fc2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

家族ゲーム

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1068203198/
5_20120310154422.jpg

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/07 20:06 ID:z+TGrR+P
松田優作扮する三流大学の7年生という風変わりな家庭教師が、高校受験生を鍛え上げる様をコミカルに描く。音楽なしの誇張された効果音、テーブルに横一列に並び食事をするという演劇的な画面設計など、新しい表現が評判となった森田演出が冴えるホーム・コメディの傑作。

キャスト: 松田優作、伊丹十三、由紀さおり、岡本かおり、宮川一郎太、辻田順一、松金よね子、戸川純、白川和子、伊藤克信、阿木燿子
監督: 森田芳光
製作: 佐々木史朗、岡田裕
原作: 本間洋平
撮影: 前田米造
美術: 中沢克巳

製作国: 1983年日本映画
上映時間: 106分


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/07 20:26 ID:VswCryRr
森田芳光はいまだに「家族ゲーム」をこえる映画を撮ってないと思うのだが、
どうだろうか?

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/07 22:11 ID:g9KPZI2P
邦画では大誘拐に次いで好きな映画だった。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/09 16:31 ID:PnRcsApp
正直、目からウロコ。
最も衝撃を受けた邦画。

優作って変なカオするよね

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/09 19:09 ID:AKzXIfNo
「夕暮れ」を制覇しますた。

当時フランスで公開されてヒット。
ユウサクマツダはすごい俳優だ、との評判をとったとか。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/12 23:31 ID:6/dFdI3I
夕暮れ 夕暮れ 夕暮れ 夕暮れ 夕暮れ
夕暮れ 夕暮れ 夕暮れ 夕暮れ 夕暮れ
夕暮れ 夕暮れ 夕暮れ 夕暮れ 夕暮れ
夕暮れ 夕暮れ 夕暮れ 夕暮れ 夕暮れ
夕暮れ 夕暮れ 夕暮れ 夕暮れ 夕暮れ


「夕暮れ」を完全にマスターすました

203 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/29(日) 17:27:01 ID:/74whhU1
夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ
夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ
夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ
夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ
夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ
夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ
夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ
夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ
夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ
夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ
夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ
夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ
夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ
夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ
夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ

204 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/29(日) 17:56:31 ID:cOeGEJrP
夕暮れは完全に理解できましたねw

205 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/29(日) 23:33:34 ID:DbrlxHIi ?
あのシャーペンの音がたまんないな。カリカリ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/08 18:42 ID:9Rfd9ius
この映画って音楽が流れないよね。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/12 23:34 ID:6/dFdI3I
>>7
レコード聞くシーンでは、
突然サイレントになる。

88 :この子の名無しのお祝いに:04/07/28 02:47 ID:ZOPDuB+Y
日本映画はつまらん!とずっ~と思っていたがこの映画はめちゃくちゃ面白かった。
優作最高! 戸川もいいね~。           豆乳あります?

15 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 13:21 ID:omyL9c58

a_kick_ass_home_theater_640_08_20120310154433.jpg

「この姿勢辛いんです」と言い、椅子ごと
由紀の正面にやってきて、正常な対話の位置をとる戸川純

こうゆうところはフツーの戸川純

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/07 23:33 ID:WcyMQaxj
目玉焼きの黄身をチューチュー

89 :この子の名無しのお祝いに:04/07/30 18:18 ID:EqTuEwUX
ちょっと、チューチューできないじゃないか。

130 :この子の名無しのお祝いに:04/12/28 18:18:36 ID:msAPpMv8
>>89
 伊丹「俺が卵の黄身吸うの好きな事知ってるだろー。
    何年夫婦やってるんだよー」(ぶーたれて)

 由紀「そうだったんですかー。知りませんでした。」(神妙に)

133 :この子の名無しのお祝いに:05/01/08 08:47:17 ID:a0f+Oycf
>>130
「卵の」と「知りませんでした」は映画では言ってなかった。この辺の省略は大事。

27 :この子の名無しのお祝いに:03/11/23 16:32 ID:nocxq8I4
監督としての伊丹は好きじゃないが
役者としての伊丹は好きだなー。

2401540_20120310154418.jpg

28 :この子の名無しのお祝いに:03/11/23 16:42 ID:1N7NORca
伊丹笑わすよな~。

『しとやかな獣』の伊藤雄之助(やはり父親役)も大変笑わせてくれます。
「お金の話は外でしなさい」

158 :この子の名無しのお祝いに:05/03/11 23:08:32 ID:jBGDaYdE
伊丹十三は俳優と文筆業やってればよかったのにな、そしたら死なずに
すんだかもね、スノッブ中年のリーダーのままで。

206 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/31(火) 02:45:53 ID:IQtokzMC ?

77_20120310154420.jpg

由紀さおり、チョー可愛い
何度あの映画でヌいたかわからん

209 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/05(日) 12:44:53 ID:FFH6qjzc
>>206
由紀さおりでホントにヌケますか?
同世代の方ですか?

31 :この子の名無しのお祝いに:03/12/03 23:34 ID:9pG716wK

41_20120310154422.jpg

主人公へのいじめのひとつに、
女子更衣室へ閉じこめちゃうってのがあったでしょ?
あのとき、女の子のうち一人だけ
上半身裸(ブラは付けてたが)の娘がいたなぁ。

32 :この子の名無しのお祝いに:03/12/04 17:07 ID:iFqeQ447
広川太一郎と宮川一郎太がごっちゃになるよ。
広川太一郎とウッチャンの顔も。

38 :この子の名無しのお祝いに:03/12/22 22:16 ID:fc96YyKK
1.優作が鼻をすするとビンタが飛んでくることを学習した一朗太が、
優作が鼻をすすった瞬間に逃げるが、あえなくビンタをもらう
 けれど、鼻血が出ず、優作にみせつける一朗太。
2.ノート一面に夕暮れを書き綴り、夕暮れを把握したと満足げな一朗太
3.一朗太が家庭教師をさぼって本屋で立ち読みして、
 優作にコブラツイストをかけられていたときに追っかけてきた本屋の店員が
本代を要求し、お釣りがないので、優作に、”待ってください、そのままで待っててください”

ワロタな 

16 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 21:50 ID:c0CO8wqD
1年前ぐらい見たけどラスト意味分からなかった…

17 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 22:32 ID:9sRjH3OR
意味なんてわからなくていいんだよ。

18 :この子の名無しのお祝いに:03/11/16 00:14 ID:/JMGUo5N
あれは多分川島の『しとやかな獣』の引用なんだと思う。

19 :この子の名無しのお祝いに:03/11/16 15:58 ID:6rwLNoIh
↑どういうこと?

21 :この子の名無しのお祝いに:03/11/16 18:14 ID:/JMGUo5N
>>19
ヘリコプターの音。
『しとやかな獣』では若尾文子が本性を表した中盤でヘリコプターの音、
全編でジェット機の音、最後のシーンは救急車の音が入る。
最後のシーンは一人目覚めている母親、山岡久乃。
舞台は木場辺りの公共住宅の5Fの一室。
公共住宅の俯瞰ショットあり。
他にも共通項が多すぎ。

23 :この子の名無しのお祝いに:03/11/16 20:34 ID:6rwLNoIh
>>21
この類似性についての話って有名なの?

24 :>>21:03/11/16 23:11 ID:/JMGUo5N
>>23
しらん。類似性について書いたものを読んだことはないが、
両方観たことがある奴で気づかん奴はおらんと思う。
両方集合住宅住まいのどうにもならない一家と珍客の話。

ちなみに川島が好きな人は森田のことは馬鹿にしているかも…
俺は撮影所崩壊後に『家族ゲーム』を撮る森田は凄いと思うが。
『しとやかな獣』の脚本は新藤兼人だけど、両方脚本が良く出来てますなあ。

67 :この子の名無しのお祝いに:04/05/26 06:32 ID:6GgyJuNi
ヘリコプターの音の「意味」について。

映画に出てくるヘリコプターの一般的なイメージって
どちらかと言うと悪くないですか?
確かに主人公を救助したりする事はあっても
監視したり追跡してるようなイメージが個人的に強いんだけど。

それとは別の話として「ヘリコプターがやけに多い」という状況は
自分的には「大事件」とかそういう不吉な状況を思い浮かばせる。

もちろん、監督がそういうイメージを利用して何かを訴えたかったのだ、と
言葉によって規定すると映画そのものを損なう気がするのでしないけど
ヘリの音をエンドロールの音楽の代わりに流した意図には
そういうイメージを借りた部分もあるんじゃないかと思う。

主婦が昼寝をしている平和な団地の一室。
しかし、表では不吉さを秘めた音が鳴っている。
監督はこのようなエンディングがこの映画に相応しいと
思ったのが理由なのではないかと考えます。

80 :この子の名無しのお祝いに:04/06/20 15:32 ID:2Mjb1G7b
23区内、特に墨田川流域や東京湾沿岸のマンションや団地に住んでると
ヘリの音っていうのは極めて日常的で、由紀さおりのいねむりと相まって
妙にのんびりした都市部の主婦の午後の風景を絶妙に表してたと思う。
80年代の東京ベイエリアの新興高層住宅はあのヘリの音が象徴している
気がする。今だと更に高層化が進んで窓も開かないだろうから聞こえない
だろうね。

あと、芝浦の東芝ビルが建設中なのも懐かしい。あのへんからバブル期に
向かって湾岸が注目され出したよね。

26 :この子の名無しのお祝いに:03/11/21 00:29 ID:kpipLu7F
私的には、ラスト息子達は死んでるようにも見えました。
まぁ真実を追究する必要もないですよね、この作品としては。

42 :この子の名無しのお祝いに:03/12/27 21:43 ID:q5MUVLk6

14_20120310154657.jpg

優作が読んでいた学研(?)の植物の図鑑は何の意味があるんだ?

45 :この子の名無しのお祝いに:03/12/30 21:16 ID:7S6sNTfG
>>42
それはもうとにかくこの映画の小道具の面白さを味わえば
いいんじゃないでしょうか?
意味は、ねぇ…

51 :この子の名無しのお祝いに:04/03/21 04:16 ID:WW1Ev3iH
>>45
これで正解だな。とにかくゲームだったって事だよ。
最後のヘリコプターはたまによくヘリの音がする日があるよねってだけだと思う。
好きか嫌いかと聞かれたら好きな映画だな。

54 :この子の名無しのお祝いに:04/04/06 16:48 ID:lgrceEfM
>>51
84年の早稲田祭で森田の講演会があって、
誰かが最後のヘリコプターの音は戸川純の親の棺桶をヘリが運び出した音かと森田に質問していたが、
森田は特に意味はないと答えていた。評論家が喜びそうな要素を詰め込んだらしい。
この映画の事象に深い意味はない。究極は「ときめきに死す」と思う。
家族ゲームはカメラワークと小道具と擬音が面白いこと、
それと80年代の雰囲気を初めて捉えた映画(「の・ようなもの」も)という点では大仰に言えば衝撃だっただけ。

57 :この子の名無しのお祝いに:04/04/07 01:31 ID:tYLyuLZq
>>54
この間ひさしぶりに見て同じようなこと感じた>80年代の雰囲気
でも80年代の雰囲気ってひとことで言ってなんだろうな。

あと、80年代映画の雰囲気っていうのも感じられるね。
いまの「癒し系(?)」映画ばっかりの邦画の中ではこういうのはもう
撮られないのかなあ。

60 :この子の名無しのお祝いに:04/04/11 02:57 ID:J/7rXujj
最後優作は何で大暴れしたの?
あとTV版の長渕剛がやってた家族ゲームって全く関係ないの?

61 :この子の名無しのお祝いに:04/04/11 03:34 ID:3cdQVsBW
>>60
>最後優作は何で大暴れしたの?

大した意味は無いのでは? 強いて言えば、あの一家の空虚な関係と団欒を
ぶち壊してみたかったんだろうけど。

>あとTV版の長渕剛がやってた家族ゲームって全く関係ないの?

同じ原作を使っている。未読なので比較できず。

62 :この子の名無しのお祝いに:04/04/11 08:18 ID:7Uf7EeJ7
>>60
TV版の方が原作に忠実だったような気がする。

63 :この子の名無しのお祝いに:04/04/11 11:11 ID:Q6bKaqxS
ただし、TV版は連続ものにしないといけないので、
同じような話を何度も繰り返している。

82 :この子の名無しのお祝いに:04/07/01 10:49 ID:X35hYq7n
>60
伊丹十三が「城南大ってたいしたことないんだねぇ」と言ってから、優作の雰囲気が変わって暴れだしたようにみえた
学歴社会への批判の意味があったんだろうか?

83 :この子の名無しのお祝いに:04/07/01 11:59 ID:uTXbKusU
モリタ、この映画の松田優作はゴジラだって言ってたよ。
海から出現して隅田川を上り、東京=家庭を破壊して去ってゆく……。

2003836_201111180450135001321542053c_20120310154419.jpg

多彩なジャンルを意識して撮ってるモリタ、怪獣映画はまだ撮っていない。
ゴジラと怪獣映画についてのエッセイもよかった。モリタの怪獣映画、見たいねえ。
東宝は北村リューヘーなんぞではなく、モリタにゴジラ最終作を依頼すべきだった。

84 :この子の名無しのお祝いに:04/07/01 19:12 ID:Uo5N0aw8
森田芳光が「家族ゲーム」の後に「地獄の黙示録」を観るといいというようなことを
言っていた気がするのだが、平穏な空間が家庭の外で起きている諸々の出来事との
接触でいつ崩壊してもおかしくないという怖さをヘリコプターの音で不気味に煽って
いるのかなと思った。

72 :この子の名無しのお祝いに:04/06/09 03:17 ID:j9wKvurG
清水健太郎、どこに出てた?

113 :この子の名無しのお祝いに:04/11/12 23:53:19 ID:mAWhwsi2
清水健太郎出てるじゃん。
職員室で弁当食ってるだけの役で。
セリフもねーし、アップにもなんねーのに、エンドロールにしっかり名前出てんだよね。
あれで出演って言えんのかよ。

96 :この子の名無しのお祝いに:04/09/13 06:23:04 ID:pwsFnPDL
この映画のすごい所は、すべての登場人物がネジ一本抜けてるところ

97 :この子の名無しのお祝いに:04/09/24 00:26:50 ID:nq2eB+my
当時としてはなかなか前衛的な作品じゃない?あれを超える邦画はなかなか
ないんじゃない?
 
30番あがったら30万ですか?いやですよ、その時になって無いなんて

139 :この子の名無しのお祝いに:05/02/19 22:18:14 ID:S0sxrwRs
松田優作がキモかっこいい。
いちいち吉本の言動は笑えて仕方ない。

特に伊丹が酔っ払って「うっす!」って部屋に入ってきたとき
「うっす!」って言い返して無言で部屋から出させるとこなんて
爆笑もんだった。

142 :この子の名無しのお祝いに:05/02/20 06:55:30 ID:pCqpqPG1
>>139
最初松田が家庭教師として沼田家を探している時、巨大マンションを指して、
主婦を捕まえるなりいきなり「あのー、沼田君ちはあれですか?」と言ったり、
エレベーター前待っている時でやはり主婦を捕まえて「あのー沼田君ちここですか?沼田君ち・・・」
なんて聞いちゃったりして、ただ漠然と見知らぬ人に話しかける松田が笑った。

102 :この子の名無しのお祝いに:04/10/25 00:38:30 ID:TiU+RuGl

img_98_20120310160108.gif

ほっぺにキスして、
「気持ち悪いっすよ」
「俺だって気持ち悪いよ」
のところが好き。

144 :この子の名無しのお祝いに:05/02/20 19:33:17 ID:8GzK+G2E
エロ本を図鑑の上から被せて見て
すぐに取っ払って沼田弟にちょっかい出すけど
あれはつっこんでほしかったんだろうか吉本

150 :この子の名無しのお祝いに:05/02/28 21:06:22 ID:P4VlmXKe
お母さん、まずいですよ。この水カルキが強すぎます。気よつけないと。

174 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/12(火) 01:41:11 ID:qpFxFl2S
先生が答わん用紙を返す時、点数の低いものから呼び、
その間生徒が手拍子を打っている・・・変な光景。
「ブスのハマモト」はバカだから、いつも先に呼ばれる。
ある日名前が呼ばれた時、目の部分がくりぬかれた紙袋を顔にかぶって答わん用紙を取りにいく。

この映画何を訴えたいのか分からないが、なんか笑える。
上のシーンにしても。
ところで「ブスのハマモト」って、バカっぽい顔はしてたけど、「ブス」じゃないよね?

185 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/17(日) 12:46:23 ID:VSCBH6gM
>>174
先生がテストの答案を返す時だけど、いつも一番先に呼ばれるのがハマモトだったが、
その後が凄い!
「ハマモト6点」と先生が言った瞬間みんな爆笑したが、「お前ら笑ってる場合か!セヌマ8点!」
と言った後これまた大爆笑。
こんな答案の返し方ってあるかよー。
しまいには「ヤマモト16点」と言った先生は「校庭に取りに行け」と答案用紙を本当に
校庭に向けて投げちゃって、生徒がそれを取りに行った。

答案を投げられてしまった3人は校庭で何やら「これ俺のじゃねーよ」と自分の答案を見つけようとする。
その光景を上からカメラで撮影しているシーンが笑えた。

186 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/17(日) 15:59:54 ID:u44cm6ml
>>185
分かる分かる。そのシーンは最高に笑えた。

あの俯瞰で校庭を撮ったのと同じアングルで、優作がやってくるカットが
その前にあったんだよな。
で、笑いながら、「あ、あの優作の俯瞰は、教室の窓から見下ろしたカットだったのか」なんて
思ってた記憶がある。

「家族ゲーム」は確かに変わった映画だが、他の誰も撮りようもない森田の傑作だな。

198 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/14(土) 23:42:50 ID:P1OL+3tC
ブスの浜本が可愛いってレスがあるけど同意。
兄が想いを寄せていた聖子カットの女の子は
ブスでもないが可愛くもなかったな。
ひょうきんな性格に惚れてたんだろうか。
あの女の子の家、ドリフのセットみたいで奇妙な感じがした。
母親はケバくて、父親は娘が男を連れてきてもなごやかに会話をする。
っていうか慣れてるし。
こういう、なんか面白いけど爆笑するほどでもなくて
笑いがこみ上げて喉で止まってるみたいな感覚がずっとあった。

201 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/23(月) 21:18:52 ID:wqLGV4xc
>兄が想いを寄せていた聖子カットの女の子

あの子はほんと80年代の普通の女の子を記号化したようなキャラだ
ホントにああいうからっぽな感じの子がたくさんいたわ。
兄は数年後「オタク」と呼ばれるタイプだな。
まったくなんて80年代な映画なんだろう!

202 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/26(木) 22:45:45 ID:PWL7u3GD
ああいう森田本人も全然好きになれそうにない娘を、
言わばヒロインにしてしまうところが、森田らしいな。

俺だったらあんな女は出す気にはなれない。
俺がどうのこうのって問題じゃないのは分かっていても。

179 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/16(土) 13:03:15 ID:wI8JZHi9

51_20120310154421.jpg

茂之とハマモトが空き地に連れて行かれるシーン
(この直後に「お前ハマモトの事好きなんだろう!」
「キスしろよ!」といじめられるわけだが)
茂之は土屋の仲間達に小突かれながら歩いてるわけだが
ハマモトはなぜか男子生徒の一人に
おんぶされてたなぁ。
なんか、面白い。

180 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/16(土) 13:46:00 ID:NsEpwuy5
ハマモト空き地でいじめられてる時、笑ってんだよな。かわいすぎるんだな。
勉強できないヤツはブスに見えるってことなんだろうね。
でもみんなコイツが実はかわいいと思ってんだろうね。ガキのころは好きなコはいじめたくなる時あるし・・・

181 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/17(日) 03:46:49 ID:99VNhsa0
なんかこの映画の登場人物って人間らしくないんだよなー
どこか冷たくて、無気力で、恐くて。だからゲームなのかな。
人間らしいのはハマモトと戸川純ぐらいwww

189 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/19(火) 18:27:09 ID:7dZRcXKU
>>181
そこが醍醐味の映画だからね。でも自分たちの人間関係家族関係って人間らしい温かい
ものかなって考えた時に、この映画の白々しさとそんなに違わない気がしてぞっとさせ
られるんだよな。もちろん、白々しくない関係も経験があっての上だが。


関連記事

  1. 2012/03/12(月) 21:38:08|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<【映画】リメイク版「ロボコップ」、全米公開日が2013年8月9日に決定 | ホーム | 【中国BBS】日本映画よりも韓国映画の方がレベル高いよな!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2878-2e495656
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

脱毛口コミ

脱毛口コミランキング
  1. 2013/08/11(日) 11:12:30 |
  2. 脱毛口コミ

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (286)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 香港映画 韓国映画 ニコラス・ケイジ 高良健吾 竹中直人 谷村美月 ジョニー・デップ 麻生久美子 妻夫木聡 西田敏行 ミュージカル サミュエル・L・ジャクソン 加瀬亮 ブルース・ウィリス リーアム・ニーソン 阿部寛 松山ケンイチ ジャッキー・チェン 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ハリソン・フォード スペイン映画 マット・デイモン ドキュメンタリー 浅野忠信 ARATA 山田孝之 三浦友和 役所広司 岡田将生 中村獅童 小出恵介 ブラッド・ピット 戸田恵梨香 ユアン・マクレガー レイフ・ファインズ 宮藤官九郎 小池栄子 瑛太 藤原竜也 小栗旬 蒼井優 満島ひかり 玉山鉄二 宮崎あおい スティーヴン・セガール スカーレット・ヨハンソン 長澤まさみ 吉高由里子 アーノルド・シュワルツェネッガー 堤真一 ジョン・トラヴォルタ 成宮寛貴 谷原章介 大沢たかお 樹木希林 犬映画 ジェイソン・ステイサム ゲイリー・オールドマン ロバート・ダウニーJr. ユースケ・サンタマリア 特撮 ジョージ・ルーカス キャメロン・ディアス 鈴木京香 田中麗奈 西島秀俊 中国映画 カナダ映画 佐々木蔵之介 伊勢谷友介 モーガン・フリーマン 渡辺謙 薬師丸ひろ子 トム・クルーズ トム・ハンクス エマ・ワトソン 窪塚洋介 椎名桔平 広末涼子 ガイ・ピアース アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 綾瀬はるか 宮崎駿 田辺誠一 香里奈 堺雅人 柳葉敏郎 園子温 アンソニー・ホプキンス ジョージ・クルーニー 北乃きい 深田恭子 ヒュー・ジャックマン 市原隼人 香取慎吾 井上真央 仲里依紗 オーストラリア映画 シガーニー・ウィーバー 玉木宏 中井貴一 サンドラ・ブロック ラッセル・クロウ 石原さとみ 伊藤英明 阿部サダヲ ダコタ・ファニング ハル・ベリー ジョディ・フォスター 草なぎ剛 竹内結子 クリント・イーストウッド アン・ハサウェイ 仲間由紀恵 ミラ・ジョヴォヴィッチ ユマ・サーマン 成海璃子 佐藤隆太 ミッキー・ローク 上野樹里 仲村トオル ウィル・スミス 松田龍平 水川あさみ イライジャ・ウッド クリスチャン・ベール シルヴェスター・スタローン 大泉洋 豊川悦司 トミー・リー・ジョーンズ 木村佳乃 木村多江 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ 林遣都 ベン・アフレック ケイト・ベッキンセイル 深津絵里 ケヴィン・スペイシー 堀北真希 大竹しのぶ 柴咲コウ リチャード・ギア キアヌ・リーブス ジュード・ロウ 吉瀬美智子 白石美帆 ナタリー・ポートマン 永山絢斗 スティーヴ・ブシェーミ 岡田准一 黒木メイサ 栗山千明 コリン・ファレル ヴィン・ディーゼル ブラッドリー・クーパー メリル・ストリープ ティム・バートン 松田翔太 オーランド・ブルーム 江口洋介 哀川翔 ジュリア・ロバーツ 小雪 ダスティン・ホフマン 小西真奈美 松本人志 マイケル・J・フォックス 森山未來 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン 松雪泰子 唐沢寿明 及川光博 佐藤健 ロバート・ゼメキス マイケル・ベイ 中村蒼 北野武 リュック・べッソン ペネロペ・クルス 西部劇 佐藤江梨子 北川景子 竹野内豊 クエンティン・タランティーノ アレック・ボールドウィン ザ・ロック マイコ 香椎由宇 寺島しのぶ ベルギー映画 宮迫博之 ケヴィン・ベーコン ベニチオ・デル・トロ イタリア映画 グウィネス・パルトロウ ショーン・ペン 中谷美紀 デニス・クエイド 菊地凛子 ヒース・レジャー 松たか子 ジャン・クロード・ヴァン・ダム 織田裕二 生田斗真 多部未華子 アビゲイル・ブレスリン キャシー・ベイツ ジェームズ・キャメロン 小林聡美 オーストリア映画 桐谷健太 ビル・マーレイ 向井理 ウィノナ・ライダー 篠原涼子 ロバート・パティンソン ジャック・ブラック サラ・ジェシカ・パーカー チャーリー・シーン ポール・バーホーベン 市川由衣 マイケル・ダグラス 三浦春馬 ジェフ・ブリッジズ 猫映画 イーサン・ホーク シャーリーズ・セロン 溝端淳平 ケヴィン・コスナー ジム・キャリー 永作博美 ダニエル・クレイグ ジェット・リー 芦田愛菜 ダニエル・ラドクリフ クライヴ・オーウェン 真田広之 オーウェン・ウィルソン ベン・スティラー ピアース・ブロスナン ジェラード・バトラー イ・ビョンホン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジョン・マルコヴィッチ 小泉今日子 スーザン・サランドン 新垣結衣 エディ・マーフィ 吉川晃司 ケイト・ウィンスレット 岡村隆史 上戸彩 原田知世 二宮和也 ガイ・リッチー リブ・タイラー 中居正広 ヒュー・グラント 山田洋次 榮倉奈々 シャイア・ラブーフ 木村拓哉 小池徹平 アンドリュー・ガーフィールド エドワード・ノートン 福田沙紀 星野真里 中村雅俊 ダニエル・デイ・ルイス 稲垣吾郎 クリステン・スチュワート クリス・パイン ジェシカ・アルバ 水谷豊 ナオミ・ワッツ 笑福亭鶴瓶 ジャック・ニコルソン マーク・ウォールバーグ チェコ映画 桜庭ななみ キーファー・サザーランド リバー・フェニックス ティム・ロビンス オダギリジョー ロビン・ウィリアムズ 三谷幸喜 M・ナイト・シャマラン アントニオ・バンデラス メキシコ映画 平野綾 内田有紀 夏帆  ジェームズ・マカヴォイ エミリオ・エステベス 松田優作 マシュー・マコノヒー 水嶋ヒロ ソン・ガンホ オリヴァー・ストーン エイドリアン・ブロディ 井ノ原快彦 高倉健 シャロン・ストーン ミシェル・ファイファー ポーランド映画 ジェラルド・バトラー 庵野秀明 三浦翔平 キーラ・ナイトレイ ジェイミー・フォックス メグ・ライアン 速水もこみち ペ・ドゥナ キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート ウィリアム・ハート デミ・ムーア 寺尾聰 長谷川京子 福山雅治 東山紀之 アンディ・ガルシア ジョシュ・ハートネット 相武紗季 アル・パチーノ 前田敦子 ドリュー・バリモア スティーブン・キング ブレンダン・フレイザー オードリー・ヘプバーン ジャン・レノ ジョン・キューザック 押井守 ショーン・コネリー 反町隆史 ホアキン・フェニックス メル・ギブソン 武井咲 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ マーティン・スコセッシ ウーピー・ゴールドバーグ ハーレイ・ジョエル・オスメント 吉永小百合 マコーレー・カルキン アダム・サンドラー 渥美清 井筒和幸 大島優子 つるの剛士 ジェニファー・アニストン 武田鉄矢 藤木直人 米倉涼子 中島哲也 リンジー・ローハン ノルウェー映画 松嶋菜々子 奥菜恵 ピーター・ウェラー スウェーデン映画 タイ映画 マイク・マイヤーズ 松下奈緒 大倉忠義 ウェズリー・スナイプス チョン・ウソン 加藤あい リーズ・ウィザースプーン アシュトン・カッチャー オランダ映画 吉岡秀隆 ポール・ニューマン 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア マドンナ 沢尻エリカ チャック・ノリス 安藤政信 金城武 チャン・ツィイー 櫻井翔 ルクセンブルク映画 陣内孝則 中山美穂 チョン・ジヒョン 市川海老蔵 マット・ディロン 菅野美穂 クリス・タッカー スティーヴ・マーティン ウォンビン 佐々木希 カート・ラッセル コロンビア映画 アルゼンチン映画 アシュレイ・ジャッド ハンガリー映画 台湾映画 イスラエル映画 山下智久 シェール 照英 赤西仁 ブルース・リー 亀梨和也 ソン・スンホン 新海誠 長瀬智也 山下敦弘 スイス映画 マイケル・ムーア 伊東美咲 錦戸亮 松平健 本木雅弘 フィンランド映画 シガニー・ウィーバー イラン映画 丸山隆平 スイス映画 キーラ・ナイトレイ ドルフ・ラングレン インド映画 松坂桃李 高橋克典 松岡昌宏 大野智 村上信五 スロベニア映画 ポール・ウォーカー デンマーク映画 ロバート・レッドフォード ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン スロバキア映画 キルスティン・ダンスト 森且行 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR