2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴーストライター

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1314623042/
5_20120211142803.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2011/08/29(月) 22:04:02.27 ID:m2r5LebJ
元英国首相アダム・ラングの自伝執筆を依頼されたゴーストライターが、ラングの滞在する孤島を訪問。
取材をしながら原稿を書き進めていくが、次第にラングの過去に違和感を抱き始める。さらには前任者の不可解な死のナゾに行き当たり、独自に調査を進めていくが、やがて国家を揺るがす恐ろしい秘密に触れてしまう。
「チャイナタウン」「戦場のピアニスト」のロマン・ポランスキー監督が描く本格サスペンスで、第60回ベルリン国際映画祭銀熊賞(最優秀監督賞)を受賞。ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナンらが共演。


キャスト: ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、オリビア・ウィリアムズ、トム・ウィルキンソン、ティモシー・ハットン、ジョン・バーンサル、デビッド・リントール、ロバート・パフ、イーライ・ウォラック

監督: ロマン・ポランスキー
原作: ロバート・ハリス
脚本: ロバート・ハリス、ロマン・ポランスキー
撮影: パベル・エデルマン
編集: エルベ・ド・ルーズ
美術: アルブレヒト・コンラート
音楽: アレクサンドル・デプラ

http://ghost-writer.jp/


14 :名無シネマ@上映中:2011/08/30(火) 23:12:45.65 ID:xfvVJOTT
ゴーストライター鑑賞。
いやー、今時珍しいクラシカル(古典的)スリラーだね。

でもなんか主人公ベラベラ知った秘密らしきもの喋りすぎ。
もうちょっと慎重になろうよ。

22 :名無シネマ@上映中:2011/08/31(水) 20:51:04.48 ID:qKgxgntO
きょうみてきた。ヒューマントラストシネマ渋谷はサービスデーで
1時半の回は満席だったようだ。陰謀論みたいなのは好きだし演出はさすが
なんでよかった。奥さん役の女優のタダモノでない感じもいい。
2ちゃんやる縦読み知ってるなんであの展開はちょっと予想ついちゃったな。

25 :名無シネマ@上映中:2011/08/31(水) 22:49:19.20 ID:ysz46RpK
今日みてきたがちょっと期待し過ぎたかな・・・。
つまらなくはない。
音楽いいね。
話長すぎ。
もっと短くできるでしょ。
イギリスの首相ってたとえ所属していなくても、アメリカ様の
いいなりで代々CIAの工作員みたいなもんでしょwww
でも実際、工作員だったら大問題だと思うけど
でもやってることは同じようなことでしょ。
オチはたいして衝撃受けなかったなあ。
イギリスではなくて他の国に設定したほうがまだ良かったような気がする。

47 :名無シネマ@上映中:2011/09/03(土) 09:36:56.24 ID:RXQhDMEr
「ブレアがアメリカのポチだった」で話題になるイギリスって良いよな
「小泉がアメリカのポチだった」じゃ何の衝撃もない
日本であまり絶賛の感想が聞かれないのはその部分だろうさ

17 :名無シネマ@上映中:2011/08/31(水) 02:19:20.95 ID:idd/yoy6

2003836_201111180450135001321542053c_20120211142759.jpg2401540_20120211142842.jpg

グーグル検索で黒幕探しだなんて、ありなさすぐるプロット。

27 :名無シネマ@上映中:2011/09/01(木) 16:38:17.75 ID:I45ymxSQ
全体としては良かったんだけどさ、Googleは無いよね。

126 :名無シネマ@上映中:2011/09/11(日) 12:22:12.26 ID:3OVJ8yt+
グーグルで大学教授がCIAの関係者だと分かる手軽さw

30 :名無シネマ@上映中:2011/09/01(木) 23:24:56.66 ID:BQOfjCQV
ユアン目当てで今日観てきたけど、これ色々な意味でCIAスゲーって感想しか起こらなかった。
話は悪くはないと思うけど、とにかく尺が長いし淡々と進むので正直後半はかなり鑑賞が苦痛だった。
ゴースト2人が殺された理由は分かったけど、アダムまで暗殺されたのは何故?

31 :名無シネマ@上映中:2011/09/02(金) 00:01:29.11 ID:ov2qtIZB
アダムは自伝で真相をバラそうとしたからだろう。
飛行機で後で話そうと言ってたのも真相をゴーストにはなすつもりだったんだろう。

34 :名無シネマ@上映中:2011/09/02(金) 09:42:10.20 ID:ci6Y0RMX
>>31
えっ?そうなの??
アダムは、今までも自分で考え行動してきた!CIA(この場合は奥さんだけど)に操られていた訳じゃない!って必死に反論してなかった?
だから、本人による真相告白っていう体には全然見えなかったけど。

狙撃した人も米国軍人みたいだったし、調査の手がのびてCIA関与が明るみに出るのを防ぐ為に、米国側に口封じで殺されたのかと思った。

35 :名無シネマ@上映中:2011/09/02(金) 11:41:22.70 ID:+s0wnv8H
狙撃したのは子どもが戦死したのを抗議してた元英国軍人だろ。

個人的恨みなのか陰謀なのかは曖昧だったが。

36 :名無シネマ@上映中:2011/09/02(金) 13:01:07.26 ID:ci6Y0RMX
>>35 凄い。

20071115_20120211142841.jpg

あの一瞬の横顔のみで、よくそこまで分かったね。
これでスッキリした。
ありがとう。

37 :名無シネマ@上映中:2011/09/02(金) 14:19:17.71 ID:6gDe3nXU
>>36
抗議活動でテレビに映っていたとき「30年間軍にいた」というセリフあり。
射殺された後に主人公が警察でそのおっさんの写真みせられていた。
普通に考えたらあのおっさんだろwww

40 :名無シネマ@上映中:2011/09/02(金) 19:22:43.64 ID:ci6Y0RMX
>>37 台詞も警察も覚えていたけど、刑事が何も言わなかったから犯人があの人だとは思わなかったよ。
事件に何らかの関与があるらしい?のは分かったけど、
空港で死体が一瞬映った時に顔を見て誰だか分からなかったから、
取調室でのやり取りからその推察までは気が回らなかった。

38 :名無シネマ@上映中:2011/09/02(金) 18:14:34.34 ID:ndFdpKFI
しかし元とはいえ仮にも英国首相を務めた人物を簡単に狙撃させるってどうよ?
空港の警備態勢ショボすぎじゃね?

39 :名無シネマ@上映中:2011/09/02(金) 18:38:50.87 ID:32R+4geY
逆に考えるんだ。

わざと警備を甘くしていたのだと。

50 :名無シネマ@上映中:2011/09/03(土) 14:59:54.06 ID:EQY71H1N
脚本が大甘で穴だらけだが、演出、雰囲気、音楽で一流のエンタメ映画に作り上げるポランスキーすごすぎ。
正直もう一度観にいきたいw

56 :名無シネマ@上映中:2011/09/04(日) 03:54:24.09 ID:pbUAf+KR
批評家の評価程じゃないな
いや、それどころか全然ダメなんじゃねこれ?
って感じてしまった
他の方も指摘している通り穴のある脚本で
最初から最後まで乗り切れず、嫁さんの「ただ者ではない感」
ばかりが目立ってしまって、見終わると本来は彼女の演技を誉めるべきなのかも知れんそこもマイナスに思えてくる始末。
主人公の最期は乾いた後味でいいなと思ったけどもそんだけ

59 :名無シネマ@上映中:2011/09/04(日) 08:00:34.79 ID:dV1Yl45l
んーでも最近の映画(邦画含め)では普通に面白い方だと思うよ。評論家たちの大絶賛がハードルを上げたのかも。

60 :名無シネマ@上映中:2011/09/04(日) 09:33:10.86 ID:7jZuUs5V
ただ、往年の巨匠の作品だし、
ひさしぶりにストーリー・ラインのしっかりしたものだから
点数が甘くなっても致し方なし

78 :名無シネマ@上映中:2011/09/06(火) 22:18:46.64 ID:C1oZzVJS
今日見てきたけど首相は奥さんに操られていただけで黒幕は奥さん(CIA)って解釈でいいのかね?

79 :名無シネマ@上映中:2011/09/06(火) 22:24:25.26 ID:/W/vkxo5
おk、っていうか、他にどう解釈のしようが?

62 :名無シネマ@上映中:2011/09/04(日) 23:22:36.66 ID:shrVNuI1
良く分からないけど
嫁が実はCIAのスパイだったらなんで英国人にとってこれ以上ない皮肉なの?

あと最後のアレは自殺なの?他殺なの?
飛び込んだようには見えなかったが

64 :名無シネマ@上映中:2011/09/05(月) 08:30:24.94 ID:3dBGLqoc
>>62
何であれが自殺に見えるんだよ。節穴か。
誰がどう見ても轢き逃げでしょ。
そもそも主人公には自殺する理由がない。

65 :名無シネマ@上映中:2011/09/05(月) 08:46:15.26 ID:PQgxc3wX
いや、個性的な解釈と言おう。

66 :名無シネマ@上映中:2011/09/05(月) 10:16:59.21 ID:rRuyyhD6
しかしグーグルがCIAと教授の関係の謎を解決してくれるとは。
元首相の妻の行動は全て計算で、主人公と寝たのも計算だよね?

67 :名無シネマ@上映中:2011/09/05(月) 11:30:35.26 ID:8k5y0HRJ
奥さん、前任者とも寝てるね
探りを入れる常套手段かしら

69 :名無シネマ@上映中:2011/09/05(月) 14:44:10.56 ID:jsh7pTD6
>>67
取り合えず寝ておいて味方にする

197 :名無シネマ@上映中:2011/09/25(日) 23:20:06.45 ID:PF4WShQy
どうだろうねえ。
俺的には、寝とけば何かと便利&最近やってないし年下くん美味しそう、ではないかと解釈。

198 :名無シネマ@上映中:2011/09/26(月) 12:37:00.87 ID:JE1Qn/OL

77_20120211142800.jpg

俺もユアン相手だったら抱かれるチャンスをふいにはしないな

199 :名無シネマ@上映中:2011/09/26(月) 15:22:28.70 ID:pjvV6rX0
相手がユアンだったらむしろ抱きたい。

200 :名無シネマ@上映中:2011/09/26(月) 15:39:54.07 ID:2yfDBhhy
独特のキュートさがあるよな。ムッちりしたオッサンのくせに。

141 :名無シネマ@上映中:2011/09/13(火) 11:51:32.44 ID:iry1VOki

51_20120211142801.jpg

嫁の年齢にやや疑問が残る。
アダムが五十代半ば設定としても、嫁は五十は超えてなければCIAのエージェントとして
活動なんかできっこないだろう。
ところが女優の実年齢は40ちょっとで、ユアンを誘惑するには大丈夫だが、
ピアース・ブロスナンと並べると少々若すぎる。

142 :名無シネマ@上映中:2011/09/13(火) 12:05:55.25 ID:kJnTcGj7
>>141
年齢的な違和感は全然なかったけどなあ

143 :名無シネマ@上映中:2011/09/13(火) 16:57:59.70 ID:pDaqsHDV
嫁は十分オバチャンに見えたよ。
雰囲気美人だったけど。

162 :名無シネマ@上映中:2011/09/18(日) 17:47:41.18 ID:ZagbbAjP
>>141
観てきたけど、まさに同意。すっげえ面白かったけど、
ブロスナン56才、嫁45才ぐらいに見えて、
ゆうに10才違うように見えたから、話の整合性に「?」だった。
嫁のファッションが妙にオサレだったのも若く見えた理由かも。
スタイリストみたいでカッコいいしw
厚化粧、バブル的に派手に若作りしてたらもっとBBAに見えたかもしれない。
それだと「黒幕感」が出ないのかな。

70 :名無シネマ@上映中:2011/09/05(月) 15:11:36.53 ID:rRuyyhD6

14_20120211142803.jpg

元首相はルックスが良くてケンブリッジ卒で、
しかも馬鹿ということで、
操縦するのに都合が良かったんだろうな。

51 :名無シネマ@上映中:2011/09/03(土) 22:17:08.56 ID:T6WWqp0z
ピアース・ブロスナンが首相ってのは無理があるな。

52 :名無シネマ@上映中:2011/09/03(土) 23:21:30.55 ID:WVVMMmfW
>>51
野暮だな。
パロディ配役だろ。
そのへんは察してやれよ。
ボンド役の俳優がイギリス首相役なんだぞwwwww

81 :名無シネマ@上映中:2011/09/07(水) 03:53:24.33 ID:0vC0dc+U
いつもは女性を利用して窮地を脱する007、CIAとはお友達の007が
実はCIAの妻に操られていたっていうのも皮肉が効いているキャスティングだね。

71 :名無シネマ@上映中:2011/09/05(月) 15:57:25.35 ID:z7MiqTpo
久々に面白い映画観たなという充実感があった。
政治からめた問題作の殻をかぶってるが、中身はサスペンス重視の大人の娯楽作でしょう、コレは。
中盤までの緊張感は特によかった。

観た直後は「ドヤ顔は身を滅ぼす」がオチかと思ったが、
少し時間が経つと考えが変わってきた。
暗殺ははなからあの場所で予定されていたが、彼は死の寸前で一矢報いたと解釈すべきじゃないかと。
いかにCIAの行動が迅速でも、あのタイミングはさすがに素早すぎる。
核心情報を他に誰が知っているのかわからなくなり、ラスボスが見えない影に怯えれば、
彼も多少は浮かばれるし。

それにしてもユアン・マクレガーは、生命力に溢れているとはいえない男が
重い腰を上げておずおずと現実と戦い、結局負ける、みたいな役がよく似合う。
英国風味のシニカルなユーモアをほどよくまぶしてあるので余計に。
あと、やっぱり年上の女から見ればつまみ食いしたくなるタイプだな。打算抜きでも。

75 :名無シネマ@上映中:2011/09/05(月) 20:05:13.53 ID:ZRZGbLP3
なんでメッセージが隠された原稿を生かしてリライトせねばならなかったのか
釈然としなかったのだけど、時間が無い以外になんか説明ありましたっけ?
厳重に保管してたり、主人公が襲われたのはのは
そこに何か情報が隠されてるのが解ってるからだよね?
秘書の女が知ってるリライトの理由を妻が知らないつのも無理がある
新しいゴーストを雇うなら最初から全く新しいの書かせるか
当該の部分をちょこっと直して主人公に渡せば良くね?

77 :名無シネマ@上映中:2011/09/05(月) 23:55:06.21 ID:7xpeiSL+
妻は原稿を読んでいない
理由は夫が妻に原稿を見せないから
見せない理由は見せちゃダメな理由があるから

90 :名無シネマ@上映中:2011/09/08(木) 16:29:08.68 ID:PKGoUQa+
政治家になりたかったのに黒子に甘んじるしかなかった女と、
本物の作家になりかったのにゴーストライターを生業にせざるをえなかった男の
苦いやりとりがものすごい印象に残った。

ゴーストは仕事ができるしウィットにも富んでいるし人に嫌われるタイプでもないのに、
いったい何が足りないんだろうかと心に引っかかりつつ終盤を迎え、そしてあの結末。
ゴーストには一応肩入れして見ていたにもかかわらず、あんまり可哀想という気はしなかった。
社会の小さな歯車が一つクラッシュした程度の印象。
そこがもの悲しい。
政治サスペンスが一人の運の悪い男の悲劇に収束したラストがヨーロッパらしくて良かった。

128 :名無シネマ@上映中:2011/09/11(日) 21:26:58.86 ID:7bL4mTxS
政治家志望だった女子大生がCIAの工作員になり、やがて旦那を操って政界を登り詰める。
つまり彼女自身が「ゴーストライター」ってオチなのか。

83 :名無シネマ@上映中:2011/09/07(水) 20:35:38.45 ID:N1igMIzf
そんなに衝撃的な事か?
日本だって岸首相がCIAのスパイでアイゼンハワー政権の傀儡ってのは確定だし。
CIAの公文書から、正力、賀屋、児玉、岸はスパイってのは認めてる。

歴史を紐解いてもイギリスの首相がアメリカの傀儡ってのは驚くに値しない。
特にモデルとなったブレアとか。


これを衝撃的なオチと言うほど欧州人は性善説なのか?

97 :名無シネマ@上映中:2011/09/09(金) 21:58:14.78 ID:clyQQlCc
>>83 同感。KGBとつながっていたとか、
アルカイダと関係があったくらいでなければ、驚かない。

84 :名無シネマ@上映中:2011/09/07(水) 23:25:43.40 ID:04thHJCp
衝撃的なオチてのは、
主人公が勝利宣言してこのままエンドロールに移る?→
と思ったら話がまだ続いていて既に主人公には暗殺の魔の手が伸びていた→
暗殺実行、あっけなく主人公死亡→
紙吹雪でエンド
ってことじゃない?

85 :名無シネマ@上映中:2011/09/07(水) 23:41:36.64 ID:8w6t6fl1
ひき逃げって言うけどさ
あの場所あのタイミングにマクレガーがCIAの思った通りに
都合よく道路を通るなんて誰も分からないだろ?
どう考えても偶然だろ?

87 :名無シネマ@上映中:2011/09/08(木) 00:46:23.90 ID:MBrbze+8
ラング死亡後もずっとマークしてたのでは。
会場外で待機して出て来るとこ狙うなんて充分可能だろう。
前半の資料奪われたのも、テロリストの仕業といってたが実際はCIAが狙ってたんだろ。

95 :名無シネマ@上映中:2011/09/09(金) 07:53:34.99 ID:A+L0C11y
パンフの人物相関図に元首相と秘書は不倫って載ってるけど、
そんな描写はなかったよね?

96 :名無シネマ@上映中:2011/09/09(金) 08:00:04.47 ID:v8476Z2u
>>95
おまえはセックスシーンがないと理解できないのか

101 :名無シネマ@上映中:2011/09/10(土) 23:47:44.11 ID:xQVZTve9
秘書が一枚もかんでなかったところがイイ。

102 :名無シネマ@上映中:2011/09/10(土) 23:52:05.22 ID:daqPeEm7

41_20120211142802.jpg

だってサマンサだよー

103 :名無シネマ@上映中:2011/09/11(日) 00:14:41.48 ID:upmTiHTT
秘書が原稿の秘密を何で知ってたのかほんとにわからん
それとアダムが党員になった時期って結局本筋と関係ないのか?
カーナビも、あんな死に方して残されてた車なんだから当然調べられてると思うが?

107 :名無シネマ@上映中:2011/09/11(日) 00:27:10.66 ID:iC6OJIm9
>>103
海流に詳しいジジイに偶然出くわすのも、
カーナビの設定残っているのも、
最後に秘書からヒントもらうのも、
全部脚本の都合、仕様ですので。
御都合主義とか言ってはいけないw

108 :名無シネマ@上映中:2011/09/11(日) 01:51:27.22 ID:AeQPHLTV

a_kick_ass_home_theater_640_08_20120211142840.jpg

ジジイも消されたんだろうなあ

121 :名無シネマ@上映中:2011/09/11(日) 05:25:01.75 ID:maf25N6p
そう言えば出版された本はイアンが手を加えたものなのかなぁ。
それとも前任者がかいたまま?

123 :名無シネマ@上映中:2011/09/11(日) 09:35:36.87 ID:iC6OJIm9
>>121
加筆・訂正したものでしょ、出版物は。
ユアンが最後にばら撒いた奴はオリジナルの補佐官が書いた原稿。

124 :名無シネマ@上映中:2011/09/11(日) 09:45:27.74 ID:puh8aRro
マカラ、ルースがCIAの手先である可能性に気づく
      ↓
マカラ怖くなって政敵のライカートに接触。
ライカート、会話は全て盗聴の危険がある(エシュロン?)と告げたので、
マカラ、自分に何かあったときは真相は冒頭うんぬんと言い置く。
      ↓
マカラ、アダムに直接疑惑を突きつけて大げんか。
ルースからの連絡でマカラ消される。
      ↓
マカラとライカートの会話はやはり盗聴されており、CIAからお仲間のMI5に
「なんかヤバイことが書いてあるので自伝の原稿の内容を漏らすな」と要求。
MI5からアメリアらアダム側にセキュリティを厳重にするよう要請。
      ↓
出版期限や莫大な契約金のこともあり原稿は破棄するわけにもゆかず、
だったらリライトして別物にしちゃえということで、ゴーストライター雇われる。

125 :名無シネマ@上映中:2011/09/11(日) 09:53:46.33 ID:AeQPHLTV
>>124を読むと
人を殺さなきゃならないほど厄介な代物ならさっさと処分しちゃえばいいのにと、あらためて思ったな
隠蔽の手間ヒマ考えれば違約金なんてアメリカに払わせればいいし

151 :名無シネマ@上映中:2011/09/15(木) 12:12:22.25 ID:aD6EQnOn
オチは何となくわかるけど、
最後の方で、過去の時系列が完全にゴチャゴチャになった。

affiches films yeux

ポールエメットがCIAの外国人スカウト役で、
ポールがルースをスカウトし、ルースはその時からCIAの手先、
アダムは最初は純粋にルースに惚れて政治の道へ、
でもルースはアダムを利用して首相まで仕立てあげてアメリカに都合の良い存在にした。

多分全然違うと思うけど最初から詳しく説明できる人いたら教えてくれ。

152 :名無シネマ@上映中:2011/09/15(木) 18:57:43.48 ID:aX1+Xa7E
>>151
それであってると思う。

CAIがらみの真の動機を隠すためにルースとの出会いが政界入りの理由だとでっちあげた
…というのはミスリードで実は本当に雨の日うんぬんの出会いが理由だった。
これ、ニヤリとさせられる部分ということでいい?

158 :名無シネマ@上映中:2011/09/16(金) 14:13:22.32 ID:H2QCTwv0
>>151
入党が、その話の2年前ってのが、途中で出て来たと思うんだが。

160 :名無シネマ@上映中:2011/09/18(日) 03:38:24.79 ID:9jiYLWjw
>>158
そういやそうだったな。

アダムはいつどこで何故政治の道に目覚めたのか、
ルースとポールはそこにどうやって介入していたのか、
アダムはどこまで知っていてどこまでが自分の意思だったのか、

そのあたりの細かい事情が1回観ただけじゃ理解しきれなかった。
途中からすんごい眠かったってのもあるけど。

194 :名無シネマ@上映中:2011/09/25(日) 20:50:26.70 ID:xvhfG/Xe

d2002_20120211142839.jpg

学生時代の写真がもうちょっと上手な合成ができなかったのかと小一時間・・w
いくら学生演劇の連中だからってあれはないでしょと。
結局、前首相は拷問に関与してたのか?よくわからんかったんだが。
女房はCIA。自分は傀儡で、女房の黒幕がみんな仕組んで起こしてたってこと?
教えてエライ人。

195 :名無シネマ@上映中:2011/09/25(日) 21:55:20.63 ID:PF4WShQy
>>194
女房は常に自分に相談するようにブロスナンを篭絡、調教してた。

204 :名無シネマ@上映中:2011/09/27(火) 07:44:44.80 ID:MpUDXAG7
>>194
同意。あの写真はひどかった。素人のフォトショ使いでももっと上手く合成できる。

女房の示唆のもと、拷問には関与したんじゃない?
一国のトップたるもの自国と同盟国の安全保障のためにそれくらいのことやるでしょう。
たまたま明るみに出るか出ないかというだけで。
やらないのは腰抜けの日本くらい。

205 :名無シネマ@上映中:2011/09/27(火) 07:57:52.63 ID:GQ+p3xcP
拷問しないことが腰抜けとは

恐れ入ります

155 :名無シネマ@上映中:2011/09/16(金) 01:52:51.85 ID:IE5Kay2V

Darth_Vader_20120211142838.jpg

タコ入道みたいな出版社のボスがジム・ベルーシだったとは・・・

159 :名無シネマ@上映中:2011/09/18(日) 00:01:08.41 ID:bVHD6trv
今日見てきたけど、なんかイマイチだね。このスレ見て
>>タコ入道みたいな出版社のボスがジム・ベルーシだったとは・・・
えっそうだったのっ!て驚いた。全然気付かなかったぐらい風貌が
変わってない?
映画本編よりこのスレの方が楽しい!


関連記事

  1. 2012/02/18(土) 20:27:28|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【海外芸能】ホイットニー・ヒューストンさんの葬儀でケビン・コスナーが弔辞を担当することに | ホーム | 【映画】前田敦子、日本アカデミー賞話題賞受賞 「投票してくださった多くの方々に感謝の気持ちでいっぱいです」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2780-ee4f7179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。