2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

アーティスト

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1315405825/
14_20120415101414.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2011/09/07(水) 23:30:25.88 ID:YJwq4w7u
2011年・第64回カンヌ国際映画祭で主演男優賞を受賞した白黒&サイレントのラブストーリー。舞台は1927年のハリウッド。スター俳優のジョージ・バレンタインは若い端役女優のペピー・ミラーを見初めてスターへと導くが、折しも映画産業は無声からトーキーのへの移行期。無声映画に固執し続けるジョージが落ちぶれていく一方で、ペピーはスターダムを駆け上がっていく。監督は06年の第19回東京国際映画祭グランプリ受賞作「OSS 117 私を愛したカフェオーレ」のミシェル・アザナビシウス。第84回アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞ほか5部門を受賞。フランス映画として初の米アカデミー作品賞受賞作となった。

キャスト: ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・アン・ミラー、マルコム・マクダウェル、ミッシー・パイル、ベス・グラント、エド・ローター、ジョエル・マーレイ、ケン・ダビティアン
監督: ミシェル・アザナビシウス
製作: トマ・ラングマン
脚本: ミシェル・アザナビシウス
撮影: ギョーム・シフマン
美術: ローレンス・ベネット
衣装: マーク・ブリッジス
編集: アン=ソフィー・ビヨン、ミシェル・アザナビシウス
音楽: ルドビック・ブールス

原題: The Artist
製作国: 2011年フランス映画
配給: ギャガ
上映時間: 101分


62名無シネマ@上映中[sage]:2012/03/13(火) 23:13:49.90 ID:JNHHrZ9i
ヒューゴとこれどっち見に行こうかな
個人的にどっちも期待値低いから
満足感は似たもんだと予想

63 :名無シネマ@上映中:2012/03/14(水) 03:08:29.92 ID:oOiTlkDp
>>62
どういう映画が好みなのかによるような。
ヒューゴもアーティストもアカデミー賞発表前に見たが
アーティストのほうがダントツに良かった
ヒューゴは少し教育テレビふうなところがあって
日常に引き戻された点が少し興ざめだった

66 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/03/16(金) 19:49:41.39 ID:RdVl3BF3
>>62
アーティストは冒頭から結構面白いが起伏があんまりない
ヒューゴは前半つまらないが後半は面白い

共通点はどっちも古い映画のファンじゃないと100%は楽しめない
他にもストーリーラインは結構近いものがあると思う
ぶっちゃけ3Dが見たいか白黒サイレントが見たいかで決めたらいい

72 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/03/24(土) 18:51:23.34 ID:FjbZHN69
今、白黒で台詞なし映画を観れたって点では貴重な体験が出来たからよかったけど
べつに絶賛するような話ではないよ。

ヒューゴもアーティストも観終わって心温まるから悪くはないけどね。

81 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/06(金) 02:59:13.04 ID:fxzHR5zm
試写会で見てきた
始終BGMがあるので退屈はしない
サイレント映画よろしく台詞は文字(黒地に白ぬき)が出る
ただすべての会話に台詞がある訳ではなく、口ぱくのみの事もあるので
その辺は表情や身振り手振りや前後の流れ等で判断する必要がある
どんな事を言ったんだろう、と予想するのがまた面白い
全くの無声映画ではなく、時たま物音や周囲の喧騒、呼吸音などが入る
バッドエンディングではない。最後は心温まる話だった。面白かったよ

犬と、警官にはっぱかけてくれた婆ちゃんにGJを贈りたい
犬がとにかく可愛い

82 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/06(金) 11:51:25.72 ID:0cL5UtxZ
口パクのみの事もっていうか半分は口パクじゃなかった?
四六時中喋ってるわけじゃないから、想像で補完できるレベルだし
それがまた面白いってのは同意ですが

CMのせいでラストは予想できてしまったけど、それでもほっこり
助演に等しいワンコに、もうひと見せ場作ってほしかった気もするかなぁ

87 :名無シネマ@上映中:2012/04/07(土) 12:08:46.86 ID:vvuUL8cV
今さっき見終わった
早く家に帰ってワンコに会いたくなる映画でした

aQ_20120415101428.gif

89名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/07(土) 12:41:21.75 ID:lwkEeaGJ
久々に金返せと思った。
最近のアカデミー作品賞は明らかにおかしい。
これに比べればヒューゴの方がよほど意欲的だ。

予告以外の要素が何もない。
スター誕生に犬を加えてサイレントにし、ハッピーエンドに改変しました、というだけの映画。

何がリピーター割引だ。ふざけんな!

92 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/07(土) 15:01:47.24 ID:NPcbKFgk
実験映画としては100分観せられる映画だったから凄いんだけど、犬に救われた映画だな。
犬でてこなかったら無理なレベル。なぜか主人公が植木等に見えてたのも好印象w

あと、本来字幕にする必要のないLONELY STARまで字幕を入れるのは映画を壊してる。あのシーンいいシーンなのに。

94名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/07(土) 15:15:20.90 ID:NPcbKFgk
つかスピルバーグも「タンタン」この犬で実写化してたらコケなかっただろうにレベルだよなw
犬の犬種なんだろう?

133名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/08(日) 02:38:16.73 ID:AhQs0aVm
犬がかわいかったので良し。ハートロッカーよりは客入ってた印象
>>94 ジャックラッセルテリアでは

93名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/07(土) 15:05:53.52 ID:60VFIjlI
観てきた
ひたすらわんこが可愛い
リアクションする度に場内で笑いが起きてた

77_20120415101410.jpg

運転手のベイブのお爺ちゃんもかなりいい役
終始退屈しなかった
いい映画観たなぁ~また観に行こうっと

96 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/07(土) 15:36:43.98 ID:y+amMTxC
>>93
あの爺さん、いつもは偉い人の役ばっかなんだが、執事役も上手だったな

101 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/07(土) 17:36:03.53 ID:F9SFB05H
御歳72歳にして大の男を担ぎ上げるジェームズ・クロムウェルのバカ力に脱帽した。
それともあそこは代役か?

236名無シネマ@上映中:2012/04/09(月) 22:38:32.96 ID:4zgyOml/

2003836_201111180450135001321542053c_20120415101409.jpg

それよりも冒頭ぺピーがオーディション会場で自分が一面載った
新聞を見せる黒づくめの老人が「時計仕掛けのオレンジ」の
アレックスことM・マクダウェルに驚いた。

まさかこの作品に出てるなんて事前情報知らなかっただけにビックリ。

238名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/09(月) 22:42:46.83 ID:iYdbmkNv
>>236
同じく。オープニングクレジットに名前見付けて、えっ、どんな役?と思ってたらエキストラだったね。

241名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/09(月) 22:51:37.18 ID:bJmvjT9H
>>238
オープニングクレジットに名前大きく出てたよな。
あれ当時よくあったカメオ出演へのオマージュな。

242 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/09(月) 22:56:17.42 ID:iYdbmkNv
>>241
なるほど、そう言われればカメオな演出だね。ありがと。

97名無シネマ@上映中:2012/04/07(土) 15:45:03.04 ID:57ydb90d
期待はずれだった
ヒューゴのほうが上
面白いけどアカデミーというほどではないだろ
雨に唄えば、の方がよくできている
どうしてアカデミー取れたのか謎
フランス映画だし
アーティストというタイトルにもピンと来なかった
サイレント映画を称える映画かと思ったらトーキーにあっさり蹴散らされるし
アーティストというのであれば、最後の最後はサイレント映画で勝負して欲しかった
主人公が映画関係者やファンからあっさりと見捨てられすぎるのも悲しい
あの時代に人気女優の主演作品が大ヒットするとも思えないし
この映画は面白いけどどうしてアカデミー賞なのかは理解できない

しかし犬は一級品にかわいい
最高の犬映画の一つになるだろう

112 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/07(土) 21:28:39.84 ID:VFxzj/TU
>>97
「今の時代に」3D映画と真逆の事をやって黄金期ハリウッドにオマージュを捧げたから。
去年の英国王と同じく保守の表れ。
(あえてカラー撮影した後で白黒にしたり、手間は掛けてるがw)

ま、自分はその事にどうこう言うつもりはない。英国王もこの作品も好きだから。
「雨に唱えば」好きとしては、ラストにジーンケリースタイルのタップとターンを決めてくれた所で泣いた。
ジャンさん、ほんと顔から体格までケリーに似てるよなぁ…ヒゲ有るけどw

349名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/12(木) 13:43:14.83 ID:becWwxdI
>>97
>アーティストというタイトルにもピンと来なかった

トーキーに出演することを「俺はアーティストだから~~」って理由で断っただろ。
火事の後でトーキーの台本渡された時も一瞥くれただけだった。

ペピーが最後に閃いたのは、セリフいらないけど「音の鳴る」タップダンスなら
ジョージの矜持を傷付けずにアーティストとして復活させられるって事。

355 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/12(木) 17:20:51.42 ID:OuSqwP56
>>349
そこは作品全体をアートとした時の「作り手」って意味だと思った。

作者の死後にアートが評価されるように、
サイレント映画の死後に、この映画でサイレントが再評価されることで
当時の作り手たちを「芸術家」として称えるという。

109 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/07(土) 20:53:04.97 ID:I+Z107xC
犬は確かにかわいいが。
アカデミー賞候補の他作品なら断然戦火の馬の方が良かったわ。
マネーボールもヒューゴもツリー・オブ・ライフもものすごくうるさくてもこれより良い。
本当に何故獲れたんだ?

110 :名無シネマ@上映中:2012/04/07(土) 21:08:29.87 ID:K2Q7+CPg
アメリカ人の好みがあるのかな。悪くはないんだよ。
ただ、これが作品賞っていうと俺は選ばないと思う

119名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/07(土) 23:38:51.19 ID:X21+T5HT
面白かったけど、先週観たヘルプの方が良かったな。
町山さんがいってたとおり、アカデミー賞とった理由は、
フランス憧れがあるアメリカ人には、
フランス人が撮ったアメリカリスペクト映画に満足。
アカデミー会員が年寄りばかりだから、フューゴといい、アーティストといい懐古主義映画が人気。

98 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/07(土) 16:41:14.37 ID:cHxRiFBy
超好みな映画だった。
細かいシーンのメタファー的な演出がいいね。
見ざる!聞かざる!言わざる!

117 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/07(土) 23:07:25.93 ID:4SdQjB8d
見ざる言わざる聞かざるって外国にもあるんだな、と変なところで感心した

ジーン・ケリー好きとしてはダンスがジーンに似てて嬉しかった

犬が可愛い何がなんでも可愛い
自殺したら犬はどうするんじゃい!死ぬな!って思った

自分はこの映画好きだよ
先が多少読めてても泣けたし最後安心した

100名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/07(土) 17:21:51.62 ID:B467XkAA

20071115_20120415101429.jpg

気絶してもなお抱きしめ続けたフィルムの中身が分かった瞬間、涙腺決壊した。

106 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/07(土) 19:31:48.23 ID:mkDBiFqT
>>100
わしもそこできたわ~

113名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/07(土) 21:45:29.91 ID:FecCH6CD
個人的には良かったよ!
フィルム抱いてたシーン、ラストの自殺をとめてからの完全無音の数秒は感動した。

114名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/07(土) 21:54:00.87 ID:F9SFB05H
>>113
あの完全無音での、映画館内の息を呑む一体感ったらなかったよな。
何も音を入れないのがむしろシーンを最高に盛り上げる演出にすげー新鮮な気持ちを覚えた。

115 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/07(土) 22:02:39.53 ID:FecCH6CD
>>114
ほんとそう。鳥肌たちまくり。あそこだけでも見て良かったと思った!

159 :名無シネマ@上映中:2012/04/08(日) 18:13:05.50 ID:EtCEDk3w
>>113
うん、ここで音は入れたらダメだなと思ったわ。

161 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/08(日) 18:14:46.20 ID:RAIUin83

51_20120415101411.jpg

これ観て最初の感想↓

主人公の俳優はあと5年で相当生え際が後退すると感じた。

120 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/07(土) 23:47:28.25 ID:MYR7ZB5Z
これが賞をとった映画なのか
予備知識なしで見たらたのしめたかもしれないが
受賞の期待にこたえるだけの出来ではなかった

犬とジェームズ・クロムウェルにくらべて、主役男女二人の存在感がよわかったなあ
そういえば、エド・ローターがちらっと出演していて驚いたw

これに時間とお金を費やすなら
『雨に唄えば』『ライムライト』『サンセット大通り』を見た方がいいな

122 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/08(日) 00:12:33.65 ID:CmfPE8/t
この作品の凄い所は、「1920~30年代の作品」を今作ったことにあると思う。
今の技術で昔を描くより、何でも出来るようになった現在に昔の通り(技術、感性全部ひっくるめて)の作品を作ったことが凄まじいと思った。
多分、1930年代にこれを上映しても「凄い!未来の映画だ」とはならないと思う。

しかも、現在の視聴に当然耐え得る。

少なくともこれは、ストーリーに意外性がないとか、そういう指摘をする作品じゃない。
artist=芸術家の題に相応しく、映画には娯楽性だけでなく芸術性があることを歌った作品だ。
他の、娯楽作品とは評価の物差しが全く異なる。
これがアカデミー賞を取ったのは当然じゃないかな。評価の物差しが違う。
神作品とかじゃなく、表現の仕方が別次元なんだ。

123名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/08(日) 00:16:03.93 ID:YZQeT0nB
昔の映画を現代でさらりと作った技術が凄いって事?

126名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/08(日) 00:40:17.10 ID:CmfPE8/t
>>123
うん。少なくとも、俺はそう思った。
昔風の映画を作れって言われても、普通はどうしても今の感性が混じってしまうか、逆に純粋に昔風に作りすぎて、現代人の視聴に耐えられない作品になってしまう
と思う。
現代の昔映画という相反するスタンスの両立があまりに意外だったことが受賞理由じゃないかと。

本来、評価の主軸となるストーリーすら、この映画においては「表現方法」のための物でしかないんじゃないかと。

127名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/08(日) 00:46:53.98 ID:YZQeT0nB
>>126
なるほど、言われてみるとそうかも
凄い考察ですね。

129 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/08(日) 01:04:04.85 ID:CmfPE8/t
>>127
いえいえ、偉そうに論じてしまい、お恥ずかしい限りで。

192 :名無シネマ@上映中:2012/04/09(月) 00:24:09.59 ID:k1noOmcr

41_20120415101412.jpg

ペピーは監督の奥さんなんだな
つうか20代後半くらいかと思ったら35歳だったw

134 :名無シネマ@上映中:2012/04/08(日) 02:44:47.74 ID:q44IaLml
ペピーミラー がサザエさんに見えてしょうがなかった。

138 :名無シネマ@上映中:2012/04/08(日) 09:43:54.65 ID:oq7EFThA
ペピー・ミラーにほくろ書き足すとき
「そこじゃないだろ!」
と思った

142名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/08(日) 11:57:01.29 ID:kD4TgMCD
自殺する決意に至った引き金になったと思われる、お巡りさんがジョージに放った言葉は何だったんだ?

151名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/08(日) 15:11:55.45 ID:MI2eaPAN
>>142
俺もあのくだりがよくわからなかった
そのあと見ていく限りは
みんなが俺を声をあげて笑ってる気がする って思い至ってるみたいだけど

主人公が酔った勢いでやってしまったあの行為は
イングロリアス・バスターズだよね
フランスつながりで

167 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/08(日) 18:45:03.70 ID:I7maazqv
>>151
言葉、、音声の世界に対する恐怖心を増幅させられたでいいだろ

143名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/08(日) 13:29:27.95 ID:kFJnb/09
主人公がかたくなにトーキーを拒む大きな理由のひとつが、ラストのあれに込められてるけど、英語が母国語じゃない日本人には分からん人も多いだろうな。

149名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/08(日) 14:58:30.34 ID:YZQeT0nB
>>143
何?

150名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/08(日) 15:06:47.83 ID:kFJnb/09
>>149
おもいきりフランス訛りの英語。

152 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/08(日) 15:16:03.22 ID:hpHGNVJP
>>150
なるほど
イケメン俳優が喋ってみたらズーズー弁だったみたいなことなのか

157名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/08(日) 18:08:35.99 ID:jN/jrPcl
>>150

うーん、かつて実際に声がイメージと合わなくてトーキーになって人気が落ちた
俳優がいたということからその辺は意識して見てたんだけど、映画以外で一切
声が外に知られないならともかく、冒頭の上映イベントなんかで普通に舞台挨拶
とかして拍手喝采受けてたし、声とか喋り方に原因があるとは思えなかったな。
だから主人公のサイレントにこだわる理由がよくわからなかった。
サイレントの方が演技力がある証というプライドを抱えこんでたのかなとか。

158名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/08(日) 18:12:18.88 ID:6TqIODhF
>>157
サイレント映画に拘ろうとした映画人は実在して理由も様々だったよ
そこら辺詳しく調べてみると面白いかも

162 :名無シネマ@上映中:2012/04/08(日) 18:16:12.81 ID:EtCEDk3w
>>158
チャップリンもサイレントにこだわってたけど、モダンタイムスのあの歌声にはしびれたな。

163名無シネマ@上映中:2012/04/08(日) 18:27:32.69 ID:/K+tgL9W
やっぱり新しいものを受け入れるのがなかなか出来ない人もいるんだよ
いつの時代にも。

男なのに中盤ジョージに再開するペピーのところでもうウルウル来てしまった
階段の演出もうまいよな
上がりのときはジョージは階段上るシーン多いけど
落ち目のときは階段下りるシーンが多い
再会のシーンではペピーが上から見下ろす演出とか凝ってるなと思った
ワンちゃんもいい味だしてるけど、運転手さんの情のあつさも

嫌な人間は誰もいなくて、エロシーンもなくてほっこりさせられる映画
去年のブラックスワンみたいに踊りのシーンで盛り上がる手法も似てたけど
個人的には名作だと思う。

でも、客入りは悪かった
なんで邦画が今人気なのかよくわからん

164 :名無シネマ@上映中:2012/04/08(日) 18:31:02.52 ID:EtCEDk3w
>>163
それそれ、エロやグロのない穏やかな演出が良いんだよ。
めっちゃ泣いてしまったし、場内すすり泣きが多かった。入りは悪かったけどね。

181名無シネマ@上映中:2012/04/08(日) 21:13:13.77 ID:tEGz++KV

2401540_20120415101407.jpg

トーキー時代にタップダンスが受けるとは思えなくて
エンディングがいまいち受け入れにくかったんだが
当時そういうのはウケてたの?

ジョージにとってのペピーがどういう存在なのかも何かピンとこなかった
どう見ても恋愛対象ではないように思えるんだけど、でもあのフィルムの件とかがなー

でも犬がサイコーだったのとトーキー発明後の悪夢シーンの音の演出はよかった

183 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/08(日) 21:38:28.74 ID:+uEEMpIW
>>181
ペピーがジョージにとっての何なのかはそのものズバリのが作中の映画の題名として出てくるし、
フレッド・アステアのキャリアがいつごろから始まってるかとかぼんやり覚えてれば落としどころとしては全く問題なし。

283 :名無シネマ@上映中:2012/04/10(火) 15:16:46.00 ID:xuDzBE02
>>181
ジョージはああ見えて悪い遊び人ではなく、誠実な人間だったんだろう。

182名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/08(日) 21:16:42.30 ID:MU/KF0DE
面白かったけど、ラストが物足りなかったな。
サイレントからトーキーになって忘れ去られた主人公の再興を描いているんだから、
ラストは完成した映画を楽しそうに観ている観客で締めてくれないと。
劇中で何回も忘れ去られている描写入れてるんだから。
あれで終わりじゃ、ペピーは単にストーカー気味の良い人で終わっちゃうじゃん。
その点で言えば、「ヒューゴの不思議な発明」の方が上だった。

個人的な妄想で言えば、ジョージとペピーの共演映画が終了した舞台上に二人が登場したら、
観客の拍手喝采が「聞こえる」っていう演出にして欲しかったな。
そうすれば映画の冒頭とも繋がるし、現在観ている観客とも繋がる感じが出たかも。
ま、妄想ですけどw

267 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/04/10(火) 03:28:30.85 ID:EH71RWYX
>>182
そこは見てる俺ら観客が拍手するって作りなんじゃね。
だから、グッドエンドかバッドエンドかは見ている観客に委ねられていると言うのが俺の解釈。

台詞が無いことで解釈の幅が広く、人によって見てる内容は同じでも印象がだいぶ違ってると思う。
意図的にそういう作りになってる。
だから「終わり」にも幅があるような気がする。

撮影途中なのもマルチエンディングの為に結末を隠すためだと感じた。
だって別れた奥さんに感情移入してたら、その人の中では違う結末もあり得るわけで。(自分もネックレスとかひっかかってるし)

エンディングに不満を感じる人は、その安易な成功に疑問を感じてるのかな。
でも成功までは描かれていないし、その先に更なる挫折がある可能性もある。
良くできたエンディングだと思う。


関連記事

  1. 2012/04/15(日) 20:13:15|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3
<<ハリウッド映画「バトルシップ」は親日映画か?~韓国ネチズン「日本人活躍しすぎ。旭日昇天旗、登場しすぎ」 | ホーム | ジョン・グッドマンを2次元美少女化するコラ画像が海外で流行中>>

コメント

観ました。ヒューゴはつまらなかったですが、これは自分好みで酷く感情を揺さぶられました。
無声映画の名作を観てから、またヒューゴとアーティストを観ようと思いました。

迷惑で反則的だと思いますが映画愛に詰まったこの映画、江戸川さんはどうでしたか?
久しぶりに江戸川さんの声が聞きたいです。
  1. URL |
  2. 2012/05/07(月) 08:42:22 |
  3. 大輔Z #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 観ました。ヒューゴはつまらなかったですが、これは自分好みで酷く感情を揺さぶられました。
> 無声映画の名作を観てから、またヒューゴとアーティストを観ようと思いました。
>
> 迷惑で反則的だと思いますが映画愛に詰まったこの映画、江戸川さんはどうでしたか?
> 久しぶりに江戸川さんの声が聞きたいです。

この映画が好きな人は多分熱狂的に好きな人が多いと思うので、
内緒ですけど(ってバレバレ。笑)自分的にはもうひとつでした。

元々、ミュージカル映画があまり好きではないというのもありますし、
皆さんが絶賛されている犬に関しても子供の時からのトラウマで、自分は苦手で…

それでも、はまれなかった最大の要因は過去の無声映画の名作をほとんど見たことが
なかったせいだと思います。また、色々な映画を見て50年後くらいに見返したら好きな
作品になっているかも。(笑)
  1. URL |
  2. 2012/05/07(月) 09:11:48 |
  3. 江戸川長治 #-
  4. [ 編集 ]

江戸川さんへ

そうだったのですか!wwてっきり江戸川さんが好きそうな作品だ、って思って調子乗って書いちゃいました。
江戸川さんみたいな映画マニアはこういうの大好き何だろうな~と思ってましたが偏見でしたね。犬好きじゃないのも何か意外でしたww
正直な感想、ありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2012/05/07(月) 09:36:25 |
  3. 大輔Z #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2982-5ffaffe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アーティスト 【映画】

いまはもうなくなってしまったけれど 学生の頃シネマアポロンという地元の映画館で オールドムービーばかり上映していた セーラー服で通った映画館 観終わるとコーヒーをいれてくれる 通常はそんなサー...
  1. 2012/04/15(日) 22:04:39 |
  2. as soon as

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。