FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

冷たい熱帯魚

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1296741482
14_alikeh_20110918184237.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2011/03/02(水) 02:46:48.95 ID:UjglT15J
『この素晴らしき世界。』

猟奇的な連続殺人事件に否応なしに巻き込まれる熱帯魚店経営者と、その家族を描いた園子温監督の新たな衝撃的傑作!

2011年1月29日よりテアトル新宿ほか全国にて順次公開
[公式サイト] http://www.coldfish.jp/index.html

監督: 園子温
脚本: 園子温 高橋ヨシキ
編集: 伊藤潤一
音楽: 原田智英

[キャスト]
吹越満: 社本信行
でんでん: 村田幸雄
黒沢あすか: 村田愛子
神楽坂恵: 社本妙子
梶原ひかり: 社本美津子
渡辺哲: 筒井高康
諏訪太朗: 吉田


20 :名無シネマ@上映中:2011/02/04(金) 18:49:07 ID:PiFYPaXG
おいらは90点。

今日の新宿10時半の回、笑いが起きたのは
「社本くん、ちょっと痛い!」のところくらいだったな。
音声ボリュームも大きめだったこともあるのか、みんな迫力に圧倒
されている感じだった。

この映画は見終わった後に肉食いたくなる奴と
セックスしたくなる奴が出そうだ。
おいらは後者。

日本人の作ったキャラクターで一番怖かったのは「黒い家」の菰田幸子(小説のほうね)だったけど、
この映画の村田はそれに匹敵するパワーだった。

あー面白かった。

23 :名無シネマ@上映中:2011/02/04(金) 20:44:04 ID:oRUS6t43

51jQIr2oWd_20110918184234.jpg

でんでん凄かった。
なにが一番凄かったってあのキャラのリアリティ。
よくいるものああいう親父。
ハイテンションで押しが強くてスケベ。
陽性でニコニコしっぱなしかと思うと怒りっぽくて自分を棚に上げた説教好き。
でもその説教がまた妙に説得力があって、周りからは嫌われ者であっても
みな黙りこくって従うしかない空気ができあがる。
職場や学校に必ず一人はいるでしょ? そんな人
ただ一点ちがうのは彼らはサイコパスではないということだけ。

でもそのどこにでもいそうな親父にサイコパスの属性を一つ加えただけで
無類のモンスターになるこの恐怖。
うちのめされたわ~

24 :名無シネマ@上映中:2011/02/04(金) 20:59:48 ID:Vv7KmLwn
凄い映画だった
ラスト付近は過呼吸になりそうになったよ

27 :名無シネマ@上映中:2011/02/05(土) 01:00:29 ID:7Eqd2Kqv
社本は、モンスターと出会うことで全てを失う。
が、死を覚悟することで夢であった幸せな家庭の食卓を実現しようとし、
さらには遠慮なく娘の前で妻とのセックスまでしてしまう。
この滑稽であるが理想を暴力的に勝ち取ろうとするパートが魅力的にならなかったのが、
本作の残念な所だと思う。
あと、ラストの車中にいる妻や娘とのやり取りは今思うと蛇足のように感じなくもない。
あっ、ダメ出ししてるっぽくなったが、映画自体は大満足です。久し振りに入場料分の映画を観た感じ。

38 :名無シネマ@上映中:2011/02/05(土) 05:03:44 ID:iw/rccHt
>>27 概ね同意だな 電電が死んで以降がつまらなかった
それよか劇場超満員なのに何だよこの過疎ぶり

59 :名無シネマ@上映中:2011/02/05(土) 18:57:57 ID:8QY8kBkd
まさにでんでんワンマンショーだった
お笑いスター誕生でもこんなに笑わせたことないだろうwww

90 :名無シネマ@上映中:2011/02/06(日) 19:26:54 ID:SbAgg6yj

51BVXZqazi_20110918184236.jpg

恵がでんでんに迫られて身体を許すシーンは
あの10倍はほしかった

91 :名無シネマ@上映中:2011/02/06(日) 19:59:08 ID:P0n45222
10倍もやったらポルノ映画になっちゃうw
それに、でんでん様はヌード、ラブシーンNGなのですw
ま、それは勿論冗談なんだけど、実はでんでんは裸になってないんだよね。
なのに、村田はやりまくっている印象が強い。

101 :名無シネマ@上映中:2011/02/06(日) 22:48:28 ID:SbAgg6yj
>>91
そうだな10倍は欲張りすぎとして
アイコ役のがっかりおっぱいの人と同じくらいほしかった

94 :名無シネマ@上映中:2011/02/06(日) 21:03:47 ID:3dvOWPRA
女を叩いて服従させるなんて、自分の発想には全くなかったが
世の中にはああいう関係の男女って結構いるのかな?

96 :名無シネマ@上映中:2011/02/06(日) 21:20:28 ID:HbF8HeTT
>>94
結構いると思うよ。

310 :名無シネマ@上映中:2011/02/11(金) 23:11:44 ID:7Ynrzden
今日池袋の初回観てきた
頭の悪い俺のこの映画の印象
こんなにモロにおっぱいわしわし揉む映画珍しいや

311 :名無シネマ@上映中:2011/02/11(金) 23:18:21 ID:SxamFEmg

77219_20110918184234.jpg

アマゾンゴールドの店員のむちむちタンクトップ&ホットパンツの方がエロかったな

53 :名無シネマ@上映中:2011/02/05(土) 11:34:28 ID:prlGnUWE
寮の女の子がみんなでんでんにヤラれてるかと思うと勃起するよね

123 :名無シネマ@上映中:2011/02/07(月) 19:11:15 ID:8HxI1se+
おい、社本!!っていう村田の声が頭にこびりついてる

124 :名無シネマ@上映中:2011/02/07(月) 19:14:51 ID:UmcdSFcI
村田さんが幼児虐待でああなったって説明は余分な気がした
得体の知れない空虚さがいいのに

現実にいる村田さんみたいな人間は脳に欠陥があるのか知らんが
昆虫みたいな行動するよな
この映画のモデルになった奴とか婚活殺人のブタとか
一見普通の人に見えるから怖い

131 :名無シネマ@上映中:2011/02/07(月) 21:28:17 ID:+vNGPxlk
>>124

>村田さんが幼児虐待でああなったって説明は余分な気がした
>得体の知れない空虚さがいいのに

分かるなぁ、これ
ラストにかけて急に陳腐になったのは俺はそのせいだと思ってる

125 :名無シネマ@上映中:2011/02/07(月) 19:22:18 ID:qh9G63yZ
社本くんちょっと痛い!

506 :名無シネマ@上映中:2011/02/17(木) 00:28:28 ID:ElTeVhiK
(´ ∀`)σ)Д`) シャモトクン、チョットイタイ・・・

126 :名無シネマ@上映中:2011/02/07(月) 20:06:44 ID:iZw4bxoQ
確かに久々に、観ててドキドキする映画だった。
でんでん上手いね。
こんな俳優さん、全然知らなかったよ。
キレたとことか、スネたとことか「あ~こういうおっさん居るなぁ・・・」とか思って観てた。

128 :名無シネマ@上映中:2011/02/07(月) 20:25:26 ID:SJ1FpNl+
>>126
でんでんは30年ぐらい前にスタンダップコメディ風のネタで人気を博した元お笑い芸人。
今で言えばダンディ坂野みたいな芸風だったんだよ。

74 :名無シネマ@上映中:2011/02/06(日) 11:43:36 ID:7zYB8+Yq
最後、社本の完全犯罪で締めるかと思ったけど、なんかやっつけっぽい終わり方だったな。
これ事実に忠実にやると、社本が警察にタレこんで終わりだろうけど。

92 :名無シネマ@上映中:2011/02/06(日) 20:11:33 ID:4+zwZDDp
サディストが快楽のために残虐行為をするんじゃなくて
倫理観の壊れたオヤジが金儲けのために人間を切り刻むというところがポイントだな。

150 :名無シネマ@上映中:2011/02/08(火) 02:50:01 ID:lxJ2Z2oY
加害者も被害者の巻き込こまれた家族側も生きる事に無我夢中で行動だったと
人間身溢れる映画だな

152 :名無シネマ@上映中:2011/02/08(火) 07:27:31 ID:ZgLicmMu
加害者も被害者も自分の欲望に忠実で、自己中、傲慢、狡猾だった。
熱病の一種でもあるかな。

153 :名無シネマ@上映中:2011/02/08(火) 08:31:11 ID:1xbJik0o
監督が自己顕示欲の塊みたいな人だから、自己犠牲の塊みたいな社本を描ききれていない。
ゆえに、人生は痛いという社本の台詞に重みを感じなかった。

155 :名無シネマ@上映中:2011/02/08(火) 10:25:57 ID:7dPL41Df
>>153
> 自己犠牲の塊みたいな社本

そもそもここに多くの人は異論を唱えると思うけどな

159 :名無シネマ@上映中:2011/02/08(火) 15:08:36 ID:ZYHe/Mwb

20071115_inutowatashi_main_20110918184233.jpg

黒沢あすかが可愛かったなあ
フェラしようとする彼女の頭を殴った場面で社本にハラが立ったわw
あそこで感情移入が吹っ飛んだから、あの後はおー死んだかザマーミロとしか思えんかったよ
ケチ臭く完全犯罪にして彼女と逃げようとして母娘にチクられて失敗、とかの方が良かったのに

507 :名無シネマ@上映中:2011/02/17(木) 01:08:03 ID:ECIaem4S
黒沢あすかの「うん!」「半分出来たよ!」の可愛さにヤられた。

正直あれが無かったら、今もでんでんの怒号が耳から離れなかった…。

132 :名無シネマ@上映中:2011/02/07(月) 21:43:44 ID:jx9h9xfo
見てきたよ
面白かったと思うが
よく分からなかったのが

d2002_196_c49ecaa570d000f3d3890e3de86d39d6_20110918184254.jpg

黒澤と渡辺がセックスした後に渡辺が殺されたのだが
でんでんの説明では横領しようとしたとかって事だけど
その辺のいきさつがなんとなくぼかして見せてたので?
よくわからなかった

渡辺がクーデターを打ち明ける、それを黒澤がでんでんにちくって
でんでんが来る前に渡辺を殺害したの?
そんな感じ?


あと関根も殺害方法とかその立ち振る舞い方とかでんでんと
同じ事をしてたって認識でいい?

133 :名無シネマ@上映中:2011/02/07(月) 21:51:11 ID:Pjl+6xmF
>>132
村田(でんでん)が、「俺からもっと金をひっぱろうとした」みたいなこと言ってたよね
欲をかいた、もしくはゆすりに近いようなことをしたから
村田夫婦に透明にされたんだと思った
なぜ寝たのかとか、そこらへんはあいつら倫理感が壊れているから
論理的に考えてもあまり意味無い気がする

関根?ああモデルになった人か
埼玉愛犬家連続殺人事件
でググってみな

138 :名無シネマ@上映中:2011/02/07(月) 23:53:11 ID:UmcdSFcI
家族殺しとか北九州も少し入ってるのかな
疑心暗鬼にさせる家族の乗っ取り方も怖かった

224 :名無シネマ@上映中:2011/02/09(水) 21:03:16 ID:RFOG4EMZ
今日見てきたけどやべえーww
最高だ、こういうの求めてた。

ν速でたまに立つ猟奇的事件スレを必ずチェックするようなオレにはもってこいの映画。
北九州監禁殺人事件、綾瀬コンクリ殺人事件、この事件の元ネタになった
埼玉愛犬家殺人事件、みんなに共通してたのは精神的支配ってやつだ。
逃げたり抵抗すればいいじゃんって簡単に思いがちだがそうはいかない。

っていう、口で説明するのが難しい部分を映像や音でとても良く表現できていたと思う。
ラスト蛇足かもな、とか色々論点もあるでしょうが、
まあ2時間半、頭痺れっぱなしで見られるっていう映画は良い映画。
2回目はしばらくいいやって思ってるけど、誰かに必ず薦めたくなる。
おすすめです!

257 :名無シネマ@上映中:2011/02/10(木) 05:34:02 ID:0n7hYi/x
実際の愛犬家の事件では主犯者は女の遺体と死姦してるんだよな
それやってたらグロ度は増してただろうか
あとは佐川君よろしく人肉喰うとか

この映画では死体をあくまで死体(血と肉と骨)として扱ってるから、ある意味良識的ではあるかも
グロでキチガイなのは確かだが、まだ理解の範疇というか

163 :名無シネマ@上映中:2011/02/08(火) 18:26:07 ID:y0+S/xES
勝つ勝つ勝つ勝新太郎!


おいっ!笑えよ。

167 :名無シネマ@上映中:2011/02/08(火) 18:58:38 ID:1gCo96/Z
>>163
でんでんのセリフってほとんど台本通りみたいだけど、
そのセリフのあたりだけは でんでんのアドリブだってね。
監督が大阪に来た時に言ってたわ。そして勝新太郎の所 結構受けてた

322 :名無シネマ@上映中:2011/02/12(土) 04:23:31 ID:2oQWCIiX
社長だけはなんであのドリンク飲んでも無事だったの?
渡辺哲の弁護士は単なる腹上死って考えもできるけど、
たくさん飲んだ形跡があったわけだし、だいたいカミさんは初めから殺すつもりで
弁護士の家に押しかけて目撃者まで作ってるわけだし…
で、最初の取引相手も運転手のチャラ男も、これ飲んだせいで
ゼイゼイ言い出して絶命させられてるんだが…

324 :名無シネマ@上映中:2011/02/12(土) 08:31:03 ID:wkFXqOYf
毒が入っているのとはいっていなかったのが有ったんじゃないの?
それよりも長いことパートナーとしてやってきたと思しき弁護士とその舎弟が易安
と「ドリンク」を飲んでしまうかな?というのが不思議だったんだけど。

164 :名無シネマ@上映中:2011/02/08(火) 18:45:49 ID:m5F7asgX
吉田がゴネてる時に村田と社本は一旦部屋から出るよね。

Darth_Vader_20110918184253.jpg

部屋に戻ると吉田が判を押してるのは何でなんだ。
しかも社本に感謝の言葉まで述べてる。
社本は部屋の外にいて、何も言ってないし何もしていないよね。
「筒井さんのお話を聞いて決心しました」なら分かるんだけど。

165 :名無シネマ@上映中:2011/02/08(火) 18:52:02 ID:6s3aZ+XF
社本がどういう人物か都合よく説明するために、社本を外に連れ出し
その間に筒井がうまいこと丸め込んだんだろうが
これくらい理解しようぜ

289 :名無シネマ@上映中:2011/02/11(金) 03:00:00 ID:nkFHvcY9

edd854f94a0ae1bf06f6fa5b6ab68f18_20110918184253.jpg

社本の奥さんのキャラ設定が良く分からなかった。
後妻で娘と折り合いが悪い、というのは分かるが、冷凍食品ばかり買ってきて食事している
という描写は必要だったのか。熱帯魚店の仕事は好きで真面目にやってるんだし。

290 :名無シネマ@上映中:2011/02/11(金) 03:31:44 ID:pzcao2kO
そこは観客が想像するべき所でしょ
仕事はしているが決して真面目ではないよね
いつも胸元の開いた服着て、隠れて店先でタバコふかしているし、料理も出来ない

まともな男と付き合った事のないその道の女であり、娘の売女発言から、風俗かなんかで知り合ったっぽい だからこそ真面目でロマンチストの社本にひかれた
だが、娘には暴力を受け亭主はうだつがあがらずストレスが溜まる一方

村田はいろいろ見抜いて、そこにつけこんだってとこだろう

316 :名無シネマ@上映中:2011/02/12(土) 01:08:09 ID:1REVobx6
夫婦で行った。家まで我慢出来なくて、ラブホ寄ってしまった。

319 :名無シネマ@上映中:2011/02/12(土) 02:36:14 ID:xAND6n4L
>>316「3発じゃ4発じゃ5発じゃ6発じゃ~っ!!」

320 :名無シネマ@上映中:2011/02/12(土) 03:13:53 ID:xGoSbVhH
>>316
「今日やる事は今日やる!」

328 :名無シネマ@上映中:2011/02/12(土) 10:41:29 ID:14ulnuS5
>>316
いいなぁww 仲イイご夫婦はwww

282 :名無シネマ@上映中:2011/02/11(金) 01:10:05 ID:Lr+Sn53l
途中の家族三人のシーンで娘が「お父さん大好きお母さん大好きみんな大好き」とかいうシーンがあったけど、
あれは回想なの?空想なの?

284 :名無シネマ@上映中:2011/02/11(金) 01:15:39 ID:Zj1TQCiv
>>282 妄想

286 :名無シネマ@上映中:2011/02/11(金) 02:03:01 ID:f8qBkYOo
>>284
やっぱり妄想の方だったのか。
プラネタリウムからの流れであのシーンになったから、家族三人で仲良くやっていた時期もあって、
その思い出がプラネタリウムにあったんだと思ってたわ。
でも妄想だとすると主人公がプラネタリウムに執着する理由がよくわからんな。

291 :名無シネマ@上映中:2011/02/11(金) 04:01:18 ID:IsiuPTBq
>>286
秘宝の園インタビューだとでんでんの「俺の地球はゴツゴツしてる」を
言わせたいがためにプラネタリウム出したみたいね
あのくだり良かったなあ。つかでんでんの台詞凄かったな
皮肉にもだんだん村田が有能な牧師に見えてきたもん

294 :名無シネマ@上映中:2011/02/11(金) 09:17:42 ID:4btz6mQt
>>>291
たえず現実しか見えてない村田と、
地球を遠くから他人事みたいにしか見てない社本
(現実と向き合わない結果が、妻や娘とも不仲)
そう考えると、いい対比だと思うしプラネタリウムの必然性も感じてくる

307 :名無シネマ@上映中:2011/02/11(金) 21:57:21 ID:8RkJaKOB
風呂場での解体シーンでいきなり頭部は心臓に悪いジョークだった。
でんでん演じるアッパー系親父の名前が”村田”とか根本敬の漫画だし。

終了直後貧血で倒れた若い男性を見掛けたので
体調の悪い時には観れない映画だ。

308 :名無シネマ@上映中:2011/02/11(金) 22:27:47 ID:d0UVlCH3
>>307
>終了直後貧血で倒れた若い男性
村田に足蹴りされまくりそうだなwww

315 :名無シネマ@上映中:2011/02/12(土) 00:21:55 ID:aDZLJYwF
>>307
うっそーーーwww
これだから今どきの男は

104 :名無シネマ@上映中:2011/02/07(月) 01:48:57 ID:LeXUNWaE
新婚の嫁と見に行ったよ(w
確かにやりたくなるけど結婚してないと分からん夫婦のエロさがでてるな。
吹越の嫁はデリヘルか風俗で知り合ったビッチの設定だろうな(w
メインキャスト全員が親に幼児虐待されたり、恋人にDVされてトラウマもった感じだ。
でんでん親父の役は時々スーパーで万引き見つけては若い女を調達しているようだし。
地方の闇がリアルだな。映画自体はスプラッタームービーのような作り物を楽しむ感じもあるから
笑えるんだろうな。

205 :名無シネマ@上映中:2011/02/09(水) 04:19:41 ID:LquBTBsp
そういや、社本と愛子がクライマックスで村田の血肉にまみれて格闘するシーンあったじゃん
あそこは、すべてが村田の影響下にあり(死んでもなお)、村田のキチガイの血が周りの人間を染め上げていく
つまり一人の狂気がさらなる狂気を呼び起こして蔓延していくさまをあらわしてる、
すごい脚本だな~!とゾクゾクしたんだが…

パンフ読んだら現場でのアドリブだったらしいねw
本当はマリア像で殴って終わりだったらしい

206 :名無シネマ@上映中:2011/02/09(水) 05:59:53 ID:6wnXMs8i
>>205
アドリブといっても、現場でそういうことを考えて、
監督が付け足した、もしくは役者が付け足したのかもしれないよ。
そうじゃない可能性の方が高いけどw
ま、そういう深い解釈をした時は、あまり裏話を聞くなってことだなw

211 :名無シネマ@上映中:2011/02/09(水) 10:12:42 ID:LquBTBsp
>>206
かなり苦し紛れの判断だったらしいよ
助監督がスケジュールの管理ミスって、愛子のシャツの血汚れを先に決めなきゃいけなくなったらしい
困りまくったすえ「全身真っ赤で」ということになり、そのために床一面血肉まみれに変更して
転げまわって格闘するシーンになったという

なんか、あしたのジョーで最初にちばてつやが力石を背高く描きすぎたために
力石の過剰な減量~死という名シーンに繋がることになった奇跡の展開を思い出したわ

213 :名無シネマ@上映中:2011/02/09(水) 14:07:52 ID:6wnXMs8i
>>211
へぇ~、完全に怪我の功名だねw
いや、やっぱり予定通りマリア像で殴って終わりの方がテンポはよかったのかな。

192 :名無シネマ@上映中:2011/02/09(水) 02:01:47 ID:LquBTBsp

41dQ0l+1QV_20110918184236.jpg

愛子を殺して以降のラストは主人公の妄想かもと思った
刑事が2人しかこなくて血濡れの社本を放りっぱなしで小屋に入ったまま出てこないのとか
都合よく来た妻を刺したらやけにあっさり死ぬのとか
あまりにも絶望的な娘の言葉とか

258 :名無シネマ@上映中:2011/02/10(木) 09:09:39 ID:3i9zeCt/
村田を殺して以降は明らかに社本の妄想だろ。
それを象徴するのが眼鏡。眼鏡なしでは運転できない。
あと、愛子の不死身っぷりとか、娘とその彼氏を一発で気絶させるとか、くどいほど妄想だと説明してる。
「村田なんか殺してやりたい」
「愛子を奪ってやりたい」
「言うことを聞かない娘やその彼氏をぶん殴ってやりたい」
「娘を憚ることなく妻とセックスしたい」
「妻に本音を問い質したい」
そういうこれまで抑圧していた欲望を解き放ってみたら、新しい展望が開けてくるかと思ったら、
やっぱりそんなはずはなくてどうにもならないっていう。

車の中で村田を殺そうとしたこと自体は事実なのか、そこから既に妄想なのかは解釈が分かれると思うが。

508 :名無シネマ@上映中:2011/02/17(木) 01:22:19 ID:AqfUlIS2
>>192 >>258
ラスト近辺が社本の妄想説は面白いな
云われると、そんな気もしてくる
「だから?」と云われても、何でもないんだが
ま、最後はやっつけ、という説も有力だがw

でんでんの怪演を見られただけでも満足
特に前半は、観客はどこに連れて行かれるのかと思って観てたよ

これって、いわゆるエクスプロイテーション映画だろうね
もっとも、園子温が儲け主義かどうかは分からんがw

「透明」とか、すげぇ台詞だな、と思ったらホントにあったのね
やっぱ、事実は小説よりも、なんだなぁ


関連記事

  1. 2011/09/24(土) 21:18:50|
  2. た行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<【 公開直後 】『ワイルド・スピード5』『モテキ』『セカンドバージン』『僕たちは世界を変えることができない』『スリーデイズ』『4デイズ』評判まとめ | ホーム | グラディエーター>>

コメント

残念ながら

いまいち高校生レベルの脚本だな~。
エログロで目立てば、本質に迫ってるみたいな。。。
でんでんは好きだけれど、監督の力量不足は否めませんね。
  1. URL |
  2. 2013/05/20(月) 13:15:34 |
  3. 桃太郎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2265-7c54715a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR