2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

永遠の僕たち

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1324937928/
5_20120226125817.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2011/12/27(火) 07:18:48.51 ID:CngrepCE
【story】交通事故で両親を失い、臨死体験をした少年・イーノック。話し相手は、彼だけが見える死の世界から来た青年・ヒロシだけだった。
他人の葬式をのぞいて歩くことを日常とする死にとらわれた少年は、そこで余命3か月と告げられた少女・アナベルと出会う。
ヒロシがそっと見守る中、死が結びつけた2人。生きるということは、愛するということは、いったいどういうことなんだろう?
秋から冬へと向かう鮮やかな街の景色が、わずかな時間しか残されていない2人をやさしく包み込み、恋人たちとヒロシの世界が輝きはじめる。

【キャスト】
イーノック:ヘンリー・ホッパー
アナベル:ミワ・ワシコウスカ
ヒロシ:加瀬亮


2 :名無シネマ@上映中:2011/12/27(火) 12:16:50.23 ID:iK6cEfzB
エンディングのnicoの音楽が良かった

3 :名無シネマ@上映中:2011/12/27(火) 13:05:54.47 ID:2T2/ke/H
ダーウィン >>>>> アインシュタイン!
これが泣けた

5 :名無シネマ@上映中:2011/12/27(火) 18:47:01.04 ID:IS2tntuJ
今年最後に良い映画に会えたわ

7 :名無シネマ@上映中:2011/12/27(火) 23:32:01.31 ID:gYhVHzQB
タイトルの「restless」はイーノックのことを言ってるの?

97 :名無シネマ@上映中:2012/01/30(月) 23:18:18.42 ID:dMJ1qGo1
原題「restless」を「永遠の僕たち」とした配給会社の担当は相当できると見た。
原題そのままでどういうテーマかわからん映画が多い中この邦題はうまい。

98 :名無シネマ@上映中:2012/01/31(火) 00:27:35.15 ID:+sJI+qSh
私はスイーツ受けを狙ったようなこの邦題は止めてほしいと思いましたけどね。

9 :名無シネマ@上映中:2011/12/28(水) 18:57:22.39 ID:Dwr96dZk
見てきた~
俳優が瑞々しくてホントに良い!
さらっとした描き方なのに瑞々しい美しさに満ちている。
衣装がカワイイ。音楽もぴったり。画面とセリフのなんと美しいことよ!
大人になったらイマイチになるかもしれんが、
ヘンリー・ホッパーの少年期だからこその美しさは見る価値あり。
絶対DVD買う。

12月公開の難病もの
50/50、永遠の僕たち、ラブ&ドラッグ、私だけのハッピー・エンディング
どれもそれぞれ良かったけど、50/50と永遠の僕たちはずっと愛される作品になりそう

15 :名無シネマ@上映中:2011/12/29(木) 16:00:33.49 ID:DA1lCNv4
ガス・ヴァン・サント好きだから、期待してみてきた。
ストーリーはゆるかったのにほとんど飽きずに見れた。
加瀬亮はナイスキャスティング。作品の空気感に合ってる。

あと、この監督の孤独感の描写は信頼できる。
最初の「死体ごっこ」でぐっときた。

Black_20120226125841.gif

16 :名無シネマ@上映中:2011/12/29(木) 16:08:44.34 ID:n/Stq2tr
葬式スキー設定でハロルドとモード思い出した!あれも好き
今度再販されるDVDがamazon3枚3000円のラインナップに入ってたので注文しちゃったよ

19 :名無シネマ@上映中:2011/12/30(金) 02:27:17.23 ID:D2IDk8OD
>>16
君は私か!w

静かないい映画だった
衣装や音楽も良かった

加瀬亮は昔アニメで英語をしゃべってたとき
すごいうまかったし
うまいのは知ってたけど
役に合ってたと思う

最後、服がグレーなのがいい

17 :名無シネマ@上映中:2011/12/29(木) 17:43:21.18 ID:wJbOdyur
「キモいな」「幽霊だもん」のやり取りがかわいかった

11 :名無シネマ@上映中:2011/12/29(木) 04:38:37.43 ID:K2i6Jq8r
質問

14_20120226125817.jpg

ヒロシはその前に特攻したからナガサキの事知らなかったんだよね?

14 :名無シネマ@上映中:2011/12/29(木) 12:29:25.00 ID:ptyk4+Rb
>>11
そう思った
あと大切な人がそこにいたのかもとか

20 :稚羽矢:2011/12/30(金) 12:54:13.54 ID:CKOto2gE
これはいい映画だ
それにしてもやたらとキスする二人だな(笑)
日本でもそうだけどさ、葬式って簡単に部外者が入り込めるんだよなぁ…

21 :名無シネマ@上映中:2011/12/30(金) 22:24:18.20 ID:ut+AJjDz
どこか日本ぽいテイストだね
ただ、輸出されると薄まるな
しょうがないか
加瀬亮は太平洋戦争知らない世代に決まっているって見えてしまうわw
彼の英語も、向こうの人が出てくる中で聞くと、
やっぱり日本人的な特徴あるのが分かるな
日本語にない一部の子音が弱くなるとか

18 :名無シネマ@上映中:2011/12/30(金) 00:27:16.89 ID:gLuCtMib
やや期待はずれだったかね

22 :名無シネマ@上映中:2011/12/31(土) 02:04:59.71 ID:QZMIWdTk
こんな薄っぺらくて気持ちが悪い映画久々に見た
ロッテンその他で酷評されるわけだわ

24 :名無シネマ@上映中:2011/12/31(土) 16:19:29.30 ID:vhlmWYv1
同じ監督のエレファントもそうだけど、ストーリーがゆるくてもこの人の映像は見てられる。
薄っぺらくて気持ち悪いっていうのはわかる。でもなんか好きだなぁ。

23 :名無シネマ@上映中:2011/12/31(土) 14:57:48.55 ID:KsBnJJSQ
米尼より英尼の方が安かったのでDVD注文したんだが
ユーザーレビューで酷評されてて悲しかった
英米人にはこの繊細さが解らないのかなぁ?

34 :名無シネマ@上映中:2012/01/01(日) 21:55:42.74 ID:meJnlJ3c
>>23
 「死んだら天国に行く」っていうキリスト教的世界観からすると理解しがたいんじゃない?
 生と死が地続きにあって、死んだ人でも生きてた頃より近くにいて…っていうのは。

だからこそダーウィン>>>アインシュタインってのは結構象徴的だと思うんだけどね。
 死者への敬意を払う、というのがキリスト教文化圏では生と死についての宗教的な暗黙の了解を
受け入れることとイコールであって、そこからはみ出した2人というところに意味があるんだと思う。
 個人的には後半で、葬式荒らしが両親に別れを告げられなかったことの代償行為だったんだなぁ、
とわかってから男の子サイドの心情がストンと腑に落ちたんだけどね。

25 :名無シネマ@上映中:2011/12/31(土) 16:52:34.01 ID:H85l6ArA
レビュー拾うとこんな感じだね

・男性の個人的な旅の犠牲になっている女性像にはうんざりだ
・ポートランドの風景は、全てサントの過去の作品の焼き直しであり、チャレンジが見られない
・ニコラス・スパークス作品のように見事に商業的な作品だ
・ミア・ワシコウスカの着る計算された古着のワードローブは私の片頭痛を誘発する
・「ハロルドとモード」「私の中のあなた」などの作品の良い所を盗んだ寄せ集めのドラマにすぎない
・ヴァン・サントのキャリアの下降線は見事な線を描いている

51_20120226125815.jpg

ところでミア・ワシコウスカはガン患者を見たことがないのかな?
痩せたりの役作りをまったくしてなかったけど。
あくまでスタイリッシュなPVであって、真に迫る目的はないから必要無いのかな?

26 :名無シネマ@上映中:2011/12/31(土) 17:14:36.17 ID:BhDaTGDs
計算された古着 のワードローブで偏頭痛ワロタ

27 :名無シネマ@上映中:2011/12/31(土) 17:17:26.67 ID:KsBnJJSQ
そんなとこは気にならなかったけどなぁ
病気でむくんで太って見える事もあるしね
まぁ気に入らない人もいるだろうけど私は好き
素敵な映画だったね

28 :名無シネマ@上映中:2011/12/31(土) 17:40:34.17 ID:rTw7I5cR
合わない人はとことん合わないんだろうなあ
キャスト、音楽、衣装、風景、映像に重点を置く自分は今年のベストだった

29 :名無シネマ@上映中:2011/12/31(土) 22:38:41.29 ID:02sCuHzz
泣ける度は私の中のあなたが圧倒だが、思い出さなかったな。
ハロルドとモードは観た事ある人なら皆思い出すんじゃねーの。
でもこの映画は淡い色使いがとても綺麗で穏やかで良い映画だよ。

30 :名無シネマ@上映中:2011/12/31(土) 22:48:43.60 ID:QZMIWdTk
鳥好きって設定が脚本の盛り上がりや落ちで何のフックにもなってなかった
ただの雰囲気演出
邦画で良く見られる文法

33 :名無シネマ@上映中:2012/01/01(日) 21:52:44.99 ID:meJnlJ3c
>>30
え、「夜暗くなると死ぬと思ってる鳥は朝生きててうれしくて鳴く」っていう話で
「あなたに会ってから毎日うれしくて鳴いた」って言ってたじゃん。
あの末期のリハーサルで。セップクがアレで微妙な雰囲気になってたけど、
途中までのあれは本心だったんじゃないのかな。

31 :名無シネマ@上映中:2012/01/01(日) 03:12:29.19 ID:ZQ75LJe/
PVみたいな映画って感じなのか?
酷評多いのは意外だけど観に行ってみようかな

32 : 【1286円】 :2012/01/01(日) 06:55:31.83 ID:PYPHpXSP
PVみたいというより、いい意味で萩尾望都の「トーマの心臓」とかと同じ少年少女の感性だと思う
でも透明感あるキャストのおかげでベタな展開なのに、詩情あるように見えちゃうんだよね

38 :名無シネマ@上映中:2012/01/02(月) 17:58:49.47 ID:kC5lGxgt
内容はまあ良かったけど、苦手な画質だった。
シャープネスと輝度がやたら低くて、ソクーロフ作品のような画質。
スクリーンの前に1枚薄い膜があるような感じで目が疲れる。

狙った画質なんだろうけど、この内容なら別に普通の画質でも
作品の良さをスポイルすることは無かったと思う。

36 :名無シネマ@上映中:2012/01/01(日) 22:28:08.42 ID:wfnTxJoV
死ぬ時はヒロシにお迎えに来て欲しい

37 :名無シネマ@上映中:2012/01/02(月) 10:07:26.31 ID:YMa+F9lx

2003836_201111180450135001321542053c_20120226125813.jpg

洋装ヒロシかわいらしい

90 :名無シネマ@上映中:2012/01/27(金) 17:11:07.30 ID:5oTntzDQ
お迎え役のヒロシ、シルクハットもいいけど
ここはやっぱ紋付袴で決めて欲しかった

39 :名無シネマ@上映中:2012/01/04(水) 22:53:33.54 ID:3UmEAwk0
ヒロシって米人に分かりやすいジャパニーズネームなんですかね。
発音しずらいよね。

41 :名無シネマ@上映中:2012/01/05(木) 21:08:46.26 ID:7rehiywe
墓場でヒロシに首絞められて病院で意識戻した時
交通事故後の昏睡3日目から目覚めた時に戻ってて夢オチかと一瞬思った

最後ヒロシがお迎えに来た時
ちゃんと教えられたとおり敬意を表して御辞儀したのが良かったw

43 :名無シネマ@上映中:2012/01/07(土) 11:35:54.46 ID:PK4mUSys
映画自体は楽しめたんだけど、某ゲームのお陰で主人公の名前が呼ばれるたびに
違う台詞が頭の中をよぎってしまい、微妙に集中力を欠いたorz
さしずめ加瀬亮はルシフェルといったところかw

77_20120226125814.jpg

しかし、デニス・ホッパーの息子があんなにイケメンだったとは。
最後の献辞とラストシーンのイーノックの表情を併せて思い返すと、
なかなかグッと来るものがあるね。

44 :名無シネマ@上映中:2012/01/07(土) 11:41:04.96 ID:c2SY1v00
この監督のことだから、デニス・ホッパーの息子を
絶対意味なく脱がすと思って見てたけど、なかったね。

45 :名無シネマ@上映中:2012/01/07(土) 12:10:04.61 ID:L9A6CT5q
ラストのアナベルとの回想とイーノックの表情は確かによかた
しかし本当に映像が美しいな

46 :名無シネマ@上映中:2012/01/07(土) 13:45:28.96 ID:G1qLKAXP
笑顔がちょっとジェームズフランコに似てたw

この音楽もダニーエルフマンだったんだな♪なぜサントラ出てないん?
一瞬しか映んなかったデートシーンの衣装とかまでいちいち拘ってた

47 :名無シネマ@上映中:2012/01/08(日) 01:14:16.07 ID:xSiEuQ7t

2401540_20120226125842.jpg

デニス・ホッパーもイケメンだったよな。
面影あってデニスの若い頃にかなり似てると思うな。

49 :名無シネマ@上映中:2012/01/10(火) 16:02:28.31 ID:t5Mmm1wU
コバルト文庫みたいな映画でしたね。
コバルト愛読書におすすめです。

50 :名無シネマ@上映中:2012/01/10(火) 19:14:38.81 ID:PS4tIUWp
ほほぉ、じゃラノベよりだいぶマシってことだな

52 :稚羽矢:2012/01/15(日) 19:04:54.02 ID:7K+966kC
>>50
 コバルト文庫もラノベだろってツッコミはなしですか…そうですか

53 :名無シネマ@上映中:2012/01/16(月) 12:29:17.66 ID:tVWDlr5n
日本の安いお涙映画みたいなのって海外にもあるんだなと、改めて気付かせてくれました

54 :名無シネマ@上映中:2012/01/16(月) 19:05:53.33 ID:4lEY8KiP
どんな映画を見ても上っ面しか見ることが出来ない馬鹿には
絶対に理解できない映画だよな

ま、そのもっとも下劣な典型が>>53だが

55 :名無シネマ@上映中:2012/01/16(月) 20:36:06.80 ID:UjMFPzi+
私も全然ダメだった。映像(空気感)・音楽はとっても良く詩的映画だとは思ったけど。

友人の幽霊が特攻兵の設定なのに、全然それが絡んでない。戦艦ゲームしかしてないわけ?
どう死んだか知ってるだろうにいつまでも葬式も出来なかったとひがんで叔母に当たり散らす
主人公がダメ男にしか感じられず。

それでいて最後に手紙が出てきて背中を押される当たりなんて、ただのご都合キャラにしかなってない。
よくこんなキャラ設定で進めたなと思った。

56 :名無シネマ@上映中:2012/01/16(月) 20:57:52.11 ID:0dGsJEY/
分からないなら分からないで良いのでは?
あなたに良くあった映画がきっとあるよ!
心配しないでもっと沢山映画を見たらいいよ

57 :名無シネマ@上映中:2012/01/16(月) 21:45:00.53 ID:UjMFPzi+
>>56
嫌味だねー。別に色んな感想があっていいんだし、そんなレスいらなくない?
良くあった映画は既にあるし沢山見てます。

58 :名無シネマ@上映中:2012/01/16(月) 22:01:11.04 ID:S1QnuFU/
イーノックのわがままは俺も観ながら違和感あった。
でも思い返すと高校生ぐらいならあんなもんかなとも。
今はイーノックのダメさ加減もこの映画で気に入っている点です。

62 :名無シネマ@上映中:2012/01/17(火) 05:21:15.23 ID:Vuvi0hb3
恋人が難病で死ぬ映画なんて掃いて捨てるほど見ているし
ラストで幸せだった頃の場面がフラッシュバックするのを見せられて
ゲンナリしたことも数え切れないほどある。

だが、この映画に関しては、それらが凄く爽やかで心に染みる。
不思議なくらいに。

自分では映画を見ているつもりでも「お話」を見てるだけで
全く「映画」を見れていない人間には、この映画は無理だろうな

そういう人がこの映画を「コバルト文庫みたいな映画」
「日本の安いお涙映画」と称するのは実に自然なことだ。

それ以前に、この映画のよさが分かるか分からないかは
その人の人間性に大きく関わるようにも思う。

「叔母に当たり散らす主人公がダメ男にしか感じられず」
なんて書いてる人もいたが、この人には主人公を
分別のある大人だと思って見ていたのだろうか?
主人公が医者や叔母さんに謝罪する場面では熟睡していたのだろうか?

63 :名無シネマ@上映中:2012/01/17(火) 12:26:14.07 ID:P01lS0YR
そんなに持ち上げる「映画」なのかな~?
爽やかは爽やかだけど、爽やかすぎてヒロインが全然病気に見えん
ラストは好きだけどね
なんか物足りない、いや物足りなくていい映画なのかもな

64 :名無シネマ@上映中:2012/01/17(火) 21:12:36.26 ID:81E89Q01
今日みてきた
ガスヴァンサントだから期待して見に行こったけど正直肩すかしかな
良かったことは良かったんだけどこんな使い古されたテーマをわざわざ今更サントが映画化するくらいだから何かあるのかと思ったけどなかった
自分の中ではエレファントはもちろんパラノイドパークすらも超えることは出来なかった

65 :名無シネマ@上映中:2012/01/18(水) 22:18:56.36 ID:JbPc8Z6/
お涙ちょうだいとは思わなかった。臨終シーンもなし、イーノックの父母との回想シーンとかベタなのもないし、
ヒロシだってもっと悲劇性のある人物にだって出来たけどそうじゃないし。

20071115_20120226125841.jpg

二人の衣装だけは、アメリカの田舎の若者があんなにお洒落な訳ないから浮いてて変だった。
美男美女で似合ってただけに、余計に話から浮いてた気がする。

66 :名無シネマ@上映中:2012/01/18(水) 23:33:24.69 ID:G8joVIn+
常に襟が浮いているイーノックも、常にオーバーサイズのアナベルも、
決してオシャレではなかったぞ。少年少女らしいかわいさの表現には
なっていたけれどな。

まあ、アメリカの田舎に居ればあれでも飛び抜けてオシャレだろうが、
それはほら、映画だからねえ。

67 :名無シネマ@上映中:2012/01/19(木) 00:40:15.14 ID:FiXXqV+E
アナベルのは一応母の古着って設定だからいいのだ、あれで。

70 :名無シネマ@上映中:2012/01/20(金) 16:54:56.14 ID:Mj2hDWiO
歳がばれるけどヒロインは若き日のミア・ファローを髣髴とさせた。

95 :名無シネマ@上映中:2012/01/28(土) 03:26:04.51 ID:xEqHR0CG
イーノックのわざとらしい寝癖にイラっとくる。

69 :名無シネマ@上映中:2012/01/20(金) 02:12:41.11 ID:XlqU5OzE
悪くない。
自分が高校生で、ガス・ヴァン・サント作品をこれで初めて見たなら
めっちゃくちゃハマっていたかもしれないなーって思った。
ガスおじさんの、年は喰っても心はいつまでもジュヴナイル☆な感性
に共感するには、自分はもういろいろ経てしまったんだ。

72 :名無シネマ@上映中:2012/01/21(土) 00:57:36.57 ID:A+Bf6hUE
主人公は死と向き合っているようで、実は死という「現実」からは目を逸らしているんだよな。単に死に関するセレモニー(葬式、切腹等)に関心があるだけで。

73 :名無シネマ@上映中:2012/01/21(土) 04:55:31.73 ID:S7PHW5ec
西洋的な死(死んだら終わり)じゃなくて、
東洋的な死(死んだら生きてる人間からは見えないだけ)という心境になったんじゃね?
ハラキリなんて出てきたっけ??

74 :稚羽矢:2012/01/22(日) 17:44:24.43 ID:D2bw4ux1
>>73
 ハラキリはヒロシとの会話の中に出てきたよ

75 :名無シネマ@上映中:2012/01/22(日) 19:10:34.80 ID:eFcpZUtP
律儀にセップクって言ってたな

76 :名無シネマ@上映中:2012/01/24(火) 01:50:58.98 ID:EkO8Ibak
あらゆる部分において綺麗なところしか描いてないよね。
癌で死んでいく人特有の体がやせ細って酷く衰えていく様子とか、
相手の心に深く踏み込むが故に起こる恋愛や人間関係の衝突や醜さとか、
もっとわかりやすいところでは性欲やセックスが全部省かれてる(キスより先はカメラがぼやけてカットアウトってw)
つまり、コレ、ファンタジーだよね。
なんか生っちょろい。
学生のデート映画として最適、みたいな。

41_20120226125816.jpg

でも、男の子が葬式のスピーチ壇上で、彼女のことを思い出しフフフっと笑うラストがとてもよくって
なんか嫌いじゃない印象になった。
見てる途中は、特に前半はイライラしたんだけど。

77 :名無シネマ@上映中:2012/01/24(火) 15:15:10.60 ID:mZbFykrm
最初からメルヘンとして見てるから違和感なかった。
深刻な内容なんだか爽やかな印象で見終われた。
なんか「シベールの日曜日」を思い出した。

78 :名無シネマ@上映中:2012/01/24(火) 15:20:13.78 ID:VXDRUAkg
>>76
すごいわかる
ラストはいいよな、あのにやけ顔w
ホントにファンタジーだよ
ヒロインが病気に見えないもんだから、最期のシーンはえっ?もうきたの?って思った

86 :名無シネマ@上映中:2012/01/25(水) 18:01:50.87 ID:Z0ROn7Mo
ラストシーン秀逸だね。近年10指に入るんじゃない?
俺はディアハンターのラストシーン以来の衝撃だ

87 :名無シネマ@上映中:2012/01/25(水) 20:33:44.88 ID:Cm10xfER
このラストがいいと思う感性は私にないな。
相変わらず甘ったるいんだよね。
もっと若者を突き放して描けんのかね。

88 :名無シネマ@上映中:2012/01/25(水) 22:06:07.38 ID:Z0ROn7Mo
俺はあそこ「ジョーイ」の兄みたいな大演説ぶちかまして泣かせて
くれると期待したのにいい意味で期待を裏切られた感じw

103 :名無シネマ@上映中:2012/01/31(火) 21:20:35.90 ID:fkOWDjXg
>>88
ヘンリーがアドリブで演説したけど、監督がカットしたそうな。

89 :名無シネマ@上映中:2012/01/26(木) 20:25:34.22 ID:TNmWGrUt
ラストシーンははイーノックっぽさが出てすごく良かったね。

93 :名無シネマ@上映中:2012/01/28(土) 01:58:06.22 ID:+UQZ3Foh
ラストシーン ハニカミ顏に食い気味でエンドロールがくる感じ好きでした。
音楽もよかったとおもうけど、一部ガスヴァンサントが作ってるんですね。すげ。
テーマは普遍的に描かれ続けてることだと思うけど、描きかたでこんなに印象変わるもんなんですね。

94 :名無シネマ@上映中:2012/01/28(土) 02:21:03.30 ID:iBLZOAEg
まあちょっと少女漫画的な感性の映画ではあるな
でも日本人好みの奥ゆかしさもあって
オッサンの俺にも楽しめたよ

101 :名無シネマ@上映中:2012/01/31(火) 20:37:11.74 ID:mLefMzwV
すごい良かった。海外の評価がとんでもなく低いことにびっくりだが。
ヒロシってのはイーノックの中の親の死に囚われた別人格なんだろうな。
だから戦艦ゲームで勝てない。自分が配置した戦艦の位置は自分にバレバレだから。
最終的に女の子と一緒にヒロシが居なくなったおかげで、
イーノックは人間として成長したって話なんだろう。
地味だけどよく出来てる映画。

102 :名無シネマ@上映中:2012/01/31(火) 20:55:20.57 ID:SkO1a6x8
box officeみたらフランスと日本だけ受けてるみたい
http://www.boxofficemojo.com/movies/?page=intl&id=restless2011.htm
あ~、そう言われたらそうかも・・・


関連記事

  1. 2012/03/25(日) 19:37:19|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<8bit風に描いた映画ポスターが海外で話題に | ホーム | 【画像】2009年→2013年 アメリカB級映画の展開の仕方が凄い!>>

コメント

おれもこの映画は大好きだけど、酷評されててショックだったな。

イーノック;親の死のせいで、死に対して恐怖が強い
カナベル;ガンで数か月の命だが、死を恐れるより余生を楽しく生きることが大切だと思っている。
ヒロシ;幽霊なので、死んだことによって、できなかったことを知っている。
この3人の関係がうまいことかみ合って設定されてて良かったな。

イーノックは親の死のせいで学校にも通わなくなってたから
成長しきってないから、あんなムカつく反応をしたのかなと推測した。

パンフを観たら、脚本家が書いた複数の絵本を一つにまとめて脚本を作ったって書いてたから
どっか絵本みたいな、純粋さを感じる映画だったな。
あと、やっぱり『ハロルドとモード』を思い出すよな。
  1. URL |
  2. 2012/03/25(日) 21:28:12 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2834-4b36057f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。