2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

奇跡

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1307958839/
5_20111212085249.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2011/06/13(月) 18:53:59.88 ID:9Sqkov8t
■□内容
九州新幹線全線開業の朝、博多から南下する"つばめ"と、鹿児島から北上する"さくら"、二つの新幹線の一番列車がすれ違う瞬間に奇跡が起きて、
願いが叶う――。そんな噂を耳にした小学6年生の航一(前田航基)は、離れて暮らす4年生の弟の龍之介(前田旺志郎)と共に奇跡を起こし、家族4人
の絆を取り戻したいと願う。二人の両親は離婚し、兄は母(大塚寧々)と祖父母(橋爪功、樹木希林)と鹿児島で、弟は父(オダギリジョー)と福岡で暮らし
ているのだ。兄弟は、友達や両親、周りの大人たちを巻き込んだ壮大で無謀な計画を立て始める。
そしてその計画は、人々に思いもよらない奇跡を起こしていくのだった――。

□■スタッフ
脚本・監督・編集:是枝裕和/音楽・主題歌:くるり(SPEEDSTAR RECORDS)/撮影:山崎裕/照明:尾下栄治/録音:弦巻裕/美術:三ツ松けいこ
装飾:松尾文子/助監督:兼重淳/スクリプター:飯塚美穂/キャスティング:新江佳子/VFXアドバイザー:樋口良/スタイリスト:小林身和子/ヘアメイク:酒井夢月
制作担当:新野安行/ラインプロデューサー:藤原恵美子/制作プロダクション:白組/制作協力:ビッグエックス/特別協賛:JR九州 九州旅客鉄道株式会社
「奇跡」製作委員会(ジェイアール東日本企画、バンダイビジュアル、ギャガ、白組、衛星劇場、毎日放送、RKB毎日放送、Yahoo!JAPAN、ジェイアール西日本コミュ
ニケーションズ、ディーライツ、西日本新聞社、エフエム福岡、中国放送、熊本放送、南日本放送、J-WAVE、ジェイアール九州エージェンシー)

■□キャスト
前田航基 前田旺志郎 大塚寧々 オダギリジョー 樹木希林 橋爪功 夏川結衣 阿部寛 長澤まさみ 原田芳雄
林凌雅 永吉星之介 内田伽羅 橋本環奈 磯邊蓮登


4 :名無シネマ@上映中:2011/06/13(月) 20:07:19.73 ID:/cnW9pwc
良い映画だし好きなんだけどさ、ちょっとツッコミどころが多い
新幹線全線開通は3月12日なのに劇中では多分10月で蚊取り線香が焚かれランニング姿
福岡市のゴミ出収集は夜なのに朝からゴミ出ししてる
「はしれちょうとっきゅう」初出の昭和42年、原田芳雄や橋爪功は既に二十歳過ぎだからあの童謡を楽しげに歌う世代じゃない
第一かるかん使ったお菓子を開通に合わせて作るなら少なくとも半年~1年前に企画しなきゃ無理だよ

でも、まえだまえだの熱演ですべて許せる。

7 :名無シネマ@上映中:2011/06/13(月) 20:22:01.02 ID:9cst9k9S
>>4
小学6年生の兄に卒業の話や雰囲気がでてこないのはおかしいしね。
設定より撮影時期の季節感を大事にしたんだろうね。

6 :名無シネマ@上映中:2011/06/13(月) 20:10:16.29 ID:OjFoVSdL

14_20111212085248.jpg

とにかくお兄ちゃんが良かった。
まだ少年なんだけど、少しだけ青年の匂いを感じさせる絶妙な表情をふと見せる瞬間があって。

あと一年撮影が遅かったら、この映画はダメになってたかもしれない。

9 :名無シネマ@上映中:2011/06/13(月) 21:37:10.14 ID:eKw8LyN4
お兄ちゃんは子役としてじゃなくて普通に俳優として素晴らしかった

13 :名無シネマ@上映中:2011/06/14(火) 00:15:12.96 ID:LRVmq/EC
台本がないから、お兄ちゃんのほうは1シーンが終わるごとに、
頭の中でストーリーを構成していったらしいね
台本を渡して演じさせたらもっと凄い演技をだしてきたようにも思う
将来楽しみなだけにこれ以上は太るなよ

14 :名無シネマ@上映中:2011/06/14(火) 01:38:53.24 ID:YrYFDSTY
まえだまえだのことはあまり良く知らない
しかしこの映画の前田兄弟は存在感があって良かった
「はい!どーもー」とかいって始まる漫才ごっこではない、「男の子供」の不安定な姿を感じさせておもしろかった
内田伽羅はこれで初めて見た。すごい子だなと感じたが「女優に憧れる女の子」という設定はつまらない。「わたしお芝居やめる」というところが見たかったが、それではドラマにならないのかな・・・
各々に魅力はあったけど、しかし小学生7人は多くないか? 

軽羹てあんなふうに作るんだなと不明を恥じた

16 :名無シネマ@上映中:2011/06/14(火) 02:42:07.08 ID:zViNU1OX
お兄ちゃんはあれだけ家族四人で生活することを熱望していたのに、世界を選ぶということを知って離れ離れに暮らすということを受け入れ始めた。
弟は天真爛漫に振る舞っているように見えて、楽しくなるように努力していること、お兄ちゃんが家族四人で暮らしたがっているのを知っているから、
離れ離れの方が良いと思っていてもはっきり否定せず大人の対応をしていること、
その時に見た夢…
そういう気持ちを考えると、胸がいっぱいになってくる。
お兄ちゃんはともかく、弟は小学校4年にしては大人過ぎな気がする。

2003836_201111180450135001321542053c_20111212085246.jpg

17 :名無シネマ@上映中:2011/06/14(火) 04:18:15.18 ID:Tg3u6tTq
弟がオダギリジョーに背供するシーン、なんだか、イイ。

34 :名無シネマ@上映中:2011/06/15(水) 13:26:25.33 ID:ePLrlKxA
>>17
目的は、子ども手当の半分をせしめることなんだけどねw

29 :名無しシネマ@上映中:2011/06/15(水) 07:12:39.52 ID:heuw/UeL
兄弟がそれぞれに見る夢が意味深。
兄は万博公園での一家団欒の風景、 太陽の塔の解体にひとりで慌てている。
弟は食卓での夫婦喧嘩の風景、兄は喧嘩を仲裁する中、弟はたこ焼きを持って逃げ見ていないふりをする。

一家が元通りになることはあり得ないと思いながらみる家族の夢。
繊細で多くのことに気づくしっかり者の兄が願う奇跡が、火山の噴火という破滅的なものだと思うと、あれこら計算しないで現実に合わせていくいい加減な弟の存在が兄にとって重要に思える。弟の方が大人で、兄の方が幼稚だとも言える。

世界を選んでしまった、というのは、弟の気持ちが分かったということだろうか、父の気持ちが分かったということだろうか、自分の暮らしをするしかないと決心したということだろうか。このあたりも、気になる。

30 :名無シネマ@上映中:2011/06/15(水) 09:09:37.12 ID:/aGZsWok
奇跡起こんねーじゃん・・・

31 :名無シネマ@上映中:2011/06/15(水) 09:43:33.14 ID:N80TBs0i
あの無謀な計画が無事にできたことが既に奇跡だと思うw

>>29
桜島ドッカーンのときのカットから判断するに、
世界=他者の大事にしてる日常だと理解した。
最初から両親の仲の修復を単純に願えばいい話なのに、
火山噴火を思いついたのは、それクラスの事故でもない限りは
不可能なことに兄も分かっていたから。
新幹線が交差する瞬間、それを望まずに世界を選択したことで、
両親の修復の可能性は完全に絶たれた(兄の中で)。
だからこそ、鹿児島の生活など「現在」を受け入れる決心がついたんだと思う。

33 :名無シネマ@上映中:2011/06/15(水) 13:17:52.17 ID:ePLrlKxA
世界を選ぶなんて言葉が、父から弟に直接言われるのではなく、父が兄に何気なく言って、
それが兄の中で色んな葛藤になって、弟に伝わり、弟が父に「世界って何?」と聞くところが意味深い。
駅前のパチンコ屋だとはぐらかすオチ付きだが。

10 :名無シネマ@上映中:2011/06/13(月) 22:40:32.76 ID:YMafQ5b5
こどもが思いっきり関西弁で
親がたどたどしい関西弁なんてどうよ

affiches films yeux

寧々はもっと練習すべきだったな

旺ちゃんはタコ焼きねぎるとこ、めっちゃかわいい

11 :名無シネマ@上映中:2011/06/13(月) 23:11:24.51 ID:Ji4fnAMX
親2人は出身が九州だからでしょう
九州出身の関西在住者がああした関西弁になるかは知らんが

36 :名無しシネマ@上映中:2011/06/15(水) 16:19:03.04 ID:rAczc0Tl
兄弟でぎこちなく話して、背比べして、寝ようかと言った後にくる「間」

走馬燈のように思い出が駆け巡って、何も言えなくなって、新幹線が完全に過ぎた後にくる「静寂」

どれだけ長くしてもいいと思ったのは私だけだろうか。酒呑みながら観たいわ。

26 :名無シネマ@上映中:2011/06/14(火) 20:38:13.17 ID:NpYOYsAW

51_20111212085247.jpg

背の高い女優志望の方が内田裕也の孫か、流石に雰囲気あるな
もう1人の子はロリコンのアイドルヲタに人気出そうだが、その層はこの映画見ないだろうな

52 :名無シネマ@上映中:2011/06/16(木) 00:11:29.09 ID:bxmjVSRj
女優志望の子だけ深く描写したのは何故なんだろう
似た境遇の裏主人公ポジションってことなのかな

54 :名無シネマ@上映中:2011/06/16(木) 00:46:14.20 ID:c0ZQRmVY
>>52
あの子もきっとお父さんと暮らしてないよね(作中ではっきりさせてたっけ?)。
家庭環境とか自分ではどうしようもない大きな要因を「世界」とするなら
そこには自分なりに折り合いをつけつつ、世界の中のひとりとして自分の夢に向かってる
兄弟(というか兄)より一歩先に進んでる存在ってことかな?

55 :名無シネマ@上映中:2011/06/16(木) 01:13:45.39 ID:bxmjVSRj
>>54
なるほど
父親のパチンコ浪費に悩む少年は兄の一歩前てところなのかな
新幹線交差の瞬間に願いというより、
不満を認めた(現実をみつめた)ことで彼の中で第一歩が始まったみたいな

37 :名無シネマ@上映中:2011/06/15(水) 18:20:33.84 ID:eD6dFMBh

77_20111212085246.jpg

伽羅より橋本環奈ちゃんがかわいい

39 :名無シネマ@上映中:2011/06/15(水) 19:32:34.16 ID:Rbc96OeU
仕事帰りに見たら、小学生に戻りたくなって泣いたわ。是枝さんって子供撮るの上手いね~
子供が本当に子供っぽい

50 :名無シネマ@上映中:2011/06/15(水) 23:42:42.45 ID:jSU2cm4T
こんなの金払ってみにいくバカいるんだなあ
JRのイメージアッププロモーション前提のクソ映画だろ
夏休みに30秒スポットで流すだけでいいよアホかと

51 :名無シネマ@上映中:2011/06/15(水) 23:45:59.48 ID:B1IvAp+7
ところがどっこいあんまり電車が出てこない件について!

48 :名無シネマ@上映中:2011/06/15(水) 23:29:25.32 ID:/k6dsksO
あざといJR協賛設定といい、是枝監督が撮らなかったら最低最悪な作品になるところだったと思うw

57 :名無シネマ@上映中:2011/06/16(木) 03:10:59.45 ID:TRGOhTT3
あんなしっかり旅費稼がずに、無計画に鹿児島を飛び出したらもっとジュブナイル的な魅力が出たんじゃなかろーか
そういう点でJR協賛が足を引っ張った気もするし、旅行の準備の普通の描き方をしたとも言えるけど
全体的に子どもの行動が、当たり前だけど日本ならではって感じだ
最後も凄い割り切ってるし、もっとグチャグチャになってもいいと思ったけど、それはこれから中学に上がってからの話かな
思春期直前の一番純粋なまともな時代を描いた映画という意味では良作だと思う、後味が良いしね
でも是枝監督、次はそう簡単じゃ済まない思春期を描いてくれ!

60 :名無シネマ@上映中:2011/06/16(木) 13:52:23.15 ID:U5/5Lr4x
>>57
むしろ、費用などの準備を怠りなく進めてるのに、泊まる
宿のことは一切無計画ってところが、かなり不自然だった

62 :名無シネマ@上映中:2011/06/16(木) 14:40:28.86 ID:rFKAySeA
>>60
泊まる宿どころか新幹線を見る場所が決まってなかったほうが驚いたけどなw
しかも着いたら早々に新幹線すれ違うし。

63 :名無シネマ@上映中:2011/06/16(木) 15:10:29.57 ID:g5nuIJWS
でも何かファンタジーとして許容できた
リアルさを追求した演出によってたまに素の子どもたちが見え隠れして
適度に現実に戻されていたからか、
悪い人がでてこないからか、その理由はわからんけど

177 :名無シネマ@上映中:2011/06/22(水) 15:30:27.72 ID:y3PndY2i
弟が「泊まるとこどうするの?」って聞いたとき、お兄ちゃんは
「そんなことより新幹線観るとこ探す方が先やろ?」と一喝して、
「そりゃそうだけど~」と引き下がったが、本当はそんなことないはずw
「そりゃそうだけど~」というシーンがいくつかあったが、弟のいい味が出ていると思う。

178 :名無シネマ@上映中:2011/06/22(水) 17:06:12.87 ID:AhS+DT9B
>>177
演技の合間にみる、兄弟だからこそ実現しているような演技に惹かれるね。
あの若干龍之介にいらだつ航一の図は、演技ではない気がする。
他の子に比べて乱暴な態度がとれる唯一の子役が旺ちゃん。
なんのためらいもないよね。笑

38 :名無シネマ@上映中:2011/06/15(水) 19:30:46.05 ID:hFjBFWHm

Darth_Vader_20111212085320.jpgd2002_20111212085321.jpg

樹木さんと橋爪さんは文学座の同期なんだね

73 :名無シネマ@上映中:2011/06/16(木) 23:23:11.26 ID:hHb97xI8
キリンさん橋爪さんの鹿児島弁はガチです。
長澤ちゃんも何気に上手かった。

阿部ちゃんと寧々はもう少しガンバレ

84 :名無シネマ@上映中:2011/06/17(金) 20:57:48.74 ID:g1bjNnyQ
鹿児島人なんでワクワクしながら先行上演で観たんだけど…うーんと思ってしまった。ラスト15分だけテンポがよくなったと感じたけど、前半がちょっとしんどくて。
地元が映ったのが嬉しかったくらいで何とも。。ここでわりと評判良いみたいで逆にびっくりした。

91 :名無シネマ@上映中:2011/06/18(土) 04:43:19.80 ID:tmAdNAdw
正直まえだまえだはあまり好きじゃなかったけど
映画見て少し好きになった。
演技うまいね。
映画自体は>>84と少し似てて前半が少々退屈。
旅に出てからはとても面白くて〆方も良かった。

40 :名無シネマ@上映中:2011/06/15(水) 19:58:16.70 ID:i+zPVQpL
願いを叫ぶシーンで龍之介が何て叫んだか聞き取れなかったんだけど何て言ってた?
その後のシーンからお父さんの音楽活動がうまくいくよう願ったのはわかったけど
具体的に何て叫んだのか、覚えてる人いたら教えて下さい!

77 :名無シネマ@上映中:2011/06/17(金) 04:14:52.79 ID:JhqVjAdx
>>40
お父ちゃんのバンドが売れますように!

96 :40:2011/06/18(土) 21:18:35.48 ID:NffyZMrL
>>77
ありがとー!

153 :名無シネマ@上映中:2011/06/21(火) 15:26:18.07 ID:qhwg5P7l
映画『奇跡』シネマライズにファン殺到!!5回までは発見がある映画?絶対聞きたい!
是枝裕和監督ティーチイン
http://www.cinematopics.com/cinema/c_report/index3.php?number=5749&to=next&offset=0
シネマトピックスオンライン (2011/06/21)

>>40
Q:何を願ったのか聞こえなかったのですが?
監督:あそこは、わざと聞こえないようにしています。もどってきてお父さんとやりとりで
何を願ったのか分かるようにしています。

Q:映画に出てくる子供たちは、これから成長していく中で、何も信じられなくなるような壁にぶち当たると思うですが、
今後どのように現実と向かい合っていくのでしょうか?
監督:そうですね、『犬が生き返らない』という設定は、子供たちには、あの場で説明しました。
子供たちにも、「生き返らないの?ハッピーエンドにしてよ。」と言われました。あそこで、犬は生き返らないのですが、
あの犬を飼っていた少年には、「冒険から戻ってきた時に、一番最初に歩き出すんだよ。」と話しました。
それまで彼はずっと一番後ろを歩いていたんですが。“成長”ってそういうことだと思います。主人公も家族は元通りには
ならない、もう奇跡はおきないと気がついて帰ってきているんです。だけど、別の形で起きることで、少し自分の暮らしている
状況とかが変わったりとか、そういうことが積み重なって“奇跡”になるんじゃないかと思います。

↑↑
この演出、気づかなかった・・・
もっかい観ようかな。

154 :名無シネマ@上映中:2011/06/21(火) 15:57:52.81 ID:ZeuP87GX
>>153
へえ。深いね。。。

217 :名無シネマ@上映中:2011/06/26(日) 19:57:17.47 ID:OGToJOB9
>>153
やばい、深い…
犬が生き返らない説明のくだりで泣いた
映画見てる間は泣かなかったのにw
もう一度見たくなった

156 :名無シネマ@上映中:2011/06/21(火) 17:13:18.08 ID:u4/N3Zzk
>>153
あ、アップされてた。
そこに書かれていないもので補足すると(たいしたことじゃないけど嫌な人はNG登録してください)


航一の友達の佑くんの「クワガタになりたい」夢も現実逃避。
交差する瞬間の彼の願いを一番現実的にしたと語っておられました。

104 :名無シネマ@上映中:2011/06/19(日) 22:05:16.66 ID:CWFLpDD1
質疑応答で印象的なものがありましたか?

106 :名無シネマ@上映中:2011/06/19(日) 22:46:52.18 ID:mbI7CdJS
>>104
ごめんちらっとしか覚えてないんだけど
子供達が起こってほしい奇跡を言うところ(じゃんけんして順番決めてたシーン)
は、監督が質問役の子供に耳打ちしながら、10分ほどカメラまわしっぱなしにしてとったんだって
ゆとり教育とかも実際に子供が言い出したし、
女優目指してる子がお母さんが女優を諦めた理由が自分を産んだからかもっていうのもあの子が考えたんだって。

あと、弟がジャンプ?読みながら笑ってたのは休憩中に読んでたのを勝手にカメラまわしたし、
おばあちゃん家に泊まって夜寝るときのYMCAも子供たちが勝手にやりだしたのを撮影した
とのこと。

107 :名無シネマ@上映中:2011/06/19(日) 23:09:59.45 ID:CWFLpDD1
>>106
㌧です。そういうのききたかったんですけどねぇ。
大阪ぐらいまででないと、ちょっと遠いので
当日のみ販売はリスクありました・・・。

111 :名無シネマ@上映中:2011/06/20(月) 07:27:22.88 ID:sQP3WXHe
弟の「仮面ライダー」になりたい、という夢で
お前の父親が仮面ライダーだっただろ!と突っ込んだ人間は何人いるだろう

41_20111212085247.jpg

117 :名無シネマ@上映中:2011/06/20(月) 12:51:14.54 ID:ogmSZoo9
>>111
思った思った。行ければ質問したかったんだよなぁ。
あれは演出ですか?って。

66 :名無シネマ@上映中:2011/06/16(木) 18:43:39.95 ID:KyNUAHzQ
すごく良かった
役者全員はまってんな
オダギリはもうダメ男役のイメージしかないw

133 :名無シネマ@上映中:2011/06/20(月) 21:43:08.85 ID:9V7bdRKj
龍之介が福岡で野菜を育てている話をしたら、お祖母ちゃんが怖がっていたけど、
あれって、そのあとで豆ごはんにケシの実をふりかける話が出てきているし、
大麻を育てているのか心配になったのかな?

134 :名無シネマ@上映中:2011/06/20(月) 21:57:02.82 ID:I3HBa81e
>>133
だろうね。
ミュージシャンで自家栽培…アワワとか言ってたし
どんな偏見だよとw

142 :名無シネマ@上映中:2011/06/20(月) 23:48:50.12 ID:JhMwhryE

20071115_20111212085322.jpg

足の遅いちょっとポッチャリした子を
ずっと女の子だと思って観てた・・・

144 :名無シネマ@上映中:2011/06/21(火) 00:00:58.38 ID:CCqN0Ood
>>142自分もずっと女子かと…。
お巡りさんが「ぼうや~」って言ってたのは笑うところだと
思った。でも確かにベイブレードだしなあ。
名前も蓮登って漢字だし男の子だな。

145 :名無シネマ@上映中:2011/06/21(火) 00:18:58.76 ID:Nz2aV4s1
蓮登は兄弟がスイミングスクールで電話してる時に競パン姿で弟呼んでたな。
つうか何であの子だけ本名と役名同じなんだろ
役名付けるのめんどくさくなった?

146 :名無シネマ@上映中:2011/06/21(火) 00:30:26.48 ID:/UgP7Vy+
れんとって響きもいいし良い名前だから使ったんじゃないかね

147 :名無シネマ@上映中:2011/06/21(火) 00:33:15.02 ID:OiDC0wUb
>>145あれがそうだったんだ。気づかなかった。
ウィキ確認だけどかんなも下の名前は同じだった。

187 :名無シネマ@上映中:2011/06/22(水) 22:40:35.97 ID:cn0yYVJs
後半は一直線だから、分かりやすい分一回で内容をだいたい把握できるんだけど、
前半は登場人物それぞれの話が途切れ途切れに少しずつ積み重なっていく感じだから
一回で把握できない。
五回観たら新しい発見があるというのもだいたい前半か前半がらみ。
たとえば、踏切で特急がすれ違うシーンを見て航一たちがゾワゾワした気がしたのと、
売れなかったけど新商品のかるかんを作った祖父がゾワゾワした気持ちがしたのも共通している。
「今時の子はこういうゾワゾワするような体験をしてるのか?」ということを駅前で話していたが、
航一から相談を受けて、それを感じとったから協力してあげようという気持ちが強くなったんだと思う。

188 :名無シネマ@上映中:2011/06/22(水) 23:18:48.71 ID:PXrYW5Oh
踏切で向こう側のばあちゃんがいなくなって3人で「あっれえ!?」ってなるとことか好きだなあ。
うん思い出してるとじわじわとくる。

192 :名無シネマ@上映中:2011/06/23(木) 07:34:43.15 ID:XyNEhZY2
>>188
唯一奇跡らしい奇跡があったシーンだね。タイムスリップのような。

193 :名無シネマ@上映中:2011/06/23(木) 08:24:51.30 ID:E8oKwIGM
劇中、奇跡と呼べるものがあるなら
新幹線交差の瞬間を見るという目的が達成できたことじゃないの
あのお婆ちゃんはわき道を歩いていっただけだし(実際もそう。映像処理なし)

196 :名無シネマ@上映中:2011/06/23(木) 11:30:40.29 ID:x23dCgJ7
>>193
うん。ばあちゃんはカバンの中ごそごそして、忘れ物を取りに行ったんだよね。
でも、あの話をしてる3人の前であれが起こったら、
新幹線だったらもっとすっごいことが起こるかも!!って興奮する。

218 :名無シネマ@上映中:2011/06/26(日) 20:13:00.60 ID:k7d80//u
え~、主人公家族はもう元には戻らないのかぁ・・・
ほんのちょっとでも可能性はないのかねぇ

219 :名無シネマ@上映中:2011/06/26(日) 20:33:15.64 ID:GSlv9CRe
両親とも悪い人ではないからなあ…。
でも復縁(の可能性だけでも)だと、この作品における
「何が奇跡か」ってことがぶれてしまうような気がするし。

自分は、お兄ちゃんが復縁の可能性に賭けて、結局弟とも
離れた暮らしが決定付けられてしまったのが気の毒に感じた。
お兄ちゃんは復縁に真剣で、弟くんのほうは父親が心配だからという
動機のほうが大きくて、ついてったと思うんで。
自分が子どもの時、兄弟と別に暮らすなんて考えられなかった。
ちょっと離れてもさみしくて。

弟くんが友だちを連れてきてたのを知ってちょっと荒れるお兄ちゃん
かわいそう。

220 :名無シネマ@上映中:2011/06/26(日) 20:39:26.66 ID:wnLLJE9z
>弟くんが友だちを連れてきてたのを知ってちょっと荒れるお兄ちゃん

自分だって友達連れてきてるのに、なんであそこ怒ってたんだろう
女の子だったから?

221 :名無シネマ@上映中:2011/06/26(日) 20:46:01.20 ID:k7d80//u
自分の友達も弟も自分の世界と繋がりがあるけど
弟の友達は自分と直接繋がってないし、弟にも弟の世界があるのを見せつけられるからかなぁ?
しかも女の子だぜ?オンナなんてすぐ先生に言いつけてばっかりで邪魔なんだよ

じゃなかろうか

226 :名無シネマ@上映中:2011/06/27(月) 07:46:50.05 ID:koAlux+v
お兄ちゃんの気持ちちょっと分かるわ

自分が友達がいっぱいいたとしても
無意識に弟には「お兄ちゃんが一番、お兄ちゃんしかいない」みたいな気持ちでいてほしかったんだろうな
独占欲とはちょっと違って

まえだまえだ良かったけど、他の人もみんな上手くて
良い映画だった


空気人形が好きじゃない人もぜひ見てほしい


関連記事

  1. 2011/12/24(土) 17:51:58|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【映画】米映画サイトによる「2011世界で最も美しい顔100人」が発表!日本人の最上位は71位にランクインした女優の佐々木希 | ホーム | クリスマスの夜に部屋で一人で酒飲みながら観るのに最適な映画教えろ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2544-9415c676
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。