2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

半分の月がのぼる空

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1255438280/
14_alikeh_20111023041553.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2009/10/13(火) 21:51:20 ID:NNw0suF1
■映画『半分の月がのぼる空』
【公開時期】2010年春

【スタッフ】※敬称略
 原作:橋本紡(電撃文庫『半分の月がのぼる空』)
 監督:深川栄洋
 脚本:西田征史
 主題歌:阿部真央『15の言葉』主題歌:阿部真央『15の言葉』(ポニーキャニオン)
 製作:映画『半分の月がのぼる空』製作委員会

【キャスト】(キャラクター名:俳優名)※敬称略
 戎崎裕一:池松壮亮
 秋庭里香:忽那汐里
 夏目吾郎:大泉洋


映画公式サイト
http://www.hantsuki-movie.com/


60 :名無シネマ@上映中:2010/02/04(木) 23:20:21 ID:lZN9hP7J
試写会見てきた。原作は読んでない。
ヒロインの演技はド下手。何の変哲もない青春恋愛映画で、このまま終わるのかと
思った.
ところが,最後のドンデン返しに驚いた。原作もそうなのか?
裕一と夏目医師と里香の関係って、こうなの?
オバサンたちはみんな泣いていた。

61 :名無シネマ@上映中:2010/02/04(木) 23:34:58 ID:KWewnUb0
>>60
どんでん返しは映画オリジナル
ヒロインの子は監督にいっぱい怒られながら演技指導されたと
日本映画naviって雑誌のインタビューで語ってた

62 :名無シネマ@上映中:2010/02/05(金) 18:17:08 ID:IsR0IMx8

51BVXZqazi_20111023041552.jpg

いっぱい怒って演技指導したけど限界でした By監督

83 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 00:13:00 ID:0ACGaufu
見てきた。
ポッキー全然下手じゃなかったぞ。アレでダメ出ししてたらセガールの娘とかどうなるんやwww
大いなる原作レイプでふいた、ありゃねーわwww

89 :名無シネマ@上映中:2010/02/27(土) 15:39:29 ID:RhyRet/9
セガールの娘よりうまいのか
五十歩百歩だな

94 :名無シネマ@上映中:2010/03/03(水) 20:44:32 ID:QSbYYjzs
試写会見てきた。
原作を知らない人には受けると思う。周りはみんな泣いてた。
原作のファンには賛否両論というか否が圧倒的に多くなるかな。
ここまで改編するなら舞台や人物も変えてオリジナルにすればよかったのに。

140 :名無シネマ@上映中:2010/04/04(日) 19:00:46 ID:vnyl+IZJ
今渋谷で見てきた
まさかああくるとはおもわかった
むしろ原作既読者のほうが楽しめる(泣けるとか感動できるとかじゃないことに注意)

・・・もう一度見たいと思える映画だった(いろいろな意味で)

123 :名無シネマ@上映中:2010/03/27(土) 21:13:39 ID:TBwdwNV/

41dQ0l+1QV_20111023041552.jpg

先行みてきたけど、大泉さんが選ばれた理由がわかった。

124 :名無シネマ@上映中:2010/03/27(土) 22:08:41 ID:l37ADUQ3
大泉が必要ならもう一人女性キャスト必要だっただろって思った・・・
後半部分が前半と繋がらない

295 :名無シネマ@上映中:2010/08/21(土) 16:09:19 ID:G+dt/Y3h
この映画の狙いそのものを否定してしまうけど
結婚して、子供まで生まれてるくだりまで描いてるのがやっぱり気持ち悪い
ヒロインは忽那のままなのに相手が大泉だからなおさら

296 :名無シネマ@上映中:2010/08/22(日) 15:11:29 ID:RkWvIO4n
気持ち悪いとか言われてもなぁ……

297 :名無シネマ@上映中:2010/08/23(月) 18:10:09 ID:XOigOA1j
>>295
ああやって人生を全うしたことが見ていて救いになって、気持ち悪いとは思わないが、
確かに大泉に変わるなら女優側も変えて欲しかったね
まあ、それで浜田マリの台詞で笑える
スタッフも無理があると思ってたんだろうねw

355 :名無シネマ@上映中:2011/02/15(火) 14:58:43 ID:Hs6w8OjO
>>297

51jQIr2oWd_20111023041551.jpg

濱田マリの「ほっぺたムニュムニュ」の後遺症だと考えよう

298 :名無シネマ@上映中:2010/08/23(月) 23:34:23 ID:gzx1Jvtc
せっかく少年時代のやりとりや描き方が映画的に良かったのに
大人になってからの結婚云々ってのはファンの妄想や、観る人の想像の範囲にとどめておいてほしかったな
同じ監督の60歳のラブレターでもセンスや熱意は光るのに最後の描きすぎた演出が気になった
濱田マリは現実に引き戻す係りだね

126 :名無シネマ@上映中:2010/03/28(日) 08:46:53 ID:BIO1TXp6
開始何分で泣けますか?

127 :名無シネマ@上映中:2010/03/28(日) 10:36:23 ID:3ZeFrqZl
自分は泣けなかった。
高校時代に 映画のような話がないから共感できなかったと思う・・・。

144 :名無シネマ@上映中:2010/04/04(日) 21:28:16 ID:F1pMU3UN
これみて泣いてる人どんくらいいるの?

145 :名無シネマ@上映中:2010/04/04(日) 21:36:28 ID:Hgg0Xuwz
2回見たけど、2回とも泣けましたよ。

146 :名無シネマ@上映中:2010/04/04(日) 21:45:26 ID:vnyl+IZJ
>>144
後半は考えるのに忙しくて泣いてる場合じゃなかったりするよね・・・
カラクリに気付くとそっちにばかり目がいっちゃうし・・・

終了直後にニヤニヤしながら唸ってた人が多いのが印象的だった

152 :名無シネマ@上映中:2010/04/05(月) 00:19:46 ID:A9Z/hTTz
今日、レイトショーで観てきた。
客はカップル1組、男4人。
いい映画だったよ。結構周り泣いてたような。

20071115_inutowatashi_main_20111023041549.jpg

池松がすごく良かった。
もう1度観にいきたくなる映画だったよ。
橋本紡は好きだが、原作未読。

157 :名無シネマ@上映中:2010/04/06(火) 20:09:38 ID:zycVtLPX
しかし、何で原作をあんなに大胆に変えたんだろう。
原作ファンに改悪と思われても仕方ないべ。
原作後から読んでも???って思ったよ。

161 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 11:45:52 ID:gmKoPu55
>>157んー、それほどでもないかとは思うんだが。
原作は表現手段としてラノベ的演出を用いているが、それは他媒体で再現は困難で。
ベタに原作追われたら、逆に原作レイプ
本当に怖かったのはテーマの解釈違い。それは無かったように俺は受け取った。
作品世界を作る重要なモチーフのいくつかは取捨選択されてたけど
それで不満を覚えるとしたら、それは純粋に映画としての力量の問題かと。

159 :名無シネマ@上映中:2010/04/07(水) 21:46:56 ID:XJgBQDjH
映画見た
これは見てよかったわ


原作が里香の生きる物語なら
映画は祐一の生きる物語だな

191 :名無シネマ@上映中:2010/04/14(水) 23:22:13 ID:0LcG1YBH
夏目と裕一が殴り合うシーンが無くなったのが残念至極にござる

167 :名無シネマ@上映中:2010/04/10(土) 01:22:39 ID:a3QP6UjA
いやぁ、良かったよ。切ないけれど暗くならない映画として時かけと雰囲気ちょっと似てたが
この手の映画大好きなんで、案の定、ラストはボロ泣きしちまった。

ぶっちゃけソラニンなんかより内容はよく出来てたけど、どうもこの手の作品は埋もれた佳作に
されちゃう邦画界がちょっと残念で悲しい。けど、観客は時かけと違って若い人のほうが圧倒的に
多かったな。ラノベ原作・過去にアニメ化されたことが影響してるのかな?

174 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 15:39:59 ID:OyOP3c+/
観てきた。しっかり泣かせてもらった。

BGM(インスト)がさだまさしをインスパイアしてたな。
「パンプキンパイとシナモンティ」みたいな曲。

188 :名無シネマ@上映中:2010/04/14(水) 00:54:35 ID:ioWvD90T
昨日観てきた。最後の曲で一気に涙腺崩壊した47歳おっさんですた。・゚・(ノД`)・゚・。

329 :名無シネマ@上映中:2010/12/25(土) 01:34:59 ID:Z61NhbnV
主題歌もいいな。映画の内容に合っている気がするが書き下ろしなのかな。

330 :名無シネマ@上映中:2010/12/25(土) 14:17:24 ID:DAwR9KZF
笑顔は永遠じゃない
でもずっと好き
とか良いわ


書き下ろしじゃなかった気がしたけどどうだったかな

331 :名無シネマ@上映中:2010/12/25(土) 16:47:00 ID:2rmFViry
書き下ろしだよ

196 :名無シネマ@上映中:2010/04/16(金) 22:33:17 ID:TsSuVmc+
キネ旬の評価が思ってたより意外と低かった

197 :名無シネマ@上映中:2010/04/17(土) 06:18:16 ID:4wR5Ek0q
ポッキー少女は今までパッとしなかったけどこれが出世作になると良いな
池松は同じ純愛ものなら砂時計のぶっきらぼうな演技の方がはまってたかも
大泉はアフタースクールと映画の作りがなんかかぶる
俺的には里香の母親役の人が一番良い演技してたな

Darth_Vader_20111023041636.jpg

202 :名無シネマ@上映中:2010/04/18(日) 00:54:26 ID:o9Iv1Wtn
>>197
いい演技に同意。ただ、お名前さえ知らない女優さんなので
先入観がない分なのかもしれないとは思ってる。

205 :名無シネマ@上映中:2010/04/20(火) 09:50:15 ID:xvo6PhHg
ラストシーンの演出は、演劇のシーンにひっかけてる?
2週間経ってやっと気がついた…

206 :名無シネマ@上映中:2010/04/20(火) 10:23:39 ID:KM9jnTzc
>>205
ラストシーンは私もずっと納得がいかなかったです。
でも演劇のキスできなかったかわり、これで本当のENDなんだって
わかったら、あのセットのチープさが理解できました。
レビューにもこの部分をわかっていない人がいて、とても残念に思います。

207 :名無シネマ@上映中:2010/04/20(火) 10:30:43 ID:fkypVbhb
あのラストがわからない人って洞察力なさすぎるだろ?
考えなくてもすぐわかったし、大泉の号泣より
あそこが一番の泣かせどころだと俺は思うけどな

209 :名無シネマ@上映中:2010/04/21(水) 03:02:55 ID:duhPN5pk
ラストのあのキスシーンは忽那の初キスシーンか?さすがに大泉とはなかったかw
池松は別の映画で夏帆といろいろとやってたけど

210 :名無シネマ@上映中:2010/04/21(水) 23:03:30 ID:inSVzZa7
やっぱり池松は演技上手いなあ。
でも、彼の演技で泣かされるんだろうと予想しながら観始めたら、実は一番
涙腺止まらなかったのは大泉洋の号泣シーンですた。

211 :名無シネマ@上映中:2010/04/21(水) 23:51:00 ID:sXzxNCZM
今日シネセゾンで見たけど、人入ってないなあ・・・宣伝足りないし上映劇場少なすぎ。
こういう良作は多くの人に見てもらいたいな。

今日2度目だったが、高校生時代の病院が現代の病院に比べ、パソコンや設備がちゃんと
古くなってるのは感心した。

212 :名無シネマ@上映中:2010/04/22(木) 02:11:30 ID:AkFdPypr
自分も二度目を今日観てきた。
さすがに二度目は泣かないだろうと思っていたら、やっぱり泣いた。
りかのオデコあたりのにきび跡がかわいい。はもはもした口調もいいね。
裕一は上手い! こんな子近所にいそう。
大泉はねえ、なまらかっこいいぞ。実はこういうのが真骨頂なのかもしれない。

213 :名無シネマ@上映中:2010/04/22(木) 08:20:13 ID:jtRtGeTo
自分も大泉に何度も泣いた。
でも、必ず池松の姿がだぶるんだ。
池松の演技が、バックボーンになってる気がした。

220 :名無シネマ@上映中:2010/04/23(金) 02:50:02 ID:SBZTN11v
>>213
そうなんだよ、大泉をかっこよく見せるために
若い衆がお膳立てしているような・・・。

edd854f94a0ae1bf06f6fa5b6ab68f18_20111023041635.jpg

それから西岡氏、一瞬だったけどやはり画面がしまるね。
それにしても言うほど年でもなかろうに。

221 :名無シネマ@上映中:2010/04/23(金) 04:54:01 ID:s/++XrI1
>>220 そうなんだよ、心臓外科医としては一番あぶらが乗った時期だよね、昔の方の院長先生。
この映画みたいに30代で心臓外科医の、しかも相当腕がいいなんて‥‥
あるのかね?

222 :名無シネマ@上映中:2010/04/23(金) 23:05:33 ID:SBZTN11v
そもそも医者になったきっかけを思うと、並々ならぬ信念だよな。しかも名医にまでなちゃって。
めっちゃ勉強したんだろうな。宮沢賢治も知らなかったのに。

ところで、医者ってのは難病の自分の身内は自分が治したいと思うもんなんだろうか?
夏目の場合はきっかけがきっかけだからともかく。

234 :名無シネマ@上映中:2010/04/29(木) 10:34:16 ID:FSGmeLRq
>222
自分の身内が手術適応になった場合、伝手を使って、腕の確かな医師に手術
をお願いします。そして、一度治療を任せた場合、その術医および医療チームの方針に
口出しをしない。
自らが家族を治療すると、余計な感情が入り、治療方針がブレる(「もっと何とかなるのでは」
と患者の体力を省みず、過剰に治療を行い、結果的に悪い転帰になったり、医療チームに感情的になり
無理難題を押し付けてしまう・・・とか)。そういうことを防止するという医師の暗黙のルールですね。
あと、執刀医ですが、難しい手術は大体40から50歳のベテランが行うことが普通です。
ただ、「医療崩壊」で外科志望者が少なくなったので、執刀医の高齢化が進んでいます。
でも、こういう話があってもいいじゃないか、という説得力がありますよね。この映画は。

235 :名無シネマ@上映中:2010/04/29(木) 10:45:10 ID:GYDqVBZH
>>234
最後の一行は何が言いたいんだ?
映画の内容が、現実としてはあまりない状況だということを書いてしまったから無理やり褒めた、という感じがするなぁ……。

237 :236:2010/04/29(木) 17:17:26 ID:XvJ9ZBkz
>>235
>>234の肩を持つわけじゃないけど、よく映画やなんかで描かれる
業界にいる自分からすると、大抵の映画やなんかは現実とはやっぱり違うって思うよ。
それでも説得力を持つ物語や設定なら作品として認められるし楽しめる、って
自分はいつも思う。

240 :名無シネマ@上映中:2010/04/30(金) 02:00:53 ID:W2BzvzgX
>>234
ありがとう、222です。もやもやがスッキリした。
逆パターンも疑問だったんだけど(医者なのに身内の手術をなんで自分がやらないんだろ、みたいな)
そういうわけね。
そうなると、返す返すも裕一の信念はすごいね、ということで。

223 :名無シネマ@上映中:2010/04/24(土) 22:30:15 ID:f9A9yEfQ
映画すごいよかったがヒロインが…
もともと彼女の演技を観たことがある人はこの映画で成長ぶりに驚くようだが
自分は初めて見る女優だったが酷すぎて見てるのつらかった
パンフに彼女はドラマを見てキャスティングしたと書いてあったが
そんなに良い芝居をしたドラマあったのか

225 :名無シネマ@上映中:2010/04/25(日) 10:54:59 ID:FPlG/slJ
そう? りか役の子ぜんぜん知らなかったけど、悪くなかったと思うよ。
ロケ地に住んでるので現場に遭遇することもあったけど、
彼女すごく好感度よかった。演技とは関係ないかも知れんが。

ちなみに大泉が院長に病院前のバス停で「なっとしてもあかんもんがあるんじゃ! 」
と怒鳴るシーン。通りに面していたので、すごいギャラリーだった。
ようやく撤収で、人々も帰りかけた時、大泉クン「ありがとうございました! 」と頭を下げた。
さぞかし撮影の邪魔だったろうに。いいやつだよ。

226 :名無シネマ@上映中:2010/04/25(日) 12:38:15 ID:2qkK118e
原作の里香は、イラストも含め
非常にキャラクター的なイメージ形成を駆使して、その可愛さを演出してる分
ハードル高すぎて再現困難な気がする
怱那さんはよくあれだけやったと思う

227 :名無シネマ@上映中:2010/04/25(日) 14:14:35 ID:yjyn1hys
俺も里香役まったく問題なかったけどな
お母さん役の人が演技過剰な気がして気になったが

229 :名無シネマ@上映中:2010/04/25(日) 21:45:28 ID:+ciye6Vd
里香役の子は顔の印象(清楚で不安げ)と喋ったときの声の印象(勝ち気なドS)が
まったくちがってたのがよかった

284 :名無シネマ@上映中:2010/06/25(金) 17:16:45 ID:0WKqyf8/
池松の演技はよかったし時間のカラクリは分かりやすいものの
不覚にも感動させられたが、忽那の滑舌の悪さが全てを台無しにしてた
舌が短いのか?
忽那が喋るたびに気になってストーリーに集中できなかった

285 :名無シネマ@上映中:2010/06/28(月) 19:08:15 ID:STL0Z5s6
帰国子女だから日本語がそんなにうまくない

286 :名無シネマ@上映中:2010/06/30(水) 02:44:17 ID:eL6/90jV
喋り方はもう起用されてる以上あきらめるしかないよな、最近観たドラマでもあんなんだったし
それより本に書き残したメッセージの字が凄い気になった
あの忽那が書いたの丸わかりなぶっとんだ緊張感のない字どうなんだ
もうちょっと真面目に心のこもった字書いても良かったんじゃ

306 :名無シネマ@上映中:2010/09/24(金) 18:46:55 ID:nYUdyGtG
忽那の演技はともかく気になったのが肌の荒れ…メイク担当もっと頑張れよ
あとやっぱり結婚後のエピソードは別キャストのほうが…予算なかったのかねえ

307 :名無シネマ@上映中:2010/09/24(金) 19:52:06 ID:CkrGEj4W
>>306 忽那の顔は監督の意向でノーメイク。女優サンなのにお気の毒にね

309 :名無シネマ@上映中:2010/09/25(土) 00:09:38 ID:YGg5KCkq
>>307
ノーメイクだったのか、アレ

310 :名無シネマ@上映中:2010/09/25(土) 10:41:41 ID:fEboKavV
現実に即していると取れるんじゃないかな。
実際の入院患者は顔色も見られるからファンデなんて塗れないし。

原作里香も化粧してないって描写があったかと。

255 :名無シネマ@上映中:2010/05/16(日) 14:00:17 ID:43Jybsog
今日1000円でみてきた。手作りって感じがする映画だったが、
カラクリが解ってちょっと驚いた。テンパつながりなんだと思った。
結局泣いちゃったな。客は5人だったが、見に行って良かった。
大泉は出番少なかったが、非常に良かった。
演劇でわざと里香が祐一に台詞を言わせる演出は良かった。
欲を言えば「あんまり長くは一緒に居られないよ」「でもそんなに短くも無いよ」って
やりとりがあったら良かったなぁ。

256 :名無シネマ@上映中:2010/05/21(金) 23:33:37 ID:Af0nmQR+
行ってきました。
客は俺と嫁さんの二人だけ…。

終わった後に嫁さんは「こんなの里香じゃない」とプンスカ怒っていましたが、
私は満足でした。どうせ小説の映像化を求めても仕方がないしね。
原作ではなく原案程度に思ってみれば、そこそこ良い映画だと思います。

でも途中で手振れがひどかったなぁ。

257 :名無シネマ@上映中:2010/05/21(金) 23:58:23 ID:R78hsKC/
そういえば手揺れひどかったね
わざとなのかなぁ?とも感じたけど、それにしても気になって仕方なかった

287 :名無シネマ@上映中:2010/07/10(土) 00:42:37 ID:pi7JRCVJ

77219_20111023041550.jpg

夏目の娘、芦田愛菜ちゃんだったんだ。
凄い役続いてるな。まだ6歳なのに。
これもお母さんいないし。他の映画で1回死んでるし。

289 :名無シネマ@上映中:2010/07/11(日) 23:50:55 ID:zwzgd2SY
>>287
えーマジ?
パンフで確認しよう。

334 :名無シネマ@上映中:2011/01/11(火) 20:02:14 ID:jRUhVDko
原作好きだけど、映画は途中で見るの挫折しそうになった。
テーマがガラッと変わった感じ。
恋愛がメインじゃなく、残される人がメインな話なのに、その描写がお粗末すぎる。
佐和さんや山西保とのやり取りが面白いのに・・・。将来に悩む姿が全く見えない。

まあ、セカチュー好きな人には面白いのかも。
夏目の正体についての展開とかも含めて。

356 :名無シネマ@上映中:2011/03/31(木) 21:54:36.62 ID:4AjKoVBm
映画、DVDで見たけど何だコレって感じだった
原作ファンの間で黒歴史って言われてるドラマ版は割と良かったと思ったけど、映画はダメだ
原作レイプってこういう事だろ

原作>ドラマCD>アニメ>ドラマ>映画

357 :名無シネマ@上映中:2011/04/01(金) 00:48:06.75 ID:v0CFxrHC
>>356
おwまったく同意。こんな映画作るならぜんぜん別の名前にしろよって感じ。

あと、ぜったい、テレビ版の石田未来のほうがかわいいw

372 :名無シネマ@上映中:2011/10/19(水) 19:20:16.92 ID:DAWaI8NA
病院を抜け出す時に心臓病の彼女を病院内であんなに走らせて大丈夫なのか?  それと、
心臓外科医の大泉が、また手術をしようと決心するあたりがあっさりしすぎで、どう云う気持ちの変化があったのか?
その辺に疑問が残った。  うぅ~ん60点!  

370 :名無シネマ@上映中:2011/09/12(月) 21:48:39.95 ID:ghj9WVw2
街が見渡せる病院の屋上、秋の穏やかな日差しと吹き渡る風のなかで
入院中の裕一と里香が出会って徐々に心を通わせていくシーンがいい
長い闘病で硬くなっていた里香の表情が裕一と知り合って変わっていったのが印象的
里香を救った癒しの空気感や穏やかな包容力を表現できる少年役に池松壮亮くんはピッタリだと思った
最後は涙が止まらなかった。秋になるとふとまたみたくなる

249 :名無シネマ@上映中:2010/05/04(火) 01:06:27 ID:5Hi3xO9y
今日砲台山(虎尾山)に行って来た。
小さな山だけど、山道をかき分けて歩くと
映画を体感できてよい。
主役二人の絵馬がぶらさがってたよ。
同士もけっこういた、しかも男が多かった。


関連記事

  1. 2012/01/15(日) 19:04:53|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本アカデミー賞・優秀賞発表! 優秀作品賞には「八日目の蝉」など5作品、優秀アニメーション作品賞には映画「けいおん!」も | ホーム | 【映画】ハリウッドでは黒人映画の大作は撮れない ジョージ・ルーカス『Red Trails』は自らの資金で制作>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2381-977984b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。