2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

哀しき獣

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1324909666
14_20120331213008.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2011/12/26(月) 23:27:46.30 ID:QeVmP3nw
「チェイサー」のナ・ホンジン監督とハ・ジョンウが再びタッグを組んだクライムサスペンス。罠にはめられ追われる身となった男が、闇に潜む真実を暴き出していく姿を描く。中国・延辺朝鮮族自治州でタクシー運転手を営むグナムは、借金返済のために賭博に手を出すが、失敗して逃げ場を失う。殺人請負人のミョンに韓国へ行ってある人物を殺せば借金を帳消しにすると言われたグナムは、韓国へ出稼ぎにいったまま音信の途絶えた妻に会うためにもミョンの提案を受諾。黄海を渡り韓国へたどり着くが、そこで罠にはめられ、警察や黒幕すべてから追われる身となってしまう。

キャスト: ハ・ジョンウ、キム・ユンソク、チョ・ソンハ
監督: ナ・ホンジン
脚本: ナ・ホンジン
撮影: イ・ソンジェ
美術: イ・ウキョン
編集: キム・ソンミン
音楽: チャン・ヨンギュ、イ・ビョンフン

原題: 黄海
製作国: 2010年韓国映画
配給: クロックワークス
上映時間: 140分
映倫区分: R15+


9 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/03(火) 21:40:24.07 ID:ajVpqf1v
すごく期待して試写会いったけど、正直期待はずれだった
チェイサーには遠く及ばない

14 :名無シネマ@上映中:2012/01/07(土) 15:59:27.49 ID:uYxofJ5s
ちょっと長すぎる。時間が・・・。

15 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/07(土) 16:13:18.20 ID:KHzCsbKQ
チェイサーの時も思ったけど後半失速するんだよなあ
今回は盛り込みすぎかな

面白いだけにもったいないわ

19名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/07(土) 22:15:01.21 ID:+Hs2Lb6d
ぶっちゃけつまらんかったわ。

51_20120331213006.jpg

最後銀行にいたのグナムの奥さんなのかキム教授の奥さんなのかどっちか分らんかった。
詳しい人解説して。

21名無シネマ@上映中:2012/01/07(土) 22:19:38.69 ID:mfWwjuko
>>19
教授の嫁でしょ。あの銀行員が不倫相手で、運転手を雇って殺させた。

22 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/08(日) 00:08:22.81 ID:8t+KthkN
>>21

2003836_201111180450135001321542053c_20120331213005.jpg

そうだよね?だったらなんで列車から降りてきたん?
彼女も朝鮮族の出稼ぎ女だったってこと?

26名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/08(日) 01:12:33.30 ID:dP3EA7A6
勘違いしてる人けっこういるのか
銀行にいたのは教授の嫁
最後電車から降りてきたのは主人公の嫁
韓国にいる女はどいつもこいつも浮気をするということを
目の当たりにしていくことで、絶望が極限に達したんだな
で、あのラスト
運転手を使って殺しをさせたのはバス会社社長

28 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/08(日) 08:07:40.63 ID:8t+KthkN
>銀行にいたのは教授の嫁
>電車から降りてきたのは主人公の嫁
そうなんだこの二人同じ顔にしか見えないから分らんかったわ。

34名無シネマ@上映中:2012/01/08(日) 10:44:50.35 ID:P0UFnSMS
>>26
どいつもこいつも浮気するで絶望というより
死を覚悟したグナムが最後に何か良いことというかケジメつけようとして
教授の嫁に復讐(真犯人ぶっ殺す)を誓ったんだけど実は。。。
ということをあの銀行のシーンで知ってしまい最後の生きる意味失ってしまい絶望、
しかも遺骨は。。。で観てる方はダブルで絶望みたいな感じだと思った。

42 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/08(日) 14:48:44.81 ID:8t+KthkN
>>34のように見ながら理解出来てたら、すげー良作だったと映画館を後に出来たんだろうな。
残念ながら俺は?マークですげー良作映画と気づけなかった。

31名無シネマ@上映中:2012/01/08(日) 10:05:33.42 ID:fLqLaSGQ
やっぱりストーリーよく判らなかった人いるみたいね。俺も判ってないが……。

銀行にいた女:スンヒョンの妻。銀行員と浮気
銀行員:真犯人。運転手を雇ってスンヒョンを殺害
キム社長:愛人がスンヒョンと浮気して激高。はしごを外されスンヒョン殺害犯を追跡
ミョン:スンヒョン殺害指令の理由は不明
主人公:金のためにスンヒョン殺害に出向くが、妻が死に、スンヒョン妻も浮気していることに絶望して死亡
最後の女:主人公の妻。回想シーン?

32 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/08(日) 10:39:36.08 ID:nB+xuwWo
>>31
グナムの嫁は死んでないだろ?
電車で中国に帰ってきたシーンは、それとも願望か?

35名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/08(日) 11:00:52.40 ID:nB+xuwWo
ミョンが教授を殺害する動機は?
運転手は誰からの依頼?←キム社長?銀行員?

36名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/08(日) 11:05:53.17 ID:nB+xuwWo
銀行員から朝鮮族へ教授の殺害依頼があって、ミョンはグナムにやらせた?
運転手はキム社長からの依頼で教授殺害?
よく分からなくなってきたわw

37 :名無シネマ@上映中:2012/01/08(日) 11:24:08.81 ID:9SeR5THP
>>36
これが正解っぽい 納得。ありがとう。

41名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/08(日) 14:22:05.45 ID:Ht+pSlP3
グナムの前に教授を狙ってた2人組は誰からの依頼なの?

43名無シネマ@上映中:2012/01/08(日) 15:33:45.84 ID:g7VirtQH
>>41
教授と愛人が浮気してたことに怒ったキム社長だな

44名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/08(日) 15:48:34.18 ID:Ht+pSlP3
>>43
だよね、ありがと

75名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/08(日) 23:46:05.30 ID:UTEYtaeZ

2401540_20120331213004.jpg

…え、結局不倫相手から頼まれたから殺害依頼したってことなの?
そんなんでいいの?

だったらもう少し、教授嫁が教授に対して腹に一物抱えているような描写が欲しかったぜ…
それにしてもミョン社長のターミネーターっぷりはすげぇな
最後アレでも死んでないんじゃないかと思えるw

78 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/08(日) 23:49:19.86 ID:pjOvurX7
>>75
別に「犯人は誰だ?」型のミステリーじゃないんだから教授嫁の心理は別にいいんじゃない?
『母なる証明』と時も思ったけど本格ミステリーに毒されすぎてる映画ファン多いよね。

「驚愕のどんでん返し」とかが売りでもないし、
教授殺害依頼者の真相はあくまで多くの要素の1ピースって位置づけ以上でも以下でもないよ。

というか教授嫁(と浮気相手)が黒幕ってむしろベタというか想定内だろ。
それまでの演出とかみるかぎり作り手側も特にミスリードとか狙ってないっぽいし。

39 :名無シネマ@上映中:2012/01/08(日) 12:40:49.64 ID:g7VirtQH
グナムの嫁ってしんでないの?
あおミョンがキム社長の手下に襲われたあと、なんで韓国に乗り込んできてグナム狩りをしはじめたのかが
よくわからなかった。ミョンが裏切ったの?

40名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/08(日) 13:23:04.84 ID:celKe3qb
グナムの嫁は死んでないよ。グナムに依頼されて死体を確認したヤツがわざわざ「全然わからん」って言ってた位だから。

結局、嫁は全く浮気もせずしっかり働いて、ちゃんと中国に帰ってきた、ってのがラストの意味だよね?ただこの解釈だと、なんで送金も連絡もしなかったのかがよくわかんないんだけど。

49名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/08(日) 16:31:19.09 ID:B/fpENHE
>>40
グナムの嫁はあの魚卸のおっさんと浮気してたんじゃない? 結局嫁は喧嘩して逃げて田舎に戻り、魚卸のおっさんは別の女を殺して(グナムが嫁かと思って確認させた死体)捕まったと。

51名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/08(日) 16:56:48.56 ID:yIoW0uOy
>>49
最後の電車から降りてきたあの嫁が
魚屋のおっさんとあの汚い部屋に住んでたとは思えないんだが
グナムはあの部屋にあった子供の写真を持ってたよな。
分からん・・・

52 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/08(日) 17:11:40.99 ID:B/fpENHE
>>51
子供の写真があったからあの部屋に奥さんが住んでたのは間違いないよな。で、隣人の話によると男と喧嘩して出ていったという。ということは一緒に住んでるかどうかはともかく浅からぬ付き合いの男がいたわけだが、魚屋以外に奥さんを知ってる男は他に出てこなかったよな。

53 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/08(日) 17:31:08.22 ID:t1pnkfnW
>>51
服装とかボストンバッグとかの持ち物を見ても垢抜けすぎだよな

100名無シネマ@上映中:2012/01/09(月) 15:13:57.73 ID:CYj5TjsT
最後のカットはグナムの最期に見た幻影だと最初は理解したが…
あのタイミングで入れるってことはやっぱり嫁は
生きてたってことなのか?
顔ぐちゃぐちゃの伏線もあったし

101名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/09(月) 15:36:41.57 ID:zDfgLOnH
>>100
エンディング・ロールの途中に入れてるということは、「今頃実は」っていう感じで最後に種明かしみたいなものじゃないかな
幻影であればあのタイミングで入れる意味がわからない

あと、嫁と思ってた人って、首とかバラバラにされてたと思うけど、遺体袋(?)に普通に入ってたのはなぜ?

102 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/09(月) 15:58:41.65 ID:Idm4G3UA
>>101
それもよく分からなかったなぁ
たしかニュースではバラバラと言ってた

しかし遺体を確かめるために依頼された男が見たものは
人の形として遺体袋に収まっていた
しかし、その男は「ぜんぜんわかんねー」と独り言を言いつつ
グナムには「あれは間違いない」といって金を受け取っていた
どう考えても、あれは「嫁ではない」と解釈してもらうための表現だったと思う

68 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/08(日) 23:22:06.48 ID:Y92vhaID
面白かったけど個人的にはチェイサーの方が好きだな
なんかご都合主義が過ぎるというのも今一映画に入って行けなかった
あと、車何台潰したんだという派手なカーチェイスは豪華だけど
路地裏で走って追いかけっこしてる方が好きだ
どうでもいいが、愛人のおっぱいがモロ豊胸なのな

105 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/09(月) 19:38:06.22 ID:6636tb0g

a_k_20120331213022.jpg

あの社長の愛人役の女優は何者? 脱ぎっぷりの良さに惚れた。

194 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/14(土) 22:35:04.31 ID:IgAalz3h
正直、社長の愛人のせいで後半はムラムラしっぱなしだった

85名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/09(月) 01:25:07.13 ID:QMIbUez8
ミョン社長は何故グナムを中国に帰らせない段取りにしたんだろう。
送り出した時から帰れないようにしてたってことだよね、帰る船のガセ情報伝えさせてたから。

92名無シネマ@上映中:2012/01/09(月) 09:12:14.73 ID:OSicd8NE
>>85
そう、そこが一番よくわからない。

94 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/09(月) 09:52:54.88 ID:Idm4G3UA
>>92
借金まみれの奴を見つけて、大金をチラつかせて
当の本人は嫁探しの件もあって話に乗ってきた
密航者のグナムは警察にかけこむことも出来ない身だから
自分の手で教授を殺したわけではないと、依頼人のミョンのことを
チクったりすることも出来ない
密航船を牛耳ってるのはミョンであり
どうやっても中国へ戻ることが出来ないグナム
ミョンは元から報酬を支払うつもりなど無かったわけよ

95名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/09(月) 10:29:52.37 ID:x0IYQph3
今作に関して言えば、各章クライマックスの緊迫感とか、
全編通して説明を省略しつつ観客に話を分からせる映画的な見せ方の上手さ、
エロとバイオレンス、どれをとっても一級品であることは間違いない。

んーだけど何か足りないかな。
衝撃的な一撃とか、圧倒的な1シーンとか無いし、
感情を揺さぶられる感じもない。

たぶん主人公に感情移入できなかったのが問題で
それができた人は物凄い思い入れて観ることができたんだろうけど。

97 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/09(月) 10:33:32.81 ID:Idm4G3UA
>>95

41_20120331213007.jpg

ミョン社長の一挙手一投足を楽しめないならこの映画に向いてないだろ

98 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/09(月) 11:07:38.35 ID:GmwGAoYk
ミョン社長はいいキャラだった。海に飛び込むとことか最高。

356 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/05(日) 17:03:45.65 ID:nhoQgNnB
船上で主人公が飛び降りたあと、ミョンも飛び降りて追ってくるシーンはアポカリプトの滝のシーン思い出した。
とにかくミョン強すぎだろw

357 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/02/05(日) 20:39:45.93 ID:ef42dr/K
ミョンさん無双は震えながらも笑えるなw

170名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/11(水) 23:22:25.50 ID:RS6HwzCi

77_20120331213005.jpg

ミョンさんの部屋教えたフロントの女性はその後無事だったんだろうか

171名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/11(水) 23:54:01.97 ID:UAhv3ZYR
あの女がミョンに密告したから返り討ちにされたんだと思った

172 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/12(木) 00:01:55.96 ID:cIQfydKx
>>171
ミョンが強すぎただけだろ
返り討ちにするならパンツ一丁はおかしいわな

120名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/10(火) 16:45:44.16 ID:AwtkOsDj
ラストの嫁さんが列車から降りるシーン、他に客も車掌もひとりもいなくて、
場所もわからないし、現実のことだったのかどうかもわからないよな。

子供の写真を見誤るはずはないから奥さんの部屋だったのは間違いないし、
写真を見せただけの店員が嫁さんの名前を答えているから、魚屋と奥さんが
顔見知りだったのは確かだろうけど、奥さんの部屋でのトラブルの相手が
あの魚屋だったのかどうかはわからない。少し前に喧嘩した後にしては
車から降りて鼻歌歌って歩き出すというのも変だし、見つかった女の死体の
死亡推定時刻も語られていないから、魚屋がいつ女を殺したのか、
グナムと遭遇した日時との関係もわからない。

でも、グナムに殴られた腹いせに酒を飲んで帰った魚屋がグナムと会ったことを
話したことで奥さんが帰国を言い出したのだとすれば、奥さんを殺して山に捨てたと
考えても辻褄は合う。代理で死体の面通しに行った男は「わからない」とは呟いたが、
「違う」とも言っていないから奥さんではなかったという確証もない。

あの辺は、知らずに他人のお骨を抱えて船に乗ったのか、嫁さんも本当に
殺されたのか、どっちにしろ悲惨な話には違いないし、わざと曖昧にしたのかもな。

121 :名無シネマ@上映中:2012/01/10(火) 17:03:03.74 ID:KckFY6OJ
グナムの奥さんの生死は
わざと曖昧にしてるという意見に同意。
この映画で奥さんの生死は、べつにハッキリさせなくていい。

拉致られて、ボコボコにされて、最後にミョン社長の
怪我の治療にシャツを取られる朝鮮族の男。
この男が、銀行員から教授殺人の依頼を受けて、その仕事をミョン社長に
お願いしたってくだりが、とてもわかりにくかったから
ストーリーがゴチャゴチャしたのかな。

132名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/11(水) 00:06:30.39 ID:hrAO8hgK 
>>120
店員が奥さんの名前を答えるシーンがあったか?
写真を見せると、この女なら知ってる、という程度じゃなかったか?
グナムはあいまいな証言をたどって妻探しをしている。
水産会社の男にたどりついた時点で、
情報は別人の女にすり替わっていたとみるのが妥当。

ラストのグナム妻が列車から降りてくるシーンは現実だと思う。
それでこそこの物語の悲劇性が浮かび上がる。
この物語の裏テーマは夫婦の絆だろ。
何があっても夫婦の絆を信じたいグナムに対し、
そんなものはあてにならないという現実がこれでもかと襲ってくる物語。
キム教授妻と銀行員の浮気がトドメだ。
グナムが死に、何もかもが終わった後に、グナム妻が無事帰る場面を挿入することで、
叶わなかった再会、という皮肉な悲劇性が立ち上る。

142名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/11(水) 04:31:22.52 ID:9Q2v9Vxu
>>132
>店員が奥さんの名前を答えるシーンがあったか?
>写真を見せると、この女なら知ってる、という程度じゃなかったか?

3軒目に訪れた店の女店員に写真を見せたときに「ファジャ」と言ってる。

143 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/11(水) 11:03:37.01 ID:BhXsZeQP
>>142
そう、だから混乱するんだよな

134 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/11(水) 00:36:56.48 ID:9Q2v9Vxu

d2002_20120331213022.jpg

何があっても夫婦の絆を信じたいグナムに対し


そりゃねーよ
家族写真の嫁の顔をブン殴ってガラス割れてたし
それを見て「クソ女が」とも言って奴が、夫婦の絆を信じて韓国に行ったとは思えんw

137130[sage]:2012/01/11(水) 00:59:25.00 ID:UAhv3ZYR
「夫婦の絆を信じたい」っていう小綺麗な言葉だと違和感はあるけど、
「クソ女が」とか言ってガラス割ってるグナムが嫁に未練タラタラなのは
あの咽るような回想シーンからも明らかかなあ。

>>132の言うとおり
このストーリーの通底にあるのがグナムの嫁への執着であることは間違いない。
ただ、それと教授の嫁の不倫とか社長の女が寝取られたとかがグチャグチャで
分かりにくいというか、結局何が言いたいのかがよく分かんねー、みたいな感じ。

最後のシーンを嫁が帰ってくるではなく、嫁が別の男と遊んでいるとかにすれば、
女に執着する男がひどい目を見る、っていう図式性が際立ったと思うんだけど。
でもそれだと少なからぬ観客の反感を買うかー。。

138名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/11(水) 01:11:14.79 ID:9Q2v9Vxu
>>137
そうだな、執着というならしっくりくる。

あと、その回想シーンって回想じゃなく猜疑心からくる被害妄想だろ
浮気現場をおさえたわけではないので

139名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/11(水) 01:23:17.77 ID:UAhv3ZYR
>>138
え。
あれはグナムが、嫁が他の男とやってるシーンを妄想してるってこと?

俺は単純にあれは、グナムが過去の嫁との営みを思い返してる、って捉えてた。

140 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/11(水) 01:31:34.33 ID:9Q2v9Vxu
>>139
そういうこと
韓国に行った女は浮気するって話を聞いたあと
実家の家で寝ていたときに、背中しか見えない男と嫁が裸で抱き合ってる夢を見る
その妄想上の男の髪型もグナムとはもちろん違っているし
さすがにあれはグナムの回想ではない

186 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/14(土) 13:29:31.25 ID:/zZiLnKL
話が理解しにくいのがこの映画の惜しい所だな

179名無シネマ@上映中:2012/01/12(木) 23:24:06.31 ID:mpJQosCv
スレは全部読んだが分からん。
誰か教えてくれ。

銀行員の名刺はいったいどこで手に入れたんだっけ?
さっぱり思い出せん。

恥ずかしながらここが分からなかったので、何か最後まで
釈然としなかった。いや、傑作には変わりないんだけど。

それと銀行員とスンヒョン嫁の浮気って明確には描かれてないと
思うんだけど。接客してただけに見えた俺はバカなのか?

キム社長の手下に捕まった飲み屋で騒いでた奴は、①誰が、
②誰に、③何の依頼をしたって言ってたんだっけ?

ミョン社長、寝る前の一言「あーしまった」ってあれは何をしたかったんだ?

俺がぼけてるのか、脚本がつたないのか。

180 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/13(金) 01:00:12.24 ID:N+eZc6qe
>>179
グナムが二人の男に拉致されてトランクに詰め込まれたシーンあっただろ?
名刺はその車の中で見つけた

銀行員が教授嫁を接客してただけに見えただと?
あの銀行員と教授嫁の表情を見て接客をしてただけに見えただと?
馬鹿だろ、あと3回見てこい!

182 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/13(金) 12:02:53.95 ID:jwqJUoYJ
>>179
>キム社長の手下に捕まった飲み屋で騒いでた奴は、①誰が、
>②誰に、③何の依頼をしたって言ってたんだっけ?

具体的には覚えていないが、要するに
①銀行員の男が②殺人の請負をするという朝鮮族に③キム教授を殺すよう依頼
実際には、「~の恋人」だったか「~の友達」だったか、
伝聞形が間に入る表現だった。

183 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/13(金) 18:00:02.70 ID:10bB25fc
ミョンの彼女と知り合いの女が取り次いだんじゃなかったか。

181名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/13(金) 01:11:02.92 ID:N+eZc6qe
>>179
>ミョン社長、寝る前の一言「あーしまった」ってあれは何をしたかったんだ?

あの後、韓国版ではミョンがキム・テウォンに電話をして、ミョンのアジトに来て
話し合いをするシーンがあるんだが日本上映版では端折られていて、キム・テウォンが
突然アジトにやってきて闇討ちしに来たようになってるな

184 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/14(土) 06:33:15.47 ID:Ww6+3A9p
>>181
韓国版とのその違いはデカいな。実際、どちらが展開的に面白いのか?

214 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/15(日) 01:45:21.05 ID:gc72WF9b
この話って女の側からの視点はあんまり描写ない気がする
夫が妻や愛人をどう思ってるかとか彼女たちの行動をどうとらえてるかの描写はあるけど

215名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/15(日) 02:01:24.02 ID:T1b/08JE
人間味をもって描かれてる女性の登場人物はいないね。
ベッドシーンはやたら濃厚だけどw

216名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/15(日) 02:06:27.38 ID:K3li9SgW
あのベッドシーン、韓国版の方はすぐ終わる
監督自信アリのディレクターズカットの日本上映版はグッと長くなっておりますw

225名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/15(日) 22:20:55.40 ID:N98S0Qik
>>216
日本版は短縮版だよ。
韓国版は156分あるよ。

227 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/01/15(日) 22:55:26.09 ID:mtPESqyw
>>225
レスくらいちゃんと読み取れよ。映画より簡単だろ?

394名無シネマ@上映中[sage]:2012/03/11(日) 14:43:22.75 ID:GIq/EIGf
どうしてDVDに韓国公開版をつけないんだろうな

396 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/03/12(月) 16:56:41.96 ID:b8Xo29i+
>>394
監督が韓国版には納得いってないらしい。日本公開版の出来には監督やスタッフが大満足みたいなんだ。
日本公開版こそがオリジナルってほどにね。

397 :名無シネマ@上映中[sage]:2012/03/12(月) 19:29:52.55 ID:21IVh/c1
んーーー、韓国でも劇場公開版はDVDだけでBDは監督版だけみたいだな。
にしたって、オマケでつけてもいいじゃないか。


関連記事

  1. 2012/04/03(火) 20:29:17|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<妊娠中のユマ・サーマン、水着姿をパパラッチされる(生命の神秘を感じる画像あり) | ホーム | 「映画史に残る演技ベスト200」 1位は「カッコーの巣の上で」のジャック・ニコルソン!原節子、三船敏郎、志村喬もランクイン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2943-a16dea60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。