2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

きみに読む物語

http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1103593613/
5_20111106130856.jpg

1 :名無シネマ@上映中:04/12/21 10:46:53 ID:GybEBYXu
NYタイムズ・ベストセラーリストに1年以上ランクインしたヒット小説
きみに読む物語『原題 The Notebook』を語りましょう

6月の全米公開後、出口調査の満足度が94%という
驚異的な数字を記録し、各映画評でも絶賛の支持を浴びております。

公開初日決定
2005年2月5日(土)
丸の内プラゼールほか全国松竹・東急にてロードショー


90 :名無シネマ@上映中:05/02/05 18:25:03 ID:tTdSJlau
今日見てきた。正直泣いた。一緒にいった連れも
泣いてた。結構男の人も泣いてた気がする。
やっぱ最後がなあ…キタ

101 :名無シネマ@上映中:05/02/05 22:08:04 ID:krwgTPNQ
結構面白かったと思う。ストーリー先読みできたけどね。
自分、滅多に感動して泣くことはないけど、じわーっと来たシーンが3箇所
ほど。一緒に見に行った子は号泣w
最後はやりすぎな気もしたけど、あれが良かったという子もいるのでは?
ケミは最後に語ってたけど、シカトして帰ってきましたー。

115 :名無シネマ@上映中:05/02/06 03:01:44 ID:C7aOg7hV
ケミストリーが流れる前に帰るのが通の遣り方。

118 :名無シネマ@上映中:05/02/06 03:36:20 ID:AxSi6T/4
最後、ケミストリの曲が流れるのか?CMだけじゃなくて?それは問題だな。
洋画に邦楽はないんだろ。おかしいよ。

119 :名無シネマ@上映中:05/02/06 03:48:04 ID:DLD+/PFj
>>118
映画本編が終わった直後に映画のクリップが流れるんだよ。
歌に合わせてケミ二名のどうでもいい感想を交えつつ
本編のダイジェスト。実はこのクリップだけで映画の内容の八割方が
分かる仕組になっている。
実に親切!

129 :名無シネマ@上映中:05/02/06 13:10:36 ID:H6ejz35G
音楽流すだけならいいけど、ケミのぶさいく映像と語りいらない。
雰囲気ぶち壊し。
でも、エンドロール終わった後でダイジェストで映像見せるのはいいと思った。
このシーンは……だったなぁ、って思い出すと、また涙が・・・

116 :名無シネマ@上映中:05/02/06 03:19:57 ID:DLD+/PFj
既婚者だが泣けなかった。
見ている最中、「プリンセス・ブライド・ストーリー」が
思い出されて仕方なかったが、この作品の方が数段落ちる。
特に劇中劇というか回想の部分では、DQNとバカお嬢の身勝手極まる
オレ様青春恋物語で辟易。
安心して見れたのは爺婆二人の芝居のみ。

これ、本当にカサベテスが監督したのぉ?

142 :名無シネマ@上映中:05/02/06 20:46:32 ID:6a1S/1DC

41_20111106130854.jpg

この監督、実母をキャストする映画だと
思い入れたっぷりに描き過ぎて引くんだよなー。
「ミルドレッド」もそうだけど。
ジーナおばちゃんは息子に肩入れしてもらわなくても名女優なのに。

103 :名無シネマ@上映中:05/02/05 22:20:17 ID:j9pFGO/Y
365通も手紙出す前に、さっさと会いに行って真意を確かめろよ。
それとNYのサラ・ローレンス女子大に手紙を送ることは考え付かなかったのか?

(原作ではそんなに頻繁に手紙書いてません。分かれて3年後に彼女の実家を訪ねますが転居で行方不明…上流階級なのに?)

53 :名無シネマ@上映中:05/01/30 14:46:11 ID:eS0P/DfK
そういえば、
結婚する・しないの頃の
ヒロインが、すごく
牧 瀬 り ほ に見えた!

beyonce2_20111106130942.gif

280 :名無シネマ@上映中:05/02/10 18:19:21 ID:G+evxgnF
アリーの中の人が好きになった人(正直、いるのか?)はミーン・ガールズも見よ。

128 :名無シネマ@上映中:05/02/06 12:06:15 ID:4UhB8R+L
ヒロインの感情表現がうっとおしかった・・・
喜ぶのに、いちいち「キャー」だか「イヤー」だか。
作品は好きだが。

127 :名無シネマ@上映中:05/02/06 11:11:57 ID:qX6cq0cn
初めてのsexであんなに喋る女いるかぁ? 笑い声けたたましいし。それと顔のホクロが気になった。
男も池面とは思えない。若い二人にさほど魅力は感じなかったね。

130 :名無シネマ@上映中:05/02/06 13:21:35 ID:n83gbgw4
>127 そこらへんは我々日本人とアメリカ人の違いってもんも
あるかなあとか思った。
全員がそうとは言わないけど、そもそも恋愛表現のテンション自体違うし。

132 :名無シネマ@上映中:05/02/06 13:43:35 ID:H6ejz35G
>>127
>初めてのsexであんなに喋る
あれは初めての事でパニック状態に陥ってたんだよ。
しゃべる事で自分を落着かせようとして余計混乱してしまう、みたいな感じ

134 :名無シネマ@上映中:05/02/06 14:43:38 ID:gNWGH7dC
>>132
なるほど!
まだ17歳だし、あの時代だと映画・TVでの性描写も性教育も無かっただろうからねぇ。

344 :名無シネマ@上映中:05/02/12 22:00:39 ID:oU5DYe/7
かなり型どおりの恋愛映画だと思うけど、楽しめた。ただ、ヒロインのセックス
に対する積極性はやはり現代的だと思った。40年ほど前の「草原の輝き」
という映画では、大恐慌直前の時代、ヒロインはセックスへの罪悪感が元で
恋人を失ってノイローゼになってしまうのだったが。全体にノスタルジックな
雰囲気、格調のある音楽など、50年代のアメリカ映画的な作りだったが、
ヒロインだけは現代的だった。

345 :ジョン・シナの弟子 ◆RAW/atYHOY :05/02/12 22:19:03 ID:wF6TYpl9
昔からよくある型どおりのベタな恋愛映画で、展開も読めちゃうんだけど
それでも、おもしろいんだよな
ライアンは素晴らしかった

aQ_20111106130943.gif

71 :名無シネマ@上映中:05/02/04 21:48:27 ID:uxex6gaz
ノア役のライアン・ゴズリングが素敵。惚れた。

73 :名無シネマ@上映中:05/02/04 23:06:02 ID:2kEFfO6H
男があんまりいい男じゃないと思うんだが、こいつ有名なの?

78 :名無シネマ@上映中:05/02/05 11:17:41 ID:yUfIx8/z
>>73
いい男だよ!

79 :名無シネマ@上映中:05/02/05 11:26:36 ID:dWI5+6hM
ほんといい男だ!
「タイタンズを忘れない」にも出てたね。
私はこの映画で彼を好きになった。
あと、「16歳の合衆国」っていうインディーズ映画とか。
アメリカじゃ、若手性格俳優ということで有名みたいよ。
セクシーな男50人にも選ばれたらしい・・・。

148 :?l?^?I^?e^???O´:05/02/06 23:11:17 ID:tVdrePUM
ライアン・ゴスリングのちょっとだけ間抜けな顔が
嫌みがなくてよかったな。好きです。

211 :名無シネマ@上映中:05/02/08 07:46:42 ID:D9VMf7te
ライアン・ゴズリング

ジェームズ・ガーナーは無理ありすぎ

20071115_20111106130849.jpg

212 :名無シネマ@上映中:05/02/08 09:48:50 ID:cUSzTDO+
>>211
それ思った。サム・シェパードだったら最高だったのに。

155 :名無シネマ@上映中:05/02/07 00:23:04 ID:d/gxq8eN
結構よかったな。
あたま空っぽにしてみれば素直に感動できる映画だと思う。
読み聞かせ終わったとき、アレで終わりだと思って、そんなシュールな終わり方かよ!と思ったが、
最終的にあのラストはヤバイ。あの映画の本編は、回想シーンじゃなく、現代だよ・・・。

159 :名無シネマ@上映中:05/02/07 00:35:18 ID:d/gxq8eN
結局あのラストは奇跡だったんですかね?

160 :名無シネマ@上映中:05/02/07 00:42:55 ID:qSqrupxk
奇跡だよ~
奇跡は科学(医学?)を超える、みたいな事、おじいちゃんが言ってたよね。

151 :名無シネマ@上映中:05/02/06 23:53:34 ID:dJiGRQrL

51_20111106130851.jpg

ロンは結局どうなったのかフォローしてやってくれ…
気の毒すぎ

153 :名無シネマ@上映中:05/02/07 00:05:12 ID:czKD0emX
>>151
ロンは毛並みが良くてハンサムで金持ちで有能で魅力的だから前途洋々。これからどんな女でも選べる。
よってフォローの必要なし。

200 :名無シネマ@上映中:05/02/07 21:42:38 ID:wQgMQKRr

Black_20111106130942.gif

ロンはあの後フラれたショックで
サイクロップスになるんだよな。

204 :名無シネマ@上映中:05/02/07 23:33:19 ID:8LJwJDqB
どこかで見た顔だと思ったら、サイクロップスだったのか

287 :名無シネマ@上映中:05/02/11 08:26:12 ID:Jh/RtzU3
未亡人もロンもいい人で余計気の毒だなー。
ロンなんて新聞にまで結婚が取り上げられたのに逃げられたなんて輝かしいキャリアに傷ついちゃって。
未亡人はこの後何にすがって生きていくんだろうね。

288 :名無シネマ@上映中:05/02/11 13:04:49 ID:0ltNERL+
マーサのようないい女は男が放っておかないから心配無用、ロンも同じく。

150 :名無シネマ@上映中:05/02/06 23:51:35 ID:eaEZ3cDU
ノートの最後か最初に書いてある言葉
覚えていらっしゃる方居ませんか?
「このお話が終わったら あなたの元にいく」
とかなんとかいうやつ。

152 :名無シネマ@上映中:05/02/07 00:04:37 ID:ppI0/2Iw

14_20111106130855.jpg

デュークがめくってた写真アルバム、写ってるのは
ノアではなくロンではないか?
誰かはっきりと覚えてるヒトおりませぬか?

163 :名無シネマ@上映中:05/02/07 00:56:12 ID:qSqrupxk
アルバムってどこの場面だっけ?

165 :名無シネマ@上映中:05/02/07 01:05:52 ID:ddaOVeIP
>>163
読み聞かせが終わった時に>>150のサインと共に写真がノートブックに挟まってた

162 :ネタバレ?:05/02/07 00:53:12 ID:ddaOVeIP
>>152
漏れもそう思った
実は介護で読み聞かせてたデュークは、愛ゆえにノアのふりをしてくれてた?そう思うと鳥肌が立った

166 :152:05/02/07 01:09:46 ID:ppI0/2Iw
>>162
だよねー?
これはロンの物語だと思うのだが…。
そこがこの作品の仕掛けではないかと。

167 :名無シネマ@上映中:05/02/07 01:10:49 ID:d/gxq8eN
>>162
確かに娘が黒髪だったんだよな…。
ダンディヒゲダディが黒髪だったが、どうにも…。

とりあえず、フィンを救ってやってくれ。

168 :名無シネマ@上映中:05/02/07 01:11:45 ID:qSqrupxk
じゃあどこまでが本当の話なのかな?

169 :名無シネマ@上映中:05/02/07 01:14:57 ID:d/gxq8eN
>>168

ネタバレ


最初に、ノアと恋に落ちる。
ロンと出会い、婚約する。
結局、ロンと結婚する。
母親と同じように、未練が残る。
アルツハイマー発症
ノアとロンの区別がつかなくなる。
ノアの物語を書く。
ロンがノアの物語を読む
ノアの妻としてのアリーが戻ってくる。
ラスト、ロンの妻としてのアリーとともに一緒に死ぬ?

170 :名無シネマ@上映中:05/02/07 01:17:14 ID:qSqrupxk
すごーい、そうか~
もう一回観てみます!

171 :名無シネマ@上映中:05/02/07 01:19:17 ID:d/gxq8eN
>>169のように並べてみたが、個人的にはデューク=ノア派
デュークをロンとすると、
冒頭の「平凡な人生だが、彼女を愛したことだけは負けない」と言ったセリフはどうなんだろう?
ロンは非凡だと思うが。

仕掛けがあるから、リピーター1000円キャンペーンがあるんだろうか…。

177 :名無シネマ@上映中:05/02/07 01:37:06 ID:/wYQPnq5
なんでロンなの?
病院のナースが「Mr.カルフーン」と呼んでたじゃん。
最初の方の薬もらうところと、最後に黒人ナースがアニーの病室に入れるように
取りはからってくれるとこ。
回想場面の自己紹介で「僕はノア・カルフーン、君は?」とやってたから
迷わずノア=デュークだと思った。
パンフレットのアニーの役名も「アニー・カルフーン」だよ。
なんでロンって話になるの?
だましポイントでもないところで引っかけてリピーター増やす作戦?

178 :名無シネマ@上映中:05/02/07 01:39:26 ID:qSqrupxk
そうなんですか?!
良かったぁ。。
私は二人が真っすぐな愛で結ばれたのを望んでたから(^^;

179 :名無シネマ@上映中:05/02/07 01:43:40 ID:ddaOVeIP
>>177
あ、シンプルにノアだったんだ…。スマソ

180 :名無シネマ@上映中:05/02/07 01:50:04 ID:d/gxq8eN
>>177
ノアじゃないとところどころで不整合が来るもんな。
でも、アルバムのノアが黒髪で、娘が黒髪についてはちょっとよくわからん。

184 :=146:05/02/07 03:50:39 ID:GVFHJwAT
どうしてノアがデュークって呼ばれるようになるのか
分かったら教えてください。本編にはなかったと思うけど、
本には書いてあるのかな?令嬢を奥さんにもらったから
ニックネームで男爵ってよばれるようになったのかな・・・
それともあの農園ってもともと男爵の家だったのかな。

185 :名無シネマ@上映中:05/02/07 05:41:19 ID:mcmjkaVD
アルツハイマー奥さんに刺激を与えないためでは?
他の人を装い、物語を読むことで
自然に過去の記憶を戻していこうとしてたんじゃないかなぁ。

201 :名無シネマ@上映中:05/02/07 21:58:10 ID:jCLvJeLI
>>185
原作読んだけどその通り

246 :名無シネマ@上映中:05/02/09 20:00:34 ID:kPTgv6NW
入院している病院は、ノアがリフォームした家?

248 :名無シネマ@上映中:05/02/09 22:08:01 ID:R8rCpI2e
>>246
ここが私たちの家だって言ってるしね。
最初に戻ってきたとき、一緒に食事をしたのは「あの部屋」でしょ。

249 :名無シネマ@上映中:05/02/09 22:12:24 ID:2JQ76OKn
>248
サンクス。
そういえば、ピアノもあったもんね。

250 :名無シネマ@上映中:05/02/09 22:16:46 ID:/foEQ5Uz
あ、やっぱりあれはノアの家か。

337 :名無シネマ@上映中:05/02/12 15:14:15 ID:DtMmZ+9v
ノアって、貧しい出自で、農場をパパが買って、農業で暮らしてたの?
老後は意外と金持ちそうだったけど、アリー実家の財産が転がり込んだから?

339 :名無シネマ@上映中:05/02/12 16:14:10 ID:op+IKj5h
>>337
同感

ノアって、家建てた後、仕事何してたの?

358 :名無シネマ@上映中:05/02/13 05:04:22 ID:IH2O+mv+
ノアは確かアリーと別れた後、ユダヤ人のおじさんがやってるくず鉄が何かのお仕事してて
すごい働き者で気に入られてた。
戦争が始まっておじさん鉄で大もうけ!
そしておじさんが亡くなってから儲けの15%もらえて、ノアお金持ち。

うろ覚えなのでちゃんと本読んだ人訂正お願いします

359 :名無シネマ@上映中:05/02/13 08:49:37 ID:ZsL1FaMO
>358
知らなかった。ありがとう。映画では、家を建ててからブラブラしていて
働いてなかったみたいだった。
アリーは、ロン・ノアで揺れたけど、金銭面では全く互角、あとは、
婚約と言う契約と出自の違いが障害になったのでしょうか?

360 :名無シネマ@上映中:05/02/13 11:28:25 ID:KrUhMoFC
確かに映画ではノアが家を建てた後、
働かずブラブラしてるようにしか見えないよな

362 :名無シネマ@上映中:05/02/13 13:40:08 ID:U5d4QX0q
何だよ!ノアも金持ちになってたのかよ!
地位も名誉も金も顔も揃ってるロンよりも
貧乏で何にも持ってないノアを選んだんならアリーにもかわいいところがあるんだが。
どっちも金持ちの男の間で迷ってたのかよ!鼻持ちならねえ女だ。

368 :名無シネマ@上映中:05/02/13 19:20:42 ID:KrUhMoFC
アリーが痴呆症になったのは男をもて遊んだ天罰かと思っちゃったよ。

370 :名無シネマ@上映中:05/02/13 20:16:18 ID:dXxPIcBv
天罰じゃなくてご褒美でしょう。アリーは最期までこれ以上ないくらい幸せ。
アリー本人のキャラがわがままだとか尻が落ち着かないとか本人的には
「だってそれが私なんだからしょうがないでしょー」みたいなもんだろうな。
何だかんだいって波乱万丈で人生の一番輝いていた時期を、最愛の人が
毎日思い出させてくれるんだよ。その都度忘れちゃうから飽きないよ、これは。

そいでそのアリーに死ぬまで寄り添い奉仕できたノアも同じくらい幸せ…

…と思ってやらないと、これはノアが不憫じゃないか(ノ_・、)グスン

221 :名無シネマ@上映中:05/02/08 23:48:01 ID:dCKVOWT3
・アヒルがうじゃうじゃいる沼地をボートで漕ぐシーン
・廃墟で二人で向かい合って1枚1枚脱いでいくシーン
・朝起きたら「矢印に先にプレゼントがあるよ」といって
 床にある矢印の先に額縁があるシーン

…これらを見て真っ先に「絶叫計画」シリーズが頭に浮かんできてワロタ。
絶対に4作目でパクるぞ。

223 :名無シネマ@上映中:05/02/09 00:02:39 ID:48aPS2TL

77_20111106130850.jpg

あれはアヒルなのか?
パンフレットには白鳥って書いてあったぞ

291 :名無シネマ@上映中:05/02/11 15:27:28 ID:Jh/RtzU3
鳥!多すぎて怖かったよ。

292 :名無シネマ@上映中:05/02/11 15:55:19 ID:KQK+YaDt
俺も少し怖かった。
この前BS-2でヒッチコックの「鳥」見たばっかだったし。

293 :名無シネマ@上映中:05/02/11 16:21:39 ID:tVY8m7on
そう言えば鳥の場面、実際の撮影では“グワッグワッ”ってうるさくて
すごく匂いもきつかったってライアン言ってたな。

227 :名無シネマ@上映中:05/02/09 01:20:32 ID:JfeEmgvi

d2002_20111106130941.jpg

アニーの母ちゃんが「実はママにも一夏の恋が…」とか言い出すとこに
ちょっと萎えた。
ノアにやたらときつかったのはそういう体験があったから、と
脚本で伏線はってるのはわかったけど、
肉体労働する昔の男を母娘が車からながめる場面は、
サファリパークの動物見物かよ、とつっこみたくなった。
あれだけ派手な車で何度も見物に来りゃ、気づかれるだろう。
それでもわかんないならその程度の仲だったってことでは。
母親役が上手な女優だったからなんとか見られたけれど、
この監督、あんまり演出うまくないね。

234 :名無シネマ@上映中:05/02/09 06:54:53 ID:0KJvW4/F
>>227

ママもその彼もまだお互いのことをどこかで想ってるんだと思うよ。
離れ際で一瞬見詰め合ってたから。
ずっとあんなふうに見詰め合ってきたんじゃないかとおもう。
だから娘に自分のような苦しい思いはさせたくなくて
ノアを忘れさせようとしたんじゃないかなー

235 :名無シネマ@上映中:05/02/09 07:08:27 ID:6PhfPytz
>227
激しく同意。
終盤のナースがアニーに会わせてあげるためわざと「コーヒーを飲みに行ってくる」と席を外すシーンも、
「規則ではここは通せません。ところで私はコーヒー飲みに行きますからね」
ってセリフを言わせてるにも関わらず、
そのあとさらにガーナーにわざわざ(まだ中身の残っている)コーヒーカップの中を覗き込ませるってシーンを入れてるんだよね。
こんなシーン、蛇足以外の何者でもないし、くどくて田舎くさい、センスのない演出だと思ったよ。
途中の話運びもモタモタしてるしね。ジョンQにしてもこの映画にしても、過剰に感情面に訴えることに夢中になっていて
演出自体はセンスないなあと心底思う。作った映画すべて親父の足元にも及ばないね

236 :名無シネマ@上映中:05/02/09 08:52:05 ID:SueS3GXV
ママが初恋話をするシーンで、ノアの事反対してたのは自分の気持ち貫こうとしてる娘への嫉妬心からかなって思った。
無難な道選んでパパと結婚したママは昔の恋人が忘れられずいまだに彼の姿を見に訪れて、自分は今幸せだと言い聞かせてる...
親としては娘には婚約者の元に戻って欲しいけど、女としては愛する人と結ばれて欲しい。そんな感じかな。

237 :名無シネマ@上映中:05/02/09 11:16:34 ID:gbgi+osj
>>236
ほぼ同意。
始めのほうで「ママのパパへの態度は何なの?触れたりじゃれたりしない!」と言われてたから、夫のことを尊敬はしてもさほど愛してはいなかったんだろうね。
パーティで夫の下ネタジョークを咎めてるし。アリーパパはとても良さそうな人だった、、、というかこの映画の登場人物全員が好い人ばかり。そこがこの映画の魅力の一つ。


関連記事

  1. 2012/06/26(火) 21:07:25|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バトルシップ | ホーム | ダークナイト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2432-0c5ffe0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。