FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミス・ポター

≪ピーターラビット≫ ミス・ポター/Miss Potter ≪生みの親≫
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1189023804/


1 :名無シネマ@上映中:2007/09/06(木) 05:23:24 ID:ZWpzsph2
ピーターラビットの作者・ビトアリクス・ポターの伝記映画「ミス・ポター」を語るスレです。
9月15日より全国ロードショー。

公式サイト
http://www.excite.co.jp/cinema/miss-potter/

監督:クリス・ヌーナン 脚本:リチャード・モルトビー.Jr.
出演:レニー・ゼルウィガー、ユアン・マクレガー、エミリー・ワトソン
配給:角川映画
協力:英国政府観光庁、ヴァージン アトランティック航空、コピーライツアジア
後援:英国大使館商務部 ノベライゼーション:竹書房


4 :名無シネマ@上映中:2007/09/06(木) 09:38:15 ID:ID/ikBfg
良心的な作品だ。内容も映画も。
ピーターラビットの人気に寄り掛かった安易な作品との先入観があるなら捨てた方がいい。
そんな偏見で見逃すとソンをする。
質感は異なるが観賞後の感じは「世界最速のインデアン」に匹敵。

19 :名無シネマ@上映中:2007/09/11(火) 00:36:28 ID:B/g854np
かなり良かった
レディスデー向きの映画かな、とも思うけど
途中少々泣きましたよ私ゃ

曲も良いし
1時間40分くらいしかなかったな

20 :名無シネマ@上映中:2007/09/11(火) 00:53:28 ID:ZowjsfYp
私も泣いた
実在の人物に配慮してるのか柔らかい描写になってるが
親との確執はもっと深そうだなぁと思った

21 :名無シネマ@上映中:2007/09/11(火) 01:15:50 ID:99+l+v8l
ふーん、中途半端だと思ったけど、人それぞれね

29 :名無シネマ@上映中:2007/09/11(火) 21:01:36 ID:0/3G+U39
見る前はピーターラビットがいっぱい出てくるほのぼの系の
作品かと思いましたが実際見た感じは全然違っていました。
まさにこの映画のコピーどおり
「ピーターラビットの作者ビアトリクス・ポターの
恋と波乱に満ちた半生を描く感動作」っていうのがぴったり。
ポターと相手役の役者さんが良い味出してます。
あと、ちょっとした脇役さんの衣装や部屋の小物まですごく凝っててそこがとても気に入りました。曲も良い。

30 :名無シネマ@上映中:2007/09/11(火) 21:14:45 ID:zPAMGniM
実際の人生はもっと面白いよ、アメリカの出版社に勝手に出すな(#゚Д゚)ゴラァしにいったりしてる

47 :・_・:2007/09/14(金) 23:12:10 ID:4B1pc6T3
>>20

 >>30さんのおっしゃるとおり、実際の人生はすごい。
 学校行かせてもらえず、ほぼ軟禁状態だったような…
(家庭教師をお抱えできるだけの余裕があったため)
最初の婚約者は亡くなったし。

 むか~し「知ってるつもり」でやってた。
その後、湖水地方ブーム?が来て、Nスペとかでやたら放送されてた気がする。
書籍も結構出てたよ。

31 :RRD ◆3MranranlY :2007/09/11(火) 22:38:47 ID:yJ10I4Gs
つーことで試写で観てきた。
ピーターラビットの扱いが良心的だったので一安心。予告編で絵が動いていたので
全面あざとさ満載を覚悟してたんだけど。
演出に手抜きなし、って感じで、当時の習俗なんかも説得力があった。
台詞回しも、勇気を出して出版社周りをはじめる時に「これはアドベンチャーよ」みたいな
地味だけど何かの時に使えそうなものが多かったなー。
ただ映画のストーリーやテーマとしてはどうだろう?秋にありがちな、がんばってる
独身女性のあなたに贈る励ましのプレゼント的な、居心地の悪さを感じた。
こういう表現をしちゃ悪いが、裕福な家の引きこもり女が妄想の昂じた同人誌を描いて
一山当てた金で趣味に生きて男も手に入れた、ってそんな話。
現代の男で言うとエヴァンゲリオンの庵野みたいな存在だわな。
もうちょっとまともな切り口がなかったものかと思う。
あと字幕が戸棚なので「これでやめるので?」みたいのがあった。「せにゃ」はなかったと
思うけど。

34 :名無シネマ@上映中:2007/09/12(水) 13:16:54 ID:UBtDt/b2
>>31
身も蓋も無い言い方だけど、言われてみれば確かにそんな気もしてきた…
>裕福な家の引きこもり女が妄想の昂じた同人誌を描いて 一山当てた金で趣味    に生きて男も手に入れた

でも、ウィンダミアの自然を守っていく為に私財を投げ打ってるし
決して私欲の為だけにアレコレしてた訳じゃ無い所も認めてください。
一番愛した男は手に入らなかったんだし。
エンドロールの歌は涙なくしては聞けないよ…

64 :名無シネマ@上映中:2007/09/15(土) 22:37:31 ID:C1Q9Jkwb
見てきたよ!
一つ一つのシーンは結構綺麗なんだけど、全体としてどこに焦点を当ててるのか分からんかった。
多分恋愛に焦点をあてたいんだろうけど、中途半端な感じ。
大分フィクション入れてるんだから、どうせならもっとばちっと全体を抑えてほしかった。中途半端に実話をなぞった感じ。

でも悪くなかったよ。なんだかんだでそれなりによくできてると思う。

69 :名無シネマ@上映中:2007/09/16(日) 05:16:43 ID:SRBcK3JN
>>4の「「世界最速のインディアン」に匹敵」に期待して観てきた。
良かったけど、いわゆる伝記物(?)としてはチト内容的に弱い感じだから、
彼女や彼女の著作物のファンとかじゃないと微妙かもな。

エミリー・ワトソン、小柄なイメージだったんだがデカくて驚いた。
あんなにデカかったっけ?

72 :名無シネマ@上映中:2007/09/16(日) 09:43:43 ID:EUUc+mUT
>>69
自分も驚いた。レネーと並んでるとデカく見えるね。



73 :名無シネマ@上映中:2007/09/16(日) 10:28:55 ID:rt58RWk+
K・ブランシェットで一度決まって、彼女が出れなくなって
もう一人の候補だったレネーになったんだってね
でも、この役はレネーの方が可愛くて似合ってる

ワトソンはいつも背高いよ 175cmくらいでは
レネーが160cmちょっとって感じだな

マクレガーが歌いだしたところ、泣きそうになった
映画出演時は、可能な限り歌う契約になってるのか?
「スターウォーズ」とか除けば、大半で歌ってる気がする
しかしあまりに美しい声で、涙が出てしまう

74 :名無シネマ@上映中:2007/09/16(日) 10:39:16 ID:EUUc+mUT
ケイト・ブランシェットは売れっ子過ぎて出過ぎでお腹いっぱい。

レネーでよかったと思う。

77 :名無シネマ@上映中:2007/09/16(日) 15:43:12 ID:FEeIa3D9
ダンスに関する二つの曲が良かったね。
キノコ研究の話とか、羊の繁殖の話とか、切り口の多い人生だったようなので、別の観点からも作れそうですね。
これはこれでサラっと見れて満足でした。

89 :名無シネマ@上映中:2007/09/17(月) 04:55:50 ID:v9V4kA40
ユアンとレネーの恋愛を中心に描きたいなら最後の方は蛇足だと思った。

91 :名無シネマ@上映中:2007/09/17(月) 09:12:02 ID:pb7IEFwR
ポターの絵本全般って、絵は素晴らしいんだけど実はストーリーとしては面白くないんだよな。
大人は好き好んで子供に与えるけど、子供は読んでもらっても「もう一回」とは言わない。
長いだけとか、分かりにくい話しも多いし。
この映画と同じだな

120 :名無シネマ@上映中:2007/09/18(火) 16:58:07 ID:4iicMvka
いい作品に水を差して申し訳ないのですが・・・ユアンマクレガーの姉さんがレズっぽく思えた。

121 :名無シネマ@上映中:2007/09/18(火) 20:50:37 ID:3Q37tU22
実際の家庭の不和や、ペットの兎しか友達がおらず、
寂しさを紛らすために絵を書き始めたこと
一番大変だった結婚のことなどが描かれておらず
あら、って感じだったが、まあいい映画だった
主演女優の力かな

122 :名無シネマ@上映中:2007/09/19(水) 00:29:05 ID:av49k/GE
ユアン・マクレガーは役者としてはいいと思うが、あまり男の色気が
感じられないなあ。
その点、後に結婚した弁護士(?)は背が高くてかっこ良かった。



悪人面なのでポターを騙して金ふんだくるかと思ったら、意外にいい人だった。
あの人、ポターが11歳の夏に会った、マンチェスターに法律の勉強しに行くと
言ったおにいちゃんでいいんだよね?

123 :名無シネマ@上映中:2007/09/19(水) 03:24:48 ID:cOUfFDcs
そうです。あのお兄ちゃんです

Lloyd Owenというイギリス生まれの俳優さんでした
ttp://www.imdb.com/name/nm0654197/
TVの仕事が多いみたいで次回作の予告をようつべで発見
"Viva Laughlin"ヒュー・ジャックマンと歌って踊ってました~~

133 :名無シネマ@上映中:2007/09/20(木) 00:14:39 ID:nKeFHih4
2人の兄からミスポターへの弔辞がなんか嘘臭いというか裏があるように見えてしまったのも年のせいかなあ…

137 :名無シネマ@上映中:2007/09/20(木) 02:45:20 ID:nQwK0Azg
>>133
お兄さんたちは秘密の婚約を知らないから、うそ寒い挨拶に。
死に顔も見れないって、悲しみ倍増だろうな。
埋葬には立ちあったとパンフにありましたが。

139 :名無シネマ@上映中:2007/09/20(木) 12:06:46 ID:H7Ac2vXQ
>>133
いや、そういう演出だと思うよ。
兄にとっては、出版社のドル箱作家の位置付けなんだから、
担当編集者が亡くなった事に対して、
自分たちがフォローしますので心配しないで下さいという
ビジネスライクな言葉。
なので、姉が、それを許してあげてねと、フォローする。

141 :名無シネマ@上映中:2007/09/20(木) 13:27:39 ID:n9bnG/Rx
でもゼルウィガーって老けたねあんなシワシワって感じだったっけ?
肌に潤いがなくてカッサカサな感じだったなー。
なんかわざと昔のちと垢抜けないイメージにしたのかな
それならそれで大正解だったけどw

142 :名無シネマ@上映中:2007/09/20(木) 14:08:25 ID:CMgfdFDr
>>141
昔から不細工だよ。BEPのファギーを3発ほど殴った顔

148 :名無シネマ@上映中:2007/09/21(金) 01:34:24 ID:UJluD0a7
みなさんの絶賛の嵐を参考にして、昨日見てきました。
女性に混ざって、泣いていたのは俺だけなのか?
じんわりとした涙でした。
映画の脚本がどうのこうのというより、レネーとユアンと動くピーターと湖水地方の風景とあの歌にやられてしまいました。あとあの駅での別れのシーンもよかった。
癒しを求めたい人にお勧めします。
それにしてもレネーの演技はすばらしい。

150 :名無シネマ@上映中:2007/09/21(金) 21:26:37 ID:EHBCEglt
ドアの影からコントみたいなヒゲ面で現れたユアンに思わずワロてしもうた

151 :名無シネマ@上映中:2007/09/21(金) 22:04:47 ID:2HrgoOR3
>>150
あんたのレスにワロてしもうたw
今後DVD買ってあのシーン見るたびに150を思い出すよwww

156 :名無シネマ@上映中:2007/09/22(土) 03:44:48 ID:z4Q6PQYN
ここでは絶賛されてるけど自分はイマイチだなあ。
盛り上がりもなく、淡々とドキュメンタリーを見せられてる感じ?
ピーターラビットがベストセラーになってるのも、会話に出てくるだけだから
劇中の母親と同じで全然実感がなかった。
女性だと、もうちょっと感情移入しやすいんだろうなあとは思ったんだけど。

158 :名無シネマ@上映中:2007/09/22(土) 16:39:00 ID:S7ZqGHYl
>>156
いや絶賛ってことはない。軽く進行してく話という点でみんなの意見は一致してるし。
その軽さがいいという人もいれば、物足りないと思う人もいる。

自分は物足りなかったほうだけど。

172 :名無シネマ@上映中:2007/09/23(日) 22:05:38 ID:ADz9Z3Op
絵のウサギやアヒルが動くシーンは、一瞬オッと思わせるが何の効果も挙げていないのが無残。



173 :名無シネマ@上映中:2007/09/23(日) 22:26:46 ID:j9dtCsQA
いい映画だった。前半の印刷所で本作りの辺りはワクワク
したし、プロポーズのシーンはとてもピュアで、ノーマン
の震えや緊張が伝わってとても感動した。

179 :名無シネマ@上映中:2007/09/24(月) 22:53:51 ID:Qe6LWLPx
婚約者が死ぬって大きな出来事だけど
「待って置いていかないでーーーー!」みたいな感じじゃなくて
お姉さんの黒い服でそれがわかる、っていうのがよかった。

195 :名無シネマ@上映中:2007/09/27(木) 06:20:16 ID:tivtbKXj
レネーのはにかんだ笑顔がすごく素敵だった

207 :名無シネマ@上映中:2007/09/28(金) 16:26:16 ID:mC+i9/NB
作家の物語としては順風満帆で山ばかり(谷がない)
恋愛物語としては悲恋も描かれてるけど客観的な魅せ方で盛り上がれず。
もうちょっとユアンが亡くなった時の主人公の悲しみに暮れる縁起を見せても良かったと思う。
ハリウッドの感動超大作とまでは言わなくてもねぇ・・・
でもまぁ、主人公と一緒に嬉しくなったり穏やかになれたりするのは主演級2人の演技力の賜物かな。

個人的収穫は、ユアンのお姉さん役の人が「レッドドラゴン」で犯人の恋人役(目が見えない人)やってた人だった事。
あの演技力は凄かったから覚えてた。
それとBBCドラマ「高慢と偏見」のコリンズ役の人がユアンのお兄さん役だった。

217 :名無シネマ@上映中:2007/09/30(日) 15:58:57 ID:E4+NNA4j
>>207
ユアンが亡くなった後、大袈裟に悲しんでなくて良かったと思った。
そんなに悲しそうに見えないけど、
今まで友達だった絵がどんどん逃げて行ってしまうっていう事で、
実は深く悲しんでいるのが想像出来て泣ける。
いかにも観客を泣かせようとしてるのが分かると冷めるなぁ。

226 :名無シネマ@上映中:2007/10/01(月) 01:09:54 ID:M+TYYOwS
>>217
自分の部屋に戻ってオルゴールを見つけるシーンが一番泣けたな…

218 :名無シネマ@上映中:2007/09/30(日) 21:10:58 ID:0XZJZUWq
お茶漬けのような映画。

悪くはないが、オレはカツ丼が食いたいな。

223 :名無シネマ@上映中:2007/09/30(日) 22:11:49 ID:7onDbAgR
ポター自身や作品に対して、第三者の目が少ない映画だと感じた。
仕事に口を出された印刷職人がムッとしたり、
土地開発業者ももっと反発したりしてもおかしくないような。世間知らずの女成金とかいって。
逆に、一般の読者が喜んで本を読むシーンなんかも入れてほしかったな

手堅いのは手堅いよ。さくさくした正統派という感じです。

224 :名無シネマ@上映中:2007/09/30(日) 22:57:25 ID:Uhik8XNl
>仕事に口を出された印刷職人がムッとしたり
あの程度の要望でムッと来たら印刷職人失格だよ。
そのシーンを入れるなら、ポターをもっと自己中心な女性に描く必要がある。

227 :名無シネマ@上映中:2007/10/01(月) 01:34:50 ID:NqaBSloI
少女時代役の子が可愛くて、あれだけで1本作ってくれないかなとか思ってしまった自分を許せない

230 :名無シネマ@上映中:2007/10/01(月) 22:44:01 ID:2f9Nbt/4
おやじさんはマイケル・ケイン? かと思ったら
エンドロールでは違う人っぽい名前が出た。

231 :名無シネマ@上映中:2007/10/01(月) 23:11:41 ID:yJ56QMCt
>230
ビル・パターソン

233 :名無シネマ@上映中:2007/10/02(火) 01:46:39 ID:cVZdnOEV
この映画はレニーが主演じゃなかったら見られたもんじゃないと思う
ほぼ実話だから仕方ないけどかなりストーリーが陳腐

239 :名無シネマ@上映中:2007/10/02(火) 20:54:02 ID:A19jE2Rn
私はレニーでがっくりきた派・・・
この人ほんと作品選びうまいね。
面白そうと思ってもこの人がキャスティングされてるとゲンナリする。
ユアンもいらなかった。
もっと地味なイギリス人で見たかった。

241 :名無シネマ@上映中:2007/10/03(水) 00:18:35 ID:Rtt2H6eu
レネー・ゼルウィガーは俺もあまり好きではない
この人が出てくるとフィルムがビデオに見えてしまうというかそういうイメージ
でも映画は良く出来ていたと思う

242 :名無シネマ@上映中:2007/10/03(水) 00:51:26 ID:7yHQfsJa
本人の方が美人だったりして



ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Young_Beatrix.jpg

243 :名無シネマ@上映中:2007/10/03(水) 01:08:53 ID:Yu0WWFsJ
実際のノーマンは白血病で亡くなり、後から結婚したヒーリスはポターより年下なんだね
もっと詳しい伝記読んでみたくなった

245 :名無シネマ@上映中:2007/10/03(水) 02:57:03 ID:V1cNDNEL
実際のポターは少女期の病気で髪がほとんどなかったんだよな。
映画で描くと孤独だったことに説得力を持つが、痛々しすぎるか。

248 :名無シネマ@上映中:2007/10/03(水) 23:34:21 ID:g8oe6AzD
この作品は好きだなあ。
彼女が描いた本の世界の雰囲気を損なわないように、
かつ、子供が鑑賞しても大丈夫なように話をシンプルにしているし
かといってアニメシーン多用とかして完全にお子様仕様にしている訳でも無い。
良質のファミリー向けの伝記映画に仕上がっていると思った。
変に欲張らずに、初恋の話の中から視界が家族の外に向けていて自立に繋がるエピソードだけ抜き出して
家庭内の話である成人した弟や家庭教師関係者を登場させずにうまく纏めてくれたなあと感心してしまいました。

279 :名無シネマ@上映中:2007/10/08(月) 03:33:50 ID:dRYoi2af
ユアンの照れ臭そうに歌う甘い声にヤラレタ。
目の前で生で歌われたら死ぬわ~。

280 :名無シネマ@上映中:2007/10/08(月) 03:50:14 ID:YI8v9r0U
ムーラン・ルージュの時にニコールも
「ユアンに歌われるたびに恋に落ちてるわ」とかいってた。
ミュージシャンが歌う歌とはまた違う魅力があるんだよね。

317 :名無シネマ@上映中:2007/10/24(水) 20:47:56 ID:BO3MQsbA
今、観て来ました。

姉が同類を失いたくないあまりに
ユアンを殺ったに違いないと思ってしまいました。

死んできます。

318 :名無シネマ@上映中:2007/10/24(水) 23:17:36 ID:u4nVOcXi
>>317
自分もあの姉は絶対怪しいと思った!

321 :名無シネマ@上映中:2007/10/25(木) 23:41:55 ID:hrzF9ztv
エンド・クレジットで「You taught me how to dance]を聞いているうちに、
ピアトリスはきっとそれなりに幸福な結婚をしたんだろうけれど、きっと
一生ウォードの面影を抱きしめて生きていったんだろうなと思ったら、
涙が止まらなかった。

数年前に訪づれた湖水地方の美しい思い出と、HillTop農場で食べた美味しい
ランチも忘れられない。
 
396 :名無シネマ@上映中:2008/02/15(金) 12:12:43 ID:vTrYKq46
とても気に入った作品だったので今、飯田橋のギンレイホールでエディットピアフと
二本立てで上映してるのを知り再び観に行った。
オープニングからあの曲流れて湖水地方での場面…初見のときは曲の持つ
意味がわからなかったけど今回は違う。いきなりグッときた。
部屋でのダンスや駅で別れるところもつらかった。故にその幸せな姿に深く心が動く。
エンドロールで席を立つ人が何人かいて、「あー、まだダメだよー」と教えたかった。
ユアンの歌に対する返歌…本当に素晴らしい作品だ。パンフも売ってたよ。

397 :名無シネマ@上映中:2008/02/15(金) 14:26:29 ID:6z9qD0nY
私もギンレイで見てきましたー。期待以上に良かった!

途中、書店に並ぶ何冊めかの本を見て、乳母のばーちゃんが
喜ぶシーンが有りましたよね。
アレって、ばーちゃんがモデルのキャラだったんでしょか?

398 :名無シネマ@上映中:2008/02/16(土) 21:18:59 ID:Su9d2Nwg
>>397
ミス・ウィギンには特定のモデルはいないらしいよ
当時のお目付け役の女性のイメージの集大成とか

400 :397:2008/02/19(火) 11:21:19 ID:18RMMrW9
なるほど。フィクションなんですね<乳母

てっきり、モデルに書いて貰ったことを喜んでるシーンかと思いこんで、
一人ぷち感動してたよw

399 :名無シネマ@上映中:2008/02/18(月) 00:10:01 ID:UwbUaEf/
自然はすごく綺麗だったけど、全体に散漫な印象。
俳優はよかったが、自分としては、作家としての主人公の苦心や苦悩を見たかった。
でもやっぱりイギリスの確固たる階級社会って怖いな…
ポター家はアッパーミドル、ノーマンはミドルミドルってことかな。
一応資産はあって働いていない末弟だったから、紳士階級ではあっただろうけど。

絵本の中でピーターのお父さんが食べられたことを語ったり、
子ブタに名前をつけない話が出てくるのが、やっぱり日本人の感覚と違うような。


関連記事

  1. 2008/09/06(土) 20:43:41|
  2. ま行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リアル鬼ごっこ | ホーム | TAXi4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/238-0d4cf86d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR