FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

モールス

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1312603508/
5_20111112165029.jpg

1 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/08/06(土) 13:05:08.14 ID:NZTLXLRi
公式サイト
http://morse-movie.com/

3 :名無シネマ@上映中:2011/08/06(土) 13:31:32.74 ID:NZTLXLRi
『モールス』(Let Me In) は、2010年のホラー・恋愛映画。トーマス・アルフレッドソンが監督した2008年の
スウェーデン映画『ぼくのエリ 200歳の少女』とその原作であるヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストによる
小説『MORSE -モールス-』に基づいており、マット・リーヴスが監督し、コディ・スミット=マクフィーと
クロエ・グレース・モレッツが主演した


4 :名無シネマ@上映中:2011/08/06(土) 16:54:28.47 ID:eP6AlnVF
タイトル
Let Me Inのままでよかったのに

6 :名無シネマ@上映中:2011/08/06(土) 19:12:34.47 ID:KoOOUPUf
>>4に同意

9 :名無シネマ@上映中:2011/08/06(土) 21:18:20.11 ID:p34D8D3o
昨日観た。
積もった雪が作り物ぽくって参ったぜ。

「見た目より強いのよ」
そりゃあヒットガールだもんね。

beyonce2_20111112165110.gif

親父の被り物はビッグダディに見える。
てことは、オーウェンはキックアスか。

冗談はさておき、
こちらは完全に、アビーが新しいレンフィールドを手に入れる話だった。

85 :名無シネマ@上映中:2011/08/09(火) 04:11:48.21 ID:ItoGylfw
ヒットガールが主役の映画だ~

以外の情報まったく知らずに見たんで
面白かった~
クロエちゃん、笑ってるのに哀しく儚く見える演技がすごい胸を打った
そしてラストシーンはただただ羨ましいと・・・

11 :名無シネマ@上映中:2011/08/06(土) 22:17:55.97 ID:8DduI/cj
今日観たけど退屈なリメイクになっちゃってたなぁ

オリジナルにあった幼いが故の無垢さ、残酷さがあまり感じられなかった

とゆーか構成やカットがほぼ一緒だったので途中で秋田(雪の作り物感も同意)

リメイクで良かった部分は車内視点で固定した箇所位かなぁ

44 :名無シネマ@上映中:2011/08/07(日) 21:36:47.65 ID:LTKAJZbI
>>11
退屈なリメイク全くもって同意
スウェーデン版にある恐ろしさも美しさもサービス精神も感じなかったわ
この監督は間(タイミング)がひどすぎないか?
例えばオーウェンがナイフで木を刺してアビーと出会うシーンの
木を刺すテンポ、アビーの声に振り向くまでの間、
ついでにアビーが立ってる距離感も、ひどいと思った
一事が万事そんな調子でがっくりしっぱなしだったよ
最後のプールとかなんぞあれ

46 :名無シネマ@上映中:2011/08/07(日) 22:10:29.93 ID:eEBEBvXX
見てきた。
概ね11と44に同意。
スウェーデン版と比べるとなんつーかいろいろと残念な出来だった。
スウェーデン版にあったカミソリの歯の様な冷たい空気感が無いのが特に残念だった。
あと、オリジナルにあった主演2人の儚さみたいなのも稀薄だったな。

プールのシーンでのエリ(アビー)の笑顔が無いのがもっとも残念(´・ω・`)

aQ_20111112165111.gif

クロエの成長の過程を確認するには良かったかな。

47 :名無シネマ@上映中:2011/08/07(日) 22:28:05.18 ID:6cXjJX17
今日見てきました。
ガラガラでしたよ。
「ぼくのエリ」の、ヴァンパイアが居てもおかしくないような
北欧のシーンとした感じは全く感じられなかった。
おまけにクロエの存在がミステリアスではなかった。
クライマックスのプールのシーンが心に響かなかった。
映画館で見る価値は無いですね。駄作。

50 :名無シネマ@上映中:2011/08/07(日) 22:55:44.02 ID:/CLto426
>>46>>47
そうそう、あの2人に儚さとミステリアスさが無いよね。
「ぼくのエリ」はオスカーの繊細な危うさと
エリの「すごい年数生きて苦しかった」感が大きな魅力なのに。

16 :名無シネマ@上映中:2011/08/07(日) 00:17:25.42 ID:VMJ7SxAY
新しい下僕を手に入れてメデタシのラスト
つーかクロエモレッツが軽すぎ
オリジナルの子のほうが雰囲気があって良かったね

10 :名無シネマ@上映中:2011/08/06(土) 21:57:50.97 ID:L/CFGI2B
この映画の魅力の80%以上はモレッツ
同居人との関係を仄めかす場面とか微妙にセックスと関連付る描写があったけど
全裸で布団に潜り込む場面はボカしすぎw

41_20111112165028.jpg

相手役の男優が松潤みたいな爬虫類顔でキモかったw

55 :名無シネマ@上映中:2011/08/08(月) 00:49:30.39 ID:M4ziHfXC
オーウェンが、
「ルーカスの初恋メモリー」の時のウィノナ・ライダーと
「スプライス」のドレンをあわせた感じの個性的な顔立ちだったね。
まあ、神秘的で儚い雰囲気は、「ぼくのエリ」の主人公にも
負けていないと思った。
ヒロイン(?)は、オリジナルと較べてクロエのほうが可愛いが、
迫力的には負けてるかも。

57 :名無シネマ@上映中:2011/08/08(月) 07:11:53.71 ID:oFjjePzL
>>55
スカーレット・ジョハンソンの少年バージョンに見えた。

56 :名無シネマ@上映中:2011/08/08(月) 05:39:07.75 ID:dl+dHiU+
クロエは俺的には全然可愛くみえないんだよな
角度美人というか、カットによっては良く見えるときもあるけど

20 :名無シネマ@上映中:2011/08/07(日) 02:19:41.95 ID:U6qM8FpE
質問なんだが
アビーの父親代わりの人が血の回収に失敗して誰かに怒鳴られてたけど誰?
ヴァンパイアver.のアビー?
それとも別の人?

もうひとつ
劇中で父親代わりの人が二度目の殺人をしようとして乗り込んだ車の助手席に座ってきた男ってオーウェンをいじめてた三人組のリーダーに似てた気がするけど別人だよね?

長文失礼しました。

21 :名無シネマ@上映中:2011/08/07(日) 07:39:17.00 ID:2jo3Ce9u
>>20
(1) 前半では児童虐待を仄めかしてるので、
前知識がない観客には、あそこは父親がアビーに怒鳴ってるミスリード。
実際は逆。
(2) 年齢的におかしい。なんでそう思ったのか不思議。

22 :名無シネマ@上映中:2011/08/07(日) 07:53:14.11 ID:6cMuqKXo
>>21
観客じゃなくて、壁越しに聞いているオーエンが、だよ。
観客には見えてるだろ。

25 :名無シネマ@上映中:2011/08/07(日) 10:34:45.00 ID:B2lKogqK

20071115_20111112165027.jpg

いじめっこリーダーどこかでみたと思ったら、LOSTのジャックの息子か。

29 :名無シネマ@上映中:2011/08/07(日) 13:06:09.85 ID:xixITQR2
質問なんだけど、
オーウェンのお母さんは結局どうなったの?
なんかオーウェンが声かけても動いてなくて、そのあとお父さんに泣きながら電話してたけど…

死んだとか言わないよね…

30 :名無シネマ@上映中:2011/08/07(日) 13:19:44.99 ID:yDRBIqHw
>>29
劇中ではどうもなってないだろ。
映画で分かることは息子に家出(駆け落ち)されて探し回るだろうが、
あとどうなるかは知らん。

31 :名無シネマ@上映中:2011/08/07(日) 13:22:41.87 ID:yDRBIqHw
追記
離婚の話し合いで精神的に疲れて酒のんで寝てたから、息子の声も分からないくらい寝てたんだろ。

32 :名無シネマ@上映中:2011/08/07(日) 13:25:02.23 ID:xixITQR2
>>30
なるほど
ありがとう

192 :名無シネマ@上映中:2011/08/14(日) 06:23:16.17 ID:KWnALeYP
少年の母親の顔を全くと言っていいほど映さなかったな。
中庭からベランダの母親を見上げるものすごい引き画でチラッと映っただけ。
少年にとって母親の存在感が無い、みたいなことを表してるのかな?

193 :名無シネマ@上映中:2011/08/14(日) 09:34:52.45 ID:0/kmTTfg
家庭として、体がなってないというのを表現したかったんじゃないかな
普通は母一人だとしても、十分自分の居場所として受け入れてくれる筈だけど
一生涯で一番の質問ですら、目の前で寝てる母親じゃなく
離別してる父親に電話せざるを得ないという…

27 :名無シネマ@上映中:2011/08/07(日) 11:20:57.35 ID:c1WkISMe

77_20111112165027.jpg

硫酸被った先代のお世話係りはアビーとSEXしてたのかな?

28 :名無シネマ@上映中:2011/08/07(日) 12:26:58.04 ID:Xk/+Xlbu
>>27
原作通りなら、アビーにはちんこもまんこもないぞ。

35 :名無シネマ@上映中:2011/08/07(日) 16:44:30.72 ID:c1WkISMe
>>28
排泄できないじゃん
じゃあ親とかもいないのか

36 :名無シネマ@上映中:2011/08/07(日) 16:58:27.02 ID:Xk/+Xlbu
>>35
原作では、去勢された少年って設定。切られただけだから、尿道はある。

38 :名無シネマ@上映中:2011/08/07(日) 17:49:13.89 ID:cLeOCaJ7
>>35
そもそも日光に当たると燃え上がったり、「入って」と言われないと他人の家に入れないような自然の摂理に反した存在。
排泄や出産よりも、もっと心配することがあるはず、思い付かないけど。

41 :名無シネマ@上映中:2011/08/07(日) 20:17:30.39 ID:Xpn4g8dV
体育教師がかわいそうだった。自分の授業中に部外者を含む四人が惨殺され、
関係あると思われる生徒は失踪。クビになっただろうな…

42 :名無シネマ@上映中:2011/08/07(日) 20:33:03.75 ID:yDRBIqHw
この話で結局幸せを感じているのは駆け落ちした二人と転落死したおっさんだけかな?

43 :名無シネマ@上映中:2011/08/07(日) 21:33:33.96 ID:MICfnPVX
うざい男子生徒が死んでセイセイしてる女子生徒一同

58 :名無シネマ@上映中:2011/08/08(月) 07:45:23.80 ID:XDkVk8CY
素朴な疑問なんだけど、最後のモールス信号、あれ何て言ってんの?

59 :名無シネマ@上映中:2011/08/08(月) 08:00:37.62 ID:A0EFaUsY
>>58
アビー「hi」
オーウェン「OX」(OXの意味はハグしてキスする)

52 :名無シネマ@上映中:2011/08/07(日) 23:12:27.84 ID:50PXYgBC
今日、六本木で見てきた。
ニュー・メキシコって時点で何故か違和感(笑)
凶暴化したクロエちんがゾンビに見えて、これまた萎えた…。

なんつーか、オリジナルで味わったエンドロールのあの余韻が無い感じ。

あと、個人的にオリジナルの方のサントラが結構好き。

72 :名無シネマ@上映中:2011/08/08(月) 20:42:11.52 ID:XDkVk8CY

affiches films yeux

ニューメキシコ州だったのか。もっとずっと北の方かと思ってた。南部でも冬はあんなに寒そうなんだね。

195 :名無シネマ@上映中:2011/08/14(日) 10:15:17.95 ID:yyPgF+GE
ロスアラモスといえば核兵器の研究所で名高いところだし、レーガン政権の頃は
東西対立が深まって、政治的にも宗教的にも保守勢力が強い、人によっては
息苦しさを感じる時代だった。

スウェーデンのオリジナルも、昼間からソ連の悪口を肴に酒をくらってるおっさんたち
とか、冷戦下で身近に東側の圧力を感じている様子が描かれていたから、
それのアメリカ版ってことじゃないかな。

オーウェンが劇中でこんな街は大嫌いだからいつか出て行って二度と戻らないと
はっきり口に出して言っているが、単に学校で苛められていたからばかりじゃなくて、
街の空気自体が彼のような子供には窮屈なところだったのだろう。

196 :名無シネマ@上映中:2011/08/14(日) 10:38:13.29 ID:NvcUbrjb
>195
おーサンキュー。
オリジナルの空気を翻訳した…って感じなのね。
最初ヒルズハブアイズみたいに原爆実験の放射線の影響で…というオチかと思ってしまった。
オリジナルが見たくなったよ。

202 :名無シネマ@上映中:2011/08/14(日) 15:42:40.39 ID:RcVWFx1w
>>195
そうなんだよね。閉塞感のある舞台という点は共通。

だけど、エリほど閉塞感が感じられなかったのは、
雪や呼気の質感もあるし、やっぱり、
アビーがクリーチャー化したりとか、
あのBGMや警官がアメリ感たっぷりだったり
とかだからかな。

いっそ西海岸を舞台にアメリ感を炸裂させてしまえば良かった。

いやしかし、それにしても黒江は可愛いな。
夏帆に勝るとも劣らない可愛らしさだ。

54 :名無シネマ@上映中:2011/08/08(月) 00:36:17.60 ID:rrKD8BrS
なんかエリのほうが良かったって意見ばかりなので、
おいらはモールスのほうが良かった点を挙げるとしよう。

・おじさん、おばさんの仲良しグループの描写がない。
・お父さんとお父さんの友達が出てくるシーンがない。

オーウェンとアビーの話なんだからどちらも不要。
ずっと2人に焦点があたってたのは良かった。

61 :名無シネマ@上映中:2011/08/08(月) 08:42:05.98 ID:EtPACOZE
>>54
他にモールスで良かったと思う点では、年代を明確にしたところかな。
1983年なら、ルービックキューブもモールス信号(というか趣味としてのアマチュア無線)も違和感ないし、
警察もDNA鑑定やプロファイリングもしないし。
病院のテレビ、なんで白黒なんだろう?

>・お父さんとお父さんの友達が出てくるシーンがない。
ここをカットしたのは良かったと思うけど、列車でお父さんに会いに行く設定もなくなったんだよね。
ロスアラモスに大きな鉄道が通っているのかも定かでないから、
ラストシーンで列車に乗っているのが、唐突な感じになった。

68 :名無シネマ@上映中:2011/08/08(月) 17:47:26.80 ID:opeq6ez0
>>54

自分はのんだくれおじさんおばさん軍団は、お気に入りだったのでカットされて残念。
猫好きのおばさんが猫に襲われるところの猫の動きが絶妙で、US版でどうなるか楽しみだったのに。

83 :名無シネマ@上映中:2011/08/09(火) 01:08:56.40 ID:DhULTrOd
>>54では、お父さんとお父さんの友達が出てくるシーンは不要と書いたが、
DVDを見返して考えが変わった。

オスカーが親に頼れない、孤独な状態あることを示すために必要だ。
友達が訪ねてきたらそちらを優先するのは、同居してる親なら普通だろうが別居しててたまにしか会えないならダメだろう。
母親は、オスカーが頬に怪我をしても気づかないし、せっかくいじめっ子に復讐したのに理由も聞かず頭ごなしに怒るだけ。
父親に電話をかけてオスカーを叱ってくれるように頼むが、父親は適当にオスカーに話を合わせるだけ。

そういう描写があるからオスカーがエリと親密になるのに説得力がある。

148 :名無シネマ@上映中:2011/08/11(木) 17:19:56.22 ID:/8CXeB44
ヒットガールもエリも未見なオレは面白かったな、
小さな恋のメロディ・バンパイア編って感じでw

“陽射し”とか“招き入れらないと入れない”そして「従者」、
吸血鬼定番ルールをストーリーに上手く絡めていて感心、
これらを上手く恋のメロディに乗せてるから、
切なさと儚さと心強さがミックスしたラストにオレは感動・・・しそうになったが、
あのまま40年も経つと、オスカーはアビーに時折怒鳴られちゃうのかと思うと、それはそれで複雑だなw

転がる車内からカメラ出さない演出は良かったな、狙った演出か、
はたまた車外も撮ったが、車内映像が期待以上のラッキーショットだっただけ?どっち?
プール内の視点固定も良かったな、想像力が刺激される良い見せ方。

余談だが、レッツダンスやドゥユリアリハーツ&タイムなど、ボウイとボーイもナイスだ、この監督好きだぜ。

131 :名無シネマ@上映中:2011/08/10(水) 20:54:01.75 ID:UXQb1uPT
観てきた
アビーに吸われて尚且つトドメを刺されなかったらアビーと同じになるの?
だったらオーウェンもちょっとだけ吸われて同じになればずっと一緒にいられるのに

Black_20111112165110.gif

132 :名無シネマ@上映中:2011/08/10(水) 21:01:46.07 ID:wra85fiV
>>131 いや、一人は人間のほうが、昼間対策で都合がいいんじゃない?

134 :名無シネマ@上映中:2011/08/10(水) 21:20:19.49 ID:UXQb1uPT
>>132
なるほどそうか!
日光ダメだったよねバスタブとかトランクが棺桶変わりになってた
観てるうちにアビーとオーウェンの恋物語みたいだと思ったけどアビーにしたらオーウェンの立場は下僕みたいなものなんだろうか
トーマスもアビーがオーウェンと仲良くなったら嫉妬してたみたいだったしアビーについて行く側の原動力は恋心なのかな

137 :名無シネマ@上映中:2011/08/10(水) 23:23:23.67 ID:7uKCeiai
>>134
パンフに書いてあったけど、おっちゃんはアビーとオーウェンの仲に対して嫉妬したわけじゃないらしいよ。

165 :名無シネマ@上映中:2011/08/12(金) 19:13:17.70 ID:Tfu0G+jX
パンフレットに載ってる監督インタビューが興味深い

チンコ切断をまったく描いてないのはなぜか?

アビーの去勢に関するバックストーリーを描こうとすると、ビジュアル的に強烈すぎるものに
なると考えたんだ。また、このエピソードは中途半端ではなくすべて説明しないと、観客の気が
散ってしまう。
(略)
そのため『モールス』では、オーウェンがアビーの着替えを覗いてる顔しか映していない。小説を
読んだ人なら原作に沿った解釈で観られるだろうし、今回初めてこの物語に触れた人は思春期の
性の目覚めを表現したシーンと受けとめるかもしれない。そのように観てくれればいいと思っている。

166 :名無シネマ@上映中:2011/08/12(金) 19:31:19.65 ID:Tfu0G+jX
『中途半端ではなくすべて説明しないと、観客の気が 散ってしまう』とは、
「ぼくのエリ」を軽くディスってるように思えるのは俺だけ?w

でも確かにそうだよね。
モールスが「ぼくのエリ」より良くなってることの一つは、説明しきれないことは単純化
してることだと思う。
ホーカンがホモの小児性愛者であることとか、それをエリが利用してるとか、
映像で説明するのは無理があるし、セリフで説明してしまうのは不細工すぎる。
「ぼくのエリ」ではその辺は説明しきれていないし、チンコが切断されたシーンも
観客には「????」だったろう。
だったら「トーマスとアビー」は昔の「オーウェンとアビー」と単純化するのはありだろう。

182 :sage:2011/08/13(土) 22:43:50.72 ID:qg48s6M3
今日観てきた。
今年ベストなんじゃないか。
原作との違いを気にしてる人もいるみたいだけどアビーは普通に女の子だという方が自然。
人生捨ててまでヴァンパイアのアシスタントとして生きる覚悟ができるのは永遠に12歳の少女とSEXし放題というご褒美があるからこそだろう。
前任者の少年のころの写真を見てオーウェンはアビーと一緒に行くとした場合のシミュレーションは出来たはず。
つまり前任者と同じくらい生きるとしても今後アビーより年上である時期の方が大部分だということを。

185 :名無シネマ@上映中:2011/08/13(土) 22:58:37.61 ID:rlH1ilGb
>原作との違いを気にしてる人もいるみたいだけどアビーは普通に女の子だという方が自然。

同意。
「ぼくのエリ」は設定が複雑すぎる。
実は去勢された男の子だったとか、男の子と去勢された男の子の恋愛とか、
ホモでペドのおっさんとか・・・

孤独な男の子と孤独な女の子がくっついたって話でいいじゃん。

197 :名無シネマ@上映中:2011/08/14(日) 10:40:13.47 ID:75DyPvjO
>>185
典型的なハリウッドスタイルだな。

186 :名無シネマ@上映中:2011/08/13(土) 23:42:23.92 ID:433LdHjL
最後プールの惨劇のあとから列車までの間の2人はどんな会話してたんだろうとか考えてみる

オーウェンが覚悟を決めるまでアビーはただじっと待つだけだったんだろうか
まぁプールの後始末考えたら逃げるが勝ちなんだろうけど

156 :名無シネマ@上映中:2011/08/12(金) 07:46:54.22 ID:lcF61Vp1

51_20111112165028.jpg

アメリカじゃ、小学生が馬鹿デカいトランク持って一人で列車に乗ってても車掌は気にしないもんなのか?

232 :名無シネマ@上映中:2011/08/15(月) 02:10:04.56 ID:GW/z8cRF
しかし、なんでこんな映画撮ったんだろう。
脚本家も監督もどう考えても原作を読まず、他人の作った映画を
ほぼ丸コピーって、作ってて楽しいのかね?

「ぼくのエリ」にあったエピソードをチェックポイントのように
こなしているだけで、エピソード間の繋がりがブツ切れに感じた。
明らかに変わってる箇所は改悪にしかなってない。
最初の病院シーンから2週間前に遡る演出って、何か意味あったか?

いじめっ子とのエピソードなんて最たるもので、
氷上の鉄棒攻撃からの、実はいじめっ子も兄にいじめられているのを
主人公が |壁|・∀・)ニヤニヤ っていうシーンで決着してる感があるから
最後が取って付けたようになってる。

「ぼくのエリ」ではなんとなくファンタジーな感じのした、みっしりと
匣に詰まったエリとのやりとりも、「モールス」では
「そういえばこんなでかい箱、どうやって車内に持ち込んだんだろう」
と変なところが気になったww

239 :名無シネマ@上映中:2011/08/15(月) 08:09:57.62 ID:DeO2OgVX
>>232
いちいち同意です
読んでてスッキリした

233 :名無シネマ@上映中:2011/08/15(月) 02:14:48.31 ID:MZk5y+oC
マットリーブス自身が最初エリ見て
「こんな完璧な作品リメイクする必要あんのか?」て言ったらしいね。
構図に至るまでの過剰な再現はエリへの敬意じゃないかな。


関連記事

  1. 2011/11/12(土) 17:01:18|
  2. ま行映画
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<ネズミ映画スチュアートリトル子役 大変な成長しててワロタ・・・ ワンパンで負ける | ホーム | 【映画】フランス人が『ハリウッド映画にありがちな13パターンのポスター』を紹介。ネットで話題になる。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2447-2327c149
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■映画『モールス』

スウェーデンのヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの原作小説「MORSE―モールス」をハリウッドで製作したこの映画『モールス』。 同じ原作を2010年にスウェーデンで映画され、日本でも2010年に『ぼくのエリ 200歳の少女』という邦題で公開されています。 私は、ス?...
  1. 2011/12/09(金) 11:17:21 |
  2. Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>

モールス

モールス [Blu-ray](2012/01/07)クロエ・グレース・モレッツ、コディ・スミット=マクフィー 他商品詳細を見る ★★★☆☆ 1983年の冬。12歳の少年オーウェンが暮らす団地の隣室に謎めいた 少女が父親と越し...
  1. 2012/01/26(木) 11:13:18 |
  2. 今夜も酔いどれ映画感!

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR