2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

【話題】 落合信彦氏 「アカデミー賞  映画文化そのものが衰退危機」

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1330067504/
41_20120225053837.jpg

1 :影の大門軍団φ ★:2012/02/24(金) 16:11:44.00 ID:???0
2月26日に、第84回アカデミー賞の授賞式がハリウッドのコダック・シアターで行なわれる。
だが、作家の落合信彦氏は、最近のアカデミー賞やハリウッド映画について危惧を抱いているという。
以下は、落合氏の解説だ。

この原稿の締め切り時点では作品賞はモノクロのサイレント映画である『アーティスト(The Artist)』と、
3D映画の『ヒューゴの不思議な発明(Hugo)』の一騎打ちとされているが、賞の行方は最後までわからない。

監督ではマーティン・スコセッシやスティーブン・スピルバーグ。俳優ではジョージ・クルーニー、
ブラッド・ピット、ショーン・ペンなどのビッグネームが並び、華やかな祭典らしいメンバーとなっている。

だが、私は最近のアカデミー賞やハリウッド映画について、いささか懸念を持って見ている。
映画という文化そのものが衰退してしまうのではないかという危惧が、特に2000年代以降に強く感じられるようになった。

一言で言えば、「クリエイティヴィティの低下」である。例えば2007年にアカデミー賞作品賞を受賞した
『ディパーテッド(The Departed)』が香港映画のリメイクであったことに象徴されるように、リメイク作品の数が急激に増えた。
オリジナルのスクリプト(脚本)を書ける人間が少なくなり、制作サイドが安易な作り方をしている証拠だと言える。

アカデミー賞では、審査員の質の低下も著しい。賞に投票するアカデミー会員は、
監督、俳優ら約5700人のハリウッド関係者だが、少し前ならば選ばれるはずがなかった作品がオスカーを手にしている。

観る者の内側に深い問いを発する作品よりも、娯楽性だけの作品が好まれている。
審査員がマンガやアニメばかり見て育った世代になっている証左だろう。CGや3Dなど、技術的な進歩は目覚ましいが、
作品の芸術性はかえって低下している。

最近で言えば2003年の『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(The Lord of the Rings: The Return of the King)』の作品賞受賞で、
アカデミー賞の権威は地に落ちたと実感した。2001年の『グラディエーター(Gladiator)』や1998年の『タイタニック(Titanic)』も同様だ。

チャイルディッシュな演出の退屈なストーリーだったと言うしかない。『タイタニック』が公開された時、
イギリスでは“20世紀最悪の映画”と言う批評家もいたほどだ。

映画は時代を映す鏡だ。名作映画の枯渇は、今、世界を覆っている閉塞感と無縁ではない。

http://www.news-postseven.com/archives/20120224_90324.html

139 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 17:30:27.37 ID:7RT0HdtWO
>>1この人は知ったかなのかな?
アカデミー会員が漫画やアニメ世代って…
会員の大半が60歳以上の白人男性であることが、ずっと問題視されてるのに。
ダークナイトとか娯楽作品が落選したから、若い感覚を入れるべきって声が高まってる。
リメイクやアニメ・漫画原作映画だって、00年以降の作品賞ノミネート作74本のうち、リメイク作は2本、アニメ・漫画原作映画は1本もない。

51 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 16:34:32.19 ID:iSxb9Kbb0
>審査員がマンガやアニメばかり見て育った世代になっている証左だろう。
アカデミー賞投票者 平均年齢は62歳

http://www.cinematoday.jp/page/N0039650

22 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 16:19:23.97 ID:n3Fjkyfo0
落合信彦が衰退危機

28 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 16:22:56.64 ID:9tZyNolK0
>>22
もともと、何か活躍してたっけ?
詐欺紛いの法螺話しか知らないけど。


29 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 16:23:06.93 ID:+2VFs5Dh0
ノビーの空想力は異常

8 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 16:14:38.56 ID:oCBTgHQv0
ノビー(笑)

お前の法螺吹き人生映画化すれば一発だw

生き返るぞw

21 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 16:19:19.92 ID:m98TkQZA0
>>8
ある意味どんな映画よりも面白いかもな。w

13 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 16:17:43.49 ID:HYkG5Ppx0
シナリオの枯渇、新しいもののなさをクリエイティビティの低下と定義したら、
世界中どこでも、どの娯楽でも、芸術作品でも、状況は同じ

16 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 16:18:11.54 ID:TcwKEp9l0
何だかんだ言って「大昔の海難事故を描いた3時間以上の映画」に
ティーンエイジャーの女の子を釘付けにするなんて大技は
「チャイルディッシュな演出」で出来るような事じゃないと思う。

「あんなの子供だまし」という批判をいろんな映画で目にするけど
「子供を騙すなら、俺ならもっと上手くやる」的な批判って見あたらないよね。
「子供だまし」と同じ次元で批判してるだけ。

50 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 16:33:58.31 ID:XG8KuNyt0
 >『タイタニック』が公開された時、イギリスでは“20世紀最悪の映画”と言う批評家もいたほどだ。

アメリカ人は昔からあの種の「パニック映画」が大好きなんだよな。
「タワーリング・インフェルノ」「カッサンドラ・クロス」「ポセイドン・アドベンチャー」等々。
アメリカ人の陽気さと幼稚さの象徴です。

42 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 16:28:50.99 ID:JEzKMWNZ0
まだ落合なんてやつの発言でスレが立つとは驚いた
ステマか

35 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 16:26:05.62 ID:+Qjuwa3E0
この人の「20世紀最後の真実 」は面白かったなぁ~。
ナチスの残党が南米かどっかに逃げ延びてUFO開発してるってやつ。www

44 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 16:29:38.89 ID:+2VFs5Dh0
>>35
マジで続編欲しいよなw ずっと待ってるんだけどwww

61 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 16:39:32.74 ID:/RYczbXPi
20世紀最後の真実を映像化してくんねーかな
賞取れるぜありゃ

69 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 16:44:19.24 ID:t7uhGnFG0
>>61
俺も禿しく希望。
フェニックス、もう死んでしまったかな。
エスタンジアの施設が06年に週刊新潮で取り上げられた時は萌えたものだ。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/a6fhc750.html

56 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 16:36:30.77 ID:dZoTZD7x0
しかし、言ってることもわからんでもないが。

54 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 16:35:43.15 ID:ECgX4aL90
確かに最近は他国のアイディアをリメークしてるのばかり。アメリカの創造力が衰えたのか。

55 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 16:36:13.52 ID:cI/AJxfg0
確かに2000年以降のアカデミー賞受賞作はクソだな
セント・オブ・ウーマン夢の香りとかダンスウイズウルブスとか昔は名作が受賞してたのにね

47 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 16:32:00.89 ID:gCu6mD6x0
日本アカデミー賞の方がもっとしょぼい。

66 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 16:43:12.46 ID:Ipeyu3x90
アカデミックな映画なのかどうかもう一度考えた方がいい。

60 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 16:38:27.68 ID:HF5ypSQGP

14_20120225053838.jpg

落合信彦のピークはスーパードライのCMに出ていた頃

84 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 16:55:53.47 ID:hJcyc86W0
さすがノビー
目の付け所がスーパードライや

70 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 16:44:48.74 ID:fT70i57w0
純エンターテイメントを主義主張があるってだけの作品より下に見るヤツってムカつくわ
ハートロッカーじゃなく第9地区に作品賞をとらせたかった

62 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 16:40:48.87 ID:N+OdC1OH0
ジュラシックパークとかを映画館で見た時はゾクゾクしたよね

132 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 17:26:04.25 ID:2qo0pHnc0
スターウォーズ、ダイハード、ターミネーター、マトリックスとか
ノミネートされたことあるの

147 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 17:34:00.30 ID:7RT0HdtWO
>>132
作品賞や俳優賞にノミネートされたのは、その中だとスターウォーズだけ(受賞はしてない)。
技術部門(撮影、音響、視覚効果など)はその中の作品は全てノミネートされ、いくつか受賞してる。

166 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 17:50:55.34 ID:OasV+d3E0
映像がアバターくらいに秀逸なら、脚本がどんなに糞でも文句はない。
ああいう映画もありだと思う。

74 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 16:47:10.51 ID:N+FqQcRaO
311で全日本が泣いたし
映画やドラマより現実のほうがスリリングでシニカル。

82 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 16:52:20.42 ID:ZmYrwz3B0
確かにロードオブザリングで終わった感はあるな。
まあ、賞ってのはその業界の人が自分らの売りものに箔をつけるためにあるんだから、仕方ない。
面白い映画が見たければ、自分の趣味に合った作品を丹念に探すしかない。

92 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 17:01:14.16 ID:NKQtdBbS0
落合の視線は正しいと思う。

紛れも無く、「メディア産業のゼニ儲け」に成り下がった気がする。

その理に叶わないモノは、ムダとして切り捨てられている。
(CGの多用などはその典型。SFが流行っているとは思えない。)

90 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 17:00:18.12 ID:AmVl+jXg0
こいつとは趣味合わんな
ロードオブザリングもグラディエーターも
俺にとっては至高の一品

95 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 17:02:49.38 ID:WY/7Vsbq0
おれは羊たちの沈黙の作品賞で終わりを感じたよ
いまさらゆうかんじ

105 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 17:08:14.23 ID:1DBl7c8J0
「硫黄島からの手紙」が受賞出来なかった時点で、アカデミー賞は存在意義を失った。

106 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 17:08:32.01 ID:mMVA4b/70
ユダヤ人を悪く描いてはダメ
ナチスを良く描いてはダメ

など縛りが多すぎるのではないか

108 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 17:10:48.75 ID:+POCdNUC0
昔の作品良いというよりネタが尽きマンネリになって面白くなくなった
ゲームも似たような感じがする

188 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 18:07:33.17 ID:II4DbSSPP
リメイクが多くなってるのは認めるわ。

というか、100年以上やってて、ネタが枯渇するのは当たり前。
でもムカつくのは、他国のオリジナル作品をハリウッドが「リメイク」と称してパクることだな。
最近で言えば「ドラゴン・タトゥーの女」とか。

113 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 17:14:04.93 ID:fCzpg8U30
どの業界も自主規制と効率的な稼ぎで自分をがんじがらめにして衰退していくんやな

123 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 17:21:30.65 ID:3YIKxYL20
普通に面白い作品はあるし。
だいたいついていけなくなったおっさんはこんな事いうよなw

273 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 19:41:22.98 ID:PHUg14060
アカデミー賞はともかく、映画はここ10年面白いの多いと思うけどなあ

297 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 21:03:23.88 ID:jGgrBuM90
最近のだと英国王のスピーチとクラッシュは普通に作品賞納得だったな。
あとはトゥルーグリッドは映画の手本のような良作だった。
なんだかんだで去年はいい映画おおかった気がする。

125 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 17:22:28.38 ID:OfLHCa+IO
ノビィも古くなったて事だな、まだ脳が柔らかいなら日本の漫画やゲーム勉強しなきゃね!
また週刊誌やファミ通破って喰わなきゃね

150 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 17:35:30.52 ID:3MJjgncWO

beyonce2_20120225054304.gif

バックトゥ-ザフューチャーが、受賞してないのが不思議

シナリオの緻密さ、面白さ、興行成績や以降の映画に与えた影響も、
全て最高クラスと思うんだが

選考基準がよくわからん

159 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 17:45:40.01 ID:NBX4yQ6Q0
>>150
確かに、バックトゥーザフューチャーの脚本は凄いね。
あんだけこねくり回して全然破綻してないからな。

152 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 17:40:56.10 ID:amr1Ou070
>>150

その時の各部門候補作、受賞作見てみ。競争率高い年だったんだと思うよ。

http://www.allcinema.net/prog/awardmain.php?num_a=58

162 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 17:49:02.85 ID:7RT0HdtWO
>>150
当時は娯楽作は今より更に下に見られてたからね。
>>152にあるように、この年は特に不作だった。
助演男優なんか候補がいないから、「コクーン」のドン・アメチーがこれといった芝居をしたわけでもないのに、長い間がんばりました的な意味合いで受賞したし。
これならBTTFのドク役のクリストファー・ロイドの方が良かったくらい。

149 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 17:34:51.29 ID:nyXuGXfL0
低俗で良いと思う
ヨーロッパの映画賞なんて正直、苦痛だよ
芸術性高いのも必要なんだろうけど

153 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 17:41:07.04 ID:hRF/eAMF0
>>149
映画なんてもとより見せ物で俗的なものだし
むしろ俗を内包してこその映画だと思うんだけど
娯楽は低俗だからいかん、みたいなのはさ
映画に対して何言ってんの?って思うよ

180 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 17:59:11.50 ID:mK2STwPU0
落合信彦の言うような映画はカンヌやベルリンが持ち場
アカデミーは元々あまりハイブローなのはないだろ
というかアメリカ映画だからなあ

189 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 18:07:58.16 ID:GakqQtmr0
>>180
それすらわかってないんだろうね
ってか映画の知識は素人レベルなんじゃないのこの人

191 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 18:10:02.41 ID:OasV+d3E0
>>189
しかし、ノビーにゴダールやヴェンダースの映画が理解できるとも思えないw

187 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 18:07:20.35 ID:XShwOe/K0
ノビーのマンガ批判読んだことあるな
「絵は海外では字が読めない人のために使う」とか
「それを文化人がマンガを新しい文化などと持ち上げ…」とか
読んだ気がする
うろ覚えだけど

190 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 18:09:01.63 ID:ghm1Z2LM0
>>187
え?欧州じゃバンドデシネは完全にアートの分野なのも知らないのかノビー?

221 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 18:44:13.15 ID:Z+FEZwU20
ノビーはオイルビジネスで大成功を納めて巨万の富を得ていたが、
アメリカで無法松の一生を聞いて感動し、日本への帰国を決意したんだと。

無法松の一生ってどんな曲? 演歌?

225 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 18:48:27.36 ID:mGF5sY1E0
>>221
ウソはウソと見抜けない人は(生きていくのは)難しい。

氏は日本に帰ってきたかっただけ、
アメリカを脱出したいだけだったのかもしれない

でもそこでただ単に帰って来たんじゃあおもしろくない、
なにかしら伝説やら逸話やらを挿入する必要がある、
自分の人生を文芸化する必要がある、
出来れば神格化にまでもっていきたい。

そして 演歌?聞いて故郷思い出した……とかいう話が出来上がった

229 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 18:52:01.27 ID:m98TkQZA0
>>221
>オイルビジネスで大成功

それは凄く怪しい話だぞ。
共同経営者の息子がベトナムで戦死するのだが、ネットでベトナム戦死者
名簿を探してもその息子の名前は出てこないらしいぞ。

ほんとにオイルの仕事をしていたのか?

243 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 19:00:08.61 ID:AR2yAWB40
捏造ジャーナリスト落合信彦

http://www.geocities.co.jp/Bookend/3435/invention.htm

すごいな落合信彦(笑)

246 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 19:03:45.00 ID:O8Jtfsuh0
>>243
パクリねつ造嘘つきと3拍子そろってはいるが
良いことは言うからw

こいつは宗教家でもやっていたら
大成功したよ。

288 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 20:51:15.70 ID:8dlWJSyw0
この人と柘植久慶、あと広瀬隆もそうだけど
週刊プレイボーイって
「独自な切り口を持った若手ライター」を
「世界の暗部に迫る国際的ジャーナリスト」(というホラ吹き)
に生まれ変わらせるのがうまいよね。

298 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 21:07:01.43 ID:b980rX0d0
ノビーはあのルックスで、日本人なんか猿だと思われていた時代に
チビメガネ出っ歯のアジアンブサイクのイメージしかない時代に
単身アメリカへ行き、金髪女をモノにしている

本当に偉大なのは、ここだ

289 :名無しさん@12周年:2012/02/24(金) 20:52:45.45 ID:44uQvbY5O
お前らのノビー知識に感動w
ノビーが大好きなんだなwww
関連記事

  1. 2012/02/25(土) 09:48:22|
  2. 映画ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<七人のおたく | ホーム | マグニートの能力はモニターを越える  他【小ネタ3つ】>>

コメント

アップ杉テケーシーの元祖のような人がいたとは驚いたわw
  1. URL |
  2. 2012/02/25(土) 14:25:39 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

上杉隆のことかww
  1. URL |
  2. 2012/02/25(土) 21:22:52 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2827-3a97eeee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。