2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

シザーハンズ

http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1060666005/
14_alikeh_20111015124702.jpg

1 名前:名無シネマ@上映中 [03/08/12 14:26 ID:IAScei0n]
<キャスト&スタッフ>
エドワード・シザーハンズ…ジョニー・デップ
キム…ウィノナ・ライダー
ペグ…ダイアン・ウィースト

監督・製作・原案:ティム・バートン
製作:デニーズ・ディ・ノービ
脚本・原案:キャロライン・トンプソン

<ストーリー>
丘の上の広い屋敷に年老いた発明家が住んでいた。彼はたった一人で人造人間エドワードを作っていたが、完成間近に急死。エドワードはハサミの手のまま取り残されてしまった。化粧品のセールスで屋敷を訪れたペグは気の毒に思い彼を家に連れて帰る。エドワードはそこでペグの娘キムに恋してしまうが……。


6 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/08/12 14:32 ID:SwryQ6o9]
家にあるDVDで数日前にも見た!何度観てもイイ!
「I can't...」最高~

7 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/08/12 14:35 ID:IAScei0n]

51BVXZqazi_20111015124701.jpg

ウィノナ・ライダーの金髪姿は綺麗だったね。
最初地毛かと思ってました。

89 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/08/23 22:28 ID:KugIsRgH]
>7
ウィノナってもともと金髪なのを黒に染めているって何かで読んだような…?

90 名前:名無シネマ@上映中 [03/08/23 23:33 ID:LbBoKBat]
>89
嘘。もともと黒髪。

8 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/08/12 14:41 ID:SwryQ6o9]
キムの部屋のセンスがヤダ。ベッド寝心地悪そう。
ベッドから水が噴出すところ最初みたときワラタ
TV出演で感電するとこもワラタ

9 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/08/12 14:51 ID:IAScei0n]
>>8
感電するところは確かに笑ったね。
それはそうとウィノナは胸でかいよね。
体は痩せてるのに…

一番最初のほうでエドワードがお城から
町を見下ろしてる姿は泣けますね。
本当におとぎ話の世界にいるみたいだった。

12 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/08/13 07:06 ID:xZpXb+Cd]
この映画で個人的に泣ける所は

1 オープニングのエドがお城から町を見下ろしてるシーン。
2 エドがハサミを研ぎに行くとき偶然キムが恋人とジャレあってるのを
  哀しそうな目で見ているシーン。
3 発明家のおじいさんにクリスマスプレゼントの人間の手を見て
 エドが嬉しそうにしてるときにおじいさんが急に倒れて死んでしまうシーン。
4 キムの元恋人が窓から落ちて死んだあとの、キムの物凄く悲しんでる顔が
  とても切なかった。そのあとに「さよなら」といい別れのキスをしてるシーン。
5 キムが町のみんなに「彼は死んだわ」といいハサミの手を見せたときの
  みんなの驚いてるシーンと同時に悲しいBGMが流れエドにぞっこんだった
  おばさんがショックを受けて立ちすくんでる所と、その後にキムの
  おばあさん姿が現れて切なそうに胸を押さえてるシーン。
6  ラストのエドが氷の像を作っているシーン。

思い出しただけでも泣けてくる・・・

14 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/08/13 10:18 ID:MZzqxBQq]
12sをマネて自分も個人的感動&切ないシーン

1、ペグが最初城に来たとき「お父さんは?」と聞かれて「眠ってしまった」というシーン
2、警察署から帰ってきた後キムに「君の頼みだから」と言ったあと
  キムが恋人の所へ行ってしまった悔しさで家中をズタボロにするシーン
  (特に鏡の前に立って壁紙をぐちゃぐちゃにするところ)
3、おじいさんがクリスマスプレゼントだよと言って倒れてしまった後おじいさんの顔を切るシーン
4、ラストで街に雪を降らせる(氷の像を作ってる)シーン
5、シーンというか、エドは人造人間だからこのままずっと歳を取らずに
  あの城で一人キムを想いながら暮らすのか、と思うと泣ける

なんていい映画なんだろうか。
いたるところで言葉に言い表せない感動がある。

16 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/08/13 19:35 ID:xZpXb+Cd]
>おじいさんがクリスマスプレゼントだよと言って倒れてしまった後おじいさんの顔を切るシーン

このシーンも泣けるね。エドワードには死の意味がわからなかったんじゃないのかなあ?
あともうひとつ泣けるシーンはペグの家に初めて来たときに嬉しそうに
キムの写真を見つめているときのエドワードの顔と目が凄くいい。
雪の降らない町に彼が来てから雪が降るようになったというところは
いかにもおとぎ話でファンタジーだね。

15 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/08/13 18:14 ID:o2qqtsXt]
ラストでエドワードが作ってる氷の像が美しいものばかりだったこと。
キレちゃった時には木を悪魔の形に刻んじゃったりもしたけど。すぐに
純粋な心を取り戻して、あれから毎年雪を降らせ続けたんだろうなぁ。
お城で独りぼっちなのに誰も恨まずに・・・・・・・・
い、いかん。これだけで涙が出てきた。

13 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/08/13 10:04 ID:pBDHb9U/]
洩れ幼少の頃この映画を観て以来ダークな趣味になってもうた
思えば城好きとかメカ好きとか色白好きとか冬好きとかジョニー好きもこれが原点だ

41dQ0l+1QV_20111015124701.jpg

28 名前:名無シネマ@上映中 [03/08/17 00:10 ID:d43mI4Ux]
中学の時ホームアローン目当てで映画館に行って同時上映(←ナツカシ)だったシザーハンズを
ついでに見た。
そしたらっ奥さんっっ
映画館出る頃にはエドワードの虜になってましたよ。
あの切ない表情に少女心がキューンとね。
(エドワードのおどけた表情、パイレーツ~で久しぶりに見れた気がするですよ。)
それからスクリーンやロードショーとかでジョニーの素顔を見てそのギャップにさらに高熱が・・っ。
おこづかい貯めて18000くらい(確か)で映画のビデオやサントラ買ったのもシザーハンズが初めてでちた。

33 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/08/17 00:32 ID:SCgdR465]
>28
私もエドワードに虜になったよ。
不気味なビジュアルなのに、すごい可愛くて。
「にこっ」って笑うところが、もう抱きつきたくなるくらいにかわいかった。

17 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/08/13 19:41 ID:xZpXb+Cd]
あとエドワードのことを「その男は地獄の燃え盛る炎から生まれた悪魔よ」
といってたおばさんも味があって好きだ。

38 名前:名無シネマ@上映中 [03/08/17 19:51 ID:JLd/2dEj]
この映画は細かく見ると疑問だらけになるんだが
そこはあえて突っ込まないところがこの映画を見るお約束。

しかしあえて言わせてもらえばあの氷はどこから手に入れてきたんだろうかと・・・
まっ、そこは映画なんだから気にしないということでね。

42 名前:名無シネマ@上映中 [03/08/17 23:32 ID:xk4sjJci]
38>
突っ込んじゃダメよw
ところで一人暮らしの間は何処から飯を調達してくるんだろうか
ってかどうやって食っ(ry


やっぱこの映画最高
みなさんと同じくエドの「にこっ」にキュンとなりまつ

49 名前:名無シネマ@上映中 [03/08/18 10:20 ID:vLDJAdl/]
>>42
さらに突っ込むとエドワードは一度も風呂に入ってないから臭いはず。
だからキムがエドワードに抱かれたとき臭かったと思うんだよね。
ああ・・、夢を壊すようなこと書いてゴメンよ・・・
でもこの映画は大好きですと最後にフォローもしておきますw

50 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/08/18 10:45 ID:UiD8oS+J]
>>49
エドワードは人間ではないので発汗もしなければ老廃物も出しません。
若干サビ臭いだけです。

51 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/08/18 10:46 ID:rMZkRuMr]
人造人間は臭いません。

37 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/08/17 18:53 ID:c6oPglMQ]
髪をカットしてもらうオバサーン達恍惚となってたね。わしも切って!

40 名前:名無シネマ@上映中 [03/08/17 20:03 ID:pko5BU8v]
これ何度も見たけどイイねえ
リンチもそうだけど、DVDのワイド画面で見るとまた格別
バートンもこういう映画は二度と撮らないだろうし
ウィノナの若さももうない

39 名前:名無シネマ@上映中 [03/08/17 19:58 ID:d5vY/67q]
何回も見たけど、どこがイイのかサッパリわからない・・・

88 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/08/23 21:08 ID:NYzFcw0f]
ビデオ出たてのころ、妹が「これすっごい面白いから」と言って
借りてきた。
姉、俺、妹の3人で見た。
30分、1時間、1時間半、、、、
たまらず妹に聞いた。
「これから面白くなるのか?」

姉もおなじことを考えていたらしい。

91 名前:名無シネマ@上映中 [03/08/23 23:52 ID:Do4kfr4H]
どちらかといえば
女性受けすると思うが
エドワードって母性本能くすぐるから

18 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/08/14 10:38 ID:17Z6BwMx]
今でも雪が降る季節が来ると彼のことを思い出す・・
ここ数年まともに降雪してないけどな

103 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/08/28 21:53 ID:fevC6wlY]
エドは今も城の中でキムの事を思っています。
(つД`)ウワーン


今でも・・・
(つД`)ウワーン
(つД`)ウワーン

104 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/08/29 00:48 ID:UgiKelBJ]
>>103
言うなよ!!涙出ちまうじゃねーか!!
(つД`)ウワーン

105 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/08/29 01:01 ID:e0R5CgWw]

img_986828_20539229_1_20111015124726.gif

そしてまた、今年も雪が降る…… 

106 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/08/29 02:05 ID:PrxCuKzJ]
(つД`)ウワーン
(つД`)ウワーン

エドやんかわいそすぎるよ!!
これから気が遠くなるような時間を独りで過ごすんだよな…
誰かあの城へ行ってエドやんを幸せにしてやってください。


ああいう締め方も好きだがあんないい子が悪者扱いされるのが
禿しく嫌だ…
せめてハッピーエンドにしてほしかった。
ジムは逝くべき。(あ、逝ったか…)

107 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/08/29 09:14 ID:R1/SDqQp]
>106
監督がハッピーエンドを嫌う人(?)だからねえ…
「ハッピーエンドにはしたくなかった」みたいなこと言ってたよ

108 名前:名無シネマ@上映中 [03/08/29 15:01 ID:vcnI6oTC]
エドワードは若くて美しいままのキムの姿を思いながら毎日を生きてるんだよ。
それは寂しいことでもあるけれどある意味幸せなことだと思うよ。
だってエドワードは人造人間だから歳をとらないでそのままだけど
愛するキムはどんどん歳をとっていってよぼよぼになっていって
いつかエドワードを残して死んでしまうんだからね。
思いでは美しいままのほうがいいこともあると思う。
そしてこの映画の終わり方は何となくタイタニックと通じるものがあるね。
ヒロインがおばあさんになって思い出に酔いしれてるところとか。

85 名前:名無シネマ@上映中 [03/08/23 02:16 ID:cxTq45OS]

d2002_196_c49ecaa570d000f3d3890e3de86d39d6_20111015124727.jpg

ウィノナが老人になったシーン、何度見ても草なぎツヨシに見えるw

87 名前:名無シネマ@上映中 [03/08/23 20:42 ID:xHTWT4Kt]
>>85
えっ、違うの

245 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/09/10 21:29 ID:5HNTnzPU]
他の掲示板でヒロインの女がなんか嫌いという意見があったけど
なんとなくわかる気がするな。
自分も最初見たときちょっと酷いなと思った。
エドワードが警察に捕まっても本当のことをいわないでいるし、
本当にエドが心配なら自分たちがエドをそそのかして泥棒したと
警察にいうべきなのに最後までそのことについて黙ってるしね。
ちょっと自分勝手な女だなと思ったよ。

246 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/09/11 01:23 ID:4m7lVVDo]
正直私もキムにあまり好感持てない。
私がキムに好感持てないのは
・あのヴァカ男の恋人してる時間が長い。
・エドワード=変な人→好き この感情変化があまり伝わらない。
・自分から動かない。エドワードの為に自分から動いたのはラスト辺りだけ。

全体的にエドワードの愛は痛いほど感じるけど、
キムの愛があまり伝わってこないから「二人の悲恋」と思えず、「エドワードの悲恋」と思ってしまう。
でも、キムの写真を見たときのエドワードのあの瞳や、
ラストの切なく目を閉じる表情見てると
気にくわなくてもエドワードが一目惚れしたんじゃしょうがない…と降参気分。

251 名前:名無シネマ@上映中 [03/09/12 21:48 ID:ri8Xuf8B]
>>246
なかなか鋭い。
たしかにエドワードの非恋の要素のほうが強いと思う。
キムはそのあと他の男と結婚して孫までいるわけだから。

141 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/09/01 01:07 ID:ZbdB2e0h]
「I can't・・・」

(つД`)ウワーン

あの住宅地とか住民とか車まで みんなパステルカラーなの。
エドワードだけモノトーンで浮いてるって思った。

145 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/09/01 14:14 ID:ewr57ZU7]
>>141
色は重大なポイント
パステルカラーの世界にエドワード、城(山も)だけがモノクローム
相容れない存在。それと真っ白な雪。色にも意味が込められてるんだよね

114 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/08/30 00:10 ID:8Oe9I+L/]
犬のカットもヘヤーカットも凄く器用で傷つけないのに
自分の顔は傷だらけ。

エドワードはアホですか?

115 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/08/30 00:13 ID:zEm3PT+C]
>114
不器用なのです。
他人のことは上手くできるのに自分のことはできないのです。
そんな彼なのです。

でもアホなエドやんも好きです。

197 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/09/05 19:19 ID:zrldUvfg]

51jQIr2oWd_20111015124700.jpg

エドを連れて帰った奥様優しくて好き。

151 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/09/01 22:01 ID:nxmLdBD8]
美容部員?のお母さんが何の偏見も持たずにいきなり家に招き
服を着させ、エドワードに失礼の無いよう気を使い、
優しくお肌の手入れを楽しげにしてくれるとこが好きだ

ただ、ジョニー・デップ自身としてはこの映画、どうだったのかな?
うろ覚えだけどアメリカでは「もっと作品選べよ」的な扱いだった気が…

156 名前:名無シネマ@上映中 [03/09/02 08:53 ID:kpwzvd4y]
>>151
ジョニデはTVドラマの安っぽいアイドルでいるのにうんざりしていた頃に
この仕事を受けて新境地を開いた感じになったらしいから、
悪く思ってることは無いと思うよ。実際その後もバートンと何度も仕事してるし。

132 名前:名無シネマ@上映中 [03/08/31 22:20 ID:RGoGtnfO]
キムの弟役の子供なんか可愛いよね。
あの家族は暖かみがあってなんか理想的でいいなあ。

134 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/08/31 22:56 ID:Tw+OSKFW]
>>132

20071115_inutowatashi_main_20111015124658.jpg

おやじがトボけ過ぎ。

135 名前:名無シネマ@上映中 [03/08/31 23:06 ID:RGoGtnfO]
>>134
親父さんは平和的な人だからいいんじゃないの。

182 名前:AA発見 mailto:sage [03/09/04 22:58 ID:1SB3xggi]
img_986828_25554795_2_20111015124846.gif

183 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/09/04 23:05 ID:hcU+YJbG]
>>182
(・∀・)イイ!

187 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/09/04 23:50 ID:eeP0lnC5]
>>182
いい!!
感動したよ。

159 名前:名無シネマ@上映中 [03/09/02 12:32 ID:uiD/IXZL]
うえーん
書き込み読んでただけで泣けてきちゃったよ~
もう、何度観たかわからないのに、また観ようかなー。
でも、もう最初のfoxの雪を観るだけで一瞬にしてラストまで
があああーーーっと頭の中をすり抜けて号泣。
観るのに体力を要する。

190 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/09/05 03:10 ID:yTtHOT3A]
小学生低学年のときに、子供用の映画館みたいなところで見た
明らかに小さい子向けじゃなかったのに、なんでだったんだろう…
場面場面、結構鮮やかに思い出せる
あと、博士のシーンで子供心に「おじいちゃん!死ぬなら手を付けてからにして!」って悔しかったのをよく覚えてる
でも今から考えると、例え手が鋏じゃなかったとしても彼は人間じゃないから誰かと一緒にいることは出来ないんだよね
せつないなぁ…
でも子供の頃の記憶の中では悲しい映画だ、とは思ってなかったから、話もちゃんとわかってなかったのかもしれない
明日レンタルショップに行ってきます

191 名前:名無シネマ@上映中 [03/09/05 11:09 ID:qEg1HoM4]
>>190
ちなみに子どもが見た場合、あの色気おババと二人きり
美容室のイスでエドワードが迫られヤラれそうになり逃げ出すエピソードの
印象ってどんなですか?その後は婆に逆恨みされるエドワードだけど、
あのエピソードって余計な気がする…(・A・)プンプン

192 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/09/05 11:33 ID:G+haWQdW]
>>191
平気で押し倒すくらい無警戒だったオバハンも、ちょっとしたことで掌を返すって
とこに人間の身勝手さを表してるんじゃないの?
事実を捻じ曲げて言いふらしてたし。私はあの俗物オバハンの変心ぶりが一番
象徴的に思えた。

193 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/09/05 17:24 ID:Xv8uywSW]
シザーハンズに余計なシーンなどありません。

195 名前:名無シネマ@上映中 [03/09/05 18:29 ID:xtCNZeQP]

77219_20111015124659.jpg

そのおばさんてジョイスでしょ。
「あのハサミの手で脅されてレイプされかけたのよ」
にはホント参った。w

196 名前:名無シネマ@上映中 [03/09/05 18:48 ID:+48GJKUy]
アメリカの専業主婦も暇なんだなーとオモタ

233 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/09/08 20:40 ID:PCcvUELC]
ジョイスがエドにせまるシーンには爆笑
「裏で彼女が裸に」のせりふで父親以外皆固まるのとか超笑っちゃいました

236 名前:名無シネマ@上映中 [03/09/09 01:03 ID:dfjOM9t/]
あんなおばはんに迫られたらエドじゃなくても
みんな固まるわなw

237 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/09/09 23:18 ID:k/ENhXAR]
>>236
俺は全然OKです。タレ具合がなんとも言えません。

238 名前:名無シネマ@上映中 [03/09/10 00:28 ID:5HNTnzPU]
熟女マニアでつか?

195 名前:名無シネマ@上映中 [03/09/05 18:29 ID:xtCNZeQP]
しかしジムが死んだときに警察はエドワードの
死体も確認しなかったんだろうか ?
あとエドワードがキムに「逃げて」といわれた後に逃げずに警察に捕まってたら
やっぱり傷害罪で刑務所にいれられてたんだろうなあ。
少なくとも植木や車のタイヤを破損させたから無罪にはならないだろう。
ジムの家に泥棒した前科もあるわけだし。

202 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [03/09/05 21:07 ID:BViKoMPM]
>>195
警察官は最後に空砲にしたでしょ。彼は全て知っているような
気がします。
ジムの死体検証の後、エドが生きてると知ってても
そっとしておいたんでしょう。
捕まえても、また逃がしていたと思う。

204 名前:名無シネマ@上映中 [03/09/06 00:06 ID:T3IncTow]
>>202
ああ、そうだろうね。
じゃなかったらやっぱり空砲撃って逃がしたりしないもんね。
この映画に出てくる人物は優しい人ばっかりだなあ。シミジミ


関連記事

  1. 2011/12/19(月) 21:16:13|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<現代文の時間生徒に映画みせたら首になっちゃったwww | ホーム | ディズニーの魔法を解いてしまったメキシコのアーティストが海外で話題に>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2350-f26b5d6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

payday loan

2ちゃんねる映画ブログ シザーハンズ
  1. 2014/07/28(月) 22:21:13 |
  2. payday loan

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。