2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

【韓流】今やハリウッドに次ぐクオリティだと言っても過言ではない韓国映画、背景には韓国社会の闇…凶悪犯罪の増加、北との緊張など

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1326612256/
5_20120116025822.jpg

1 :五十京φ ★:2012/01/15(日) 16:24:16.09 ID:???0
『哀しき獣』が見つめる現実は、決して日本映画の代替にはならない
・韓国アクション映画の強さと迫力

派手なアクションや過激な暴力描写を盛り込んだ韓国映画は、昨今日本でも高く評価されている。
2011年であれば『悪魔を見た』や『アジョシ』、『ビー・デビル』などがそうだ。実際、そのレベルはとても高い。
いまや、韓国映画はハリウッドに次ぐクオリティだと言っても、まったく言い過ぎではない。
それらと同様に、デビュー作『チェイサー』が全世界で絶賛されたナ・ホンジン監督の新作『哀しき獣』も、
韓国映画史に残る作品となるだろう。

そうした韓国映画が日本で評価される際、頻繁に見られるのが日本映画との比較だ。
曰く「日本映画のように生ぬるくない」「日本映画と違ってリアリティがある」等々。
優れたアクション映画があまり創られない日本で、そうした気持ちを抱くのはわからなくもない。
しかし、そうした物言いに強い違和感も感じることも多い。なぜなら、日本映画の足りない部分を韓国映画で
埋め合わせるかのようなニュアンスが、しばしばそこに含まれているからだ。

日本と韓国は、文化や言語は似たところはあるが、社会状況や国際関係は大きく異なる。
昨今はK-POPや韓流ドラマで明るいイメージも強いが、当然のことながら明るいことばかりではない。
とくに1997年のIMF危機とそれにともなう財閥解体、そして新自由主義経済への方向転換は、韓国社会を
大きく変えた。経済格差は日本とは比較にならないほど拡大し、競争はより激化した。
結果、自殺率はOECD加盟34カ国中最悪の数字となり、凶悪犯罪も増加した。

さらに、北朝鮮との緊張関係を常に抱えており、近年も軍艦沈没事件やヨンピョン島砲撃事件など
軍事衝突が相次いでいる。そうした背景を持つ韓国映画に対し、安穏と日本映画の代替的役割を見出すのは、
作品を観誤る可能性を導く。

asahi.com WEBRONZA+ 2012年01月14日 松谷創一郎
http://astand.asahi.com/magazine/wrculture/2012011300011.html

287 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:23:31.69 ID:gtaWjIx/0
松谷創一郎
41_20120116025734.jpg

7 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:25:55.20 ID:XpCDICKZ0
一時勢いあったがもうとっくに下火やん
何年前の記事??

24 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:28:58.66 ID:dqAEGrLy0
映画は人気を偽装するのが一番難しいからなw

というか大惨敗続きなのにwなぜこんな記事w

26 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:29:52.96 ID:8HI/xLpx0
どこの国でもいい映画はあるし
ダメなものもある
もう韓国の話はいいわ、いい加減やめれば


31 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:30:33.13 ID:sHIZbYKT0
ハリウッドが作るような映画はハリウッドだけで十分

55 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:33:54.10 ID:QsPtmIL20
>>1
>「日本映画のように生ぬるくない」
>「日本映画と違ってリアリティがある」

アホだな。
リアリティーのある暴力映画なんて受けないのは、たけし映画見ても分かるだろ。
大してストーリー性も無い暴力やエロ路線に突っ走った結果がこの衰退を迎えた。
韓国映画なんか去年は興収1億円超えた映画無いだろ。

62 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:34:50.13 ID:XpCDICKZ0
しかしシネカノンも潰れたし、日本公開される朝鮮映画もめっきり数が減ったな
昔は結構観に行ったがゴリ押しが始まってからは吐き気がするんで一切観なくなったが

72 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:37:22.19 ID:3f0sRGfF0
母なる証明
息もできない
殺人の追憶
オールドボーイ
チェイサー

だまされたと思ってもこれだけは観とけ
韓国映画>邦画ってのがよくわかる

79 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:39:05.36 ID:8HI/xLpx0
>>72
5本だけしかないのに?
それより名作の邦画がどれだけあるか知らないのに
映画語るなよ

115 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:44:49.60 ID:3f0sRGfF0
>>79
ここ数年って言葉が抜けてたわ
それで絞ってもまだ邦画の方がいいなら名作5つ教えてくれ

291 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:24:08.50 ID:YBRc2BTD0
>>72
全部観たけど、チェイサーだけ同意だな。
個人的にカルっていう韓国のサスペンス映画(サイコ・ミステリーかも)もオススメ。

ただ基本的に韓国映画はつまらないから、NHKの大河ドラマを毎週楽しみに
見ているような人にしかオススメできません。どうぞ悪しからず。

74 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:37:34.78 ID:htO1VKts0
去年ヒットした韓国映画って何?
『悪魔を見た』『アジョシ』『ビー・デビル』なんて知ってる人いるの?

101 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:42:50.92 ID:S1SgX8gH0
>>74
2本見たよ、アジョシは去年でもトップ5に入る位面白かった
韓国の映画はサスペンスとかグロい描写好きならかなりハマるけど
そういうの駄目な人は受け付けれないほどきついと思う

104 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:43:27.20 ID:Xxyh8z720
何年か前 グエムルが初週7位になったあと
これを越えた映画ってあったっけ?

121 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:45:29.93 ID:qVIIvh0x0
>>104
シュリとか面白かったけどな
物珍しいって面が強かったのでその後は韓国映画なんて見なくなったけど

123 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:45:44.32 ID:adr7JcK90
2007年頃で終わってない?
配給会社が次々潰れていったんじゃなかったっけw

220 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:08:09.08 ID:+8DuBA2WO
>>123
そうなのよ。で、k-poopにシフトした

133 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:48:01.71 ID:6jYWBY4y0
そういえば韓国映画ってものすごいゴリ押ししてたけど完全に消えたなあ
あれがKPOPの末路か

86 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:40:28.80 ID:EeA+/f3U0
なんでもいちいち日本より上って煽るからうんざりするんだよな
昔はそんなに抵抗なかったのに

137 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:49:05.89 ID:ub0A3jtK0
この記事には「日本」というワードが実に20回も出ていますが、
韓国マスコミでは1回の記事や報道で必ず「日本」というワードを入れる暗黙のルールがあります。
それは「日本」を入れないと読んでもらえないからです。
可哀想な国です。

87 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:40:40.64 ID:4MnBAxC8O

aQ_20120116030103.gif

オールドボーイって原作は日本の漫画だろ。
今ごり押しの戦争映画も元ネタは日本漫画らしいな

364 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:36:58.55 ID:PepvISRn0
>>87
> オールドボーイって原作は日本の漫画だろ。
> 今ごり押しの戦争映画も元ネタは日本漫画らしいな


お前はデビルマンで満足か?
原作が日本漫画ならデビルマン実写かで満足できるのか?

103 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:43:15.94 ID:kibvZS+50
beyonce2_20120116030502.gif

114 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:44:48.42 ID:ApIDumnRP
治安が悪くなると映画の質が上がるのかw
新理論やなw

141 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:49:22.52 ID:/yvDNqyh0
韓国の一部の暴力映画は凄いけど、絶対に韓国には住みたくないって
いいたいのね。
俺と同じ意見だ。基地外が一杯出てくるから刺激的な面白さはあるんだよな。
だが、絶対にあんな国には住めないよ。

162 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:54:29.73 ID:Ebx8/mp0O
>>141
キム・ギドク作品とか人格破綻した登場人物しか出てこないけど、それを愉しむことが出来る。
フィクションだから見れるんだけど、韓国人を知れば知るほど、リアルもあんなかと思うようになってしまった。
怖いな。

132 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:47:35.27 ID:8mRMP5TR0
JSAは結構面白かった記憶があるけど。

166 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:55:08.14 ID:GT8M2NR00
軍事的緊張とか大統領謀殺とか日本の映画人からしたら喉から手が出るほど面白いテーマが転がってるからな。

183 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:58:26.28 ID:CzZlj3e5O
>>166
要らない要らない
Alwaysとか男はつらいよとかで十分

171 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:56:34.28 ID:GT8M2NR00
日本にも闇はあるけど手がつけられない程のタブーだから映画にしようがないw

172 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:56:48.17 ID:U/kK5X6X0
韓国ものは地上波でやってたIRISってドラマしか見たことないが
アクション確実に負けてると思ったわ

176 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:57:52.85 ID:eLQe0a2c0
ハリウッドに次ぐは失笑だけどアクションに関しては最近の日本映画よりは確実に上だな
最近の邦画のこじんまりしたドラマばっかみたいな風潮はどうにかならんかね

181 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:58:22.08 ID:Zn+oAN9H0
どんなにネトウヨフィルターがんばっても日本映画のくそっぷりは目に余るものがある
確実に格上の国であることは認めざるを得ないのが悲しい

200 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:02:16.87 ID:ZshovFMs0
>>181
キム・テヒの「けんか」とか大コケ映画は日本以上にあるぞ
そこそこ力の入った興行的に成功したものだけが日本に来てるから
格上ということは全くないな。総体的にみればまだ日本映画の方が上だろう

309 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:27:12.11 ID:/yvDNqyh0
>>181
俺も一時期、韓国映画に嵌ったけど、本当にいい映画は一部だけで
糞みたいな映画はわんさかあるぞ。いい映画もどれも同じようなもの
ばかりだから、今は日本映画に回帰してる。
やっぱり日本映画の方がいいわってのが今の心境。

182 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 16:58:22.80 ID:eY15pLYf0
韓国の恋愛ものは岩井監督の作品が韓国の文化解放で初めて韓国で公開されて大ヒット
それ以後、岩井の影響受けた音楽やドラマ、映画が作られるようになる
それまでは柔らかい恋愛もの
無かった

214 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:06:32.50 ID:7dpEQp0S0
でも強烈さは日本の比じゃないのは確か
際限のない非人間性への志向と残忍さ 際限のない憎悪と嘲り…

563 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 18:23:53.55 ID:9o9qQl9X0
>>214--->はげ同

際限のない非人間性への志向と残忍さ,
際限のない憎悪と嘲り…
これこそ超賎映画の本質。

216 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:06:58.43 ID:CzQJNoE/0
韓国映画を褒めるのは別に構わんが
必ず日本サゲをセットにしてくるので胡散臭くなる

219 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:08:07.44 ID:V1HKEa7m0
そろそろ自画自賛やめないと
全世界から総バッシング食らうぞ

229 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:10:39.44 ID:tljXvrjB0
日本の傑作映画って最近あったっけ?
ひとつも思いつかない、つか邦画ってだけで見る気ない

249 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:15:13.50 ID:KAx8nBhr0
>>229
どうしても小説の実写化になっちゃうけど、「告白」や「八日目の蝉」あたりじゃないかな。
昔の日本の映画監督は自分で物語を生み出せた。七人の侍は

・脚本作りは創作ノートを軸にまず黒澤明、橋本忍の2人が同じシーンを同時に書き進め 出来
 上がった2人のシナリオを小国英雄がチェックしていい部分だけを残す。 そしてまた2人が書
 いていくといった作業を何十回も繰り返し検討しあいながら40日間旅館に篭り完成させる。

らしい。小説や漫画に頼りきりの今の映画監督はダメだ~

247 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:14:29.72 ID:cIpVlXJ6O
犯罪映画の暴力描写は今の日本映画にはないテイストだな。そこらは好き。
アクション映画とかラブストーリーは、あんま見たことないけど、何か下手なハリウッド映画だったな。

251 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:15:54.53 ID:/rdhXb+40
>>247
八月のクリスマス見てみ。
ハリウッドではちょっと無理な繊細なラブストーリーだよ。
ホ・ジノという監督はものすごい

265 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:18:47.26 ID:Y1AqqTMO0
>>251
それ岩井監督からの流れのパクりって知ってるか?

258 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:16:42.80 ID:tQf4IM3c0
何の冗談だか知らんが、韓国映画の輸出額は年間11億程度と壊滅状態な上、
国内市場は保護しまくってる癖に、テレビと違って市場日本にも解放してるから、
日本映画にまで荒らされまくってるんだけど。
映画賞での成績も、別に良くもないし。

269 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:19:53.90 ID:ZshovFMs0

5_20120116025653.jpg

日本である程度普及した中でのベストは「殺人の追憶」だな
シュリ、JSAあたりは2度は見ようと思わない

278 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:21:44.22 ID:Ebx8/mp0O
>>269
ポン・ジュノ監督はすごいな。
日本じゃ「グエムル」が小ヒットしただけだけど。
「母なる証明」もいいよ。

284 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:22:49.82 ID:KAx8nBhr0
殺人の追憶のジメジメした感じは良いね。

それと、
白夜行を韓国も映画化したんだけど、東野圭吾が絶賛したらしい。堀北の日本版は無視したとか・・・。

292 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:24:22.28 ID:5k8eFp0LP
ポン・ジュノレベルは今の日本映画界にはいないな。
園子温とか言うなよ ほんと。

322 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:29:24.56 ID:Ebx8/mp0O
>>292
いないね。
巨匠は皆亡くなってしまったから…
でも、韓国もポン・ジュノ以外に好きな映画監督いないけどね。
キム・ギドクは新作来たら見るけど、飽くまでキワモノ扱い。

301 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:25:57.04 ID:zQKp7nH60
韓国映画界って監督の地位が高くてインテリが多いんだってよ
新人でも基本的に3ヶ月で撮らせてもらえる。
日本人監督が4週間で撮るっていったら短編映画か?とバカにされたらしい

317 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:28:10.66 ID:Oxue6+Ax0
しかし、演出、重厚さではおそらく
韓国映画>>>日本映画なのは間違いない。
日本の映画は今やTVドラマ並みだろう。

333 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:31:08.72 ID:ZshovFMs0
>>317
今のテレビ屋主導の日本映画がクソなのは同意だが
韓国映画は重厚さというより余裕のなさが表出化してるようにも思える

348 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:33:37.93 ID:YEmi6tDl0
>>333
テレビ主導の邦画って見る気がしない
日本人がテレビに飼い慣らされちゃってるから
ドラマと大差ない映画が増えるんだろうね

371 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:38:13.25 ID:heSkp+NH0
韓国人って水や食糧がなくても日本人に対する感情だけで生きていけそうだね

441 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:56:53.29 ID:yUDM+42D0

14_20120116025652.jpg

この前、知り合いに進められて『孫文の義士団』見たんだが、結構面白かった。
中国映画も侮れないと思った。
日本映画も最近はつまらないものばかりだが、それでもいいなと思うものはある。
しかし、今まで付き添いで見た3本の韓国映画にはそう思うことはなかった。
それに何人か映画やレンタル借りまくってよく見る人間がいるのだが、彼等から韓国映画のお勧めを聞いたことはない。

447 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:58:37.39 ID:zQKp7nH60
>>441
それは見てないけど、日本の援助なしで孫文は語れないのに、映画ではまったく触れられてないらしい。中国映画の限界かも

448 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 17:59:16.93 ID:vKGAp4C80
>>441
それ名前だしちゃうかぁ
名前はマイナーだけどメジャー級の作品だね
韓流アクションが束になってもかなわない

480 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 18:06:58.80 ID:pMQ4zjX60
アカデミー賞

日本    受賞 14    ノミネート 47
韓国    受賞 0    ノミネート 0  ←www

http://oshiete.goo.ne.jp/liferecipe/docs/18754/

487 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 18:08:43.70 ID:zQKp7nH60
>>480
ここ10年で見たら、作品として受賞はアニメとおくりびとだけだね

501 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 18:11:15.08 ID:pMQ4zjX60
>>487
ここ10年で見ても、
韓国映画はノミネートさえされてないw

506 :名無しさん@恐縮です:2012/01/15(日) 18:12:55.45 ID:zQKp7nH60
>>501
欧州では評価されてる作品も多いみたいよ。なにしろ暴力描写がキツいから
関連記事

  1. 2012/01/16(月) 04:56:18|
  2. 映画ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<スーパーヒーローをもっとも歴史に溶け込ませたやつの優勝 | ホーム | 日本アカデミー賞・優秀賞発表! 優秀作品賞には「八日目の蝉」など5作品、優秀アニメーション作品賞には映画「けいおん!」も>>

コメント

  1. URL |
  2. 2012/01/17(火) 08:50:54 |
  3.   #-
  4. [ 編集 ]

過言です
  1. URL |
  2. 2012/01/17(火) 10:15:46 |
  3.                #-
  4. [ 編集 ]

ポンジュノやパクチャヌクとか有名で評価高いのしか見てないけど確かに面白い
なんでもいいけど見てから言おうぜ
  1. URL |
  2. 2012/01/19(木) 13:28:31 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

※216 に完全に同意
監督個人が上手いのであって、韓国という国の映画だからどうという印象は無い
ただ邦画があまりにもクソ(アクションも題材も地味とか)なので
かばいきれない
  1. URL |
  2. 2012/01/20(金) 12:11:11 |
  3. 名無しさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2693-ea10f385
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。