2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

神様のカルテ

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1275974202/
5_20120318102934.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2010/06/08(火) 14:16:42 ID:s96Vk/uU
現役医師の作家・夏川草介によるベストセラーで、2010年本屋大賞第2位にも選出された同名小説を映画化。主演は、人気アイドルグループ「嵐」の櫻井翔と宮崎あおい。「60歳のラブレター」「白夜行」の俊英・深川栄洋がメガホンをとる。夏目漱石を愛読し、信州の地方病院に内科医として勤務する栗原一止が、写真家の愛妻・榛名や同僚医師、看護師、患者、アパートの個性的な住人らに支えられ、医師として成長していく姿を温かなまなざしで描く。

キャスト: 櫻井翔、宮崎あおい、要潤、吉瀬美智子、岡田義徳、朝倉あき、原田泰造、西岡徳馬、池脇千鶴、加賀まりこ、柄本明
監督: 深川栄洋
原作: 夏川草介
脚本: 後藤法子
音楽: 松谷卓
テーマ曲: 辻井伸行
製作: 市川南、小林昭夫、大西豊、藤島ジュリーK.、石田耕二、町田智子
製作統括: 塚田泰浩
企画プロデュース: 山内章弘、春名慶
プロデューサー: 阿部謙三、澁澤匡哉、川田尚広
撮影: 山田康介
美術: 金勝浩一
録音: 林大輔
照明: 川井稔
装飾: 高橋光
編集: 坂東直哉

製作国: 2011年日本映画
配給: 東宝
上映時間: 128分
映倫区分: G


493 :名無シネマ@上映中:2011/08/19(金) 22:18:54.59 ID:j8UatOfd
長い割にそれぞれどんな人なのかが描かれてないから伝わってくるものが何もなかった

494 :名無シネマ@上映中:2011/08/19(金) 22:35:49.27 ID:xlem7+Ix
たしかに無駄に長いだけで心に訴えてくるものは何も無かったな。
その反面コミック版は素晴らしい。

584 名前:名無シネマ@上映中 [2011/08/27(土) 12:30:36.06 ID:CtjmaSgE]
ほかに見れる映画ないから見てきた
終始普通って感じでいまいち
唯一うるっときたのは学士殿が出て行くシーン
(医療と関係ねえェ…)
エンディングなったらさっさとみんな席を立ってた

586 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/27(土) 13:33:57.87 ID:EPkvJg72]
最初から観に行く気でいたから他の人の感想目にする前に観てきた
誰もがいつか死ぬとは言え、やっぱり人が死んでしまう話は泣ける
最後の栗原先生の選択は個人的にはもったいないと思うけど
そういう先生なんだろうなと納得もした
まあ地味な話だったよ
観客は若い子多かったけど満足できたのかな

580 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/26(金) 19:39:06.56 ID:2XW/tZ86]
櫻井の泣き演技が笑ってるようにしか見えない

582 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/27(土) 04:23:34.90 ID:jCjo64G9]
櫻井のセリフがボソボソすぎてポップコーンの音の方が大きくて響くから場内飲食は止めた方が吉。

592 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/27(土) 15:13:02.38 ID:R/RLGDum]

41_20120318102933.jpg

髪型一つで印象がかなり変わるという事を教えて貰いました はい

676 名前:名無シネマ@上映中 [2011/08/28(日) 23:38:51.33 ID:xX983Sbk]
桜井は変なヅラ被った意図が不明

688 名前:名無シネマ@上映中 [2011/08/29(月) 01:50:40.97 ID:pYSkdeky]
>>676
あれ自毛だよw

なんであんな髪形にしちゃうんだろうね
櫻井は見た目しか取り柄がないのに
自己評価が高すぎ

678 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/28(日) 23:49:26.32 ID:kW3r9bM/]
>>676
探偵はバーにいるの予告の後に観たので、なんで桜井が大泉洋のモノマネをしてるんだと
思ったw

682 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/29(月) 00:47:19.04 ID:wYgaIx6u]
>>676
あーソレ、監督が櫻井君に最初に会った時
キラキラして見えて、イチは地味な人だから
わざとテンパーにしたんだと昨日のテレビで言ってた。

でも変だよなw 他に無かったのかな?

690 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/29(月) 05:19:27.47 ID:Dwc+l68Y]
>>676
なんかキャラ付けをしたかったんだろうけど違和感ありすぎて
妨げでしかなかったなw

683 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/29(月) 01:01:37.20 ID:0HrYy0+O]
自分は忙しくて身なりとか構ってられないというのを表現したかったとどこかで聞いたよ
それならあんなにクルクルしなくても緩い癖っ毛程度で良かったのにな

687 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/29(月) 01:22:03.73 ID:i509szs+]
>>683
いやあの髪型で変わり者感がより出てよかったよ
むしろキャラが際立ってる

775 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/31(水) 22:57:18.74 ID:ng8mfiX1]

d2002_20120318102956.jpg

窓の外を見つめるなで肩のバックショットが何とも言えず良かった。
孤高のメスで堤真一のなで肩バックショットがこの上なく頼もしかったが
櫻井のなで肩は不器用、実直って感じ。

595 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/27(土) 16:36:58.19 ID:mmdj/zZL]
父を看取った時のことを思い出して泣きながら見た
自分は延命措置を断ったことを今でも悩んでる

主役二人の丁寧すぎる口調が気になったけどいい映画だったと思う
あの旅館の設定とか昔の漫画を思い出して懐かしかった

572 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/25(木) 22:55:30.81 ID:zSX4vtww]
これ見ても親父やお袋がガンで死んだ時のこと思い出せなかったなー
全く被るところ無かったもん、実際こんな綺麗な話じゃねーよ

600 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/27(土) 19:14:42.07 ID:UWNVvcoA]
もっと重たい映画だと思ってたけどイチと看護師とのやりとりとかコミカルところも結構あってまわりのおじさん達がよく笑ってた。
現実的な病院とファンタジー的なアパートとの対比がよかった。
キャストもみんなとても素敵だったと思う。原作はだいぶ前に読んだきりだったけど映画は映画でよかった。
池脇千鶴の東西さんがいい味出してた。

602 名前:名無シネマ@上映中 [2011/08/27(土) 19:15:52.19 ID:SopcGFZ8]
いきなりカメラのアップ
2時間ドラマで十分
櫻井のなき方が嘘ぽい
10人位だった
金かえせ
加賀まり子も元気で顔色よすぎ
嘘ぽい話に嘘ぽい夫婦
最後の音楽と写真だけがいい
本庄病院の待ちあいしつだけやたら豪華
あの規模の病院であの待ちあいしつはないわ
8月なのに櫻井ストーブ使ってるし

603 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/27(土) 19:54:01.78 ID:T9kgOfzB]
見てきたが原作レイプし過ぎ、漫画版の方がよっぽど良い
合ってるのは登場人物の名前ぐらい
キャスト少な過ぎ
櫻井が一止のイメージぜんぜん出せてない、暗すぎる
話も全体的に重い、原作の医療モノだけど明るい感じがよかったのにただの暗い医療モノになってしまってた

何より一番がっかりしたのは、男爵と学士殿とドクトルの三人で酒を飲み交わす場面が全くなかったこと
おれはこのときの雰囲気が好きだっただけにマジでがっかりした

個人的にはジャニオタで櫻井が見たい人以外にはオススメしない

605 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/27(土) 20:08:31.09 ID:T9kgOfzB]
これ作った監督は何がしたかったんだろ
ちゃんと原作読んだのか聞きたいわ

611 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/27(土) 20:52:23.66 ID:OCtQKrCv]
>>605
俺はハルがカメラマンだった設定を上手く話しに絡めた点については監督を評価する

607 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/27(土) 20:36:15.63 ID:LOL8vbku]
原作好きなんだけど、ただのお涙ちょうだい映画に成り下がった感じかな?
櫻井くん、役作りのためにあのオバサンパーマにしたんだろうけど素になるところがあったし、
劇中であの容貌はただ浮いてるだけで他に良いことなしじゃ?あと暗すぎ。なぜそんな設定に?
あと不満だったのが安雲さんが加賀まりこだったという配役
癒し系な印象もなかったミスキャスト。八千草薫がよかった
岡田池脇柄本輝いてた

609 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/27(土) 20:48:29.58 ID:VVJH0bxS]
原作はシュールで静かな流れの中にさりげなく何かが光るって感じで好感持てたのにそれをすべてわざとらしさでふっとばしたなw ゲド戦記並に原作レイプだ。

615 名前:名無シネマ@上映中 [2011/08/27(土) 21:32:36.07 ID:KGunpFCP]
加賀まりこが尻から血を出して死んだけど、どうってことないかなと思ったけど、
櫻井君への遺書でちょっと感動した。でもどんな内容だったか忘れた。「カルテはよくわからんが神様のカルテだ」
みたいなの言ってたかな。アパートの住人がどういう人たちかよくわからなかったから原作を読もうかと思った。
最後、宮崎あおいが櫻井君に「子供ができたの」と耳元でささやいて「わぉー」となって終了した。
加賀まりこの死を通して地域医療のあり方についていろいろ考えさせられた。

617 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/27(土) 22:42:01.07 ID:sWvyzL9q]
見てきたー
原作すごく好きで櫻井くんも出るから楽しみにしてたけど…なんかがっかりした(笑)
中途半端に省略したり話変えてたから、アナザーストーリーみたいな感じだと思って見ようとしても出来なくてモヤモヤした
原作知らない人で、もう映画見ちゃった人はぜひ原作の小説を読んで本当の神様のカルテを知ってほしいと思ったよ

619 名前:名無シネマ@上映中 [2011/08/27(土) 23:33:29.07 ID:RYn7vaYi]
今日見てきた。
安曇さんの屋上のシーンが一番ぐっと来た。
池脇さんと一止先生のベタなやりとりで笑う人多かった。
もっと感動押し付けがましい感じなのかなと思ってたけど、意外にさらりと、
でも何かが心に深く刺さる映画だと思った。

ラストは続編作れそうな。。

628 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/28(日) 00:24:53.66 ID:kAxfq0DR]
>>619
原作読んでたら続編なんて言葉でないと思うけどね
肝心の古狐先生と大狸先生が合わさって古狸なんてのになってたし
ラストで子供とか最大の改悪だったしね
まぁジャニオタは内容なんてどうでもいいのだろうけど

632 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/28(日) 00:34:21.11 ID:lwSKGtPq]
原作者は続編が観たいと言ってるよ
勿論あのラストを踏まえてw

622 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/27(土) 23:41:45.90 ID:dNaPrRhM]
原作はいい話なんだよなーって映画終わってから思った
あれは栗原一止じゃなくて変な髪型して気だるげな櫻井だったよ
最初は当直明けだから眠そうにしてんのかと思ったらずっとそのままだからキャラに違和感あった
話も半端に略してるしここが泣くところですよって分かり易すぎてうーん…って感じだ
もう一度見るとしたらレンタルでいい

634 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/28(日) 00:41:53.29 ID:OlDpwAVU]
原作未読だけどいい映画だと思ったよ
読んで映画を残念に思うようになるくらいなら読まないでおこうかな

635 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/28(日) 01:02:35.10 ID:9RC7epJM]
原作既読→がっかり
原作未読→面白い

知らぬが仏ってやつだな

おれは原作既読だけどやっぱりがっかりしたな
神様のカルテの良い所を半分くらいしか描けてないと思った
というより下手な省略したり組み替えたりメチャクチャだったな
大狸と古狐、一止と次郎、男爵と学士とか登場人物が個性的で良かったのにそこが全然描写できてなかったな
御嶽荘で三人で飲む所とか好きだったのに

636 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/28(日) 01:25:43.61 ID:czHWWjKs]
>>635
俺は原作2の途中まで読んで見た。
確かに省略しててもっと見たいところはあった。
原作がそもそも緻密に繋がってて省略するには向いてない。
時系列の組み換えは、映画単体で見れば悪くなかったかな。
うまくいってると思うよ。

看護師以外みんな変人だった。自分も仲間になりたい。
女性陣美しかった。古狸先生おもしろい。脇キャストサイコー
泣けなかったが、一止と人の関わりが見ていて幸せになった。
看護師の仕事の過酷さが胸を打った。他の医療ものでは見たことがない。

あと、イチ×ハル、砂山×水無のラブシーンがあったら神様の映画だった。

651 名前:名無シネマ@上映中 [2011/08/28(日) 10:11:52.50 ID:D+ITGkQY]
原作と映画は切り離せよ
かなり質の高い映画だろ
あおいやっぱいいわ

752 名前:名無シネマ@上映中 [2011/08/31(水) 06:30:05.07 ID:uAUeD+Pt]

14_20120318102933.jpg

あおいちゃんかわいすぎた。
病院のシーン30分カットしてでも
旅館のシーン増やして欲しかったよな

774 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/31(水) 22:25:29.31 ID:nI20LZvj]
ハルさん、槍ヶ岳のてっぺんみたいな所に立って写真撮ってたけど、あんな軽装・機材無しであんなとこ登れるのか?

646 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/28(日) 08:51:15.28 ID:0ZZsh3nl]
見てきた。自然にウルっきてたし、あからさまに、泣き演出しないとおもってたのに、
最後の最後で。。。
あそこは、手紙に顔を埋めるとかなんとかして、泣き顔は見せないほうが、ぐっとくる。
ちーちゃんの、あのシーンのように。
ラストの命の連鎖も唐突にセリフで出すんじゃなくて、あおいの山岳写真家の設定がかがまり子のある設定に
さりげなく、つながっていくようにしたほうが、余韻が増すんじゃないかと。
しかし、いくつかの瑕疵を埋めてくれるのは宮崎あおい嬢のたたずまいだ。素晴らしい

648 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/28(日) 09:58:06.91 ID:oQXfKmNN]
あとから台詞とかシーンを反芻してしまう映画だな。
学士が出て行く所、原作を読んでないと唐突なんじゃとないか思ったが
未読の友人は前後の文脈でわかったし、長い時間一緒に過ごしてきた
感じがあったと言っていた。あのシーンの演出は良かった。

713 名前:名無シネマ@上映中 [2011/08/29(月) 22:42:59.11 ID:GxEMVOXl]

a_k_20120318102957.jpg

学士の門出のシーンよかったなあ
ここでほろっときたよ

719 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/30(火) 00:35:34.39 ID:tpMgS/BY]
>>713
自分もそこが一番よかった

715 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/29(月) 23:11:52.25 ID:1YjPN6vo]
自称学生の浪人生を「学士」とあだ名をつけて長年呼び、
遂に故郷に逃げ帰るのに、偽物のサクラにバンザイで追い出すのって
かなり高度な羞恥プレイだとは思ったが心は動かなかった

650 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/28(日) 10:05:41.04 ID:xsmVcgzd]
屋上から風景見せるとき、職員が待っていたのはちょい過剰な演出かなと思った。
患者と看護婦達のやりとりが十分描ききれてなかったから、そう感じたかもだが。
原作未読のままで行って正解だったかな。
もやもや残さずすっきり見終えた。

654 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/28(日) 11:15:10.15 ID:oQXfKmNN]
>650
自分も過剰だと思うが、あれはあれで狙ってるのだと思う。
1人の患者にあそこまで寄り添う事は現実問題として難しいわけだけれども、
寄り添って欲しい患者側の願望と同時に、本当は最後まで寄り添いきりたい医者側の理想でもあるんだと。
原作者が現役医師なだけに、一止というのは医師としての一つの理想形なんだろう。
だからあのシーンは現実ありえないけれども、それを映像化する事に意味がある。

656 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/28(日) 12:20:54.76 ID:7vIcfNe+]
>>650
カルテの原作者も、あのシーンは現実的にはありえないけど
映画のウソとして素晴らしいと言っていた

659 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/28(日) 17:16:18.06 ID:LTNEnDTF]
さっき見て来た

みんな泣いていて鼻をすする音があちらこちらから聞こえて来た

Darth_Vader_20120318102955.jpg

医者なのに、コーヒーに砂糖を沢山入れて飲む人とか面白かった
(昔は煙草を吸う先生とかだったんだろうけど、時代だね…)

もっと、あの古ぼけた旅館での生活を見てみたかったな

夫婦なのに全然、夫婦っぽくない二人に子どもが出来たのは衝撃的だった

ぼーっとした先生と、キレイすぎる患者とのやり取りは、
一つ一つゆっくり時が流れていって、先が予想出来そうで
でも予想したくない、そんな不思議な時間だった

嵐だと思わず、ただのボーっとした人だと思って見れば
その穏やかさが心地良いと思う

帰りに本を買って帰って来た。早速、読んでみよう

673 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/28(日) 22:13:57.92 ID:oQXfKmNN]
安曇さんと一止のやりとりが、どこもぐっと来たな。
必死に訴えかけてくる安曇さんと、いつも人と話すとき目をそらす一止が
ちょっと考えてから安曇さんの気持ちに答えて彼女をぐっと見つめながら
言葉少なに返事する感じが良かった。

二人とも原作とはイメージが違ったけどね。
原作の安曇さんは柔らかい感じのおばあちゃん、一止はもっと変人というか偏屈。
原作ではハルと結婚できた理由も安曇さんに信頼される理由も謎なくらいだったが
映画の安曇さんは元教師がうなずける凛とした女性、
一止は不器用だけど朴訥とした愛すべきキャラだった。

674 名前:名無シネマ@上映中 [2011/08/28(日) 22:28:50.61 ID:kW3r9bM/]
うーん、画面が雑すぎてこれはアカンと思ったな
とにかく撮影技術の粗が見えすぎる

あおいはいてもいなくてもいいような話
少年メリケンサックやソラニンに比べれば比重は遥かに軽い

ナース三人はみんなすごくよかった
若くてまっすぐだが少々ウザイ朝倉あき

20071115_20120318102958.jpg

年が近くて仕事上のパートナー池脇千鶴

77_20120318102931.jpg

デキル女で姉御の吉瀬美智子

2003836_201111180450135001321542053c_20120318102930.jpg

職場にいたら朝倉あきにむかつきつつもセクハラしたくなるな

681 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/29(月) 00:33:39.15 ID:b0hJj+YB]
>>674
> 若くてまっすぐだが少々ウザイ朝倉あき
> 年が近くて仕事上のパートナー池脇千鶴
> デキル女で姉御の吉瀬美智子

ナースの成長過程

803 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/09/01(木) 15:50:59.44 ID:5VtXdwcE]
そうそう、池脇千鶴がさりげなく良かったよ
東西看護師って結婚前の一止に好意あったのかな?
ハルが病院来た時にじっと見続けてる視線がなんというか

812 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/09/01(木) 17:17:16.57 ID:tqckxWmp]
居酒屋で櫻井と要が飲んでる時って要が櫻井を呼び出したんだっけ?
要は看護婦と付き合ってんだよね。要はそんな事気にせず二人を呼び出したのかな。

池脇千鶴って久々に見たけど太ったね。

原作読んでないけど一止とハルってどうやって知り合ったのかな。学生時代からの付き合いでもない限り医者がカメラマンと出逢う機会なんてないと思うんだが。

814 名前:名無シネマ@上映中 [2011/09/01(木) 17:23:11.72 ID:JWdEq8cS]
>>812
偶然会ったんだよ

817 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/09/01(木) 17:30:26.51 ID:tqckxWmp]
>>814
一人で居酒屋来てたの?そんな事する人種に見えない。何か違和感。

820 名前:名無シネマ@上映中 [2011/09/01(木) 19:33:11.49 ID:JWdEq8cS]
>>817
ハルがいないときは外でちょっと食べるようなイメージあるけど
自炊する時間なんてないでしょ

691 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/29(月) 06:59:28.48 ID:Uz4AexZX]

51_20120318102932.jpg

主演:加賀まりこ

699 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/29(月) 14:15:12.15 ID:daeBEtlO]
>>691に禿同。

825 名前:名無シネマ@上映中 [2011/09/01(木) 22:16:18.56 ID:KqNGlIdI]
主役は加賀まりこだよなあこれ、ずりいよあの演技
櫻井も醜いとは思わなかった邪魔はしてなかったと思うよ

702 名前:名無シネマ@上映中 [2011/08/29(月) 17:40:10.24 ID:SyaD4ZFf]
みなさん色々感想書いてありますね。
私の感想は、何かピンとこない映画だった。
旅館関係の話は全部カットして、医療特化した方が良いような気がしました。
加賀まり子は良い。身内をガンで亡くしたが、痛がってる姿は見てられないね。
加賀まり子が送った約束事の手紙の内容は、ガンをよく知っている人が書いた内容だね。

728 名前:名無シネマ@上映中 [2011/08/30(火) 17:22:20.84 ID:fUGtmOfD]
>706
>てか、御嶽荘を旅館なんて書いてる時点で

ガラスの入口に旅館と書いてあった気がしたのものだから。見間違いかも、間違いなら失礼。
面白いとは思うが、ピンとこない。人それぞれ面白さの感覚は違うと思うけど。
旅館じゃなく、御嶽荘の部分を縮小した方が良いような。
詰め込み過ぎのような気がしました。

741 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/30(火) 22:15:31.76 ID:Nh+xUUx8]
>>706
>>728
映画では「御嶽旅館」となっていたよ
道の脇に旅館の案内札が映っていたり、橋のある中庭とか、
元旅館設定なんだろうね

壁とか汚してしまってもそんなに慌てて元に戻そうとしてなかったし
大家さんは別に住んでてほとんど来ないのかなと思ってた

743 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/08/30(火) 23:57:29.88 ID:sGbGp+0C]
>>741
御嶽荘が元旅館というのは原作からの設定。
映画ではカットしても良い設定だと思う。
なんか誤解するよね。

818 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/09/01(木) 17:32:27.56 ID:sEqqQ8ht]
下宿の部分は作者のこんな青春を送りたかったという願望じゃないのか


関連記事

  1. 2012/04/16(月) 20:28:47|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:1
<<エマ・ワトソン、ブラ出し&腰タトゥーでイメチェン!?(画像あり) | ホーム | 【画像】もしもダース・ベイダーが良い父親だったら>>

コメント

なんで大泉洋のモノマネをしているんだ←一番うけたし
主役の滑舌悪くてボソボソ話すので、いい話、悪い話以前の問題で入り込めませんでした
  1. URL |
  2. 2012/04/17(火) 01:58:50 |
  3. おくやぷ #NvRuhwz.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2901-57bb6eb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【神様のカルテ】

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1275974202/1:名無シネマ@上映中:2010/06/08(火)14:16:496Vk/uU現役医師の作家・夏川草介によるベストセラーで、2010年本屋大賞第2位にも選出された同名小説を映画化。主演は、人気アイドルグループ「嵐」の櫻井翔と宮崎あお...
  1. 2012/04/16(月) 20:42:19 |
  2. まとめwoネタ速suru

神様のカルテ 【映画】

原作は1のみ既読 長野県松本の本庄病院勤務の栗原一止(イチト=イチ) その最愛の妻、榛名(ハルナ=ハル) 長年一緒に住んでいるアパート御嶽荘の住人との日常 末期がん患者である安曇との関わり そ...
  1. 2012/04/17(火) 01:55:30 |
  2. as soon as

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。