FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アヒルと鴨のコインロッカー

アヒルと鴨のコインロッカー
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1178093826/


1 :名無シネマ@上映中:2007/05/02(水) 17:17:06 ID:+T9YUh7A
いま最も注目を集める人気作家、伊坂幸太郎の同名小説を映画化。
ボブ・ディランの不朽の名曲「風に吹かれて」にのせて、
若者たちの奇妙な友情をミステリアスに描く。
映画やテレビドラマなどで人気上昇中の若手俳優、濱田岳と瑛太がダブル主演。
共演には関めぐみ、松田龍平、大塚寧々といった人気、実力を備えた面々が顔をそろえる。
『ルート225』で高い評価を得た中村義洋が監督を務め、巧みに構成された物語を見事に映像化している。

大学入学のため仙台に引っ越してきた椎名(濱田岳)は、奇妙な隣人の河崎(瑛太)に出会う。
初対面だというのに河崎は、同じアパートに住む孤独なブータン人留学生に広辞苑を贈るため、本屋を襲おうと奇妙な計画を持ちかける。
そんな話に乗る気などなかった椎名だが、翌日、モデルガンを片手に書店の裏口に立っていた……。

公式サイト
http://www.ahiru-kamo.jp/


66 :名無シネマ@上映中:2007/05/14(月) 18:03:47 ID:Tvc6vZbM
かなりの心配をしてたけど、成功してよかった
やっぱり原作を読んでいた人にとってはかなり心配だったけど、ほんとに脚本が練られてて
完璧。

大げさじゃなく、少なくとも上半期では邦画ベスト1間違いない。

69 :名無シネマ@上映中:2007/05/14(月) 21:17:04 ID:KKN8DNEz
どうでもいいがあのブータン人はどうやって生計をたててるんだろう。

70 :名無シネマ@上映中:2007/05/14(月) 21:39:09 ID:3CJS4uEa
ああやって集めた鳥を食べて生きてます

76 :名無シネマ@上映中:2007/05/15(火) 09:35:36 ID:V0xJOnZ7
俺は原作が先だったけど楽しめたよ
でも、もし映画を先に見れてたらって思うと結構残念かも。映画の出来がかなりいいし、
かなり感動したんで映画→原作の順番で俺も見たかったって気持ちはある

原作→映画のパターンだと先入観とかイメージができるけど、
映画→原作だとそれはあまりないからな。映画のイメージで原作を読むことが出来る

とにかく映画かなりよかった
もう一回観たい
瑛太、岳、松田龍平の演技がよかったのは当たり前だけど、以外にハローバイバイの関も雰囲気がよかった

81 :名無シネマ@上映中:2007/05/15(火) 13:27:15 ID:zIRK++mr
ハロバイ関は何役?

82 :名無シネマ@上映中:2007/05/15(火) 14:09:41 ID:MxQCKkJr
>>81
本屋の息子役?(原作読んでないので)

もし原作を読むか読まないか迷ってるかたいらっしゃるなら
私は原作読まないで映画に行く方をおすすめします

92 :名無シネマ@上映中:2007/05/15(火) 23:07:48 ID:zYi1PYcj
あ、映画は面白かったです

書店員の女の子が異常に可愛らしくて、死にそうになりました。

118 :名無シネマ@上映中:2007/05/16(水) 22:08:45 ID:3SIP54Cv
見てきた。
全米が涙するはずのラストシーンが静か過ぎてなっかり。
なぜ、あの箸は落ちないんだ?
椎名が結局、仙台に来て牛タンを喰ったのか否かはわからずじまいだった。
 
原作は今読んでいる。

135 :名無シネマ@上映中:2007/05/17(木) 14:31:51 ID:6jsJiHPt
岳の真実を知った時の演技がすごくよかった。
あそこはグッとくる。

146 :名無シネマ@上映中:2007/05/17(木) 22:30:36 ID:E7KIt7JQ
伊坂幸太郎は嫌な奴だ。
人に散々2001年宇宙の旅に匹敵するような絶望的なタイクツ感を味あわせた挙句、こっちが、おやっ?と気づいた瞬間に、指数関数的にクライマックスに持ってきやがる。
奴の描くパラレルワールドのいやらしい点は、感情移入をさせないところだ。おいら椎名なのか? 琴美なのか? だから、退屈。「ラッシュライフ」なんか、映画化できるもんか!と叫びたくなる。
 
やほーのレビューにもあったけど最初は退屈。しかし、おいらはその退屈感を十分味わってから、クライマックスを頂きたかった。
終わりよければ全てよし!が持論だから。
 
んでもって、なんでこの映画で泣ける?
「shall we dance?」の中盤で泣いて、友人に散々馬鹿にされたおいらが、この映画はちっとも泣けなかったし、その兆候もなかった。

エンディングが退屈だったことが気に入らない。それだけ。
時間の進み方が原作とはかけ離れているのが気に入らない。それだけ。
原作の三角関係がきっちり描けていないのが気に入らない。それだけだ。
とは言うものの、ん~、仕方ないんだろうなぁ・・・
原作を知らない人を退屈にさせない。
アレを表現するには、こうするしかないし。
時間内に収めるための三角関係の省略。 
原作の持つリズムが読めないおいらにとって、映画のリズム感は心地よかった。どの作品にもある陰惨な一面を、軽~く描いてしまう伊坂ワールドってこんなノリだよね?
評価をすれば64点。サンブンノニをちょっとだけ下回る。期待をすれば裏切られるし、期待をしなければ満足できる作品。
それは何となく、仙台という街にも酷似している。 
だからこの映画は好き。

147 :名無シネマ@上映中:2007/05/17(木) 23:02:50 ID:kSsFdmuQ
>>146
64点、にしちゃ指摘してる問題点(←ほぼ同感)を「仕方ない」と納得もしている訳だ。
じゃ解決策とかは評価してるんだね。
1時間50分だっけ?それは適当な長さだと思うし、そこによく収めてくれたなぁと。

俺は単純だから、いくつかの場面で泣いたけどね。

156 :名無シネマ@上映中:2007/05/18(金) 19:12:49 ID:cm7x8yrk
今日見てきた。
本屋の店員役の平田薫だけで満足。

231 :名無シネマ@上映中:2007/05/22(火) 21:56:15 ID:EuN6TIjG
平田薫(Kaoru Hirata)
1989年12月15日生まれ B型
宮城県青葉区出身
特技:ピアノ 趣味:手芸、料理
好きなスポーツ:バスケットボール



ttp://blog.amuse.co.jp/hiratakaoru/

彼女のブログでアヒ鴨ネタを見つけようとしたけど断念。。。
なんだぁ~? このタイトル???

161 :名無シネマ@上映中:2007/05/18(金) 22:39:41 ID:0395veh0
ロケ地が仙台といっても、どこだかわからんかった。
動物園が出てくるから、始めは八木山?って思ったけど、
風景に該当する場所が思い当たらず、、、歩坂町はなじみがない。

162 :名無シネマ@上映中:2007/05/18(金) 22:42:09 ID:HoLJe8u/
俺も駅周辺しか馴染みの風景がなかった

192 :名無シネマ@上映中:2007/05/20(日) 21:51:38 ID:41Q5UgMC
東北学院大&歩坂町懐かしすぎ!
別の意味で切なくなった

190 :名無シネマ@上映中:2007/05/20(日) 19:36:55 ID:rgg9Kyfm
三人組の女が気になった。

191 :名無シネマ@上映中:2007/05/20(日) 20:49:51 ID:jZxkw27P
>>190
おっぱいだけで制作費回収

962 :名無シネマ@上映中:2007/08/10(金) 00:54:56 ID:HnmmMbeM
おっぱいが気になってたら、バスト100かよ!
ペット虐待犯が爆乳である必要ねえだろw



http://www.zakzak.co.jp/gei/2004_11/g2004110411.html

220 :名無シネマ@上映中:2007/05/22(火) 13:51:37 ID:BD2arCW8
見てきたー。なかなか良かった。うまくまとめてるね。
原作読んでて、仕掛けに興味あって見に行ったんだけど
映画見てあらためて泣けた所もいくつかあった
文章では流しちゃうけど映像で見るとぐっとくるみたいな。
近所の弁当屋がほんとに出てたしラストシーンもよく通る場所だし
面白かったぁ
本屋の息子って都市伝説の人?なんか役者の才能があるかも

でもどうしてみんな揃ってあんなに訛ってるんだw
仙台の若者であんなに訛ってる奴そうそう見ないぞ。
悪い奴と嫌な奴が全員訛ってるから地元民としては結構ムカツク。
いい奴はみんなよそから仙台に来た人だもんね
ま、原作者もそうだから仕方無いかー

221 :名無シネマ@上映中:2007/05/22(火) 14:22:15 ID:u15aG4SU
確かに。仙台市民としてあの若者たちの訛は過剰演出だと思う。

226 :名無シネマ@上映中:2007/05/22(火) 20:02:30 ID:7mvuUI+C
「だっちゃ」とか「おい」だったら、塩釜の子でいそうだけど、
オラとかズラはいないよね。

240 :名無シネマ@上映中:2007/05/23(水) 19:57:52 ID:Iw10GAgC
書店員の仙台訛りは実際と異なるねw あの山形弁の方が仙台弁らしいと思うけど。
後半、一体いつになったらコインロッカーが出てくるんだろうって思いながら見てたw

以下ネタバレ









気になったこと
・あの人は仙台に戻って来れるのか?
・ドルジってまさかラストのあの後・・・なの?
・本屋のあの人の事を職場とか家族の誰も探さなかったの?
・松田龍平演じるあの人はいつから彼女のアパートの近くにいたの?
・○語が読めない留学生ってどうやって勉強するの?

243 :名無シネマ@上映中:2007/05/23(水) 21:38:30 ID:9ogrw0zt
>>240
原作にも(多分意図的に)明記ないからお好きな解釈で がふたつ
もういっかい観ようか がひとつ
そこを気にするようではドキュメンタリーだけ観ていたほうがいい がふたつ

248 :名無シネマ@上映中:2007/05/24(木) 02:03:08 ID:nGCRGTnI
>>240
仙台戻ってこれなそうだよね

あとやっぱりドルジはラストのあの後……でしょう。そう思うとなんかやっぱり悔しいなぁ、でもしょうがない

って…作り話なのにあれこれ考えちゃった

250 :名無シネマ@上映中:2007/05/24(木) 08:10:42 ID:6GJ7EMs+
低予算で見事に作っておるなあ、と思ったら
クルマがドッカーン!と・・・金ぶち込むとこはぶち込むなあ

最後はなんか、我らが仙台市、またさみしくなるな、という印象?
人がドッと外からやってきて、ドッと去ってゆく。
これからは地元民も、外から来た人もつなぎとめる町になってほしいな

251 :名無シネマ@上映中:2007/05/24(木) 17:24:25 ID:ZdOoZqfm
岡田将生が出てるね。東京公開の時は、岡田出演も宣伝に使った方がいいと思う。

998 :名無シネマ@上映中:2007/08/15(水) 23:01:46 ID:PBctyao4
天コケの大沢役か

しかし、どこに出てたのか記憶にないw
椎名の友人だっけ

999 :名無シネマ@上映中:2007/08/15(水) 23:14:04 ID:Sricx7D+
免許ないのにハシリヤのお友達じゃない?

302 :名無シネマ@上映中:2007/05/29(火) 21:24:21 ID:stRtY6cu
本屋の店長が元ベガルタの大柴選手に見えて複雑な気分になる。
大柴は決してあんなことしない…



354 :名無シネマ@上映中:2007/06/10(日) 17:50:51 ID:Thpz9WNd
ちょっと今から野蒜海岸まで鳥葬してくる

355 :名無シネマ@上映中:2007/06/10(日) 18:35:09 ID:/soT7T7L
ごちそう万菜で唐揚げ弁当買ってくるわ

356 :名無シネマ@上映中:2007/06/10(日) 18:36:38 ID:CkKwRsr5
そんじゃ、七北田公園でネコいじm(ry

467 :名無シネマ@上映中:2007/06/25(月) 09:59:35 ID:OKetS7Bl
以下ネタバレ含む

不満点
*椎名の「どう見ても日本人」発言の後の
 河崎の「教えた人が上手かった必死に勉強した」がない事
*河崎の自転車連続蹴り倒しが無かった事
*「外人だと分かったら協力したか?」に対する返答の椎名に躊躇が無かった事
*何故鳥葬にしたのか説明が無かった事
*河崎の正体判明後、椎名が一度も「河崎」と呼ばなかった事
*琴美の走馬灯(河崎の最後)が無かった事
*河崎の正体の誘導が露骨過ぎる演出だった事
*正体が分かった後、過去の出来事を全く同じ様に再度やった演出
*麗子の性格変化が一切表現出来ていなかった

満足点
*追加要素が殆ど無かった事
*椎名・琴美・麗子は配役違いだが、河崎・ドルジは配役が合っていた。特に河崎がイイ!
*麗子の行動で外人に対する対応無視(偏見)をまとめて演出したのは上手いと思った

疑問点
*河崎のジャケットは彼からの貰い物だと分かったが
 あのデカイ靴も貰い物だからサイズが合っていないのだろうか?

479 :名無シネマ@上映中:2007/06/26(火) 15:57:25 ID:ikOG8P+Z
>>467
ポスターでもそうだけど靴のサイズ気になるねw

個人的には走馬灯は必要だった。
あのまま終わって「えっ?」って思ったよ。
椎名がおっさんにしか見えなくてorz

534 :名無シネマ@上映中:2007/07/01(日) 20:37:26 ID:SGu0dlM9
私も今日、ガーデンで観てきた。

原作の車椅子の男の子とおねえちゃんのシーンがなくて
残念でした。

あと、椎名の実家は靴の製造じゃなくて、単なる小売りだったのでは?
製靴業のなぎら健壱、かっこよすぎ。

535 :名無シネマ@上映中:2007/07/01(日) 20:56:37 ID:bKtueFB/
原作厨か。

原作を忠実に脚色したら何時間になると思ってんだよ。
脚色の仕事くらい理解しろよ・・・。

574 :名無シネマ@上映中:2007/07/04(水) 22:42:49 ID:w+kQalFn
ブータン人ってとこが絶妙なのかもしれない(原作からですが)。
ブータン人で知っている人っていないから。
だから、誰がブータン人でもそういうものかな、と思えてしまう。


「シイナ、シイナ、オカシイナ」も伏線?

575 :名無シネマ@上映中:2007/07/04(水) 23:08:16 ID:ausCrSDX
シイナ、シイナ、オカシイナは、非常に奥深い伏線。
ここで、オカシイナと言っているのに、
この時点でオカシイナと感じる人がどれくらいいるのだろうか?
原作読まずに見に行ったオイラは、
ようやく弁当屋で、オカ椎名?と思った。

幸太郎がそこまで伏線を張ったとは思えないけどw

579 :名無シネマ@上映中:2007/07/05(木) 05:15:24 ID:VfDPT/+H
>>575
弁当屋は映画オリジナルシーン。ヒント増やしたのかな

602 :名無シネマ@上映中:2007/07/07(土) 21:39:19 ID:K1Pk3XPU
さぁ、犬でも助けて彼女をみつけようか、なんて思う人もいるかもね。

621 :名無シネマ@上映中:2007/07/11(水) 03:54:33 ID:nd/oeBQX
瑛太の『ディラン?』て言うときのうれしそうな顔…

いいっすね。。。

713 :名無シネマ@上映中:2007/07/19(木) 02:52:14 ID:l1fbmaj/
見てきた
映画としてどうなんだろ
面白かったけど、見終わった後に
なんか以前こんなの見たようなって感じだった
面白かったんだけどね

あと、ブータンの人があの期間でどんだけ日本語上手くなるんだって感じ

714 :名無シネマ@上映中:2007/07/19(木) 10:58:24 ID:9bz8pb7C
なんで?
部屋にずっと引き籠もって練習してたんでしょ?

715 :名無シネマ@上映中:2007/07/19(木) 10:59:49 ID:Lj2wIx77
>>714
その間誰かと話したのだろうかと考えるとまた泣けてくる。

767 :名無シネマ@上映中:2007/07/25(水) 12:58:41 ID:NynxCbS2
ずっとそうだけどネタバレ





時系列的には、映画最後の方、ブランコのとこで形見のジャケット
羽織るシーンで初めて姿勢と歩き方を真似をするから椎名は関係ない
それからの2年間を考えると切ない
ほとんどいっぺんに大切な2人をなくして喪失感絶大だろうし
自分が日本語できたら、警官ともっとコミュニケーション取れて
あんなことにならなかったかもという自責の念もあるだろうし
日本語もうまくなるっつーもんだ

そもそも襲撃は河崎ががやろうとして途半ばで頓挫したこと
やりのこしたこと
河崎としてやることに意味を感じていたのでは
その前に、かっこいいとか、憧れ、とか好きとかはあったと思うけど

すべてを準備しながら誰かが来るのを待っていた

771 :名無シネマ@上映中:2007/07/25(水) 23:46:48 ID:8H7ZRWTI
レビューサイトに
「2人で本屋を襲う必要性が感じられない。
裏口に細工しとけばいいだけの話だし
1人のほうがよっぽど安全」
みたいな意見があったけど
ここの皆はそこらへんどう解釈します?
何故瑛太は誰かがくるのを待ってたんだろう。



772 :名無シネマ@上映中:2007/07/26(木) 00:04:37 ID:q6tFDZR6
>>771 そんな単純な解釈じゃないよね?恐らく、きっと。
誰かが来るのを待っていたんじゃなく、どうしようもなく救われたかった。
そこに、ディランが聞こえてきた。そして彼は、神の声を聞き実行を決意した。
一人で実行は可能かもしれない。でも、それでは意味を成さない。
金で買った広辞苑が欲しいんじゃなくて、奪った広辞苑が欲しいんだ。
本屋を襲う必要性ではなくて、本屋を襲う過程が必要なのさ。
この解釈、ちゃうちゃう??

773 :771:2007/07/26(木) 00:17:53 ID:rKG5MS7i
ありがとう772。
原作にも「俺は明日1人でもやるよ」ってセリフがあったし
きっとディランを歌う男じゃなければ
誘ったりはしなかったのかもしれないね。

ディランが聞こえたことが
引き籠もり脱出のキッカケにはなっただろうけど。


なんかうまく言えないけど。

779 :名無シネマ@上映中:2007/07/26(木) 03:20:46 ID:sw9+NN2z
>>771
初回襲撃のときふたりだったから
河崎が裏口見張れ、と言ったから
やりかけたことの再現と完遂

椎名が参加しなかったらどうしてたかね
スイッチ入っちゃったから、パズルのピースが欠けてるな
と思いながらも実行したのかな

ふたりだと、アリバイ証明にもなるかも
たとえば店長行方不明の件でドルジに捜査の手がのびることがあったとして
本のことは認めても、店長知らん、その時間帯、彼は僕とふたりきりだった
と何も知らない椎名は証言するだろうから

781 :名無シネマ@上映中:2007/07/26(木) 13:22:01 ID:x++q963S
>>771>>779
ボウリング場の裏口から逃げられてしまい、それで悲惨な目に遭遇したんだから
その教訓を生かしたんだと思った。

782 :名無シネマ@上映中:2007/07/26(木) 14:06:38 ID:TxdC0t6G
悲劇は裏口から起こる

790 :名無シネマ@上映中:2007/07/27(金) 00:53:26 ID:c/gKxESN
※ネタバレ注意



ドルジは、琴美が死んだ時は、イマイチ悲嘆に暮れている様子が薄かったものが、
河崎さんが死んだ時には大号泣の大絶叫しとった気がする。
変な意味ではなく、
琴美より河崎さんの方に、ドルジはより親近感を持っていたと思った。

791 :名無シネマ@上映中:2007/07/27(金) 01:57:59 ID:TKcM9/VC
ネタバレ?




>>790
次々に大事な人を失ったら、そりゃ後になるほど号泣して止めてくれってなるんじゃね?
孤独になるし、どんな悲しさや虚しさや淋しさが襲って来るかもう知ってるんだもの。
琴美の場合は呆然/ショックの段階から表面的な平静は保たれている段階の
間の時間が飛んでるだけだと思う。

792 :名無シネマ@上映中:2007/07/27(金) 02:07:46 ID:lDNTleFn
ネタバレ(これまだいるの?)




琴美没後の唯一の心の支えだったんだろうよ>河崎

ところで、あの大号泣顔が瑛太にみえん
顔面崩壊w

795 :名無シネマ@上映中:2007/07/27(金) 12:38:02 ID:t/O3jn24
ブータン人の10人中6人はドルジ

798 :名無シネマ@上映中:2007/07/27(金) 15:55:14 ID:EZtuarBL
椎名が、風に吹かれてを歌いながらダンボールまとめてるシーン
1回目はまぬけに見えたけど、2回目は救世主のようだった。
あの間の抜けた姿にホッとした。

799 :名無シネマ@上映中:2007/07/27(金) 16:44:06 ID:6D2V6quk
1回目と2回目だと、あのシーンの受け止め方が全然変わるよねー

「ディラン?」

810 :名無シネマ@上映中:2007/07/28(土) 00:08:06 ID:4AiplGFN
まだ「ネタバレ」扱いの方が良いのかな・・・




ラスト、CDプレイヤーをコインロッカーに閉じ込めようとするの
原作ではドルジなのに映画では椎名になってるのは意味があるの?

814 :209:2007/07/28(土) 01:09:47 ID:ga8yiS/A
原作ではドルジが提案した「神様を閉じ込めに行かないか」を
映画では椎名の行動とした理由については、「椎名の成長を見せたかったから」との事。
確かに映画版のほうが椎名が彼らの物語に参加した結果としての「変化」が表現されているんだよね。

851 :名無シネマ@上映中:2007/07/30(月) 23:16:53 ID:hgXS0x7E
最後に電車内で牛タン弁当食べてたのは、
もう仙台でやり残した事は無い→仙台に帰って来るつもりは無し


ってことなのかね。なんかラスト辺り、椎名がすごいよそよそしく感じた

852 :名無シネマ@上映中:2007/07/31(火) 00:57:12 ID:F8nRdSxC
確かに帰って来るという意思は弱く感じたな。

「また会えるだろ?」という内容のドルジの問いかけに、
「多分ね」といった調子で、曖昧な返事しかしなかったし。

853 :名無シネマ@上映中:2007/07/31(火) 01:00:49 ID:RxXGwgWR
でもまあ現実的にはアパート引き払わなきゃだし
会えることは会えるよなー

854 :名無シネマ@上映中:2007/07/31(火) 01:48:14 ID:NopFH4ZA
>>851
自分もラジカセしまったあとのお別れのとこよそよそしく感じたー
椎名が自分の意志ではどうしようもないことで、かつ正直なヒトだから
ああいう態度になったのかもしれないけれど、すごいさみしかった

>>853
両方生きてればね



855 :名無シネマ@上映中:2007/07/31(火) 08:29:35 ID:HHdCKjoW
自分の未来はもう暗いわけで、そういう時、ああいう態度になるのは普通だと思う。
うっかり、寂しいとか残念とかいう感情を出してしまったら、そこで崩れてしまうよ。

彼の方からラジカセをしまってくれたことが(原作とは反対に)最大の優しさだと思う。

856 :名無シネマ@上映中:2007/07/31(火) 12:48:42 ID:jNu2dpfF
そーだよな。あらためて考えたら、
親父は死にかけらしく、せっかく入学した大学は辞めなければ行けない感じで
せっかく仲良くなった人間は犯罪者になってしまったし
捜査が進めば椎名自身も関係者として警察の世話になる可能性も高い



こんな状況で、ラジカセを隠したのは精一杯の優しさだよな

俺だったら、ドルジに同情こそするかもしれんが、怒りのほうが大きくなると思う
騙されて殺人未遂の手伝いをさせられた訳だし。
確かにペット殺し達は最悪の人間だけど、
冷たい考え方になるが、自分と琴美は直接の関係が無いのに復讐の
片棒をかつがされたんじゃ、納得いかんよ

906 :名無シネマ@上映中:2007/08/04(土) 03:22:12 ID:oOr1o6LJ
椎名と麗子さんが初めて出会う場面なんだけど、
麗子さんは何故ドルジを探してたんだ?
「ペットショップの店長の麗子に気をつけろ」ってのも
ワザとらしいセリフだしな…。
麗子さんはドルジが犯罪を犯すことを
予感してたのかな?

907 :名無シネマ@上映中:2007/08/04(土) 13:04:06 ID:XlOb3JrA
河崎も死んでしまって、落ち込んでるんじゃないかと
探しに来たんじゃないかな。もちろん、嫌な予感もあったんだろうけど


関連記事

  1. 2008/09/25(木) 21:13:24|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<オーシャンズ13 | ホーム | 13/ザメッティ>>

コメント

ここで話している人たちはブータンの生まれ変わり論を軽視している。
ブータン人は人が生まれ変わると信じている。
そして河崎はボブディランが好きだった。
  1. URL |
  2. 2012/09/23(日) 17:36:27 |
  3. ななし #2ykNyDH.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/274-cc2d3c2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR