2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

BOX 袴田事件 命とは

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1274149659/
14_20120115125901.jpg

1 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/18(火) 11:27:39 ID:4sdCF+/s]
高橋伴明監督

萩原聖人(熊本典道) 新井浩文(袴田巌)
葉月里緒奈 村野武範 保阪尚希 大杉 漣 
國村 隼 岸部一徳  塩見三省 石橋 凌

死刑判決が確定している実在の事件を題材に、裁判員制度が導入された現在、
人を裁くことの重みと難しさを改めて見つめた社会派ドラマ。
1966年の“袴田事件”で一審の死刑判決に関わり、その後2007年に
“無罪と確信していた”と告白した元裁判官・熊本典道を主人公に、
警察の捜査への疑問と典道が背負い込んだ苦悩を描き出す。


4 名前:名無シネマ@上映中 mailto:age [2010/05/18(火) 23:51:19 ID:935gpMiQ]
ttp://eiga.com/buzz/20100518/27/

萩原聖人が高橋伴明監督が「BOX」通じえん罪の重み訴える

高橋伴明監督が実在の「袴田事件」を映画化した「BOX 袴田事件 命とは」の
完成披露試写会が5月18日、東京・有楽町朝日ホールで行われ、
主演の萩原聖人、新井浩文、高橋監督が舞台挨拶に立った。
 同作は、味噌製造工場の専務一家4人の他殺体が発見され、
元ボクサーで工場従業員の袴田巌が容疑者として逮捕された事件を、
膨大な裁判資料をもとに構成したドキュメンタリータッチの人間ドラマ。
無罪を確信しながら死刑判決を下さなければならない若い裁判官の苦悩する姿を通し、
えん罪の重さを問いかける。
 萩原は、「光の雨」以来の高橋監督との顔合わせに「この作品に参加し、
これからの俳優人生とかでなく残りの人生を生きていくうえで大切なものを感じることができた。
僕のキャリアでは決して伝えきれない苦しみや憤りや悲しみ。
とにかく体当たりで監督の胸に飛び込んだ」と述懐。
袴田役を演じた新井は、「元ボクサーという役なので体作りだけは徹底した。
見てもらえれば分かる」と自信をのぞかせた。
 今年のモントリオール世界映画祭コンペティション部門に正式出品が決まっている同作。
高橋監督は「『おくりびと』『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』に続けるか分からないけど、
結果をお楽しみに。えん罪は人が犯す罪の中で最も大きな罪のひとつ。とても重い映画だけど、
司法制度の問題点や人は間違えるということをよく考えてほしいと思う」と観客に語りかけた。
 また、萩原演じる裁判官のモデルとなった袴田事件の元主任裁判官・熊本典道さんも登壇。
「私が問題の熊本です。当時、どうしても袴田君を無実だと結論づけることができなかった。
袴田君を獄中から救うために、一生心を注いでいきたい」と言葉を詰まらせながら必死に訴えていた。

5 名前:名無シネマ@上映中 mailto:age [2010/05/20(木) 19:11:21 ID:dDmgh1z0]
試写での評判良いみたいだね

7 名前:名無シネマ@上映中 [2010/05/27(木) 14:25:14 ID:b8Wnq5qt]
ボックスもう公開されてんじゃん!
と思ったらイッチーのボクシング映画ですた。

8 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/27(木) 23:34:19 ID:EZ4cpsTT]
これって元組長が企画、製作に携わった映画だろ

20 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/09(水) 21:00:53 ID:yJiTgnAO]
この映画、妙にチョイ役が豪華な俳優使ってるけど
元組長の力かなw

10 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/01(火) 00:21:04 ID:otWeSWFO]
ぴあの公開初日、出口調査で満足度1位!

ttp://pia-eigaseikatsu.jp/news/153697/40068/

11 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/01(火) 01:26:02 ID:JLviBatM]
バイトの帰りに寄ってみるか。
袴田氏って、獄中に40年以上いるんでしょう?
「それでも僕はやってない」も悲劇だが、こっちは死刑宣告だもんな。

12 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/06(日) 01:09:59 ID:vfMHTq0W]
いい作品だったが書き込みが全然無いな

13 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/06(日) 23:08:05 ID:vdR7NjVS]
まだ、東京の2館でしか上映してないし

18 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/09(水) 00:55:07 ID:kdUjcNaG]
シネパトスで観た
あそこは相変わらず地下鉄の音がうるせぇ映画館だなw

内容は実録タッチの社会派ドラマの力作だ
観て損はないよ

21 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/09(水) 23:57:28 ID:BcMdvxxJ]
萩原、新井をはじめ脇も渋い役者が揃っているのに、
嫁役の葉月だけがミスキャスト。こいつ下手すぎ。

51_20120115125900.jpg

22 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/11(金) 20:20:27 ID:HU83x1fE]
>>21
最初は悪くないなと思った
つか、リオナ久々に見て驚いてたw
死んじゃだめ~~っ!
の場面でズッコケたw

40 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/23(水) 00:19:54 ID:E2dbUaKB]
葉月里緒奈って昔後藤組フロント企業ジェムケリーの広告に出てたね

24 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/12(土) 01:24:48 ID:/HNB3sH0]
うーん。
悪かないけど、予想の範囲を超えない映画だったな。
「刺青あり」みたいな突き抜けた感じを期待し過ぎてた。残念。

44 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/30(水) 16:18:17 ID:bdtpDip6]
さっき梅田で見てきた。
「たかじん~」の番組で映画の存在を知った一人です。
>>24と同じ。だいたいの話は見る前から想像がついていた。
映画に面白みを求めるならこの映画はお勧めはしませんが、こんな映画もあっていいと思いました。
有罪というわけでも、完全に無実というわけではなくて、グレーゾーンという感じ。
そして、渋いというか厚みのあるキャスト陣には圧巻。

77_20120115125859.jpg

どうでもいいけど、殴り合いのシーンが結構あったけど、実際の裁判官で殴る人は見たことがない。
あと、法曹関係者なら、「疑わしきは罰せず」より「疑わしきは被告人の利益に」の方が良かった希ガス。

法学部出身者より

26 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/12(土) 18:56:31 ID:HPMSrB5m]
新井と萩原の演技よかった~  
この映画を見て疑問があるんですけど 

1、BOXとはどんな意味なのか? 

2、裁判で証人喚問のとき、男性が「袴田はキャバレーで勤めていたし生まれがあれだからね?」あれとは、どんな意味でしょうか?妾の子?ぶらく? 

3、拘置所で便器に座りシコシコして手に血がついたのは何ででしょうか?

皆様の考えを聞かせてください

27 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/13(日) 00:04:21 ID:/IojXm0G]
>>26
1については、http://eigageijutsu.com/article/150886773.htmlのインタビューで監督が答えている

――タイトルは箱という意味の「BOX」かと思っていたんですが、
映画を見たらボクシングの「始め!」という合図のことなんですね。

高橋 「やり合え」みたいなね。ただ、袴田死刑囚の話ともつながる気はしたんですよ。
それこそ、「箱」というか「檻の中」の意味にも通じるし。そして、「闘え」と。

――国家に対してもということですか。

高橋 そうですね。あと、「BOX」には「○」と「×」の記号が含まれてるから、
この事件がマルかバツなのかって意味でも、いいタイトルだなと思ったんだけど。

28 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/13(日) 07:28:53 ID:YuMrjqHm]
>>27さん ありがとう

32 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/15(火) 11:55:45 ID:H9VZvAKn]
>>26

2

生まれが地元じゃない(遠州者と言って当時は差別があったらしい)って事と金持ちじゃないってことじゃない?
ボクサーも差別されていた時代だから

3

トイレですら刑務官の足音に怯えるってことだろ。何十年も死刑執行を今日じゃないかと怯えなくちゃいけない
不憫でならんよ

この事件マジで許せんわ。冤罪なんだから再審認めろや裁判所!

29 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/13(日) 15:08:26 ID:x0x5volj]
名古屋で鑑賞
良かったけど変に映画らしさを出そうとしたのか、演出に統一感がない気がした
荻原聖人はもっと評価されるべき

41_20120115125901.jpg

30 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/14(月) 02:50:04 ID:i07Qa8b4]
オギじゃなくハギなんです…。

45 名前:名無シネマ@上映中 [2010/07/21(水) 19:05:22 ID:fDNvghVo]
萩原は十数年前、障害事件で訴えられて、裁判になった。
無罪になったが、この体験が映画に生かされたのかな?

46 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/23(金) 00:28:54 ID:l3Fn/tmO]
>>45
そういやそんな事件あったなぁ!
俳優にとってそういう濡れ衣は致命的だが、無事解決してたのだな。

33 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/15(火) 19:48:51 ID:BNcBBoyH]
むかしの刑事ドラマで「どんな取調べされてもやってないことを自白するはずない!」って
自白のある事件は全部有罪にしてた裁判官がいて、心ある刑事達がそいつの息子を冤罪で
引っ張って机蹴飛ばしたりして自白を迫ったら言いなりに認めた。裁判官はショックを受けて
考えを改めた ってのがあったな。全裁判官を同じ目に遭わせてみればいいと思う。

34 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/15(火) 22:23:55 ID:H9VZvAKn]
同感
捜査した元警官も検事も職務怠慢として拘禁すべき

38 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/19(土) 13:21:53 ID:qAlaZZMr]
名古屋でいま見てきました。
映画としては、判決のシーンの演出に、若干の古さを感じたな。

光の雨と同じ監督ってのは今このスレ見て知った。

41 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/24(木) 22:39:20 ID:1+dNg2W/]
萩原演じる裁判官が、離婚届をカミさんに置いて去った後のいくつかのシーン
危険な崖の上に身をさらしたり、電車の入ってくる駅のホームからダイブする幻覚を見せるのは
この裁判官が、今、死と隣り合わせの状況にある袴田青年の心境に
近づこうとしている様を表現しているという解釈で良いのかな

42 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/29(火) 17:43:33 ID:OQhXD3CK]
>>41

20071115_20120115125857.jpg

実際、熊本さんは、裁判官を辞めて
3度も自殺未遂を繰り返し、家族と別れ、
現在は、体調も悪く、生活保護を受けているらしい。
熊本さんもこの事件の被害者だな。

48 名前:名無シネマ@上映中 [2010/08/02(月) 00:35:12 ID:hO6D0HH+]
熊本裁判官は裁判官を辞めて袴田さんの弁護士になったのかと勘違いしてた。
この人の人生もドラマだね。

当時の静岡県は“冤罪のデパート”と呼ばれあらゆるタイプの冤罪が揃っていた。

県警の体質もあったと思う。

49 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/08/02(月) 22:11:06 ID:M2ZqJdsg]
>>48
島田事件もそうだと思うけれど
ほかに何があったっけ。

43 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/30(水) 10:03:47 ID:JOyrKZqK]
ずっしりくる映画だった。萩原好演。
始めと終わりのほうの「かごめかごめ~」が怖いよ。
ホラーかと思った。

50 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/08/06(金) 18:44:11 ID:xIhaHDli]
観てきた

深夜の殺人シーンで、深夜なのに長女はセーラー服、長男は学生服着てたよね。

母親が「みんな起きて!」って叫んだってことは、深夜だし全員寝てたんだよね。
あの一家はセーラー服や学生服着たままねるのか?
そーいやぁ、母親もパジャマや寝巻きじゃなく、普通の服きてたよな?

51 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/08/09(月) 20:43:41 ID:WskPYV+i]
>>50
>あの一家はセーラー服や学生服着たままねるのか?
>母親もパジャマや寝巻きじゃなく、普通の服きてたよな?
自供によると、そういう事になるんだろうな。

52 名前:名無シネマ@上映中 [2010/08/12(木) 10:54:54 ID:lwZjxWlD]
>>50
俺も深夜なのに制服を着てたのは気になった。
被害者は次女で長女は別棟で寝ていて唯一生き残ってる。

高橋監督は真犯人を知っている。
事件を調べていたら分かったらしい、今も生きているのか?

62 :名無シネマ@上映中:2010/12/10(金) 00:35:43 ID:0qrbwiJY
>>50
そこは気になった。
あと熊本が大学で講義してるシーンで、
学生の髪型や服装が明らかに現代のものであることも違和感あった。

扱ってる題材が重いから、それだけで心に響くが、
老けメイクとか細かい部分もこだわってほしかった。

それにしてもエグい話だ。
映像に出来ないような拷問もあったんだろう。
もう74歳で、精神的にもおかしくなってしまったそうだが、
今さら無罪で釈放されたとしても、袴田さんは司法に殺されたも同然だよ。

今作では描かれてないが(描きようがないが)、
真犯人はのうのうと生きてるんだろうな。
時効もとっくに成立してるし。
44年も経ってるから、真犯人も死んでるかもしれんが

55 :天下り大魔王 ◆suasSBFF32 :2010/09/17(金) 14:07:11 ID:yum49HhL

地方に住んでいると娯楽が無いので、この1ヶ月で映画を3本観ました。

キャタピラー…寺島しのぶの演技は凄いと思うが
エロシーンが無いとこの女優の評価は半減するような気がする
あの安モンのエロは、未だに容姿で勝てない母親の藤純子に対する
コンプレックスの裏返しと決めつけて観ると映画の面白さが増す

袴田事件…司法制度の欠陥を鋭く抉った傑作だと思う
映画館で観る値打は充分に有る
裁判員制度が導入された事で、裁判官の気持ちになって観るとなお興味深い

悪人…チャラチャラした役者を集めたドラマごっこかと
完全に観る前は見くびった気持ちで居たが
監督と脇役の巧さでそれなりに仕上がっていた
監督と脇役の巧さが無ければ駄作で終わっていたと思う

57 :名無シネマ@上映中:2010/10/02(土) 00:25:10 ID:wS2UFQ1A
映画の日だから某3D映画を観るつもりだったが、ふと劇場チェックすると今日が最終日だったのでこっちにした。
「真昼の暗黒」が生ぬるく思える凄い映画だった。
日本の司法は駄目だ…

58 :名無シネマ@上映中:2010/10/02(土) 18:06:02 ID:hWRt133z
「真昼の暗黒」が生ぬるく思えるってどんだけ
見れば良かった

60 :名無シネマ@上映中:2010/10/23(土) 14:39:54 ID:1f3cyVvt

2401540_20120115125859.jpg

大杉漣が上手い。ああいう冷徹なのが一番怖いわ。
家庭持ちにはグッとくる映画です。久々に映画で泣いた。

63 :名無シネマ@上映中:2010/12/12(日) 22:25:51 ID:HxQ4AFjO
ウィキで調べてみたんだが、この捜査を主導した警部って
強引な捜査で冤罪出しまくりなんだ・・・
もういい加減司法当局は冤罪を認めるべきなんじゃないんだろうか。
袴田氏の衰弱死を待ってるのか?

関連記事

  1. 2012/07/28(土) 21:38:20|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<プリティ・リーグ | ホーム | ビバリーヒルズ・コップ2>>

コメント

元警官等を業務上過失致傷にしなきゃな。
けいさつもなにも信用ならんな。
最近も警官の事件多すぎるしおわってんな。
  1. URL |
  2. 2012/11/06(火) 22:24:14 |
  3. な #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2689-13d11cef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。