FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

幸せのちから

幸せのちから~21ドルから億万長者
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1165337487/


1 :名無シネマ@上映中:2006/12/06(水) 01:51:27 ID:ovFaqkT8
幸せのちから
The pursuit of Happyness
http://www.sonypictures.jp/movies/thepursuitofhappyness/index.html
1.27公開

ウィル・スミス父子初競演


15 :観ました:2007/01/02(火) 09:27:40 ID:iO3AhexM
アメリカ在住のため本日観ました。

貧しいながら頑張る父と子、というストーリーです。細部の作りこみが良いためか
感情移入させられました。決して暗い映画ではありません。ユーモアもあり、笑い
もあります。

ウィルスミス、親子ともに完璧な演技です。出演人物は少ないですが、脇を固める
俳優も完璧でした。

オスカーいけるんじゃないでしょうか。映画で泣いた事なんて20年ぶりでした。

16 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 17:09:32 ID:HULwP5ta
息子採用がオーディションてちょっと意外。
ウィルが作品にほれ込んで「リアルでいくか!?」とかってなって
息子を駆り出したかと思った



17 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 17:42:54 ID:DK1TnJrB
>>16
この役は主役の人と寝てとったんだよ                   なーんてね

18 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 22:07:07 ID:1n/BA8fi
子持ちのオッサンの再就職の話を、金払って観るんですか。

19 :キタ:2007/01/03(水) 08:02:43 ID:ALU+hJxP
試写会で観ました。あっという間の2時間でした。子持ちのおっさんの再就職の話です。熱い気持ちになります。希望と絶望と幸せと全てあります。
よいです。是非みてください。

28 :名無シネマ@上映中:2007/01/12(金) 01:40:29 ID:AJCMUicJ
最後の幸せな顔をしている集団の中に入って、その中でも幸せが輝いてるシーンがよかった。

29 :名無シネマ@上映中:2007/01/12(金) 14:16:57 ID:wd9ojUvn
ここ最近観た映画の中で一番胸にガツンときた。
同じくらいの子供がいる人は考えさせられるかも…。
トイレで子供を抱きしめながら泣いてるシーン、痛かったなあ。

33 :31:2007/01/13(土) 10:36:15 ID:yoqto/EV
良かったよ。けど、株式投資に携わっている自分からすると、
もう少し研修の内容を掘り下げて欲しかった(見る前はディーラーか何かと
思ってたけど違うのね)。
あと、正式採用されて億万長者になるまでのプロセスも取り上げるかと
思ってたのに、あそこで終わって少し拍子抜けの面も否めないかも。
でも、具体的に業務内容のことを描いても客の反応は薄いだろうから、
父子の絆に焦点を絞ったんだろう。

最後のシーンにガードナー氏本人が出てたね。それと、別れた奥さんは
成功した彼を見てどう思ってるんだろうか。

34 :名無シネマ@上映中:2007/01/13(土) 14:48:32 ID:fScnM6L2
おれも昨日、中野サンプラザで試写観賞。
これね、親子ものじゃないっす。社会派ドラマですよ。いわゆる感動なんかしません。
上の方で泣いたって人いるけど、泣きの演出もほぼありません。ウエットじゃなくてドライ。
少しは感傷的なシーンもあるけど、それはそういうこともありましたって程度。
淡々とアメリカ社会を描いた良質の映画です。
映画らしい映画というか、ちょっとうるさい映画通が楽しめる内容になってます。
チラシにアカデミー賞が云々って、また宣伝じゃねえの?と思いましたが、可能性あります。
「アメリカン・ビューティー」や「ミリオンダラー・ベイビー」に似た感触を持ってますから。
欠点は、物語らしい物語がないことだけでしょう。(サクセスストーリー?それ本質じゃないし)
なにしろこの監督のウデは確か。これからもっと良い仕事をすると思うので覚えておきましょう。
タダで良い映画をみせてもらえたので、お礼にあげときます。
(でも感動ものとして宣伝するのは間違ってると思うけどなあ&ソエルのプロモうざかった)

56 :名無シネマ@上映中:2007/01/18(木) 22:11:18 ID:dszvFFcY
試写会で観てきた。以下ネタバレあり。





もう少し「数字に強い」エピソードを入れて欲しかった。というよりも、研修の様子をもっと細かく描いても良かったと思った。
休日に商売相手の自宅に押し掛けて行ってコネ作った辺りが良かったので、そこに「数字に強い」話を織り混ぜて契約取ってくるみたいなシーンが1度くらい出てきてもよかったと思う。
そもそも研修中の成績が良かったという話がほとんど出てこないから、てっきり途中までは研修どころではなく成績も悪かったんだろうな、と思っていたら、最後になっていきなり「○件も契約取ったんだってな!」の様な会話が出てきて終わったのが微妙だった。

59 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 08:25:20 ID:sExFrhjO
昨日試写会で見てきた。
研修シーンが殆どなかったな。


だから、どんなライバルと競合して、競り勝ったとか、
どんな猛勉強したとか殆ど描かれていないから正直感動できなかった。

涙の貧乏生活だけは伝わったが。

61 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 11:05:47 ID:VgawXmCC
実話だからしょうがないのかもしれないが、あの状況で息子を引き取って育てるってのは無理があると思った。
どう考えても、父親のいない生活より極貧生活の方が子供のために良くないと思う。そういう点があったので若干感情移入しにくかった。
あと母親が後半一切出てこないところからも、ウィルと息子のためだけの映画に思えた。

65 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 17:33:06 ID:t/yDa/9e
六ヶ月間無給って一流企業じゃなくてブラック企業だろ

71 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 21:21:21 ID:1bj0RvYW
試写会行った人の評判は悪いのか
泣けそうな映画かなと期待してたのだけど

73 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 00:44:34 ID:mUj5+CTf
いわゆる“泣ける映画”を期待するとダメかもね。
ヤフーレビュー見ても、そんな感想が多い。

74 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 02:26:11 ID:irCw/QuF
>>71
自分は、泣ける場面は2、3箇所くらいあったよ。
ネタバレになるから詳しくは言わんけど、2箇所はクリスも涙してる所。
あとは、クリストファーが大事にしてたヒーローの人形を落としてしまって・・・の所。
ボロ泣きというんではなく、ジ~ンとするって感じかな

76 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 14:11:05 ID:QPmVaRwR
つーか、本当に泣かせたいなら
スミスとかに簡単に涙見させちゃだめだよね。

泣かないからこそ客がなけてくるのに。

77 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 15:28:11 ID:v/WQB1rL
>>76わかるわかる。先に泣かれると冷めちゃう時あるよね。




ラストのクリスの涙目にはグッと来たけどそれ位だったかな。
地下鉄のシーンもCMで流してるとこよりその前のごっこ遊びのとこのが良かったな。

86 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 23:06:51 ID:Ru/UF2E7
これ予告編が本編に勝ってる映画の典型だろーな
予告編観るだけで分かるわ。日本の配給会社の糞戦略の犠牲者。

87 :梅田男 ◆umeda10.Vo :2007/01/25(木) 00:38:51 ID:1LUTkyvt
>>86
('A`)まさにそれ。予告で全てがわかる映画だったネ。
「全財産21ドルから億万長者へ」ト、宣伝されているので、あまり緊張感無く見れた。
ネタバレになるので、書けませんが、自分が生き残るためには、人に迷惑かけるのも平気だった姿に感情移入できませんでした。
(骨密度測定器を落とすところの前のシーンネ)

ジェイデン・クリストファー・サイア・スミスくん(息子)は、オーディションで受かったとのことですが、確かに可愛く子どもらしい演技だった。
でも、監督すら指名したウィル・スミスが、息子を連れてオーディションに来れば、落とす事は出来ませんよネ。

95 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 06:25:31 ID:yWn8iNxp
正社員になるのがアメリカンドリームか。
アメリカンドリームも小さくなったな。

96 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 06:40:20 ID:zX41t8Hi
本国のGSとかBCGとかの正社員ならアメリカンドリームだろう
社員のボーナスの平均が7000万で一番の奴は114億だぜ

97 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 08:50:05 ID:94xnnFyO
>>96
たしか新入社員でも1千万以上の支給と聞いた。

凄いよな、たしかに。

98 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 13:13:51 ID:zX41t8Hi
日本だと入社二年目で1200くらいって聞いた。
まぁ俺、落ちたけどなw

113 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 00:59:54 ID:FkfymM6B
あそこまで頑張れた人間なら最初から骨密度測定器も真剣に売れば全部売却できてたんでは?
駐車違反の罰金を滞納してたり、もう身から出た錆び的だ。
親子愛を描いていたかもしれないけど、警察につかまって息子を迎えに行けなかったり、
もう主人公がまぬけであまり感動できなかったんですが。
まあ最後の追い込みはすごいけど。
でも、人間的に貧乏になった過程にあまり共感ができなかったわ。
そのへん、原作はどうなんだろ。映画でうまく描かれてなかっただけかしら。

116 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 02:43:23 ID:cYw6+VWQ
ラストの坂道を父子で歩いてるシーンで
すれ違う黒人男性がクリス・ガードナー本人なんだってね。



117 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 02:46:43 ID:ZwgCFc8n
>>116
そういやそんな人いたねぇ。
運転手とか使用人とかかと思って、雇えるまでになったんだと思ったから印象に残ってるw

118 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 02:48:47 ID:/vyU+KUJ
>>116
そこでちょうど、「ノックノック」「誰ですか?」「・・・」
ってジョークが入るんだよね。
「誰ですか?」「本人です」ってギャグなんだろうねw

153 :名無シネマ@上映中:2007/01/29(月) 00:19:24 ID:3pyIZrJj
>>116
へぇー。そうなんだ。
そういや、乗り逃げして追いかけてきたタクシーの上についてた看板に、デニーロ何とかって
書いてあって少し笑った。

155 :名無シネマ@上映中:2007/01/29(月) 00:22:51 ID:BHYAjvGa
>>153
レイシング・ブルの宣伝でしょ。
(すげえ気になってたのにここで話題出すの忘れてたw)
あそこで妙に時代感じたな。

タクシーのおっさんが地下鉄まで追っかけて来たのは映画館で笑いが起きてた。

156 :名無シネマ@上映中:2007/01/29(月) 00:32:14 ID:3pyIZrJj
>>155
あー。レイジングブルの宣伝なんだ。なるほど。
あれ、面白かったよな。人事部長?が勝手に降りてっちゃって、え?料金オレ持ち?って辺り。
部長も相場で食ってるだけに抜け目無いなと(w

114 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 01:40:28 ID:MRsYjD3y
初日行ってきた。
まぁ良かったけど予告で期待しすぎたせいか思ったほどではなかったかな。
実際こういう人がいたのかーがんばったんだなとは思ったけど。
以下ネタばれ↓



お父さんがバスに乗るのに急いでて息子の大事な人形落としたまま行っちゃったのが
寂しかったな。就職決まったら買ってアゲレ。

119 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 10:34:14 ID:MUOV2DG4
>114
(ネタばれ有り)



そーなんだよなー、就職が決まって子供迎えに行く時、
あの人形を買って息子にプレゼントしてあげればと思った。

でも、身につまされる映画ではあったな。
自慢できるスキルも無い、俺みたいな凡庸なリーマンだと
嫁に逃げられて、息子抱えてホームレス同然の生活まで
落ちた場合、這い上がれるのかと。

126 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 15:13:51 ID:yCyqnl9N
期待以前に、予告からの進歩が無かった。




以下ネタばれ



タクシー代18ドル乗り逃げするのに、連れに貸した14ドルで激怒する。
トイレで子供寝かせる前に、もう少し子供のことを考えてあげろ。
骨密度測定器奪還は、ただ単に運がよかっただけで、努力関係ないしな。
税金払わない、駐車違反代払わない、家賃払わない、手段を選ばないところに共感できなかった。
子供がかわいそうだった。

127 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 15:56:21 ID:pEtlc96n
タクシー乗り逃げするときにチラチラ料金メーター見てたから、てっきり手持ちで行けるとこまで行ってあとは歩いて帰るのかなと思ってた。乗り逃げは実話なのか創作なのか分からないけど、歩いて帰ったほうが情けなさも描けてよかったと思う。

あと、「父親のいない生活」をさせたくないって言ってたけど、「母親のいない生活」をさせてしまうことに対して何のためらいも無いところが全く共感できなかった。

128 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 16:50:25 ID:okxuPcxJ
その辺は改変しまくったのだろう

132 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 18:22:14 ID:Ac0sZmBO
税金も駐車違反の罰金も家賃もタクシー代も、
払わなかったんじゃなくて払えなかったんだろ。
それでも生きていかないといけない。
すねかじりニートには想像できない世界なんだろうな。

138 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 20:32:03 ID:vt89refM
いやあ、この主人公自業自得なとこ多いので何だかいまいち。

139 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 21:04:29 ID:WPsTZiXG
自業自得、分かるw
てかほとんどが自業自得。
それと何かうまいこといい機会に恵まれただけで、
ただの幸運の人に見えるところもイマイチの要因かも。
ルービックキューブも、急に商品が売れ出すのも、取られたものを取り返す
機会があったのも、テストに受かったのもライバルの答案書き忘れ、
たまたま試合を観にいくことになったのも、全部ラッキーなだけに
見えなくもなんだよね…。
って人生はこんなもんなのかもしれないけど。

157 :名無シネマ@上映中:2007/01/29(月) 00:47:09 ID:tD+Pgc7M
アメリカの格差社会を見た気がしたよ。株取引している裕福層、その一方で、
主人公やその友人、タクシーのおっさんのような、職はあるがわずかな金のために必死になる人、
その下の層である住むところがなく教会で寝泊りしなきゃいけない人。
他人に迷惑かけることであると分かっていても、それをしなければその日を暮らしていなくなる人々。

主人公の近くにはきっと手っ取り早くお金を貰える仕事も探せばいくらでもあったはずだけど、
それだと多分薄給でずっと下級層から抜け出せなかったはず。
善人ぶらないで他人になりふりかまわず一発逆転、起死回生を狙って裕福層に成り上がったんだな。
母子を引き離したとこだけは共感できなかったけれど、
金持ちってそういうところがないとなれないのかもしれないな。

159 :名無シネマ@上映中:2007/01/29(月) 01:02:52 ID:3pyIZrJj
>>157
Pursuit of Happynessってタイトル、そのまま訳すと幸せの追求だよね?
劇中の台詞でも、ジェファーソンの独立宣言の引用して結構重要な色付けしてた。
あれ、邦題の意味合い違うじゃんって、違和感感じたよ。

まぁ、「幸せの追求」だと露骨過ぎて日本人の感覚に合わないと思ったのか知らないけど、
少し勿体無い。

160 :名無シネマ@上映中:2007/01/29(月) 01:04:44 ID:BHYAjvGa
「幸福の追求」は「Pursuit of Happiness」が正しい。
色づけしてたのは、綴りの間違いをあえて強調するだけ。
俺はこの邦題で別にいいよ。

161 :名無シネマ@上映中:2007/01/29(月) 01:14:37 ID:3pyIZrJj
>>160
なるほど。そういう見方もありますね。
そこまで読めれば、やっぱイイ映画だと思うな。

179 :名無シネマ@上映中:2007/01/29(月) 11:02:28 ID:SaBvC292
つーか、あんなに窮地に陥ってからしかも研修の片手間で
機械がバカスカ売れるなら早く売っとけと。

192 :名無シネマ@上映中:2007/01/29(月) 15:49:54 ID:5hFit0QU
自分に与えられた、チャンスに気が付いて
それを活かせるかどうかって言うのは、その人の努力や才能だと思うよ。

あの電話のリストは、研修生全員が貰ったのに
下のリストを飛ばして、上の人にかけたのは、主人公だけだったし。
機械が何台帰ってきても、駄目な人は売れないだろうけど、
セールストークを実際に何度も掛けているうちに、
主人公はそこから何かを学べたって事だろうしね。

226 :名無シネマ@上映中:2007/01/29(月) 23:49:35 ID:YODV7HDZ
あの機械が後半スムーズに売れたのは
最初は医師たちにぜいたく品と見なされていたが
次第に医療の現場に必要だとその真価を認められたってことでしょ
冴えないセールスマンと思えた主人公だけど先見性があり、
その先見性は後の一大サクセスストーリーにもつながっている

246 :名無シネマ@上映中:2007/01/30(火) 12:08:59 ID:eBqGw2ds
21ドルって日本円で大体2~3千円だろ?
21ドルしかないっていう状況でなんであんなに
親子揃って地下鉄とかバス、バンバン乗れたの?
それにその間の飯は?
夜は教会みたいなところで出ただろうけど昼とか朝は?

247 :名無シネマ@上映中:2007/01/30(火) 12:22:40 ID:WaHAww5D
あのころって1ドル=360円くらいじゃなかったっけ?

248 :名無シネマ@上映中:2007/01/30(火) 12:37:28 ID:9Uh8u1ts
14ドル返してもらえればモーテルにまだ泊まれたようだしねぇ。

273 :名無シネマ@上映中:2007/01/31(水) 00:59:29 ID:4OJeYaMK
よかったけどな。
主人公の間の悪さというか、何をやってもうまくいかないところにシンクロするものがあって
見ていて切なかった。
採用の時のシーンで、主人公が人事を聞いたあとに部屋から出てきた直後のところとか
ガラス越しに上司陣が暖かく見守ってるのもまたよかった。

274 :名無シネマ@上映中:2007/01/31(水) 01:03:30 ID:Ekuj6ePH
>>273 実際の証券会社は日興のような薄汚いところなんだけれどね。
上司A「さて、あいつにどの汚れ役をやってもらおうか」
上司B「粉飾決算でもやらせてみますか・・・」

でもこの映画好きだよ。

275 :名無シネマ@上映中:2007/01/31(水) 01:16:09 ID:0I4qO1ar
あの職場の人、みんな良い人過ぎ

294 :名無シネマ@上映中:2007/02/01(木) 18:39:38 ID:IxJDtQ3N
レーガン大統領がTV画面で話し、世界的大ヒットのルービックキューブが出てきてってところに喰い付きましたがw
ブラックマンデー前の80年代、証券会社から出てくる人たちが幸せそうに見えたのもうなずける。
しかし実話が元になってるなら、本当にタクシーに同行してルービックキューブを全面揃える離れ業をやってのけたんだろうな。
あれが全面揃えられる人は当時TVで報道されてしまうようなネ申扱いだった。
証券会社社員がそれをみて面接してみようと思うのがよくわかる。

311 :名無シネマ@上映中:2007/02/02(金) 02:28:17 ID:WRNxyADd
ま、悪くないけど、大して感動もしない。
元々頭が良くて計算が得意なので、証券業界で成功したんだろうけど、
裕福層とコネが繋がったから成功したぐらいで、
なんかオリジナルの独創的セールス方法でもあるのかと思った。
49s観戦がきっかけだろうけど、計算が得意ってよりコネを作り出す「計算高さ」を感じた。
ま、前フリで上司からの車移動で、チャンス潰されて、決死の覚悟の計算だし、
子供喰わせる為なりふり構わずだからだろうけどね。

でも、気になったのが裕福層には接し方に神経尖らす割には、
弱者に対しては、何のフォローも無い描き方には戸惑ったね。
タクシーや、バスの乗り込み(女性を押しのけて乗り込んでたよね?)の自己中思考や、
無料宿泊施設で割り込み男を指摘してくれた男性に礼の一つもしない。

投資には全く関係ない人たち、利益に繋がらない人たち、
このような回りの人たちを一瞥もしないで成功を追う姿は見ていて素直に応援できなかったな。

310 :名無シネマ@上映中:2007/02/02(金) 01:51:28 ID:ARbIkhE8
あの後をもう少し見てみたかったな…奥さんが帰ってきて家族三人仲良く暮らしましたってのが見たかったわ

312 :名無シネマ@上映中:2007/02/02(金) 08:16:09 ID:fdCMbMva
>>310

リアルでは嫁を捨てたまま別の人と再婚したから描けなかったんでしょう。

362 :名無シネマ@上映中:2007/02/05(月) 00:29:08 ID:Pj6aWoAh
5時に間に合うように会社を出るなんて日本じゃ考えられないね。
受話器を置かないで8分の節約とか ( ',_ゝ`)プッ
売れてなかった機械もいつの間にか売れちゃってて、どう売ったのか見たかった。
最後の一人に選ばれた理由もよくわからんかった。
この映画のどこで泣けるのか分からない。
子供がいてトイレのシーンくらいか。
ウィル以外のその他大勢もそれぞれの事情を背負ってるだろうよ。



363 :名無シネマ@上映中:2007/02/05(月) 00:40:45 ID:IqY+78jM
今観てきた。400人の部屋に20人くらいしかいなかった。

ここで議論されてる数々の「道徳的に問題がある場面」だけど、
例えば「教会の列に割り込み」のすぐ後に「バス乗車で割り込み」を
持ってきてるのは、明らかに対比演出だと思う。

教会の列に割り込んで咎められてそのまま引き下がる浮浪者と、
バスに割り込んで咎められても引き下がらない自己中なガードナー。
残酷だがこれが一生底辺か這い上がれるかの分かれ目なんだ、という。

ベタなサクセスストーリーにしては終始抑え気味の演出で
ガードナーから少し距離を置いた視点で描いてるけど、
「決してあきらめるな」「努力は報われる」といったメッセージの裏に、
決して手放しで「ガードナーマンセー」と称えているわけじゃない
という二重構造にして上手くバランスを取っている気がした。

もし製作者の意図がそうだとしたら、ここの不評の書き込みを見る限り
演出としては成功してるみたいだね。

378 :名無シネマ@上映中:2007/02/05(月) 16:07:41 ID:D23f2ZV8
貧乏でも、友達いればお金かしてくれるし、家にも泊めて貰える。
自己中で、友達が一人も居ない人しか泣けない映画。

子どもをダシに営業回る姿に反吐が出る。
子どもが大事よりも、自分が大事だから子どもをモノのように扱うんだろうな。
施設に預けて一時別れるようなことがあっても、子どもを大事にして欲しかった。

382 :名無シネマ@上映中:2007/02/05(月) 19:48:21 ID:HtGkIUq1
大体成功した後の世界なんて
ホリエモンワールドマイケルダグラスウォール街全開じゃないの

387 :名無シネマ@上映中:2007/02/05(月) 22:31:06 ID:uvzpazEW
ラストの合格を言われる時の、ウィルの疲れきった顔が良かった

388 :名無シネマ@上映中:2007/02/05(月) 22:49:48 ID:N0tesmfH
>>387
うん、あそこで大げさに喜ばれるとかえって白ける

416 :名無シネマ@上映中:2007/02/07(水) 00:24:19 ID:DVXmlUaT
感動作のつもりで作ったが、
他人の心が判らない奴ばっかりしかいなかったから、これだけ出来が悪いんだろ。

タクシー運ちゃんに平謝り「後で必ずお支払いしますから」。
バス割り込み後に自己嫌悪「パパはすまない事しちゃったよ」
割り込み言ってくれたおっさんに「ありがとう、助かりました」
税務署電話も低姿勢「無理は承知でソコをナントカ・・・」

ついでにさ、深夜に落とした人形探しに行ったり。

ホンノ少しの配慮で、ココで叩いてる俺たちはマンセー派になったのに。

他人の気持ちが判らないから、ほんの少しの演出が出来ないんだろ>監督
なもんで、感動作でも、サクセスストーリーでも、ピカレスク出世物語でもない、
             ――――――――――――――――単なる出来そこないの映画

425 :名無シネマ@上映中:2007/02/07(水) 19:33:17 ID:yAncdYfx
衣食足りて礼節を知る

430 :名無シネマ@上映中:2007/02/08(木) 21:18:16 ID:sOXGy0d+
気づくと、目の前に機械持ったやつが走っていたり、知人に呼び止められたり
サンフランシスコって狭い街ですね。



463 :名無シネマ@上映中:2007/02/09(金) 04:58:56 ID:HKV/5GHR
俺はてっきり「気の良い男が人に親切にしてあげて、わらしべ長者的に
金持ちになっていく映画なんだろう」と軽い気持で見に行ったから、
中盤までが、あまりに切実すぎて胃がキリキリした。
単純に貧乏のどん底にいるから可哀相ってのではなくて、
頭が良くて本来は良識的な人間だからこその悲哀感とか、
自身に対する憤りなんかをウィルは良く演じてたんじゃないかな、と思う。

まあ、でも実話だから「コイツ、すげー根性あるな」とか思えるけど
フィクションだったら「はぁ?」みたいな感想で終わるな。

473 :名無シネマ@上映中:2007/02/09(金) 18:36:22 ID:2ITV04t2
>>463
>頭が良くて本来は良識的な人間だからこその悲哀感とか、
>自身に対する憤り

貧すれば鈍すみたいなのを切々と感じた。
鈍すっていうか、他人に寛容になれないよな、っていうのを。
主人公クリスの数々の行動も、14ドル返さない知り合いも、機械持ち逃げする
ヒッピーガールも、横入りして殴りかかる奴も、もうどうでもいいって出て行く奥さんも、
ほんと貧乏って人の心を荒ませるよね、みたいな…

貧しくてもクリスは優しさと純粋さを保ちつづけました的に、いくらでも
きれいごとにできたろうに、しなかったのは、そんな貧乏のキツさを
印象づけるためじゃないかと思う(そういう人間観を受け入れるかどうかは別として)。

逆に、豊かな奴は大らかで気前がいいよね、この映画だと。

577 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 00:42:00 ID:CpvujqXs
子供と二人でタイムマシンのスイッチを押す辺りのところは
クササギリギリだったが良かったよ

不自然というか少し疑問に感じたのが
洗濯とかどうしてたんだろうか、と
あれだけ多忙で寝るのにも大変なら汗まみれの体臭とか
汚れたワイシャツとかで困ったことも実際にはあったんじゃ
ないかと思うんだが

まあこういうこと言い出すとキリが無いけど

578 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 00:44:41 ID:q3gF/LUd
俺も思った。
Yシャツがいつも綺麗だった。

579 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 01:07:11 ID:xrDkwtfl
クリーニング代くらいは持ってたんでは

580 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 01:21:15 ID:wtMM0kO6
洗面台で洗ってたんじゃないの?
子供も洗ってたし

586 :名無シネマ@上映中:2007/02/14(水) 16:58:27 ID:vUnkBZ38
イカれた骨密度マシーンを自力で修理しようとするのが凄いよ。
俺だったらきっとサッカーボールにしちゃうな。

606 :名無シネマ@上映中:2007/02/15(木) 21:33:32 ID:sBgZZlHH
監督はイタリアの人なんだね。
ハリウッド映画らしからぬ丁寧な描写してたからもしやと思ったけど。

最近非アメリカンの監督多い。

621 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 10:07:12 ID:mplNJWe7
アメリカ人って結局幸せ=お金なのかね・・・
日本人が作るなら仕事一辺倒の男が財産をすべて失って破れかぶれの所
を誰かと出会って本当の幸せに気がつくとか、そんなの作るだろうな。
まぁ、実話を元にしているから別にいいんだけどね。

622 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 12:29:28 ID:0E6GcFIg
自分の力を再確認できたというか、自分もやれるんだ、ルーザーのままじゃないんだと
思えたことが幸せなんじゃないの

658 :名無シネマ@上映中:2007/02/21(水) 17:30:12 ID:M9DXxUhj
今日観て来たよ 頑張ったら報われますって奴の典型だったな

659 :名無シネマ@上映中:2007/02/22(木) 00:57:47 ID:PnFrg7Vg
他の19人は…

691 :名無シネマ@上映中:2007/03/01(木) 22:45:07 ID:UmPO7tgG
今日見てきた。鼻すする音が結構聞こえた。
あの電話番号、会話に数字を入れられまくってたから
間違えて何かやらかすのかと思ったら普通にスルーだったのね。
あと奥さんも最後に戻ってくるかと思ってた。
主人公は奥さんにはあまり執着してなかったよね。

最後内定もらったときの演技に感動した。

697 :名無シネマ@上映中:2007/03/02(金) 16:33:49 ID:UE6iWev2
>>691
電話番号は数字に強いことの裏づけかと思った
あれだけ隣で数字喋られても内線番号まできっちり間違えなかったみたいだしな
でも電話かけるシーンがなかったから微妙になったね
カットでもされたのかな


関連記事

  1. 2008/09/11(木) 08:03:46|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイヨウのうた | ホーム | 疾走>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/228-b222adb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR