FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベオウルフ 呪われし勇者

ベオウルフ 呪われし勇者
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1194273874/


1 :名無シネマ@上映中 :2007/11/05(月) 23:44:34 ID:MdJUx/xu
期待

公式
http://wwws.warnerbros.co.jp/beowulf/


108 :名無シネマ@上映中 :2007/11/22(木) 01:48:23 ID:L+Oq27ER
この映画って原作あるの?

109 :名無シネマ@上映中:2007/11/22(木) 02:15:49 ID:pXBWTDkq
>>108
ベオウルフは有名な古典。日本で言う所のスサノオvsヤマタノオロチみたいなもん。

131 :名無シネマ@上映中:2007/11/25(日) 11:58:32 ID:gwXYgjcC
アンジェりーなじょりーはタイツで撮影したのかな

133 :名無シネマ@上映中:2007/11/25(日) 16:47:22 ID:FIKFx0oC
>>131
http://ameblo.jp/y-suzunaga/entry-10054745909.html
撮影風景の写真あるよ。凄いことになってるけど。



149 :名無シネマ@上映中 :2007/11/26(月) 20:56:00 ID:jqqQDkDf
べオウルフ役のレイ・ウィントンだけ顔似てないね
アンソニー・ホプキンスやアンジェリーナ・ジョリーは凄く似てるのにな

キャラがリアルになればなるほど動きが不自然に見える

210 :名無シネマ@上映中 :2007/11/29(木) 06:39:03 ID:3QgmZW+5
ローズマリー・サトクリフ版の「ベーオウルフ」を読んでから映画を見たが
映画は、ほぼ8割方、オリジナルストーリーですな。

不満が無いわけではないけれど、「面白かった」と思わせる力技を認めないわけにはいかない。
終盤のドラゴンの件はたいした迫力だった。

ちょっと「マクベス」を思わせる部分あり

224 :名無シネマ@上映中 :2007/11/30(金) 02:11:56 ID:v7JRREbt
今日、2D字幕試写観てきたけど、カメラワークとか明らかに3Dであることを意識したカットが多数あるから、見れる人は3Dのがいいよ。
2Dだと前半はグロというキモいだけで退屈かも。
後半は2Dでも迫力あるけど、、、、ってことは3Dならもっといいのかもね。

261 :名無シネマ@上映中 :2007/12/01(土) 13:04:44 ID:KRIChT7M
さっき朝一で観てきた。
これまで幾つかIMAX3DやDisney3Dの作品を観てきたけど、この作品ほど3D上映
じゃないと意味無いと思った事はなかったわ。
一昨日、試写会で2D版を先に観てたんで字幕は読まずに済んだから画面の隅々
まで凝視して立体感を堪能した。
あとエンドロールでメガネ外して見たら字幕もちゃんと3D処理されてたんだな。

268 :名無シネマ@上映中:2007/12/01(土) 14:49:49 ID:jBZgom5q
立体じゃないほう見てきた
コナン系の筋肉ファンタジー好きにはたまりませんわ
でも、近くに立体見れるところがあるならそっち言った方が良いと思う

270 :名無シネマ@上映中 :2007/12/01(土) 15:24:33 ID:uwPzM4Xl
こういう話は子供の頃に童話として耳にしてる人が多いと思うな、形は違えど
予備知識殆どなしで見たんですが、オールCGだとは知らないまま終わってました
技術的にどんどんこういう事が可能になってきている事に驚きました

271 :名無シネマ@上映中 :2007/12/01(土) 15:27:28 ID:GRTJKl+B
ベオウルフが、キリスト教の価値観が広まっている事に嘆いていたのはよく分からなかった。
自身の栄誉の為でなく、死後への恐怖や、キリスト教そのもののの為に闘っているのが気に入らなかったのか?

前半のグレンデルは醜く弱々しくて可哀想だった。
後半の洞窟でのドラゴン登場からの展開は燃えた。暗い展開の後だけにな

274 :名無シネマ@上映中 :2007/12/01(土) 16:22:15 ID:kVKnR8ai
思ってたよりもCGくさかった。
ハリウッドが金かけてもこんなものなのか。
CGなので通常よりも目が疲れた(3Dじゃないよ)
実写意識したフルCGの意味が問われるかなあ。
CG好きなんだけどねー俺。
300みたいに俳優は実写で作ってくれたほうが俺個人はよかったな。
正直つまらんんかった。
序盤から眠くて眠くて。

で、本編について

最後ドラゴンの急所攻撃するとき剣が届かなくて片腕切って
リーチ伸ばすけど結果失敗。
なのに素手で心臓(?)掴めちゃうのは何故?

275 :名無シネマ@上映中 :2007/12/01(土) 16:37:55 ID:GRTJKl+B
覚悟と凄みが、ほんの少しのリーチをプレゼントしてくれたのさ

277 :名無シネマ@上映中 :2007/12/01(土) 16:47:57 ID:8Rk6ulPX
それなりに面白かった。迫力があるから大画面で見る価値があると思う。
冒頭でベオウルフが全裸でグレンデルと戦っているシーンで
股間が見えないように不自然な人物配置やアングルが多くて
バトルシーンより、そっちの方が気になってしまった。
アンジェリージョリーの出番が少な過ぎで残念。

グレンデルがロードオブザリングのスメアゴルにしか見えなかった。

288 :名無シネマ@上映中 :2007/12/01(土) 18:18:35 ID:bct+L3Fr
グレンデルの父(最初のデブ王?)も契約していたという事だよね?
悩みの種だったグレンデルが死んで、もういいやって自殺しちまったんだな。
ラストはまたループ展開かな?
意図的に類似した体格の俳優をキャスティングしたのかと邪推したくなる。
あとカメラさん、いい仕事してるなあ。

289 :名無シネマ@上映中 :2007/12/01(土) 18:23:10 ID:tRlqNak9
>>288
アンソニー・ホプキンスは実際はスリムだけど、CGでデブらせてる。
ベオウルフ役の人は実際は小太りだけど、CGで細身にしてる。

290 :名無シネマ@上映中 :2007/12/01(土) 18:23:34 ID:iNuHUJXB
カメラさんはいないだろw

292 :名無シネマ@上映中 :2007/12/01(土) 18:43:25 ID:Uqbky1DG
>>289
最近のホプキンスは結構ポチャってるよ

295 :名無シネマ@上映中:2007/12/01(土) 18:56:32 ID:RICIQ2ti
映像的にはいまにも緑のモンスターとロバと長靴をはいた猫が出て来そうな雰囲気だった。実写でええやんて感じ
グレンデルが巨人でベオウルフの息子がドラゴンなのは何でなのかとかこれから整理して考えてみますわ

308 :名無シネマ@上映中:2007/12/01(土) 21:18:11 ID:cg9RoJ3I
>グレンデルが巨人でベオウルフの息子がドラゴンなのは何でなのか
父親の性質を投影してるんだろ。
俺の息子なら、たぶん「しゃべるネズミ」になるだろう。

305 :名無シネマ@上映中 :2007/12/01(土) 20:53:35 ID:CN0ubhif
股間をさえぎる障害物にいちいち吹いた。
コマンドーを越える実況向き映画だと思ったのに
そこ以外はアレだな・・・

306 :名無シネマ@上映中:2007/12/01(土) 21:11:04 ID:VJUvEkg3
最近男優の後ろ姿全裸多いね。あの裸体にくるまれたい。

310 :名無シネマ@上映中 :2007/12/01(土) 21:24:32 ID:UhgupGl0
前半 キンタマ隠しがメイン
後半 まとも でもケツに屋根の飾りが刺さりそうな場面があったり爆笑

なんか出演者のCG臭さがぷんぷん
まるでシュレックが5,6ぐらいまで逝けば
この作品の出演者と見分け付かないと思う

313 :名無シネマ@上映中 :2007/12/01(土) 21:29:43 ID:rq4tnuS7
>>310
あそこで刺さってたら、この映画伝説になったと思う

315 :名無シネマ@上映中 :2007/12/01(土) 21:49:03 ID:wbToJ5PZ
舞台の国が館から登場人物なにもかもすっごくロードオブザリングのローハンっぽい国だった

316 :名無シネマ@上映中 :2007/12/01(土) 21:55:43 ID:tRlqNak9
>>315
ロードの作者がベオウルフ研究の第1人者なんだって。

332 :名無シネマ@上映中 :2007/12/02(日) 00:07:19 ID:FBpC5T7/
ベオが王になって何か悩んでたのは何?

キリスト教の価値が広まった事?
アンジーと契約して、王国に縛られてしまったこと?
英雄伝説と間違いを犯した愚かな自分のギャップに悩んでたの?

なんで疲れ果てた王になってたのかいまいち分からんかった

334 :名無シネマ@上映中 :2007/12/02(日) 00:11:41 ID:xrk+sTJb
>>332
思ってたほど王様ライフが楽しくないとか言ってなかった?
誘惑に目がくらんで王様になったものの。

428 :名無シネマ@上映中:2007/12/03(月) 00:15:41 ID:EUzdqSy1
息子が欲しいのに生まれないというのも悩みの一つじゃない?
前王もそうだったし。
魔物の息子以外に子供が出来なくなるというのも呪いの中に入っていたんだろうね。
いくら栄華を極めても自分の跡継ぎが出来ないというのは辛いと思う。
ましてやそれが原因で妃との仲が冷え込んじゃね。

結局アンジー妖怪の狙いは人間の英雄の血を絶やすことにあったのでは。

337 :名無シネマ@上映中:2007/12/02(日) 00:16:55 ID:AJHFLWHt
テーブルを磨きながら乳を揺らす女のシーンが妙にエロかったのですが、
フルCGでAVとか作るとすごいことになりそうですね。

326 :名無シネマ@上映中:2007/12/01(土) 23:53:52 ID:hztVrwkP
なんかいちいち裸になるシーン多くてワロタw
特に
王妃<なにしてんの?
ベオ<怪物も裸だから俺も裸になる
王妃<(;^ω^)
のとこはコーヒー吹いたぜw

339 :名無シネマ@上映中 :2007/12/02(日) 00:22:35 ID:Ng25lGqS
>>326
しかもベオが鎧装備外して(ほとんど)裸になった時、王妃の視線がベオの下半身にいってたよねw
あからさまに驚きはしなかったけど、その後すぐに早歩きで去っていく王妃にワラタw

343 :RRD ◆3MranranlY :2007/12/02(日) 00:30:47 ID:sr3FJURP
つーことで見てきた。ファーストデイということもあってそれなりの入り。
こういう光沢のある絵の質感は好きなので見ていて気持ちよかった。
それなりの迫力もあったしね。
でも技術を結集したとか言う割に、動きがテレビゲームのような重さの
ない、過剰な浮遊感を味あわせるものだったのが残念。
ベオウルフの葛藤とかアンジェリーナが誘惑し続ける理由とか、よく分からん。
表面上は300の「アイ・アム・スパルター!」のノリでアイ・アム・ベオウルフ!とか
やってるけど裏では・・・ってことを考えると300のスパルタ人も実は
裏ではイジイジ葛藤してたりするんだろうか?とか思ったり。

370 :名無シネマ@上映中 :2007/12/02(日) 11:18:50 ID:zCdKrv1i
これがヒットすると 
デニーロアプローチなんてバカ臭くて
誰もしなくなるね

373 :名無シネマ@上映中 :2007/12/02(日) 11:59:36 ID:yheNJV5+
グレンデルはパパのこと分かっていて殺せなかったのに
ベオウルフの息子の龍はそんなの関係ねぇのはなぜだろう。

375 :名無シネマ@上映中 :2007/12/02(日) 12:25:18 ID:hviihJCV
>>373
グレンデルは親父がヘタレだったので息子もヘタレ
ドラゴンは親父が猛者だったので息子もガチンコ

276 :名無シネマ@上映中 :2007/12/01(土) 16:41:00 ID:URWQcvxJ
剣の名前がフルンティングってw

383 :名無シネマ@上映中 :2007/12/02(日) 16:07:19 ID:Ma2CuRkd
なんでフルチンで戦うんだよ・・・収納されてないと邪魔だろ

385 :名無シネマ@上映中 :2007/12/02(日) 17:21:07 ID:/pR2xMFo
フルチンで戦って、名刀フルチンを得るという、ギャグのためだよw

あと日本じゃCGで女の子をいかに綺麗に表現をするかという事に腐心するが、
アメリカはオッサンやジジイの尻をいかに汚く表現するかに拘るのな。
3Dデジタルの大画面で最初に見たものが、酔っ払いの群れとジジイの裸とはw

386 :名無シネマ@上映中 :2007/12/02(日) 17:23:01 ID:F+hZnPzI
それが英雄たるものの証だからだろ

402 :名無シネマ@上映中 :2007/12/02(日) 19:52:42 ID:iSqyJwN1

>>385  フイタwww

406 :名無シネマ@上映中:2007/12/02(日) 20:30:54 ID:GBk+IPcJ
>>385
ちょっと見てみたくなりますた

412 :名無シネマ@上映中 :2007/12/02(日) 21:21:04 ID:Nda5Ercy
上の方でジジイのケツをいかに汚く表現するか拘るってあるけど、
ベオウルフのケツはプリンプリンで随分と綺麗な尻だったな。

414 :名無シネマ@上映中 :2007/12/02(日) 21:55:10 ID:ZKA2Uv8A
無意味に裸になるのは、池上遼一のマンガ並だな。

417 :名無シネマ@上映中 :2007/12/02(日) 22:20:25 ID:iSqyJwN1
ゼメキスの尻コダワリは異常
ミケランジェロのダビデ像を後ろから小一時間視姦してそうだ

419 :名無シネマ@上映中 :2007/12/02(日) 22:27:06 ID:Nda5Ercy
>>417
素っ裸で飛び回るベオウルフのケツの割れ目が
テクスチャ貼り付けただけで割れてなかったり
よく見ると結構適当だったよw

顔のアップ、アクション、他、それぞれモデリングの出来とかバラバラで、
良い意味であら探しも結構楽しい映画だ。

443 :名無シネマ@上映中 :2007/12/03(月) 02:34:26 ID:PLEjsN7C
捻くれてると思われるかも知れんが、正直この映画は
3Dより2Dの方が、映画としての真価は正しく判断出来る
気がしてしまったな。
「ポーラー」みたいにアトラクションとしての
価値以外皆無(でも凄かったけどねIMAX)なのと違い、
ストーリーや演技が普通に凝ってる分、3Dの効果が
返って集中力を削いでしまう様に感じた。
本来クライマックスなんて普通に見てても凄いのに、
炎やら弓矢やらが飛び出る事にばっか目を凝らしてた自分。
確かに楽しかったが、これが「映画」を楽しんだと
イコールかと言われると・・・?

465 :名無シネマ@上映中:2007/12/03(月) 19:22:09 ID:JezFcbYQ
最初の怪物は斉藤洋介に似てたな



466 :名無シネマ@上映中 :2007/12/03(月) 19:28:26 ID:8N6H6sVP
水魔が最後にキスをしていったのって、
多少なりとも愛情があったからなんだろうか

470 :名無シネマ@上映中 :2007/12/03(月) 20:20:30 ID:SDlvZmmf
疑問
・アンジーは本当の姿も金色のドラゴンじゃないのか?
 グレンデルはヒルコみたいな出来損ないで。
 最初の方で水面に移ったアンジーはドラゴンっぽかった。

・ベオウルフが自ら左手を切り落としたのは
 グレンデルの左手を切り落として倒した因果を匂わせている?

・年老いた王妃が宗教画みたいなもの持ってたけど
 宗教にハマったのがベオウルフと疎遠になった理由か?
 王妃はベオウルフがアンジーと契約しているのに
 最初から気づいていたフシもあるが

475 :名無シネマ@上映中 :2007/12/03(月) 22:11:51 ID:BE2PJrRH
>>470
王妃は相思相愛で結ばれた若い自分と逞しいベオウルフの間に子供が生まれない時点で
前王と同じだと気がついたんだと思う。
それで宗教に走ったんじゃないかな。
このあたりの流れはアーサー王とグウェンフウィファル妃を思い起こした。

ま、何より女のカンで気がついたんだろうけど夫のお気に入りの女奴隷にも
親切だったのはあの女よりはマシという思いもあったのでは。

479 :名無シネマ@上映中 :2007/12/04(火) 00:47:32 ID:Xbn5yVB8
>>475
なるほど
利口な王妃がなんで宗教にハマったのか不思議だったが
つじつまがあうね

女奴隷に親切だったのは、夫の裏切りに気付いていたのが
大きく影響してるのはガチだろうな
王妃の態度を訝る女奴隷に「秘密がたくさん」と答えていたし

471 :名無シネマ@上映中 :2007/12/03(月) 20:41:35 ID:4gXt1zu1
グレンデルママの本当の姿はちょっと映ってたけどエイリアンと魚を足したような感じ
ここに画像があるよ
http://www.animatoons.com.br/beowulf/bonecos-de-a-lenda-de-beowulf/



474 :名無シネマ@上映中 :2007/12/03(月) 21:35:43 ID:SDlvZmmf
>>471
うお、こんな姿だったのか
これなら勇者もふるちんで逃げ出すな

555 :名無シネマ@上映中:2007/12/05(水) 18:59:23 ID:62wbaF9b
思ってたより楽しめた
若干、オールCGな人物の硬い動きが気になったが、まあ、いいでしょうw
もうあと数年経ったらこの手の映画は実写と変らなくなるのかな・・・
竜とのバトルは凄い迫力!行く価値はある!(ああ、ホビットの冒険が見たいよ~)
最後、アンジョリーナが海からポコッと顔を出すシーンはなんかタコっぽくておかしかわいかった

556 :名無シネマ@上映中:2007/12/05(水) 19:07:12 ID:izb57rEa
いま見てきたけど...
これ3Dじゃなかったら見る意味あるの?
ストーリーはともかくキャラクターデザインが糞すぎ
スターウォーズやハリポタに比べたらぼろぼろ。
せっかく金のかかったCGなのに
元になるキャラクターデザインがぜんぜんだめ。
グレンデルなんて子供の落書きみたいで
最初出てきたとき唖然としたよ。
最後の竜も元になるデザインが下手すぎ。
それに人間の表情も硬いし動きもぎごちない。
人間の顔も3Dレーザースキャナーで取り込んでるんだろうけど
仕上げが雑なのか、めちゃめちゃしょぼい
ロビン・ライト・ペンやアリソン・ローマンはもっと美人だろ。
1800円も払って損した。

563 :名無シネマ@上映中:2007/12/05(水) 21:32:24 ID:YUCx7tKy
ベオの息子はシルバーサーファーのデータ使いまわししてるだろ

564 :名無シネマ@上映中 :2007/12/05(水) 21:40:20 ID:2GC2YeiE
>>563
製作会社からして違うってのw

565 :名無シネマ@上映中:2007/12/05(水) 21:42:04 ID:YUCx7tKy
>564
でも顔つきが・・・そっくりなんだが・・銀を金に変えただけって感じだったよ

560 :名無シネマ@上映中:2007/12/05(水) 21:28:27 ID:neMySYQx
なぜグレンデルはボコられると身体が縮むのだろう?

566 :名無シネマ@上映中:2007/12/05(水) 21:53:25 ID:yIrdcxyO
>>560
君のナニをボコってみようか。

568 :名無シネマ@上映中 :2007/12/05(水) 22:01:22 ID:PRm8ZG7O
>>560
鼓膜破られてから縮み始めなかったっけ?
山の向こうからでも声が聞こえるほど敏感な耳だからそれが一番弱点なのだと
解釈していた。

571 :名無シネマ@上映中 :2007/12/05(水) 23:11:46 ID:qjS1BZrk
グレンデルの声の方が五月蠅いんだが、
自分の声は聞こえないのか?

572 :名無シネマ@上映中 :2007/12/06(木) 02:46:08 ID:cAZh2X6h
タマナシ、タマナシと連呼され股間を突き上げられるグレンデル、かわいそす

593 :名無シネマ@上映中 :2007/12/06(木) 23:21:16 ID:+BdE/fr0
フルチンスライディングからのドアガシコンボにはめちゃワロタ

617 :名無シネマ@上映中 :2007/12/08(土) 02:59:40 ID:9JI6z6HN
これ人物はリアルなのにドラゴンのCGがちゃちいのはわざとなの?



618 :名無シネマ@上映中 :2007/12/08(土) 03:24:13 ID:qB11CtyA
ドラゴンはモーションキャプキャできんからな

619 :名無シネマ@上映中:2007/12/08(土) 10:23:50 ID:rk0K+snv
>>617
人物は俳優をキャスティングして、彼らから動きや表情のデータをとって
それを元にCGを作ってる。だから実写と見間違う。

で、ドラゴンは想像上の生き物なのでデータがないから、アニメっぽくなってしまう。

683 :名無シネマ@上映中 :2007/12/09(日) 17:47:29 ID:fByxa176
アンジェリーナジョリーはすっげぇ似てたな



684 :名無シネマ@上映中 :2007/12/09(日) 17:52:44 ID:kdZ9L7b0
クリスピン・グローヴァーも本人そのまんまだったぜ

710 :名無シネマ@上映中 :2007/12/09(日) 22:08:05 ID:d8BEqXJN
ラストでアンジーがハミッシュを誘惑してたけど
流石に種はもう無いよね

711 :名無シネマ@上映中 :2007/12/09(日) 22:21:44 ID:oIJAY5IX
精液みたいな物理的な物が種じゃないかも試練。

712 :名無シネマ@上映中 :2007/12/09(日) 22:27:53 ID:d8BEqXJN
ああ、そうかも

713 :名無シネマ@上映中 :2007/12/09(日) 22:30:44 ID:rYGnS6Wm
母親は子供作るたびに父親にけしかけては殺され、
何がしたいんだ?w

714 :名無シネマ@上映中 :2007/12/09(日) 22:56:08 ID:/zl394di
>>713
どっちも子供の独断じゃなかったか?
前王     宴会ウルサス(#`Д´)ムキー
ベオウルフ お宝持ってくな(゚Д゚)ゴルァ!

718 :名無シネマ@上映中 :2007/12/10(月) 08:47:53 ID:sx6imEUN
>>714
召使がお宝拾って持って帰ってしまったのって単なる偶然?
わざと持って帰るの見逃して、ベオウルフにガチンコ勝負挑むきっかけにしたのかと思ってた。

ベオウルフの愛した2人の女性を執拗に襲ってたし、あのドラゴン息子は
「アンジェリーナ母ちゃんと契って自分生ませたくせに、人間の女といちゃつきやがって。
それでもオヤジかよ!」と、日陰の身を憤ってファザコン全開なのかと思ってた。

なんだかんだ言っても、死ぬ時肩に手を掛けてもらって嬉しそうだったし。なんか気の毒。

719 :名無シネマ@上映中 :2007/12/10(月) 10:45:04 ID:0ZCeTpmf
>>718
>召使がお宝拾って持って帰ってしまったのって単なる偶然?
わざと見つかるようにしたんだ。もう守護しないぞと宣言したんだな。
マクベスに於ける「あの森が動かぬ限りお前は死なない」と「女から生まれた者には負けない」の約束と同じだな。

グランデルもドラ息子も父親の愛に飢えていたな。それについては前王は特に罪悪感を抱えていたみたいだ。

723 :名無シネマ@上映中 :2007/12/10(月) 11:09:43 ID:EFhae6Ez
そういえば最初の子供のグレンデルにも、父親に手をだしちゃだめよ~とか言い聞かせてたし。

グレンデルが、「パパには手をださなかったよー」と言い訳してた。

758 :名無シネマ@上映中:2007/12/10(月) 23:11:28 ID:HW4TKDne
おいこれ、8世紀に描かれた物語なのかよ!

759 :名無シネマ@上映中 :2007/12/10(月) 23:17:23 ID:0ZCeTpmf
>>758
もっと古くからあった話らしいけど、まとまったのは8~9世紀みたいだ

760 :名無シネマ@上映中:2007/12/10(月) 23:23:24 ID:HW4TKDne
原作は1000年以上前なのか・・・・スゲーな。
だからRPGみたいな感じなのね。
モンスターハンターのレオリウスが大暴れするシーンは圧巻だった。
これ、普通に楽しめると思うんだけど。何故か評判悪いんだよね。勿体無い。

763 :名無シネマ@上映中 :2007/12/11(火) 00:10:24 ID:Fc/HHznF
>>758
相当脚色されてるけどなー
原典ではグレンデルはフロスガルの息子じゃないし、ドラゴンはベオウルフの息子じゃない。

858 :名無シネマ@上映中 :2007/12/14(金) 01:14:40 ID:3768pI9o
下半身の獣を連呼してたスキンヘッドのおっさんが好みだったのにすぐ殺された・・・

859 :名無シネマ@上映中 :2007/12/14(金) 01:15:51 ID:iTUpQOh0
ホンドシューだっけ

902 :名無シネマ@上映中 :2007/12/15(土) 20:58:04 ID:atRde46O
予想外だった事。

ベオウルフが魔物母の魔力を使って、力ずくで王位を奪い、残虐な独裁者になるのかと思ったら、
王位継承は禅譲で、王になってからは善政を引いていた。

物語の中盤、本妻と妾との女の戦いが始まるのかと思ったら、どちらとも善人だった。

904 :名無シネマ@上映中 :2007/12/15(土) 21:17:41 ID:oq01nU7d
>>902
その辺が面白かったよね。
本妻が悪女なら更にマクベスっぽくなる。
王妃が前王からベオウルフに乗り換えるあたりは、ほんの少しハムレットが匂う。
やっぱりシェイクスピアの源流を感じるな、この物語は。


関連記事

  1. 2008/10/17(金) 01:59:52|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<西の魔女が死んだ | ホーム | 監督・ばんざい!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/251-a3213bdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR