2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

紅の豚

http://comic5.2ch.net/test/read.cgi/ranime/1037171094/
14_20120325204304.jpg

1 :雨弓:02/11/13 16:04 ID:y3SuqWXo
宮崎駿監督、原作、脚本、スタジオジブリ制作による劇場用アニメーション作品。第一次大戦後のイタリア、アドレア海。暴れまわる空賊相手に賞金稼ぎをしていた1匹の豚、ポルコ・ロッソは、自分に魔法をかけて豚になってしまった飛行機乗りだった。ポルコを倒すため、空賊たちは彼のライバル、ドナルド・カーチスを雇うのだった。本作の主題歌を歌う加藤登紀子は、声優も務めた。

キャスト: 森山周一郎、加藤登紀子、桂三枝、岡村明美、上條恒彦
監督・原作: 宮崎駿
製作: 鈴木敏夫
音楽: 久石譲


4 :名無しさん :02/11/14 14:12 ID:???
宮崎さんは、人間が嫌いなのかと思った。
…人間以下の存在として豚を描いていると云うより
豚の方がマシと思っているのではないかと…。

5 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/11/14 15:31 ID:9nV8aiie
というか豚のほうが自由に生きられるとは考えていたでしょうね。
国とか政府とかに縛られないという感じでしょうか。

6 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :02/11/14 17:13 ID:???
とべねえ豚はただの豚だ。
千尋の親はホントの豚だ。

13 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :02/11/21 03:34 ID:???
>>6
真剣にワロタ。

24 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :02/12/03 08:29 ID:???
エンディングの、時には昔の話を、は泣ける。いい歌だ。
ストーリーは盛り上がりに欠け、カッコ良さとやらを押しつけようとする
演出も鼻につくが、エンディングだけはいい。

漏れ的には森山周一郎と加藤登紀子がしゃべってればそれでいい映画だな。
絵はいらんな・・・。

25 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/12/03 16:34 ID:7E1tDkwD
好きは好きだが、中年男の自意識過剰に思えて鬱陶しいときもある。

26 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :02/12/04 17:31 ID:???
おやじ向けに作ってんだから仕方ないんじゃないの?

28 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/12/05 14:25 ID:VJX2NoIO
っつか、全共闘世代向けだとどこかで読んだ覚えがある。

29 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :02/12/05 14:33 ID:???
加藤ときこ起用してる時点でもろそれっぽい>28

68 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :02/12/10 12:28 ID:???

77_20120325203742.jpg

ところでフィオのかぼちゃパンツは、甚だいけてないと思うのだが
どうだろう。

69 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :02/12/10 17:02 ID:???
>>68
あれはあれで良し(w

フィオが唐突に「あたし泳ぐ!」と叫んで服を脱ぐシーンは、結構好き。
当時の貞操観念のレベルを考えると、実は相当トンデモナイ場面だけどね。

71 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :02/12/11 09:53 ID:???
>>68 ,69
脱ぐなら全部脱げ、と言ってみるテスト。
17歳にしては色気が、いまいち。

ヽ(`Д´)ノモットヌゲー

83 :通常の名無しさんの3倍 :02/12/19 21:20 ID:???
お話自体は全くおもしろくないんだけど、ビデオで1番沢山見たのはこれだね

84 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :02/12/19 22:36 ID:???
>>83
なぜだ?

85 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/12/20 02:04 ID:IDpxJi/H
ストーリーはあまり好きではない。でも時代背景、キャラクターが好き。
俺はそうなんだけど。83もそういうことじゃないのかな?

img_9868_20120325203802.gif

一番疑問に思うのは、修理を終えてアジトに戻るとき、なんで空賊が飛空挺を
隠蔽したり、テントに隠れたりしてるのに気が付かないんだろう?ってこと。
普通砂浜の足跡とかで気が付いてテントを蜂の巣にするだろうに…

87 :・mL8JH/MD :02/12/20 04:27 ID:???
>>85
豚はフィオがいたんで気がゆるんでたんですよ。

90 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :02/12/21 05:23 ID:???
>>85
テントを蜂の巣…。
それは宮崎アニメでは無い……。

92 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :02/12/21 06:42 ID:???
豚が人語を喋って空飛んでるような映画には何を言ったところでムダ。

124 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/12/22 16:15 ID:ExYPD4D8
これって主人公は未亡人と女の子、どっちとくっついたのだろう。
最後はぼかしてあったが…。

自分は最後の「ジーナさんはどんどん綺麗に…」ってあたりで
未亡人とくっついたのではないかと思ったが…。

126 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:02/12/22 18:11 ID:LTiMsgtC
>>124

ボツ版EDでは、ホテルアドリアーノに停泊する豚の飛行艇が一瞬だけ出てきたらしいがな。

127 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :02/12/22 23:02 ID:???
>>126

2003836_201111180450135001321542053c_20120325203741.jpg

ボツ版も何も、完成版のエンディングに出てくる島の全景に写ってるよ。
ジーナのプライベートのほうの桟橋に、あの赤い飛行艇が係留されている。
コマ送りで見てみれ。

こんな事までわざわざ書かにゃならんのか……

568 名前:名無しか・・・何もかも皆懐かしい [04/06/16 20:20 ID:3zZnImyA]
エンディングのプライベート桟橋に、豚の機体があるの気付かなかった・・・
そうか、良かったなジーナ

まぁ、ぼかしてても良い事なんでマニア以外は気付かなくても良いのかもね

157 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :03/01/25 04:05 ID:???
宮崎映画の中で一番好きです。
オッサン達のアホなやり取りが見てて楽しい。
他の作品よりも短くまとまってて一番「映画的」って感じがします。
飛行シーンの爽快感も凄く好きだし、少年・少女がメインだった他の作品には
ない小気味良い会話とかがとにかく琴線に触れまくってます。
例えベタだったり内容がプッであっても。フェラーリンいい奴だー

何よりサントラが一番(・∀・)スキ!豚が工場から川入って飛ぶ場面の曲サイコ-

158 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :03/01/25 14:39 ID:???
>>157
だよね~。
嫌いと言う人は多いが、合わない人に合わないのは仕方ないような気もする。
宮崎駿を「昔アカで今エコな人」とか「ロリコン親父」とか思ってる人には
(おっと、「アニメ界の人格者」と思ってる人にも)意外なのかもしれないけど、
模型誌の企画に呼ばれて戦車~だの戦闘機~だの喜んでるオッサンだと
知ってる人にはぴったりなわけだ。
まぁ、そもそもこの映画の元が模型誌に描いてた漫画、というかイラストストーリー
なわけだが。それもシリアスというより虚実とりまぜた。

159 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:03/01/26 04:30 ID:5TpFsMcQ

Black_20120325203740.gif

なんで豚になっちゃったのかわかんない。。
あと私は小学生の時初めて見たけど子供に理解できる話じゃないと思う。
けど、あの歌だけは耳に残ってる。

160 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :03/01/26 11:26 ID:???
豚はなぁ・・・そんなシリアスに「なぜ豚になった?」なんて考えるようなものじゃないと思う。
魔法うんぬんは、主人公が豚であることのこじつけに過ぎないだろう。
だいたい、豚頭の人間が歩き回ってて誰も驚かないんだから、
「豚みたいな中年男」の比喩的表現とでも受け取っておけばいいのでは。

175 :ある将棋のプロ:03/02/22 00:19 ID:3x3o1KrL
この板はじめて来ました .
そんなに嫌いな作品では(ラピュタが断然好きです。)
ないのですが何故空中戦で決着をつけなかったのか
疑問です。ポルコもカーチスも飛行機乗りなのに・・
殴り合いで勝敗というのは???です。

51_20120325203742.jpg

180 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:03/02/22 08:31 ID:S4DKI1Np
>>175
あんた全然分かってない。

あの争いは男が女をかけて争ってるんだ。
戦争じゃないんだよ。
全てが古き良き時代の映画のような空気の中で展開してる。

最後、フィオがジーナの船から身を乗り出してポルコにキスした後、翼に小突かれるじゃない。
ああいう演出を「魅せるなあ」と思えない人はこの作品は合わないよ。

464 名前:名無しか・・・何もかも皆懐かしい mailto:sage [03/08/11 18:37 ID:???]
まぁ坊主たちよ ちょっと聞け・・・


御前等がオヤジになって
仕事に疲れ
やっと家にたどり着き
ネクタイを緩め 
ソファに深く腰掛け
グラスを傾け 
煙草をくゆらせ
静かに目を閉じ 
一つため息ついた後

「時には昔の話を」を聞くがいい


その時初めて「紅の豚」の良さが解るってなもんだ
それまでは忘れててもいい

何故ならば・・・
聞けば必ず思い出す
そして無償に見たくなるのだ


そうだね・・・・・・♪

465 名前:名無しか・・・何もかも皆懐かしい mailto:sage [03/08/11 21:33 ID:???]
>>464

感動した。・゚・(ノД`)・゚・。

467 名前:名無しか・・・何もかも皆懐かしい mailto:sage [03/08/12 09:25 ID:???]
>>464
渋いな・・・
豚の台詞みたいだ。

473 名前:名無しか・・・何もかも皆懐かしい mailto:sage [03/10/06 20:56 ID:???]
ガキの頃からいつも一緒だった友達が結婚したり、転勤したりして、
次第に離ればなれになっていくと、この映画の本当の意味が分かるようになるよな。
このスレ読んで、久々に見たら、エンディングで泣いちまった・・・・

474 名前:名無しか・・・何もかも皆懐かしい [03/10/14 10:55 ID:+iyRou7Z]
30すぎてから又これを見ると更にいい味がでてくる
男としていくつになっても捨てきれないヤンチャとくだらねープライドが
なんか共感できる・・・
日頃は世間の雑音に消されて忘れてるんだけどね
そしてエンディングでおトキさんの歌が流れてくると時代を一気にさかのぼり
あの頃馬鹿を一緒にやってた奴等に合わせてくれる・・・
何かに熱くなれてた自分がいたことを思い出し
その残り火がまだ微かに胸の奥にともっている事に気づいてほっとできると言うか・・・
そんな心地よい余韻に浸れる

ストレスが溜まってる時見ると気持ちよく眠れるぜ ( ー● @●)y━・~~~ 


当時の自分と比べて程よく肥えた己の姿を見て
豚とダブるところに少し萎えるがナ

181 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:03/02/22 11:21 ID:PWwSB6jf

Black_20120325203919.gif

美しいアドリア海に古いイタリアの街
そこを縦横無尽に飛び回るレトロな飛行艇
ラストには胸にしみるエンディングテーマ
その他の作品ほどメッセージ色も強くなく楽しめました
少年少女が主役じゃないのもいいね
こんな感じのもっと見たいよ

185 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:03/02/22 14:42 ID:YNxBAQTF
ギャグとシリアスの混じり具合がちょうど良かった。
海や空の青い背景がすごくきれいだし、宮崎監督の
飛行機や中年男に対する愛情がひしひし伝わってくる。

306 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :03/04/05 18:03 ID:???
紅豚みたいなものが宮崎駿の本来の作家性の発揮なんじゃないかと思うよ。
最近はなんだかイロイロ余計なものを背負わされてるみたいだし。

ぶっちゃけ『中年男が、特に理由もなくカワイくて若い娘に惚れられる』っていう
監督の願望だけで出来てるような映画だもんな。
今時の中身のない若い男になびくよりも、スキルを持った大人の男に恋をしろよ!
とか言いたいんじゃないかと思われ。

Black_convert_20120324211841_20120325204739.gif

余談だけど最後のフィオのキスでポルコが人間に戻ったと思ってる人が
多いかも知れないけど、模型雑誌に予告だけ打たれて結局連載されなかった
原作の続編ではポルコは相変わらず『紅の豚』のままだった記憶が。

311 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :03/04/05 20:16 ID:???
>306
映画版のラストは
ポルコの魔法が解けたと解釈するのが一番自然じゃない?
映画と原作は別物だと思うし

氏の構想による「飛行艇時代」の続編は
ポルコがサボイア・マルケッティSM79に乗って雷撃する
タイトル「ポルコ・ロッソ最後の出撃」

・・・豚のままとも人間になったとも書かれていないが。
それとも他にソースあるのかな?

357 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:03/04/11 01:56 ID:uQd4JHzO
ハリウッドで紅の豚の実写版が計画されてるらしい!

358 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :03/04/11 10:27 ID:???
>>357
落ちつけ。ベイブ3の間違いだろう。

359 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :03/04/11 14:13 ID:???
>>357
最近のハリウッドだとあながちデマとも言い切れんな。
企画だけで製作配給されなかった映画なんて星の数ほどあるけどさ。

388 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :03/05/07 21:26 ID:???
紅の豚のサントラかイメージアルバム
どっち買うかマジで悩んでんだが、両方持ってる人いたらオススメの方教えてちょ

389 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :03/05/07 22:25 ID:???
その金で良いローストポークでも食べるのが吉

390 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :03/05/08 03:09 ID:???
漏れ的にはサントラだね。
イメージアルバムは加藤登紀子の歌が入ってないのが致命的だと思う。

394 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :03/05/19 13:07 ID:???
Black_20120325205030.gif

395 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :03/05/19 13:11 ID:???

この場面、この台詞、何か好きだ。
宮崎作品は台詞に無駄がなくて、詩のように凝縮してるから
印象に残るんだよね。
キャラ自体と、その背景にまで広がりを持つ感じ。

532 名前:名無しか・・・何もかも皆懐かしい mailto:sage [04/04/03 20:22 ID:???]
このアニメで感心したのは
カーチスがジーナの庭を訪れて口説いたときジーナが
「ここ(イタリア)ではおたく(アメリカ)より人生がもう少し複雑なのよ」
って言うところかな。この時代のヨーロッパ人はアメリカを
幼稚な国家と馬鹿にしてたから
この台詞を聞いたときそういう時代背景も調べてて凄いなとおもた。

582 名前:名無しか・・・何もかも皆懐かしい [04/07/14 05:01 ID:E4nj6uh9]
何故か、さくらんぼの実る頃が耳にのこるんだよな~

583 名前:名無しか・・・何もかも皆懐かしい mailto:sage [04/07/15 07:54 ID:???]
>582
俺はエンディングを聞くと涙腺が弛みまつ。

585 名前:名無しか・・・何もかも皆懐かしい mailto:sage [04/07/23 23:17 ID:???]
>>583
あの曲のために加藤登紀子のアルバム買ったよ。
MDに入れて電車でよく聴くけど、油断すると目がうるむ。

586 名前:名無しか・・・何もかも皆懐かしい mailto:sage [04/07/24 03:59 ID:???]
この映画、はっきり言って加藤登紀子だけがよかった。

424 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:03/06/16 11:19 ID:9ybp7Sgn
ポルコにシッポは付いてるんですか?

425 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :03/06/16 21:59 ID:???
>>424 なんか意表を突く質問だな。

      飛ぶ豚もただの豚だろ(w

426 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :03/06/19 08:49 ID:???
>424
>ポルコにシッポは付いてるんですか?
前に(略

445 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :03/07/29 23:54 ID:???
主人公が人間の顔にみえるジーナがおきたときがいい。
どこへいくんだ俺もつれてってくれと
空にとんでく軍用機がまるで、、、
戦争の時期だね。

近所のおばさんは子供に宅急便ばっかみせてるけど
俺はこれを子供になんかいもみせたい。

446 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :03/07/30 18:15 ID:???
>>445
レベルが高すぎて意味が分からん

447 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :03/07/30 18:28 ID:???
>>445
好きなのはわかるがイタリア語じゃなくて日本語で書いてくれ

448 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :03/07/30 22:31 ID:???
>>446 ,447
適当にノイズを除いたりすれば意味が通りそうだ。

主人公が人間の顔にみえるときがいい。(- ジーナがおきた)
どこへいくんだ俺もつれてってくれ。と。(+ 。。)
空にとんでく軍用機が、、、戦争の時期だね。 (- まるで)

近所のおばさんは子供に宅急便ばっかみせてるけど
俺は、これを子供にもみせたい。(- なんかいも)

450 名前:名無しか・・・何もかも皆懐かしい mailto:sage [03/07/30 22:42 ID:???]
>>448
戦争の時期…ってのは、描かれてる飛行機が第一次世界大戦のものばかりで
ポルコの戦友たちが死んだのは第一次世界大戦なんだなぁ、ということでない?

451 名前:名無しか・・・何もかも皆懐かしい mailto:sage [03/07/30 22:44 ID:???]
なんか暗号解読みたいな面白さが出てきたな。
このスレ。

333 名前:名無しか・・・何もかも皆懐かしい [03/04/06 20:37 ID:lfsxpJJS]
この間紅の豚見てたらカーチスがジーナに求婚しにいったんですよ、求婚
そうしたらカーチスのやつ振られて、それからすぐにフィオに迫ったんですよ
もうアホかとバカかと、オマエは女ならだれでもいいのかとこ一時間
しかもあの時代で17歳のといえばまだ子供、ロリコンじゃないかよ
人のこと豚だの家畜だの言って置いて自分が一番鬼畜じゃないかよ
おめでてーな

335 名前:名無しか・・・何もかも皆懐かしい mailto:sage [03/04/06 21:09 ID:???]
>333
あの時代で17歳といえば十分大人だろ、今よりは。

477 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :03/11/16 23:31 ID:???

Black_convert_20120324211841_20120325203739.gif

ジーナと結婚したい。

478 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :03/11/17 10:17 ID:???
>>477
( ー● @●)y━・~~~ 若いな・・・

結婚なんて言葉とか紙切れとかでジーナを縛るのは俺の柄じゃねーゼ

479 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :03/11/18 14:34 ID:???
別の物で縛るのか・・・

480 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :03/11/21 02:57 ID:???
>>479
( ー● @●)y━・~~~  ふぅーーーっ


( ー● @●)y━・~~~ ・・・


( ー● @●)y━・~~~ 図星だ・・・


関連記事

  1. 2012/04/06(金) 21:00:15|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ドイツ人アーティストがヴィンテージ風にリメイクした映画ポスターが海外で話題に | ホーム | 【 公開直前 】『タイタニック』『劇場版 SPEC 天』『アーティスト』『ももへの手紙』評判まとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2924-f60eb692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。