2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

七瀬ふたたび

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1265911005/
5_20120121133117.jpg

1 :びあれ主任φ ★:2010/09/28(火) 10:02:53 ID:??? ?BRZ(10001)
人の心を読むことができる能力者・テレパス。美しきテレパス火田七瀬は、能力者狩りの
暗黒組織に追われていた。組織は、能力者の絶滅をもくろんでいる。透視、念動力、そして
未来予知…七瀬がこれまで出会ってきた能力者たちにも、組織の間の手が伸びてゆく。
都会の夜、繰り広げられる七瀬と組織の追跡劇。組織の魔の手は、次第に七瀬たち
能力者を追いつめていく。七瀬たち能力者に安息の地はない。組織との闘いの中、次々と
倒れていく、仲間の能力者たち。七瀬がひそかに愛していた予知能力者・岩淵了も、悲しい
愛のメッセージを残して、組織の凶弾に倒れる。(以下省略)
[ 2010年10月2日公開 ]

キャスト・スタッフ
監督:小中和哉
原作:筒井康隆
脚本:伊藤和典
出演:芦名星、佐藤江梨子、田中圭、前田愛、ダンテ・カーヴァー、今井悠貴、河原雅彦、
池田成志、大杉漣、平泉成、吉田栄作


141 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/02(土) 16:50:36 ID:Ng1QtzHK]
映画の感想を少し。
追い詰められてくのがつらかった。
最後に救いというか希望を見せて終わったけど、これでいいのかなぁ。
原作は昔読んだはずだけど細部を忘れてしまった。
狩谷との対決部分は良くわからなかったので、読み直してから行った方が良かったかも。
芦名はきっちり演じていてはまり役だと思う。前田の演技は味があった。

144 名前:名無シネマ@上映中 [2010/10/02(土) 19:47:43 ID:tGZ03z6F]
まさしく「七瀬ふたたび」でした。まず、とても丁寧に作られている。静かに描写を重ねて受け手の心がざわつくのを息をひそめて待ち構えている感じ。
必然がないものは画面から、或いはストーリーからどんどん省かれて行く。この息苦しいほどのストイックさの果てに、超能力を使った結構驚くような見せ場が来る。…故にその描写によって引き起こされる突然の開放感はかなり印象に残る。
(ただ、そのことを思い付くのは七瀬ではないほうが良かったんじゃなかろうか。エンタメ的には…)
企画から10年越し。キャスティングは全く問題無い。特に主演の女優とテレパス坊やはまさしく原作どおりのはかなさをたたえている。この二人を正統・小中監督が演出して「七瀬ふたたび」を撮ったというだけで今回の映画のできは8割がた保障されたようなものだ。
伊藤和典の台本はさすが理系のスキモノだけあってSF的なトリックの説明はそつがないと思った。最後の大技は賛否あるだろうが「七瀬ふたたび」そのものに対する敬意と愛情と執着が無ければ出てこなかったはずで、俺は納得できた。
ただ、ここ10年でこの類の切り口は散々見たのも事実で、その点映画といえど旬の季節はあるよなあ…とも感じた。
中川翔子のプロローグが意外なひろいものであれと合わせ技で88点の満足度でした。
オススメです。

148 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/02(土) 23:32:38 ID:M9z+N8fs]
七瀬のもとに、エスパーが集まってくる過程をカットバックで見せる構成にしたばっかりに物語の前進力が削がれてしまった。さらに七瀬たちの絆の強さが観客に伝わり難くなってしまって失敗と思ったな。
あと超能力者抹殺組織がしょぼすぎる。威圧感がないから七瀬たちが追い詰められる緊張感が盛り上がらない。クライマックスの湖畔の場面なんて兵士達はただ居るだけのその他大勢でしかなく、まじめに演出しているのか疑いたくなった。

152 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/03(日) 18:11:35 ID:2ybjEqRM]
ドラマも本も見てないで
いきなりこの映画だけ観るときつそう

175 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/07(木) 15:39:44 ID:a2oYS+9k]
>>152
俺だ。タイトルと超能力者の話ってことは知ってる。
さっき見てきたけど、超能力者の闘争ということで「スキャナーズ」を思い出した。
子役が大きいのに子供声でコビトの人に見える。
電車のホーム及び電車内でのサスペンスは無理があると思った。
運転手も車掌もホームの人もカメラもないのかよ。
ブコフで原作見かけたら買ってみます。

153 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/03(日) 18:51:59 ID:kcRgkvuR]
ヘンリーが念力で七瀬を飛ばして湖を渡すシーンは正直萎えたわ…
やっぱり相手の敵地に乗り込むより追い詰められる方がいいな

154 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/03(日) 19:22:59 ID:ugeoLYg2]

77_20120121133114.jpg51_20120121133115.jpg

七瀬ブーン…

213 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/11(月) 18:57:59 ID:obwS4xlR]
観てきた。既出かもだが湖のシーンは 
⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン
にしか見えんかった。チープさも相まって笑いを必死で堪えたよ

258 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/13(水) 18:59:06 ID:tSR1kYoU]
湖ブーンを見た。原作未読なんだけどあれは原作にもあるの?ブーンに気を取られがちだけど、よく考えたらシュールな場面だよね。ここ二人がワンカットで映る場面があったら多分吹いてたわ

260 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/14(木) 18:00:46 ID:W5KJSN6+]
>>258 原作に湖ブーンはないデスw

「七瀬ふたたび」って後から振りかえってみると女性目線でフェミニズムに
あふれているように書いてて実は強烈な女性蔑視の裏返しのような気がする
やることなすこと裏目に出てる所とか…

筒井御大ならそういう捻くれた露悪趣味こっそり仕込んでそうなんだよね

171 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/06(水) 21:38:54 ID:f23yDwEY]
原作は多分35年前読んだが、あの文章を上手に映像化してる感じがした
先にしょこたんの短編があるおかげで本編のCGの使い方もすんなり受け入れられた
でもCGが安っぽすぎる…飛んでるとことか酷すぎて恥ずかしくて下向いた
あとダンテが使う携帯のロゴが大写しだったのは映画もスポンサーなんだろうか?

179 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/08(金) 00:03:18 ID:qG/jWO1Y]

2003836_201111180450135001321542053c_20120121133113.jpg

前田愛のファッションとか駅の看板とか
昭和設定でやりたいのになーていう気配を感じた

170 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/06(水) 19:53:48 ID:ELGf7cQr]
見てきたぞよ。脚本が伊藤和典だけあって、良くも悪くもアニメ的な展開だった。でも、原作とか過去の作品見てないとさっぱりわからないなw
途中ダレるとこもあったが、クライマックスはちょっと鳥肌たったし、改変されたラストもパトレイバーあたりに似た高揚感があって、これはこれでいいんじゃないか。
それより、なんと言っても芦名星の存在感は圧倒的だな(演技はまだまだとしても)。こんな女が近くに寄ってきたら、プレッシャーで死にそうだw 生きた人間兵器だろ。

180 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/09(土) 19:03:52 ID:4iOSkhaY]
見て来た
主演女優の演技がかなり駄目だと思った

183 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/09(土) 21:45:43 ID:j3cjHThH]
芦名星の美しさは一見の価値あり。

185 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/10(日) 09:20:05 ID:8smNbleI]
>>183
いやー、その辺は好みの分かれるところだなあ

184 名前:名無シネマ@上映中 [2010/10/10(日) 08:38:28 ID:8U4NS0is]
ふつうにツマラナカッタ。
吉田栄作が生きてることが分かったのが収穫。

affiches films yeux

186 名前:名無シネマ@上映中 [2010/10/10(日) 11:29:03 ID:96gXA6w8]
キャスト糞杉だろ
ソフトバンクに佐藤とか情けなくって涙が出てくるわ

192 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/10(日) 21:59:31 ID:117TEczn]
見てきた
ノリオが舌足らずな話し方なのに結構ごつい子供なのが違和感あった
終盤、子供をあんな風に見せるシーンはハリウッド映画じゃ絶対無理だろうなーと思った

193 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/10(日) 23:09:51 ID:8smNbleI]
>>192
なんかパンフ見るとけっっこう有名な子役の模様。
俺も違和感覚えた。

383 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/11/28(日) 05:40:46 ID:YOPH9HNL]

14_20120121133117.jpg

ほっしゃんって子役も出来るんだな

384 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/12/05(日) 13:46:00 ID:7SjCdURG]
子役がピザ

385 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/12/05(日) 23:07:48 ID:0yFnNkr4]
肥満児傾向もあるけど12歳に7歳の役やらせてるから無理があるんだよね
大人の5才差と成長期の5才差とは雲泥の差なんだが…

313 名前:名無シネマ@上映中 [2010/10/23(土) 14:59:09 ID:NqGTDqjQ]
海苔男は子供店長にするべきだった

321 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/23(土) 22:05:45 ID:qznhqHde]
>>313
そんな予算は無いよ

194 名前:名無シネマ@上映中 [2010/10/10(日) 23:37:01 ID:3C4J5NXx]
今観た。
携帯なんで上のほう読まずに書くが、コンビニ(?)のシーンはなんなんだ?
なんで客が「化け物」「人殺し」とか思ってるんだ?
彼女らが指名手配されてるような描写とかあったっけ?

一応ずっと起きてたつもりだが、寝てたのかな・・・

197 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/11(月) 07:17:02 ID:y3v86Whp]
>>194
とくにないので、自分で脳内補完だねえ。

201 名前:194 mailto:sage [2010/10/11(月) 12:27:23 ID:RONwU8qR]
>>197
やっぱり無かったか。
我々観客も、恥ずかしくて正視できないCG合成とかは
「まあ低予算だからしょうがないか」フィルターかけて見てるのに、
こういう予算と関係無いところまでダメだとな・・・。

映画の出来不出来は金に関係する部分と関係無い部分があるけど、
せめて後者はしっかりしてほしいわ。
同じような超低予算でも口裂け女2なんかホントしっかり作ってたし。

202 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/11(月) 13:09:50 ID:462+uldT]
シナリオでは有ったけど上映時間の関係でバッサリ切ったというのもよくある話…

その場合DVDでは有るかもよ
オレは買わんけど

198 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/11(月) 08:11:40 ID:Lkev185X]
今年見た映画の中で最高に糞だった。
湖ブーンはマジで目を覆いたくなり
ダンテのケータイシーンに至っては白い犬が
でてくるんじゃないかとヒヤヒヤした。

2401540_20120121133143.jpg

199 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/11(月) 08:36:52 ID:462+uldT]
いっそ出てくりゃ制作費がハネ上がったんじゃね?
こういうエスエフは金かけないと陳腐なものになる
全部沈没もSFXに金かけてスター達をそっくりさんでなく御本人に頼んでりゃ評価変わったろうに…
無理かw

208 名前:名無シネマ@上映中 [2010/10/11(月) 18:02:31 ID:Z4MFo/Oa]
ソフトバンクのCM見たいな映画でした

211 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/11(月) 18:12:30 ID:6xgtNnZY]
さっき見てきた!
5分おきに流れる物悲しげなテーマソング、七瀬よりヘンリーより頭のでかい遠近法を無視したノリオ、
意味ありそうでなかった大杉蓮と平泉成、ラストバトルがすべて抽象映像、サトエリと芦名の鼻の穴の長まわし

本当に抱腹絶倒でエンドクレジットまで笑いを我慢するのが大変!
とりあえず笑いすぎて腹筋いたいです

203 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/11(月) 13:37:29 ID:JpPd0q5h]
エロは? エロは見れたの?

205 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/11(月) 15:21:59 ID:klo1cTv8]
エロ要素は0

217 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/11(月) 19:36:42 ID:QI2SE8Wb]
視姦描写が抽象的すぎると予知能力男との
切ないシーンが弱まっちまうのにな
乳首出せとはいわんが酷すぎ

106 名前:名無シネマ@上映中 [2010/09/16(木) 12:14:57 ID:KsT0B7V1]
筒井康隆が認めた七瀬ということだけど、俺のイメージとはあまりに違う。
どうも鴨川ホルモーのおぞましいあの女のイメージを引きずるし。

224 名前:名無シネマ@上映中 [2010/10/11(月) 21:11:25 ID:TLy5Vvcc]
筒井先生はこれお気に入りなの?

226 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/11(月) 21:16:22 ID:jir6SbSz]
>>224
ほんとに気に入ってるのは芦名のルックスだけだろうな

d2002_20120121133140.jpg

227 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/11(月) 21:16:47 ID:wK4mE2wD]
>>224
芦名星は気に入ったようだね。

324 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/25(月) 12:11:44 ID:m+5fN/7Y]
この女優、他の映画で脱いでるらしいな。
今回はギャラ少ないから脱がないのか?
それともエスエフだから?

327 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/26(火) 01:36:22 ID:oUoAMzfc]
>>324
「シルク」で東西貧乳対決。

325 名前:名無シネマ@上映中 [2010/10/25(月) 17:16:09 ID:YHawjEA3]
監督が外人なら脱ぐんじやない?

347 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/11/02(火) 22:18:55 ID:HtsLj68h]
七瀬 湖を飛ぶ

七瀬 栄作を燃やす

七瀬 撃たれても這ってゆく

七瀬 OPに戻る

七瀬 裸にならない

なんかやらんでもいいことばかりやって
やって欲しいことやってくれんかったわ

237 名前:名無シネマ@上映中 [2010/10/12(火) 00:55:34 ID:jMrNQ7+h]
気になったのが、七瀬にくらべて
恋人役?の未来予知の男の顔が幼く見えたんだよな。

20071115_20120121133142.jpg

219 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/11(月) 19:40:39 ID:jy1pC1j7]
空飛ぶシーンや、銃で撃たれたはずなのに??ってシーンがあったりして
出来は悪い映画だったけどサトエリは味があった気がする
いい意味でヘタレな表情がすごく出てた

前田愛もテレパスなんだろうと思って見てたのは俺だけ?

238 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/12(火) 07:26:31 ID:ueYu+SIa]
敵側が前田愛も超能力者だと思ったのは何故?

242 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/12(火) 20:17:40 ID:2qU+7MKb]
>>238
普通じゃなく感情のテンションが高いから。
一応、映画の七瀬もセリフで言ってるけど原作読まないとわかりにくいよね。

244 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/12(火) 21:13:17 ID:xcytVBga]
>>242
ホント分かりづらい
意識の流れが速いの一言で済ませるなっての
編集されたのかもしれんけど、どうも伊藤の仕事とは思えない

246 名前:名無シネマ@上映中 [2010/10/12(火) 21:28:11 ID:FiE+wi/G]
お前らそもそも期待しすぎなんだよ
こうゆうのは基本クソで、万が一出来がよかったら、程度に思わんとな
NHKのドラマで懲りなかったのか?

249 名前:名無シネマ@上映中 [2010/10/13(水) 04:19:32 ID:dHd5k6BL]
期待しなければ、NHKの08年ドラマよりも
ほぼ原作通りだし、高望みせず雰囲気を楽しむだけでよしとすべき。

251 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/13(水) 09:18:21 ID:BVcj1A3n]
>>249 NHKの08年ドラマ

柳原可奈子とか出ててサイアクだったw

254 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/13(水) 12:57:57 ID:5ivB5yRb]
でもそんなにクソな映画でもなかったぜ。
評価高い原作あるし、芦名綺麗だし、伊藤のアニメ的なわかりやすい脚本と音楽がマッチして金返せとかは思わなかったな。
日本沈没とか、観戦列島とか、海猿とか、252とかよりマシだろ。

270 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/15(金) 18:04:16 ID:gfcbGW2X]
映画観て来た。

脚  本:前半カットバックで省略しての2時間なのにグダグダ、しかも原作かなり改変してるのにグダグダ
音  楽:終始癒し系でメリハリがないので眠くなる
C   G:「湖ブーン」を頂点にして全般的にチャチ。技術や予算の問題じゃなくて狙ったとしても安っぽすぎる
サトエリ:藤子は若いのに老成したキャラと思ってたがサトエリの解釈は「臆病キャラ」に徹していて、それはそれでアリかも
吉田栄作:とにかく見た目の劣化が目立つ。原作にないキャラだが設定としては面白い
ダンテカーバー:外見は合ってるが「カタコトも程ほどにしろ!」といいたい位セリフが聞き取りにくい
ノ リ オ:育ちすぎ!顔がでかい。「白木みのる的な何か」に見えて気になってしょうがない。実年齢12才に7才の役は無理がある
ヘニーデ娘:まあまあ。若い頃のサトエリでも代替可かも
芦名 星:芝居はともかく見た目は良い。大アップで笑うと篠原涼子、中アップだと天海祐希、遠目で鈴木紗理奈と水川あさみに
      見える。いろんな要素が入っているように見える美貌はデビュー当初の松浦亜弥を彷彿とさせる。
      邪推をすると「どこぞの美容整形外科の最新モードの傑作」かも知れない。
平泉 成:平泉成の無駄使い。ホントは暗殺集団の次に七瀬達にとってはやっかいな人種でギラついてて執念深いハズなのに
       平泉成は枯れてていい人すぎる

暗殺集団をサバイバル・ゲームっぽく演出しちゃうのは特撮&ミリヲタ監督としてはわからんでもないけどやっちゃいけないんだ
よねー、でもやらかしてる。それで既に安っぽさ減点1。

ラスト藤子が20分前に戻るのではなく出合った場面に遡行してやられた一部始終の顛末を七瀬に伝えるという設定変更とアセ
ンション的な要素の追加(世の中全体で超能力者が増加する傾向)は見方によっては面白いし、必然性があるかも

総括:映画「どろろ」が妻夫木聡のお披露目映画だったように、映画「七瀬ふたたび」も芦名星のプロモーション映画だと思いますた。

272 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/15(金) 20:51:34 ID:3uMjRWf1]
>デビュー当初の松浦亜弥を彷彿とさせる

ねーわwww

275 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/15(金) 22:25:27 ID:gfcbGW2X]
>>272
松浦亜弥に似てるんじゃなくて【いろんな人に見える】所が似てるんだYo!
芦名星とは方向性がぜんぜん違う。

「いろんな要素が入っているように見える」という箇所が
「デビュー当初の松浦亜弥を彷彿とさせる」にかかるわけ

「ドッキドキ☆loveメール」歌っててまだ口がタコ口だった頃の松浦亜弥
は成長したら「深津絵里」になりそうな顔に見えたり4人分くらいの女優
の良さみたいなのが期待値を含んでいいと取りみたいな感じだった

284 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/16(土) 09:42:22 ID:3dd6Qryv]
吉田栄作みたいなボスを作ったのはよかったと思うよ
パイロキネシス出してくるのも面白いと思った

390 名前:名無シネマ@上映中 [2010/12/15(水) 12:55:25 ID:3fGKkolm]
テレキネシスで店から食料品をクルマへ飛ばすところは
シッカリと映像化してほしかったな
テレビドラマでもできる事が映画でできないとは言わせないぞ
カネの使い方を知らない映画だ

416 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/04/15(金) 12:24:06.87 ID:W1sSsvPU]
予算等の制約の中で、スタッフの拘りと熱意が感じられた作品だった。

監督の話だと、この作品の映画化にあたって原作者が唯一出した条件が「俺を出演させろ」だったらしいが、実現しなかったのが残念w

354 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/11/06(土) 19:06:53 ID:QLhsy5oB]

41_20120121133115.jpg

映画のラストの藤子さんのあの使い方は「ずる」じゃないか。
あれだと何回も藤子さん戻ってヨボヨボになっちゃうよ。

平泉成さん、もちっと狂言回してきな役とか動いてほしかったなぁ。
あと、キューティハニー女優やガメラ女優は死んではいけない決まりでもあるの?

360 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/11/10(水) 05:14:03 ID:pZwv2sU+]
>>354
>映画のラストの藤子さんのあの使い方は「ずる」じゃないか。
>あれだと何回も藤子さん戻ってヨボヨボになっちゃうよ。
藤子の能力を時間を遡る能力ではなく平行世界を生み出す能力って考えると「ずる」じゃないしヨボヨボ回避も可能だと思われ。
原作ラストの数行や芦名七瀬の台詞でもそれめいたことを言っているのでそういう解釈だと思う。

362 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/11/10(水) 16:13:24 ID:GXrGgtoU]
ヨボヨボにはならんだろ
タイムトラベルしてるわけではなく意識だけ過去に戻ってるのだから
ただし、見かけはともかく精神年齢だけは年を取って行くけど
>>360
確かに、過去に遡った時点で平行世界が生まれるから
大まかに見て平行世界を生み出す能力と言ってもいいかもしれない

365 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/11/11(木) 07:23:01 ID:RuLTt/R0]
>>362
>意識だけ過去に戻ってるのだから
体ごと戻ってないと拡大解釈しすぎで原作から遠く別の話になってしまう

藤子は体ごと戻るのが原作。

366 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/11/11(木) 14:51:36 ID:SWI1Dvz6]
>>365
体の怪我が無くなってた気がするけど
確か死にそうな状態だったでしょ
そのまま体ごと戻ったらすぐ死ぬわ

367 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/11/11(木) 16:17:42 ID:mf0tUrPB]
なるほど‥。

藤子って本当は(つまり精神の存在としては)何年生きてきたんだろう。

368 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/11/11(木) 18:42:17 ID:oMs1B0K8]
藤子=不死子

372 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/11/12(金) 02:07:55 ID:kQDa4FRI]
>>368
なるほど

417 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/04/17(日) 09:02:42.79 ID:XFsgq0pA]
タイトルを拡大解釈したあのエンディングもアリだと思った。
ただエンドロールの後でいいから、前の七瀬が死ぬシーンを入れて欲しかった。

420 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/05/21(土) 14:13:42.67 ID:oP/hhBkx]
あのエンディングはいいね。
原作を読んでも七瀬の判断の悪さで仲間が死んでいくのにイラッとしたから、リセットしての再挑戦もアリだと思う。

288 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/16(土) 12:34:37 ID:pjDdOlMo]
ひょっとすると好評だったら続編をつくることを見越しての終わり方なのかもしれないな。
エディプスではなくオリジナルの続編。
タイトルも予想できる。
「七瀬たびたび」

291 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/16(土) 14:20:28 ID:P+XilUoY]
>>288
ざぶとんどーぞ

関連記事

  1. 2012/04/08(日) 20:30:40|
  2. な行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<海外のボディソープのCMが狂ってる件 | ホーム | 思わず保存してしまった画像>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2713-c1730632
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。