FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョー・ブラックをよろしく

http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1036879818/
11_20110926191616.jpg

1 :3時間見てないた男:02/11/10 07:10 ID:1dkzhcyV
”ブラッド・ピット” が贈る、甘く切ないファンタスティック・ラブ・ストーリー

★1934年の「明日なき抱擁」を「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」の ”マーティン・ブレスト監督” がリメイク。
 丁寧な演出とやわらかな映像美で、死神と令嬢の切ない恋を情感豊かに描く。

【ストーリー】
N.Y.のメディア王パリッシュ(アンソニー・ホプキンス)の愛娘スーザン(クレア・フォラーニ)はコーヒーショップで出会った若者と心惹かれ合うが、想いを残したまま店を後に。その直後、若者は交通事故でこの世を去ってしまう。そしてある日、不思議な魅力を漂わせた若者がパリッシュのもとを訪れ、死期の近い彼を迎えに来たことを告げる。若者の正体は、死の世界からの使者である“死神”。しかし、人間社会に興味を抱いた死神は、パリッシュに猶予を与え、ジョー・ブラック(ブラッド・ピット)と名乗り、この世で短い休暇を過ごすことにする。その夜、一家が食卓を囲んでいるところに帰ってきたスーザンは、ジョーを見て驚く。死神がこの世で体を借りた若者こそ、コーヒーショップで出会った彼だったのだ・・・。

【キャスト】
ブラッド・ピット/アンソニー・ホプキンス/クレア・フォラーニ/ジェイク・ウェバー/マルシア・ゲイ・ハーデン/ジェフリー・タンバー

【スタッフ】監督:マーティン・ブレスト

■製作:1998年


5 : :02/11/10 14:28 ID:CSmqoxFA
良い映画だと思う。個人的には傑作。90点くらいはつけてもいいな。

2ちゃんでもミッドナイトランやセントオブウーマンは高い人気なのに
これはイマひとつなんだよね。でも、同じくらいに好きだな。

8 :名無シネマ@上映中:02/11/10 15:58 ID:TmwpU+dX
好きですよ~この映画。
親子の絆とか美しいブラピもいい!
音楽と映像もすき。

19 :名無シネマ@上映中:02/11/10 21:20 ID:z0Xht17C
いやおれも凄い好きだ
主演の女優かなりいい!最高に近く良い!
ちょと長いけど
画面も綺麗だし、話もすっきりしてるし
知り合いの女の子も「ブラピの映画でいちばんいい」っていってた

38 :名無シネマ@上映中:02/11/11 20:19 ID:wBOcQ5xS
2時間にまとめれば秀作だったと思う

39 ::02/11/12 01:21 ID:Nr/AoHCJ
 自分は3時間派だね。

40 : :02/11/12 02:03 ID:6KvAF1VS
あのゆったりした流れは3時間映画じゃないと出せないと思う。

249 :無名画座@リバイバル上映中:2011/09/08(木) 00:53:50.72 ID:3+QYdXq4
この、マッタリ感が良いね。
無理やり2時間以内におさめず
3時間掛けて丁寧に創りあげたのが良い。

盆か正月のどちらかで必ずDVDを観る。

14 :名無シネマ@上映中:02/11/10 16:53 ID:c8wDWuJA
この映画いいと思うのですよ。一番強烈なシーンって冒頭の車のはねられる
とこだが、これ以外全体的にゆっくりと時間が流れいて映画としては
上手くできた映画だと思います。
つたない文章でスマン。

16 :名無シネマ@上映中:02/11/10 17:08 ID:uJ4XZl5X

beyonce2_20111110012452.gif

車に轢かれるシーン。
ここ10年のハリウッド映画のなかでダントツに気前のいい撥ねられっぷり☆

17 :名無シネマ@上映中:02/11/10 17:13 ID:/d6sU7WN
車シーソの跳ねられ方ってなんか馬鹿っぽくない?

アホ?って感じ・・・。

234 :無名画座@リバイバル上映中:2009/08/18(火) 01:14:28 ID:HVzRroWB
交通事故スゲーびびったw

236 :無名画座@リバイバル上映中:2009/09/19(土) 13:09:27 ID:a6ZLVqg8
交通事故のシーンはようつべの事故動画にたまに混じってて笑う

29 :名無シネマ@上映中:02/11/11 03:42 ID:0uCPwBWy
一つ二つ良い場面はあった。
最後の方で若造相手にジョーがかますシーン。
あのシーンが有るから何とか見れるものになってると思う。

30 :通行人さん@無名タレント:02/11/11 05:15 ID:Jd2sba0q
普通に良かったよ

31 :名無シネマ@上映中:02/11/11 05:29 ID:1zxjC6l1
死とか老いとかが、ふんわりと全体を包んでいる映画だから、若い人には
楽しめないかもね。
あんなふうに達観して死を迎えられたらいいなぁと思う。

32 :3時間みてないた男:02/11/11 05:44 ID:rpv78+qv
冒頭のコーヒーショップのシーンでブラピのしぐさ、表情にやられちゃった
女性ていないのかな?そのあとの別れるシーン、いいねえ。

48 :名無シネマ@上映中:02/11/12 22:12 ID:QcXOiHmJ
花火のシーンでの、主人公の中身入れ替わり演出がヨカータ。

33 : :02/11/11 07:46 ID:l/P79LEi

12_20110926191616.jpg

俺がいいたいのはだな。外見がブラピなら中身は誰でもイイのか、って事だ。

35 :名無シネマ@上映中:02/11/11 17:15 ID:qYTJNv62
>>33
マロタ

43 ::02/11/12 20:14 ID:Nr/AoHCJ
カフェのシーンではピットの声はすれど、姿がまだすりガラス越しってのが
「たまんね~」って思ったね。わかりやすい映画演出っていうか、ひきこまれちゃったい。
 あいさつ、「morning!」っていやらしくなく、挨拶するのも、その後の展開も
なんて自然なんだろーなあって思った。映画見た後、ドトールにいったけど、なんの
展開もなかった(笑、あんなに自然に話し掛けるってむりだっつうの)。

44 :名無シネマ@上映中:02/11/12 20:27 ID:oBM3P9PK
>映画見た後、ドトールにいったけど

    カワユイ・・・・

70 :名無シネマ@上映中:02/11/16 02:31 ID:8OUN5pok
うちはよく、寝る前にカフェのシーンとラストだけ見て寝たりするよ。
おやすみセットなのだ。

88 :1:02/11/22 07:53 ID:rIUaQfVl
 ブラピの「初めての経験」の演技、唇を震わせてってやつ。役者だなーって思った。
すげーな、と。こんなことまで出来るのかと。

156 :名無シネマ@上映中:02/12/16 16:19 ID:HKcK1n2+
気になってたけど、「前戯は?」

157 :1:02/12/18 22:02 ID:3Hc0Cqrg
>156 あの演出がいいんでないか。興味本位で終わらない、意味あるベッドシーンとなってるから
好きだ。

158 :名無シネマ@上映中:02/12/19 02:27 ID:TShHIrO7
初めてだし、そんな余裕無いよね。

132 :1:02/12/08 21:49 ID:/NS9nAfK
この映画のとき、確か36歳くらいだったブラピをよろしく(みえね~!)。

282 :名無シネマ@上映中:03/03/19 18:45 ID:t/pKdsLo

aQ_20111110012451.gif

ミーハーすぎると思いつつもピーナツバターをなめるブラピに、
「あ~ん、いいわ~」と萌えてしまいますた。

135 :名無シネマ@上映中:02/12/09 00:08 ID:jk8sqBzc
俺が女ならやはりブラピに抱かれたいと思う。

233 :名無シネマ@上映中:03/01/19 23:40 ID:JVcyAgeE
冒頭の事故に遭うまでのブラピがとくに好き。
人がよくて、どこかドジなところのある役柄を上手く
演じていた。
ブラピ嫌いだったけど、この映画観てチョッピリいい
かなと思った。

82 :名無シネマ@上映中:02/11/21 20:37 ID:PSapcNqL
『ジョー・ブラックをよろしく』は美しい映画だと思う。
ラストの花火のシーンとか最高じゃないか。マターリと見たい映画だよね。
ブラピの美貌の所為で損してる映画だよ。難癖つけられるという点でね。

49 : :02/11/12 22:30 ID:L6eWkYxm

13_20110926191615.jpg

クレア・フォーラニはブレイクしそこねたね。可愛いのに。

50 :名無シネマ@上映中:02/11/12 23:19 ID:piqZhH8o
>49
ほんとだよ

52 ::02/11/13 00:41 ID:29JI3Rln
>50 
 クレアフォラーニについて。感動を覚えながら(何回目かは忘れた)映画館を
出るときに果たして周りの人はどんな感想を言ってるか耳をダンボにしてると、
若い女性二人連れの会話がきこえてきました。「アノ人さー、アメリカの黒木瞳って
感じじゃない?」「そうそう」・・・うまいこというなーって思いました。

53 :名無シネマ@上映中:02/11/13 01:00 ID:jotp2ViY
>>52
えー!! 漏れ黒木瞳大っ嫌い。クレアは大好きなのに。
そんないいかたされると悲しい…
でもこの映画では凄く綺麗だけどバスキアではそれほどでもなかった。

152 :名無シネマ@上映中:02/12/15 02:16 ID:Woh06EGS
クレアもブラピも人生でいちばん美しい時期だったにちがいない…。
そう思わせられたくらい美しいでつな。

75 :名無シネマ@上映中:02/11/17 09:27 ID:Gbow1Vwe
 おそらく、この映画のクレアフォラーニのような接近の仕方、表情をされたら
相当の男性がふにゃふにゃになってしまうと思う。女性のみなさまは参考に
すべし!??

76 :名無シネマ@上映中:02/11/17 11:53 ID:GACIjPqW
きれいじゃないと様にならないけどねw

228 :無名画座@リバイバル上映中:2009/07/14(火) 23:38:12 ID:MBW2Gpg8
クレアとこれからベッドシーンってとこで
清純っぽいクレアが黒の下着だったのには 引いた。。。

263 :名無シネマ@上映中:03/02/20 17:14 ID:CXuQlr9k
フォラーニの背中がキレイだった。

69 :名無シネマ@上映中:02/11/15 23:39 ID:rQ2JogoC
ずーっとサンドラブロックだと思ってた。

71 :1:02/11/16 18:27 ID:KHhYykR8
 >69 笑った。似てるわ、ちょっと。

62 : :02/11/14 03:29 ID:vKoI2WSs

14_20110926191615.jpg

つーか、ホプキンス卿の話もしようぜ。

64 :名無シネマ@上映中:02/11/15 22:02 ID:wGXg34kF
この映画はブラピのラブストーリーとして見るんじゃなく、
ホプキンスが主役の映画として見ると凄くいい。
どんなにいい人生を送ってようが死は訪れる。
その死を迎える寸前の姿は見ていて美しかった。

ラストシーンでジョーと最後の会話をするとき、字幕だと「それが生だ」
などと意味不明の台詞が二度も出てきてわけわかんなかったけど、
吹き替えで見たら感動した。DVD持ってる人は一度吹き替えで見てみて。
(つーか、いつも吹き替えで見るからDVDの字幕どうなってるか不明だがw)

139 :名無シネマ@上映中:02/12/11 10:39 ID:8RwSPPCg
自分はホプキンズ目当てに見た。
3時間あるって知らないで見終わったとき日が暮れて
部屋が真っ暗になっていたのに驚いた記憶がある。
ジョーが花火を見ながら涙を流すシーンで自分も涙があふれた。
ホプキンズとともに橋を渡るシーンでも恥ずかしながら号泣....。
ホプキンスはもちろんブラピは、それまで特に気にしてはいなかったが
(スナッチ、SEVENぐらいしか見たことない)これを見てイイ役者だと思った。

45 :無名画座@リバイバル上映中:2007/11/28(水) 07:13:56 ID:7hVfXqUq
ヘリの中でホプキンスが語る人生訓(雷がどうこうって奴)を人生の指標にしてる。
若人から年寄りまで、なんか感じる所のある映画だよね。

46 :無名画座@リバイバル上映中:2007/11/28(水) 07:29:36 ID:DITXUk7c
>>45
解る。うちの母親も「この映画はいつ見てもいいねー。」って観るたび言うんだけど、
早期の乳癌手術をした後は、一層感慨深いみたい。

若い世代は恋愛含めた人生訓的に感じる部分が多いし、
中高年には、いつか迫りくる死とどう向き合うか、みたいな部分で感じるところがあるみたいだね。
それでいて、ゆったりとして贅沢で夢があるし、暗くないところがまたいい。

本当に、普遍性のあるいい映画だと思う。

159 :無名画座@リバイバル上映中:2008/04/06(日) 11:32:20 ID:EPGPXw8Q
愛は生を知ること。
素晴らしい映画だ。何度見ても涙が出る。
この映画を人生の教訓に生きていきたいんだけど
現実にはまず仕事から見つけないといけない。

160 :無名画座@リバイバル上映中:2008/04/07(月) 07:52:57 ID:lABAiAia
カフェの良家の子女をひっかけてから車にはねられてみる、という手もあるぞ。

79 :名無シネマ@上映中:02/11/18 03:51 ID:St06obTa
この映画、興行的には失敗らしいけど、結構印象に残ってて
ここでも悪い評価はあんまないね。
俺も同様、カフェのシーンが気に入ってるね。二人とも綺麗でかっこいいし、
なんかお互いの何気ない仕草とか雰囲気がいいよね。
珈琲もう一杯のとこでミルク入れて混ぜるとことかなぜかブラピが彼女に
同調してたり、ホプキンス挟んでの次のシーンでお互い超リラックスしてたり
して将来の事とか語ってるとことか、ありそうでない感じが
俺的には美しく感じたな。

この映画はところどころそんな残る場面があったな、
いい映画なのかもしれねぇ、、、、

78 :名無シネマ@上映中:02/11/17 23:23 ID:NusMhuxO

16_20110926191613.jpg

みんなが一番最初に忘れるところだと思うんだが、
俺はハイチ出身のおばあさんが大好きだ。

2番目はやっぱりピーナッツバターの執事だな。

80 ::02/11/18 08:30 ID:BG+uDhAF
 >78 しぶいねえ。でもあのおばあさんの存在は大事。・・まあ、言わずもがな
って感じかもしれないけど、もともとストーリーがあやふやになりがちだからあのおばあさん
の存在がないと、しまらないよね。・・・でも、そういえば忘れてたわ。・・・・今
思ったけど、あのおばあさんと、「スモーク」のおばあさんはいっしょか?
 3時間だったからかなあ。なんかマスコミ的にもプラピプロモーション映画って
とりあげ方もあったような・・。3時間は先にいったように、ストーリーがあやふや
な面もあるから必要な時間なんだけどねえ。
 カフェのシーンのブラピの服の着こなしが印象に残ってる。

105 :名無シネマ@上映中:02/11/24 08:18 ID:Ykber/ao
なんで誰も書かないのか謎なんだけど、最後の淡々とした逆転劇は凄く面白かったよ。
国税庁の~ってくだりの話ね。ホプキンスが頑張って話しを合わせたところ。相手役は
そこそこ他の映画にも出てたりするティム・ロス似の俳優だね。『狂っちゃいないぜ!』にも
出演してた。

17_20110926191629.jpg

106 :名無シネマ@上映中:02/11/24 08:46 ID:8l/Gcq0z
彼はとても良かったと思う
演劇の人っぽいとおもたよ

107 :1:02/11/24 11:35 ID:NJuau2CE
>105 そうなんだよ、あのあたりは思わずニヤっとしちまうよね。ホプキンス
の目が泳ぐ演技ってのが抜群。そしてブラピのかっこいいことといったら・・。
 ただ、あえて、この映画が大好きな自分から言わせてもらうなら、反旗をひるがえす
展開がやや強引かな?と思えなくもない。もともとそーゆータイプの人間だったって
いう事なんだろうけれども、ブラピが来てから「なぜか意味もなくあわてた」って
感じもする。・・・ま、許容範囲だけどね。。。

218 :無名画座@リバイバル上映中:2009/03/14(土) 21:18:15 ID:9CSl8HUq
死神がいい人すぎるだろ
都合良過ぎてありえん

219 :無名画座@リバイバル上映中:2009/03/15(日) 21:10:17 ID:Kvx7aGXc
結局死神は何も手助けしてない訳だが。
いい人の範疇には入らんだろ。

220 :無名画座@リバイバル上映中:2009/03/15(日) 22:39:27 ID:hQDkmeOE
いやさんざんしてたやん!
国税局名乗って会社取り戻したり
禿げを励まして告白させたり
コーヒーショップの奴生き返らせたり

222 :無名画座@リバイバル上映中:2009/04/11(土) 11:31:15 ID:PDeo1Rqw
ホプキンスみてクレア・フォラーニを食べたりしないか心配してました。
ってレクターとはほど遠いしな。

223 :無名画座@リバイバル上映中:2009/06/07(日) 02:39:33 ID:CtVxlmDc
役が逆っぽい

261 :名無シネマ@上映中:03/02/20 13:53 ID:ZvZnGa95
まだ挙がってなかったと思うが、最後ホプキンスがフォラーニに言うセリフ。

「私に生きる意味を与えてくれた。おまえの最高の贈り物だ。」

ここがうるっときたヨ。どうだろ?

270 :1:03/03/04 23:47 ID:EOLwdWgP
 >261 そこはぐっとくるよねえ。自分もキタキタ。ちなみに、自分が3回目
くらいの時に映画館に行ったときに前の席に座って一人で見てた女の子も涙を
ぬぐっていた。映画が終わってドトールでコーヒーを飲んで、雷に打たれるのを
待ったがその女の子は来なかった(笑)。・・っていうよりも映画館内は暗くて
顔ははっきりと分からなかったけどね。

144 :名無シネマ@上映中:02/12/11 20:53 ID:WfKtET50
マーティン・ブレスト監督は男女の描きかたが特別にうまい。
ゴージャスというだけじゃなくとても高い気品がある。
セントオブウーマンのタンゴの場面、ジョーブラックのレストランの場面
どれも素敵だ。男女関係なくああいうひとときを一度は過ごしたいと思うだろう。
そういう爽やかさがこの映画には漂っている。

145 : :02/12/11 22:00 ID:ZXWTenqC
マーティン・ブレストは作品数さえ多ければ巨匠の仲間入りができる監督だと思う。

178 :名無シネマ@上映中:02/12/28 17:37 ID:gxbW9lJ9
ブラピファンの私としては至福の3時間でした。絶対にデカいスクリーンで見る!
と心に決めて初日に行きました。関係ないけど映画はじまる前にエドウィンのCMもあって
うれしかったです。
いいなと思ったシーンは、ピーナッツバターと「死と税金だよ」というセリフの所。
すごく好き!なのはコーヒーショップでのブラピの輝く笑顔と、クレアの姉の夫の
つるっパゲの頭に手をのせて慰めるところです。
でも映画としては今一歩と思います。同じ監督だからかセントオブ~と比べてる人
多いですが、私はセントオブ~のほうが全然上と思います。
まあ、私はブラピがでてればそれでいいんです。
でもブラピはヨゴレのほうが好きだけど。あブラピのスレじゃなかったんですよね。
失礼しやした。

190 :名無シネマ@上映中:02/12/30 22:57 ID:UukT5kb3
なんで音楽について書くやつがいないのだ?
おれは音楽かなり気に入ったよ。
とくに最後ビッグバンドの
What a Wonderful World はサントラ聞いてるだけで泣けてくるよろしく!

191 :1:02/12/30 23:35 ID:a9gUv5Ib
>190 
 もう、あの最後のソノ音楽でたたみかけるよね、ラストの方は。この世はなんて
すばらしいんだろうと。そりゃ死神も泣くわ(笑)。 

192 :名無シネマ@上映中:02/12/31 19:05 ID:Hm5lApIg
>>What a Wonderful World

あれはちょっと使われすぎなんだけどね。。。

208 :名無シネマ@上映中:03/01/11 09:07 ID:Mi5pshSF
夜中見ましたよ。良かった、すごく。
公開当時、映画館の看板のタイトルの文字がネオンで光ってたぐらいなので
ブラピを前面に押し出した甘い甘いロマンチックストーリーだとばかり思って
敬遠してたんですよ。
興行成績が悪かったと知りましたが
もしかしたら私のような勘違いをしていた方多かったのではないでしょうかね。
たとえあの看板を見なくても、そう取ってしまう人は取ってしまうんじゃないでしょうか。
でも当時の3年前の私があのラストシーンを見ても感動できなかったでしょうね。
きっとこの映画の素晴らしさが分からなかったと思います。
なので結局はこれで良かったと思っていますよ。

とにかく良かった。

209 : :03/01/11 10:06 ID:evJC/Tpz
意外に評論家には結構評価が高い映画だぞ。一般にもう一歩なだけで。

222 :名無シネマ@上映中:03/01/14 03:36 ID:jMOTOume
非常に申し訳ないが、リメイクとは、なんのリメイクなの?
 たしかめてみたい。

224 :名無シネマ@上映中:03/01/14 04:21 ID:MLWjXHwE
>222
そうそう、リメイクだったね、この映画。

225 :213:03/01/14 21:23 ID:T//OBphN
30年代制作の「明日なき抱擁」という映画の再映画化というか、この映画から
ヒントを得て作られたものらしい。なので、正確にはリメイクというわけでは
ないかも。

226 :1:03/01/14 22:29 ID:jMOTOume
情報ありがとうございます。時間あるときにでもチェックしておきます。新宿ツタヤに
あるかな。それにしても、30年代・・・!。

246 : :03/02/06 23:42 ID:5+oLGFX/
「Meet Joe Black」って意訳すると「ジョーブラックによろしく」なの?
直訳するとどうなる?
映画の内容から題名の意味を解説お願いします。

247 :名無シネマ@上映中:03/02/07 18:21 ID:nfw0TJZY
口語で『こいつはジョー・ブラックです。よろしく』
安易な付け方だと思う。

248 :1:03/02/07 19:14 ID:D7kqb9sL
辞書引くと「Meet 人の名前」で「~をよろしく」って出てるね。どの程度、どういう
場面で使われるかは今一つ分からないんだけど。
 個人的にはこの邦題インパクトあって好きだけどね。


関連記事

  1. 2011/11/10(木) 21:25:34|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【 公開直前 】『マネーボール』『インモータルズ』『コンテイジョン』『恋の罪』評判まとめ | ホーム | バットマンシリーズ最終章『The Dark Knight Rises』の撮影現場写真大公開!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2289-49e4c37c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR