2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィンターズ・ボーン

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1319585856/
5_20120104161750.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2011/10/26(水) 08:37:36.89 ID:fMBdykwr
▼アカデミー賞主要4部門ノミネート[作品賞] [主演女優賞] [脚色賞] [助演男優賞]
サンダンス映画祭グランプリ&脚本賞2冠を含む、主要映画賞【46部門 受賞】【139部門 ノミネート】!

【ストーリー】
ミズーリ州南部オザーク山脈の村に住む少女リーは17歳にして一家の大黒柱として、心の病んだ母親の代わりに幼い弟と妹の世話をし、その日暮らしの生活を何とか切り盛りしていた。ある日、地元の保安官から衝撃的な事実を突きつけられる。とうの昔に家を出て逮捕されていた父親が、自宅と土地を保釈金の担保にして失踪。もしこのまま裁判に出廷しなかったら、リーたちの家は没収されるのだという。やむなくリーは、たった一人で父親探しに乗り出すが、ならず者だらけの親族は全く協力してくれず、露骨な妨害工作さえ仕掛けてくる。“非情な掟”に縛られた村で真実を探り当てることは不可能に近い。果たしてリーは父親を見つけ出し、家族を守ることができるのだろうかー。

【キャスト】
ジェニファー・ローレンス、ジョン・ホークス、デイル・ディッキー、ギャレット・ディラハント、ローレン・スウィートサー、シェリル・リー

【スタッフ】
監督:デブラ・グラニック、脚本:デブラ・グラニック/アン・ロッセリーニ、原作:ダニエル・ウッドレル「Winter's Bone」

http://www.wintersbone.jp/


7 :名無シネマ@上映中:2011/10/29(土) 22:37:30.54 ID:51L16mxV
見てきた。渋くて良かった
アメリカの田舎社会の暗部をドライに描いていて面白い
最初は冷徹だった伯父が助けにきてくれたのはよかったな
氏族社会ってのは前時代的で非情なところもあるが、
この映画では家系や家族のつながりってのが個人にとって重要なものだということを
再提示していると思う

8 :名無シネマ@上映中:2011/10/29(土) 23:20:43.50 ID:yZZiwerg
今日比谷シャンテで見てきた。
映画の中の音かと思ったら前の方にいるオヤジが最初の方からイビキかいて寝ていた。

14_20120104161749.jpg

最後ティアードロップは弟を殺したヤツをブッ殺しに行ったのだろうか?

9 :名無シネマ@上映中:2011/10/30(日) 09:14:44.61 ID:mkU77Oqm
眠くなるのはわかる。
ただ、ババアのチェーンソー時の顔は眠気吹き飛んだ。

22 :名無シネマ@上映中:2011/11/02(水) 11:18:20.53 ID:JBPyo8zm
これ観て眠くなる人もいるのか
ほんと人それぞれなんだな

11 :名無シネマ@上映中:2011/10/30(日) 13:54:32.25 ID:oe8te2E+
サスペンス仕立てなので退屈ではなかったけどね。
なかなかよかったよ。
ただ家族のつながりが重要とか言う教訓をこの映画から読み取るのはちょっと違う気がした。

10 :名無シネマ@上映中:2011/10/30(日) 13:28:29.82 ID:KVGC+ftJ
かなり好みの映画だった。
ブルーレイでたら買うよこれ。

俳優がみんな上手い。本当に白人貧困層に見えた。
主役の女優も良かったけど脇役の女優の迫力が凄い。

12 :名無シネマ@上映中:2011/11/01(火) 17:45:59.07 ID:4Ws9LGTh
一応ネタバレ注意ね。

今日見てきたけど、いまいちよくわからなかったなぁ。
田舎の親族ばかりの過疎地域でみんなで犯罪やってて、
オヤジがゲロったがためにやられた。
娘は病んだ母親の代わりに家族を守っていかなければならない。
オヤジの兄貴の心理も良くわからない・・・
なんで最後には誰にやられたか判ったのだろう。

14 :名無シネマ@上映中:2011/11/01(火) 19:02:55.66 ID:oAfe3azf
兄貴は村の掟と親族の板挟みになっていたのよ。

マフィアのファミリーとか「楢山節考」の村と思えばわかりやすいと思う。

16 :名無シネマ@上映中:2011/11/01(火) 21:34:13.25 ID:kzdnxkam
>>12
最後にわかったんじゃなくて最初から知ってたんだろ
びびって知らないふりをしてただけ
そのことを最後に姪に告白した

17 :名無シネマ@上映中:2011/11/02(水) 02:57:12.64 ID:9wHJgy4e
1000円の日のシャンテは結構混んでた
世界で一番美しい死体の人がすっかりおばさんになってたな
最後のくだりはあんたこれどっから持ってきたの!?って騒動には
なり得ない地域クオリティって事?

18 :名無シネマ@上映中:2011/11/02(水) 08:15:28.82 ID:DPeZgxZ6
村の掟、東京の街中で便利に育ってきた自分には理解できない。
日本にもこんな治外法権な地域あるのかなぁ?
これ、過去じゃなくて現代の話でしょ?
ある意味クライモリより怖いんですけど。

19 :名無シネマ@上映中:2011/11/02(水) 09:28:49.27 ID:6ce4Bqus
>>18 ちょっと違うけど「松ヶ根乱射事件」とか

20 :名無シネマ@上映中:2011/11/02(水) 09:37:48.50 ID:QWcFxb1O
>>18
ここまであからさまな犯罪がらみでなければけっこうあるようだ。
『膿家』でググると一例が見られるかも。

21 :名無シネマ@上映中:2011/11/02(水) 09:44:00.44 ID:DPeZgxZ6
>>19 >>20
ありがとう 勉強してみる

23 :名無シネマ@上映中:2011/11/02(水) 19:30:27.77 ID:LRe/ZVN0
重苦しい映画だった。
もっと感動で涙ブヮアってのを想像してたからちょっとイマイチかな。
去年やってたプレシャスに似てるかな。

24 :名無シネマ@上映中:2011/11/02(水) 21:18:57.46 ID:bRgiFfdD
ポスターも予告編もかなりハートフル色を押してるからねー
そのままを期待して観るとミスマッチ感がある
本国の予告編だと完璧サスペンスなのに

63 :名無シネマ@上映中:2011/11/08(火) 15:29:46.53 ID:cSzJQKJc
Movie walkerの評価で女性の映画って評している人いたけど、そうかもな。親族の女がやりきれない男を守っているというか。男より女が観た方がキツい映画かも。

64 :名無シネマ@上映中:2011/11/08(火) 23:52:38.28 ID:86F2fXux

41_20120104161749.jpg

監督が女性だね

33 :名無シネマ@上映中:2011/11/04(金) 13:26:24.36 ID:OWPKqna+
めんどくさいことは全部女の人がするライオンの群れみたいな映画だった

15 :名無シネマ@上映中:2011/11/01(火) 20:31:14.94 ID:J6dNBC+O

beyonce2_20120104161806.gif

Xメン見てなかったら、ただのブスと思ったかもしれない
美人顔ではないし。作品のせいもあってほとんど笑わないしね。

34 :名無シネマ@上映中:2011/11/04(金) 21:25:15.76 ID:jsTzzBst
リプリーよりか強い。
サラ・コナーズよりか強い。
ナウシカよりか強い。
(映画の宣伝惹句より)

本当かよ。

35 :名無シネマ@上映中:2011/11/04(金) 23:45:39.20 ID:915mYfqz
嘘だよ
途中で鬼婆たちにボコられてたよ

36 :名無シネマ@上映中:2011/11/05(土) 00:19:08.71 ID:Uz1zZ7nI
鼻から粉をすすってる爺さんは主人公の顔をつかんで凄んでたのに
なぜか協力的になっていったのがよく理解できなかった
どうして?

37 :名無シネマ@上映中:2011/11/05(土) 07:58:52.05 ID:y3L5PI4w
最初は真実を知らない方が身のためだろうと思ったが
姪の、父を探す必死な姿に、身内の情がわいた
こんなところかな

38 :名無シネマ@上映中:2011/11/05(土) 08:46:40.40 ID:45jIF8q5
情にほだされてなんて生易しいもんじゃなくて、このまま放っておいたら一族郎党に被害が及ぶから仕方なく助けてやったと取った。長老一家が助けてやったのも同じ理由。
なまじ偽悪的に装うのじゃなくて本当に悪で救いが無い閉塞感が描きたかったのだと思う。

42 :名無シネマ@上映中:2011/11/05(土) 15:26:58.10 ID:lgLsc3WI
>>36
後ろめたさから協力的になったんじゃないのかな。
真相も知っているようだったし。

43 :名無シネマ@上映中:2011/11/05(土) 15:53:43.18 ID:QGvjNH5s
俺は最初から姪のためを思っての行動だと思ってたけど。

44 :名無シネマ@上映中:2011/11/05(土) 15:59:45.36 ID:m/9n8oLu
伯父の表情見てなかったのかよ。
どんな弟であれ、血を分けた兄弟だから、っていうのがありありとわかるものだったろ。

45 :名無シネマ@上映中:2011/11/05(土) 19:45:56.04 ID:8MLo7n6Y
保釈金の残りは叔父が払ってたんだよね?

39 :名無シネマ@上映中:2011/11/05(土) 08:49:10.10 ID:ro7vEFbo
警察の力が強大になりすぎるのも嫌だけど
こういう世界も嫌だね。
日本もこんな村社会あるんじゃないの?
村の長が法律より警察より正しいみたいな。
山奥で何を燃やしてもわからんよな~

40 :名無シネマ@上映中:2011/11/05(土) 09:56:32.17 ID:SKYlr7vH
悪か善かというより
相互扶助と相互監視が裏表であるようなリアルな部族社会を感じた
父親にとっては情と掟は矛盾するものだったが、
伯父は途中から二つを折衷させる方法を学んだんじゃないだろうか

43 :名無シネマ@上映中:2011/11/05(土) 15:53:43.18 ID:QGvjNH5s
40の「相互扶助と相互監視が裏表」って良い表現だな。

46 :名無シネマ@上映中:2011/11/05(土) 22:22:50.55 ID:is1GnsxK
主人公が下の子たちにシチューを作るから、作り方を見ててと言うシーンにグッときました

47 :名無シネマ@上映中:2011/11/06(日) 00:55:49.14 ID:0UddY2W2
なんか田舎もん同士が勝手に殺し合ってろよ、としか思えなかった。
日本で言えば関川村村八分問題みたいなもんか。
あのサンプ(だっけ?)とかいう爺さんも、周りのDQNが必死に
「サンプさん怒らせるとまじヤバイっすよ」「パネェっすよ」と
勝手にビビらせにかかってるだけで、傍から見てると滑稽で仕方ない。

キャッチコピーの
>観る者すべての胸を打つ、
>奇跡をたぐり寄せる少女の
>成長と希望の物語。
もピント外れ。
全部DQN一家の胸三寸なんだから、奇跡もクソも無ぇだろ。
ミスティークの中の人は良かったけど、ストーリー自体には
興味も共感も持てなかった。

48 :名無シネマ@上映中:2011/11/06(日) 02:09:54.05 ID:J06PJnwT
勝手にビビらせるもなにも、実際にジェサップ殺してるでしょ

55 :名無シネマ@上映中:2011/11/06(日) 18:30:00.33 ID:0u2c5GQq
なんか変態村を思い出した。

58 :名無シネマ@上映中:2011/11/06(日) 21:27:41.25 ID:qKLgsoGF
寒いとこが舞台で家がどうのこうのってことでフローズン・リバーみたいなんかなって思って観たら
もっと過酷で重い印象を受けた

49 :名無シネマ@上映中:2011/11/06(日) 03:02:41.25 ID:HpZmqRmY
原題は冬の骨で良いのかね?

50 :名無シネマ@上映中:2011/11/06(日) 03:16:06.30 ID:I4zR2Cgt
>>49 いいと思うよ それとは別にパンフには原題の含みも解説してあったな

今日見てきたけど良かったな 劇的な解決ではないけど家と家族を守れて 
妹が可愛かった 姉ちゃんに見えなかったリス見つけたり結構たくましいのかも
伯父さんの「ティアドロップ」ってなんかカワイイ名前(あだ名?)だな なんでそんな呼び名なんだろうと

60 :名無シネマ@上映中:2011/11/07(月) 13:46:43.63 ID:VTHtoMcC
映画観た帰りに小説を立ち読みしました。
ティアドロップが最後に犯人を解った箇所にジャンパーに血だらけの手をつっこんでというような描写があった。

映画だけでは推測しにくいけれども、
リーに会う前に捜して見つけたってことですね。おそらく。

61 :名無シネマ@上映中:2011/11/08(火) 01:25:50.56 ID:jcFPbOCq
>>60
映画でもそれやられてたらちょっと救いがなさすぎたから
少しだけ優しく脚色されてて助かったよ

73 :名無シネマ@上映中:2011/11/12(土) 09:50:19.50 ID:8fTdenYw
オレ、兄貴が弟を殺したんだと思ってた

74 :名無シネマ@上映中:2011/11/13(日) 08:05:11.48 ID:LugUl5NK
>>73
それが正しい解釈。

76 :名無シネマ@上映中:2011/11/13(日) 10:23:28.22 ID:NWBwGyAg
サンプが掟に基づいてけじめをつけろと主張し
やむなくティアドロップは保釈金の残金を払って保釈された弟を殺した
死体はミルトン一族が引き取り遺棄した(遺棄場所はティアドロップは知らなかった)
で一応理屈は通るな
共犯の事実が秘密を守る(守らせる)ことの担保になっているのだとしたら
ティアドロップに言われてサンプがあっさりリーを解放したのも納得できる
ただ保証人は残金支払者を、ジェサップの愛人は殺人実行者を
それぞれ目撃しているはずなので、そこが上手くつながらない気はする

77 :名無シネマ@上映中:2011/11/13(日) 11:12:17.03 ID:2GmK90R4
>>60を読むかぎりだと兄貴は違うんじゃないかな

81 :名無シネマ@上映中:2011/11/13(日) 21:11:06.98 ID:mSLwN2Si
伯父は掟は受け入れたけど
その掟によって主人公の生活の困窮は違うだろと
斧で車壊して抗議して骨が帰ってきて
主人公がもうこれ以上父親を探さない確信を得たから
主人公に誰が殺したか全部知ってたと白状したんじゃないか?
だから伯父は父親殺してないんじゃないか

119 :名無シネマ@上映中:2011/11/26(土) 23:13:22.03 ID:677kNXGz
>>76
> ただ保証人は残金支払者を、ジェサップの愛人は殺人実行者を
> それぞれ目撃しているはずなので、そこが上手くつながらない気はする

ティアドロップ=保釈金支払者かなぁ、と思いながら見てたけど、↑この点が俺も引っかかってた。
結局警察、裁判関係者もグル(までいかなくとも黙殺しているとか)、なのかな?

121 :名無シネマ@上映中:2011/12/02(金) 01:01:44.83 ID:IPnNNPhf
>>76
ラストで保証人がリーにカネを渡しに来るシーンで
保証人がはティアドロップを知っている仕草だったな
ティアドロップの「殺った奴を知っている」という台詞といい、
彼が弟を殺ったのか?

67 :名無シネマ@上映中:2011/11/10(木) 01:13:19.37 ID:REa0LA1j
mixiレビュー評価低いなあ

94 :名無シネマ@上映中:2011/11/18(金) 21:13:55.01 ID:m3mN9X+A
しっかしほんと評価低いな
mixiでもヤフーでもモテキやサラリーマンNEOに点数負けてる。

ソーシャルネットワーク、ブラックスワン、英国王のスピーチ、
ザ・ファイター、トゥルーグリット、ウィンターズボーン

これらこの前のアカデミー賞作品賞ノミネート作って
どれもそろって日本の一般層のレビューだと評価低いんだよな。
どれもモテキや漫才ギャングや阪急電車に惨敗してる。

95 :名無シネマ@上映中:2011/11/18(金) 21:26:00.93 ID:cnV0eQ+C
なんでそんな評価低いんだろうな
自分は観てから一週間経っても余韻が続いてるんだが
見る人が少ないのはしょうがないにしてもなんで低評価?

97 :名無シネマ@上映中:2011/11/18(金) 21:57:11.20 ID:3CABBw6c
単にmixiとかヤフーでレビューする層との親和性じゃないの?
オレはもう数年mixi放置だし、ヤフーのレビューとか見たことないもん

98 :名無シネマ@上映中:2011/11/18(金) 21:59:32.93 ID:uHa8kdG1
確かにmixi、ヤフーじゃ評価低いのも納得

68 :名無シネマ@上映中:2011/11/11(金) 14:28:07.49 ID:lGyp+vJs
ダメな人ってどこがダメなんだろ
オレはこういうマジックリアリズムみたいのすごい好みなんだが

69 :名無シネマ@上映中:2011/11/11(金) 19:36:55.53 ID:r2LjPoMP
ダメな人は映画に娯楽だけを求めてる人だと思う。わからなくもないが、映画で現実を感じたくないんだよ。ドキュメンタリータッチな映画をエンターテイメントと感じるかどうかは現実の生活に余裕があるかないかの問題。

70 :名無シネマ@上映中:2011/11/11(金) 20:30:07.70 ID:E99qgRWl
現実を突き放して見れない状況とか段階っていうのあるからな

この映画特別な人間は(善人も悪人も)誰もいないから余計に辛いっちゃ辛い
朝日朝刊での沢木耕太郎の映画評にリーも他の大人のように薬物や酒に慰めを求めても仕方ない状況だったってあったけど
(記事が手元にないからちょっと違うかも)自分も冷や冷やしながら観てたわ
ティアドロップのかみさん(?)が大麻くれた時とか そこに行かず踏みとどまるかどうか最後まで心配だった

71 :名無シネマ@上映中:2011/11/11(金) 20:45:04.13 ID:+ArGQS7A
母親の件があるから薬物には嫌悪感が強いだろうけど
「ドリー一族の女」と生きていくわけだしお話の後の生活も不安は残るな
唯一確実な逃げ道である兵役は、成人しても選ばなそう

72 :名無シネマ@上映中:2011/11/12(土) 00:46:24.18 ID:8z6qe2Bt
「逃げない」っていうのがリーの拠り所なんだろうな

51_20120104161748.jpg

友達のゲイルの旦那はいったい何して食べてるんだ
彼女の人生もなかなか大変そうだ 子供をはやばやと産んで
ところで弟と妹も自分たちで守るものを受け取ったラストが好きだ
個人的にバンジョーが懐かしかった 自分の家族が昔演奏してたから

aQ_20120104161746.gif

85 :名無シネマ@上映中:2011/11/15(火) 20:50:38.93 ID:wp27HyHJ
これ全員役者なんだよな むこうの役者は層が厚いな

86 :名無シネマ@上映中:2011/11/15(火) 21:45:23.19 ID:qWILWP6v
誰がかははっきり知らないが役者でない人も出てるらしい
エイプリル(ジェサップの元愛人)のいた酒場の客とかかな?
あのあたりの場面のもの悲しさは独特だった

87 :名無シネマ@上映中:2011/11/16(水) 00:03:44.21 ID:jVYK7pwK
軍の訓練所?の場面なんかは、エキストラというかその場の人達を撮ったのかなと思った。
リーを諭す軍のお兄ちゃんは役者さんかな。印象的な場面だった。

77_20120104161747.jpg

88 :名無シネマ@上映中:2011/11/16(水) 00:58:25.59 ID:FwZmcEPa
キャストの中で一番いい人だったかも。

89 :名無シネマ@上映中:2011/11/16(水) 01:24:41.77 ID:k9a8We9o
嫌味のない現実味のある正論で諭すことで
リーの居るコミュニティの異様さが浮かびあがるようになってたね

110 :名無シネマ@上映中:2011/11/23(水) 10:31:41.67 ID:D78Qf75c
あの軍人さん本物の軍隊のリクルートらしいね。
ジェニファーがリーとして質問をしてあの人が軍のリクルートとして答えたとか。
あの場面にあった居心地の良さというか良い違和感の理由が分かったきがする。

111 :名無シネマ@上映中:2011/11/23(水) 17:34:37.64 ID:3A2I5fwq
>>110
もし差し支えなければそれどこで読めるか教えてほしい
調べもせずにすまんが

114 :名無シネマ@上映中:2011/11/25(金) 17:45:22.27 ID:EnBr2DBb
>>111
IMDBのトリビアの書いてあった。自分も確認してないが信憑性は高いかと
http://www.imdb.com/title/tt1399683/trivia 

92 :名無シネマ@上映中:2011/11/17(木) 13:59:43.04 ID:kpi0oB9Z

aQ_20120104162058.gif

貧困でも庭にトランポリンがあるってさすがアメリカ

93 :名無シネマ@上映中:2011/11/18(金) 10:29:57.84 ID:3CABBw6c
あの家族がギリギリまともだったころの名残りなんだろう

108 :名無シネマ@上映中:2011/11/22(火) 17:01:33.56 ID:FXmD7HSp
>>93
家族の写真を見ているシーンで
幼い頃のティアドロップとジェサップが可愛いカウボーイの格好で
二人並んでる写真があったな 若い頃のジェサップと妻の写真もあった
でもリーの弟妹の写真はなさそうだった、ような記憶

107 :名無シネマ@上映中:2011/11/21(月) 23:07:12.01 ID:hFjrhA0U
今日観てきたけど本当に素晴らしい作品だった。泣ける作品とは違うけど心にガツーンと響く作品だった。
個人的にはキャラクターの描写等が本当に丁寧に作られてた印象。薪割り機使用中に後ろからティアドロップが現れる所とかいい。
登場人物もよくああいう人物探してくるよね。なんていうか本当に田舎にいそうな小太りの人とか。

大した問題じゃないけどあの人達の住んでるところの位置関係がちょっと分からなかった。歩きで行ったり来たりしてたし

いやーこの作品が劇場で観れてよかったわ

109 :名無シネマ@上映中:2011/11/23(水) 01:09:10.73 ID:ifFpGdGC
日本も以前雪印告発して村八分になったおじさんいたよね
それの犯罪版みたいなストーリーでしょ
原発誘致の実体とか日本人もそんなに他人事だと思えないと思う
中国で模造品作る村があってそこに警察関係者が
入ろうとしても村単位で抵抗されると聞いたことある

113 :名無シネマ@上映中:2011/11/24(木) 12:42:56.84 ID:4nxeBE03
昨日観たんだけど、帰ってパンフ読んだらヒルビリーについて色々書いてあったから、これ頭に入れてもう一回見たいなあ。
素晴らしい映画でした。
妹ちゃんって現地の子なんだね。リスのシーンで動じてないわけだw

5_20120104162347.jpg

122 :名無シネマ@上映中:2011/12/02(金) 02:08:14.75 ID:Tt9cDSra
リスってネズミみたいなもんなのに喰って大丈夫なのか?
フライにするって言ってたけど、ササミの天ぷらみたいな感じなのか?
なんか病原菌いそうだよね

115 :名無シネマ@上映中:2011/11/25(金) 19:29:34.72 ID:/a5v5MtH
やばかった。
フローズンリバーに感じ入っただけにこれもストライク。
誰かが言ってたけど、ゴッドファーザーみたいな話だったな。ファミリービジネス。
ドリー家の一員となったリーの憑きもんの落ちたような表情に鳥肌立ったよ。

レイヴンより全然魅力的だった。
すげえ女優さんだわ。

117 :名無シネマ@上映中:2011/11/26(土) 11:07:50.07 ID:glMgCg2y
>>115
自分は舟の上の場面とサンプとの会話の場面が特に凄かったと思う


関連記事

  1. 2012/02/02(木) 20:53:19|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【映画】妻夫木聡が井筒監督と初タッグで高村薫作品を映画化…11月公開の映画「黄金を抱いて翔べ」 | ホーム | 【Google マップ】バットシグナルが日本のある都市で点灯されている件>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2633-690b8529
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。