2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

イングリッシュ・ペイシェント

http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1022141204/
51_20120204205306.jpg

1 名無シネマ@上映中 02/05/23 17:06 ID:Cbh5VvJM
1996年公開のアメリカ映画。製作会社はミラマックス。ブッカー賞を受賞したマイケル・オンダーチェの小説『イギリス人の患者』を原作として、アンソニー・ミンゲラが監督と脚色を兼任した。主演はレイフ・ファインズ、クリスティン・スコット・トーマス。第二次世界大戦時代の北アフリカを舞台に、戦争で傷を負った男と、人妻との不倫を描いた恋愛映画。第69回アカデミー賞作品賞ならびに第54回ゴールデングローブ賞 ドラマ部門作品賞受賞作品。


3 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [02/05/23 19:00 ID:xBngUlyb]
アカデミー賞授賞は疑問!とかつまらんとか言う人多いけど
自分は結構好きです、ハイ。

7 名前:名無シネマ@上映中 [2007/03/29(木) 00:35:51 ID:GhLGlk3N]
ただの不倫映画じゃん
これでアカデミーかよって感じ

8 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/29(木) 09:52:55 ID:yovcLC80]
二度と見たくない名作の一つだ

9 名前:名無シネマ@上映中 [2007/03/30(金) 13:25:34 ID:s12LnN5M]
>>8
オレも最初そう思った。
…が、ベティブルーと同じで数年に一回どうしても見てしまう

29 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [02/05/28 21:57 ID:MfGAs2S/]
この映画を嫌いな人の理由で、長すぎるからというのが多いと思う。

4 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [02/05/23 19:12 ID:Po7qFi9z]
好きです。
車の中に閉じ込められるシーンが
エロチックだった。

6 名前:名無シネマ@上映中 [02/05/23 19:17 ID:4hlMBdvS]
だ~い好き!
レイフさま、砂漠が似合う!セクシーでステキ。
お風呂のシーンとか最高。
キャスリン・スコット・トーマスも好き。あのまぶたのあたりの骨の窪み、うらやましい。
ビノシュもいい。
コリン・ファース、タコ踊り!
ヨメがレイフさまに走ったのも、このせいか?

7 名前:名無シネマ@上映中 [02/05/23 19:20 ID:F0zduMOb]
好きなシーンがたくさんある映画だ。
いい話だと思う。
アカデミー賞があんまり好きではないので、獲って欲しくなかった。

20 名前:名無シネマ@上映中 [02/05/26 00:41 ID:Pb4oEsay]

14_20120204205306.jpg

クリスティン・スコット=トーマスって現役の女優の中で最も
洗練されてる人じゃないかな?
「モンタナの風に抱かれて」はもちろん、「ランダムハーツ」
もなかなかの秀作だった

9 名前:名無シネマ@上映中 [02/05/23 22:00 ID:3D21pYUX]
キャサリンはミイラ化していた

11 名前:名無シネマ@上映中 [02/05/25 07:19 ID:PAtcrAv/]
>>9
原作ではそうらしいですね。でも、映画でそれをやったら・・・。ミイラ抱えて
出てくるレイフ・ファインズじゃ・・・。

13 名前:名無シネマ@上映中 [02/05/25 09:53 ID:pkg07Kp9]
先に映画見て、場面場面の美しさに惚れて期待して原作読んだけど、
肝心の好きな場面が殆ど創作だった。原作も詩的でいいんだけど、
情景のディティールを映画的に創り上げた脚本・監督の力量は
やはり評価していいんじゃないかと。

17 名前:名無シネマ@上映中 [02/05/25 15:58 ID:hF273lJl]
そうそう、原作ではキャサリンとアルマシーのエピソードの場面は少ない
んだよね。ハナが主人公みたい。
でもその少ない場面が濃密なんだけどね。
キャサリンがヘロトドスを朗読する場面、原作とはシチュエーションを
変えているけど、この場面いい!
とにかく砂漠が美しくい。ただ大人向けメロドラマであり、映画をよく見る
若い世代には受け入れられなかったようで・・・残念。

21 名前:名無シネマ@上映中 [02/05/26 05:45 ID:iWi67Oa5]
オープニングの砂漠に飛行機が飛んでいるシーン美しいよ。
音楽がとにかくいい。

14 名前:名無シネマ@上映中 [02/05/25 10:05 ID:81LPKLfL]
監督はリプリーのアンソニー・ゲラゲラかよ。(ゲラゲラ

15 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [02/05/25 11:16 ID:uupDVPLi]
>14 ツェムリンスキーを知らない厨房にはお勧めしない。

22 名前:名無シネマ@上映中 [02/05/26 09:47 ID:XPJSvDBm]

41_20120204205305.jpg

コリン・ファースが気の毒だ・・・。ビノシュは恋人が亡くなっても、すぐに次の
恋に移れて結構したたか。でも彼女とキップのカップルの話の方が好ましかった。

24 名前:名無シネマ@上映中 [02/05/26 11:20 ID:pN8T/9uK]
>22
すぐに、ではないでしょう。
彼女の場合、自分に関わった人が次々死んでいくんだし
したたかとは思えなかったよ。

23 名前:名無シネマ@上映中 [02/05/26 10:49 ID:u3d21YlM]
コリン・ファースってさ、この映画ではレイフ・ファインズに妻を寝取られて
「恋に落ちたシェイクスピア」では弟のジョセフ・ファインズの恋敵。
ファインズ兄弟にやられっぱなし・・・。

25 名前:名無シネマ@上映中 [02/05/26 11:20 ID:n/kiDgxM]
えっ、兄弟だったんだ!!
そりゃ知らなかった。
二人とも目がステキなんだよね~。

26 名前:名無シネマ@上映中 [02/05/26 12:07 ID:HZK2AoBe]
クリスマス・パーティの場面、キャサリンとアーマシーの情事のあと、
キャサリンが夫にキスされて、マジパンの匂いがするって不審がられた
のはなぜ?アーマシーがマジパン(ケーキ)食った手でキャサリンの
髪に触れたってこと?

31 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [02/05/29 00:26 ID:cn7g2oma]
>>26
手がイカ臭かったのだと思ふ

32 名前:名無シネマ@上映中 [02/05/29 02:11 ID:+24xDhZn]
>31 マジパンと匂いちゃうで~。
ケーキ食った口で首筋にキスしたからやろ。

44 名前:名無シネマ@上映中 [02/06/01 18:17 ID:eqZ8MAm1]
俺15の時初めて女の子と観に行った映画がこれだったよ・・・
あの当時は糞つまらなくてしかもエロい描写が結構あったので
二人で困惑したよ

47 名前:名無シネマ@上映中 [02/06/09 22:45 ID:m6jiqFsP]
今日久々に見た。やっぱ良い映画だよなぁ・・・美しいっす

48 名前:名無シネマ@上映中 [02/06/09 23:13 ID:3gJIScSw]

77_20120204205304.jpg

「飛行シーンが綺麗」くらしか誉めようのない映画

49 名前:名無シネマ@上映中 [02/06/10 06:07 ID:ILD8m1q6]
砂漠での朗読シーンも奇麗。
ジュリエット・ビノシュが健気。
キップとの出会い、階段にロウソクの場面がイイ!

50 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [02/06/11 23:09 ID:avvxHdgw]
なんつーか、音楽が印象深い作品だね。

51 名前:  [02/06/12 01:15 ID:qggCv95e]
ミステリアス大河メロドラマだな。50氏と同感。音楽が良すぎる。
死んだキャサリンを抱きかかえて泣きながら洞窟を出てくるアルマシーが良い

53 名前:名無シネマ@上映中 [02/06/12 12:16 ID:QqcK6UhE]
キャサリンの「I always loved you」のシーンが好きだ。
アルマシーみたいな男っていいね。

しかし砂漠を3日間も歩き続けるなんて気が遠くなりそう。

64 名前:名無シネマ@上映中 [02/06/17 00:03 ID:dlRg+mJe]
公開当時やレンタル開始当時は“アカデミー賞受賞”の冠が大き過ぎて、
「期待させすぎ」「誇大宣伝」な映画に思えてたけど、、、
時間が経ってみるとシンプルでいい映画だなと思った。

でも「3日間歩き続けてあの程度の痩せ方は無いだろ?レイフ?」とは思った(w

65 名前:名無シネマ@上映中 [02/06/17 01:55 ID:LYc6kplF]
>>64
別に飲まず食わずでは無かったようだ。
カバンらしきものを肩にかけていたが、肝心の身分証明すら
入っていなかった(それが災いしてドイツ人だと勘違いされた)
恐らく抱えていたのは最低限の食料だったと思われる。

55 名前:名無シネマ@上映中 [02/06/16 01:04 ID:RBMN6SSP]
ここ見たら懐かしくなってDVD買っちゃった。
始めてみた時も感動して原作・ノベライズ買っちゃったし影響されやすい奴だ。
原作はブッカー賞もらったんだよね、
原作と映画では全然違うけど両方(・∀・)イイ!!
映画の方が少し甘くて優しい感じでお気に入りです。
砂漠のシーンは本当に綺麗だよね、砂漠に行ってみたくなったもん。

60 名前:名無シネマ@上映中 [02/06/16 15:35 ID:wGvU3gcO]
看護婦?の少女に親指を切り落とされるシーンが凄く苦手!!

24 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/28(土) 07:46:34 ID:69IDMPdF]

2003836_201111180450135001321542053c_20120204205303.jpg

デフォーが指詰めるとこしか覚えてない。

79 名前:名無シネマ@上映中 [02/07/02 03:09 ID:AICTvHTA]
ヒロインはMIにも出てるヒトですよね?
で、鉄棒に頭「ガン!」ってぶつけるシーン
があったんですけどあれは何か意味があるのですか?

80 名前:  [02/07/05 03:23 ID:fVUcr1ia]
>>79
あれは本来ならNGだけどそのまま流してしまったそうだ。
かえってよい出来になったのかもね

81 名前:名無シネマ@上映中 [02/07/06 21:51 ID:+C7k4S+c]
>>80
原作に存在するシーンだよ。
私も>>79と同様その意味がつかめずにいるのですが。

アルマシーとの不倫を清算し、毅然とその場を
去ろうとするが、目の前の障害物も見えていない。

(確か"You will"と2度繰り返して言った直後、鉄棒に激突)

戦争に突入していく時代の流れと、不倫の泥沼を掛け合わせて
いるのかな?と思いましたが、深読みし過ぎですかね?

99 名前:名無シネマ@上映中 [02/08/12 18:06 ID:6dUhcq/W]
正直、途中で観るのやめた。
こんな映画がアカデミー賞9部門?
笑わせんなボケ

101 名前:名無シネマ@上映中 [02/08/12 18:35 ID:5vrJhQEH]
>>99
嗜好は人それぞれだよ。

102 名前:名無シネマ@上映中 [02/08/12 20:32 ID:mplxhDfm]
この映画は99みたいな人多いよ。
脚本家の内館牧子さんが、「劇場では途中で寝てしまった。しばらくして、
この映画についてエッセイを書くためにビデオを観たら又もや寝てしまった。」
と書いていた。
かくいう私も初めて観た時は寝ました…。

103 名前:名無シネマ@上映中 [02/08/12 21:07 ID:smRGTcCK]
最初、確かに眠くなるかもしれないけど
それを我慢すれば、すっごくいい映画だと思うんだけどなぁ。

好き嫌いがはっきり出る映画だね。

107 名前:名無シネマ@上映中 [02/08/13 10:40 ID:xvgE9tc4]
「アルマシーがどうしてミイラになったのか」という
「謎」に対する答えを早く求めたがる人には不倫中期はダルいかも。

ただ、不倫期間を長く描かないと、洞窟のシーンとその後の彼の行動が
こちらに伝わってこないんだよね。

あんなにアメリカ軍が悪く(キップを殺しそうになる)描かれているのに、
9個もオスカーをもらえるとは、1997年は平和な年(w

114 名前:名無シネマ@上映中 [02/08/13 23:06 ID:4D7zw+7d]
まぁ、どんな映画だって万人に好かれる映画なんて「モンスターズ・インク」
みたいな感動ストーリーくらいだろうし、この映画は好き嫌いが分かれるの
はしょうがない。
この映画がヒットしなかったのはキャスティングのせいでは?
ヒロイン、地味すぎ。
キャサリンは当初の予定通り、デミ・ムーアの方が良かったと思う。
強さと華やかさを備えていて、キャサリン役にはぴったりだったのに。
どうして降板したの?
原作でもキャサリンは、アルマシーにしょっちゅう暴力を振るう
わがまま女。知的で魅力的だけれど、かなり酷い性格。
クリスティン・スコット・トーマスじゃ弱いな、インパクトが。

115 名前:名無シネマ@上映中 [02/08/13 23:12 ID:Ses4ydsN]

2401540_20120204205302.jpg

デミ・ムーアなんてあんな下品な女優じゃ駄目だな

118 名前:名無シネマ@上映中 [02/08/13 23:21 ID:LG0JoTQT]
>114
トーマスが地味すぎ、に同意。
レイフもこの映画では、物語を引っ張るパワーに欠けるように思う。

119 名前:名無シネマ@上映中 [02/08/13 23:23 ID:Ses4ydsN]
俺はトーマスの洗練された英国女優って感じであの映画には
ハマリ役だとは思うけどな。地味と言えば地味だが派手にすれば
良いというものじゃないし

120 名前:名無シネマ@上映中 [02/08/13 23:36 ID:7pWxDk5y]
俳優についても、好き嫌いが分かれるのはしょうがない、と。
キャスティング次第でもっとヒットしたかも知れない・・ヒットすれば
良いと言うものでも無いけど。

122 名前:名無シネマ@上映中 [02/08/13 23:51 ID:O6RnJfc5]
>120
デミムーアならヒットするかもしれんがオスカーが逃げてく罠。

125 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [02/08/14 00:27 ID:lFomG6EG]
デミ・ムーアだと、洞窟で生きて待っていそうだし、嫌。

126 名前:名無シネマ@上映中 [02/08/14 00:30 ID:E9gD2Zt9]
>>125
ワロタ

腕立てとかしてそう

129 名前:名無シネマ@上映中 [02/08/14 04:57 ID:g8yalyGv]
>125
核心をついてますな。

127 名前:名無シネマ@上映中 [02/08/14 00:35 ID:ZIrevOr5]
>>125 ワラタ。
「ことの終わり」で共演したジュリアン・ムーアが最高かと。

132 名前:名無シネマ@上映中 mailto:age [02/08/14 12:05 ID:jSbN2iK5]
エマ・トムプソンにしとけば今より評価が高かった気がする。なんとなく。

212 名前:名無シネマ@上映中 [02/09/24 03:05 ID:6PkFZzXe]
いきなり相手をはたいて、肉欲まるだしみたいな描写がいやな人もいるだろうね。
全体としては好きなんだけど、ああいうところはちょっと、だな。

214 名前:名無シネマ@上映中 [02/09/25 01:21 ID:iKeLfF0o]
>212
私はそのシーンかなり萌え~でした。

私がどうしても好きになれないのは
飛行機の墜落の後の洞窟での会話のシーン。
二人がお互いに心底愛し合っているのはわかる。
だけど、女の夫があれだけの行動に出て死に、女も重傷を負っているのに
女の言葉に夫を悼む気持ちや、大変なことになってしまったショックが
全然感じられないところ。
「だーりん、まい だーりん、」なんて言ってて、イヤだった。
もっと胸のつぶれるようなやりとりがあって然るべきシーンのはずなのに!!!

15 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/10(火) 09:56:20 ID:daUCH7Bm]

20071115_20120204205320.jpg

けっきょくアルマシーの国籍はどこだったんだ?

16 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/10(火) 12:45:30 ID:g6amp1Iw]
出生国のハンガリーじゃないか?
イギリス人の患者って呼ばれるのが不本意って感じだったし

20 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/25(水) 02:19:17 ID:8/nxsnu/]
アルマーシーはオーストリア・ハンガリー帝国時代に生まれた、ドイツ系の貴族だと思う。

106 名前:名無シネマ@上映中 [02/08/13 09:36 ID:hYJdO1/X]
私がこの映画を見たのは昨年秋。
人にすすめられてビデオでみたんだけど、
1回目はなんとなく集中しなくて、途中でビデオを止めつつ細切れに見た。
好みのジャンルだったけど、そうかー、そうねーくらいの感想。
が、そんな見方をしたというのに、時間がたってから
印象的な場面が色濃く記憶に蘇ってくるんだよね。
見終わってからじわじわとココロを動かされる、不思議でした。
改めて集中して全部通してみて、この映画の虜になりました。
何日かは映画の気分から抜け出せなくて、涙目になることしばしば。
劇場でこの映画を見た人が本当に羨ましいです。
どこかでリバイバル上映やってくれないかなー。

その後読んだ原作(訳本でしたが)も素晴らしかった!
ビデオも繰り返し見ていますが、原作も幾度も読んでいます。おすすめです。

111 名前:105 [02/08/13 22:13 ID:CGA2BkuF]
>>106
私も砂漠を飛んでいく複葉機を想像するだけで、何故か気持ちが潤む。
不思議です。
浜辺にぽつんと置き去りにされたピアノ(なんてありえない光景!)
それだけで映画になってしまった魔術と似たものを感じます。

139 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [02/08/14 22:31 ID:cZquzKhm]
このスレ見て久々に思い出したので
DVD衝動買いして来てしまった。
中高6年間で相当映画館に通ったけど唯一ボロ泣きした映画です。
火垂るの墓みたく世間で泣けると評される映画等を
いくら見ても何とも思えず友達から何でこれ見て泣かねーの?
と言われまくり、自分が映画館で泣くことは
絶対無いだろうと思ってただけにその時はマジ焦りました。
最後涙隠すのに必死必死w しかも一緒に行った友達達は全然泣いとらんし。なぜだ。

んで今日さすがにもう泣かんだろうと思って見たら・・不覚にもまた泣いてしまった、
最後モルヒネ打つ場面になってピアノがなり出し始めるともう・・止まらない・・(;´д⊂)
でもいい映画だ。
俺にとっては見終わった後に映画っていいなぁと思わせてくれる数少ない一本です。

151 名前:名無シネマ@上映中 [02/08/21 23:28 ID:mNphFI32]
訳もなく突然思い出したんだけど、
砂嵐に遭ったあと、戻ってくるはずの仲間を待つ
アルマシーとキャサリンの、砂漠の夜の会話のシーン。
「Am I "K" in your book?」と訊ねたキャサリンの喉下を
アルマシーの手がナイフのようになぞる場面・・・

あれ、ぐっときますねーーーーーーーーーーーー。
原作でも結構強烈な存在感のある場面なんだよね。
これから読む人がいるかもしれないから、あまり書かない方がいいのかな~?

156 名前:名無シネマ@上映中 [02/08/22 23:52 ID:aSEzNYmD]
>151
私もそのシーン好き。
ダンスシーンの踊りながらの会話もいいなぁ。

167 名前:名無シネマ@上映中 [02/08/29 13:14 ID:Cpltobjt]

a_kick_ass_home_theater_640_08_20120204205319.jpg

シークの男がジュリエットべノーシュに壁画を見せるシーンしか印象に
残ってない。

170 名前:名無シネマ@上映中 [02/08/30 10:16 ID:vMLNg8mM]
>167
あのシーンがいちばん(・∀・)イイ!!

23 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/26(木) 23:46:57 ID:LLFzWhcx]
戦車が来る!戦車が来る!戦車来ちゃう~!!!
   あれ、素通りかい・・・・

220 名前:名無シネマ@上映中 [02/09/26 23:25 ID:54U0IX7X]
爆弾(だっけ?)処理中に、戦車が近づいてきた時は
100%  ド  ッ  カ  -   ン   だと
思ったのに~   肩透かし~

200 名前:名無シネマ@上映中 [02/09/22 02:11 ID:PZcWzAsn]
この映画のラストシーンで、アルマシ-を看病してきた女が
車に乗り込んであの地を後にするシーンあるでしょ?
あの車が走り出して、どんどん画面から小さくなっていって
画面の彼方に消えたと思った瞬間「ちゅどーん!」とかいって
地雷踏んで爆発したら笑えると思わない!?
おいおい~そりゃねえだろって!
俺、映画館でそれ考えてて一人で爆笑の渦だったよ。
俺だったらそういうふうに作るね、絶対。

203 名前:名無シネマ@上映中 [02/09/22 03:49 ID:z1hRQqQu]
>>200
馬鹿過ぎ。俺も想像してみてワロタけどねw

204 名前:名無シネマ@上映中 [02/09/22 07:34 ID:LdBHs8Wo]
>>200
そんなことを、それも映画館で見ながら想像できるということは、
あなたにはこの映画の素晴らしさが
まったく伝わっていなかったということですね・・・残念です。

この映画のラストは、哀しくて切なくて、
でも全てが昇華された説得力と、未来への希望を感じさせる
素晴らしいシーンだと思う。
カラパッジョとジョイア(車に乗せてくれる女性)との笑顔や、
子供の無垢な表情、自然の木々、光。
そしてハナの心の中に去来する、イギリス人の患者と彼の過去と、
自分自身の過去、そして戦争。でも車は未来に向かっている。

音楽が流れて、ハナの視線の先の木々が流れ、太陽のカットで止まる、
これを書いているだけで涙が出てしまう程、私は感動した。

205 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [02/09/22 08:06 ID:E+4ypOGM]
200は204みたいな真面目な感動派を煽ってるだけだと思うけど・・・

アーマシーが亡くなった時、ハナの目からは涙がこぼれたけど、
その唇には微笑みがあったよね。彼の苦しみが終わったことへの
共感かな。全てが終わり、車の荷台で少女と微笑み合うラストシーンは
自分も好きです。悲恋も戦争の悲劇も何もかも包み込んで、
それでも若い命(新しい日々)は未来へ続いていく、みたいな希望ある終わり方。

現実のビノシュは人間的に色々言われてるけど、あの映画のハナは
素敵な大人の女性になったと思う。キップと再会できたかは分からないけど。


関連記事

  1. 2012/07/04(水) 21:01:51|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【画像】スーパーヒーローキッズたちのシルエット | ホーム | カリートの道>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2759-b36018b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。