だから娘は強いのです。更にばばあが隠し持っていた武術の秘伝書を隠れて読んでいた
ので強いのです。  

331 名前:名無シネマさん [2001/07/27(金) 22:10]
父親を碧眼狐に殺されてしまうメイ(蔡香妹)は、出番が大幅にカットされてしまったそうだ
けど、原作では彼女の役割はどういうものだったんでしょう? 重要人物だったのでしょうか。

333 名前:名無シネマさん [2001/07/27(金) 23:30]
>>331
本来、ボーと共に碧銘剣の行方を追う役柄だとか。

338 名前:名無シネマさん [2001/07/28(土) 07:42]
さっきビデオでみました。アクションはアクションで面白かったし、
なにより4人が織り成すストーリーが切なくて胸が潰れるかと思った。
かつてローのような恋人から離れる事を選んだ昔の自分を(勝手に)
重ねて、涙が出過ぎて目も潰れるかと思った。
背景も音楽も良かったので映画館でみたかったな。
題名がグリーン・ディスティニーじゃなかったらきっとみてた!

528 名前:ちゃん [01/09/29 02:59 ID:Swfvv3FY]
このタイトル嫌い。何でアメリカと同じにしなかったの?

529 名前:名無シネマさん [01/09/29 15:33 ID:eh2cW22U]
>>528
いえてる。超おおぼけな邦題だよね。まだアメリカバージョンの方がまし。
題のせいで敬遠した映画ファンも多いのでは?

530 名前:名無シネマさん [01/09/29 15:40 ID:QLREB4q6]
あの時代の中国に英語が存在してるって思うだけで、もうダメダメ

339 名前:名無シネマさん [2001/07/29(日) 00:28]
でも題名が「臥虎藏龍」「碧銘剣」もキツイと思うけど。
邦題は何がいいとお考えですか?
英題「Crouching Tiger, Hidden Dragon」がよいですか?

342 名前:338 [2001/07/29(日) 02:32]
>>339
いろいろ考えてこの題になったのだろうと思い、自分なりにあれこれ
考えてみたところ、わかりやすい副題がくっついてたりすれば「臥虎藏龍」を
使って良いかなと思います。「さらばわが愛~覇王別姫~」みたいに、、、
グリーンも暗示があるし、ディスティニーも最高なのに2つくっつくと
内容が見えづらく引っ張られなかった。

関連記事

  1. 2012/07/22(日) 21:31:28|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ライフ -いのちをつなぐ物語- | ホーム | ポセイドン・アドベンチャー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2999-fdb4acae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。