2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

報知蛇いちご賞発表!作品賞には「さや侍」「セカンドバージン」 個人賞には山下智久、前田敦子らが選ばれる

http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/news/1323791912/
41_20111214090724.jpg

1 :名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/12/14(水) 00:58:32.56 ID:66oXfhe40 ?PLT(12000) ポイント特典

【作品賞】「さや侍」「セカンドバージン」
【監督賞】「さや侍」松本人志監督「デンデラ」天願大介監督
【男優賞】「あしたのジョー」山下智久、「岳」小栗旬
【女優賞】「小川の辺」菊地凛子、「夜明けの街で」「セカンドバージン」深田恭子
【新人賞】「もしも高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」前田敦子、「高校デビュー」大野いと



http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20111213-OHT1T00132.htm
 今月の「本音トーク 檄!!」は「報知蛇いちご賞」です。米アカデミー賞の前夜に行われ、迷作、珍作を選ぶ「ラズベリー賞」を範とした、
受賞しても何の名誉もない賞ですが、おかげさまで、第8回を迎えることができました。
今年も数々の邦画が公開される中、違った意味で想像を絶する作品、大きな期待をかけられながら、完成してみると「何じゃこりゃ~!?」と叫びたくなる作品がありました。
それを、本紙映画記者が“愛ゆえに”ズバッと斬らせていただきます。

選考理由は>>2-10辺り


2 :名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/12/14(水) 00:59:13.18 ID:66oXfhe40
 【作品賞】「さや侍」、「セカンドバージン」

A 今年の蛇いちご賞は、例年よりも早い感じがするね。2010年の各賞を発表したのが2月。それから10か月しか過ぎていない。
 B いやいや、10か月あれば、珍作も多数登場していますよ。“本筋”の報知映画賞が混戦だったように、今年は突出した作品がなかったけど、蛇いちご的にはどうだったかな?
 C 昨年は残念ながら公開作がなかったけど、今年は“常連”の監督の作品があったじゃないですか。名前を挙げなくても分かるでしょ。
 D 「さや侍」のことだろ? 松本人志が、やってくれたね。今回はオープニングで一瞬、「まともなのかな?」と思ったけど、10分くらいで「ダメだ、こりゃ」。
   劇場で見たんだが、終映後は客席に「なんで金を払ってこの作品を見てしまったんだろう」という空気まで流れていた。
 E 主人公の野見さんが殿様を笑わせる仕掛けも最初は笑えたが、まさか延々と見せられるとは思わなかった。ただの悪ふざけだったね。
 F この座談会は、メンバーが何度か代わっているものの、今回も全員一致か。デビュー作「大日本人」(07年)、「しんぼる」(09年)に続く3作連続の受賞。そろそろ“殿堂入り”を考えないといけないかもな。
 C もう1本、どうしても入れたい作品が「セカンドバージン」。「さや侍」は、おおよそ予想がついていただけに、ガッカリ度でいったら、こちらの方が上かもしれない。
 F 確かに。「テレビ以上の濡れ場」とのうわさもあったから、期待したんだけど、出てきたのは鈴木京香の肩だけ(笑い)。売り文句につられて見に行った人は、怒ったんじゃないかな。
 A 長谷川博己が包帯でグルグル巻き。彼の顔を見たかった中年女性ファンも納得させられなかったと思う。タイミングが良すぎる熱愛報道もあったね。

3 :名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/12/14(水) 00:59:24.51 ID:66oXfhe40
 【監督賞】「さや侍」松本人志監督、「デンデラ」天願大介監督

D 論じるまでもない。「さや侍」の松本人志監督で文句なしだろう。
 F 過去2作もそうだけど、映画を作る上での“文法”を知らない。「プロの映画監督が撮らないと、こうなってしまう」という意味での見本のような作品だね。
 A しかも、本人が「傑作を撮っている」と信じている。誰か、指摘してあげられる人がいないのか。
 C 吉本興業が中心になって開催している沖縄国際映画祭や自分たちの劇場だけで上映すればいい。そうすれば、好きな人だけ見に行くんだから。
 B 僕は「デンデラ」の天願大介監督を推したい。ストーリーから父の故・今村昌平監督の名作「楢山節考」のオマージュのイメージを持って見始めただけに“笑撃”を受けた。
 E 前半は良かったけど、雪崩が起きたあたりから怪しくなってきた。「楢山節考」の名前を借りた「グリズリー」。
   主演の浅丘ルリ子をはじめ、ベテラン女優たちの怪演が光っていただけに、脚本も手掛けている監督の責任と言っていいだろう。
 A 興行的にはヒットしているけど「ステキな金縛り」の三谷幸喜監督。この監督の作品は、いつも「どうだ、面白いだろ」というドヤ顔が透けて見える。
   今回も、ほとんど笑えなかったよ。会見のトークやコメントは面白いのにな。

4 :名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/12/14(水) 00:59:36.45 ID:66oXfhe40
 【男優賞】「あしたのジョー」山下智久、「岳」小栗旬

C 女優部門と比べると、選ぶのに苦労したかな。とはいっても「あしたのジョー」の山下智久は、すぐに名前が浮かんだけど。
 B 力石役の伊勢谷友介ほどではないにしても、肉体改造は頑張っていたと思う。でも、それで力尽きたのか、肝心な演技に意識がいかなかった印象。
 A 熱狂的な原作ファンが多い作品だからね。それに挑戦した心意気は買うけど、終わってみたら「やっぱり厳しかったか…」だった。
 F 無表情がウリの山Pには適役だと思っていたけどね。NEWSを脱退して独り立ちするんだったら、そろそろのたうち回るような演技が見たい。
 D 昨年は見事!?監督として新人賞を受賞した小栗旬の“変則2冠”も堅いでしょう。「岳」は、全く山男に見えなかったよ。「また、山においでよ」と言われても、行く気になれなかったなあ。


 【女優賞】「小川の辺」菊地凛子、「夜明けの街で」「セカンドバージン」深田恭子

A 常連の長澤まさみが、今年は「岳」と「モテキ」で報知映画賞にノミネートされるほどの熱演。残念に思う人もいたりして?
 F いい演技を見せてくれたことを、素直に喜ぼうよ。それに、新たな常連も現れたし。
 C 「小川の辺」の菊地凛子のことだよね。完全にミスキャスト。カツラ姿の浮きっぷりも、半端じゃなかった。
   「バベル」で経験不足のままにオスカー候補になってしまい、女優としてどこに向かえばいいのか、悩んでいる印象がある。
 B 邦画じゃないけど「シャンハイ」もつらかったね。あれなら、別に誰が演じてもよかったという感じ。
 E あの作品では、当初もっと出演シーンがあったのを、編集段階でバッサリ切っているという事情がある。
   一概に菊地を責めることはできないよ。それより、「夜明けの街で」「セカンドバージン」の深田恭子を忘れちゃいけない。
 D 良くも悪くも、深キョンが出てくると作品の雰囲気が変わってしまう。抑制した演技よりも「ヤッターマン」のような、突き抜けた役が合っている。彼女はコスプレ女優なんだから。
 B 雰囲気を変える力があるということは、キャラが立っているということ。女優としては、大切な要素だよ。もっと作品を選んでいけばいいということだろうね。

5 :名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/12/14(水) 00:59:44.35 ID:66oXfhe40
 【新人賞】「もしも高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」前田敦子、「高校デビュー」大野いと

F 「もしも高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」の前田敦子。   “演じる”という前の段階。まあ、最初からある程度は予測していたけど、期待通りだったね。
 A 彼女は表情の変化に乏しい。女優なら、もっと喜怒哀楽を出さないと。歌う時は、いつも笑顔を見せているので、その顔で固まっちゃったんじゃないの。
 B 同じ“学園もの”の「高校デビュー」で、文字通り女優デビューした大野いとも、前田と双璧でしょう。
   最初から最後まで、オール棒読み。ある意味、名演技よりも難しいんじゃないか。
 D もっとも、劇場の客席を見回した感じでは、同世代にはウケていたみたいだけどね。
 C テレビドラマには、メーンキャストではないけどコンスタントに出演しているよ。共演している先輩からいろいろ学び取って、成長していってくれたらうれしいな。顔はかわいいんだし。

201 :名無シネマさん:2011/12/13(火) 18:35:34.26 ID:qd5asx2V
納得の受賞者達だな、文句なし

12 :名無しさん@涙目です。(関東・甲信越):2011/12/14(水) 01:03:33.89 ID:7qg99q1KO
蛇いちご賞って要はラジー賞の日本版だろ

210 :名無シネマさん:2011/12/14(水) 00:05:45.99 ID:U6R6GU4C
蛇いちご賞
他の名誉ある映画賞の選定より、むしろ納得いくぐらいの選考理由だw

204 :名無シネマさん:2011/12/13(火) 21:29:48.08 ID:5fPGvdfd
>>1
報知映画賞読者投票1位の山Pを選ぶとは
報知、なかなかやるなw

203 :名無シネマさん:2011/12/13(火) 21:22:19.93 ID:SEEVoH2i
報知の読者投票ってやめればいいのにw
あるいは、キネ旬みたいに別のものと扱うか
これだけがん無視だと一生懸命投票する奴がかわいそうになってくる

202 :名無シネマさん:2011/12/13(火) 21:18:07.02 ID:ywOZh3sC
「あしたのジョー」の山下智久は「岳」の小栗旬よりははるかにましだと思う
同列で並ばせるのはかわいそう

206 :名無シネマさん:2011/12/13(火) 21:55:49.50 ID:mvN5aBWg
>>202
両方観たが山下が良かったなんて思うのはファンだけだろ

209 :名無シネマさん:2011/12/13(火) 23:59:14.35 ID:ywOZh3sC
>>206 良かったなんて言ってないだろ 日本語の弱いやつはこれだから困る

211 :名無シネマさん:2011/12/14(水) 00:11:01.04 ID:lVpgQG2W
吉本、ジャニ、AKBにも遠慮することなくワーストに選ぶ気概が素晴らしい。
以前はもっとワースト賞ってあったけど、圧力なのかは知らんが、どんどん廃止になってしまい面白くない

214 :名無シネマさん:2011/12/14(水) 00:41:51.23 ID:UUkt90Oa
しかも報知、イニシャルトークになってるものの記者の実名も出てるからなw

>>211
大手のホリプロも

212 :名無シネマさん:2011/12/14(水) 00:13:35.79 ID:0h8X0BuO
秘宝はくさい大賞は、個人賞がなくなってベスト10だけになったな

どこから圧力がかかったのか知らんが

9 :名無しさん@涙目です。(山陽地方):2011/12/14(水) 01:02:06.44 ID:BOEZaPPxO
岳は原作が好きだからヘコむわ

13 :名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/12/14(水) 01:03:57.56 ID:sPDL7sEl0
さや侍、しんぼるよりは遙かにマシだったけどな
DT信者の俺ですらしんぼるは擁護できんわ

35 :名無しさん@涙目です。(東京都):2011/12/14(水) 01:15:10.59 ID:2eNPQaYo0
松本カワイソス
かく言う俺もニコニコにあった大日本人の冒頭20分で挫折して閉じたが

37 :名無しさん@涙目です。(北海道):2011/12/14(水) 01:17:22.30 ID:vLkD42MW0
映画評論家って楽な仕事だよなー

61 :名無しさん@涙目です。(東京都):2011/12/14(水) 01:36:12.11 ID:mB6d5azX0
>>37

14_20111214090626.jpg

映画評論家の松本さんが映画を撮ったら糞映画

39 :名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/12/14(水) 01:17:48.98 ID:vAey7+vG0
松本映画は見た事ないけど、毎回散々酷評されてるイメージ。

実際どうなの?

45 :名無しさん@涙目です。(茨城県):2011/12/14(水) 01:18:55.97 ID:V73qwMIz0
>>39
ゴミ。映画館で見たら酷すぎて血の涙を流すレベル

58 :名無しさん@涙目です。(北海道):2011/12/14(水) 01:33:44.90 ID:zarpCs4Z0
>>39
松本のコントは好きだけど
映画は間違いなくゴミ
しんぼるはもうただただ寒かった

大日本人は、主人公の悲しい境遇とか、バイクで逆上っていくシーンとか結構印象的だったし
インタビュアーが突っ込む形式の笑わせ方とか、割と面白かった
ただ、オチとか映画を舐めてる感じしかしなくて萎えたわ

229 :名無しさん@涙目です。(関東・甲信越):2011/12/14(水) 08:11:12.61 ID:nGMfPiYmO
>>39
高校生の映画研究会のがマシ
試写会で途中退席者があったのを見たのは後にも先にもコイツの映画だけ

52 :名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/12/14(水) 01:28:52.11 ID:LVRtb2sw0
嫌いな男No1の出川みたいに松本はクソ映画をウリにしているんだろ

55 :名無しさん@涙目です。(東京都):2011/12/14(水) 01:31:22.62 ID:yVs5tX0y0
「わからんかな~この面白さが」とか思ってんだろ松本は

60 :名無しさん@涙目です。(福岡県):2011/12/14(水) 01:35:37.85 ID:L2Cai+AS0
大日本人は普通に良作だろ ただ芸人の怪獣はいらなかった
しんぼるはうんこ さや侍は映画としてもコントとしても中途半端だったな

65 :名無しさん@涙目です。(東京都):2011/12/14(水) 01:50:25.67 ID:I1Y0vj+q0
しんぼるはヤバかったがさや侍はまだマシだったろー

わかってねぇなこいつら

66 :名無しさん@涙目です。(東京都):2011/12/14(水) 01:56:23.75 ID:I1Y0vj+q0
しんぼるは飛び抜けてゴミなのに
まるで3作全て同レベルみたいに扱ってるこいつらに本当に批評家として目があるのかと

さや侍がゴミだとしたらしんぼるはセシウムだぞ

110 :名無しさん@涙目です。(ドイツ):2011/12/14(水) 02:44:58.87 ID:UaPKR8eO0
>>66
-ドイツ語翻訳- : 松本人志監督作品『しんぼる』(オーストリア・ドイツの反応)
http://blog.livedoor.jp/trans_vienna/archives/3166645.html

まぁまだ外人の方がちゃんと見れてるな
日本は作ってる側も見る側も素人しかいない
だから邦画が衰退していく一方

173 :名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/12/14(水) 03:40:42.39 ID:5V36utWZP
>>110
素人の感想レベルじゃねえかw
あほくせ

93 :名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/12/14(水) 02:37:56.99 ID:zgWwv0+z0
松本の映画は、ありあまる金を持っている人間が趣味に何億円もつっこんでいるだけのことだから
もっとあたたかい目で見てやれ
銀行に眠らせておくより世間に出回った方がいいだろ

101 :名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/12/14(水) 02:40:47.65 ID:Sxf4vmPV0
>>93
温かい目で見てやることはないが
やっぱそこだよ
自由に好きなように撮れる奴が作ったら映画はこうなるっていう部分だわ

218 :名無しさん@涙目です。(ドイツ):2011/12/14(水) 06:05:06.31 ID:UaPKR8eO0
>>93
たけし「テレビなんて映画の資金稼ぎだしね。今の時代真剣にお笑いやるのなんてバカらしいっての」

とかアドバイスされてから、やりたくもないレギュラー番組やったりして
自分で稼いだDVDとかの収益使って撮ってるわけだからその辺は偉いけどね

122 :名無しさん@涙目です。(静岡県):2011/12/14(水) 02:54:30.63 ID:B+gdEEun0

51_20111214091000.jpg

松本が素人監督としてこうして叩かれるのはわかるけど
そんな松本と並んでワースト扱いの映画の方が実際のところやばいだろ

126 :名無しさん@涙目です。(静岡県):2011/12/14(水) 02:56:33.73 ID:B+gdEEun0
去年はキムタクのヤマトがワーストで叩かれたけど
話題にならないだけでインシテミルなんかの方がひどかった

146 :名無しさん@涙目です。(茨城県):2011/12/14(水) 03:13:20.67 ID:u4CCn2co0
ここ最近でこりゃ駄目だなと思ったのはノルウェイの森。
春の雪でも思ったけど、文学作品を映画化するのは無理があるな。

53 :名無しさん@涙目です。(関西・北陸):2011/12/14(水) 01:29:00.91 ID:d6WZvBWmO
最近面白かった邦画は
告白、悪人、八日目の蝉(冒頭のみ)くらいか

57 :名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/12/14(水) 01:33:15.05 ID:VLl2eKBJ0
前田は見てないけど、そんなにひどいのか。

166 :名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/12/14(水) 03:35:56.64 ID:yqLqVXjO0
>>5
>顔はかわいいんだし。
はい、ダウト

59 :名無しさん@涙目です。(庭):2011/12/14(水) 01:34:54.34 ID:Jc5NVPFS0

77_20111214091000.jpg

 B 同じ“学園もの”の「高校デビュー」で、文字通り女優デビューした大野いとも、前田と双璧でしょう。
   最初から最後まで、オール棒読み。ある意味、名演技よりも難しいんじゃないか。


ちょっと見てみたいな

63 :名無しさん@涙目です。(庭):2011/12/14(水) 01:40:53.63 ID:Jc5NVPFS0
興行的にはヒットしているけど「ステキな金縛り」の三谷幸喜監督。この監督の作品は、いつも「どうだ、面白いだろ」というドヤ顔が透けて見える。

これはよく言った。三谷の「俺って面白いだろ?」が常に透けて見える
関連記事

  1. 2011/12/14(水) 09:15:33|
  2. 映画ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー/EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル | ホーム | [国内興行成績]「仮面ライダー」が初登場首位!「リアル・スティール」3位、「源氏物語」は5位と低調なスタート>>

コメント

三谷のドヤ顔ワロス。
それにしてもまっちゃん流石だ・・・
  1. URL |
  2. 2011/12/15(木) 02:36:58 |
  3. 大輔Z #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2548-1cc3e07c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。