FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

プラダを着た悪魔

プラダを着た悪魔 THE DEVIL WEARS PRADA  
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1156780459/


1 :名無シネマ@上映中:2006/08/29(火) 00:54:19 ID:E4Aj/p8Q
2006年11月18日 日比谷スカラ座他拡大公開

FOX配給

出演
メリル・ストリープ
アン・ハサウェイ 他

公式
日 http://movies.foxjapan.com/devilwearsprada/


7 :名無シネマ@上映中:2006/08/29(火) 22:53:16 ID:dTOxx0ZD
試写会行ってきたぞな!

なかなかよかった~
(*´▽`*)
ファッション素敵でした。さすが!!

18 :名無シネマ@上映中:2006/09/21(木) 15:10:05 ID:/xfodHAQ
試写会で見たんだけど、すっごく面白かった。
メリル・ストリープがカッコよかったしさ。

64 :名無シネマ@上映中:2006/10/17(火) 12:57:38 ID:YXdnIaJq
俺は太平洋上でみた。
アン・ハサウェイ最高。

36 :名無シネマ@上映中:2006/10/09(月) 10:23:55 ID:eCaZsP7d
久しぶりに「見たい」という映画にであった
埼玉県・女性・25歳

37 :名無シネマ@上映中:2006/10/09(月) 22:28:42 ID:SlAwzshM
働く女性なら誰もが共感してしまう自分の姿だ
神奈川県・女性・24歳

38 :名無シネマ@上映中:2006/10/09(月) 23:51:38 ID:4gCM8i4R
僕たちは働くために生きている
東京都・女性・29歳

39 :名無シネマ@上映中:2006/10/09(月) 23:56:51 ID:ORv9wxVf
メリル・ストリープがオシャレな役というのはどうも納得がいかない
島根県・住職・65歳

40 :名無シネマ@上映中:2006/10/10(火) 01:15:08 ID:j6QoDWF6
最初イモだなんだと笑われる主役のアン・ハサウェイはどう見たってスタイルの良い超美人。
この映画を見た大方の日本女性は怒るだろう。
東京都・おすぎ

43 :名無シネマ@上映中:2006/10/10(火) 11:09:49 ID:ct+nyVf0
>>40
しかし最初のシーンがカットインされた時異常にダサく見えたから不思議

91 :名無シネマ@上映中:2006/10/26(木) 00:32:25 ID:a/20AK8l

2ちゃんねる映画ブログ

アン・ハサウェイが可愛かった。
スタイル悪いとか序盤言われてるけど、「はぁ、どこが?」って感じだし
服もダサいとか言われてるけど、可愛く着こなしてるから
もの凄く違和感があった。

90 :名無シネマ@上映中:2006/10/25(水) 20:43:38 ID:fNET/fJV
この映画のメリル・ストリープには叱られたい。怒られたい。
思いっきり罵られてたい。罵倒されたい。

2ちゃんねる映画ブログ

162 :名無シネマ@上映中:2006/11/04(土) 07:06:52 ID:BYiijU2G
いつも善人のイメージのメリル・ストリープが嫌味な役をやってる、びっくり。
普通嫌味な上司いったら何故かメリルの親友グレン・クローズ連想する
けど、実生活では役獲得するために手段を選ばない嫌味なおばちゃんらしいから
メリルにこの役はあってるんじゃないかと。

140 :名無シネマ@上映中:2006/11/01(水) 22:21:06 ID:4DFquQ0Z
今日試写会見てきた。ストーリーはまあ良くある感じだったけど
とにかくメリルストリープが良かった!あんな年の取り方したい。
アンも可愛くてスタイル良くてもううらやましかった・・・。
写真集とか出してくれないかな。もう一度ファッションをゆっくり見たい。

154 :名無シネマ@上映中:2006/11/03(金) 03:00:25 ID:eNOZRqZV
こういう軽く明るい感じの映画のありがたみが最近身にしみる。
生死絡まさずに作れるかどうかって
結構技量出るよなあ

161 :名無シネマ@上映中:2006/11/04(土) 03:21:00 ID:TNuN5LDE
彼氏の視点から見たらちょっと嫌な映画になりそうだ

166 :名無シネマ@上映中:2006/11/04(土) 15:57:20 ID:T6vKMUcD
ユニクロ愛用者が
観にいっていいのか気になるところ

167 :名無シネマ@上映中:2006/11/04(土) 16:02:31 ID:lpA35WBL
>>166
いいんじゃないの、ファッション業界礼賛映画じゃないし
むしろその逆でしょ。

178 :名無シネマ@上映中:2006/11/05(日) 12:48:01 ID:z8/Q4Znz
 
僕と彼女と彼女の生きる道の
リンちゃんみたいに可愛い子役だったアンハサウェイが大人になってた

子供捨てて去っていったくせに養育権略奪したりょうさんがやってた母親みたいな役をクレイマークレイマーでやってたメリスストリープがおばあちゃんになってた

色々な意味でびっくり

191 :名無シネマ@上映中:2006/11/06(月) 23:20:57 ID:ksFMJnia
前半、似た上司がいるので、ものすごいストレスを感じて辛かった。
みんなアンの服装バカにしてたが、揃いも揃って黒い服ばっか着てるのも
どこがおしゃれなんだ?と感じずにはいられなかった。
あと、フリーランスの男は中村雅俊に似てるとオモッた。

208 :名無シネマ@上映中:2006/11/08(水) 11:49:02 ID:J+Kt+g0C
試写見てきたよ
ご都合主義がちょっと鼻についたけど、テンポよくて結構面白かった
何よりメリル・ストリープの存在感が圧巻
仕事はできるけど、回りから恐れられてる女王様の役は彼女の為にあると思った
メリル・ストリープをたんに嫌な上司に描かなかったのも好感が持てる
そこそこのヒットは狙えそう
一緒に行った友達は一所懸命、主人公にむかついていたけどね
彼女いわくこの映画に純粋にハマれるのは十代までらしい

209 :名無シネマ@上映中:2006/11/08(水) 12:52:44 ID:XIc27puF
>>208
彼女は馬鹿ですね

242 :名無シネマ@上映中:2006/11/10(金) 16:28:58 ID:mkX3o8B2
アンのおっぱいがゆっさゆさだった

282 :名無シネマ@上映中:2006/11/13(月) 00:48:39 ID:7borqFgG
多くの2chねらには
興味がわかない題材の映画だとは思う
デザイナーやカメラマンとか、名前がポンポン出てくるけど
分からない人が多いだろうし

映画中に出てくる
「ディマルシエ」
って名前、誰だっけ?
って、10分くらい考えて
フランス人の有名な写真家の
パトリック・ディマルシエ(表記違うかも)
だって、思い出したり
「ドナテラは誰とも話さないの」
ってミランダのセリフ
ドナテラ・ベルサーチ本人からクレーム来ないのか?
って思ったりw

有名キャストに混じって
高飛車なシニアアシスタント、「エミリー」を演じたイギリス人女優
本名も、エミリー・ブラントだってw

2ちゃんねる映画ブログ

彼女、魅力的だから、これから活躍してほしい

312 :名無シネマ@上映中:2006/11/15(水) 16:35:05 ID:QkNtMybs
男が見ても面白かったよ。
日本の予告編だと「ダサい女の子がきれいになって、仕事もステップアップして成功する」みたいな感じだけど、ちょっと違うよね。
「キレイになって、ステップアップしたけど本当に大事なのはそれじゃないでしょ?」って話だから。
しかし、アンハサウェイは最初からかわいいから「これのどこがださいんだー」って嫁と話してたよ。
あと、プラダってでてきた?
エルメス、ドルガバ、ガリアーノ、シャネル、トムフォードなんかでてたけど。

347 :名無シネマ@上映中:2006/11/18(土) 14:41:47 ID:rLVrbEMD
早速見てきた。ファッションに詳しい人の方が楽しめるね。
デザイナーの名前とかで「?」ってなる人でもまぁそれなりに楽しめるとは思うが。
「編集長が微笑んだコレクションは2001年のトムフォードだけ!」とかうけた。

あとさ、途中から主人公が着だすような服って、主人公の給料じゃどう考えても買えないんですけどね…。
たかだかアシスタントが倉庫から服持ち出して着たりできるの?それがかなり疑問だった。
バッグとかは編集長がいらないといってもらったのはわかるけど…。
大体あんないい服着てたらもとの服とか着れないよ、普通。質が違いすぎるもん。

ま、ファオタの意見でした。

348 :名無シネマ@上映中:2006/11/18(土) 14:50:22 ID:wfUyTauQ
だから、そういうのを全く楽しめなかった人が
この映画の原作を書いたわけ。
原作では「ランウェイの編集者が着てくれたら宣伝になるから」
といってブランドからプレゼントされるサンプル品が引きもきらない。
そういうのはデザインは美しいけど着心地も履き心地も悪くて
つけていても苦痛を与えられるだけ、みたいな感じで書かれてる。

292 :名無シネマ@上映中:2006/11/13(月) 15:21:01 ID:CTE6qqQK
タイトルにプラダってついてる位だから
服もプラダで統一されてるのかと思ったらシャネルやグッチいろいろ着てるのね

370 :名無シネマ@上映中:2006/11/18(土) 21:05:57 ID:7PA5rJrH
シャネルが目立ってたけど何で?
タイトルにプラダを使ってるのはなんで?

373 :名無シネマ@上映中:2006/11/18(土) 21:25:45 ID:KVNDtqy0
>>370
プラダがアナ・ウィンターに気を遣って
衣装の協力を拒んだから。

293 :名無シネマ@上映中:2006/11/13(月) 16:33:58 ID:/RNatulw
原作本読んだ人居る?

306 :名無シネマ@上映中:2006/11/14(火) 22:54:11 ID:BrXSA8k7
原作は作者の実体験がベースになったと思われる
ミランダの無茶な要求→アンディがなんとか対処
というコンボは面白いけど、全体としてはうまい文章とは言えない
でも映画はうまく出来てる

385 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 00:26:13 ID:XjpGRWrm
カリスマ編集長のセレブ具合もっと見たかったな

ニューヨーカーが見れば あのステーキとか
住んでるアパートの高級さがよく分かるんだろうけど

386 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 00:35:24 ID:iWmhpoQV
>>385
あのステーキ屋さん行ったことあるよ。
老舗で有名なところだけど、予約しないで行っても
サクッと入れた。

439 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 14:43:46 ID:XjpGRWrm
あのステーキ

SMITH & WOLLENSKYて
店らしいね
旨いらしいけど

389 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 00:51:22 ID:1LzMh7V5
ものすごく泣いた。
ストーリーも嫌いじゃないしアンが可愛かった。
変身前から普通に可愛い。

ただものすごく落ち込んだ。
私は彼より仕事を選んだから(全然アンとは状況境遇違うんだけど)
メリルストリープみたいになって行ってるし・・・。
考え方が。
私は間違ってて、仕事より恋愛を取るほうが女は賢いのかとかいろいろ悩み始めた。
元気がほしくて映画を見に行ったのに・・・。

390 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 01:07:08 ID:HjMnnIoT
>仕事より恋愛を取るほうが女は賢いのか
あなたの選択はあなたにとって最良でした

392 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 01:14:10 ID:ECxbYdO2
>>389
(´;ω;`)

がんばれ

425 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 12:52:33 ID:lE4Jhefo
ラスト、アンディと目が合ったミランダが車内で微笑んだシーンがすごく好き
ファッションに関しても本当に気に入った時にしか笑顔を見せないミランダだからこそ
あのシーンが最後に生きてるんだね

2ちゃんねる映画ブログ

426 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 13:18:07 ID:TauOQBSi
原作では、ミランダとアンドレアの最後の邂逅はない。
アンドレアが別件の打合せのために出版社のビルに入っていくと
新アシスタントの女の子が守衛の悪ふざけで足止めされていて
泣きそうになってるのを横目で見ながらにやり、
みたいな底意地の悪い終わり方

401 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 04:12:54 ID:T3YgHOzk
ところでこの映画、ラストはどういう見解になってるわけ?
あれは別にミランダを否定したワケじゃないと思ってるんだが

402 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 04:30:43 ID:tHDqIjeb
>>401
アンディはミランダの仕事ぶりを認めつつ、
彼女のような道を突き進むことや昔の自分とは違う今に違和感を感じたから、
仕事を辞めて本来の自分を取り戻したわけであって、完全否定はしてないと思うよ。
別の道を進んでくことにしただけで。

演出的にも、ミランダの手回しやアンディを見て笑みを浮かべるシーンを観客に見せた後に
いつものミランダに戻って彼女が変わってないことをわざわざ示すのだから、
ミランダのこれまでを否定するような意図はないだろう。
その前のアンディの表情からもそれを感じる。

ただ原作だとどうなんだろうな。作者の鬱憤晴らしから来るもんだからな。

403 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 04:31:52 ID:2wMFjJZc
ミランダの中ではもうアンディ>>エミリーで
アンディにランウェイで仕事を続けてほしかった
そうするとエミリーは追い出される。
アンディにかつての自分を見出したミランダは
アンディも自分のようにエミリーに対してシビアに
接することが出来ると思っていた。
しかしジャーナリストへの夢もあって
アンディにはそれが出来ず、ケータイポン。
アンディはその時点でミランダとの関係は終わったと思った
エミリーには悪いことをしたと思ったので服を

で、最後の場面で
ミランダ「私が見込んだ人なら、どこでもやっていけるわよね」
アンディ「ありがとうございました。目指す道は違うけどがんばります」

こんな感じかなあ

414 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 11:18:27 ID:Xajq0pPA
ミランダのアシスタントの仕事って大変だと思うけど
「雑用のプロ」でしかないと思った。
ごく限られたところでしか通用しない実力。
転職に役に立つのかしらん。
でもあの仕事を一年もやればそれなりのコネや要領や忍耐力は身に付くだろうけど。

オレのまわりにも同じようにいつも携帯で話してて忙しそうにしている婦女子がたくさんいるが、
この映画観て「あれはファッションの一部なんだろうな。」とも思った。

415 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 11:49:58 ID:nOrh5nBd
相手の要望に対してその上を行く結果で応えるという
ホテルのコンシュルジュみたいな仕事だからどこにいっても通用すると思うけど。
エミリーが認められたのは無理難題でも投げ出さずに自分のやり方で
ミランダの要求以上のものを返したからだと思う。

416 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 11:51:51 ID:nOrh5nBd
エミリーじゃなくてアンディだったw

417 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 11:52:36 ID:T3YgHOzk
エミリーはエミリーだが
どっちもアンドレアだからな

427 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 13:46:40 ID:zFKTgpge
今ひとつわからなかったことが

この映画における「エミリー」って名前のポジションがよくわからない
「~人目のエミリー」とか言ってたような気がするんだが

428 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 13:50:59 ID:BhX8k5kz
アシスタントの名前

エミリー初代、2代目とか襲名していく

429 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 13:53:01 ID:QQBKRCmd
アシスタントがすべて第一アシスタントの名前で呼ばれてるってことなんじゃないの?

アンディの前に2人いたらしいし、アシスタントひとりひとりの名前を覚える価値もないと思ってたんで、
一人の名前しか覚えない。ただしアンディに関しては、見込みがあるので覚えた、とかそんな感じ?

430 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 13:57:29 ID:zFKTgpge
ああ、やっぱりそうなんだ。
同僚の呼称が「エミリー」しか思い出せなくて調べたら
役名はやっぱエミリーだったんでこんがらがった。
あの人は本名謎のままか

432 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 14:18:07 ID:T3YgHOzk
エミリーはこの映画における普通の人間(ポジションは優秀だけど)

433 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 14:18:15 ID:ECxbYdO2
あーなるほど!

459 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 17:21:44 ID:7JgL5X0e
自分が見落としただけかもしれんが、アンディがハリポタの原稿を探して
セクシーなエッセイストに見つけてもらったのにお礼っぽいことを言ってなかった気がした・・
僕に借りがあるよねと言われても「私も手をつくしたのよ」「自分なりに努力はしたのよ」
みたいなこと言ってた。なんだかな。
で、お礼がわりに一晩寝たとかだったらやだな。

それ以外はおもしろかった。
ミランダの毎日違うコート・バッグがうらやましい。

465 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 18:52:33 ID:nOrh5nBd

2ちゃんねる映画ブログ

あの彼氏も自分が料理人として頑張ってるなら彼女の仕事の頑張りも認めてやれよとか思った。
最後まで自分の理解出来ない業界への偏見がとれないやな彼氏だなと。

468 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 19:54:17 ID:fpnFrLnL
そもそもあの彼氏はダメすぎ。アンががんばってる仕事のこと全然認めようとしないじゃん。
自分が貧乏コックだから、彼女が華やかになるのがイヤ、って感じにしか見えなくて、
なんか小さな男だなぁ~って思った。あんなのと一緒にいるくらいならミランダのもとで
もっとがんばった方が良かったと思うけどな。

途中までは最高に面白かったけど、最後が納得いかない。こういう人多いんじゃない?

469 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 20:02:57 ID:8gZnJf/E
確かに彼氏に魅力がまるでない

470 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 20:03:48 ID:lzps9NBF
そんな彼氏いやなやつだったか?
アンディがやめるだとかやめないだとか言ってられるのも彼の支えが
あったからだと思うのだが・・・

なんだかこのスレのなかで、俺みたいのはめずらしいのかな?あの物書きプレイボーイに警戒する以外は
基本的に全キャラに好感持ったのは?

471 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 20:21:09 ID:T3YgHOzk
人間的な人たちばかりで良い感じだった。と思った。
他の人の感想は知らん

472 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 20:25:04 ID:Lp979q6g
どのキャラもぎりぎりのライン守ってたような
あのライターもそれほどいやな男には見えなかった

494 :名無シネマ@上映中:2006/11/19(日) 22:55:47 ID:l33KzCEc
いい映画だった。
上昇志向の女が観て喜ぶサクセスストーリーかと馬鹿にしてた俺が馬鹿だった。
青いセーターを解説するミランダの場面が圧巻だった、そこから映画に引き込まれた。
アンディの彼氏も、よりを戻そうという彼女とは距離を置いて
一緒に行こうじゃなく、とりあえず話し合おうというのがイイ男だなと思った。
ラストのミランダとアンディの笑顔は最高。エミリーも復帰してて良かった。

656 :名無シネマ@上映中:2006/11/23(木) 16:41:42 ID:oaUPnEru
海外に詳しい方に教えていただきたいのですが…
サイズ6とか4というのは、日本サイズだとどのくらいに
なるのでしょうか?

659 :名無シネマ@上映中:2006/11/23(木) 17:18:36 ID:mm4asB3M
>>656
大まかな感じとして6が11号、4が9号ぐらいかな?

717 :名無シネマ@上映中:2006/11/24(金) 17:56:04 ID:PwWv186d
そういやこの手の映画の必須キャラ
オカマ出てこなかったな

718 :名無シネマ@上映中:2006/11/24(金) 18:37:19 ID:3hO1mOF1
>>717
ナイジェルにゲイ設定あったらベタ過ぎてウンザリしてたかも

734 :名無シネマ@上映中:2006/11/24(金) 23:20:21 ID:VSg3cWY+
>>717-718
あのー、ナイジェルはどう見てもゲイという設定だとおもいますが…

2ちゃんねる映画ブログ

738 :名無シネマ@上映中:2006/11/24(金) 23:28:15 ID:v65KtYA+
>>734
そう思う。
ナイジェルはゲイだよね。

760 :名無シネマ@上映中:2006/11/25(土) 10:40:01 ID:n4BPyB1O
あのしゃべり方&仕草でも
ゲイ役だと思ってもらえないスタンリー・トゥッチ
(´・ω・`)カワイソス


関連記事

  1. 2010/01/16(土) 07:34:42|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<交響詩篇エウレカセブン:ポケットが虹でいっぱい | ホーム | 春よこい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/27-fbe0c5d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『プラダを着た悪魔』

恋に仕事にがんばるあなたの物語。 &amp;nbsp&#59; &amp;nbsp&#59;&amp;nbsp&#59;■監督 デビッド・フランケル■原作 ローレン・ワイズバーガー■キャスト メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ、エミリー・ブラント、スタンリー・トゥッチ、エイドリアン・グレニアー
  1. 2010/01/19(火) 08:28:03 |
  2. 京の昼寝?♪

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR