2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

ルワンダの涙

http://tv10.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1169302037/
14_alikeh_20111026123938.jpg

1 びあれφ ★ 2007/01/22(月) 12:17:23 ID:??? BE:306264645-2BP(3416)
ルワンダの首都・キガリ。イギリス人のジョーは、クリストファー神父の運営する技術学校で
英語教師として働いていた。ツチ族の少女マリーをはじめ、生徒たちと触れ合いながら日々を
送るジョー。しかし彼はBBCのレイチェルから、フツ族がツチ族を虐殺している事を耳にする。
そしてある夜、事態は急変。フツ族の大統領機墜落を機に、フツ族がツチ族の大量虐殺を始めた
のだ。怯えるツチ族の人々は学校へ避難してくるが…。
[ 2007年1月27日公開 ]

キャスト・スタッフ
監督:マイケル・ケイトン=ジョーンズ
出演:ジョン・ハート、ヒュー・ダンシー、ドミニク・ホロウィッツ、ルイス・マホニー
クレア=ホープ・アシティ


2 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 23:08:04 ID:Vskep5sZ
ホテルルワンダは所詮娯楽映画だったかも

7 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 09:23:18 ID:NqCt/Rxk
これは酷い。
もちろん、映画じゃなくて、描かれた事実が。直視できん。
映画のデキはかなり上質のヒューマンドラマ。
でも、そう言ってしまうと軽薄に思えてしまう程にテーマは重く陰鬱だ。
この後にどうなるか確実な状態で見捨てられることになった
ツチ族と、結果として見捨てなくてはならないと苦渋の選択を余
儀なくされた人の気持ちは、どのようなものだったろうか。
考えるのも辛い。

5 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 01:25:12 ID:ykstYpcA

41dQ0l+1QV_20111026123932.jpg

氷の微笑2の監督か

9 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 20:29:38 ID:hT7zPYgg
>>5
うわ、ホントだw
期待しない方が良さげかw

51BVXZqazi_20111026123932.jpg

メインの女の子はトゥモロー・ワールドのキーなんだね。
これがデビュー作でトゥモローが次回作ってことみたいだし、
最初のときから大役やれるって凄い恵まれてるよね。
裏があるのかも知れないけど。

10 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 22:23:05 ID:mpOBOQb3
いや氷の微笑2は忘れていいよ

トモロヲワールドのあとに見ると身につまされるといか、なんと言うか来るものがある

11 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 23:33:07 ID:DtjuyjfB
「トモロー・ワールド」と続けて見ると、

……人間って……人類って…… orz

って感じになりそうだな

14 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:28:45 ID:jr08lc0R
原題、「犬狩り」ってorz。

15 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:39:33 ID:7EUhYp4a
>>14
実際、プロパガンダのラジオ放送では、
ツチ族はゴキブリ呼ばわりだった。

16 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 22:53:28 ID:l8C0I8Cm
>>14
ネタバレってほどでもないけど、リアルに犬だよ
ちなみに右がアメリカでのタイトル

18 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 00:05:54 ID:dNKuX7WA
英→米の英語圏でも、タイトルをつけ直すことがあるのか。知らなかったよ。
一見すると「Beyond~」の方が、深味が感じられるように思えるが、
観た後だと「犬狩り」と単刀直入な命名に英国人ならではの
シニカルなセンスを感じる。
さすがモンティパイソンの国だな。

21 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 12:44:16 ID:bwt+coV7
>>18 原題「Shooting Dogs]の意味はもっと深いんだけど。避難民が立てこも
 った 校庭の周りで次々にツチ族が殺されてゆき、死体が累々と積み上が
 る。する と野犬がやってきて死体を食い散らす。
 それで校庭内で護衛を勤めていた国連軍の指揮官がそれを見かねて、
 犬を殺してもいいか? と神父に聞いてくる。

 しかし、それまで何度も何度も助けを要請したのに、相手が撃ってこなけ
 ればこちらから攻撃は出来ないとつっぱなれてきた経過がある。
 そこで神父がブチ切れる。
 「犬が撃ってきたのか! 撃ってこなければ撃てないのではないのか!!
  犬が撃ってきた時だけ撃てばいいんだ!!」
 もの凄い皮肉をこめた題名だったんですよね。 

24 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 20:56:47 ID:dNKuX7WA
>>21
解説、ドモドモ。
あの場面が由来だったのか。ナール。

12 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 00:03:25 ID:NqCt/Rxk
UNが撤退した後、フツ族が学校に迫って行く時「作戦開始」っ
て言ってね?

アフリカの言葉の発音て、日本語のように聞こえることがあるんだが。

23 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 13:06:00 ID:0Xqbb6Mg
>>12



これの1:17くらい?「では開始」「じゃかしぃ」と聞こえる

34 :名無シネマ@上映中:2007/01/29(月) 00:53:46 ID:zWaT8QyF
>>12>>23で間違いないと思う

40 :名無シネマ@上映中:2007/02/03(土) 01:17:48 ID:FvjfDvcQ
観た
最初は白人視点の似非ヒューマニズム映画に思えて入り込めなかったのだが、
やがて目が離せなくなっていた。そしてあのスタッフロール。
彼らの写真はみな笑顔だったが。。。

41 :名無シネマ@上映中:2007/02/04(日) 14:39:13 ID:qHeBnBtx
そーなんだよなぁ。
凄く悲惨な経験したことが語られているんだが、
みんな凄くいい笑顔なのが、これまたなんとも…。

49 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 14:54:41 ID:agv3WdEE
大筋は知ってたんだけど初見の昨日の夜はもやもやして眠れなかった。
なんだろうね。戦って死ねよ!(女子供はしょうがないが)
銃にはかなわんが、ナタ<弓、槍だろうなんてな。

そうそう「どろろ」がPG-12だったw
(Shooting Dogs(ルワンダの涙)は指定なしってこれ
子供には見せられんだろ)

51 :名無シネマ@上映中:2007/02/14(水) 19:18:46 ID:fORAlEUD
ええ超グロいの?死体なら大丈夫だけど生きてる人の手とか千切れちゃうような?
見た方教えて下さい。
当時NHKでやってたドキュメンタリーからずっと興味ある事なんだけど…。
見たいような怖いような。
ヘタレですいませんorz

52 :名無シネマ@上映中:2007/02/14(水) 21:39:44 ID:RpmzLq8V
>>51
グロくはないよ。是非、みてきて。
虐殺の描写そのものは、控え目だから…

57 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 13:05:59 ID:DXUxWEYG
ラストの方銃だけ置いてってくれと頼むかと思いきや・・・・
虐殺と殺し合いなら殺し合いの方がいいと思ってしまう

58 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 13:16:33 ID:uNsV3Wen
マリーの父ちゃんの「子供たちだけでも…」という頼みが、
子供たちだけでも助けてくれ
ではなくて
子供たちだけでも銃殺してくれ
ってのがつらすぎる…

64 :名無シネマ@上映中:2007/02/26(月) 11:20:05 ID:aTy/lQif
面白かったけど
あれを見たらフツ族は未開の野蛮人としか受け取れないだろうな。
実際は、ツチに迫害された過去はあるんだろうし、
フツの中でも虐殺に荷担したのは、一部だろう。
フツの中でも惨事に心を痛めた人もいただろうし。

映画だから仕方ないのだろうけど事件については
一面的にしか描かれてないとは思う。

67 :名無シネマ@上映中:2007/02/27(火) 12:35:47 ID:dH13l/QV
赤子を抱えた人が犠牲になるシーンにショックを受けたよ。血の気が引いた

68 :名無シネマ@上映中:2007/02/28(水) 13:52:15 ID:ZONW2n2A
あんな虐殺が最近まで行われていたのかと思うとショッキング。

d2002_196_c49ecaa570d000f3d3890e3de86d39d6_20111026123949.jpg

ジョンの友人のフツ族がナタ持ってたときは悲しかったな。
クリストファーは偉大杉。
エンディングの、親戚が何人死んだとか
レイプされてHIVにかかったとかリアルでウルッときた。

関係ないけどツチ族を膣族と言ってしまって恥ずかしかった。

70 :名無シネマ@上映中:2007/02/28(水) 23:30:32 ID:z+9UpN4B
「この台詞をこう訳せるアテクシって英語(or日本語)の達人!」って
臭いがプンプンする字幕で、微妙に不愉快だった。
ちなみになっちではない。

【例1】
BBCのキャスター登場シーン。去り際にジョンに謝罪の一言。
英語:時間を無駄にさせてごめんなさいね。
字幕:ごめんなさい、愚痴なんか言って。

彼女は虐殺を目撃したばかりで大変動揺しており、ジョンにしたのは
その虐殺の話。決して「愚痴」なんかじゃない。
この翻訳家は何をえらそうに「愚痴」であると決めつけたのか?

【例2】
病気になったツチ族の赤ん坊のためにクリストファーが薬を買いに行くシーン。
英語:必要な薬が何か、正確にわかっているんだな?
字幕:市販薬か?

市販薬なのか、ばっちゃが作った煎じ薬なのか、ジョン・ハートの
台詞からは判断できないはず。なんでこの翻訳家は決めつけるのか?

なんか、そういう、「勝手な決めつけ」がいっぱいあった。
騙されないように用心すべき字幕だ。

75 :名無シネマ@上映中:2007/03/02(金) 15:08:13 ID:KicsvvKV
>>70
おれもそれ、思ったよ。70みたいにうまく言えないけどさ。
そのニュース記者の登場シーンで、「What's news?」って台詞をさ、
忘れちゃったけど、「調子どう?」みたいな挨拶に訳してあってさ、
確かにこのフレーズは挨拶で使うから、そう訳した方がスマートだけどさ、
でも、相手はニュース記者だぜ? ここって文字通り、
「なんかニュースない?」って訊きたかったんじゃねえの?
どうも、細かいところが、あちこちでイライラすんだよな、この字幕。
なっちみたいにぎくしゃくしてなくて、滑らかで、たぶんウマイだけにさ。

72 :名無シネマ@上映中:2007/03/01(木) 22:53:46 ID:zB+a5kj+
今日みてきたが、見終わったあとに呆然として動けなかった。
過去レスにもあったが、この映画をみると「ホテルルワンダ」が娯楽作品に
思えてくるね。
「ホテル」はラストでカタルシスあったし、暴力描写も抑えられていたが
「涙」は本当に容赦ない。
ナタでボコボコやる所が何回もあったが、アレはみていてかなりキツイ。

俺はイギリス人青年の選択を責めることはできん。
ほとんどの人間はあの選択をするはず。

心臓の弱い方・精神的に弱っている方・カップルには絶対にお薦めできんです。

傑作です!!!

73 :名無シネマ@上映中:2007/03/02(金) 00:21:15 ID:RLHkHdK1
「ホテル」が残酷なシーンを抑えていたのは「結局は現地の人の痴話喧嘩のエスカレートver.」
にとられないように気遣ってると思う。
「涙」はたしかに容赦ないけど、そこだけを強調しているわけじゃない
流れの中では自然だし、まさに見たくないけど見ちゃうあの感覚がよく出てる

76 :名無シネマ@上映中:2007/03/03(土) 05:30:45 ID:dF+iQfP3
ホテルルワンダよりもこっちの方がエグイつーか、映画の中に出てくる英国人教師同じ目線で見れるよね。
BBCの映画だったからドキュメントタッチというのか、嘘はついてないと思う。
このスレで何度も言われてるけど、比較するとホテルルワンダはエンタメ色が強かったと言わざる得ない

ホテルルワンダはルワンダの状況を説明する為
少し俯瞰でジェノサイドの様子を描いていたのだけれども、この映画は人に寄り添って
登場人物達が見聞きした事象に対してカメラを回してるから局地的な状況しか写らないけど
さすがはBBC製作というべきか、しっかり作られてる。

特に映画冒頭の10分ぐらい。のどかなルワンダの日常を描かれているなかでも
ジェノサイドの準備をしてるフツ族や、フツ族が道路で検問してるのを何気ない描写で写したり
平和に見える裏で、静かに何かが動いてる描写の数々に恐怖を感じた。

英語教師はルワンダの状況を理解しておらず、最初から最後まで
傍観者の位置にいるけど、こっちの方が観客側の目線と一緒だから
(フツ族とツチ族って何?なんで嫌ってるの?ジェノサイド??という風に)
ルワンダのジェノサイドを紹介する時は最初にSHOOTING DOGSを見せた方がいいんじゃないのかな?
ホテルルワンダはあくまで特殊な例として見るべきだと思ったね。

85 :名無シネマ@上映中:2007/03/06(火) 18:24:06 ID:3K3Pk3/s
ホテルルワンダはそもそもキャラクター設定が特殊なんだよね

ホテル支配人は現地の人。フツ族で混乱状況も情勢も心得ている中で
家族や仲間を守るために自分と同じフツ族が行ってるジェノサイドから反逆して
戦う英雄の話。そういう道筋になっている。だから娯楽映画のフォーマットは外してないという思う

SHOOTING DOGSは異邦人の教師が偶然、現地のジェノサイドに巻き込まれる形で
流されるまま、なんとか抗おうとするもの何も出来ないで終る。自分の国に帰る話。
こっちも娯楽映画だけどよりドキュメンタリー性が強いというのか

最後のスタッフクレジットには唖然とするしかなかった。それでも生きてる人の凄みを見たよ

107 :RRD ◆3MranranlY :2007/04/03(火) 23:24:03 ID:WRcnF9qd
つーことで見てきた。言葉にならない。
年齢制限ないの?小学生が見たらトラウマになるぞ。
虐殺シーンもそうだけど、知り合いが虐殺者になっていく姿はさらにえぐい。
画面としては、演出オーバーなあざとさが目につく部分が多い。死体が出るぞ出るぞ~と
思わせていきなり犬が吼えてビックリとか、わざわざ草陰に引きずって行って間を取ってから
鉈を振り下ろすとか。
ただこれだけ濃い味の内容なんだから濃い味の演出であることが決して不自然ではない。
また手持ちカメラの使い方が上手い。トゥモロー・ワールドと続けて見て、この監督のファンになった。
気になる映画監督なんて渡辺文樹以来だ。
この映画では「感情のマヒ」が一つのテーマになっていると思う。
虐げられてきた者は積年の恨みが復讐心として固着して感情をマヒさせる。
軍人は命を懸けて命を奪うという立場上、命令に服従という形式で感情をマヒさせる。
宗教者は愛の存在を信じるために、親はこの苦痛を軽減させるために、少女は恋のために。
ただ1人、感情がマヒしなかったのが主人公の青年だと思う。

108 :名無シネマ@上映中:2007/04/04(水) 01:21:04 ID:8HtNpBip
トゥモロー・ワールドの監督はアルフォンソ・キュアロン、
ルワンダの涙の監督はマイケル・ケイトン・ジョーンズ、
別の人だよ。
たまたま、クレア・ホープ・アシティが出演してるのが
共通してるけど。

109 :名無シネマ@上映中:2007/04/04(水) 01:29:41 ID:mQHPwjER

20071115_inutowatashi_main_20111026123930.jpg

あのどこに向かって走ってるのわらんところがいい

186 :名無シネマ@上映中:2007/11/06(火) 20:47:59 ID:sdQt7MLP
ルワンダ人の彼女が、
キャンパスでのスポーツの練習で使われてる
ホイッスルの音に怯えを隠せないところ
(フツ族の殺戮者達が散々吹き鳴らしてたから)
が痛々しかった

185 :名無シネマ@上映中:2007/11/05(月) 22:32:49 ID:mw/t5d3V
ラストの二人が会うところが凄くきつかった…

116 :名無シネマ@上映中:2007/05/03(木) 04:52:21 ID:thXucpvl
結局、フツ族とツチ族って馬鹿なの?お金で騙される将軍とか・・。教育って大事だね。

117 :名無シネマ@上映中:2007/05/03(木) 10:26:04 ID:CFAsAyhP
そうよ。
お金より教育がまず、アフリカには必要よ。
ルワンダ隣国のコンゴ民主共和国(旧ザイール)は又、内紛が起きてるし。
最悪だ。

118 :名無シネマ@上映中:2007/05/03(木) 10:57:16 ID:2FtfpPer
アフリカ支援とかはもう止めた方がいいよね。自立しねぇ

119 :名無シネマ@上映中:2007/05/03(木) 11:44:03 ID:CFAsAyhP
そうそう。
殆どの国はもう日本の援助を当たり前のように思っていて、中には官僚に吸い上げられてしまって一般民間人にまで浸透してないところすらある。
形を変えた植民地支配のようになりつつもある。(中国のこと)

自立させたくても、有形援助をしすぎて、自立心が育ってないのが現状のところが多い。

94 :名無シネマ@上映中:2007/03/18(日) 15:10:35 ID:xERR8IIp

77219_20111026123931.jpg

神父さん、どこかで見たことあるなぁーって思っていたら『コレリ大尉のマンドリン』に出てたんやねぇ

181 :名無シネマ@上映中:2007/10/16(火) 00:29:00 ID:j2YuRTar
神父さん、ガンダルフの人に似てたなぁ。違う人だけど。
まさか帰国しちゃうの?皆を置いてっちゃうの?とか思わせといて、避難民の中にちょこんと顔が見えた時
かなり泣いた…なんか表情が素晴らしかった。

183 :名無シネマ@上映中:2007/10/26(金) 06:24:43 ID:8oZ3mnyL
神父役のジョン・ハートが「プロポジション」で賞金稼ぎやっててあれま。

131 :名無シネマ@上映中:2007/05/20(日) 19:25:53 ID:SNAkGoE6
見てきた。良い映画なのに空いていた。
みんな蜘蛛男とかに流れてしまうのだろうな…

虐殺のシーンでジーンとしていたら…
館内にイビキが聞こえ、「その神経が信じられん。」

ツチ族の連中、ガクブルしているだけではなく、

殺される位なら「やっぢまえ」とか、
自殺の選択、道連れにする(特攻のような…)はなかったのだろうか。
フツ族の女子供、良識のある連中はどうしていたのだろう?

極限の中の選択というか、違うとは思うけど…
遠藤周作の「沈黙」の神父に姿を重ねてしまった。

134 :名無シネマ@上映中:2007/05/23(水) 08:22:11 ID:I3GQbV0+
>>131
ツチには抵抗するすべが無かったんだろう。
多数派フツは金と権力にものを言わせて虐殺する準備を整えていたからな(ラジオ放送による先導、武器輸入など)。

ユダヤ人もナチスにほとんど抵抗する事が出来なかったし(時間が経ってゲリラ部隊が組織化されていったようだけど、ユダヤ人だけの力では無理だっただろう)。

俺自身、もしツチ族だったら、と考えると逃げるしか思い浮かばないわ。

138 :名無シネマ@上映中:2007/06/27(水) 00:16:13 ID:KxgF9KnH

51jQIr2oWd_20111026123931.jpg

青年、ヘレンミレンのエリザベスに出てた

156 :名無シネマ@上映中:2007/09/27(木) 12:04:40 ID:BT3/wAyN
なんかグイグイと引き込まれる映画だね。主人公達の魅力なのか脚本の良さなのか…
このあいだ見た大作邦画は10分で見るのをやめたけどね…あまりの酷さに驚いて。
これほどじゃないけど、今ビルマでも大変なことが起きてるね。僧侶殺して寺を破壊ってオイオイ…
いつまでたっても人間はこういう事を繰り返すなぁ…
平和な日本でも力士が殴り殺されてるし。

157 :名無シネマ@上映中:2007/09/28(金) 04:06:17 ID:SNT8bDY7
根本的な所は同じかも(ホントか!?)しれないけどスケールが違い過ぎね?力士とルワンダ。

179 :名無シネマ@上映中:2007/10/12(金) 23:12:25 ID:jYBGCIXe
ナタで殺されるのだけは嫌だ!


関連記事

  1. 2011/10/31(月) 01:03:48|
  2. ら行映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<映画のネタバレだけ書いてタイトルを当てられたらハイテンション | ホーム | 【映画】東宝P、映画業界の展望を語る「『モテキ』は寅さんのようにシリーズ化したい。日本が世界と勝負するにはアニメしかない」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2395-cd80073c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

garcinia cambogia extract

2ちゃんねる映画ブログ ルワンダの涙
  1. 2014/04/03(木) 15:36:00 |
  2. garcinia cambogia extract

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。