FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

タイヨウのうた

タイヨウのうた
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1143392451/


1 :名無シネマ@上映中:2006/03/27(月) 02:00:51 ID:2MSfbhmM
6月全国上映

原作:坂東賢治「タイヨウのうた」ソニー・マガジンズ
監督:小泉徳宏

キャスト
YUI
塚本高史
麻木久仁子
岸谷五郎

主題歌:「Good-bye days」作詞/作曲・YUI

公式ホームページ
http://www.taiyonouta.jp/


101 :名無シネマ@上映中:2006/05/13(土) 18:38:38 ID:+CeigVjz
試写で観た。書き込むのは初めて。
映画良かった。爽やかで後味のいい良作。自分含め泣いてる人多数。
あの映画観たら、映画よりドラマの方が良くなるとは思えないが。
あれはYUIと塚本と岸谷だから良かったんだと思う。

YUIは素人演技だが役に合ってた。何より歌に説得力あるし、彼女の透明感があってこそ。この映画はYUIの歌があってこそだ。
塚本はそんなYUIをサポートしてる。正直コイツがこんなイイ演技出来る役者とは思わんかった。爽やかで面白いし、演技的には言うことなし。ただ、高校生にしては老け過ぎ。
岸谷は存在感がダントツ。さすがだ。

104 :名無シネマ@上映中:2006/05/13(土) 19:09:46 ID:R9wCxS1T
>>101
そうだなーこれYUIだからの映画だな
YUIの歌と存在感が凄い
どんな演技派の名女優でも、タイヨウのうたのYUIには勝てない気がする

塚本老け過ぎに禿げ胴w
でもまあYUIの相手役として良かった
映画 YUI&山田
ドラマ 沢尻&塚本
とかにならなくって良かった

115 :名無シネマ@上映中:2006/05/14(日) 19:39:23 ID:rxDCg86N
今日見た・・・
非常に好感が持てるいい映画だと素直に思う。
若い監督なのに映画的な野心というものを感じさせないのが物足りないが
若い監督なのに職人的に極めて巧いことに感心した。
序盤の計算されたゆったりしたテンポも心憎い

これ以前には全く知らなかったYUIの主役としてのあり方が実にいい。
勿論それは演出に負う所が大きいと思う。

ところで、私は男だからかもしれないが、塚本高史はこの役に相応しかっただろうか?
好演していたと思うし、積極的に批判するつもりはないけれど、
彼の個性はこの役にあっていたかどうかは大いに疑問。
その一方で、岸谷五朗はいつもの彼特有の臭みを感じさせず役者っぷりに感心させられた

ところで・・・・ラストのクレジットで「つきせぬ想い」の原題が出ていて
おやっと思ったものの、このスレを見る迄リメークだとは知らなかった。
いや、今もどうしてリメークと銘うっているのか不思議で仕方が無い。
だって共通項は女性が難病で死ぬというしかないではないか。
病気だって全く違うし・・・

なぜリメークということになっているのか、詳細を御存知の方、
教えてください
私は公開されたらまた見に行きます

116 :名無シネマ@上映中:2006/05/14(日) 19:50:58 ID:vg4IAEI1
>>115
好演しているのに役に合ってない・・・・・・むむ?

逆に孝治役は誰なら合ってる?
ドラマお山田孝之のが合ってんのかなー。

119 :名無シネマ@上映中:2006/05/15(月) 00:11:35 ID:wQWe8fD7
>>115
>病気だって全く違うし・・・
その通り。昼夜活動できる骨髄がんと、夜しか外に出られない病気では
設定が全然異ならざるを得ないね

178 :名無シネマ@上映中:2006/05/17(水) 23:00:50 ID:2mNhHSNH
試写行って来た。良い映画だった。

あたたかい、爽やかな映画ですね。

意外だったのは演技は期待してなかったYUIが
とても魅力的で可愛い女の子を演じていたこと。

本人がもつ表情と声の可愛さを、周りの腕の良い
俳優さん達が上手く生かしたんでしょうね。

あと、歌はやはり凄い。当然ながらこの映画の
魂ですね。

お客さんは7割くらいが女性だったかな。笑いで
どっとわいたり、すすり泣きが聞こえたり、みな
さん感情を心地よく揺すられたと思う。

193 :名無シネマ@上映中:2006/05/18(木) 12:04:40 ID:MgUchA6D
俺YUIファンで昨日試写会ライブいったけど映画まあよかった。俺あんまり泣くって感情ないから泣けなかった。
でも曲と映画は相性ピッタリだった。
総評は普通だな

194 :名無シネマ@上映中:2006/05/18(木) 14:12:35 ID:YYnAaiuK
そう。曲が何よりいい!

230 :名無シネマ@上映中:2006/05/22(月) 23:41:02 ID:7KobwyF3
もともと監督は「太陽のKomachi Angel」を主題歌としたかったらしい



231 :名無シネマ@上映中:2006/05/23(火) 03:02:03 ID:u6N5C7ys
その方が良かった・・・orz

232 :名無シネマ@上映中:2006/05/23(火) 03:11:18 ID:hhnOJvaN
>>231
いいのかよwww
B'zwww

239 :名無シネマ@上映中:2006/05/23(火) 19:40:29 ID:oJXLttwJ
YUIの演技がひどすぎる。
少ないセリフは棒読みだわ、表情乏しすぎだわ・・・
岸谷五朗と塚本のおかげで、なんとか映画になってはいるけれども。
正直言って、これはYUIのPVだろ。

244 :名無シネマ@上映中:2006/05/23(火) 20:04:44 ID:PGfetrE4
YUIの演技悪くないよ~
中学生日記みたいな不自然さがかえってかわいい
素人使うところはいい演出だとオモw

245 :名無シネマ@上映中:2006/05/23(火) 20:17:33 ID:hhnOJvaN
これは弾き語りが出来て、歌が歌えないとダメだからな
上の条件満たしてるアーなんて山ほどいるけど
YUIがよかったんじゃね?

257 :名無シネマ@上映中:2006/05/25(木) 22:55:53 ID:sIv6iPxy
試写会前日に応募した覚えもないのに試写状が届き、半分バカにして行ったら
会場もガラガラだった。
だけど内容はとーっても良かった。初めて岸谷サンを好きだと思った。
母親の麻木久仁子はミスキャスト。塚本君の顔って全体的に後ろにひっぱられて
ない?
健常者が演じる病気の人っていつも引き気味でみてたけど、この映画はXPを
主張しすぎないからヒロインの行き方に共感できて良かった。シンプルでほんわかで
良い映画をみれてLUCKYでした。

285 :名無シネマ@上映中:2006/06/02(金) 23:58:10 ID:03l+0HG/
ラスト前のシーンの岸谷ゴローの発言がおかしく感じた。
感動させるためだろうが父の発言ではないだろ。
まぁありがちと言えばありがちな映画だがYUIの歌で名作チックだな

287 :名無シネマ@上映中:2006/06/03(土) 01:07:39 ID:3dA6t0wB
>>285
論理的には唐突だよね。

でも、生まれて一度も太陽の光を素の状態で浴びたことのない
娘に、死ぬ前に一度だけでも浴びさせてやりたいとの気持ちと
思うとそうおかしくもないかなとおもた。でもそこで冷静な
本人に、べたとはいえおれはぐっときてしまったよw

292 :名無シネマ@上映中:2006/06/03(土) 17:44:20 ID:0Cob0xR3
>>285
俺は別におかしいとか唐突とか思わなかったわ。
気持ちは非常に良く分かった。

334 :名無シネマ@上映中:2006/06/07(水) 12:00:12 ID:axoUTH1e
岸谷の吐いたセリフで全部台無し
「なんで俺の娘(が病気)なんだよ!
どっかのクソガキでいいじゃねえかよ!」
どっかのクソガキにも親はいる。子供のいる俳優が吐くセリフではない。
人間としての常識を疑う。シナリオ読んでて分からんのか?
今年最も不愉快になった映画でした。

335 :名無シネマ@上映中:2006/06/07(水) 12:14:20 ID:FMADKqUP
>岸谷の吐いたセリフで全部台無し
>「なんで俺の娘(が病気)なんだよ!
>どっかのクソガキでいいじゃねえかよ!」

見ていないけど、このセリフを読んで興味を持った
奇麗事ではない親の本音。
このセリフの中身が良いか悪いかではない、親のエゴが出ている良いセリフだと思う

351 :名無シネマ@上映中:2006/06/09(金) 00:42:55 ID:QkdCcSZ5
監督若いんだなぁ
YUIとか塚本とちょっとしか変わんないじゃん

325 :名無シネマ@上映中:2006/06/06(火) 21:01:39 ID:DpmBUA/Y
生きて生きてイキまくるんだから!!

358 :名無シネマ@上映中:2006/06/09(金) 05:19:20 ID:/q7rGu5a
イキまくるYUI('Д`;)ハァハァ

361 :名無シネマ@上映中:2006/06/09(金) 19:00:57 ID:rG41GDLJ
試写会見てきたけど、まあまあ。歌は良い。YUIのアルバムでも欲しくなった。
惜しい作品、ってとこか。 最近みた中では海猿のほうが2倍は泣けた。
んー、内容でいえば確かに盛り上がりに欠けたかな。

YUIの左手麻痺が発症し、哀しみにくれるところの描写があっさりというか・・・。
アコギを手放さざるを得ない状況に陥って、自分の曲をCDに出すという望みが絶たれたことの表現。
誰もが人生で経験する、希望をうしなったときの切なさをもっと表現してほしかった。
あと補足だが右斜め上方からYUIを見たときの印象が可愛かった。
特徴のない正統派の顔立ちだから歌っているのが本当に似合っていたというか

362 :名無シネマ@上映中:2006/06/09(金) 19:35:00 ID:E+00R4yY
>>361
>誰もが人生で経験する、希望をうしなったときの切なさをもっと表現してほしかった。

YUIの指が麻痺した時、同じ部屋に親友がいたろ。彼女の凍りついた
ような無表情に、この上ない絶望感が現れていたと思うよ。深い
絶望の時に人間は表現豊かに感情を現わすとか限らないよ。

408 :名無シネマ@上映中:2006/06/12(月) 12:29:20 ID:9H0cfFbU
この病気、現実では、しみそばかすだらけになるんだよね
そういうところは棚上げで設定だけおいしく頂いてるのがなんだかなって感じ

410 :名無シネマ@上映中:2006/06/12(月) 12:59:50 ID:ulM9/6hy
ネットの試写会で見た。
ストーリーとしてはかなり陳腐な部類に入るだろうけど、
素直で、綺麗で、直球であるばかりに、作品の品が高いと思う。
ゴシックと明朝で言えば、明朝で仕上られているというか。
今時の邦画で、しかも若い監督にしてはは珍しいんでないかな。
非常に抑制された表現に、監督の意図を感じるよ。
映画のストーリーに伏線やひねりを求めている奴には物足りないだろうが
そればっかりじゃないと思わせるだけの力があると思うよ。
YUIの歌と言う強力なツールに纏められているという言い方も出来るけども。
だからこそ勿体無いと思ったのが主人公の死の描写(ヒマワリ)かな。
そこには具体的な映像が無い方が、俺は良かったような気がする。

412 :名無シネマ@上映中:2006/06/12(月) 13:24:22 ID:Tjl2AHS2
>>410
おれはあの死の描写はちょうど良い具合だと思うな。

最小限の描写としては好きだな。

450 :名無シネマ@上映中:2006/06/13(火) 20:28:53 ID:lDyQKvlh
演奏シーンの、突然バックの人数が増えていくシーンも、
スイングガールズならそういう表現もありかと見れたけど、
今回のはちょっと…。フツー、スリーコードでもない曲を
目配せもせずに飛び入り初セッションで、あんなに
ノリノリに演奏できません。



451 :名無シネマ@上映中:2006/06/13(火) 20:42:44 ID:BrPWUV5w
>>450
まぁ細かい所ツッコんでたらツッコみどころだらけな映画だわ。
そういうの気になる人にはこの映画合わないと思う。
 
460 :Pure-Doggy-Eyes:2006/06/13(火) 23:32:06 ID:poDMnwBY
でっかいエビフライおいしそう!

509 :名無シネマ@上映中:2006/06/15(木) 02:50:07 ID:BW29eO0J
YUIがカワイ過ぎる。こんなの反則だ。

510 :名無シネマ@上映中:2006/06/15(木) 03:23:35 ID:GU3qWe6h
グッバイをオッパイに脳内変換

512 :名無シネマ@上映中:2006/06/15(木) 09:35:33 ID:HQ8iSNo4
>>510
歌が汚れるのでやめてください

661 :名無シネマ@上映中:2006/06/17(土) 20:25:53 ID:N8BDoUAE
泣きのシーンよりも笑いのシーンが結構良かったな。
バス停のシーンで数回笑ったw

663 :名無シネマ@上映中:2006/06/17(土) 20:30:35 ID:XM2wEj2r
>>661
うん。見終わったあとほんのり心が暖かくなるね。
ジェットコースタームービーもいいけど
邦画のこういう映画がしっかりヒットしてほしいね。
100億かけたから面白いとかそういうインフレは勘弁してほしい。
3億でも見て心地よければ断然そっちに金払うよ。

667 :名無シネマ@上映中:2006/06/17(土) 21:35:46 ID:+0JNGzXy
>>661
あと孝治がトイレで手洗わないとこなw

男なら心当たりあるだけになあww

669 :名無シネマ@上映中:2006/06/17(土) 21:57:38 ID:eHvUc120
踏み切りのとこで、ほっぺたをつねられてるYUIの顔が可愛かった(・∀・)



673 :名無シネマ@上映中:2006/06/17(土) 23:04:38 ID:Akdhi1Cn
早いが次スレタイ
【生きて生きて】タイヨウのうた 2曲目【生きまくれ!】
を希望

674 :名無シネマ@上映中:2006/06/17(土) 23:28:09 ID:0txx5Q12
>>673
【生きて生きて】タイヨウのうた 2曲目【生きまくるんだから】

675 :名無シネマ@上映中:2006/06/17(土) 23:29:57 ID:Mnz5GBct
【生きて生きて】タイヨウのうた 2曲目【逝きまくるんだから】

676 :名無シネマ@上映中:2006/06/17(土) 23:39:57 ID:+0JNGzXy
>>675
洒落ならんw

709 :名無シネマ@上映中:2006/06/18(日) 05:50:12 ID:+u3VENMS
試写会を含めて、3回観たが総じていい映画なんだとは、思う。

変に押し付けがましくないし、感動の押し売りをしているわけでもない。
BGMが盛り上がっていくところなんかは定石どうりに感情を載せていこうと
する「意図」が感じられるから、ちょっと鼻に付く(この場合はBGMだから
耳に付く、かな)ところもあるにはあるけども、それは監督が若いながらも
奇をてらった作りを選ばなかっただけで、手垢にまみれた手法で食傷気味
と切って捨てるのは、多分、間違っている。

まあ、奇をてらわなかったからといって、この作品がニュートラルな立場で
作られているのか、というと・・・そうでもないようではあるけど。
小道具のメーカーロゴが比較的大きく映ったりするには、ご愛嬌か。

ともあれ、真面目に作られている作品であることは、疑いの余地は、自分にはないね。

でも、なんとなく深みが感じられないのは作品世界の作り込みが今ひとつ
足りなかったのではないか、と思うのだ。

今でも一番分からないのは薫はいつから孝治を見ていたのか。
薫がレコーディングの決意をして別れてしまうまではどのくらい経っていたのか。

まあ、細かく観ていけば突っ込みどこ結構あるけど、
いい映画だと思うよ。

DVD出たら、買うと思うしね。

710 :名無シネマ@上映中:2006/06/18(日) 06:22:39 ID:03vi+rB5
確かに薫がいかにして孝治への想いを募らせていったのか、
最期のとき薫の人生における孝治はどのような存在として総括したのか、
孝治にとって薫は何だったのか、
などの描写は意図的に省かれてるような印象があるね。

ドラマ版を作るなら掘り下げる要素が沢山あると思った。

712 :名無シネマ@上映中:2006/06/18(日) 08:35:20 ID:82xkm7MU
>>710
まあね…
全然ふれあう前に死んじゃったからね…

まあ、でも世の中にはたった一日でも深く恋に落ちる一目惚れ(?)型人間もいるし
とは脳内補完はしたけど
人によっては激しくひっかかっちゃうからね…
「なんで男の方はまだ数回しか会った事ないのに
しかもいきなり突き飛ばされたりしてんのに
先の短い人にここまでいろいろやってあげるなんてバカじゃない?」
って思う人がたくさんでてきそうだけど
そんなバカ、俺は好きだなぁ

716 :名無シネマ@上映中:2006/06/18(日) 09:50:36 ID:2Gp9Zp1A
>>710
映画をきちんと見た?
回想シーンでかなり前からず~っと孝治を見てきた場面
踏み切りのシーンで想いが一つになった場面あったでしょう

720 :名無シネマ@上映中:2006/06/18(日) 11:08:12 ID:82xkm7MU
>>716
多分実際会ってからの共有する時間が短すぎることを言ってるんだと思われ。

ほら、例えば高校とかで遠目で見てるだけの憧れの先輩に告って、受けてもらったら
やっぱり実際接するようになると今までの世界と感じ方が全然変わって
気持ちの強さも変わっちゃうじゃん。

まぁ、でも家族という狭い鳥籠みたいな環境におかれてた主人公だからこそ
少し接しただけで激しく感情が燃え上がったんだろうとは思うけどね。
ちょっと男のコの方の主人公への気持ちの膨れかたはもっと描写が欲しかった気はするけど…

721 :名無シネマ@上映中:2006/06/18(日) 11:08:43 ID:sowfKVFg
映画は傑作ではないにしても良作
終盤はあっさり終わりすぎに思えた
しかしYUIの歌が良かったしギター1本で
人の心を感動させる事の出来る力の有る
素晴しいミュージシャンだと思った
YUIのライブに行きたい!

758 :名無シネマ@上映中:2006/06/18(日) 19:24:34 ID:dQNtZeAM
マジ泣けるわ。
これって見る年で見方変わるね。
子持ちぐらいの層だとどうしてもゴローさん視点で
防護服脱いじゃえ!っととこはもう何ともいえない気持ちにさせられた。
ある意味安楽死とか尊厳死だよね。

一番のツボは「好きなバナナは食べ物です!」
適度に笑いが混じってて暗くなりすぎないのはイイ。

なにより彼女の歌の力に説得力あるね。
あの歌だけでセリフ以上に心に刺さるものがある。

767 :名無シネマ@上映中:2006/06/18(日) 21:02:29 ID:LpGbvgES
防護服→ヒマワリ  アラヤダナニコノ超音速展開。
この間にもうヒトヒネリ、エピソードが入れば100点満点だった。

娘が風邪ひとつひいただけでも「替わってあげたい」と思う親父のヲデには、岸谷ゴロさん実にいがっだ。

776 :名無シネマ@上映中:2006/06/18(日) 22:37:46 ID:PKFU6S7J
本日観てきましたが、767さんと同意見。
物語の後半は、なんか無理矢理詰め込んだ感じが否めません。
できれば、薫の病気が進行し、死に向かっていく過程での二人のやりとりや、
薫の死後の残された人たちの様子を、もう少し丁寧に描いてくれるともっと良かったような気がする。
死があまりに呆気なすぎだし、ラストは、あっさり皆立ち直っちゃってるし。

825 :名無シネマ@上映中:2006/06/19(月) 12:18:06 ID:MZCSKL/R
ブラット・ピットのデビュー作にソックリなんだよね

827 :名無シネマ@上映中:2006/06/19(月) 12:40:23 ID:jtiMfUL4
また薫と孝治の2人に会いたくなってきた
不思議な映画だな
特にバイクで2人で横浜行くところ好き
初々しいYUIがかわゆい!

830 :名無シネマ@上映中:2006/06/19(月) 13:00:18 ID:fPROOaEi
>>827
帰りのバイクのほうが良くね?
甘酢っぱすぎて最高!

933 :名無シネマ@上映中:2006/06/20(火) 00:26:04 ID:kl2RXXOD
見終わったあとに「彼氏はいません!」のシーンを思い浮かべたら涙が…

938 :名無シネマ@上映中:2006/06/20(火) 00:33:46 ID:SuSmOTLU
>>933
そこかよw
わたしは断然ゴローの「脱いじゃえ」

946 :名無シネマ@上映中:2006/06/20(火) 00:41:16 ID:Alamv5jJ
>>938
おれは、薫が防護服着て彼氏のほっぺ引っ張ったとこだなあ。

948 :名無シネマ@上映中:2006/06/20(火) 00:47:24 ID:fTf2h02f
私は、薫の部屋に孝治が初めて来て、
二人で窓を見ながら話しているところが、
とっても切なくて、涙がじわっと出た。

949 :名無シネマ@上映中:2006/06/20(火) 00:48:25 ID:aRFwWAud
砂浜の防護服のところは、結婚式なんだよね~。わかる?



950 :名無シネマ@上映中:2006/06/20(火) 00:49:42 ID:HedN2wZB
>>949
鋭い読みだな
また感動したw

951 :名無シネマ@上映中:2006/06/20(火) 00:51:58 ID:SuSmOTLU
>>949
ほほう。そう来たか。
砂浜で遊ぶ家族の絵が狡いよな。
なんて楽しそうに遊んでんだ(泣

953 :名無シネマ@上映中:2006/06/20(火) 00:53:00 ID:aRFwWAud
もひとつ、
レコーディングするとこ、赤いランプがつくじゃない?
あれ、手術中。

954 :名無シネマ@上映中:2006/06/20(火) 00:56:36 ID:HedN2wZB
>>953
もう手の施しようも無いと思うが・・・

957 :名無シネマ@上映中:2006/06/20(火) 01:12:01 ID:SuSmOTLU
>>953
出産だろ。いやマジで。

959 :名無シネマ@上映中:2006/06/20(火) 01:18:13 ID:aRFwWAud
薫にとっては病気に立ち向かって生きた証が
レコーディングされた歌だったんじゃないかな。
病気に対して、生きる希望を力をふりしぼってぶつけてる。
そんな意味でレコーディングは手術に似ていたなと思った。

940 :名無シネマ@上映中:2006/06/20(火) 00:36:02 ID:7S8MLj/y
オーグッパイデーーーーーーーーーーーーーーー


関連記事

  1. 2008/09/12(金) 11:43:19|
  2. た行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シュレック3 | ホーム | 幸せのちから>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/233-536cda48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR