2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

マグノリア

http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/movie/976089422/
14_alikeh_20110918200357.jpg

1 :もうすぐビデオ出るね:2000/12/06(水) 16:57
L.A.郊外のある1日、10数人の男女が織りなす人生模様を、観客の意表を突く意欲的で斬新な語り口で綴った群像劇。

監督・脚本は『ハード・エイト』(V)「ブギーナイツ」のポール・トーマス・アンダーソン。出演は「アイズ ワイド シャット」のトム・クルーズ、「フィラデルフィア」のジェイソン・ロバーズ、本作が映画デビューのジェレミー・ブラックマン、「ジャッキー・ブラウン」のマイケル・ボウエン、「キルトに綴る愛」のメリンダ・ディロン、『ポイント・ブランク 殺し屋の憂鬱』(V)のエマニュエル・L・ジョンソン、そしてジュリアン・ムーア、ウィリアム・H・メイシー、ジョン・C・ライリー、フィリップ・ベイカー・ホール、フィリップ・シーモア・ホフマン、メローラ・ウォルターズらが「ブギーナイツ」に続き登場。


4 :名無シネマさん:2000/12/06(水) 19:02
俺は好き。
群像劇がもともと好きというのもあるけれど
あれだけ暗くて長くて繋がりのないストーリーだが、
まったく飽きさせずに、見終わったあと爽快感が溢れてきた。
何故かなと考えて出てきたキーワードは「孤独」
登場人物がみんな孤独なんだよね。
一人で何かに立ち向かっている姿に共感できたんだとおもう。
最後のあれには度胆を抜かれたが。

8 :名無シネマさん:2000/12/06(水) 21:46
確かにテンポ良いから飽きはしないけど、でもそれだけ。
登場人物のどいつもが「俺って不幸~」「私を助けて~」ってうめいてるだけで、
薄っぺらい人間像のオンパレード。

13 :名無シネマさん:2000/12/06(水) 22:59
むずかしいとこだな。ポール・トーマス・アンダーソン。
つまらないとは思わないけど、
なんでああもメリケンの批評家が絶賛するのか、よく解からん。

でももしかしたら、何年か経ってヒョイと観なおしたら、
また違った感想をもつのかもしれん。

とりあえず、ジョン・C・ライリーは良いよね。

28 :名無シネマさん:2000/12/07(木) 22:32
どの役者もオーバーアクトで、それだけでつらいっす。
特に薬局でキれてわめき出す女と、セックス・グルの二人は、目にも当てられない大根ぶり。
失笑の連続。

44 :名無シネマさん:2000/12/08(金) 21:45
>>28

41dQ0l+1QV_20110918200356.jpg

確かにジュリアン・ムーアはなんかぱっとしなかったな。
ブギーナイツの演技がすばらしすぎたからかねえ

37 :名無シネマさん:2000/12/08(金) 10:07
>特に薬局でキれてわめき出す女と、セックス・グルの二人は、目にも当てられない大根ぶり。
> 失笑の連続。

はぁ?女は分かるけど、トムクルーズは大根だったか?
結構良い演技できるモンだと感心したが。
まさかオーバーアクションだからとか言わないよな。そういう役回りだぞ。

38 :名無シネマさん:2000/12/08(金) 11:10
>>37
ラスト近く、ベッドのジジイに向かって泣きわめいてる学芸会みたいな演技見ても
まだそういうこと言えるの? へぇ…。じゃ、いいです。

87 :名無シネマさん:2000/12/10(日) 07:13

77219_20110918200355.jpg

トムクルーズの演技の凄いところは、「沈黙、凝視の演技」だと思う。
インタビューしていろいろ突っ込まれて微妙にキレるシーンがあったけど、
ブチギレじゃないんだよね。そこら辺、集中力が半端じゃないと思う。
ただ、彼のエピソードは最後がクサかったような気はする。

114 :名無シネマ@上映中:02/08/02 23:27 ID:kczBVO4h
革ベスト着て「チンを敬え!」
トムクルーズはじめて好きになったなー。偉いと思った。

201 :オマンをものにしろ! ◆OmanVTII :02/09/04 06:43 ID:PWd9Gv+9
オマンをものにしろ!

202 :名無シネマ@上映中:02/09/04 13:09 ID:nLDDM5U5
>>201
warota

134 :名無シネマさん:2000/12/11(月) 18:48
突如ミュージカルになったところで冷めちゃった。

33 :名無シネマさん:2000/12/08(金) 05:00
いきなりミュージカルになるのはカエルよりびっくりしたよ。
死にかけのじじいが歌うとこは何か笑える。

34 :名無シネマさん:2000/12/08(金) 06:35
あのミュージカルの辺りで終ってれば大傑作になってた気がする。
カエルって様は監督が白旗かかげちゃってるようなもんだからな。
「オチませんでした」ってさ。

35 :名無シネマさん:2000/12/08(金) 07:26
世間ではそういう評価なのか。
ハリウッドの紋切り型をなぞりつつも
わざとディレクションミスしてハリウッド煽ってるって構造がいいと思ったんだけど。
それでいてハリウッド映画が好きな感じが伝わってくるのがいいね。

冒頭の問いかけが本編と何の関係もないとか
奇跡が起きても起きるだけで、登場人物になにも幸福は与えられないとか。
泣き喚いて真情を吐露しても、普通の映画みたいに家族愛が復活してアイラブユーとかしないし

43 :名無シネマさん:2000/12/08(金) 21:44
面白かったし、ビデオ化されたらもう一度観るけど。
この映画、「何かが足りない」って感じがずっとつきまとってて、それがオレの中での
名作入りを阻んでいたんだが、いまそれが何かわかった(ような気がする)。

それは「叙情」の欠如だ。
十分すぎるぐらいエモーショナルで感傷的ではあるんだが、なぜかそれが胸に迫る叙情(この
へん説得力のある説明ができんけど)として結晶化される瞬間が、ほとんどと言っていいぐらい、
ない。
心に響くんだけど、染み込みまではしない、っていうか。うーん、うまく伝わらないかな。

まあそのへん監督の作風なのかもしれんが。
あ、演技のヒステリックさはおれもちょっと首をかしげた。ジュリアン・ムーアなぁ・・・。

45 :名無シネマさん:2000/12/08(金) 21:48
>>43
赤裸々でボカシの無い現代人の生き様だからねえ。
「叙情」は期待できないだろうね。

57 :名無シネマさん:2000/12/08(金) 23:30
冒頭の3つのエピソード並のものすごい偶然が起こるんかな、と
期待したけど、そういうのはなくて失望。
あれは、こういうことが起こるんだからカエルぐらいは降るさ、
っていう意味かな。
でも好きな映画です。

60 :>57:2000/12/09(土) 07:37
逆でしょ。「カエルがふる位なんだから何が起こったっておかしくないのさ」って
方だと思う。
でも監督がそれ言っちゃいけないんだよね。それまでの3時間近くを全部「カエル
以下のどーでも良いこと」って言ってんのと一緒なんだから。

90 :名無シネマさん:2000/12/10(日) 08:47
タイトルの「マグノリア」にはなんの意味が込められているんですか?

94 :名無シネマさん:2000/12/10(日) 13:19
>90
単に、地名(通りの名)だろ?

97 :名無シネマさん:2000/12/10(日) 13:52
実在のマグノリアストリート周辺で起こる出来事を描いてる。
PTAはロケが嫌いで自分の町で撮影したいひとだから?

40 :名無シネマさん:2000/12/08(金) 21:07
PTAは20代で「ハードエイト」「ブギーナイツ」「マグノリア」の3本かあ。
いいなあ、才能が溢れてる人は。
おまけにハンサムだし。

22 :「死なないでくれ、バカや炉」:02/07/03 05:04 ID:AjhkRCp7
ハッキリ言って泣かす!

20071115_inutowatashi_main_20110918200355.jpg

カエルが宗教的隠喩だとは気づかなかったけど
楽しめた。

31 :名無シネマ@上映中:02/07/05 22:17 ID:SUT4Xg+v
>>22
>カエルが宗教的隠喩
解説キボンヌ

32 :名無シネマ@上映中:02/07/05 22:39 ID:2ZMW3XCW
聖書にあるんよ。
カエルとかが絡んでるくだりが。

33 :名無シネマ@上映中:02/07/06 05:29 ID:NLMqUF/r
カエルが大量に降ってくるというアイデアは、旧約聖書から引用している。
イスラエル人奴隷を解放しないエジプト王に対し、モーゼはカエルを大発生させ、エジプト中をそれで埋め尽くしたというエピソードがある(「出エジプト記」8章2節)。
罪を背負う登場人物に対する戒めというメッセージが込められているそうだ。

旧約聖書8章2節のメッセージは『一時曇り、雨の降る確率82%』という冒頭のテロップにも現れている。
『82』という数字は映画中いたる所で目にする事が出来、
クイズ番組の観客席では『Exodus(出エジプト記)8 2』というカードまで出ている。

51 :名無シネマ@上映中:02/07/13 03:17 ID:YyjNcV3k
>>33
そんな意味があったんだ・・・。
たまにどこかの池のカエルが竜巻か何かで池の水ごと
吸い上げられてそれが雨雲となって降る現象が起こるって
聞いたことがあって、ただそんなハプニングなだけかと思ってたよ~。

198 :名無シネマ@上映中:02/09/03 03:38 ID:yfRXvtsl
冒頭の子供が飛び降り自殺するシーンでもロープが82の形になってたのに
今気づきました(遅すぎ?)

239 :名無シネマ@上映中:02/09/09 17:00 ID:ACA2jnkU
久々に見たけど、
探せば82のキーワード多過ぎ。
でも、このスレ見るまで、ぜんぜん気付かなかったYO!

243 :名無シネマ@上映中:02/09/10 12:59 ID:Bldt1bji
>>240
最初の10分くらいのところで、沢山出てくるけど、
本編(OneがBGMで流れ始めて以降)はそれほど沢山出てくるわけではないと思う。
逆に漏れは昨日、82ばかり探して3時間が過ぎたけど。。。

29 :名無シネマ@上映中:02/07/05 21:02 ID:cP0uRO00
空からカエルが降ってくるというのはイマジネーションさで俺に劣るな。
意表をつくのなら、大量のカエルを地面から生やして空に上がらすべきだろう。

カエルと降るのではなく上がるという2つの意外性があれば本作は傑作となりえただろうに。。惜しい。

30 :名無シネマ@上映中:02/07/05 22:15 ID:xiTOfys8
意外性を感じてほしくてあのラストにしたわけじゃないだろ。

50 :名無シネマ@上映中:02/07/13 02:54 ID:MdXhd5ys
>>29
蛙が降るということはあり得ることだ。
だけど地面から生えることは有り得ない。
有り得ることであることが重要だ。

92 :名無シネマ@上映中:02/07/29 17:30 ID:ZnyMsTQK
あのカエルってCG?とくにアップのはやたらリアルだったんだけど。
本物も使ってたらかわいそーだなー
あと地上に激突してるはずなのに、平気な顔して跳ねてるカエルいましたね。
なんかかわいかった。

93 :名無シネマ@上映中:02/07/29 18:29 ID:slexXVSQ
カエルは人形、一部本物だそうだ。

72 ::02/07/23 02:51 ID:mz07sXti
カエルの雨がやんだ後、なんか訳も無く晴々とした気分になれる。
この映画、実際には物語中の様々なゴタゴタは何一つ解決してないんだけど
ラストシーンの後に感じる「気分」だけで、全てが満たされたように感じる。

117 :名無シネマ@上映中:02/08/03 12:24 ID:jqBW1bQ0
結局、この映画のオチの意味がわからん

118 :名無シネマ@上映中:02/08/03 13:07 ID:2st8PjDF
‘○○が空から降ってくる’っていう聖書の意味までは判らないけれど・・・
あの出来事の後、傷付いてた登場人物達が辛さの軽減を感じられた・・・
何が起こるか判らないけど何が幸いするかも判らない…
薬物依存のあの女の子が、こっちに向かって笑顔を見せる!
私には、これで充分なラストだったっス

54 :名無シネマ@上映中:02/07/18 13:21 ID:T427AAPU

Darth_Vader_20110918200426.jpg

この映画のラストの女の子の笑みが好きだな~
雨でずぶ濡れになって帰ったときに出されるコーヒーみたいで
何も変わるわけでもないのになぜかホッとする
この映画のすべてが詰め込まれたシーンともいえるかも・・・・

55 :名無シネマ@上映中:02/07/18 19:56 ID:HQu6HKKs
>>54
PTA自身あの微笑を撮るためにこの映画を作ったとか言ってたような気がする

65 :名無シネマ@上映中:02/07/22 23:23 ID:h/byM289
 どしゃ降りの雨の中、警官が銃をなくして泣きながら「そんなぁ。あんまりだ~」
って悲観にくれるとこが印象的だった。あのあと銃出てきたんだっけ?
 それとあのシーンはある邦画へのオマージュって聞いたけど何の作品?

66 :名無シネマ@上映中:02/07/22 23:37 ID:uRy+Xvn6
>>65
ラストにカエルと一緒に落ちて来てました。
ある邦画のオマージュって何だろう?
黒澤明の「野良犬」かな。刑事がピストルを盗まれるっつう話だったけど。

541 :名無シネマ@上映中:02/12/05 17:23 ID:H8TEvacI

d2002_196_c49ecaa570d000f3d3890e3de86d39d6_20110918200354.jpg

あの惨めな警官は最初女の部屋へ入った時しつこすぎ。普通だったら
あんなしつこい警官絶対嫌われてる。

547 :名無シネマ@上映中:02/12/10 15:42 ID:hTC1hIum
>>541 >普通だったらあんなしつこい警官絶対嫌われてる

この映画の主要登場人物に、ごく普通の人や状況って
殆んど無いので、それ言い出したらキリが無い…
警官に居座られた方の女性も、過去の傷を封印するかのように
麻薬無しじゃ生きられないジャンキーだったわけで、
誠実で人の良い警官に出会えて結局の所、嬉しかったんだし

49 :名無シネマ@上映中:02/07/13 01:41 ID:yvHME/wQ

edd854f94a0ae1bf06f6fa5b6ab68f18_20110918200425.jpg

教えて欲しいのですが、あの黒人の子供のラップのどこが真犯人のことを
言ってるんですか?

51 :名無シネマ@上映中:02/07/13 03:17 ID:YyjNcV3k
>>49
「うじ虫」ってラップの中で言ってたよね。あの子の父親は警官に
うじ虫って言われてなかったっけ。うじ虫=父親では?(うろ覚え)

73 :名無シネマ@上映中:02/07/23 11:06 ID:XciBXjTF
登場人物で一番アホなのは誰だと思う?

74 :名無シネマ@上映中:02/07/23 11:41 ID:kMNavH86
アホ、、色んな解釈できるけど
天才少年の父親と司会者の男かな。
みんなアホだけどw

78 :名無シネマ@上映中:02/07/23 23:32 ID:e16GDBVK
>みんなアホだけどw
「ハピネス」の登場人物たちよりは救われる。。。

laputa05_20110918200425.jpg

テレビ司会者オヤジは、自分の娘に性的いたずらしたんで、ピストルの弾当たればよかった。。カエルさんのばか。。

79 :66:02/07/23 23:36 ID:pY1ZinPF
>>78
確か、あの司会者は
「自殺することすら許されない」
という意味があったと監督が言うてました。

493 :名無シネマ@上映中:02/11/09 23:33 ID:ae6dJXKI
癌を患っていて我が娘への性的虐待したらしいクイズ司会者って
PTアンダーソン監督の父親がやっぱどこかしらモデルなのでは?
監督自身の父親もクイズ司会者で同じく癌で亡くなったが、
「癌で亡くなった人はたくさん居る」とか本人は誤魔化してるけど…
わざわざ同じシチュエーション設定した人物に、映画の中で最終的に
一番厳しい「自殺も許さねぇ」という制裁を与えていて興味深い

494 :名無シネマ@上映中:02/11/10 13:30 ID:/ZSYYi2m
「ハードエイト」でも父親をモデルにした役を同じ俳優にやらせてますね。ファザコン?

349 :名無シネマ@上映中:02/10/07 16:11 ID:TpNwJL5L
みのもんたみたいなテレビ司会者と、死にかけた爺さんのキャラがもろかぶってた。
どっちかいらねえよと思った。

350 :名無シネマ@上映中:02/10/07 18:17 ID:ftqLxzTa
>>349
どちらも死ぬけど、子供に看取られるかどうかで対比させたのでは?

353 :名無シネマ@上映中:02/10/08 02:20 ID:hphPern9
>>349
罪の重さはカナーリ近いけれど、反省の度合いを鑑みると
映画の中での制裁は順当だったと思う

225 :名無シネマ@上映中:02/09/08 03:43 ID:xkfXi2vx
子供の親って改心してないの?

子供が「優しくしてよ」と言っても「・・・寝ろ」の一言だけだったけど。
めんどくさそうに。

227 :名無シネマ@上映中:02/09/08 11:46 ID:IUQpAeHJ
>>225
あの蛙騒動の中でもグッスリ寝ていた父親が、真夜中に
息子に「ボクにもっと優しくなって」と話し掛けられたら、
クイズ番組楽屋でのあのキレぶりからして
「夜中にナンなんだゴラァっっ!」と怒り出しそうな所、
短い沈黙とGo to bedの一言で済んだ・・・
ねぼけていたから…かもしれないけれど、ココは、
とうとう番組中にキレた息子を目の当たりにしたあの日
就寝の頃には少しは反省の念が生まれたのか…?と
思いたいなー、と思って私は観ました…甘いカナー

228 :名無シネマ@上映中:02/09/08 13:34 ID:HT0IJ4RV
私は大金を稼いでくれる優等生の息子が
ついにおもらしをきっかけにしてキレてしまい、
「Go to bed」、
あれは賞金を目の前で逃してしまったことによる
放心状態であってあまり反省はしてないように思えた。

laputa06_20110918200424.jpg

子役の男の子よかったね。

219 :名無シネマ@上映中:02/09/07 16:46 ID:rLArsH+F
最近初めてマグノリアみた。
看護士のすごく深い優しさが心に染みた。
彼の物語だって言ってもいいくらい。
考えてみると、彼だけは、家族のつながり
の連鎖に入ってないのな。

126 :名無シネマ@上映中:02/08/06 01:15 ID:bilXs+it

51BVXZqazi_20110918200356.jpg

介護師役をしたフィリップ・シーモア・ホフマンは、実際は優しい人なのに
映画デビュー以来、ヘンな奴の役ばっかりしてるのを哀れんで、
監督はこのマグノリアに出てくる過去に囚われたメインキャラ達の中
唯一の優しい聞き役・受け手の役を彼にしたそうです

実際私も、セント・オブ・ウーマンの理事長のバカ息子役で初めて彼を見た時、
ハマリ役過ぎてこの人はココで終るんだろう、と思っちゃいました

127 :名無シネマ@上映中:02/08/06 01:41 ID:T0GheMOv
>>126
現実に監督の親友なんだよね>ホフマン
確かにハピネスとか観てたら、彼の将来を危惧する気持ちもわからんでもない

128 :名無シネマ@上映中:02/08/06 02:02 ID:/ebXfY7H
そう言いつつブギーナイツでは主人公に恋する冴えないホモ役で出してるな

129 :名無シネマ@上映中:02/08/06 10:24 ID:QQ2zbR+c
>>128
それも言ってたヨ! 変な役、ホモ役とか…って。
「まぁ彼は実際ホモなんですけどね」と言ってみたり、
「本当にイヤなヤツなんですが」等々、
アメリカンジョークを言い続けて、どないやねん!と思ったら
最後にやっと、>>126の話になった

130 :名無シネマ@上映中:02/08/08 12:37 ID:E7gr5eAY
フィリップ・シーモア・ホフマンの配役がホモセクシャルクイズ王のほうがしっくりくる気が…

もしかして、当初はその予定だったけど>>126の理由で急遽変更?

131 :名無シネマ@上映中:02/08/08 12:48 ID:rAuO3gb3
>>126
その割にはペントハウス(エロ本)を買って読むような役だったよなぁ(w

132 :名無シネマ@上映中:02/08/08 12:54 ID:WXqzNLka
>>131
そうしないとカリスママンにつながらないし・・・

133 :名無シネマ@上映中:02/08/08 15:33 ID:8DY3pmx9
>>131
あのシーンはホフマンだから一瞬そういう風に見えるの判るけど、
132さんともかぶるが、エロ本の広告欄になら、
カリスマ・クルーズにつながる電話番号が載ってるから、注文したんだよ~っっっ

599 :名無シネマ@上映中:03/01/31 21:36 ID:LX8ojrWy
フィリップ、いつ本性を現して何かしでかすかととハラハラした(w。
結局最後までいい人で心底ほっとしたですよ。

81 :名無シネマ@上映中:02/07/25 08:29 ID:GPKTJUez
やはりクライマックス後の犬の屍体ですな、
蹴り殺すって言葉のあやじゃなかったんすな
親父の遺体と列になって運ばれて逝くシーンは結構感動しますたな。

89 :名無シネマ@上映中:02/07/26 19:38 ID:S3P4pKrE
>>81
あれ犬が間違えて薬(たしか抗がん剤)飲んで死んだんじゃないの?

318 :名無シネマ@上映中:02/10/04 04:46 ID:ysJn9U8A
最後に運ばれていく犬はトムが蹴り殺したのかと思ってたけど
薬だったのね

593 :名無シネマ@上映中:03/01/27 04:11 ID:7b9l2eaT
運ばれる犬の場面はむしろ笑ってしまった。
泣いてるトムのところへ尻尾振りながら近づいていくところを想像すると、ね。
まあ薬のせいかも知れんけど自分は蹴り殺されたものと思っておくよ。

642 :名無シネマ@上映中:03/02/08 00:40 ID:THQ+vsUT
このスレ読んでたらまた見たくなって久しぶりに見返したけど
wise upのシーンとラストのヤク中の笑顔にやっぱり泣いた
あと、トムのお父さんがクイズのスポンサーだと今更気付いた
初見のときは気付きませんでした(阿呆

643 :名無シネマ@上映中:03/02/08 11:56 ID:QvJPC7V5
>トムのお父さんがクイズのスポンサー
その事実ってストーリーに全く関係して来ないから忘れるね

644 :名無シネマ@上映中:03/02/08 16:20 ID:eLPtn2HX
>>643
この映画のみんなって直接は関係ないかもしれないけど、
誰かと誰かがなにかしら関係してるって話じゃない?

645 :aimee:03/02/08 22:26 ID:vnE/uKwC
>>644
そうですね、じゃないとわざわざあんなわかるように写さないですもんね。
私も642さんに言われるまでわかりませんでした・・・。


関連記事

  1. 2011/10/05(水) 21:22:50|
  2. ま行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハリウッド版ゴジラが凶暴すぎる件 GODZILLAとは違う でもこれはゴジラではない・・・ | ホーム | 【芸能】水嶋ヒロが女性モデル!?としてNumero TOKYOに登場>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2267-3b54d76f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。