2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

蟲師

http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1174359260/
5_20111029130224.jpg

1 名前:1 [2007/03/20(火) 11:54:20 ID:xqqYRcq2]

2007年3月24日より全国松竹・東急系で公開予定

キャスト
■ギンコ:オダギリジョー
■ぬい :江角マキコ
■虹郎 :大森南朋
■淡幽 :蒼井優

スタッフ
■監督・脚本:大友克洋
■脚本 :村井さだゆき
■撮影 :柴主高秀
■美術 :池谷仙克
■音楽 :島邦明


38 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/20(火) 21:59:43 ID:5DLIOdWI]
名古屋の試写会行ってきたよ
いやー酷い出来だった
雰囲気が暗いのはまぁ目を瞑るよ、原作でもそうだし
ただ、あまりにも変なカット割が多かった
淡幽がかわいかったのだけが救いかもな

39 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/20(火) 22:01:07 ID:YKfaSyFl]
CGはどうでした?

41 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/20(火) 22:03:28 ID:5DLIOdWI]
CGなんて大したことなかったよ
これが大友かと思うともう残念でならない

43 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/21(水) 01:02:59 ID:7dOS6wcz]
自分も名古屋の試写会で見てきました。(原作知らないです。)
途中、携帯で何度も時間確認する人やイビキかいて寝だした人がいた。
試写終了した時の周りの反応も、やっと終わった~とかつまらないの声が多く聞かれたよ。

自分の感想・・内容がわかり辛いし映画に引き込まれる様な面白さもなく
残念な映画だと思いました。DVDレンタルで十分です。

132 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/23(金) 01:19:46 ID:Yp8gbbXc]
試写会行ってきた感想。
原作もアニメも見たことないが、映画見て原作アニメを見たいと感じなかった。
なんというか、監督のオナニーを二時間見せられたような感じ。きつかった。早く終われとすら思った。
オダギリジョーのスタイルだけが救い。江角の演技は酷い。笑わせる気か。
まあなにより内容は…ほんと監督のオナニーとしか言えない。
エンドロールが流れる間中「…なにが起こったんだろう…?二時間わたしはなにをしていたんだろう」と考えてた。

140 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/23(金) 07:08:27 ID:00Z0MiB9]
感想を言うのはかまわないが、だまされたと思って原作とアニメを見てみるのを
すすめる。

183 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/24(土) 02:55:32 ID:A4wuR7+j]
試写みて分からないことだらけだったんで
評判の良いアニメ全巻かりて見ました。

なんか・・・映画とアニメ(原作)まったく別物ですね。
映画は設定をかりただけで、原作がもつ雰囲気や世界が全然ちがう。
これは原作ファンは怒るだろうなあ。

ちなみにアニメ鑑賞後も、映画のわからないことはわからないままなの
でした・・・

151 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/23(金) 14:59:10 ID:p2TS0g3p]
ロケを頑張っただけに背景は凄かった、日本の奥深い自然が美しい。
役者も蒼井・大森・李麗仙あたり、いい雰囲気出してたと思う。
撮影に使った日本家屋、衣装や小道具も良い。ここまで褒め所。

脚本は解り難く、展開が唐突、何を伝えたいのかさっぱり。
CGはかなりショボく見える。邦画ではこの辺が限度なのか?
音楽も妙にアップテンポだったり、ホラー調になってみたりで落ち着かない。
江角の演技…っつーか大仰な口調はいっそ笑えと言わんばかりで唖然とした。

20071115_20111029130221.jpg

オチが本気でわけわかんねぇです。
複数のエピソードが繋がっているのかと思えばバラバラ。
監督がどんな映画を作りたかったのか、誰か教えてくれという感じ。

188 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/24(土) 05:21:43 ID:d06NhKvu]
立ち食師みてないやつだけだろこんなアニメ監督の実写なんか見ようなんて奇特なやつ

190 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/24(土) 06:49:11 ID:Yyq1d7VN]
いや立ち食い師はおしいが悪乗りした感じだし、あれで判断しちゃ駄目だろ。
アニメ監督はアニメ作れと思うけど。

191 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/24(土) 08:35:39 ID:3yUjduNp]
いい画は撮るんだから若い頃から撮影監督とかでコツコツやってりゃいい監督になったかもね>大友
アニメ漫画と違ってやっぱ現場での経験が一番ものを言う実写の監督は

238 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/24(土) 18:03:36 ID:bwyrZRHC]
朝一で見ました。
糞。
まさに原作レイプ。
原作ファンは金払って見ないで下さい。

ネタバレすると…
・ギンコがヘタレ化
・ギンコと淡幽はラブコメ。
・ギンコは床闇を知らない。←物語の核
・虹郎が大活躍
・舞台が日本
・ぬいが床闇に取り込まれた後も生きている。
・しかもかなりクズ人間に成り下がっている。両目は無い。
・BGMがまるでホラー。

230 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/24(土) 17:38:38 ID:Z2fDQN6z]
本日、丸の内TOEI2にて初回鑑賞。寂しい客入り。

前作スチーム・ボーイでも、目の描写が印象的だったように、
この蟲師も「目」、そして、常人には見えない存在である蟲といった
素材を当然のごとく確認できて、その作家性は認めるし、
「映画」の見方も知らないバカどもが、"力"を「見ること」の指摘、或いは、
何故、淡幽は文字で蟲の力を封じるのか?の指摘すら出来ずに、
この作品を安易に叩いているのを見ると、断然擁護したい気持ちにも駆られるが、
どうにもこうにも、「映画」になっていないのが残念でならない。

ワールド・アパートメント・ホラーの失敗をまたも繰り返している。

スチーム・ボーイのほうが、よっぽど「映画」的興奮に溢れていた。

243 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/24(土) 18:11:26 ID:hHKjRzUl]
>>230
映画ファンって、こういう周囲を見下した発言が普通なの?

とりあえず、非常に退屈な二時間ちょいでしたよと。眠くなるけど安眠効果は無い。

しっとりと美しい自然風景に、なんでかホラー調の音楽かぶせてるし。
オダギリ棒読みだし、江角は全てにおいて大仰だし。
子役は不気味だし、出す意味がわからん妙な聾者がいるし。
何が起きているのかは把握したが、何を伝えたいのかが皆目わからん。

蟲師が集って会話してるシーンは個人的に好き。唐突だけど。
最近アッチはどうよとか世話になってる後家さんとか、話題が下世話なのも面白い。

248 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/24(土) 18:26:36 ID:ChY4ePq+]
>>243
>子役は不気味だし、
多分、角の生えた子供の事だろうけど、
蒼井優より色気があった。

251 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/24(土) 18:33:51 ID:hHKjRzUl]
>>248
そう、その子。確かに存在感はあったが、あの顔のアップに耐えられなかった…

614 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/26(月) 16:51:45 ID:eAIR1vXu]

77_20111029130222.jpg

柔らかい角の子供なんなんだよあのキモイ化粧はwwww
なんの意味があるんだよ
普通の少年だぞ原作じゃ

627 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/26(月) 18:02:13 ID:GC8gZXE2]
>>614
>何の意味があるんだよ
に吹いたwww確かにwwwww

629 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/26(月) 18:20:08 ID:9RvdVCnI]
>>614
確かにwww
田舎の子なんだから普通の薄化粧にしたらいいのに何故あのビジュアルなんだ。

247 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/24(土) 18:26:32 ID:W2hqwxDq]
原作、アニメ(アートランド)至上主義者としては
改変、説明不足が多すぎだと思った
淡幽とたま、「禁種の蟲」の間にある深い歴史が全く説明されてなかったり
「虚繭」と思しき通信手段が存在するのにそのことについての説明が全くなかったり(出すなら兎澤姉妹も出せよ)
そのくせ改変部分では
「柔らかい角」のラスト、真火と母の深い親子の情が描かれない中途半端な終わり方をしたり
虹朗がやけに出張ってた割には、最大のハイライトである「雨が降る、虹が立つ」と呟きながら夢遊病者のように虹蛇に向かって走ってゆくシーンがばっさりカットされてたり
淡幽がギンコに淡い思いを抱いてるのはいいとして、何故そのような思いを抱いたかの経緯が全く語られていなかったり(原作とアニメにはちゃんとある)
そんな感じなのに大友本人は「原作を忠実に再現し~」とか語ってたり
多分、原作かアニメ見てない人は観てもわからない映画だと思う

まあ色々いいたい事はあるが、ぬいの扱いが酷すぎる
眇の魚は「蟲師」の中でもトップクラスのいい話なのに

あと、蟲師はアメリカ版のタイトルは「Bug Master」というらしい
向うの人らとは死ぬまで分かり合えない気がするな

251 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/24(土) 18:33:51 ID:hHKjRzUl]
>アメリカ版のタイトルは「Bug Master」
怪獣をでかいイグアナにしやがったゴズィラで憤死したのを思い出した。
矢張りメリケン人とは魂の部分で相容れないと再認識したよコンチクショウ。

308 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/24(土) 22:28:21 ID:MhTTX9q6]
見てきた。色んなところで酷評聞いてたせいか、それほど悪くないと思った。
原作に忠実な映像化はアニメ版で充分満足したし。
日本の山奥の自然がいい。近所の公園で撮影したような映画とは違う。
オダギリや蒼井もなかなか頑張っていてよかった。

しかしやっぱりラストは意味不明だなあw
蟲を集めて…さあ、これから一体どうなるんだ!
…え?あれ?終わりかよ!みたいな。
個人的には割と楽しめたけど、原作改変が許せない人には向かないね。
改変の方向性が原作ファン向けじゃないw

淡幽の蟲封じ、原作読んだ時も「大変だなあ」と思ったけど、やっぱりあれ徹夜作業だよなあ。
原作じゃ1行ずつコピペしてたのが、映画では1ページコピペにパワーアップしてたのが救いかw

331 名前:名無シネマ@上映中 [2007/03/25(日) 00:08:22 ID:vWXiqBVD]

14_20111029130223.jpg

最後意味不だが、蒼井優がエロかった

551 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/26(月) 01:54:51 ID:JUWxesd6]
蒼井優は最初髪型とか違うしちょっと淡幽には若いんじゃね?とか思ってたが、
演技の上手さでハマっていたな。雰囲気とか話し方とかおぉ淡幽だwと感心した。
他の人はビジュアルはキャラに似せてたけど全然違うキャラになってたと思う

552 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/26(月) 02:00:25 ID:8RRWcRHx]

41_20111029130223.jpg

オダギリのことは今後「コス・プレ男」と呼んでやる

553 名前:名無シネマ@上映中 [2007/03/26(月) 02:08:29 ID:OMcdinR6]
>>552
あの髪のまま、ついでに鬼太郎もやりゃ良かったのにねw

268 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/24(土) 19:48:04 ID:V5d438tm]
虹朗と別れるまでは何とかついてこれたけど、その後の展開が「?」だった。
あれ理解できる奴っているの?

272 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/24(土) 20:00:07 ID:ChY4ePq+]
>>268
ヌイは、光脈でトコヤミ洗えば両目がなくなってもOKと言うオリジナル
ルール語ってたから…光脈に置いただけかも。

ただ最後にギンコが消えるのは映画的演出なのか、
本当に消滅したのか皆は、どっちだと思う?

光脈に置いて洗えるならギンコが消える理由は無いし、
ただ片目の魚が両目が無くなり消える設定だからしゃれにならない終わり方だし。

どうでも良いオリジナルルールの為にパンフまで買いたくなかったのでわからんが…

273 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/24(土) 20:09:49 ID:V5d438tm]
>>272
解説Thx!
私は映画的演出だと思うけどね。
でもその前の虹朗とのやりとりで「死」を意識させるような感じがあるから、
消滅したという解釈の方が、ハマるような気がしないでもないけど。

その場面に限らず、展開が急ですよね。
画面が変わると、もう話が次に行っててみたいな感じで、
観客を置き去りにするような印象を受ける場面が幾つかあった。

281 名前:名無シネマ@上映中 mailto:age [2007/03/24(土) 20:41:59 ID:vpmZWG1W]

5_20111029132537.jpg

すみません、ラストシーンの意味が分からんのですが
教えてくださいエロイひと。

290 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/24(土) 21:12:24 ID:/s/ouFIu]
>>281
前のスレで、ラストの説明してるレスがあって
なるほどと思ったんだけど、すでに落ちてるな…。

292 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/24(土) 21:19:01 ID:V5d438tm]
>>290
↓このことですかね?確かに素敵な解釈だ。

740 名前:名無シネマ@上映中[sage] 投稿日:2007/03/15(木) 01:36:40 ID:3RXNX4Zz
※ネタバレあり。

>>710
なんとなくだけど、最後にギンコが消えたのは、
昔は蟲師みたいな人がいたけど、今はもういない。
ってことが言いたかったのかな?と思った。
電機がそこまで来てるってわざわざ近代化を匂わせてるし、
完全な闇はもう今の日本にはないから、常闇に拘ったのかな~とか。
原作がはっきりさせてない時代設定を「100年前の日本」にしたのもそこかと。

297 名前:名無シネマ@上映中 mailto:age [2007/03/24(土) 21:37:52 ID:vpmZWG1W]
>>290さん、>>292さんありがと~

337 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/25(日) 00:12:06 ID:lOVMB8Vs]
今観てきた。
映画自体はそんなに悪くなかったと思う。
でも、映画後半が妙なホラーだったのが気になった。
ぬいは原作通り潔く逝かせてやればよかったのんじゃないか?
それに蟲師は淡々とした作品だけどホラーじゃないってことを大友は分かってなくてホラーと勘違いしてるんじゃないかと思った。
てか、淡幽が蟲に侵食されてた時、たまが「この蟲はお嬢様の愛玩物なのだ」とかいってたけど、紙魚のことじゃなかったか?
蟲を愛でてるのは分かるけど禁種の蟲が愛玩物ってお前・・・・。
あと、作者の地元県の錦帯橋の話が出たのは少しニヤリとした。

447 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/25(日) 14:34:20 ID:4fNAOsaR]

14_20111029132536.jpg
41_20111029133657.jpg

今は失われつつある、日本の奥深い自然を記録したヒーリング映(ry

にはなれないんだよな。なんだろうあのホラーモドキ演出 orz
蟲は自然現象であり、断じてオカルトではありません大友監督。

でもロケ班が頑張った甲斐あって、山も川も湿原も美しかった。

448 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/25(日) 14:39:48 ID:ejgBDGur]
ロケ班ががんばったとか、撮影場所がすごいとかいってるやつらって馬鹿?
日本みたいに小規模な国なら少し歩いただけでもあのくらいの自然には遭遇できるわけですけど。
ハリウッドとかBBCの撮影隊のほうが100倍すごいことしてますけど。。。
本当に恥ずかしいやつらだなw

452 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/25(日) 15:28:54 ID:M0Ni41Zx]
>>448
自然が綺麗だったというのは言葉足らずなだけで、蟲師がいそうな
一昔前の日本の美しさをちゃんと映像にしてたということだと思う。
蟲の描き方も含め、映像は贅沢だったよ。

個人的にはホラーっぽい演出もかえって退屈せずに良かった。
1番シラけたのは、ギンコの子役が下手すぎたこと。
日本の映画とかドラマは、子役は適当でいいや、というのが多すぎる。

454 名前:名無シネマ@上映中 [2007/03/25(日) 16:08:08 ID:tNdH+5OY]
一言で言うと ビミョ って感じなんだが、

もう少し美的なものが欲しかったな。
多分、虹蛇とかがそういうシーンの筈だったんだが・・
インパクトが足りなかった。

棚田とか小川とか緑とか、もっと明るい表現をしても良かったと思う。
燦々と降り注ぐ太陽であったりとか。
そして一転、暗く不気味なシーンへ・・てな風に。

随分ロケ地探したんだナーとは思った。
琵琶湖周辺が多かったというのは知らんかった。

オダギリジョー「蟲師」舞台あいさつで"照れ笑い"
http://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/200703/25/ente203981.html

同映画は琵琶湖周辺で撮影され、滋賀・彦根を拠点にしていたため「彦根城近くにある中心地の
食べ物屋は2人で全部行きましたね」と仲良く声を揃えていた。

460 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/25(日) 16:57:43 ID:ejgBDGur]
でも実際、蟲師は実写にしたらこれが限界だろ。ましなほうだと思うが。
娯楽系でもないし、コメディでもないしアクションもない。
元ネタからしてアレなのに実写でどう面白くしろって言うんだよww
CGが満足行くレベルだっただけでも感謝しようぜ
俺はリアルタイムでアニメ見てたけど、
実況民のなかでも「オープニングで寝た」「途中で寝た」とかいうやつが結構多かったぞ。

317 名前:名無シネマ@上映中 [2007/03/24(土) 23:30:41 ID:uDF1Q/U5]
※ネタバレ

さっぱりわからなかったので
アホでゆとりな俺にもわかるように誰か説明してください

・阿吽の時にギンコが阿にわざわざ取り付かれたのは何故?
 んでなんで大丈夫なん?
・常闇書いたとたん淡幽の蟲が暴走したのはなぜ?
・その後ギンコを襲ったのは常闇?それとも淡幽の蟲?
・探幽の血はなぜ黒い?
・ギンコが温泉入ったりしてる内に元気になったけどなぜ?
・子供が投げ捨てられてたけどなぜ?
・ぬいと一緒にいた奴はだれ?
・最後ぬいを蟲まみれにして放置したけどなぜ?
 ぬいはギンコ(の中の銀蟲?)に食われたの?

こーやって書くとほとんどまともに見て無いなw

感想としてはまぁまぁ
ただギンコの告白シーンは雰囲気ぶち壊し

418 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/25(日) 03:46:54 ID:326qUWAR]
今見てきた。原作は読みました。アニメは見てない。
原作をいい感じに忘れかけぐらいなので、まぁまぁ楽しめました。以下、俺の解釈。
>>317
>・阿吽の時にギンコが阿にわざわざ取り付かれたのは何故?
どんな蟲かを調べるため
> んでなんで大丈夫なん?
体に蟲を食べるギンコが入ってるから。
>・常闇書いたとたん淡幽の蟲が暴走したのはなぜ?
蟲を食べる常闇に食べられてしまうとおもったから
>・その後ギンコを襲ったのは常闇?それとも淡幽の蟲?
常闇が淡幽を食べようとして出てきたから淡幽が一斉に逃げ出した。
>・探幽の血はなぜ黒い?
仕様
>・ギンコが温泉入ったりしてる内に元気になったけどなぜ?
光脈をあるくことで常闇が抜けていく。そこに貯まった温泉は光脈の力が貯まってるから。
ギンコ→活性化→ 常闇を捕食(?)
>・子供が投げ捨てられてたけどなぜ?
ガキが手を振りほどいて逃げた描写があったから、ヌイの怒りを買った
>・ぬいと一緒にいた奴はだれ?
しらん。オシ
>・最後ぬいを蟲まみれにして放置したけどなぜ?
小屋でヌイはギンコに捕食された。光ったのはそれが理由。
その後のヌイは常闇自体で、常闇は蟲を食べて生きるから誰も人間が来ない森に放置して、
そこで常闇が生きていけるように蟲を集める酒をまいた。オシは多分理解できてない。
その後、常闇はあの場所で生きていく。
> ぬいはギンコ(の中の銀蟲?)に食われたの?
食われたとおもう。

2人が池で助かった時、ギンコがヌイをシカトしたのは、あの時点で記憶は無くなっていて
ギンコと応えたのは蟲の銀蟲だった。

と言ったところでいかがでしょう。原作を覚えてない無知が書きましたので
皆様の加筆・修正まってます。

482 名前:名無シネマ@上映中 [2007/03/25(日) 19:22:08 ID:Jjsz7c2z]

Darth_Vader_20111029130221.jpg

ぬいの側にいたオッサンは何者なの?

489 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/25(日) 19:47:57 ID:MQ4Xm+zC]
エンドロールのキャストで、
ぬいの夫
ぬいの元夫

とかあったから、ぬいと一緒にいた親父は現夫ってことなんじゃない

492 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/25(日) 20:14:49 ID:YOuGFIml]
ぬいと一緒にいた人は、単に物語に存在感を出す役割だったのでは?
盲目で蟲に憑かれた老婆が一人で生きていけるとは思えんし、
ああ、今までこの男が献身的に尽くして来たんだな。
と思わせるのが役割ではないかと…。

494 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/25(日) 20:26:57 ID:Jjsz7c2z]
>>492
その辺、匂わす程度で良いから見せて欲しかったな。
機嫌悪くしたり、死体(?)引きずったり、いきなり奇声上げたり、
ただの気違いにしか見えなかった。

681 名前:名無シネマ@上映中 [2007/03/27(火) 02:15:35 ID:kNPpuFZq]
今日観てきたけどなかなか興味深い映画だった。
「漫画原作の実写映画版」というとあくまでキャラクターがメインの
チープな活劇路線という先入観があるが、これは硬派というか地味というか
潔いくらい渋い「昔ながらの日本映画」って感じがした。今どきの軽い邦画
とは全然違う。金田一の悪魔の手毬歌みたいなおどろおどろしい雰囲気。
どちらかというとアートシアターでこっそり上映されてるような映画だ。

もののけ姫をそのまま実写にしたような鬱蒼たる霧がかった山間部を映す
オープニングで「ああ、これはそういう映画なんだな」と思った。
これはディズニーランドみたいなファンタジー映画では無い。”闇”を
描こうとするハードコア幻想奇騨だ。まだ前人未到の山々に神々(精霊)が
いたころの日本を映像化しようとすることのみに全力を注いでいる。
ただし問題もある。みんな言う通り「ラスボスを放置プレイ」「主人公消滅」
であっさり終わっちゃうのはいくらなんでも商業映画としてマズイだろ。

でも個人的にはこの映画結構気に入った。映像面や演出面で見るべき点がある。
今の邦画が描かなくなった”闇”がこの映画にはある。そういう点で実写版
のデスノートとは正反対の路線だ。観に行く人はそのつもりで。

686 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/03/27(火) 03:37:34 ID:muf+1Jen]
>>681のまとめ上手いと思った。
原作フィルターないとこういう感想なんだね。

ただ
原作にはおどろおどろしい雰囲気は皆無なんです。
闇はただ恐怖するだけの対象ではないんです。
自然(蟲)は敬うものでも畏怖の対象でもなく、ただそこにあるものなんです。
「古きよき、懐かしい日本の風景」はあんまり押し出してないんです。
だから原作信者の人は強い違和感覚えるんです。

原作(=アニメ版としちゃっていいと思うんだけど)は宮崎駿の示す自然と人間のあり方とは
違う観点を持ったから面白いと思ったんだよね。


関連記事

  1. 2012/06/08(金) 20:36:08|
  2. ま行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<コメディ映画の傑作「ミセス・ダウト」をサスペンス調にリメイクした予告動画が怖い。((;゚ェ゚;)) | ホーム | 【 公開直前 】『ホタルノヒカリ』『幸せへのキセキ』評判まとめ>>

コメント

まあ実写化に期待するのが間違ってことで・・・
それにしてもひどいな。
  1. URL |
  2. 2012/06/08(金) 23:25:11 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2401-6f959738
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。