2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

ノーカントリー

http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1200680831/
5_20120211151623.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2008/08/26(火) 16:29:00 ID:tyLbW9yb
第80回アカデミー賞 作品賞、監督賞、助演男優賞、脚色賞受賞作品

◆スタッフ
監督・脚本・製作:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
製作:スコット・ルーディン
原作:コーマック・マッカーシー
撮影:ロジャー・ディーキンス
音楽:カーター・バーウェル

◆キャスト
トミー・リー・ジョーンズ
ハビエル・バルデム
ジョシュ・ブローリン
ウッディ・ハレルソン
ケリー・マクドナルド
ギャレット・ディラハント
テス・ハーパー

◆ストーリー
200万ドルを奪った男、彼を追う最凶の殺し屋、事件の謎に迫る保安官──息づまる戦いの果てに、男たちの運命は予測もしない結末を迎える!
荒野で狩りをしていたベトナム帰還兵のモスは、偶然ギャングたちの死体と麻薬絡みの大金200万ドルを発見。
その金を奪ったモスは逃走するが、ギャングに雇われた殺し屋シガーは、邪魔者を次々と殺しながら執拗に彼の行方を追う。
事件の発覚後、保安官のベルは二人の行方を探るが、彼らの運命は予測もしない衝撃の結末を迎える…。

公開年:2007年


9 名前:名無シネマ@上映中 [2008/01/29(火) 01:21:12 ID:6iMt6euz]
見たけどよく意味がわからなかった
解説求む

24 :名無シネマ@上映中 :2008/02/13(水) 23:57:23 ID:tm9WWv6X
以下、【ネタバレ】含む私見。原作未読なので訂正・補完出来る人はよろしく。


題名と冒頭の保安官のモノローグがほとんど全て。
「旧き善き時代は終わり、老人には生きにくい国(世の中)になった」
という感じ。舞台は80年「代」じゃなくてずばり1980年。
ベトナム戦争が一般的には「過去」として認識され始め、
ポップな新時代に人々は希望を持ち、その浮かれ具合に
ついていけない人にはますます生きにくくなっていた。

異常犯罪はいつの時代にもあったが、冒頭のナレーションの
件の様にどんどん一般的になっていた。保安官はシュガールを
追い最後にモーテルに踏み込んだ時に初めて自分の「死」を
肌で感じ、まだ続けるつもりだった仕事を辞める事にした。

その自分のルールでのみ動く怪物たるシュガールでさえ、
「時代」の波には抗えない事を暗示するかのように予想外の
事故に遭い、いずこかへ消えて行った。


時代は違えど「アメリカと時代」が主題なところで
イージー・ライダーに非常に近い感想を持った。

26 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/14(木) 02:24:29 ID:Lxix1FaF]
>>24
とても的を得た解説ですね。
サンクス!

361 :名無シネマ@上映中 :2008/03/02(日) 19:44:00 ID:AkTVEmkh
自己レスの補足だが>>24 、ベルは死ぬのが怖かったわけではない
冒頭のナレーションで「職務上、死ぬのは怖くない。
ただ、理解出来ないものに遭うのは…」みたいな事を言ってる

あの現場に踏み込んだ時に感じた理解出来ない犯人像(シガー)
による理不尽な自分の『死』、その後話したエル・パソの警官と
叔父エリスとの『時代の流れ』の会話で自分の限界を感じ、
「老兵は死なず」に倣い一線を退くことにした


最後よくわかんなかったって人は題名、冒頭ナレーション、
ベルとエル・パソの警官との会話、ベルと叔父エリスとの
会話を思い起こすといいよ

339 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/01(土) 22:04:18 ID:GmqQ+3RK]

14_20120211151623.jpg

猫屋敷の爺さんエリスってベルとどういう関係?叔父?
最初は父親かと思ったが最後の夢の話でベルの父親はとうに他界
してるとわかるし…家族ぐるみで付き合ってるベルの祖父の部下とか?

340 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/01(土) 22:23:11 ID:j7QNpNls]
ベルの嫁さんの兄貴

355 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/02(日) 15:28:18 ID:AkTVEmkh]
>>340
ありがとう、納得いった
「お前の祖父さんに無理矢理警官にならされたわけじゃない」って、
あの二人(嫁さん含め三人)は幼なじみみたいなもんなんだろうな

357 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/02(日) 17:55:04 ID:7cMTgwT5]
>>355
すまん、あれはベルの母親の兄、つまり叔父だった。

360 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/02(日) 19:37:45 ID:AkTVEmkh]
>>357
なんだ、やっぱり叔父か
昔ながらの家族ぐるみだったのは上の世代だったのね

38 :名無シネマ@上映中 :2008/02/15(金) 20:19:45 ID:WGu/9A4F
ドアノブの鍵をスポーン!って吹っ飛ばすのが面白かった
それだけ

40 :名無シネマ@上映中 :2008/02/16(土) 20:17:01 ID:EnHmW/W4
>>38
実際はシリンダー部だけ吹っ飛ばしてもロックは開かないがな
コーエン兄弟もそれを自覚しつつも視覚的に面白いから採用したとか

41 :名無シネマ@上映中:2008/02/17(日) 17:15:10 ID:p51mtjZk

beyonce2_20120211151644.gif

それより圧搾空気ボンベで人の体貫通するほどの衝撃出せるの?

43 :名無シネマ@上映中 :2008/02/17(日) 19:20:49 ID:BWYtKUlp
家畜の脳に直接圧縮空気を送り込んで破壊して即死させるための道具だから貫通まではしないだろうね、
オープニング直後の老人を殺して車を奪うシーンで貫通したっぽい描写(後頭部から血が吹き出る)があるけど、
映像的にインパクトがあるからそうしただけなんじゃないかな。

54 :名無シネマ@上映中 :2008/02/18(月) 22:36:08 ID:I5q73C5m
これからドンデン返しがくるんだろうなあくるんだろうなあと
思って見てたら、暗転して終わった…。

ジェシー・ジェームズの暗殺みたいにクレジットが終わったあとに
またワンシーン挿入されてるかもと思って最後まで待ってみたけど
そのまま普通にクレジット出終わったら試写室の電気がついて
追い出された。
わけわかんなかったから本屋に寄ってペーパーバック版を
買って来た。

77 :名無シネマ@上映中:2008/02/20(水) 04:29:27 ID:5DXwR4vY
バカな主人公に肝心なところを意地悪く見せない演出
観客に親切ではないよな この映画
確かに妙な後味の残る奇妙な作品ではあるが
しかし、これがアカデミー賞本命かぁ
時代は変わるなぁw

92 :名無シネマ@上映中 :2008/02/21(木) 10:35:38 ID:vTkKvslu
この映画は普通の人には難しい映画なのかな

95 :名無シネマ@上映中:2008/02/21(木) 12:05:31 ID:7iXCNrmL
>>92
そんなことは無いよ。
この作品の場合、監督は原作に忠実に映画化しただけだし、
原作自体が各キャラクターの心理描写を極力廃して読み手の想像に任せる内容になっている。
なので一から十まで劇中で説明されないと分からない、
又はカリカチュアされた単純なキャラによる物語に慣れ親しんでいる人、
具体的に言えば想像力に欠ける子供には少々辛い作りなのかもしれない。

だが普通の人、人並みの想像力を持ち合わせた大人なら充分楽しめる筈だと思うよ。

55 :名無シネマ@上映中 :2008/02/18(月) 23:23:03 ID:5X/VxKHe
後半、あんなに色んな描写を省略する必要があったんだろうか?

ネタバレになるけれど

主人公が殺されるシーンが省略
(たぶん撃ち合いがあったんだろう)
死体も見せない
(なんとなく想像させるだけ)
主人公の妻が生きてるのか殺されたのか不明
あと何人か殺されたのかどうか不明なのがいるな

これらは原作ではどうだったの?

56 :名無シネマ@上映中 :2008/02/19(火) 02:26:58 ID:wa4XwA8G

41_20120211151622.jpg

ヒゲの死体は映ってたよね?
どうみてもオカッパのが上手だから殺すシーンはショートカットでも気にならなかった。
嫁はオカッパが家でるとき靴の裏を気にしてたから殺されてるとオモ

57 :名無シネマ@上映中 :2008/02/19(火) 02:46:01 ID:8y7rQMkP
ヒゲとオカッパに笑ったw
でもヒゲ殺したのはオカッパじゃなくてギャングの連中だよ

98 :名無シネマ@上映中 :2008/02/21(木) 15:12:00 ID:7o1KxzTM

a_kick_ass_home_theater_640_08_20120211151645.jpg

原作では奥さんに関してははっきりと「そしてカーラ・ジーンを射殺した。」って書いてあるよ、
ただ本当にそれ一行だけで、どんな風に射殺したとか奥さんの最期とかの具体的な描写はない、
旦那の殺されるシーンも映画とほぼ同じで保安官が着いた時には死んでる、
ただその後の目撃者の証言とかで何が起きてどんな風に殺されたか読者には分かるようになってる、
そこらへん映画は不親切な造りだね。

99 :名無シネマ@上映中 :2008/02/21(木) 15:14:15 ID:hJOBRGhk
>>95
原作は読んでないけど他は超同意
作品を気に入る気に入らないは人の自由だが、
行間を読むこともできない自分の理解力の乏しさを
棚に上げて演出がダメだの常識的に考えておかしい
だのを堂々と主張してる人を見ると悲しくなる

100 :名無シネマ@上映中:2008/02/21(木) 17:33:51 ID:6P1+V0KI
観客に不親切な映画であることは確か それに不満をもって何が悪いのか

117 :名無シネマ@上映中 :2008/02/22(金) 03:30:53 ID:qnDS3jHf
俺としては、オカッパ、保安官、ヒゲの三人が
フェイスオフする場面を期待するワケよ
この3人は一度も顔を合わせないんだよな
てゆーかこの3人のうち、顔を合わせるのって
オカッパとヒゲだけなんだよ。

期待した展開と全く違うからって批判するなんて
バカげてると言われそうだけれどさぁ

120 :名無シネマ@上映中 :2008/02/22(金) 05:58:58 ID:qnDS3jHf

51_20120211151621.jpg

保安官出てきてブツブツ文句たれてるだけじゃんw

121 :名無シネマ@上映中 :2008/02/22(金) 06:03:29 ID:qnDS3jHf
保安官出てきてブツブツ文句たれているだけ 最初から最後まで何もせず
オカッパ 最初から最後までキチガイ 殺しまくり 最後に事故にあう
ヒゲ 頭悪いのか戦い好きなのか メキシコギャングとの撃ち合い見たかった
ヒゲの妻 たぶん殺されているんだろうけれど、はっきりとは分からない
ナチュラル・ボーン・キラー 何もせずにオカッパによってあぼーん

うーん 

400 名前:名無シネマ@上映中 [2008/03/06(木) 14:24:43 ID:q3kXU5v2]
トミーリージョーンズがもっともらしい話してるだけで、内容は13日の金曜日か。
底の浅い映画ですねw

401 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/06(木) 14:42:11 ID:vQkgnbIh]
>>400
お前みたいな底の深いやつはスイニートットとか海賊でも見てなさいよ。

123 :名無シネマ@上映中 :2008/02/22(金) 10:08:27 ID:nlMXY6py
信条や行動の善悪にかかわらず、結局誰も思い通りにはいかなかった。
だが、それこそがこの作品の秀でたところなんだけどな…

お望みの勧善懲悪モノなら腐るほど置いてるからツタヤ行って来いよ。

207 :名無シネマ@上映中:2008/02/25(月) 11:24:47 ID:hrwBgbu0
助演男優賞おめ。
何か昔のジョージ・クルーニーみたいな人だね。

209 :名無シネマ@上映中:2008/02/25(月) 11:50:28 ID:EPLLLpC2
脚色賞受賞

211 :名無シネマ@上映中 :2008/02/25(月) 13:47:59 ID:XMEpF6dA
監督賞おめ!

212 :名無シネマ@上映中:2008/02/25(月) 13:49:27 ID:XMEpF6dA

77_20120211151620.jpg

作品賞おめでとう!!!

213 :名無シネマ@上映中 :2008/02/25(月) 13:55:48 ID:8s92n7My
受賞スピーチも淡々としてる兄弟かこいい

299 :名無シネマ@上映中:2008/02/27(水) 23:09:29 ID:0FA3Mrc5
中盤辺りで日村と親父がカウンター越しになんか会話してたけどいつ親父が撃たれるかハラハラしてた
あの会話はどんな意味があったの? 裏が出てたら親父は殺されてたの?

300 :名無シネマ@上映中:2008/02/27(水) 23:30:54 ID:qAMyImXN
そう

301 :名無シネマ@上映中 :2008/02/28(木) 01:49:48 ID:j+HJ5+lr
シガーにからまれても運がよければ助かる。

313 :名無シネマ@上映中 :2008/02/28(木) 19:43:53 ID:pByecw4i
>>299
シガー = 日村 (WWW

2401540_20120211151619.jpg

559 :名無シネマ@上映中:2008/03/15(土) 22:06:29 ID:1KEu9zjR
オカッパ横分け圧縮兄さん

379 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/03(月) 21:53:48 ID:UekcZSpp]
バルデムは元々オメメパッチリ系の顔だからあの髪型だとキモイ

315 :名無シネマ@上映中 :2008/02/28(木) 22:20:57 ID:VwTWYnET
ラストにかけての流れが理解できなかったんだけどorz

ヒゲがメキシコに嫁を呼ぶ
嫁は母親との道中メキシコ人に行き先をばらしちゃう
メキシコ人先回り、ヒゲ殺害?

ここですでに置いてかれた。ヒゲを殺したのはメキシコ人であってる?

で、金の入ったバッグはモーテルに隠してあったの?ヒゲが?

ヒゲ死後におかっぱ到着で、おかっぱが金を後から取ったの?
メヒコはお金なしでヒゲ殺しただけで逃走?なんで?メヒコはおかっぱに出くわしたってこと?

そしてトミー・リー・ジョーンズとおかっぱはニアミスであってる?
それとも上に出てたみたいにあれは単なる妄想?

いやほんとに我ながら頭悪くて泣けてくるんだけど、マジで理解できませんでした。
教えてエロイ人。

317 :名無シネマ@上映中 :2008/02/28(木) 23:16:03 ID:HpInswyR
>>315
ほとんど合ってるよ。
行き先バラしちゃったのはモス嫁の母親ね。

モスはメキシカンギャングと撃ち合って敵一人を道連れに死に、
流れ弾でモスにビールを飲まない?と誘惑してたおばさんも死んだ。
白昼こんだけ派手にやればすぐ警察来るからギャングは逃げた。
ちょうどギャングが逃げるタイミングでベルが警察車両で現場到着。
結局モスを救えなかったベル呆然。

暗くなってからシガーがモスが通気孔に隠した金を回収。
入れ違いで警察官の勘が働いたベルが現場再訪、直接会っては
いないがシガーの「気配」で自分の死を実感し、引退を決意。

354 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/02(日) 10:46:45 ID:qCEk7nHD]
おかっぱが金持って行ったなら、なんでおかっぱは髭嫁を殺しに戻ってきたの?

355 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/02(日) 15:28:18 ID:AkTVEmkh]
>>354
「モスに殺すって約束したから」ってセリフで説明してる
シガーとしてはちゃんと約束は守らなきゃ、って考えなんだよ
端から見れば狂ってるけど、それが本人の絶対の『ルール』
実際殺す必要はないから、そこを突っ込まれると「これが出来る
最大限の譲歩だ」ってコイントスに生殺与奪を委ねようとした

359 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/02(日) 19:28:00 ID:qCEk7nHD]
おかっぱはあの最後の車の中に金置いてるのかな?
だとすると、その車置いて逃げる事になってるでしょ?
警察もきてたし、そうするってーと、また空気銃と金が警察に
わたってしまうのでは?

360 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/02(日) 19:37:45 ID:AkTVEmkh]
>>359
モス嫁の母はモスが死んでからすぐに死んだわけでもないだろうから
シガーが見つけるまでに少し時間経過があったと考えるのが自然
金は組織に返却済みでしょ

376 名前:名無シネマ@上映中 [2008/03/03(月) 18:44:04 ID:Gd4PDpyr]
すみません
あのオフィスでふんぞり返ってて会計士の前でオカッパに殺されたのって
マフィアのボスですよね? 自分の雇い主(お金渡す人)まで殺したの?

20071115_20120211151646.jpg

377 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/03(月) 20:43:19 ID:zwVmpjjZ]
>>376
そう
シガーは「仕事は最も優れた一人(つまり自分)がやればいい」、
「引き受けた仕事は完遂する、邪魔する奴は誰であろうと殺す」
って考えだから取引失敗現場で『仲間』を二人殺し、同じ理由で
会計士から居場所を聞き出したであろうウェルスも殺した

雇い主を殺したのは雇い主がメキシカン・ギャングにも探知器を
渡して金を追わせていたのが最初のモーテル襲撃でわかったから

378 名前:名無シネマ@上映中 [2008/03/03(月) 21:06:21 ID:Gd4PDpyr]
ありがとう>>377
だとするとモスから取り返した大金はオカッパネコババ?(本人的に不本意ながら)

379 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/03(月) 21:53:48 ID:UekcZSpp]
必要経費

380 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/04(火) 01:03:40 ID:Uu7Gnmw0]
原作読んだけどシガーは組織の為に勝手に金を取り戻そうとしてるぽいね、
で、そのシガーの暴走を恐れた組織はオフィスにふんぞり返ってる男に依頼してウェルズを雇わせたと、
だからオフィスの男とシガーに直接的な関わりはないと思う、
まぁ結局のところシガーの暴走は止められなかったんだけど、
金はきっちり取り戻して必要経費抜いた全額を組織の大ボスに返したってのが原作のあらすじ。

381 :名無シネマ@上映中 :2008/03/04(火) 05:18:05 ID:Cg7dmotn
テーマは分かるんだけど、2008年の日本に生きてると
この映画で描かれる1980年のアメリカより今の日本のほうが余程空虚。
そういう意味で、イマイチ心に響かない面もあった。

382 :名無シネマ@上映中 :2008/03/04(火) 18:19:19 ID:79+Ht41m
そんなこと言ってると、オカッパが表れてコイントスされるぞ!
で、ズドーン

383 :名無シネマ@上映中 :2008/03/04(火) 18:58:25 ID:Jhtjxeq1
>>381
それこそがテーマだと思うんだが
題名はおもいっきり意訳すると「ひどい世の中になった」だよ


作中の1980年で既に旧き善き時代は失われた、と表現されているが
それを30年近く経った現代と比べてどうか?って顧みると:

異常犯罪でも親が子を殺し、子が親を殺す事件がどんどん
日常化してきてそれほど驚く事でもなくなってきた
いじめはいつの時代もあったがより陰湿になり、ネットでも
10年前はNGワードだった「死ね」って言葉が簡単に使われてる
映画を理解出来なくて馬鹿にされたのを根に持ち、スレに粘着して荒らす輩もいる

ひどい世の中になったとは思わんかね?

391 :名無シネマ@上映中 :2008/03/05(水) 10:00:24 ID:Du4YTNX8
何気にシガーくんコイントスで負けまくり。

409 :名無シネマ@上映中 :2008/03/07(金) 11:28:24 ID:qtLLWm8y
物語としての殺し屋は、神が振る無数のサイコロの隠喩だろう
コインは死か生存の出目しかない、これは逃れられない死を象徴しているだけで
日々生きている我々の日常にもありふれて存在するが、死を選択する確立は
毎日分岐しそのどちらかを選ぶ際のそのどこかに待ち受けている
聖書だって、過去に起こった事実を書きとめたってより、経験上の可能性を
物語の形として暗示したような物だろう これも、そんな風な映画なんじゃね?

それを映像化するコーエンの頭の中の物語であって、リアリティとかギミックの
正当性とかって、リンチ映画の変な演出と同じで無条件で受け入れるんじゃなきゃ
それを否定的な方向で考えるだけ無駄だと思うが つってまだ見てはいないのだが

410 :名無シネマ@上映中 :2008/03/07(金) 11:37:45 ID:MPpjJaXr
見てねーのかよ!

439 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/08(土) 13:43:31 ID:2FKKfjR+]
>>409
最後まで読んで吹いたwww
上手いな。

866 名前:名無シネマ@上映中 [2008/03/17(月) 22:36:55 ID:ZWD78O8k]
質問

鞄の中に発信器があったじゃないですか
で、途中モーテルで気付いて捨てるでしょ
なのに病院のベッドに助けてやんよと声をかけて来た男は
「もう発信器捨てたから安心」
「わかっちゃないな、発信器がなくてもバレてんだよ」
みたいなやり取りがあったけど、あれって何でわかるの?
まさか勘ってことはないだろうし。

867 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/17(月) 22:38:57 ID:7i1A2Y+p]
>>866
そりゃああれじゃないの
蛇の道は蛇って奴で、暴力団が地の果てまで借金取りに行くようなもん

868 名前:名無シネマ@上映中 [2008/03/17(月) 22:42:53 ID:OKZ2fTjx]
>>866
カーソン自信の能力や、組織の情報網に対する自信の裏打ちかもしれないけど、
「これ以上逃げようとしてもムダだ」というカマかけも含んでるんじゃないかな。

743 :名無シネマ@上映中:2008/03/17(月) 00:07:27 ID:1WcrGsR2
細かい辻褄は事はともかく、久しぶりに傑作を見たってかんじ。
緊張感溢れる画面の連続で、ぞくぞくしました。
メキシコがらみのせいか、ペキンパーの映画(ガルシア)を思い出したり。
全体的には「ファーゴ」に似てるかな、やっぱり。
「ファーゴ」の方が女性警官のキャラクターに救いがあったけど。
ラスト、バックミラーに写る少年の姿に目が行って、車に激突されるくだり、
シガーの脳裏にはイノセントだった昔がよぎったのだろうか?
「俺の人生はコインで決めてきた」(うろ覚え)という彼のセリフには、
きっと彼の人生が隠れているのだろう。

754 :名無シネマ@上映中:2008/03/17(月) 00:47:02 ID:OKZ2fTjx
これは原作からしてそうだし、誰かも書いていたけど、寓話なんだよね。
お年寄りが話す昔話と同じ。
見終わって、胸中に浮かんだ教訓めいたことは、各々の考えのままでいいと思うんだ。
どの解釈が正しくて、どの理解が間違ってるというようなことは無いんじゃないかな。


関連記事

  1. 2012/04/17(火) 20:15:44|
  2. な行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北野武監督『アウトレイジ』続編に西田敏行、桐谷健太、新井浩文の出演が決定 | ホーム | エマ・ワトソン、ブラ出し&腰タトゥーでイメチェン!?(画像あり)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2781-770550be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。