2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

やわらかい生活

http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1151310039/
5_20111106121737.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2006/06/26(月) 17:20:39 ID:WILVXBjQ
【内容】
橘優子、35歳。独身。一流大卒。バリバリのキャリアウーマン……だった。しかし、仕事も、男も、全てを失い、人生はどん底のまま、東京の端っこ、蒲田に引っ越した。そんな中、福岡から従兄がアパートに転がり込んできた。さらに、EDでマザコンの都議会議員、趣味のいい痴漢、気弱なヤクザらが、集まってきた。4人の男たちとのあわあわした日々が、優子の心をやさしく包み込む…。

STAFF
監督:廣木隆一『ヴァイブレータ』(03)『M』(06)
脚本:荒井晴彦『ヴァイブレータ』(03)『KT』(02)
原作:絲山秋子「イッツ・オンリー・トーク」(文春文庫刊)
製作:川島晴男/石川富康/渡辺純一
プロデューサー:森重晃
アソシエイトプロデューサー:永田芳弘

音楽:nido
「I LOVE YOU」作詞・作曲・歌:尾崎豊(ソニー・ミュージッ
クレコーズ)
「ダンスホール」作詞・作曲:尾崎豊
提供:ハピネット・ピクチャーズ、衛星劇場、住友商事、スカ
パー・ウェルシンク
制作:ステューディオスリ

キャストスタッフ
寺島しのぶ『東京タワー』(04)『大停電の夜に』(05)
豊川悦司『フラガール』(06)『日本沈没』(06)
松岡俊介『亡国のイージス』(05)『この世の外へクラブ進駐
軍』(03)
田口トモロヲ『ゆれる』(06)『ラマンL'amant』(05)
妻夫木聡『涙そうそう』(06)『どろろ』(07)
大森南朋「Dr.コトー診療所2006」(CX)『ヴァイブレータ』
(03)
柄本明『嫌われ松子の一生』(06)『日本沈没』(06)


4 :名無シネマ@上映中:2006/06/26(月) 22:19:41 ID:kZIYUgoG
かなり良かった。「ヴァイブレータ」よりこっちの方が好き。

5 :名無シネマ@上映中:2006/06/26(月) 22:20:15 ID:sRj9pzqO
最後、銭湯で泣くシーンがいい。
間宮兄弟よりずっといい。

6 :3:2006/06/26(月) 22:40:51 ID:M5xwEJkV
>>4、5

公開からしばらく経って、スレもレスもあまりないんでどうなのかな
と思ったけど、自分が今年見た日本映画の中でも相当良かったよ、
この映画。

7 :名無シネマ@上映中:2006/06/27(火) 00:25:58 ID:f/fp9+qR
すごく良かった。
最初はまったりと進んでいくんだけど、トヨエツ演じるいとこの登場からぐんと面白くなった。
銭湯で
「姫や~。」
と叫ぶところが好きだな。

でも、題名から受けるイメージとは違い、せつない映画だね。

10 :名無シネマ@上映中:2006/06/27(火) 10:52:57 ID:f/fp9+qR
他人の悲しみは想像する事はできても、わかる事はできない共有する事は
できないっていうセリフが胸に沁みる。
そのとおりだなって思ったから。

11 :名無シネマ@上映中:2006/06/28(水) 05:13:55 ID:+K4IzZj6
余韻が残るいい映画でした。

3 :名無シネマ@上映中:2006/06/26(月) 22:15:25 ID:M5xwEJkV
寺島しのぶ演じる、メンヘラーの元OLと、家に転がり込んできた
いとこ(トヨエツ)の話が中心。

51_20111106121735.jpg

ルックスもあんまり好きじゃなかったので、今まで寺島しのぶの
映画は見てこなかったけど、一転していろいろ見たくなった。
相当演技力あるんだな。トヨエツもいい。

16 :名無シネマ@上映中:2006/06/29(木) 17:45:36 ID:BJoYhVNA
おいらも寺島あまり好きじゃなかったけど、優子は良かった。
ほとんど邦画しか観ないんだけど、今年の見た中じゃ一番面白かった。

20 :名無シネマ@上映中:2006/07/01(土) 09:24:18 ID:EOIYq8yw
技術論は良くわからないが、こういうバストアップで
長回しを多用したシーンが多いのって、演技力が要る
ように思うが。寺島しのぶってうまいんだな。
女優版では無茶苦茶叩かれてるけど。  

12 :名無シネマ@上映中:2006/06/28(水) 14:49:10 ID:NYRel72t
離婚に踏み切れないのは結婚してた6年が無になるから、もったいないから
って言うのに説得力を感じたな。
祥一が優子に優しいのも、一時の優しさごっこに酔ってるのかも。
ずーっとはやれないだろうな。
しかし、豊川悦司はよかった。

77_20111106121735.jpg

13 :名無シネマ@上映中:2006/06/28(水) 20:51:12 ID:gbsfBXrL
祥一がいとこじゃなかったらなぁ。
郷愁のような、なつかしい空気を感じる映画でした。
秋に見たかったかな。

22 :名無シネマ@上映中:2006/07/01(土) 17:57:05 ID:OwjaKaCv
豊川悦司が良かったな。
「弁護士のくず」のキャラに最近はまってたんだけど、あまりのギャップにくぎ付け
状態。
昔はこの人そんなに好きではなかったんだけど、他にはいないような、なぜか気になる人だ。

23 :名無シネマ@上映中:2006/07/01(土) 18:03:12 ID:2ay6cWG7
自分もトヨエツは弁護士役といい、この映画の飄々とした役といい
前から持っていたイメージとかなり違ってた。
(というか、もともと冷たそうなな2枚目役とかヤクザっぽいイメージ
しかなかったんで関心が無くて見なかっただけかも)

24 :名無シネマ@上映中:2006/07/02(日) 03:07:14 ID:DYOSwPlP
トヨエツはよかったね。
最初は及川ミッチィーかと思ったけど。

セリフがところどころ聞き取れなかったのは残念。

あと躁鬱って設定より、ただの35歳独身って設定にした方が
より普遍性がでてよかったかな、とは思うけど。

15 :名無シネマ@上映中:2006/06/29(木) 17:36:36 ID:OJ4c9umh
ラスト、優子がこの後どうなるのか心配になるね。
祥一の死に責任感じてまた鬱にならないか?って。

44 :名無シネマ@上映中:2006/07/04(火) 02:00:24 ID:+OcYkmh1
この映画、ハッピーエンドだったら、「はあ、そうですか。良かったね。」で、白けてしまいそう。
優子は、この先幸せになれるのかと、見てる方がヤキモキするくらいが、ちょうど、いいのかも。

26 :名無シネマ@上映中:2006/07/02(日) 11:22:01 ID:D/nbUZRI
ここ最近
「ヨコハマメリー」
「嫌われ松子の一生」
そして、この「やわらかい生活」と
立て続けに見た。
三者三様の女性の生き方が印象的だった。
これからの優子がどうなっていくのか、
続編が見てみたい。

27 :名無シネマ@上映中:2006/07/02(日) 12:03:49 ID:VDeOIOjC
またーりした雰囲気が好き。ウツのやくざが面白かった。
原作では祥一がワンオブゼムって感じだったけど、映画の設定の方が好き。

28 :名無シネマ@上映中:2006/07/02(日) 12:54:21 ID:TJhLGHtC
優子役に最初キャスティングしていた女優には断られてたらしい。
誰だったんだろ。
そういえば、30半ばでやさぐれた役が似合いそうな女優ってあんまり
居ない感じもする。イメージ的には夏川結衣あたりも似合いそう。
かなり上だと、余貴美子なんかははまり役なんだろうけど。

29 :28:2006/07/02(日) 13:05:39 ID:TJhLGHtC
>最初キャスティングしてた女優
あ、杉田かおるだろうな。初老の男との不倫ドラマか映画に出た云々と書いてあったし。
見る気がしない・・・orz

30 :名無シネマ@上映中:2006/07/02(日) 16:21:09 ID:biVjEy4z
祥一のイメージは豊川悦司しかいないって初めから思ってたって監督はインタビューで言ってた。
軽々とした中年男を演じられる人云々。
優子は杉田かおる?
あー、全然合ってない気がする。
いい女優だと思うけど、優子特有の、壊れやすい痛々しい感じに欠ける。

31 :名無シネマ@上映中:2006/07/02(日) 16:45:29 ID:T05iEqTJ
私が読んだプログでは、小泉今日子だったと書いてあったけれど。

32 :名無シネマ@上映中:2006/07/02(日) 18:11:10 ID:biVjEy4z
誰のブログ?
小泉今日子とトヨエツ共演も見てみたかった。
バイブレーターと同じスタッフだっていうから寺島ありきの映画だと思ってたな。

33 :名無シネマ@上映中:2006/07/02(日) 18:22:08 ID:pEN0sVom
ご近所の蒲田が舞台ということで見てまいりました。
蒲田とその周辺の雰囲気がよく出ていな。
キャストもはまり役っぽくて非常に良い。豊川悦司がこんなに良いとは思わなかった。
俺自身30後半で精神病治療歴有りって事で見ていて共感できる部分が多々あったな。
でもかなり良く出来ているもんだから俺も昔のことを思い出して病気がぶり返すかと思ってちと怖かった。
やわらかい、しかし人生コケた経験のある俺には重くキツイ内容でも有った。

35 :名無シネマ@上映中:2006/07/02(日) 22:11:38 ID:63XU9DxS
スレがたってよかった。
思い出の街蒲田が舞台ということで観てきました。
ヤクザや議員のエピソードはいらなかったような。
トヨエツとのからみに集中した方が良かったかな。

36 :名無シネマ@上映中:2006/07/03(月) 00:42:52 ID:GUPHmtr8
そう思う。
最初はなんだか退屈に流れそうな気がしたけど祥一がでてからすごくひきつけられた。
でも、原作は祥一とのからみはもっとさらりとしている。
映画は祥一とのエピソードを中心にしたのがよかったと思う。

寺島はせっかく?今回脱がなかったし、車のなかの喘ぎシーンも別に見たくなかったな。
そういうのなしで見たい。
ベッドシーンは上手いのわかってるけどこの映画に関してはということです。

37 :名無シネマ@上映中:2006/07/03(月) 00:50:20 ID:0eC0426F

d2002_20111106121803.jpg

確かにあのキスシーンはさらりとしてたほうが良かった。
それまでの放蕩で投げやりな生活との対比がもっと出たように思う。

38 :名無シネマ@上映中:2006/07/03(月) 09:57:09 ID:GUPHmtr8
車のなかの喘ぎシーンというのはメガネのちかんとのだよ。
ひとりでバスタオルひいてバイブ使ってたでしょ。
そういうシーンだよね?
違うかったら冷や汗だ・・。
つまんない痴漢相手でもそんなに欲情しっぱなしなのか、この人、ってしらけちゃって。
優子という人の心も体も乾いてて孤独だってことの象徴するシーンなのかな。

39 :名無シネマ@上映中:2006/07/03(月) 11:19:41 ID:6m5qXIP1
>>38
なるほど、そっちね。
前半の議員やトモロヲとのあけすけな場面は自暴自棄な生活を象徴してて
(見てるほうが恥ずかしくなることはあっても)それはそれでありなのかと思った。
シナリオでは他にももっと痴漢行為を描いたシーンがあって、削られてたみたいだ。

むしろそれだけに、祥一とのキスシーンはそうした生活からの出直しを象徴する
ような、抑えの効いたものでも良かったと思ったんだけどね。

43 :名無シネマ@上映中:2006/07/03(月) 23:08:17 ID:IW15BQ5a
>>38
> つまんない痴漢相手でもそんなに欲情しっぱなしなのか、この人、ってしらけちゃって。
> 優子という人の心も体も乾いてて孤独だってことの象徴するシーンなのかな。

躁鬱病によってそういう人格になっちゃってるって表現だろ。
欝の時は全然活動できないくらい体調が悪いし、
躁の時はテンション上がりすぎて色々出歩いて疲れるし
誰とでも寝ちゃうってセリフがあったでしょ。
冒頭で痴漢募集の書き込みをしてる時も、目がイっちゃってたし。

41 :名無シネマ@上映中:2006/07/03(月) 19:01:23 ID:kQcuHHlS

20071115_20111106121734.jpg

私は優子と趣味の良い痴漢kさんとのシーンは結構印象強くて好き。
kさん(トモロウ)が「電車の痴漢は妄想だからいい」というのに対して
「ちょっといいと思ったのに」と渇いたように言う寺島しのぶ、
間が絶妙で上手いなーと思った。

みっともなさや女の業の深さ、ラストの哀しさがあるから、
あのまったりとしたやわらかい生活の時間がより鮮やかになる気がする。

46 :名無シネマ@上映中:2006/07/04(火) 19:13:27 ID:FLqt8aGM
予告編見て泣いたから本編では号泣するだろうと
おもいきや、随所にすっとぼけた感じが漂っていて
割とほくそ笑むシーンが多かった。

寺島さんの演技は見ごたえあったな。
はかなくて壊れそうな自分を狂気で優しく包んでいる
感じがして、見ていて哀しくなった。
上のほうでも言ってたけど、じわりじわりとくるね。

49 :名無シネマ@上映中:2006/07/05(水) 23:28:48 ID:y15+ZcoB
地元蒲田が舞台ってことで見たけど、あんまり面白くなかったな。
多分、映画どうこうより俺が原作の糸山自体キライだからだろうな。
役者は素晴らしかったけど、蒲田賛美のセリフはどうしてもわざとらしく聞こえたし。
あと妻ブキにアウトロー役は無理だろw
蒲田でリアルヤンキー見慣れてる身としては爽やか過ぎるw

14_20111106121737.jpg

51 :名無シネマ@上映中:2006/07/06(木) 23:00:10 ID:s9krO6F4
>>49
地元蒲田が舞台ってことで見に行ってるお前も蒲田好きじゃないのか?

52 :49:2006/07/06(木) 23:23:25 ID:JCZA5HdV
>>51
好きだよ。だからといって劇中であんな不自然に蒲田を持ち上げられて喜ぶ道理はないわな。
原作の糸山が優子のように昔、実際に蒲田紹介するHP立ち上げてたけど、
そのページも男口調で気取って書いててキモかったな。

53 :名無シネマ@上映中:2006/07/06(木) 23:35:11 ID:s9krO6F4
>>52
俺はいいとこ押さえてるなと思ったけど。
"粋が無い街"っていう表現もいい。

edd_20111106121802.jpgDarth_Vader_20111106121802.jpg

ただ、屋上の観覧車とタイヤ公園は蒲田名物として目の付け所がいいけど
劇中での使われ方が無理矢理だった気はする。
あと、序盤は蒲田放浪記みたいな感じだったのに
中盤以降方コンセプトが変わっていったな。

54 :名無シネマ@上映中:2006/07/07(金) 01:11:27 ID:V9NnGOkr
“粋じゃない下町”ね。
妻ブキがかつて俺も登った恐竜に登ってる姿はなんかこそばゆかったw
めぼしいスポットは大体抑えてたね。つかあの焼肉食ってたのって景色的にひろきだよね?
いったことないけど結構、内装キレイなんだな。

55 :名無シネマ@上映中:2006/07/07(金) 08:55:19 ID:69llk0TT
自分も蒲田の近くに住んで数年なんだけど、地方出のリーマンで
転勤族なんで、主人公の、外見からみるような目線は何となく理解できる。
タイヤ公園はおろか、頻繁に行っている東急プラザの屋上に観覧車が
あることすら今まで知らなかったし。

8 :名無シネマ@上映中:2006/06/27(火) 00:57:29 ID:hgG+z5mW
家の近所だったんであの銭湯に早速行ってきた。
おばちゃんがひっそりと番台を守っていて、スクリーンで見るより
実際の湯船は小さい感じ。
銭湯の前の道も印象よりずっと細かった(うまく撮ってるな)。

何の予備知識も無く見に行ったから、あのヤクザは妻夫木だと
最初分からなかった。

70 :名無シネマ@上映中:2006/07/11(火) 03:07:52 ID:Wts2UFFi

41_20111106121736.jpg

水がいらないシャンプしてあげるシーンが好きだな

71 :名無シネマ@上映中:2006/07/11(火) 13:29:08 ID:mXMFfJZ4
コーヒーをふーふーしてあげる場面も。

監督もその場面がいいってインタビューで言ってるよ。
いつもやってあげてるみたいに自然な感じだったって。

73 :名無シネマ@上映中:2006/07/12(水) 16:17:41 ID:VGAIRX5u
祥一の何気ないしぐさが優しさに溢れてる。
コーヒーふーふーしてもらって飲むのはいいなあ。

74 :名無シネマ@上映中:2006/07/12(水) 23:46:34 ID:j1PEzGqv
原作では優子は祥一のことをアホだのへなちょこだのと下に見ているけど、
映画の祥一は壇流クッキングを知っているような教養のある人物として
設定されているのかな。
あ~でも競馬でスッて車出せなくなるのはやっぱりお馬鹿だよなぁ。
京都は金曜で終了。
コーヒーふうふう見たさに三回も通った自分もお馬鹿ですねw

75 :名無シネマ@上映中:2006/07/13(木) 00:14:25 ID:pfmj9RLL
そういうお馬鹿なファンがトヨエツを支えてるんだよ。
3回も通うなんてエライ!!
私もコーヒーふうふうが見たいからDVD買おうかと思ってるところ。
負けず劣らずバカなんだよね。

祥一はあんな車で東京までやってくる。
競馬でする。
一文無し。
子どもが出来ても自分の世話もして欲しい。
んだからちょっと馬鹿だね。

76 :名無シネマ@上映中:2006/07/13(木) 19:57:41 ID:ge6mpXhg
原作を越える映画だった。
これはなかなかないことだと思う。
俺は予告編を観た後に原作を読んだ。現代小説にありがちな薄さを感じた。

映画は、やっぱ「彼女」でもってると思った。
顔の造作にはいろいろ言いたいことはあるが、存在感、か。

ラストの銭湯のシーンではもらい泣きせざるを得なかった。

この監督と、寺島さんの作品は今後も見続けるつもりです。

77 :名無シネマ@上映中:2006/07/13(木) 22:25:49 ID:LQLnZdjg
原作はもっとドライでさばさばしているね。
この映画も原作には無かった祥一とのエピソードを中止に
回しつつも、WETにしすぎないで微妙な距離を描いてるのが良かった。
(涙が見えたのは結局最後だけ?)

ヴァイブレータもこの映画も最後は、結局「振り出しに戻る」って
ところは同じなんだけど、あっちみたいに文字で心象を語らせない
方が好きだな。

78 :名無シネマ@上映中:2006/07/13(木) 23:42:04 ID:U1ibPgz1
振り出しには戻らないよ
最後の銭湯のシーンでバスタオルを取って湯船に浸かっていたでしょ
心の変化はあのシーンで見て取れる

79 :名無シネマ@上映中:2006/07/14(金) 00:47:57 ID:aHeOIAGE
>78
単に銭湯が無人だったからバスタオルを取ったとかじゃなく、
もう人目を恐れないってこと?
「たいしたことないやん、もっとひどいかと思った」と言いつつも
祥一の目が泳いでいたから、無残な傷跡なんだろうなと思った。
電車の置換が「ちょっといいかも」なんて、なんて女だろと思ったけど、
傷のことがあったからなのかと後で気づいた。

81 :名無シネマ@上映中:2006/07/14(金) 13:30:31 ID:LJWmrSl6
身近に鬱病患者がいるから妙に現実的な視点で見てしまう。
最後の祥一の死を聞いて好転しかけた病気ぶり返すんじゃないかとか
今は大丈夫だとして波のある病気の特徴としていずれまた症状が・・・とか。

でもそれを観客に想像させるようなラストだったら、病気と付き合ってる人
もしくは周辺の人にはきついだろうと思う。

だから最後のバスタオルとった優子、はなにがあっても揺れながらもたくましく
軽やかに生きていけそうだと感じさせる表情が良いと思った。

93 :名無シネマ@上映中:2006/07/14(金) 22:22:53 ID:Fi2Wd7of
銭湯でのバスタオル、言われてみればそうだけど
最後のシーンは一番湯で誰も居なかったから
巻いてなかっただけかと思っちまった

98 :名無シネマ@上映中:2006/07/15(土) 08:39:37 ID:4dT48nnm
>>93
一番湯ってわかる表現ありましたっけ?

101 :93:2006/07/15(土) 14:22:27 ID:j/DMAz0+
>>98
洗い場の後ろのほうの光線の具合が、昼間か夕方の感じに見えたから
何となくそう思ったんだけど。

102 :93:2006/07/15(土) 16:36:11 ID:j/DMAz0+
あ、シナリオ読み返したら、一番風呂って書いてあった。

82 :名無シネマ@上映中:2006/07/14(金) 15:06:53 ID:ztxwGXEl
トヨエツが死んだって電話にくるまえに、彼女はチケット買って急いで帰ろうとしてたよね?
あれってトヨエツに会いに行くためだったのですか?
いまいちわかりにくかったんだけど

84 :名無シネマ@上映中:2006/07/14(金) 15:41:37 ID:ztxwGXEl
なるほど
やっぱトヨエツに会いたかったんだね
チケットさえとれてれば死ななかったんだ

85 :名無シネマ@上映中:2006/07/14(金) 20:31:00 ID:U/2ZMFxM
恥ずかしいんだけど、最後トヨエツは自殺したんだと思った。
車で海に落ちる=自殺 って自分の中で勝手に定義が出来てるみたいで。
だから何か腑に落ちないなという感想だったんだけれど、
一緒に観た人に間違いを指摘されて、改めてせつなくなった。

86 :名無シネマ@上映中:2006/07/14(金) 20:44:45 ID:jA6t4kG4
>>85
俺も車で海に落ちる=自殺って思ってたんだけど。
どこが間違ってると指摘された?
確かに祥一が自殺することを暗示するシーンが無かったけど・・。

87 :名無シネマ@上映中:2006/07/14(金) 20:46:02 ID:pSTp7yA1
でもまあ映画を見る限り
絶対に自殺じゃないとも言い切れないわけで
自殺かもと言われるとそうかもしれんなって思う

94 :名無シネマ@上映中:2006/07/14(金) 22:32:23 ID:LJWmrSl6
私は事故だと思いました。
もったいないと思ってずるずるひきずってた結婚生活に終わりをつけようという
”離婚届”なんだから自殺はないだろって・・・・。

よくありがちなアクセルとブレーキを踏み間違えた?
でもなんで岸壁にいたの?
岸壁で止まろうとしてか、発進しようとしてたのか。

普通に道路走ってて海に、間違えて突っ込んでいくなんて考えにくいもん。
酔ってたら知らんけど。

95 :名無シネマ@上映中:2006/07/15(土) 07:30:39 ID:P+4E6uSa
はっ!!!
妻による保険金殺人の臭いがwww

96 :名無シネマ@上映中:2006/07/15(土) 07:31:52 ID:P+4E6uSa
やわらかい生活パート2/保険金殺人を暴く女の戦い篇

関連記事

  1. 2012/06/30(土) 21:06:55|
  2. や行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<【画像】もしもディズニーのキャラクターが悪かったら | ホーム | 【画像】凶悪なディズニーの王女>>

コメント

寺島しのぶとトヨエツなんて聞くと生々しい濡れ場を想像してしまうなw
  1. URL |
  2. 2012/06/30(土) 21:12:26 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2431-e33c9ad1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。