2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダーク・フェアリー

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1327326723/
5_20120402141914.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2012/01/23(月) 22:52:03.33 ID:lj6KH+TU
田舎の屋敷に巣食う魔物の恐怖を描いたTVムービー「地下室の魔物」(1973)を、「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロの製作・脚本でリメイクしたサスペンススリラー。欧米に伝わる邪悪な妖精“トゥースフェアリー”を題材に、心を閉ざした少女とその家族が体験する未知の恐怖を描く。両親が離婚し、父アレックスと父の新しい恋人キムとともにロード・アイランドの古い屋敷に引越してきた少女サリーは、封印されていた秘密の地下室を見つける。地下室から聞こえる謎の声に導かれ、サリーは得体の知れない妖精を呼び起こしてしまうが……。「バットマン」の作画なども手がけるコミック作家のトロイ・ニクシーが初監督を務める。

キャスト: ケイティ・ホームズ、ガイ・ピアース、ベイリー・マディソン
監督: トロイ・ニクシー
製作: ギレルモ・デル・トロ、マーク・ジョンソン
オリジナル脚本: ナイジェル・マッキーンド
脚本: ギレルモ・デル・トロ

原題: Don't Be Afraid of the Dark
製作国: 2010年アメリカ・オーストラリア・メキシコ合作映画
配給: フェイス・トゥ・フェイス、ポニーキャニオン
上映時間: 100分
映倫区分: G


4 :名無シネマ@上映中:2012/01/24(火) 07:13:08.86 ID:ONFZIG1Q
見てきました。恐いというか痛そうなシーンが多くて、攻撃されるたびにびくっとした。
でも吹き替えじゃないと、ラストのあの方たちのセリフの本当の意味とかわからないんじゃないかな。
作り声だったし。

自分、オリジナルを吹き替えでみたから意味がわかるけど、字幕だと「誰が」「何を」しゃべっているのかわからん人もいるかもしれない。

5 :4:2012/01/24(火) 07:19:03.94 ID:ONFZIG1Q
>>4
あ、オリジナルってABCのテレビムービーのものね。
確か、TV東京の昼あたりにやっていたもので子供のとき見て、トラウマになりました。

6 :名無シネマ@上映中:2012/01/24(火) 13:06:52.46 ID:q6GrjgQr
ラストのセリフって、あの人があいつらの仲間になったって事?

7 :名無シネマ@上映中:2012/01/24(火) 14:05:40.66 ID:mX7woQWy
>>6

Yes.

初見の人は字幕で理解できたかなあ。

他のトゥースフェアリーの声はプロデューサーのデルトロ本人がやっているらしいよ。

8 ::2012/01/24(火) 14:40:16.27 ID:q6GrjgQr
>>7
うわーやっぱり?
まさかと思ったが嫌な想像が当たってしまった。

9 :名無シネマ@上映中:2012/01/24(火) 20:39:00.60 ID:edxTXwXK
それは普通に声で分かるだろ

15 :名無シネマ@上映中:2012/01/25(水) 07:24:34.18 ID:IwobV1kX
>>9
そう?

自分は前知識があったから、キムと同一人物(?)とわかったけど、作り声だったし、前知識なかったら英語のセリフだけでキムだと判る自信はない。

トゥースフェアリーの生態については、「わからない怖さ」があるので、
今のままでいいと思う。

そもそも子供の歯を何に使うのかもわからないし。
(そっくりそのまま残っているので、喰うのではないはず)

16 :名無シネマ@上映中:2012/01/25(水) 08:09:12.93 ID:e6sA9g4s
いやいやいやわからない奴いないよw

19 :名無シネマ@上映中:2012/01/25(水) 23:08:33.80 ID:3J+B7jXA
リーダー格のやつは序盤で取り込まれた爺さんってことでOK?

>>15
残ってた歯は、メイドと爺さんの歯でしょう?
子どもの歯じゃないからいらないって言われてたじゃん。

30 :名無シネマ@上映中:2012/01/30(月) 21:34:07.46 ID:jl+4UA1a
普通の人ならラストの意味わかるだろ
むしろわからんやつがおかしい

Black_20120402141936.gif

布団の中のシーンは予想ついたけどそれでもビクってなったw

44 :名無シネマ@上映中:2012/02/01(水) 22:01:49.55 ID:S+rCw7Xs
今見てきたけど、このスレ見るまでオチの意味がわからなかった。最初からキムが奴らの仲間だったのかと思ってしまった。
はっきりとキムと分かるトゥース・フェアリーをだしとかないとわからんと思うけどな。

それ以外は普通にホラーとして怖かったし、面白かった。
結構セットのインテリアがこってて、ベッドや隠し扉のレリーフとかデルトロらしかったのもよかった。

45 :名無シネマ@上映中:2012/02/02(木) 06:09:52.98 ID:erKkBHZ+
そういう風にとらえる人もいるんだ。
そんなにトリッキーなオチではなかったと思うけど。

10 :名無シネマ@上映中:2012/01/24(火) 22:17:10.66 ID:2iC6oOlM

41_20120402141912.jpg

キムかわいそう

17 :稚羽矢:2012/01/25(水) 19:27:35.46 ID:Lt+ZI0pq
おぉ、スレが立っている
キムが報われないよねぇ・・・
つまりフェアリーに食われるとフェアリーになってしまう、所謂ゾンビの増え方しているわけか

12 :名無シネマ@上映中:2012/01/25(水) 00:34:40.46 ID:3J+B7jXA
観てきたが、なんか普通のホラー映画。
展開も淡々と進むし。
小人の正体が明らかになるとか何も無し。
最後に謎解きみたいなのが欲しかったんだけど。

11 :名無シネマ@上映中:2012/01/25(水) 00:14:11.09 ID:e6sA9g4s
最後のボッキリ&グシャッあたりだけだったな、ギレルモ風味は。

13 :名無シネマ@上映中:2012/01/25(水) 06:14:03.19 ID:wn1H+EfB
・キムと娘役似すぎ
・ガイ・ピアースが全く役に立たないのがすごい
・本棚で一匹殺したのにその死体はスルー
・やたらと詳しすぎる図書館員
・写真にフェアリーが写ってたのかどうか不明

14 :名無シネマ@上映中:2012/01/25(水) 07:04:12.28 ID:VOKN5ow+
『地下室の魔物』って全く知らないけれどキム・ダービーが主演なんだね。
その役を今回はケイティ・ホームズってのが妙に納得。
どちらも大好きだ。

ともあれ、50~60年代のおっとりしたホラーを思い出す古臭い感じが気に入った。

51_20120402141912.jpg

ただ、トゥース・フェアリーの生態をもっと詳しく教えて欲しかった。
せっかく事情を知っているらしい老人や画家に詳しい司書を登場させてるんだから

22 :名無シネマ@上映中:2012/01/27(金) 07:50:31.42 ID:W2lozpcP
音響のいいスクリーンで見たので
サラウンド効果の凄まじさに感心した。

トゥース・フェアリーが本当に場内を
かさこさと駆け巡ってんじゃないかと思える臨場感。

序盤で子供が地下室の天窓を見つけた時に
老人が背後から現れる瞬間なんて、
椅子から飛び上がりそうなほどの重低音だった

23 :名無シネマ@上映中:2012/01/27(金) 23:00:10.13 ID:eK7PrBls
>>22
どこの映画館?
俺が観たところは音は安っぽかったな。
昔の映画みたいな。
狙ってそうしてるのかと思った。

24 :名無シネマ@上映中:2012/01/28(土) 00:18:45.32 ID:ysKgwput
子供を連れ去る妖精なのに、キムを誘拐したらそれで撤退しちゃったのは何故?
サリーがほしかったんじゃないの?

28 :名無シネマ@上映中:2012/01/30(月) 08:59:04.54 ID:DvZq5L29
>24

あくまで予想だけど、キムをさらって仲間に変えた後、昼間にフタ閉められちゃって、封印されちゃったから
手が出せなかったんじゃないかな。
封印が解けてサリー(ないし他の子供)がさらえるんならさらおうとするはず、

25 :sage:2012/01/29(日) 14:17:21.73 ID:hN9e8e59
凡作だったなぁ。
駄作じゃないけど、期待してた分、残念に感じる。

26 :名無シネマ@上映中:2012/01/29(日) 23:31:50.55 ID:BMbKEJqN

77_20120402141911.jpg

オリジナル版を観た人いる?
それと比べてどう?

27 :名無シネマ@上映中:2012/01/30(月) 01:12:07.06 ID:YWNhCums
むしろオリジナル版しか見たことないわ
オリジナルなど精神不安定なヒロインとバカな夫にイライラする

28 :名無シネマ@上映中:2012/01/30(月) 08:59:04.54 ID:DvZq5L29
>26
オリジナルもみたけど、まあ、印象は変わらず。

[今回]
今回のものの方が小さいのが大量に出てきて隠れられるのでより恐ろしかった感じはする。
オリジナルと違って、トゥースフェアリーとかいう説明が加わって深みが増したような気がする。
まあ、正体を説明しきったわけじゃないけど。

[オリジナル]
オリジナルのときは主人公(ヒロイン)が化け物の仲間にされちゃうという意味不明なおぞましさがキモだった。
救いがないし。てか精神的にもあっちの仲間になっちゃうってなんなのか…
今回は一応、第一目標のサリーが助かってはいるので後味はオリジナルほど悪くはない。(←ひどいな。ごめん)

29 :名無シネマ@上映中:2012/01/30(月) 20:32:23.20 ID:YGxFIQGv
監督がオリジナル版大好きらしいので
テイストは変えずにリメイクしたってことだね。

47 :名無シネマ@上映中:2012/02/03(金) 19:47:59.47 ID:cczu05QO
観てきたけどベタだったな
ガイ・ピアースの役立たずっぷりには泣けてきた

14_20120402141913.jpg

31 :名無シネマ@上映中:2012/01/31(火) 13:35:04.06 ID:9yvLHN4c
父親の娘への態度にイラッてしてたから、ヒロインが死んだ時「あいつが連れていかれれば良かったのに」と思ってしまった

オリジナルだとサリー死んじゃうの?
それは鬱すぎる

32 :名無シネマ@上映中:2012/01/31(火) 20:20:41.47 ID:VkKWRNTR
確かに経済的成功ばかり見てる親父がやられちゃって、キムと娘が血がつながらないけど絆が出来て母子として生き延びるって方がよかった。

33 :名無シネマ@上映中:2012/01/31(火) 22:30:08.07 ID:1Ayuw4yo
>>31
|ヒロインが死んだ時「あいつが連れていかれれば良かったのに」と思ってしまった


ヒロイン(キム)は「死んでない」。引きずり込まれて、変異転生させられて心まで連中の仲間になって生き続けている。

|オリジナルだとサリー死んじゃうの?

死んじゃわない。引きずり込まれて、変異転生させられてまで連中の仲間になって生き続けている。

殺されたほうがマシと思うかどうかは考え方次第。

50 :名無シネマ@上映中:2012/02/05(日) 00:16:31.38 ID:xaQF5L9l

20071115_20120402141937.jpg

一緒に見に行った旦那が最後に絵が吸い込まれてったのが気になるっていうんだけど
キムは完全に取り込まれてないとか
自分はキムは完全にあっちのひとになったと思ってるんだけどね

58 :名無シネマ@上映中:2012/02/15(水) 22:55:29.64 ID:6FVXctUq
>>50
自分も今日見てきたけど、旦那と似た解釈だ
キムは確実に人間じゃない奴らと同じ生き物になってるとは思うんだけど、絵を吸い込んだのと「行こう」的な
発言をする仲間のフェアリーに対して「待とう、暗闇の中で」とか、元の女性に近い声で地下深くに留まる発言をする辺りが
(次の獲物が来るまでとも言ってるから化物寄りではあると思うんだが)

48 :名無シネマ@上映中:2012/02/04(土) 16:57:58.83 ID:vQ5p/bUQ
オリジナル版の魔物はこんな奴らです。

2003836_201111180450135001321542053c_20120402141910.jpg2401540_20120402141937.jpg

リメイク版はロングショットでカサコソ活動してる姿はCGでもいいんだけど
せめて顔のアップは特殊メイクにして欲しかったな。

49 :名無シネマ@上映中:2012/02/04(土) 20:56:22.86 ID:HHs1/1t8
>>48
CGでよかったと思うよ。
いまどき特殊メイクじゃコントだよ。

この映画の問題点は他にもあるので、そんなのは些細なことだけど。

51 :名無シネマ@上映中:2012/02/05(日) 14:31:00.46 ID:do+br/TV
特殊メイク受け付けない世代が出てきたか。
なぜ今でも「エクソシスト」「狼男アメリカン」「遊星からの物体X」が色褪せないか考えてみよう。

52 :名無シネマ@上映中:2012/02/05(日) 19:20:43.04 ID:ZqYEur0/
それは映画としてのオリジナリティと面白さだろ。特殊メイクとCGの優劣とか関係ない。

53 :名無シネマ@上映中:2012/02/06(月) 00:47:21.13 ID:5TP4UlKT
>>51
色あせてるだろ?
支持してるのは年寄りだけだよ。

54 :名無シネマ@上映中:2012/02/06(月) 12:21:59.84 ID:Wi3cIhxV
>>51
あれを今やっても滑るだけだろ

55 :名無シネマ@上映中:2012/02/07(火) 03:05:16.25 ID:YuD5+Ba7
特殊メイクがいいかどうかはわからないけど、CGクリーチャーって怖くないよね

56 :名無シネマ@上映中:2012/02/07(火) 23:10:01.26 ID:zRameuLt
さっき観て来たが、一番観客がビックリしてたのは、
おじいちゃんが後ろからサリーを引っ張るとこだった
俺もビクってなったわ

57 :名無シネマ@上映中:2012/02/08(水) 18:33:44.53 ID:3GEmHw1b
俺は何とも思わなかったが、前の方に座ってる奴3人くらいビビって体を揺らしてたなw


関連記事

  1. 2012/04/23(月) 20:28:04|
  2. た行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「13才までに見たい名作ベスト3」1位「サウンド・オブ・ミュージック」2位「E.T.」「スタンド・バイ・ミー」「となりのトトロ」 | ホーム | 【画像】もしもハリー・ポッターがディズニー映画だったら>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2947-6f2c4191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。