FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去のない男

【【【【過去のない男】】】
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1048068428/


3 :名無シネマ@上映中:03/03/19 19:11 ID:36JFQh+U
アキ・カウリスマキの映画は初めて見たんだけど、
面白いのか面白くないのか全然わかんなかった。
ユーモアのセンスが特に。

誰かよくカウリスマキの映画見てる人いません?
どういうところが良いんでしょうか。


5 :名無シネマ@上映中:03/03/22 00:36 ID:5OcVsqgZ
「浮き雲」を彷彿させるいい映画だと思った。
ま、出会いと別れがあっさりしてるところに違和感を感じ人もいるかもしんないけど。

6 :名無シネマ@上映中:03/03/22 09:51 ID:W/sebtDm
いやー、面白かったよ。
画面を漂う、独特の空気感がたまらんね。
昔の日本映画のいいとこを、取り入れてる感じ。

ユーモアのセンスは、外れるとまったくだめだそうだね。>>3
でも、俺も場内も受けてたぞ

ところで、なんで、いきなりクレイジーケンバンドの曲が流れるんだ?
しかも、日本酒と寿司だぞ?



9 :名無シネマ@上映中:03/03/23 14:28 ID:BO/o2Tku
>>6
監督、クレイジー・ケン・バンド好きなんだってさ。
インタビューで言ってたよ
「ラ・ヴィ・ド・ボエーム」でも「雪の降る町を」が流れて
非常に違和感を感じた。
洋画に日本の歌が使われるというのはなんだかくすぐったいような
正気に戻っちゃうようなところがある
日本映画に洋楽が使われてたら、向こうの人は同じことを思うんだろうか

8 :名無シネマ@上映中:03/03/22 19:44 ID:CJ4gBaNL
間の取り方、ギャグのセンスがたけしの映画を彷彿とさせた。
たけしの映画ははっきりいって好きですが、カウリスマキのギャグは
笑えませんでした。

11 :名無シネマ@上映中:03/03/23 14:36 ID:BO/o2Tku
>>8
別に笑う映画でもないと思うけど
ニヤニヤ(・∀・) しながら観てよ
あと今回はご都合主義にしたって言ってた
「余りにも現実がひどすぎるからね」って。

14 :名無シネマ@上映中:03/03/23 14:39 ID:25i/e7kT
>>11
主人公が生き返ったところでギャグ映画かと思ったよ。


12 :名無シネマ@上映中:03/03/23 14:38 ID:25i/e7kT
つか、いきなりわけもなく生き返ったところで
完全に冷めたけど皆さんはどう?

あと、恋に落ちるの早すぎ。そんな簡単なもの?

どこが面白いのかさっぱりわからなかったよ。

カンヌとったからって無理して面白いところ見つけなくても、
素直につまらん!って言えばいいのに。

17 :名無シネマ@上映中:03/03/23 14:42 ID:BO/o2Tku
すべてをフィクションであると認識しながら
その世界を楽しめる人でないと
(映画を観るのは)難しい

18 :名無シネマ@上映中:03/03/23 14:43 ID:25i/e7kT
いや、フィクションであるのはわかるけど、
SFとかギャグとかでもないのに、説明もなく
生き返っちゃイカンと思ったのさ。

19 :名無シネマ@上映中:03/03/23 14:45 ID:25i/e7kT
ま、見終わったあと単純に「おもしろかった~」って
いえる映画ではないな。

20 :名無シネマ@上映中:03/03/23 14:48 ID:BO/o2Tku
>>18
そういや「レニングラード・カウボーイズ」シリーズでも
凍ってたメンバーが生き返ってたと思う。

そういう細かいことはぶっちゃけどうでも(・∀・) イイんだよ
映画全体で言いたいメッセージが伝われば。
漏れはあの「負け犬の美学」が好きだし
すべてを包む切ないカウリスマキ・カラーとか変な間が大好きなんだ
それが見れれば良し

21 :名無シネマ@上映中:03/03/23 17:03 ID:25i/e7kT
>>20
まぁ、映画にはいろいろな楽しみ方があるからね。
俺はその「変な」間は楽しめないや。
映画全体としても何らメッセージが伝わってこなかったし。

39 :名無シネマ@上映中:03/03/27 09:12 ID:3nD6Y6Ve
遅レスになってしまうけど、
>あと、恋に落ちるの早すぎ。そんな簡単なもの?
カウリスマキの映画の登場人物は皆一瞬で恋におちてしまうので、
そういうのが気になってしまう人は向いてないと思う。
(純粋な提言であって煽りとかじゃないです…)

まあ、好き好きわかれる監督だよね、やっぱり…

29 :名無シネマ@上映中:03/03/24 07:17 ID:4Aa3axHR
まぁ、私はカウリスマキ映画好きで「過去~」は未見なんだけど
この作品はカンヌで賞とるくらい何かがいつもと違うの?
もし、いつものカウリスマキ調でさほどの違いがないというのであれば、
その長年の作風を認められた受賞という意味合いなのかな?ということで…
まぁ要するにカウリスマキ作品を知らずに「カンヌ映画祭グランプリ受賞」
とかに釣られて観に行く人間には向かないの??というのを聞きたいのだが。

30 :名無シネマ@上映中:03/03/24 10:26 ID:adP/S2C8
>>29
別に「浮き雲」でとっても、その前の白黒無声映画(題名失念)でとってもよかった
んじゃない?カンヌ云々にそう意味があると思えないが、映画の内容にとって。
それに、カウリスマキ作品を知らない誰かに向いてるかどうかなんてわからないよ、
本人じゃないんだから。用心したいならビデオ借りてみればいいんじゃないか。

35 :名無シネマ@上映中:03/03/24 13:35 ID:1an1zLmw
冒頭の暴漢に襲われるシーンや、その後
ムクッと起き上がって手から血をしたたらせながら
トイレで卒倒するシーンを見た時に、これはすごい映画っぽいぞ
と期待したんだけど、その後につづくギャグのシンプルさに
あれっ?と思わずにいられなかった。後半の住人に暴漢たちが
囲まれていくシーンとかなんかちょっと悪い意味での寒けすら
感じてしまった。萎えたのだ・・。ただ汚い愛を汚さそのままに
描いてるところは非常に好感がもてた。ギャグがなかったら
好きな映画になったかもしれない。他の作品もこのシンプルなギャグが
物語の中に散りばめられているとすると私はこの監督は駄目かもしれない。
でも社会の最底辺の人たちばかり描こうとしてる点は素晴らしいと思うし
好きだ。

36 :名無シネマ@上映中:03/03/24 13:56 ID:adP/S2C8
>>35
うーん、予備知識なしで見ると、最初の方でタランティーノやガイ・リッチー映画
みたいな印象をうけるのかな?実はそれらと対極と言っていいぐらいの穏やな映画
だったよね。ギャグ(というよりユーモアか)は趣味が合わなきゃしょうがないね。
「汚い愛」と表現されているけど、実は「美しい愛」なんだということはもちろん
言うまでもないことですよね。

43 :名無シネマ@上映中:03/03/29 19:46 ID:X+Kz/UPu
今日観て来ました。
 
自分はこの作品を厳しい環境に置かれた人間が幸せになっていく、
わりと現実味があるように描かれたファンタジーだと思って観ていたので、
説得力のない表現部分はあまり気にならなかったです。
悪人らしい悪人も、結局若者三人組くらいで、わりと他の人は不器用なだけだったりするし。(逆に主人公がジャガイモ分けるのを渋ったりするシーンは妙に現実味がある。あれだけお世話になっておいて!と思ったのだが…)
主演の人、ちょっと蟹江敬三に似てない?



44 :名無シネマ@上映中:03/04/02 02:17 ID:DKuZ9DnR
え~! この監督、好き嫌い分かれるんだ・・・
『白い花』以外は全部壷にハマって、こりゃ皆にみて貰いたい監督だな~
と思ってたんだが・・・(特に『浮き雲』は最高!)

45 :名無シネマ@上映中:03/04/02 12:08 ID:mTc05U6j
好き嫌いはともかく、クセのある作品だと思うよ。
自分はとても好きなんだけれど、どうしても
「すごく面白かった」という感想には違和感を感じる。
「なんとなく良いよね」くらいの感想だとよくわかるんだけど。
みんなが喜んで観に行くなんて自分としてはとても信じられない。
そうなってくれるととても嬉しいけどね。

57 :名無シネマ@上映中:03/04/08 17:30 ID:ukEbtgpB
質問です。
壁にかかってた写真は誰ですか?
物凄く意味ありげで気になりました

58 :名無シネマ@上映中:03/04/08 18:13 ID:CojLwxfK
>>57
バーの壁にかかってた写真のことなら故マッティ・ペロンパー
生前スマキシネマの常連だった名優さんですね。
ルックスは『ラ・ヴィ・ド・ボエーム』のころ?
ていうかあのバーも『ラ・ヴィ・・・』に出てたのと
同じバーなんじゃないかと思ったけど確信がない。

59 :57:03/04/08 20:50 ID:XdFyfRfC
>>58
有難うございました。
『過去のない男』が初めてのスマキシネマなんでこれから他の作品も見ようと思っていましたから参考になりました。

60 :名無シネマ@上映中:03/04/08 22:16 ID:E1J6/Vso
あのバーはアキが経営しているMOSKOVAというバー。
マッティの写真はいつもあそこにあるそう

61 :名無シネマ@上映中:03/04/08 23:59 ID:1et57ZHy
確かにマッティの写真は「さりげなく」というよりは
意図的に画面の中央になるように撮影されてた気がする。
やっぱり初カウリスマキ作品鑑賞者にも意図的な感じが伝わったのかと思うと、
なんとなく嬉しい気がします。
カウリスマキ作品には欠かせない人だったのですよ。名優です。

62 :名無シネマ@上映中:03/04/09 10:24 ID:eRwgRXo4
あの写真が出たときはちょっと泣けた

65 :名無シネマ@上映中:03/04/10 09:55 ID:A7pmSt7n
カンヌ受賞作は暗いものが多く、鬱になるかと思ってたけど(・∀・)イイ!!
コンテナ生活や森のキノコ狩りなんか「ロゼッタ」を彷彿しちゃいました。
淡々とそれでも幸せで。不思議な映画。よかった。

70 :名無シネマ@上映中:03/04/18 02:16 ID:4RnSUhmi
>>65
ロゼッタってかなり暗く鬱になった気がするんですが

72 :名無シネマ@上映中:03/04/20 23:41 ID:G7eApx8p
劇場はまだ客足途切れてない?
口コミで広がったりしてるかな?

73 :46:03/04/21 02:19 ID:Mc/pgQ1i
>>72
口コミと言うか、虎ノ門で井筒がいつにない評価だったからね~・・・

76 :名無シネマ@上映中:03/04/21 10:54 ID:JSWiXSZD
虎ノ門見逃したんだけど、どんな評価だったの?

79 :名無シネマ@上映中:03/04/26 12:17 ID:1SS0ygcL
>>76
☆二つで監督も評価してたよ



74 :名無シネマ@上映中:03/04/21 07:03 ID:tw6NuoJX
結局、カウリスマキの描く世界に「リアル」が感じられないと、
面白いとは思えないかも。
僕にとっては、あの世界は「リアル」なもの。
でも一億総中流を目指したほとんどの日本人にとっては、
リアルなものではないですよね。
というよりああいう「リアル」が世界に存在していることを、
否定したいのだと思うけど。
六本木ヒルズとかに住むのが夢な人々には、
あの映画は難しいかもしれません。
リアルな現実、たとえば六本木ヒルズ建設工事では、
墜落事故等で三人死んでいること。そして、所詮肉体労働者が
三人死んだことなんて、夢あふれる六本木ヒルズにとっては、
ほんとどうでもよい些細な出来事。誰も気にも止めていない。
そういうもの。

本当のリアルはすぐそばにあるし、そこから本当のドラマが
生まれていることを、多くの人々はしらないまま、鈍感に生きて死ぬ。

75 :52:03/04/21 10:44 ID:fitvKYAB
>>74

>たとえば六本木ヒルズ建設工事では、墜落事故等で三人死んでいること。

それ、知りませんでした。たぶん、あそこの映画館でも映画を観ることに
なると思うけど、憶えておこう。ちょっと偽善ぽいかもしれないが、憶えておこう。

82 :自腹:03/04/29 15:15 ID:YyQvDlt4
評価 2つ星
主人公が記憶喪失な映画はたいていスパイだったり殺し屋だったりするがこの作品は普通の男なんでそれは斬新で良かった
ただヒロインの女が全然可愛くないのとストーリにひねりがないのは残念だった。
妻と主人公が離婚間際じゃなくて愛し合っていた方が物語的にはおもしろかったと思う。
話には全然関係がないが、犬の名前がハンニバルで好物が生肉ってのはおもしろかった

107 :名無シネマ@上映中:03/05/11 20:05 ID:YoG1YIeR
>>82
カティ・オウティネンが演じてこそのカウリスマキ作品でしょう。
美人ではないけど、名女優だと思いますよ。



97 :名無シネマ@上映中:03/05/05 01:47 ID:CR32s2SK
見てきますた。
ほんのり笑えてよかったでし。
あの「間」にやられますた。

98 :名無シネマ@上映中:03/05/05 22:34 ID:mzlHAbbW
こんなにおもしろいと思いませんでした。
わたしは、ほんのりというより、吹き出し笑いを連発していました。
ボケているのか緊張しているのかよくわからない空気が好き。

115 :99:03/05/12 03:29 ID:pQwcxHKm
 映画の中で、女性が寮に帰ってきて疲れた感じで
ベットに入るとき、コレ聴きながら寝るの?みたいな
ノリノリな音楽流してたの面白かった・・・

116 :名無シネマ@上映中:03/05/12 05:22 ID:OWxesXcQ
>>115
禿堂。妙にリアリティがありましたよね。

120 :名無シネマ@上映中:03/05/14 04:55 ID:EDtj4uJy
今回のカットはさほど小津チックじゃなかったね。

129 :名無シネマ@上映中:03/05/22 22:25 ID:oxxOcNjD
銀行のスプリンクラーが壊れていなくてよかったよかった。

131 :過去のない亡霊:03/05/28 23:31 ID:OCXjLr6F
離婚予定の主人公の奥さん、美人でしたねえ。

132 :名無シネマ@上映中:03/05/31 09:34 ID:d1f8d6q7
最初のほうモタついてるように思ったが
中盤からアキワールド全開で非常にほほえましかったです。
最下層の人達の酷い暮らしを描いてるんだけど
そんな中にもユーモアと愛があって飄々とした語り口でつづられているところが
なんとも魅力的。
すぐウェットになってしまう邦画との最大の違いかなあ、と思う。
銀行の「その防犯カメラは…」っていうのにウケました。

133 :名無シネマ@上映中:03/05/31 23:29 ID:e7couaEg
歌うおばさんが、顔がでかくて、小じわもすごくて一瞬引いたが、
あの小じわの一本一本に人生が・・・と思うと、
あれはあれで美しいのかも思えてきた。

134 :名無シネマ@上映中:03/06/01 00:19 ID:XM5iD+AE
野外コンサートの場面?
あれ楽しそうでよかったなあ。

135 :名無シネマ@上映中:03/06/01 19:27 ID:pSf7rz5m
救世軍をカウリスマキが扱っているのって
笑えるところだったのかも?

というのも
救世軍は絶対に禁酒禁煙を守らなくてはならなくて
世界最大の禁酒団体だそうな。
その団体をアル中みたいなカウリスマキが扱うとは…

136 :名無シネマ@上映中:03/06/03 01:05 ID:Eev3XWHp
ボロボロのコンテナ?ハウスを
掃除して床にザーッて水まいて
そこに座る・・・お尻ぬれるでしょ
何か笑えた。

137 : :03/06/03 07:22 ID:v3u/KhmX
>>136
1.フィンランドは湿度が低いので一瞬で乾いた。
2.コンテナの床が細かい波板になっていて濡れなかった。
3.ダンディズムは細かいことを気にしない。

どれでしょう。

138 :名無シネマ@上映中:03/06/03 18:00 ID:2fShs+1L
>>136
床が乾く頃には尻も乾くさ

139 :名無シネマ@上映中:03/06/03 23:26 ID:Y97zgwFc
>>137
3かな 
料理する時フォークをポッケに挿したりね。

141 :名無シネマ@上映中:03/06/05 02:20 ID:sbBgm/Uw
>>139
湯せんしながら同じ鍋で煮込んだりね。
細かいことは気にしない~。
 
143 :名無シネマ@上映中:03/06/07 01:10 ID:UxdFoP4m
かなりツボにはまる映画だったけど、音楽多すぎないか?
つなぎに使いすぎな感じがしたよ。

144 :名無シネマ@上映中:03/06/10 03:47 ID:ksNVzv63
>音楽多すぎないか?

カウリスマキなんだし、まあそんなもんかなって感じで。
同じ題材使っても他(英米作品)と比べて暗くならない理由の一つでもあるよな。

145 :名無シネマ@上映中:03/06/10 19:10 ID:3bfGrNpi
>143-144>音楽多い
白い花びらからそう思ってた

148 :名無シネマ@上映中:03/06/22 22:20 ID:caV/koaC
「秋香り簀巻き」 小津安二郎っぽいな、漢字使うと・・・。

23 :名無シネマ@上映中:03/03/23 18:07 ID:nzfeIrMa
04 :名無シネマ@上映中 :03/03/23 15:45 ID:nzfeIrMa
『過去のない男』前売りにハンニバル(登場する犬)栞がついてた!
皆ゲットした?ちょーかわいいです!
裏に「カンヌ映画祭パルムドッグ受賞」て(英語で)書いてあってゲキワラ。

152 :名無シネマ@上映中:03/07/05 12:30 ID:yisnU3/Z
この間観ました。カウリスマキ初めてですが、面白かったです。大人の為の御伽噺だと思いました。
主演の2人が素晴らしいですね。2人の恋に胸が熱くなりました。
>>23のパルム・ドッグ賞は冗談でなくホントにあるんですね。最優秀犬優賞。
どうみても虫も殺せないハンニバルちゃん、可愛かった~♪

162 :名無シネマ@上映中:03/07/29 15:11 ID:2m1bJYg3
渋谷でやってたので、見てきた。
かなり笑えた。初カウリスマキだったけど。
他も見てみたいので、おすすめ教えてください

163 :名無シネマ@上映中:03/07/29 19:59 ID:3qdvdyhg
浮き雲→マッチ工場 がお勧め。

164 :名無シネマ@上映中:03/07/31 04:32 ID:4FkWDVyn
パラダイスもいいね。タチアナも好きだ。

185 :名無シネマ@上映中:03/09/30 14:45 ID:o92oG8aF
先日劇場で見たんですけど、お話の中で出てきた
お金の単位ってユーロなんですかね、それともフィンランドマルカ?
コンテナの家賃が一週間で100で、車一時間が10。
なんかすごい気になりました。

188 :名無シネマ@上映中:03/10/02 01:08 ID:lKJtbv49
真面目な話、ここ数年で一番胸に沁みた。
笑いのツボも最高だ。
こういう映画を日本で作れないものかなあ。
スピリットは非常に近いものがあると思うんだが。

189 :名無シネマ@上映中:03/10/02 04:44 ID:pXq4lTQV
そもそもカウリスマキが日本映画に影響受けてんじゃなかったっけ?

191 : :03/10/17 21:47 ID:ILbdSGuW
”ワタシヲ オズサン ト ヨベ”

193 :名無シネマ@上映中:03/11/10 23:55 ID:4TvXAON5
劇場では観なかったけど、遅まきながらDVDで拝見。
とても良かった。本年度ベスト・ワン!
北野武の映画に似てるっていう人いるけど、つげ義春の世界にも通ずるものがあると思った。
こういう映画は何度観ても飽きないんだよね。しみじみ。


関連記事

  1. 2008/10/08(水) 02:12:11|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ONE PIECE ワンピース エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち | ホーム | 20世紀少年>>

コメント

1 ■無題

自分もこの映画好きですね(・∀・)
いろんな人の率直な意見がわかって面白いです!!
  1. URL |
  2. 2008/10/09(木) 17:29:53 |
  3. mi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2 ■無題

おぉ!このマイナーな作品にまさかコメントが頂けるとは思いませんでした。ありがとうございます。(‐^▽^‐)
カンヌ受賞作にしては、ユーモアもあって見やすい作品ですよね。
  1. URL |
  2. 2008/10/09(木) 21:53:33 |
  3. 江戸川長治 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/277-31841b6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR