2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

クラッシュ

http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1137209713/
5_20120103115534.jpg

1 範馬勇次郎(水B♂) 2006/01/14(土) 12:35:13 ID:P3EX6Nh4
『ミリオンダラー・ベイビー』の製作・脚本を担当したポール・ハギス初監督のヒューマンドラマ。
アメリカ・ロサンゼルスを舞台に、様々な人種や階層の人々の怒りや哀しみ、憎しみ、喜びなどを多彩な登場人物たちによって描く。第78回(2005年)アカデミー賞作品賞、脚本賞、編集賞の3部門受賞。


19 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/01/25(水) 14:19:54 ID:sK3iX7Ux]
見ごたえのある群像劇で面白かったんだけど、
でもなんかやっぱりどんよりした気分になるなあ。
あんまり後味はよくないかもね。後味が悪いってのとは違うけど、やりきれない思いが残る映画かも。

59 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/11(土) 16:17:05 ID:6Nogpz1q]
前半はかったるいけど後半は凄い良い映画。
サード・ウォッチとか好きな人にはおすすめ。
ペルシア人ジジイ+ょぅι゛ょと父親、アイスホッケー好きのあいつとあいつのエピで号泣した。

68 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/11(土) 19:22:01 ID:/Uo6ZHHP]
新宿武蔵野館、二回目満席。

この作品の「衝突」に感動することから、
日頃いかに他人にぶつからない生活を送っていたかがわかる。

人種差別の根の深さは実感できない。
ただ、いろんな「顔」をもつ人たちが暮らしている映像は
見ていていいもんだなと思った。

71 名前:名無シネマ@上映中 [2006/02/11(土) 21:39:11 ID:Nv89nb3P]
新宿武蔵野館行って来たよ。
とりあえず、前半は人物紹介オンリー&気を抜くと話の前後が分からなくなりそうで苦痛だったけど、
後半は面白かった。
交通事故レスキューのシーンは、人間の感情の訳分かんなさが良く出てて面白かったな。
それにしても、アメリカではあんな面と向かって人種差別発言したりするんかね。
あれがあの国の日常なら、俺は日本に生まれてホント幸せだわ。
とか言いながら、映画が終わって外に出た瞬間に、英語で携帯越しに怒鳴る外人女と
道を塞いで中国語で話す集団にムカついたけど。

30 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/04(土) 14:55:03 ID:fdCpXrHz]
ミュンヘンが何の答えを出してないと言う意見があるが
この作品もそうかもしれない

34 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/05(日) 12:03:12 ID:Xefc/9gf]
>>30
ロサンゼルスに住んでる人間に言わせてもらえば、実際には
そう簡単に答えが出るような問題じゃないし、変な落としどころを
作ったらこれほど観る人に訴えかける映画にはならなかったと思う。
世界中の人間が混血して人種がなくならない限り、誰の心にも
多かれ少なかれ差別はある。それを自分でわかっていながら、でも
理由のない拒絶反応をどうしようもできない時もある。
それでも同じ社会で、なんとか生きていかなきゃいけないんだよね。

35 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/05(日) 17:16:59 ID:SS34TuYi]
人種はきっかけの一つでしょ、偏見の問題だから
スキンヘッドや目つきの悪い人が怖いと思う人はいるわけだし

キネ旬を立ち読みしたらと監督にも車を止められた体験があるとか

悪い脚本ではないけど、この程度で大絶賛されるのもなんか怖い

39 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/06(月) 01:32:33 ID:JG0ccmpt]
>>35
ネタバレになるのでくわしく書けないけど、それは逆じゃないかな?>人種はきっかけ

ささいな偏見が結局、黒人だから、とかメキシコ人だから、みたいに
ステレオタイプな人種差別に収束していくんだと思う。

まあ、脚本はよくできてるけど作品賞取るほどではないね。

123 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/15(水) 03:54:38 ID:PTOeJIRn]
この映画を見て真っ先に思ったこと・・・。
とりあえず日本に日本人として生まれて来てよかったー。

人種差別をリアルで体験したことある人や、銃社会で生活したことがある人が見ればまたちがった思うところがあるのだろうが。

170 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/17(金) 23:25:37 ID:DH8jwGj4]
>>123
>とりあえず日本に日本人として生まれて来てよかったー。

私と全く逆の感想だw
私はアメリカに住みたくなったよ。

172 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/18(土) 00:03:04 ID:SqT1JAzW]
>>170
実際のアメリカにゃ、親父が死ぬかもしれんのに、わざわざ赤い弾買うような
非道な娘はあんまりいないけどな。

173 名前:名無シネマ@上映中 [2006/02/18(土) 00:14:59 ID:4z2eLOcf]
>>170ははとりあえず何のスキルもコネもなく底辺のアジア人労働者にでもなって、
数ドル奪う為に白人殺す予感w

175 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/18(土) 00:45:04 ID:n6+ByqnL]

14_20120103115533.jpg

あの空砲さ、娘は最初から空砲のつもりで買ったのかな?
最後、引出し開けたときは「空砲買っててよかった!」みたいな感じだったけど、
銃砲店では「あの赤い箱でイイワッ!」って適当に決めたような気もする。

どっちゃなん?

177 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/18(土) 00:58:17 ID:kBDYGW7i]
アレはどう見ても娘の優しさだと思うが・・・

178 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/18(土) 01:01:58 ID:JbF+F7I4]
あの一家はイランとかアフガニスタンとかからの移民でしょ?
人が殺し合うことの虚しさが身に染みている娘ならではの判断だと思うな。
父親には人殺しになってほしくないという。

179 名前:名無シネマ@上映中 [2006/02/18(土) 01:07:00 ID:FeQenRFS]
赤い箱を選んだ時点で アメリカ人の観客は 
こいつ空砲買ってやんの プゲラなのかな?

180 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/18(土) 01:22:01 ID:JbF+F7I4]
赤い箱はヒントにならないんじゃ? 分かってしまってはつまらないでしょ。
でも、店主がびっくりした顔をしてたから
薄々感づいた人はいるかもね。

125 名前:名無シネマ@上映中 [2006/02/15(水) 08:37:23 ID:FUg1lOkO]

41_20120103115532.jpg

B・フレイザーが好きなので、本作を観ようかどうか悩んでいるのですが、彼はどれ位活躍していますか?
出演時間は短いけど観ておいて損はなし的役割なのか、全くの端役扱いなのかどうか分からないのでどなたか教えて頂けないでしょうか。

126 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/15(水) 09:15:21 ID:yTj49gAE]
自分もB・フレイザー目当てで行きました。
彼だけならDVDでも良いです。端役では無いでしょうが、どうしても
劇場でと言うほどではありません。しかし、作品は良いですよ。

130 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/15(水) 13:49:40 ID:/Um4Hn6c]
>>125
ハッキリ言えば、主要人物の中で、B・フレイザー(の役)は
一番存在感がない。すまん!
サンドラ・ブロックとの夫婦は、別に設定上いなくても…とさえ感じたけど
S・ブロックは漸くラストで、家政婦との…のシーンが効いて来るので
まだ居る意味はあったかな。
B・フレイザー目的なら>>126さんの意見同様DVD待ちでもいいかもしれないが
幾つかの見せ場の臨場感を踏まえると、映画館で観る価値のある作品。
(キツイ言い方をさせてもらえば)役者目当てのミーハー目的なら別です。

216 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/19(日) 13:58:49 ID:15E+g4lx]
登場人物都合よく絡み合いすぎ

217 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/19(日) 14:43:57 ID:MWKML5Hr]
群像劇ってそういうもんだよ。

429 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/28(火) 01:49:44 ID:fT2RSh6c]
チードルとマットの絡みがなかったのが残念。
ご都合でもなんでもいいから、そこまで繋がるエピが見たかった。

430 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/28(火) 01:53:35 ID:gXnCcHAQ]
同じ警察の人間なんだから、簡単に話を繋げられそうな気もするんだけどな。

231 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/20(月) 00:04:38 ID:QfvTu43K]
ハンセンの車のダッシュボードに付いてたのは
何の人形?キリスト?

233 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/20(月) 00:23:26 ID:qVFK0KBz]
交通安全(衝突除け)のお守りだったのに、最悪の衝突が・・・。

234 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/20(月) 00:31:21 ID:QfvTu43K]
ああ、ピーターと同じのだったのか

235 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/20(月) 03:16:08 ID:8GqlTfnZ]

77_20120103115531.jpg

チードルの母親はなぜチードルではなくその弟が気に入っていたんだ?
「バカな子ほどかわいい」ってやつか?
ベンツに積んであった金はタイ人やカンボジア人取引と関係あるのか?
シボレー対ベンツの警官対決は車のブランド差別ってことか?

以上二点がよくわかりませんでした。誰か教えて。

237 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/20(月) 23:19:50 ID:qVFK0KBz]
ベンツに積んであった金は麻薬絡みじゃなかった?

242 名前:名無シネマ@上映中 [2006/02/21(火) 22:12:53 ID:kt3XYlcD]
>235
弟の方を可愛がってたのは兄は仕事人間で家族をほっといてたからじゃない?
弟はチンピラながらもママのために買い物したりかいがいしく世話してたみたいだし。
タイヤの大金は白人検事(?)が裏で悪い事(麻薬取引)してたお金 と思った。
それを知ったドンチードルが上司にチンピラ弟を無罪にすら代わりにタイヤの中の
大金を知らなかった事にしろと言われたような。
車にひかれた中国人が「早く現金に換えろ」と小切手を奥さんに言ったのはなぜ?

243 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/21(火) 22:29:23 ID:Hv/XePrz]
母親が弟のほうをかわいがっていたのに理由なんかは大してないだろ。
それにこっそり世話してたのは兄のほう。
それに麻薬取引にかかわっていたのは白人警官に撃たれた黒人警官。
中国人が慌ててたのは人身売買に関わっていたことがばれてしまうためじゃないのか?

説明するのもバカらしいけど一応。

250 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/22(水) 03:15:40 ID:Slp4VZVT]
タイヤの金のエピソードは、麻薬取引をしていたのが白人警官で、
撃ち殺してしまったのが黒人警官だったら、
おそらく真実が検事によって公に発表されて、黒人警官は正当防衛で
済ませられていたかもしれない。
逆差別的なエピソードの一つだよね。

271 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/22(水) 23:51:19 ID:BDN0ASxU]
試写で見てるんで、自腹で二回目
天使のマントあたりからは萎えてしまった

俳優はテレンスハワード、ドンチードルが良い。マットディロンは微妙
サンドラブロックとサンディニュートンはやっぱりダメだった

273 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/23(木) 00:38:20 ID:k7/+7Ui+]

51_20120103115531.jpgd2002_20120103115559.jpg

ブロックとニュートンは、決して下手な芝居ではない。
むしろ、女性の押さえきれないエゴイスティックな部分の表現は見事である。
理屈は十分心得ているのだが、それでも卑屈な邪推を旦那ぶつけるニュートン。
錠前屋が側にいることを知りつつも、
遂には荒ぶる声を声を押さえきれず自論をぶちまけるブロック。

なかなかこんな芝居はお目にかかれない。
この2人は役柄で損をしているため、イイ仕事してるのに評価されないだけじゃね?

こーゆー女のサガを剥き出す演出は、ガキや独身香具師ドモには理解出来ないんだねw

278 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/23(木) 01:18:37 ID:qcO4GLdZ]
>理屈は十分心得ているのだが、それでも卑屈な邪推を旦那ぶつけるニュートン

あれを女のサガみたいな言い方をされるのは心外ですわ。
あの屈辱は男には理解できまい。

279 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/23(木) 01:31:53 ID:3FBUzjsE]
その屈辱も全て理性が働かない自分が悪いがな
根底にあったから吼えたんだろうけど自業自得

281 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/23(木) 02:55:47 ID:ZdnI39n8]

2003836_201111180450135001321542053c_20120103115530.jpg

俺は昨年の公開時にマット・ディロンの芝居に度肝抜かれたクチ。
あのツッパリ(死語)が似合っていた青春スターがここまで感情の
襞を表現できるようになるとは、とうるうるきてしまった。
でもあれだね、ディロン以外にも、役者は全部いい。ミスキャストと
言われているブロックでさえ、適役だと思った。

それにしても、どの人種もいいところ、悪いところが描かれてるってのに、
アジア人だけは片手落ちだったなあ。もう一歩突っ込んで欲しかった。

285 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/23(木) 03:40:19 ID:kbifgV15]
個人的にはイラン人には実弾でぶっ放したほうが悲劇としては
良かったと思うがそれは別の人がやったからいいか

でも警官が黒人を車に乗せるのと
サンドラがすっころんで、本当の友達はあなだけよといのうのは
それまでの車炎上、マント等と比べると話が軽いのが残念。

288 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/23(木) 04:58:57 ID:wQ2QKWi6]
>>285
解ってないな~orz
アクション映画じゃないんだから、大きな見せ場を幾つも作ればいいってもんじゃないよ。
特にこの作品は、些細な癒しや優しさに気付かされる事も描いてるからこそ
大きな見せ場も生きてくる、そういう作品じゃん。
アメリカでは日常ありそうな事を(監督の体験談をヒントに)描かれているんだから
そんなに非日常的な衝撃的重大事件ばかり演出してたら、却ってリアリズムが感じられなくなる。

290 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/23(木) 08:59:18 ID:0nEPDFuX]
>>285黒人を乗せる警官の話。あれは自分には重かった。
彼は差別主義者では無いと自分でも思っていたわけだけど
やはり最後にはああなって・・・。必ずしも相手が黒人だから
というより、あそこは銃社会の怖さがでてましたね。
何だか心にズーンときました。

292 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/23(木) 13:51:32 ID:k7/+7Ui+]

2401540_20120103115601.jpg

あの若い警官は、マットと行動供にしていたので多少は感化されていたかも知れないと思う。
日常勤務の相棒が黒人だったら、もう少し発砲にためらいがあったかも。

しかし、撃たれたチー弟も、あのテンションでポッケに手ぇつっこんじゃぁね・・
ま、兄ちゃん警官も私服だったとはいえね。やるせないぞ・・・ハギス

293 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/23(木) 15:55:54 ID:qLyM/E2U]
しかし人種差別以前に、あんなところで拾うって
安全を考えればリアリティがない話だよな

295 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/23(木) 17:58:26 ID:qcO4GLdZ]
白人ばかりの住宅街で夜中にフリーターっぽい黒人が一人でうろうろは
さすがに避けそうなものだけど、警官の務めと思ったのかな。
てか、あのシーン、予想がつくから見ていてきつかった。

車を焼き捨てたのは証拠隠滅かと思うが、
その場に黒人ディレクターが偶然通りかかるのはどういう意図があってのことだろう。

305 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/23(木) 21:52:34 ID:gSf4aqyA]
LAで雪なんて降る事あるんかい、とか思った。
ホッとする演出で良かったけど。

307 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/23(木) 22:00:02 ID:YsSosc4Z]
クリスマスの奇蹟です

418 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/27(月) 16:13:32 ID:86AmrRTM]
あと、LAで雪ってのはマグノリアで蛙と同じくらいの奇跡ですかね?
群像劇だからある程度はしょうがないけど、雪が降ってきた瞬間に「マグノリア…」と思ってしまった。
なんつーかより暗めのマグノリアって感じ。

419 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/27(月) 16:41:04 ID:M7r4xbnd]
雪は初めの方でも降るとあったから、意外性はない

336 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/24(金) 19:25:24 ID:nqL0roTo]
妖精マントの下りで号泣しちゃったよ・・・
面白い映画だけど、俺が見た回のレイトショーも観客5,6人(120人収容ぐらいの箱で)
主演陣の顔ぶれ見ても地味だし、話もジミ渋系だから人気でないなー
このスレの伸びもそんな感じだ。イイ映画だけど注目はされない作品なんだろうね
それこそ映画好きの人でもない限り見に行こうとは思えんだろうな

その逆が有頂天ホテルかな。あれはそれほど映画を見に行かない人でも見にいく感じか

337 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/24(金) 19:31:45 ID:42jVVwZg]
×妖精マント
○透明マント

338 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/24(金) 19:59:38 ID:5gfpgQYS]
まぁ妖精(さんにもらった透明)マントで合ってるんじゃ?

339 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/24(金) 20:10:37 ID:P5AGeZLw]
妖精マント、ワロタw

572 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/03/05(日) 03:02:34 ID:wP02HP/G]
娘ができたら、魔法のふろしきで話をしてやろうw

482 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/03/02(木) 12:58:07 ID:XMP/uDQU]

20071115_20120103115600.jpg

鍵屋の人カッコイイ
娘との会話が良いよ

498 名前:名無シネマ@上映中 [2006/03/03(金) 01:26:22 ID:4TpdxzcP]
透明マントのエピソードがいいなぁ。このエピが、この映画を
単なる社会派ドラマに終わらせてない部分だなぁ。

それにしてもアメリカってのは、銃で武装しなきゃいけないくらい警戒心
強いくせに、夜中のヒッチハイカーを平気で拾う寛容さもあるんだな。
だからこの映画があるのか。

345 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/25(土) 00:26:02 ID:toBP40YK]
こんだけ人種問題とか衝突描くんなら、もう少しアジア人のパートが欲しかった。
中国人でも韓国人でも映画にはでてこなかったけど日本人でもいいけど。
ロスってすごい東洋系も多いんだろ>ラスト近くにも出てきたけど、移民街。

一応アジア系も少しだけ出てきて群像劇に絡むけど、基本的に他の登場人物からみた描写で、
内面とか描かれないし。黒人と白人の問題で、あれだけ突っ込んでやっているのに。
ヒスパニック系問題も冒頭の口論シーンだけだな。基本的には黒人白人関係ばかり。

あの保険会社の東洋人と事故った奴と黒人とイラン人でなんか話があるとさらに良かったような。

あと、イラン人の娘とヒスパニック系の刑事は何か顔が似ているから最後のほうの病院のシーンで
一瞬混同した。このスレの上のほうで勘違いしていた奴もいたはず。
イラン系もラテン系も彫りが深くてエキゾチックな顔しているから。イラン人の娘役は綺麗だな、今後気になる。

この映画、シーンとシーンの区切りが必ずドアを閉める/開ける動作なんだな。
凄い象徴的というか、ようするに人種とか人の間の壁は向こうの鼻先で閉めて
相手を視野外に追い出すことも出来るし、閉めて交渉を拒否も出来るし、
また相手に対して開くことも出来るってことだと思う。通路にもなれば壁にもなる。

347 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/25(土) 00:59:43 ID:GiskbUao]
>>345
>こんだけ人種問題とか衝突描くんなら、もう少しアジア人のパートが欲しかった。
同意。あの中国人夫婦の描写を見ると、一種生暖かく隔離されてるみたいなものなのかも<ロスのアジア人
それならそれでそこを描いて欲しかった。

>通路にもなれば壁にもなる。
この表現すごくいい!
私は、ドアを鍵で開け閉めするシーンがほとんど無かったのも象徴なのかと思った。

あと、世界を救う娘たちと報われない息子たち(グラハム・ライアン・ハンソン)が
対称的だ、とも。

349 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/25(土) 06:06:16 ID:ynY+0gCL]
日本人が出てきてないと言う人がいるが、
ペルシャ人のとこにやってきた保険会社の人は日本人風じゃなかった?
あとから考えると、融通が利かないとかそんなような意味で出てきたんかな・・・考え杉?

413 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/27(月) 04:05:27 ID:33h8F5kO]

affiches films yeux

不法入国のアジア人を解放した、あのいつも怒っている黒人兄ちゃんは
最後は爽やか笑顔だったけども、
あとで相棒が白人警官に銃殺され遺棄されたと知ったら
ますます白人への憎しみを倍増させるんだろうねぇ・・・。

434 名前:名無シネマ@上映中 [2006/02/28(火) 05:07:41 ID:OEemk+0D]
ヤフーの評価がよくて見てきたんだけど
登場人物多すぎてエピソードつめこみすぎて
よくわからんかった

二人の黒人が盗んだ黒のRVに映画監督の人が座ってたのはなぜ?
襲撃されたお店のゴミ箱から盗まれた書類は何?

映画監督がセリフ変更に応じた理由もピンとこなかったし、
事故に遭った中国人が「小切手をいますぐ現金に替えろ!」って
言ったのも何を暗示してるのかわからなかった。

読解力なさすぎな俺に愛の手を…

436 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/28(火) 08:14:47 ID:9g60QA3V]
>>434
Q襲撃されたお店のゴミ箱から盗まれた書類は何?
A鍵屋サンが捨てた鍵交換の請求書(口論の後、ゴミ箱に捨てる描写あり)

Q映画監督がセリフ変更に応じた理由
Aお偉いさん(?)に逆らえない

Q事故に遭った中国人が「小切手をいますぐ現金に替えろ!」
中国人が乗ろうとしていた車に中国からの不法入国者サンがたくさんいたよな。
車が盗まれて、そこから足がつき、不法入国に手を貸して捕まるのを恐れた。
で、高飛びするために現金に変えようとした。

Q黒のRV
オレもよくわからんかった。 へるぷ

437 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/28(火) 09:50:34 ID:hT9MWPqL]
黒のRV

黒人2人がパクったのはフレイザー&ブロック夫婦のRV

映画監督の(ってか、TVデューサーじゃなかった?)RVとは別
オレは車詳しくないけど多分同一車種。
車買取やが「xxのRV(車種名忘れた)は高く売れる」と言っていたので、同じ車種狙ったと思われる。

しかし、こうして質問読むと改めて思い出す事柄多し。
最初のRV、血まみれでヤミ商品価値無し
チードル弟が中国人放置を嫌ったため。
あの弟、本当に根はいい奴なんだよねぇ・・・残念。

TVマンセリフ変更
人気の出始めた黒人キャラが「白人化して来てる、セリフ変えよーよ」と局上司に言われる。
止む無く、がさつな言葉使いでリテイク。TVマン葛藤、追い討ち駆けてカミサン登場。
で、逆切れ気味の中チードル弟の相棒とのマット元相棒との遭遇。
事が大きくならずに済んでよかったし、黒人も説教されてラスト善行。

しかし、功労者とも言える助けた若い警官がねぇ・・・

今更ながら脚本マジックに少し感動。もう一回見に行こうw


関連記事

  1. 2012/05/11(金) 20:34:18|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【画像】我こそは真のウルヴァリンだと名乗り出るネットユーザーが後を絶たず | ホーム | 【 公開直前 】『貞子3D』『ポテチ』『ロボット』評判まとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2627-e28d2d40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。