2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

時をかける少女

http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1151042539/
5_20120213004123.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2006/06/23(金) 15:02:19 ID:YSeli5LY
【キャスト】
紺野真琴(声:仲里依紗)
間宮千昭(声:石田卓也)
津田功介(声:板倉光隆)
芳山和子(声:原沙知絵)
藤谷果穂(声:谷村美月)
早川友梨(声:垣内彩未)
紺野美雪(声:関戸優希)

【スタッフ】
製作会社:角川書店
制作会社:マッドハウス
監督:細田守
原作:筒井康隆(角川文庫刊)
脚本:奥寺佐渡子
キャラクターデザイン:貞本義行
美術監督:山本二三
音楽:吉田潔
配給:角川映画

幾度となく実写映像化された筒井康隆原作のファンタジーを、細田守監督がアニメ化。高校生の真琴は自転車で遭遇した踏切事故をきっかけに、過去に遡ってやり直せる力“タイムリープ”能力を手に入れ、自身や友人の恋騒動を巡り奔走する。


207 :名無シネマ@上映中:2006/07/08(土) 00:19:58 ID:ciNh85nM
笑いありスリルあり泣きあり萌えあり
テンポ抜群。演出切れ切れ。伏線キッチリ。
細田守の集大成だよー

208 :名無シネマ@上映中:2006/07/08(土) 00:34:47 ID:FdoKR//Z
本日の中野での試写会

まず主題歌歌ってる人の生演奏
「なんだ、この歌?」って思ったけど
映画の中で流れたら
映像とマッチしてて盛り上がった

筒井康隆も登壇
やっぱ話す事が面白い

原作のアイデアを借りただけって感じのストーリーだけど
男2人、女1人の3人の関係が青春してた
親友や、後輩の片想いも混ぜて
夕日とか、自転車2人乗りとか見て、胸がキュンとなった

声はそれぞれのキャラに合ってたと思う
「ブレイブ・ストーリー」の松が神演技だけど
仲里依紗も引けを取らないぐらい良かった
変な感じの俳優が居ないから気にならなかったし

タイトルより、かけるシーンはとても印象的
特にはぁはぁ言って走ってるシーン
ちょっと長いかなと感じたけど、一生懸命さが伝わってきた

今年のアニメ作品の中では一番好きかも
年齢層の高い人にもオススメ
簡単なストーリーで、ダメな所が無いのが良かった

2003836_201111180450135001321542053c_20120213004120.jpg

(・д・)?
これは笑った

284 :名無シネマ@上映中:2006/07/11(火) 00:14:17 ID:XTbXwV6S
コレ、世紀の大傑作というわけではないよ。

アニメーションが良く動いて演出が非凡でテンポが良くて脚本が巧くまとまってて
コミカルなギャグが割と多くてスリリングな緊迫シーンもあって後半は涙腺緩みそうになるだけ。
原作や大林版知らなくても別に全く問題なく楽しめるけど
知ってると思わずニヤリとするようなシーンがあちこちに散りばめられてて
凄く細かな点が伏線になってたりしてて、後で「あーなるほど」と思うくらい。

余り期待すると肩透かしかも。

425 :名無シネマ@上映中:2006/07/15(土) 16:07:47 ID:A4Am45V3
やっぱ演出がうまいよねこの監督は。
例の踏切のシーンとか凄い好き。
小人が鐘を打つタイミングとか飛んでくる靴とか。
ベタな場面でもそう見せない工夫があるよ。

437 :名無シネマ@上映中:2006/07/15(土) 17:50:00 ID:fM0qiRGM

img_98_20120213004140.gif

優等生と不良っぽいのが仲良さげにイチャイチャしてるのが
腐女子的にはたまらんらしいね

440 :名無シネマ@上映中:2006/07/15(土) 18:24:48 ID:51RkdCt0
見たいけど男一人で行っても大丈夫かな・・・・
ちょっとジブリ以外のアニメは入りにくいんだけども

443 :名無シネマ@上映中:2006/07/15(土) 19:03:42 ID:bNz65Tgj
>>440
いけええええええええ

470 :名無シネマ@上映中:2006/07/15(土) 22:07:12 ID:skdnhDLS
天気がよかったので今日いくしかない!ということでいってきました。
面白かった…!最初はさむいラブストーリーかとも思ってたけど、
すごく青春な感じでいいな。
すごく夏!ていう感じがするのもいい。
映画館を出たときの青空が最高で、「完璧!」と思ったよ
友達さそってまた見に行きます

495 :名無シネマ@上映中:2006/07/16(日) 02:12:47 ID:dn73UlB6

41_20120213004121.jpg

タイムリープした回数を数えていた人いる?

496 :名無シネマ@上映中:2006/07/16(日) 02:14:32 ID:woPb6KRX
>>495
10なんじゃない?
チアキの腕にチャージされたとき、残量10になってなかったっけ?

525 :名無シネマ@上映中:2006/07/16(日) 08:09:58 ID:cz0AzgQ+
>>496
最初真琴が気付いた時、80とか90って書いてなかったっけ。
3人で○○に行った時とか何度も使ってたし。

526 :名無シネマ@上映中:2006/07/16(日) 08:26:06 ID:vxuBJkeD
90と書いてあったけど
逆さまに見てたから実際は06

527 :名無シネマ@上映中:2006/07/16(日) 09:29:16 ID:6IIjucxW
和子さんのところにケーキもっていった時に、
本編では書かれていないリープもしゃべってたので、
正確な数は出せないと思う。
たぶん10じゃないだろうなぁ・・。
ざっと数えただけでも26あった。

530 :名無シネマ@上映中:2006/07/16(日) 10:24:08 ID:dn73UlB6
>>527
じゃあ、実際は30回くらいかな?

531 :名無シネマ@上映中:2006/07/16(日) 10:27:14 ID:6IIjucxW
たぶんそんくらいじゃないかね。
結構ばかすか使ってたみたいだしw

532 :名無シネマ@上映中:2006/07/16(日) 10:33:14 ID:dn73UlB6
>>531

14_20120213004122.jpg

カラオケでは何回か使ってたしね
10時間くらい歌ったと本人は言ってたがw

685 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/07/16(日) 23:06:26 ID:AgEMJEmW]
学校が終わって、明るいうちに帰れたんだから相当消費したんだろうね。
4時に終わって6時までの2時間だとすると10時間で5回消費。
使いすぎだろw

699 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/07/16(日) 23:22:56 ID:SAyna4Ou]
野球のときにもごろごろ転がってたけど、あれ全部タイムリープなら、
相当無駄遣いしてるような気が。

700 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/07/16(日) 23:23:58 ID:dn73UlB6]
>>699
その時、私に打てない球は無いって言ってたから
結構使ったとみた

733 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/07/17(月) 00:02:06 ID:rgqp/iH4]
担任が「模試でいい点数取ったからってチョーシのんなよ」って行ってたから
それも含まれそう。

576 :名無シネマ@上映中:2006/07/16(日) 16:14:40 ID:MHXpg7T3
いや、文句なしに面白かったけど
チアキがあの絵にこだわってた理由が分からんかったのが気になるかな

a_kick_ass_home_theater_640_08_20120213004119.jpg

585 :名無シネマ@上映中:2006/07/16(日) 17:16:02 ID:r+QBdY0J
みんな、絵の存在にひっかかってるみたいだね
俺も赤毛が絵にこだわる理由がわからんかった
多分、何かの裏設定はあるんだろうが
劇中に赤毛と絵を繋ぐ伏線が殆んど書かれてないから
唯一、消化不良になっちゃうんだよね

誰か納得いく説明できる人いる?

586 :名無シネマ@上映中:2006/07/16(日) 17:28:02 ID:sdp/pNUh
修復に関わった魔女おばさんの語る絵の背景、
そしてあの絵に惹かれた人物の共通点を考えると、
タイムリープによって時の存在の重みを知った人の心に響く絵、という
位置づけが成されてるんだろうとは思う

「そんなに珍しいものじゃない>タイムリープ」ってのを拡大解釈して
案外、未来人が過去に置き残した絵だったら
ロマンチックだなーとか考えたけどこれは妄想の域だ

588 :名無シネマ@上映中:2006/07/16(日) 17:29:56 ID:P4ch7cUF
>>585
理由は各自が想像すればいい事だと思うが、どんな未来社会の状況から
彼が来たのかとかさ。劇中での彼と絵をつなぐ伏線と言う意味なら序盤から何度も
彼が一人で博物館の絵が外されている展示の前で佇んでいる描写が繰り返されて
いたので別に違和感は感じなかったな。

590 :名無シネマ@上映中:2006/07/16(日) 17:45:44 ID:sdp/pNUh

20071115_20120213004120.jpg

見終わってから気づいた。

「数学の成績はメチャクチャいいのに、基本的な漢字が書けない」

こういう所からも想像できるんだな、やられたよ。

593 :名無シネマ@上映中:2006/07/16(日) 18:47:29 ID:jDf5GeK3
自転車のチェーンのナンバー、
724でなんで「マコト」なのか教えてくれ

596 :名無シネマ@上映中:2006/07/16(日) 18:57:39 ID:fBUZc8lB
>>593
携帯テンキーの文字。
JISキーボードだと724=「やふう」になる。
はっ、ボーダフォンのワケは…

599 :名無シネマ@上映中:2006/07/16(日) 19:08:15 ID:AdD0RHiP
>596
オマエ頭いい!携帯のキー配列だな>724=まこと
時かけにもダビンチコード級の暗号が隠されているとみた
他にもある筈だ、みんな探せ

600 :593:2006/07/16(日) 19:13:34 ID:jDf5GeK3
>>596おまい天才!
しかもマコトの機種がボーダフォンである謎も解けた!

632 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/07/16(日) 21:34:53 ID:IR4mwqN5]
奥華子の歌はいかがなものでした?
そのためだけに行こうかどうしようかと考え中

636 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/07/16(日) 21:40:24 ID:sdp/pNUh]
>>632
もはやあの歌聞くだけで涙腺が壊れるようになりました
TEPCO光のイメージしかなかったアニヲタだが監督の起用は正しかった
主題歌・挿入歌ともに本当によい歌です

637 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/07/16(日) 21:41:09 ID:564smg3t]
>>632
奥華子さんの音楽も含めてBGMは繊細に使われてたよ
見に行けば映画も満足出来ると思うw

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 01:04:41 ID:+V5gsoLA
俺の疑問を

・和子が一夫の明確な記憶&写真持ってるのおかしくね?オリジナルなのか?
・真琴は未来で千昭に会えるのか?2人とも等しく年とるんなら絶対に会えないはず。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 01:10:59 ID:HdCqTyci
>>10
和子の想い出が残ってる設定はオリジナルだと思われ。
舞台挨拶の時、昔の時かけと継続してるかどうか個人個人で考えて下さいと言ってたしね。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 01:11:45 ID:J3hRzFOE
>>10
ほいほーい
未来に関しては
いつか他の誰かを 好きになったとしても
あの絵が後世に残ることが
二人の特別で大切な絆を強く強くしてくれることでしょう

で、和子の記憶に関してはこんな意見が↓

528 名前:名無シネマ@上映中 投稿日:2006/07/16(日) 09:50:50 ID:lIpgnzFt
>>525
> 自分は大林版の印象が強くて、それだと和子は一切覚えてないんだけど
> この映画観たら、「待ってる」和子もありだな…と思った。

いやいや、大林版のラストは色々と解釈が可能で、深町との別れ際に
「さよなら・・・・・・忘れない・・・・・・さよなら・・・」と強く願った和子だけは
深町との思い出を忘れなかった、との見方も出来るんだ。実際エピローグの
11年後で大学に残った和子は、未来の薬学博士で83年に植物を採集に来た
深町に倣うかのように薬学の勉強をしている。ただし、別れる際に深町が
語ったように「全く別の人間として」再び現れた為に、ラスト大学の廊下で
深町と再会した和子には、彼を深町と認識する事はできない。
(まあ、映像上は本編もエピローグも同じ高柳良一が演じてるので分かり難いけど)

この解釈に則って見れば、本編後の職業こそ違えど大林版と細田版の和子は
実は通底している、とも言える。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 01:12:41 ID:uKXUpbol
>>10
監督曰く全て明確な記憶を持って答えているかはわからない。
女性特有の直感にも似たもので把握しているのかもとのこと。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 01:26:21 ID:1Mi0us8U
>>10
会えない、とは言い切れないんじゃないかな。
千昭の生きる時間と、真琴の生きる時間がいくらかでもダブっていれば。

「あの時間以降の絵の所在が分からない」ってことは
けっこう差し迫った時期にあの絵なり建物なりが
焼失?する危機が訪れるのかもしれないし、
その危機が千昭の語る「終末後の未来」の原因であったりするなら
かなりの年の差が出てもいいなら千昭と真琴が
出会える可能性は残ってると思うんだ。

時間を操る技術力はそう短期に解決できるものではなさそうだけど
そのへんはなんとでも・・・

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 06:31:29 ID:SkQrcYgN
最後の二人のセリフ、
「未来で待ってる」「うん、行く。走っていく。」
って、大林版のラストの「すれ違う二人」の別エンドに見えた。
つまり、二人が再び会えたっていう。
細田監督って、原田知世版の時かけに思い入れがあるようだから、
なんか横に並べて見るなら、原作よりも大林版ってカンジがする。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 01:56:40 ID:xBAH4O+7

affiches films yeux

一番感情移入したのが高瀬君でした…(´・ω・`)

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 01:57:53 ID:LXsgn17A
消火器だもんな

880 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/07/17(月) 16:21:12 ID:wdSyALp4]
友梨が消火器ぶつけられたシーンはタイムリープでなんとかしろよと思った
その前のいじめられてたシーンでも思ったんだけど、
試験なんかは対策立ててるのに、調理は身代わりかよ・・・

882 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/07/17(月) 16:25:24 ID:xptrbYtR]
>>880
タイムリープしようとしてたけど、結果的に千昭とゆりの距離が近づくイベントになったかんじだから、
飛ばなくていいやみたいな微妙な表情してたシーンがなかった?確か。

885 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/07/17(月) 16:48:57 ID:Uq8V3gz2]
>>882
台詞あったよ「傷が残ったらどうしよう……」「あたしが何とかするから!」
>>880
まぁ、天麩羅のトコは、自分で気をつければいいだけなのに、ちょっと
ずるいな。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 04:16:55 ID:Ljdqlzyb

2401540_20120213004550.jpg

不自然にパンツ見えなくするので萎えた
パンチラはもっと自然に見せるべきだ

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 05:19:15 ID:gGessCgf
パンチラは自然に見えるものだという発想がおかしい。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 05:24:06 ID:Ljdqlzyb
だって現実では女子のスカート翻ったらパンツ見えまくるじゃん
なのにあんなに翻ってるのに見えないなんて
猫の恩返し以来のショックだった

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 06:17:12 ID:HGkYgv+y
パンツ観たいなら
なんか別のもの観てろってこった

907 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/07/17(月) 17:47:54 ID:7/rwL6ql]
ネタバレ?
千昭のいる「未来」って、あんまり居心地良くなさそうだな…。
(そこら辺りは原作を踏襲してる?)
野球がないって言ってたし(できないのか?)。千昭の目的だった
魔女おばさんが修復していた絵のエピソードもちょっと暗い感じだったし。
(世界的な戦争と飢餓があった時代のものらしい)
真琴があまりにもおバカ&前向きなので、爽やかな作品になってるけど。

909 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/07/17(月) 17:53:59 ID:JIu6oAak]
>>907
たしかに。未来は悲惨っぽいね。
ってか、ということは、千昭から「未来で待ってる」と言われても微妙だな。

911 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/07/17(月) 17:56:53 ID:gBFHHrbJ]
>>909
あれって、マコト自身を待ってる、ってわけじゃないんじゃないの?
待ってるのは「絵」だろ
チアキのいる時代にあの絵が現存してる=現代でマコトがずっとチアキの事を覚えてて、
愛だか友情だかの証にずっとその絵を守り続けた、ってことの証明になるわけだし

時間が等速で流れてるなら、何年まってもあのマコトとチアキは出会えないっしょ

877 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/07/17(月) 15:42:53 ID:KHar/j5J]
細田守は「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」でもタイムレースを見事に演出したが、
本作でも激しく行き来する時間軸を鮮やかに操っている。
映画を観ている間のハラハラ感、観終えた後の爽快感は、優れた娯楽作品の証明だろう。

幾度も巻き戻される時間と少しずつ改変されていく出来事。
なんでも思いのままだと思っていた魔法の力が、やがて気づかせる真実。
一見いつもと変わらなく見える日常という物語は、
誰かの小さな勇気と行動の絶え間ない連鎖によって紡がれている。
もしかしたら存在しなかったかもしれない、かけがえのない時間を生きている自分。
今この瞬間も、次の瞬間も。想いを告げた人も、告げられなかった人も。
時間跳躍能力がなくたって、誰もがその一歩を踏み出す瞬間に時をかけているのだ。
そんな勇気を映画の外に持ち帰って欲しい。

この映画は少年少女たちのいろんな恋を描いているが、
やはりラブストーリーよりはまっとうなジュブナイルSFと言う方がふさわしい。
それは素晴らしいことだと思う。
小学校高学年~高校生くらいの皆さんにオススメしたい夏休み映画。 アニメファンにはオススメするまでもなく。
惜しむらくは上映館の少なさですが、見逃すには惜しい作品です。
アニメファンから熱い注目を集める細田守監督の代表作がついにあらわれました

878 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/07/17(月) 15:44:21 ID:VZx9ea34]
↑全米が泣いた

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 00:48:33 ID:KgxgJlze
「時をかける少女」 わかりやすいあらすじ

Black_20120213004335.gif

4 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2010/11/03(水) 16:11:41 ID:XbyeuJj8
Q:これって原作小説or実写映画と同じ話なの?
A:違います。原作の映画化ではなく、その約20年後を舞台にした続編です。
  原作者の筒井康隆氏は「本当の意味での二代目」「正統な続編」と評価しています。

Q:芳山和子ってあの芳山和子?
A:どちらとも断言できません。劇場パンフレット等から考える限り、同一人物とも別人とも言い切れない繋がりのようです。

Q:○ヴァ?
A:お察しの通り、キャラクターデザインは貞本義行氏が担当しています。

Q:声優下手じゃね?ホントに声優?
A:役者を本職とする方が声優をしています。アニメらしくない声が良いという評価もあるのであしからず。

Q:主題歌歌ってるの誰?
A:シンガーソングライターの奥華子さんです。主題歌、挿入歌ともに本作品のための書き下ろしです。

Q:今時の女子高校生が男子2人とキャッチボールとか有りえなくね?
A:人それぞれです。

Q:千昭が見たかった絵って?
A:「白梅ニ椿菊図」という架空の作品です。魔女おばさんこと芳山和子が美術館で修復の作業をしています。
  この絵が描かれた背景を含め、当初千昭はこの絵を見る目的で現代へやってきました。

Q:タイムリープって何?
A:時間と場所を自由に行き来する能力の事です。
  加えて、たとえ過去に戻ってたとしても、一度チャージしたクルミからはチャージ能力は失われてしまうようです。

Q:なんで真琴は残数が0になったのを覚えてるの?どうして時間が止まるの?
A:「千昭の能力は特別」「真琴が使いこなせていないだけ」等々諸説ありますが、厳密に言えば謎です。
  未来の超能力なので、現代に生きる我々の理解を超えているようです。

Q:タイムリープ矛盾大杉
A:残念ながら仕様です。SFとして見るのはあまりオススメできません。

Q:各所で絶賛されてるけど言うほどじゃねーよ
A:本スレでは概ね佳作、良作という意見でまとまっています。
  ぜひ先入観を捨てて楽しんでください。

Q:ちゃんと○○って来たのかよ、の場面の中国語字幕は?
A:没有洗瞼刷牙便上學馬?(最後の馬は、口偏に馬)

Q:Time waits for no one.
A:↑( ゚Д゚)ハァ?


関連記事

  1. 2012/02/21(火) 20:29:28|
  2. た行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<映画オタクってどこから名乗れるの? | ホーム | 【画像】海外の映画ファン「こいつらポスターでいつも同じじゃね?」>>

コメント

Q:Time waits for no one.
A:↑( ゚Д゚)ハァ?

わろた
  1. URL |
  2. 2012/02/22(水) 00:10:49 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2786-154b1c87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。