FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

魍魎の匣

【京極堂】 魍魎の匣 4匣目 【第弐談】
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1191141529/


1 :名無シネマ@上映中:2007/09/30(日) 17:38:49 ID:86Lo564U
魍魎──
此獣葬送の時、間々出て災いをなす。
故に漢土にては聖人の時より、方相氏といふ者ありて熊の皮をかぶり、目四ツある形に作り、大喪の時は柩に先立て墓所に至り、壙に入りて戈を以て四隅を打ち此獣を殴ることあり。
これを険道神という。事物紀原に見えたり云々。
『茅草漫録』

魍魎──
形三歳の小児の如し。色は赤黒し。目赤く、耳長く、髪うるはし。
このんで亡者の肝を喰ふと云。
『今昔続百鬼巻之下』

スタッフ:原作  京極夏彦   :監督  原田眞人
キャスト:京極堂=中禅寺秋彦 堤真一
    榎木津礼二郎      阿部寛
    関口巽          椎名桔平
    木場修太郎       宮迫博之
    中禅寺敦子       田中麗奈
    柚木陽子         黒木瞳
    久保竣公         宮藤官九郎
    美馬坂幸四郎      柄本明

公式サイト
http://www.mouryou.jp/


194 :名無シネマ@上映中:2007/10/12(金) 22:45:39 ID:aFiGG0Ew
辛口感想(若干ネタバレ有)

ちょうど枕にぴったりの高さくらいある京極夏彦の原作は、この監督向きだと思う。
そして、多くの原作ファンは、間違いなくこの映画の話の進み具合に舌を巻くだろう。
それくらいうまいのだ(若干、臭い芝居はあるが)。
映画始まって1時間40分くらいまでは、もう完璧なのだ。特に、中国ロケを日本の風景として使っているのだが、
これが奇跡的にはまっている。
しかし…
最後のクライマックス、原作ファンは脳天をカチ割られることとなる。
そして、原田眞人という監督を知る人なら、
「うわぁ~、そっちやっちゃったの! あんた、『ガンヘッド』で懲りてなかったんかいな」と思う事になる。
少なくとも京極堂シリーズの最もキメの場面は、静なる舞台に凛と登場する京極堂の憑物落しのシーンである。
それを、最低の特撮センスしか持ち合わせていないこの監督が、ドンガラガッシャン、ドンガラガッシャンとどこから現れるのか、
鉄パイプだの、白いスモークがあちこちから噴出される舞台で、あの京極堂がコントすれすれの演技を披露するのだ。
ファンなら間違いなく「こりゃダメだ」とつぶやくはずだ。
全ては物語の解釈の仕方だ。前作「ウブメの夏」を監督した実相寺監督は、間違いなくこの物語を妖怪映画として捕らえていた。
もしくは憑物落しの映画としてアプローチし、見事に物語を語るに破綻したのだ。
それを原田監督は犯罪映画、もしくはミステリーとして捉えている。
見事にあの長大な物語を語る事には成功したが、この物語が持つ空気を表現する事はできなかった。
誠に、京極夏彦の映画化は難しい。

202 :名無シネマ@上映中:2007/10/13(土) 09:08:08 ID:6FL8G708
>>194
>ドンガラガッシャン、ドンガラガッシャン
すごい楽しみになってきた!

204 :名無シネマ@上映中:2007/10/13(土) 11:56:42 ID:AHnZtPe1
話を巧く尺に収めたってのが本当なら、個人的にはそれで充分だなあ。
あとは、ドンガラガッシャンに期待。

213 :名無シネマ@上映中:2007/10/13(土) 21:26:41 ID:AxoLKL2G
尺は言い訳にしか聞こない
原作と離れすぎだよ。ぶち壊しじゃん

映画としてつまらなくて、原作ファンも楽しめないのじゃ駄目だろう
姑獲鳥が失敗して匣でも失敗したら一般は以降は避けるだろうし、原作ファンも辛いだけだよ

732 :名無シネマ@上映中:2007/12/14(金) 01:51:45 ID:lExWu88z
試写会いってきた。

見ているあいだ中「おいおいちょっと待ってくれ」「いや、それはどうよ」「そう来たか…」と
ツッコミ入れまくりだったけれど、展開も速いし話の辻褄はそれなりに合ってた。
原作とは別物だと思えば、まあ楽しめなくはない出来…だったと思う。

でも久保の扱いがアレ過ぎたような気もする。
なんか久保が原作より色んな意味で面白い人になっちゃってたし。

映像的には、箱にみっしりと詰まった腕たちの絵面はなかなか良かった。
あと、町並みの雰囲気なんかも海外ロケまでした甲斐はあったと思う。
ところどころの笑いを誘う演出も、まあ、悪くはなかった。

だけど正規の料金を払ってもう一度見たいかといわれると、微妙だなー。

736 :名無シネマ@上映中:2007/12/14(金) 14:32:47 ID:kt6fs0Xh
黒木以外に女優いないのか? 
高島礼子くらいがいいと思ったんだがな、あれくらい色気欲しかったような。

738 :名無シネマ@上映中:2007/12/14(金) 18:42:50 ID:hhBvgJjc
>>736
黒木瞳とか田中麗奈などの女性陣はいいキャスティングだと思うな
あとは久保竣公がクドカンじゃなくてミッチーだったら個人的に何も文句無かった

739 :名無シネマ@上映中:2007/12/14(金) 19:07:20 ID:O44bvPTX
40代黒木、30代篠原(チョイだが)、20代田中、10代谷村寺島
いいじゃないか

740 :名無シネマ@上映中:2007/12/14(金) 21:00:40 ID:ebS+qvjp
みっしり年齢層が揃ってるのが良いね

741 :名無シネマ@上映中:2007/12/14(金) 21:44:48 ID:Y5AjT2ZD
見て来たよ。
伊佐間は出てきません。

コレジャナイ間はしょうがないというか、久保に関わる人たちの関係がそれぞれ
原作とは全く異なるので、最初から別物として見た方がいい。
古本屋の座敷のシーンやキャストは良かった。関口もあり。
木場は・・・何がしたかったんだか本気で分からん。

748 :梅田男 ◆umeda10.Vo :2007/12/15(土) 01:34:28 ID:/R+lvFru
('A`)見てきタ。
グロい映像盛りだくさん。
姑獲鳥と一緒で何やっているのか?何を講釈垂れているのか?言葉だけで聞くと全くワカラン。
方相氏や何だと言われても理解できない人の方が多いんじゃないかなァ。
字幕入れた方が良いと思う。
後、街並みが中国の農村部そのまま。日本でロケした方が良いと思ったヨ。

原作好きとしては、憑き物落とししないのは納得できない。
最後の憑き物落としでコメディーにして、憑き物落としする事無く終わる。
木場の使い方も、「ほぅ」の使い方もあまりにも酷い。

751 :梅田男 ◆umeda10.Vo :2007/12/15(土) 01:55:17 ID:/R+lvFru
('A`)辛い話ばかり書いたが、オッパイあるヨ。

752 :名無シネマ@上映中:2007/12/15(土) 02:31:08 ID:nmAfHDgu
CGじゃねーか

761 :名無シネマ@上映中:2007/12/15(土) 12:20:23 ID:TlmwsgSZ
自分も昨日見てきたけど、久保が何したいのかさっぱりわからない感じだった
っていうか基本的に登場人物の心情が全然伝わってこないのが残念

764 :名無シネマ@上映中:2007/12/15(土) 14:32:44 ID:tNiS/Ma+
谷村美月の扱いはどうでしたか?

768 :名無シネマ@上映中:2007/12/15(土) 16:52:03 ID:nmAfHDgu
>>764
女の子2人はレズっぽいシーン含め可愛かったよ。

798 :名無シネマ@上映中:2007/12/16(日) 20:17:02 ID:0nDJf+ho
風景が中国そのもので、とても日本の20年代には見えなかった。
木場が、行動原理デタラメなバカ刑事になっちゃってるし、
宮迫演技へたすぎだし、
木場好きにとってはとても辛い映画になってた。



799 :名無シネマ@上映中:2007/12/16(日) 20:34:09 ID:SD5fkNv4
やっぱり宮迫だめか。
うぶめみたいにちょっと出てくるだけだと味がでるだろうが。
宮迫を使わざるを得ない監督も宮迫も可哀想だな。

823 :名無シネマ@上映中:2007/12/18(火) 02:26:04 ID:mBbpX3Cr
原作読んだ人(俺)と読んでない人(ツレ)で試写行った。
読んだっつってもだいぶ前だからうろ覚えで、見てるうちに
「あーあー、なんかそんな話だったよな」てな具合に思い出しつつ見た。
でも原作全く知らないとワケわからんのじゃ?と思ってツレに感想聞いてみたら、
最初のほうはイマイチ話がよくわからなかったけど、後半わかりだしてから
面白くなってきて、全体としては結構面白く見れた、って言ってた。
邦画の中でもあんまり無いジャンルの映画だから、珍しさもあったみたいだ。

原作あんまり細かく覚えてなかったからか、自分も結構楽しめたクチ。
ミヤサコが終始無意味に不機嫌だったりとか黒木が歳食い過ぎの三流女優にしか
見えないとかちょこちょこ気になる部分はあったけど、退屈せずに最後まで見れたよ。

853 :名無シネマ@上映中:2007/12/19(水) 19:39:48 ID:Kqb8VjEt
試写会で見たよ。加奈子はよかったな。
初めてボクっ娘に萌える気持ちがわかったw
「ほう」はため息みたいつーか「…ほー…」って感じで、
ちょっと違うと思ったけど。
久保クドカンは特に微妙だった。
脚本はよくもまーこんなふうに繋げられたなーとオモタ
原作好きな人ほど、違いが気になるかもね。

878 :名無シネマ@上映中:2007/12/21(金) 14:33:17 ID:y1pe6g8a
関口君が永瀬さんじゃないのは何故なんだぜ

879 :名無シネマ@上映中:2007/12/21(金) 14:40:19 ID:caPQ8Ddk
関口巽役は前作で演じた永瀬正敏が腎尿路結石のため降板し、椎名桔平が登板した。
監督を始め、多くのスタッフが前作から変更となっている。

880 :名無シネマ@上映中:2007/12/21(金) 14:48:22 ID:y1pe6g8a
>>879
ええええ、そうなのか・・・
あのひょろっとした幸薄そうな関口君が好きだったから残念だな。
親切にありがとう。

903 :名無シネマ@上映中:2007/12/22(土) 12:23:14 ID:FQvBGwtL
さっき見終わった。
原作のいいところを8割方削ぎ落として、
テンポのいい悪趣味なグロコメディになってました。
前作がアレだっただけにかなり覚悟して行ったつもりだったんだけど…いや~参った。

でもセットとかはラストの研究所を除いて結構よくできてたなぁ。
邦画の大規模なロケものの割にはあんまりチープじゃなかった。



【京極堂2弾】 魍魎の匣 5匣目 【ついに公開】
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1198333862/


4 :名無シネマ@上映中:2007/12/22(土) 23:42:16 ID:VARhzfOw
 関口は個人的に椎名の方がいいと思った。永瀬関口はどうにもダメ人間度が高すぎる。
少なくとも関口って頭の悪い人間ではないと思っているので、椎名関口くらいのほうがバランスがいい。
堤に関してはぜんぜん許容範囲だったけどクドカンと宮迫は完全なミスキャストだと思う。
ていうか、木場はただの基地外だった。好きなキャラだからあの扱いには納得がいかない。

3人同時に台詞をしゃべるシーンなんかはいかにもな感じで面白かった。
全体的な絵もよかったし、10段階評価で6くらいはあげてもいいと思う。
ただ事件の片付け方なんかはいただけない。
美馬坂に噛み付く久保は絶対に見たかった。。

6 :名無シネマ@上映中:2007/12/23(日) 00:18:23 ID:kJ7dH5yq
>>4
最後の1行同意。見たかった…

木場修いらんかったな。自分も好きなキャラだが
この扱いなら刑事は青木一人で充分。
でも出さないというわけにはいかなかったんだろうなぁ。

楊貴妃ってどんなシーンかと思ったら、あれだけ…
愛する人が死に、娘も見つかってないのに女優復帰??

7 :名無シネマ@上映中:2007/12/23(日) 00:22:13 ID:/HP9yFYm
原作信者だから別物として楽しもうとして行ったのに楽しめなかったな
それぞれの行動理由がチープでB級すぎる

尺ゆえの描写不足かも知れんので
切るなら切るでもっとバッサリ切っても良かったんじゃないかね
御匣様をカットして久保と美馬坂に焦点を絞るとか

うまくまとめたって言う人もいるけど、俺はうまくまとまってないと思う
ちぐはぐとしか思えなかった

8 :名無シネマ@上映中:2007/12/23(日) 00:24:53 ID:++Z3Dl3q
うん、まったくまとまってなくて、何を見せたいのかわからなかった。
でも原作知らない人には悪くないらしい。

17 :名無シネマ@上映中:2007/12/23(日) 00:36:43 ID:aCLnsxBR
>>4
正直、原作の久保は箱にいられてどの筋肉使って美馬坂に噛み付いたのか
疑問だった。
そのかわり手足落とされた頼子が這いずり回って久保に噛み付くシーンとか
もっと猟奇的で良かったと思うがなぁ。

>>7
研究所に乗り込んでからのgdgdは要らなかったね。
この話、久保の犯行のきっかけが箱加奈子との出会いじゃないから
原作に比べると行動原理に多少の無理があるのかもしれないね。
映画だと歯車の回り始めるタイミングが戦時中てことになるし。

20 :名無シネマ@上映中:2007/12/23(日) 00:39:16 ID:euqy2DUW
>17
いや、むしろ父親に連れられて箱館に行った
子供時代にあるんじゃないか?

25 :名無シネマ@上映中:2007/12/23(日) 00:44:46 ID:aCLnsxBR
>>20
トラウマの発祥はそこにあるだろうけど
箱に少女を詰め始めたきっかけは
戦時中にエノキズと逃げた洞窟の中にあった
箱の中の女を食ったとこなんじゃないかな?
(本当は食料だったの?よくわからんかったが)

28 :名無シネマ@上映中:2007/12/23(日) 00:49:11 ID:euqy2DUW
>25
アレは、箱の中に入っていた食料を食ってたハズ
久保自身は、少女を食ってると錯覚していた。
って事だと思ってたけど、違うのかな。

29 :名無シネマ@上映中:2007/12/23(日) 00:50:27 ID:aCLnsxBR
>>28
普通に考えたらそうだよねw
あのシーンが魍魎の挿絵とかとラップする演出なんだろうね

31 :名無シネマ@上映中:2007/12/23(日) 00:51:57 ID:2PYcGTcK
ブログでも賛否両論ではあるな。
好き嫌いがはっきり分かれる作品なんだろう。
自分はウブメよりは好きだな。
といういか、かなり面白かったんだが、それは少数派なのか?
椎名は当初心配だったがはまってた。
阿部も堤も慣れたのか安定感があってよかった。
このまま3人で続投して欲しい。



宮迫はなあ
一番デカイはずなんだが一番小さかった。
それは身長だけの問題ではないはず。

41 :名無シネマ@上映中:2007/12/23(日) 01:02:01 ID:euqy2DUW
>31
自分もかなり面白かったと思う。
原作も読んでるし、原作と違う個所に違和感もあった。
けど、個人的には原作付の物が映画化された場合に
原作と同じだと、物足りなく感じてしまうんで。
多々ある変更はむしろ大歓迎!
木場は、宮迫のスケジュールの都合で出番が少なかったらしい。
関口の配役が変わった事だし、無理して宮迫使わずに別の役者
に変えても良かったんじゃないか。とは思った。

明日、もう一回見てくる。

42 :名無シネマ@上映中:2007/12/23(日) 01:07:46 ID:PZ2/uGnl
俳優人は概ねよかった。いい仕事してるわ。中善寺邸でのやり取りは見事だった。
ただ脚本自体は酷すぎる出来ではあったんだが!!!
あと気になったのが、探偵事務所や中善寺邸の内装。ウブメの時とは違うよね?
前作の時は結構イメージ通りで良かったのに何でああなるかね。
レイトショーで1000円でよかったよ。いや高いか。

ひとつだけ救いがあるとすれば田中麗奈かわいすぎ。あればやばいって!!



45 :名無シネマ@上映中:2007/12/23(日) 01:10:24 ID:euqy2DUW
>42
オヌシ、御筥様調査で乗込んだシーンでやられたクチだな。

69 :なんか:2007/12/23(日) 04:50:24 ID:9GS8vN9y
本当に伝えたい所が全部消えてたよな。
久保が最後匣に取り付かれてた事を自覚して後悔する所とか、最後匣の中身はカラカラになってた。 とか。あの最後じゃ匣の中でまだ生きてたって事になりかねない。
人間の狂気は出してたけど、その愚かさに気付かせる所が無くなってた。本当に残念

86 :名無シネマ@上映中:2007/12/23(日) 12:36:17 ID:ERA3iPNO
映画版は『魍魎の匣』の小難しい人間関係や、
説明が難しい事件、ストーリーに説得力を
もたせる膨大な薀蓄をほぼ全部切り捨ててある。

その分原作の雰囲気やキャラ付けや特徴的な
シーンの再現に力を注いだっていうことかな。
やり方としてはアリだと思うけど、詰め込みすぎて
どれも中途半端になってる気がする。

あともうちょい幻想的な雰囲気が欲しかった。
靄がかかったような現実感のなさが『魍魎の匣』の
良さだと思ってるので。

87 :名無シネマ@上映中:2007/12/23(日) 13:05:15 ID:xEECpDWR
>>86
そこに至る過程を殆ど省いて、いきなり「ニキビがあったから」って理由で突き落とされても
原作読んでない人は「ハァ!?」って感じたらしいよ。

88 :名無シネマ@上映中:2007/12/23(日) 13:08:47 ID:++Z3Dl3q
ボクっ子がただの痛い娘にしか見えなかったしな

92 :名無シネマ@上映中:2007/12/23(日) 13:35:12 ID:Bch0za26
それにしても、田中麗奈は、わざとらしい驚き方の
演技させたら抜群だな

95 :名無シネマ@上映中:2007/12/23(日) 14:14:36 ID:Bw+dYbw0
原作の木場の役割を青木にわける必要性あったのかね?
木場は絹子には研究所でちょろっと会っただけなのに終盤あの暴走ぶりだし。
いくら絹子の熱狂的ファンだといってもな。ただの痛い人だった。
最後にとってつけたみたいに木場は立ち直るだろうか?とか言われてもなんだかな。

96 :名無シネマ@上映中:2007/12/23(日) 14:23:02 ID:euqy2DUW
>95
>原作の木場の役割を青木にわける必要性あったのかね?

これは大人の事情だってさ。
宮迫のスケジュールの都合で、木場の出番が少なくなった分
青木の出番が増えてしまったみたい。

98 :名無シネマ@上映中:2007/12/23(日) 14:34:04 ID:Bw+dYbw0
>>96
そうだったのか…。
それならおとなしく役者変えろと。
なぜそこまで宮迫にこだわる必要があるのかね。大人の事情はよくわからん。

94 :名無シネマ@上映中:2007/12/23(日) 13:52:17 ID:27mTcUps
中国ロケは、やめるべきだったな。
戦後日本のフーケーじゃないもの。
武蔵晴明神社も、ちょっと山奥過ぎだし、あんな辺鄙なところで
古本屋が成り立つのか? そば屋を出せと。

打ち掛けならべておされ研究所とか、なんか違う気がする。

クドカンの最期を電神ザボーガーの悪之宮博士にする意味が
わからん。美馬坂的に、意味のない改造だし。

102 :名無シネマ@上映中:2007/12/23(日) 15:14:40 ID:MiEXxDdf
>>94
生首はともかく半面にマスクは意味不明だよな。
最終的な目標がクドカンの脳みそって訳でもないのに妙にぴったりとあつらえた
マスクだったし。

103 :名無シネマ@上映中:2007/12/23(日) 15:17:52 ID:++Z3Dl3q
最後はあの研究所の建物が、クドカンの脳波で動く魍魎ロボに変形するべきだったな。

104 :名無シネマ@上映中:2007/12/23(日) 15:21:42 ID:ERA3iPNO
>>103
ガンヘッドならぬクボヘッドというわけか

108 :名無シネマ@上映中:2007/12/23(日) 15:59:33 ID:Sz32Z683
>>103
吹いたじゃねーかw


関連記事

  1. 2008/10/02(木) 12:31:08|
  2. ま行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ザ・シューター/極大射程 | ホーム | GOAL!2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/257-ad93e052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR