FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

オトシモノ

【沢尻エリカ】 オトシモノ 【小栗旬】
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1151234551/


3 :名無シネマ@上映中:2006/06/25(日) 20:43:17 ID:FIinfQoe
9月30日より全国ロードショー

製作:オトシモノフィルムパートナーズ
監督・脚本:古澤健
共同脚本:田中江里夏
配給:松竹

CAST:沢尻エリカ、若槻千夏、小栗旬、杉本彩、板尾創路、浅田美代子、他

公式サイト     http://www.otoshimono.jp/
予告編動画はこちらでhttp://www.shochikufilms.com/film/detail.php?product_code=465
めざましテレビ芸能ニュース http://www.youtube.com/watch?v=cCpVzItiTJE


117 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 22:16:15 ID:dWBGWXPt
東劇行ってきた。
なんだかいろんなJホラーの絞りカスみたいな映画だった・・・。
あと人物全員化け物顔に映ってて、役者の撮り方最悪。

141 :名無シネマ@上映中:2006/09/22(金) 07:48:12 ID:VHir7Yr0
沢尻と若槻の友情は悪くないけど、
杉本彩とか板尾創路とか意味ありげな脇キャラが中途半端。
どうせゾンビ(?)を出すのなら、もっと暴れさせてほしかった。

157 :名無シネマ@上映中:2006/09/25(月) 11:50:53 ID:XJ0uyhKE
観たよ。なんかバランスの悪い作品だなあ。冒頭5分はいい感じがしたんだけど。
今が旬な沢尻エリカが主演のために色々注文つけられた感が漂ってる。「友情」の
入れ方がいかにもでうざい。若槻千夏の踏み切りとか構内で引っ張られるシーンに
黒沢清の影響を感じた。怖くはないけど気持ち悪さは出てるな。まあ嫌いではない。

163 :名無シネマ@上映中:2006/09/27(水) 23:58:28 ID:fgkaabnr
沢尻の出演作品では最低の出来だな
せっかく今、調子いいのに、
こんな駄作に出演して大丈夫なの?

171 :名無シネマ@上映中:2006/09/29(金) 22:08:45 ID:6anbD+dm
今日、試写会行ってきた
ターゲットを女子中高生向けに絞って作っている
ホラー&友情映画だが、何れも軽い
ホラー部分はお化け屋敷的な怖さであり、ストーリー的怖さは皆無
ホラーファンではなく一般女子中高生を対象にした映画だ

173 :名無シネマ@上映中:2006/09/29(金) 23:59:57 ID:6anbD+dm
終盤は妖怪大戦争
沢尻さんは神木君状態だ

小栗君は全く活躍していない

177 :名無シネマ@上映中:2006/09/30(土) 00:52:50 ID:EmbFT4hG
制作費が5億円も掛かっているとは到底思えない
上映時間は1時間30分、内容は渋谷怪談と同程度だ
思いがけず沢尻さんがブレイクしたので制作費、内容ともに大袈裟に発表しているのだろう

180 :名無シネマ@上映中:2006/09/30(土) 01:17:56 ID:ydKaIii8
>>177

>制作費が5億円も掛かっているとは到底思えない
作品みてないからアレだけど絶対嘘でしょ。
松竹がこの程度の規模の作品にそんな金かけること自体ありえないもん。
公開規模考えたらハナからそれじゃ赤字だし。

182 :名無シネマ@上映中:2006/09/30(土) 02:37:59 ID:IEsDyrfE
>>180
 プリント代、宣伝費ふくめて5億じゃないの?映画は正味2億弱で

189 :名無シネマ@上映中:2006/09/30(土) 17:09:58 ID:oT/uzI7e
私が一番怖いと思ったのは「杉本彩」あなたです。



190 :名無シネマ@上映中:2006/09/30(土) 17:51:27 ID:cGRSMUz7
確かに杉本彩怖かった イイ感じだったー
生はめっちゃ綺麗な人だったけど
客に絶叫野郎いたよね?

199 :名無シネマ@上映中:2006/09/30(土) 23:02:53 ID:JKbVHzch
今観おわりました・・・・
面白かったのですが僕の頭が悪いせいかいまいち理解できないことがいくつかあります
あのブレスレットは結局誰の持ち物だったのでしょうか?
また何故あのブレスレットを身につけると線路に引きずりこまれてしまうのかが分かりません
八重子は子供を探していて落とし物を拾った人を線路に引きずりこんでいたのは分かるのですか、
八重子を線路に引きずりこんだ張本人が誰であるのか明かされていない気がします・・・・

204 :名無シネマ@上映中:2006/10/01(日) 00:15:24 ID:QHj66opu
安っぽい友情ととってつけたような親子愛にもあきれたが、
設定がわかりにくいのが最低だな。

定期券の元の持ち主が臨月間近の妊婦というのが
そもそも不自然。
仕事してる人っぽく見えなかったし。

あと、線路を迂回させたのはなんで?
あの穴倉のある山(?)を避けた理由がわからなかった。
死体がイパーイだから、じゃなくて元々なにか理由があるから
死体がイパーイになったんじゃないの?

205 :名無シネマ@上映中:2006/10/01(日) 00:19:52 ID:qYidE3GO
オトシモノ見てきました。
未解決のまま終わったような感もあるので、続編あるかも・・・
リングも着信アリも続編あった事だし。

210 :名無シネマ@上映中:2006/10/01(日) 01:59:51 ID:XsYSjfCJ
微妙なミステリ要素は入れてもいいけどスッキリ解決させてほしいな
最近ホラー映画のくせに変な設定入れて説明もしないで投げっぱなしジャーマンな映画多い気がする

216 :名無シネマ@上映中:2006/10/01(日) 04:50:49 ID:bgs5DhL4
あの変な像はなんだったんだ?。
なんかアステカとかあっち系な形してたみたいだったけど、
なんか日本ぽくないな。

220 :名無シネマ@上映中:2006/10/01(日) 09:49:08 ID:r64ccbWw
昨日行ってきた。ホラーとしては金返せレベル。
途中までは( ´_ゝ`)フーンですんでたのに
最後の変な像でB級アドベンチャー臭が漂い、
わらわらと涌いて出た化け物を列車でぷちぷち轢くシーンで大爆笑。

「オトシモノ」ってタイトルから、
日常で起こりうる恐怖みたいなものを期待してたのに
最後の妙な大風呂敷でどうしようもないクソ映画になった。
防空壕とかのほうがまだいいんじゃなかったか…

221 :名無シネマ@上映中:2006/10/01(日) 09:53:21 ID:7UIGHHrC
ちゃんとオチテナイ映画

222 :名無シネマ@上映中:2006/10/01(日) 12:18:35 ID:k2ubKHqd
オトシトケ

233 :パーカッション命:2006/10/01(日) 17:03:12 ID:NOQNn/Pt
怖かったのって沢尻がベランダに出たときに人が落ちてきた所かな。

236 :名無シネマ@上映中:2006/10/01(日) 19:49:14 ID:xdAQjsIE
俺が一番怖かったのは本編じゃなく、予告で流れた「ファイナル・デッドコースター」でした。

でも、隣の女の子は上映中ずっと「こわいこわいこわい」を連発し、
終わった直後、「もう1回見たい」と言ってました。感じ方は人それぞれ。

245 :名無シネマ@上映中:2006/10/01(日) 22:34:31 ID:9Yivf3G4
北総線でロケしたらしくホームに居て画を思い出すとリアルに怖い。

247 :名無シネマ@上映中:2006/10/01(日) 23:54:04 ID:QP5woB56
この映画の疑問点
1.冒頭、沢尻エリカが遠くのほうを見つめながら「範子。」とつぶやいてたのは何だったのか?
2.なぜ?オトシモノを拾ったのに範子だけ死ななかったのか?
3.オトシモノを拾わせて、殺す理由がわからない?

251 :名無シネマ@上映中:2006/10/02(月) 00:38:35 ID:vSl1a/4C
観てきましたよ
観てきましたよ

八重子の立ち姿が美しかった
微妙にヒラヒラな衣装が実に良く似合っておる
既に使い古された感のある貞子系ゾンビも集団になればまた違った趣があるのだな

262 :名無シネマ@上映中:2006/10/02(月) 19:19:48 ID:hQoYblqB
杉本彩登場してからギャグっぽく見えてしまった
なんか全体的に演技がエロスすぎるんだよなー
肝心の内容だけど、呪いの発端はなんだったんだ?
八重子の子供(杉本彩)は誰が育てたんだ?
沢尻の妹はなぜ助かったの?疑問だけが残った

263 :名無シネマ@上映中:2006/10/02(月) 19:29:53 ID:XQcGtDmE
設定があいまいだったよね
写真に変な染みができるとすでに死んでいるのか単に死の標的になっただけなのか
返してしか言えない八重子は拾った者全員に死の宣告を告げたのか
死ぬのは拾った奴だけなのか(板尾の死の理由は?)

264 :名無シネマ@上映中:2006/10/02(月) 19:44:51 ID:4sBsctid
若槻の尻やっぱいいな 板尾のシーンは爆笑

265 :名無シネマ@上映中:2006/10/02(月) 19:47:33 ID:hQoYblqB
若槻は演技よりも肌の汚さが目立ってた

266 :名無シネマ@上映中:2006/10/02(月) 19:56:52 ID:Zv1uH5Y+
エリカの妹は母親への愛情が強いから助かったのかもしれない
公式サイトによると家族愛もテーマの一つのこと

267 :名無シネマ@上映中:2006/10/02(月) 20:00:07 ID:hQoYblqB
じゃあなぜ八重子は娘の息子を殺したのだ

268 :名無シネマ@上映中:2006/10/02(月) 20:02:53 ID:XQcGtDmE
たぶんあの洞窟に長くいるとゾンビ化するという設定なんだろ
ブレスレットの拾ったやつは事故死して
定期を拾ったやつはゾンビ化するって感じかな

277 :名無シネマ@上映中:2006/10/03(火) 00:17:26 ID:eBRfCagP
結局このテの映画はどこまでいってもリングの二番煎じなんだよなぁ
展開や結末まで読めちゃうから中盤以降なんて沢尻のオパーイくらいしか
楽しめるものがなかったぞぉぃ

ところどころの効果音もリングと全く同じの使ってなかった?

278 :名無シネマ@上映中:2006/10/03(火) 09:41:25 ID:dMn5m0L1
まあ制作開始した頃はまだJホラーの流れがまだあったんだろう<リング、呪怨の二番煎じ
にしても、そこに入れてきた友情や親子の絆の話があまりに処理されていないので下手糞な映画になってしまった。
古澤は映画美学校で清水崇の同期だが、柳の下に泥鰌は二匹いなかったと言うことだろうな。
清水に対抗するなら何か別なジャンルでやればいいのに

287 :名無シネマ@上映中:2006/10/03(火) 14:10:42 ID:rvWDOWVk
元電車運転手はなんでトンネルを爆破したの?

288 :名無シネマ@上映中:2006/10/03(火) 14:24:46 ID:dXqNRZhi
ゾンビのトンネルを崩落させて封印する為だね

289 :名無シネマ@上映中:2006/10/03(火) 14:33:20 ID:Gu8Thc7+
あんなに行方不明者がいて警察は何をやってたんだろうと

290 :名無シネマ@上映中:2006/10/03(火) 16:51:41 ID:dXqNRZhi
事件性が認められない為に大々的な捜査が出来なかったんだね

291 :名無シネマ@上映中:2006/10/03(火) 16:54:45 ID:bTp0Ro75
ホラー系って警察が動かないよねw

292 :名無シネマ@上映中:2006/10/03(火) 17:54:58 ID:NKUhwzYf
設定が適当で伏線も回収できてない、眠たくなる映画だった。
前にも出てるけど、リング~とかの二番煎じ以下、
ホラーで公開してるなら、最後のシーンで沢尻が線路に引きずり込まれるべきだと思た。

でも、沢尻の谷間チラがよかった。

341 :名無シネマ@上映中:2006/10/05(木) 12:33:59 ID:U7g6z7KQ
どうしよう、板尾はみたいけど内容がなー…
見た人に質問、板尾はどんな感じだった?

342 :名無シネマ@上映中:2006/10/05(木) 12:43:23 ID:u5K/4kWm
>>341
板尾は板尾な演技だ

397 :名無シネマ@上映中:2006/10/07(土) 09:25:20 ID:uuIh3ubw
板尾はどっから血だしたんだ…つか、なんで死んだんだよ

407 :名無シネマ@上映中:2006/10/07(土) 18:35:06 ID:aVoUHPQA
>>397
原作ではカミソリで手首切ってたような

414 :名無シネマ@上映中:2006/10/08(日) 01:11:25 ID:DGVbM/7x
沢尻エリカの、尻という字を見るだけで燃えてしまいます。
その次の
エリカでもう爆発


417 :名無シネマ@上映中:2006/10/08(日) 22:31:05 ID:7tqlTiAk
どっちが幽霊なのか解らなかったよ>杉本

418 :名無シネマ@上映中:2006/10/09(月) 00:27:34 ID:I53vTZuU
一部のシーンではそれを狙ってもいるんだろうがな・・・

449 :名無シネマ@上映中:2006/10/11(水) 01:35:55 ID:A2OoEefo
洞窟のシーンはあれだけど、それ以外は標準的な和製ホラー
だと思う。疲れてたせいもあるが、頭をカラッポにして楽し
めた。
今はよく知らないが、昔の地下鉄の駅って、照明暗くて、
汚くて不気味だった。
昭和の頃を思い出す映画だ。

450 :名無シネマ@上映中:2006/10/11(水) 02:03:03 ID:6piJM9ld
>>449
いや、全然そんなことない
設定も脚本も演出も間違いなく「楽しめる」レベルではない

451 :名無シネマ@上映中:2006/10/11(水) 02:52:15 ID:4ctGq/o3
観てきますた。
八重子があぼんしたのって30年くらい前だよね?
沢尻の周辺だけであれだけ死んでたら、あの辺りで相当数の行方不明者が
いていいはず。事故も一カ所に集中してたら普通対策取るよね?

結局最後はなんだったの?メガテンにあの像みたいなのいるけど。
邪教徒の呪いかなんか?

458 :名無シネマ@上映中:2006/10/11(水) 17:15:46 ID:EQFMQ3oc
ちょっと監督のフォローをすると
この映画、撮影終わってから松竹の方で方針変えたんだよ。
ホラーより沢尻と若槻の友情中心の映画に変えろと。
Jホラーはジリ貧なので、感動系の話を中心に据えないと売れない。と言うのがその理由。
古澤としても不本意だったが、結局松竹の方針は翻らず
オールラッシュ段階で女子高校生のモニター試写をやって、そこでの意見を中心に
編集の直しを要求された。
黒沢組のスタッフが参加していたので、古澤も含めてその方針には一斉に反対したがそれらのスタッフは結局途中で切られ
古澤としても今後のこともあるので、最終的に松竹の方針に従わざるを得ず、結果非常に中途半端な映画が出来てしまった。
だから公開時期が延びたんだよ。

460 :名無シネマ@上映中:2006/10/11(水) 17:48:58 ID:28wQrFcr
>>458
電車で人が殺されるって内容だったから延期したんじゃなかったの?
どっかのサイトには、そう書いてあったよ

488 :名無シネマ@上映中:2006/10/14(土) 16:34:04 ID:AmS8IuOJ
俺はホラーに感動要素入れて欲しくないタイプだが、これ見て
ますますそう思った。仄暗い~がそこそこ受けたのは一貫して
親子愛描いてるところ。だがこれは何だ?母親、妹、友達と詰め込んで
必死で泣かせたがってるんだろうが・・・。
あんな短期間で、親友だねとか言われても感情移入できねーし



504 :名無シネマ@上映中:2006/10/16(月) 20:26:37 ID:/CmoQYzk
やっぱ規制が厳しいのかな?人が死ぬ場面があまりインパクト無かった
八重子に気を付けろってセリフ聞いたとき、こりゃ駄目だと思った
こういうホラー映画の死ってもっと無情なもんだろと
あのスロー演出とか最後に言い残すとことかそういう余裕はいらない
若槻の後を頼む的なのもいらんし、とにかく演出が寒い

506 :名無シネマ@上映中:2006/10/16(月) 22:44:43 ID:ROgn/g8t
>>504
同感。
せめてB級だと割り切って観たかったんだけど
血も臓物も何もないのでガックリきた。
八重子とかありえないww普通あんな落ち方してあんな死に方になるのか?
ラストのカオスでちょっと見直したけどそんだけ
全てにおいて手抜き。

527 :名無シネマ@上映中:2006/10/25(水) 10:20:56 ID:a64U03pT
若槻の彼氏が死ぬ前に「八重子に気をつけろー」って言ったけどなんで八重子の名前を知っていたの?

528 :名無シネマ@上映中:2006/10/25(水) 13:44:01 ID:Ez6T2vLb
>>527
俺もそれ思った。
あとオトシモノ拾った人って
あの洞窟に連れてかれるんじゃないの?
なんで彼氏と若槻は轢かれたの?
わけわかんね。

529 :名無シネマ@上映中:2006/10/25(水) 17:48:36 ID:+9fJu2wk
>>528
八重子を含め、腕輪を拾った者、身に付けた者が電車に轢かれ、定期を拾った者が連れて行かれている。
つまり洞窟に連れてきたのは八重子で、殺したのは洞窟にまつわる何か。

それにしてもあの洞窟は何なんだ? 古代文明? 消化しきれんような風呂敷を広げちゃいかんな。
大体妹が無事なのはどう考えても変だろう。

530 :名無シネマ@上映中:2006/10/25(水) 20:09:24 ID:3P/Fwyio
妹はまだあのヘンなもんに変えられる前だったんじゃない?
自宅に戻ってきたのは沢尻の予知夢みたいなもんで、
あのまま迎えにいかなければ孝と同じ目にあってたんじゃないかと。

544 :名無シネマ@上映中:2006/10/30(月) 17:36:21 ID:sre76TMF
ベランダでタカシが落ちて来る辺りまではなかなか楽しめるかと思ったのに、
途中からホラー要素が一切なくなって、千夏との唐突な無理矢理な友情シーン、
なぜか推理、迷宮アドベンチャー的な展開、そしてラストはバイオハザード。
物事の理解力がある方な俺はなんとか伏線理解ができた方だとは思うが、
一緒に観た連中は終始(゚д゚)ハア?な感じだった。

話し合った結果、「ああ、これはホラーでなくサスペンス映画だったんだ!」と言う結論に達しました。

547 :名無シネマ@上映中:2006/10/30(月) 22:22:23 ID:BkI2FtzO
全編殺人列車によるぐちゅぐちゅバイオハザードで良かったのに。

548 :名無シネマ@上映中:2006/11/01(水) 02:01:31 ID:RE5lmGcv
見てきました。観客は私たち合わせて6人!疑問が残りすぎ…八重子は誰に殺されたの?沢尻と若月の友情が無理矢理…理解力ない私はわけわかりません。
あとどうしても板尾が笑えて仕方ないです!それと杉本彩の演技もなんかエロティックすぎておかしかったです。

567 :名無シネマ@上映中:2006/12/05(火) 23:28:48 ID:hkMb7zOU
香港、公開第1週(11月23日~29日)に3位でランクインだって

ttp://www.boxofficemojo.com/intl/hongkong/?yr=2006&wk=47&p=.htm

569 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 23:51:00 ID:yNlOMcRW
こんな笑えて疲れて違った意味で吐き気な映画は久々だ
とりあえず女子二人、制服がとってもキツそうですねwwww
そして滅茶苦茶仲悪そうwww何だこの二人www

571 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:04:49 ID:AnMZ46GK
>>569
いや、実生活では飲み友達らしいぞ。
やっぱ気質が似てるんだろうw

710 :名無シネマ@上映中:2007/03/09(金) 19:20:34 ID:A57S9nGc
あのガングロが一番印象に残ってます

711 :名無シネマ@上映中:2007/03/09(金) 21:35:57 ID:Vnwh7gFO
ガングロがいちばんキャラ立ってたよなw

718 :名無シネマ@上映中:2007/03/11(日) 12:42:58 ID:9cby7erV
あじゃかデブパギャル

717 :名無シネマ@上映中:2007/03/10(土) 10:48:23 ID:QGFCv1R5
白ジャケットをどこかで脱がせろよバカ監督。
寝起きとラストの制服はよかったけどな。ありがと監督。

若槻の父親さえ出てこなかったら、うまく脳内補完できそうなんだけどなあ。
父親不在の世界。銅像がみんなのお父さんとか。

板尾は芝居じゃなく別のことがんばれ。

723 :名無シネマ@上映中:2007/03/12(月) 19:24:29 ID:6n+F8PZU
これに出てる小栗って見事に普通の男だな。
今話題の花男の人気振りがうその様だw



810 :名無シネマ@上映中:2007/04/08(日) 23:17:56 ID:24eyUVqs
この週末見てきたんだけど、いろんな鉄道で撮影したのを
切り貼りしてて鉄ヲタ的には突っ込みどころ多すぎ。
線路幅の違う北総線を走るちちてつデキ500型に萌え~!
すんごいドリーム鉄道、ぜひ乗ってみたいです。

982 :名無シネマ@上映中:2007/08/24(金) 15:28:46 ID:LqMcEy9z
若槻のほっぺが黒くて安田大サーカスのデブを思い出した


関連記事

  1. 2008/09/18(木) 01:59:46|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<コマンドー | ホーム | リーピング>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/229-6d24660a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

落とし物。

古澤健 『オトシモノ』(2006) ☆5.7 黒沢清の『大いなる幻影』や『回路』で演出助手を務めたり、あの傑作『ドッペルゲンガー』の共同脚本家として名を連ねてたりで、なんとなく名前だけは知っていた古澤健の監督作で、沢尻エリカ主演のジャパニーズ・ホラーです。共演に若
  1. 2008/09/27(土) 07:59:00 |
  2. まだ助かる可能性

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR