2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ずきん

赤ずきん/RED RIDING FOOD
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1307715588/
14_alikeh_20110911205324.jpg

1 :朝一から閉店までφ ★:2011/06/06(月) 09:03:41.33 ID:??? ?PLT(12379)
【概要】
グリム童話の中でも有名なヒロイン「赤ずきん」の成長した姿を描いたファンタジー・サスペンス
。危険な恋に落ちるヒロインと満月の夜の残虐な殺人事件をダークなタッチでつづっていく。
監督は、『トワイライト~初恋~』のキャサリン・ハードウィック。
『マンマ・ミーア!』のアマンダ・セイフライドが大人になった赤ずきんを演じる。
赤ずきんをめぐって三角関係を繰り広げる若手俳優、マックス・アイアンズとシャイロー・フェルナンデスにも注目だ。

赤ずきんことヴァレリー(アマンダ・セイフライド)は木こりのピーター(シャイロー・フェルナンデス)と愛し合っていたが、
ヘンリー(マックス・アイアンズ)との婚約を親が勝手に決めてしまう。
ある満月の夜、ヴァレリーの姉が何者かに惨殺され、
魔物ハンターのソロモン神父(ゲイリー・オールドマン)は人オオカミのしわざだと宣告するが……。


62 :名無シネマ@上映中:2011/06/14(火) 17:21:27.17 ID:DYQfuNpP
>>1
FOOD じゃなくて HOOD だ。ボケ

4 :名無シネマ@上映中:2011/06/10(金) 23:51:40.14 ID:WJGGoNqO
本当は怖いグリム童話系の作品だな
シガニー・ウィーバーのスノウホワイトも良かった
神父の衛兵が黒人やアジア系なのはツッコミ所だった

77219_20110911205322.jpg

7 :名無シネマ@上映中:2011/06/11(土) 01:01:38.82 ID:/56aYUch
>>4
一番のツッコミどころは、
人狼なのに、自分の長女の父親が鍛冶屋だと、気が付かなかったところだよ。
犬でも飼い主の血縁関係がある人間を初対面で教えなくても認識できるのに、
狼が分からないわけないもの。
人間の姿の時の嗅覚は鈍いかもしれないが、満月で何度も狼に変身を繰り返しているんだから分かりそうなものだ。

8 :名無シネマ@上映中:2011/06/11(土) 01:14:05.71 ID:yzGzMEff
高度なツッコミだな
そんなツッコミのレベルが高いと誰もボケられずポカーン(゜Д゜)状態だな
俺的には神父の池沼村人の象の像拷問がツッコミどころだった

9 :名無シネマ@上映中:2011/06/11(土) 01:21:44.51 ID:gIux8Gwt
雪の中、あんな薄着で寒くないのかばかり気になってしまった

10 :名無シネマ@上映中:2011/06/11(土) 08:20:39.38 ID:4/lSItIW
雪の中の赤のずきんがダイアナ妃の結婚式のドレスより長くなっていたな
人狼は子供の頃の赤ずきんがウサギを殺したのをどうやって知ったのか分からないな

17 :名無シネマ@上映中:2011/06/11(土) 11:21:11.26 ID:/56aYUch
>>10
手を洗っても消えないウサギとウサギの血の匂いかな?
犬は見なくてもわかる。

13 :名無シネマ@上映中:2011/06/11(土) 09:48:01.65 ID:ZJg1fa1O
もーちょっと面白くなりそうな感じだったんだけどなー。
だんだん怪しい人が増えていく、って辺りが上手くいってたら。

まあ基本的には好きな映画だ。

15 :名無シネマ@上映中:2011/06/11(土) 11:03:19.48 ID:FFXswbLG
神父とその一味がアホらしくて笑えた。
オオカミと普通に剣で戦おうとしてどうすんだ?
仕掛けとか作って、頭で勝負するのを期待したんだけど…

5 :名無シネマ@上映中:2011/06/11(土) 00:27:15.43 ID:yLorBQK2
人狼の正体について。


序盤の母親の告白のせいで拍子抜けた。あれでバレバレ。
殺されたメンツ考えたら、正体は一人しか浮かばんw

6 :名無シネマ@上映中:2011/06/11(土) 00:40:32.80 ID:Fp3NnpGT
↑頭いいな
俺なんか監督の誘導に、ものの見事に引っ掛かったよ

12 :名無シネマ@上映中:2011/06/11(土) 09:02:55.84 ID:EX56ZapY
監督は結構、人狼のことを調べているな。中世には人狼は魔女と同様、教会権力が市民を支配するための象徴として一般人を裁判にかけ魔女や人狼に仕立てあげ拷問や処刑をしまくっていた

18 :名無シネマ@上映中:2011/06/11(土) 16:38:25.79 ID:+KWSPwA+
知能障害も人狼の魔力がなせる業と中世では信じられていた
赤ずきんの女友達の弟が池沼だけど、そこらへんを監督は結構ちゃんと押さえているんだよな

16 :名無シネマ@上映中:2011/06/11(土) 11:12:13.66 ID:ZJg1fa1O
「人狼の正体は?」って作りだったからなあ。
一番怪しい若い男2人は可能性低いと思ったし、婆ちゃんも理由が薄い。
じゃあ親父?とまで考えたら、いろいろなことが符合するし、
おそらくそうだろうと中盤くらいで第一候補になった。

23 :名無シネマ@上映中:2011/06/11(土) 20:31:14.46 ID:yLorBQK2
母親の不貞とか、最初に狩りに行くとき親父と婆ちゃんがハグしてて、だから婆ちゃんのジャコウの匂いが人狼からしたのかとか、人狼が現れるシーンに出てないメンバーを消去法したりしていくと、最後まで人狼の正体に気付かないってこと無いと思うんだけどね。

最後、赤ずきんは鍋の中の婆ちゃんの肉ひとくち食べちゃったねw
そういうとこ結構原作に忠実だった。

31 :名無シネマ@上映中:2011/06/12(日) 00:47:34.47 ID:1YAANgRW
>>23
グリム以前の原作なんだよね
日本では狼は大神に通じる もののけ姫なんかに出ていたけど

30 :名無シネマ@上映中:2011/06/12(日) 00:42:27.03 ID:LJDeEc7e
猟師が狼を退治して終わるのは、人間が書いた物語の中だけなんだ

29 :名無シネマ@上映中:2011/06/12(日) 00:34:28.01 ID:EBr/hTz4
人狼の正体は予想外だったけど、見せ方が地味だからあんまり驚かなかった
赤ずきんも昔はワルでしたとか言っといて別に普通だったし、もっと悪女っぽいのを期待してたのに
でも、赤ずきんちゃんが可愛かったので良い

28 :名無シネマ@上映中:2011/06/12(日) 00:24:16.65 ID:DN44oBjQ

20071115_inutowatashi_main_20110911205322.jpg

不満の声が出ないのは主人公が綺麗だからにつきるかな(笑)

125 :名無シネマ@上映中:2011/06/22(水) 19:51:50.66 ID:x7xCYcFo
赤ずきんちゃんがエロかわいかったから許す!
色白に赤って映えるね

36 :名無シネマ@上映中:2011/06/12(日) 06:45:38.55 ID:LMtbEDZX
赤ずきん役の人可愛かった
マンマミーアの頃よりイイ

11 :名無シネマ@上映中:2011/06/11(土) 08:32:49.25 ID:Injdcm3T
アマンダちゃんは隠れ巨乳

51 :名無シネマ@上映中:2011/06/13(月) 01:18:47.08 ID:/KXNEWp+
有楽町界隈はアマンダだらけだったので、これとジュリエットとクロエをハシゴしてきたw
結局この人はラブコメ向きなんだと思う

52 :名無シネマ@上映中:2011/06/13(月) 02:07:09.88 ID:0Ex/Jdsb
俺も3作観たけど、ラブコメではないと思う。

33 :名無シネマ@上映中:2011/06/12(日) 01:28:21.18 ID:aW2dpTh+
人狼が村を出たい理由って、都会で遊びたかったってことだよね。
中高生かっ!

38 :名無シネマ@上映中:2011/06/12(日) 09:01:50.95 ID:XetqXzO5
>>33
村を出たかったのは「自分はこの村にとどまってるには惜しい存在」みたいな自意識の高さからではないの?
そんなセリフあったよ。

34 :名無シネマ@上映中:2011/06/12(日) 03:32:42.47 ID:mTppjHlR
レイトで見てきた。
父親が狼だったとはねー、なんてネタバレなんてどうでもよくなるような駄作だな。
サスペンスとしても、恋愛劇としても、ホラーとしてもすべて中途半端で退屈。
これで主役の赤ずきんちゃんがかわいければいいのだけど、
全然かわいく(撮られて)ないと思うし。

奥深い森やそこで生活する人々の様子なんかも全然魅力的に撮られていない。

そもそも赤ずきんである必然性なんて全くないよね、この作品。
おばあちゃんが狼だ、っていうミスリードをひとつ付け加えられるくらいの意味しかない。

この監督が撮った「ロード・オブ・ドッグタウン」は好きだったんだけどなあ。
見に行こうかどうしようか迷ってる人がいたら全力で止めたい。

37 :名無シネマ@上映中:2011/06/12(日) 08:41:12.98 ID:Iux9tjBp
狼がぬいぐるみ臭くてダメだった
どうせならナルニアのライオン位動きもリアルに再現して欲しかった

39 :名無シネマ@上映中:2011/06/12(日) 15:14:41.37 ID:yKXxs/kW

51jQIr2oWd_20110911205323.jpg

ゲイリー・オールドマン目当てで今日観てきた。

あっけなかったなぁ。それが、らしいっていえばらしいけど。

40 :名無シネマ@上映中:2011/06/12(日) 15:30:52.44 ID:7id27w13
ゲイリー・オールドマンがこの作品を選んだ理由に
自分の中の14歳の部分がときめいた的な事書いてあってふいた

アマンダ可愛かったから話いまいちでもとりあえず満足です

41 :名無シネマ@上映中:2011/06/12(日) 18:30:39.26 ID:gZxFSCQE
小学生の娘がこの映画見たがってるから連れて行こうと思うんだけど
子供に見せても大丈夫ですか?
恋愛がメインみたいだから濡れ場シーンとかあるのかな

44 :名無シネマ@上映中:2011/06/12(日) 19:12:28.89 ID:whVazT8I
>>41せがまれたからって小学生に見せたら親として失格

42 :名無シネマ@上映中:2011/06/12(日) 18:37:52.18 ID:XetqXzO5
言葉だけだから大丈夫かと。

45 :名無シネマ@上映中:2011/06/12(日) 19:19:03.90 ID:oxuOJBwQ
ディープなキッスがあって「私が欲しい?」って言うくらい。つーか脱がない。
逆にもうちょっとエログロ頑張って欲しかったくらい
パイレーツオブカリビアンの方がよっぽどエロいしグロいわってレベル
この内容で文句つけるPTAがいたら正直パラノイア

59 :名無シネマ@上映中:2011/06/14(火) 07:40:21.55 ID:Wn9SH/6f
長女が自分の娘じゃないとわかって殺し、妻と関係のあった男を殺すまではなんとか気持ちはわかるが
その後の村を襲う必要は狼にあったのか?とくに親父が娘に事情を告白する最後の話を聞いていると
根っからの凶暴性もないし、次女にも長女見たくこっそり呼び出して、親子で内々に済ませ村を出てゆけば
いいだけの話。最後まで見ると、あの騒動はいったいなんだったのか?って思ったよ。

60 :名無シネマ@上映中:2011/06/14(火) 12:17:28.67 ID:yBBUo5AF
ゲイリー倒さないとと思ったんじゃね
村人を上手く騙したと思ったらゲイリーが狼は村の中にいるって言っちゃったから

61 :名無シネマ@上映中:2011/06/14(火) 12:52:24.27 ID:Wn9SH/6f
あーそうか、それはあるね。村人の中に狼がいるという発言は重要だったな。

63 :名無シネマ@上映中:2011/06/14(火) 19:33:03.81 ID:wDOnDf16
つか、三日間だけみんなで教会内に閉じこもってれば良かったんじゃ。

64 :名無シネマ@上映中:2011/06/14(火) 21:46:08.64 ID:Ad3DnfLN
教会がそれを許してくれるかどうか。

65 :名無シネマ@上映中:2011/06/15(水) 00:12:20.35 ID:/1F46dhf
昔のは知らんが最近の教会は来るもの拒まない
多分
嫌そうな顔はするが

49 :名無シネマ@上映中:2011/06/12(日) 22:18:13.72 ID:4DKNxxFQ
人狼が銀の爪でちょっと刺しただけで死ぬなら、
最初から村中の人間を爪で刺して行けばよかった

68 :名無シネマ@上映中:2011/06/15(水) 01:37:32.54 ID:2PYBGDCw
なんかちぐはぐな映画だったね。
もともとのストーリー自体がフーダニットで進んでいたわけでもないのに、
終盤になって急にあいつも怪しい、こいつも怪しい演出になったと思ったら、
次のシーンで実はお父さんが犯人でしたって、「はぁ、そうですか」としか
思わなかった。

あと、時々思い出したように赤ずきんのエピソードを混ぜるのもなんだかなぁ。
赤ずきんが夢の中でおばあちゃんに「なんて大きな目なの?」っていうシーンは、
お前の方が目デカイんじゃ!ってツッコミを入れる笑いどころだよね?

セット臭くて生活感のない村の雰囲気は、ヴァン・ヘルシングに似てると思った。

edd854f94a0ae1bf06f6fa5b6ab68f18_20110911205345.jpg

どうでもいいけどお父さん役の人、渡部篤郎に雰囲気似てる。

69 :名無シネマ@上映中:2011/06/15(水) 02:29:55.14 ID:WpW7jBnu
他人は似てると思わないのに自信げに◯◯に似てると言う場合、
残念ながら本人の個体識別能力が未熟なことが多い。

71 :名無シネマ@上映中:2011/06/15(水) 14:44:17.14 ID:Fh+NrMWY
>>69
他人だが>>68の渡部篤郎は解るw
ガリなのにたるんだほっぺの感じとか。

160 :名無シネマ@上映中:2011/08/06(土) 23:16:04.51 ID:p4EJ0KPW
お父さん役がカッコイイ
ニコラス・ケイジのドライブアングリーって映画に出てるから見てきた

116 :名無シネマ@上映中:2011/06/22(水) 01:05:27.79 ID:gofLLDfk
婆ちゃんの真似する狼とか、
腹に石詰めて縫ったりとか、
無理に赤ずきんちゃんの描写を入れる必要はないだろ、と思った。

137 :名無シネマ@上映中:2011/06/24(金) 06:17:17.08 ID:rnM9cIto
>>116
お腹に石詰めるのは狼と七匹の子ヤギじゃなかったっけ?

138 :名無シネマ@上映中:2011/06/24(金) 08:03:58.26 ID:5/axnJxm
俺が幼稚園時代に演じた赤ずきんでは確か婆さんと赤ずきんを食べて満腹になった狼が寝てる所を、
たまたま駆けつけた猟師がハサミで狼の腹を切り裂いて二人を救出した後、三人で狼の腹に石を詰め込んで傷口を縫って近くの井戸に投げ落としていた気がする
一連の作業に使われた道具は婆さんか赤ずきんの裁縫道具だったような

75 :名無シネマ@上映中:2011/06/15(水) 20:37:38.10 ID:ODkotNH2
映像がきれいなので、実は謎ときがけっこうゆるいとか許します。
「ブッラクスワン」の口直しができた。
最初の大きなお城がある都会から、いくつも山を越えた小さな村、と
いう自然描写、雪のなかの赤いケープ、薄い青いドレス、
美少女と、目の保養になった。

79 :名無シネマ@上映中:2011/06/15(水) 23:23:44.59 ID:oX1Eguow
最後のシーンて狼になっても理性は残ってるってことなのかね
それともスーパーサイヤ人よろしく食欲だか野生だかを制御できるようになったから戻ってきたのか

親父も長年生贄で我慢してきたみたいだし、わざわざもう会えないみたいな別れ方する必要あったのかどうか

80 :名無シネマ@上映中:2011/06/16(木) 00:08:46.40 ID:q+3MBp20
>>79
変身が任意か強制かわからないけど、ああなっちゃったら人里には住めないだろうな
魔女狩りがどうのとうるさい時代だし
細かい所はよく覚えてないが、実は人間狩り云々は単なる親父の趣味だったんじゃないかと思ってる

81 :名無シネマ@上映中:2011/06/16(木) 00:20:46.95 ID:/nVV76c6

Darth_Vader_20110911205346.jpg

ヘンリーだっけ?かっこえー。あの彼は最後どうなったの?頭悪い質問だったらすみません。あと赤ずきんは、なにを待ってるの?最後噛まれちゃった彼は人間の姿になれないの?

82 :名無シネマ@上映中:2011/06/16(木) 01:43:50.23 ID:PPzujaxJ
ヘンリーはソロモン神父の後釜になってピーターは満月の夜以外は
普通の人だよ。

84 :名無シネマ@上映中:2011/06/16(木) 21:32:59.68 ID:/nVV76c6
>>82
ありがとうございます!
そうなんですか、なるほど。
満月の日以外は人間なら
一緒に暮らせばいいのになー

83 :名無シネマ@上映中:2011/06/16(木) 14:12:40.06 ID:jVq5NSOr
ヘンリーが良い奴過ぎる

86 :名無シネマ@上映中:2011/06/17(金) 00:55:47.40 ID:ojrwolX6
赤ずきんがヘンリーとの結婚を猛烈に嫌がっていたから、
どんだけ酷いヤツなのかと思ったら、手に職持ってて
思慮深い、イイ奴だったのが意外だった。
逆にピーターの方が直情的で、不安定な肉体労働者だったので、
赤ずきんが土方ヤンキーに心惹かれてるようにしか見えず、
なんだかなぁ、という印象。

って、よく考えたら赤ずきんの母ちゃんは超絶ビッチだから
その娘も大差ないよな。
ヘンリーは父ちゃんと腹違いの姉ちゃんを亡くしてるんだな。
不憫な奴(ノД`)
いちばん死ぬべきは赤ずきんの母ちゃんだろ。

ところで、あの規模の村の鍛冶屋って、別に金持ちには
思えないよな。

115 :名無シネマ@上映中:2011/06/21(火) 22:43:21.02 ID:CJVU5KHe
>>86
たしかに、ひとおおかみ父ちゃんの恨みが
まず姉ちゃんにいったのがアレだよなあ

まあ、まさか自分の子供じゃなかった、なんて
考えてもいなかったろうから
「カッとなってやった。今は後悔している」となってもわからんではない

が、一番恨みがこもるのは母ちゃんだろうに
なんで殺さなかったのか

117 :名無シネマ@上映中:2011/06/22(水) 02:21:55.19 ID:CGDnigHL
>>115
そういえば人狼親父、浮気相手のヘンリーの父親を腹いせに殺してたけど、
それってすごく女っぽい行動だよね。
女は男に浮気されたら、浮気した男よりも相手の女を恨むけど、
男の場合は逆に女を恨むことが多い。
女性監督だから、その辺まで思い至らなかったのかも知れないね。

ってか、よく考えたら母ちゃんってなんで鍛冶屋の親父と結婚しなかったんだろう?
両思いで金持ちの鍛冶屋の親父を振って、好きでもない日雇い人夫みたいな人狼親父と
結婚したのはなんでだ?
なんか理由言ってたっけ?

118 :名無シネマ@上映中:2011/06/22(水) 02:38:13.36 ID:m8Gbsvrp
>>117
俺もそこが気になった。
金持ちと結婚するならわかるけど、
本当に好きな人と分かれて、さえない木こりと結婚したのは何故なのか。
昔は羽振りが良かったとか、そういうこともないだろうし。

119 :名無シネマ@上映中:2011/06/22(水) 08:17:50.56 ID:gofLLDfk
鍛冶屋の親父は遊びのつもりだったんだろ。

121 :名無シネマ@上映中:2011/06/22(水) 15:41:18.64 ID:nixsTvoN
娘を奪って行けば収入のあてもないのに老人二人きりの暮らし
昔の恋人は始末してあるから頼る相手もなし
娘を狼に奪われたって村人の同情にすがるしかない人生が待ってる
生かしておく方が復讐になるんじゃね

laputa05_20110911205344.jpg

ところで、お祖母ちゃんは人狼の正体知ってたか疑ってたんじゃなかろうか
狼をあんなに警戒してる村なのに柵の外で一人暮らしって正体知らなきゃあり得ない判断
少なくとも旦那の正体は知ってた気がする
で、今回の赤ずきんも世代が巡った後で孫に殺されると

122 :名無シネマ@上映中:2011/06/22(水) 16:11:58.71 ID:tk0Y1eWZ
>>121
ちゃんと、匂いで鍛冶屋の息子に疑われた婆ちゃんが、その事で犯人は息子(ヒロインの親父)であると悟った、オオカミ回想シーンあったじゃん。
お前は何を観てたんだ。
まあ、つまらんかったから細部を覚えて無くても仕方がないがw

123 :名無シネマ@上映中:2011/06/22(水) 16:36:24.70 ID:+DLrZkqq
>>122
鍛冶屋が婆さんに詰め寄る前の事を言ってるんじゃね
狼が自分には手を出さないと知ってたから平気で町外れに住んでたんじゃないのっていう

87 :名無シネマ@上映中:2011/06/17(金) 13:02:35.96 ID:Oc1oX4yJ

41dQ0l+1QV_20110911205323.jpg

ピーターの子役がイケメンだったなー

88 :名無シネマ@上映中:2011/06/17(金) 17:20:23.68 ID:u+h+ktkv
ピーター子役確かにイケメン
赤ずきん子役は…だったね
もう少し可愛くてもいいのに

しかし神父無駄遣いだったなぁ
まぁ、そこがゲイリーオールドマンらしいけどw

89 :名無シネマ@上映中:2011/06/17(金) 20:59:34.96 ID:tPvszkW9
神父が結婚してガキがいるのにちょっと驚いた
そりゃ昔は高位聖職者は公然と女を囲って私生児作りまくってたぐらいは知ってたが、結婚までできたのか
それとも妻が死んだ後で坊主になったんだろうか
昇進が早すぎるような気がする

91 :名無シネマ@上映中:2011/06/17(金) 22:39:20.11 ID:0t06nyWT
なんかトワイライト臭がすると思ったら同じ監督だった。
トワイライトもこれもモテない女に人気ありそう(笑)

92 :名無シネマ@上映中:2011/06/17(金) 23:19:27.09 ID:7MB4+MAO
>>91
トワイライトって世界43ヶ国で1位とるような映画だよ。

そんな狭い範囲の人気じゃないよw

108 :名無シネマ@上映中:2011/06/20(月) 01:05:28.48 ID:V5a4twK6
途中にでてくる赤ずきんの回想?
みたいなのなんだあれ?
マントがすごい長くなって2人で雪山登るやつ

てか雪の上でのセックスもラストにでてきたけど
凍え死ぬだろうよ

109 :名無シネマ@上映中:2011/06/20(月) 07:14:29.90 ID:ctsQAeO7
ドイツの山の中の小さな村から外へ出ていきたい願望から見た妄想ではないの。

110 :名無シネマ@上映中:2011/06/20(月) 08:53:17.90 ID:hFDJE0+i
>>108
回想じゃなくて、妄想では?
ついて行ったら、あんなこ~と、こんなこ~と、あ~るでしょ~♪的な。

つか、ヒロインの美人度が嫁さん程度なのでちと残年。金を払うからには嫁以上の美人が見たい。

95 :名無シネマ@上映中:2011/06/18(土) 03:18:19.78 ID:Da8TJYJg

d2002_196_c49ecaa570d000f3d3890e3de86d39d6_20110911205321.jpg

あの断られるブス図、笑っちゃったなぁ。
多分騎士道的に断ったのが9割なんだろうけど、
断られるには手頃な不美人だったなぁ。

96 :名無シネマ@上映中:2011/06/18(土) 07:53:59.55 ID:BaL47cRY
狼かもっていう獣性を疑わせるには駅弁くらいするべきだった

97 :名無シネマ@上映中:2011/06/18(土) 23:04:37.42 ID:VT9vvoBq
それなら互いに四つん這いで尻合わせでコブまで入れるべき

98 :名無シネマ@上映中:2011/06/18(土) 23:07:12.03 ID:+Vgj7J8c
それ犬の交尾見たこと無い奴意味不明じゃないか


関連記事

  1. 2011/09/12(月) 21:32:13|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0
<<【映画】「ゴルゴ13」がハリウッド映画化か? | ホーム | 最後の忠臣蔵>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2247-754aa064
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

赤ずきん

「トワイライト~初恋~」のキャサリン・ハードウィック監督がグリム童話の 『赤ずきん』をモチーフに描くファンタジー・ラブサスペンス。 危険な恋に落ちるヒロインの運命と村を襲った謎の人狼の正体をミステリアス かつダークなタッチで描き出す。 主演は「マンマ・ミ…
  1. 2011/09/13(火) 00:19:14 |
  2. だらだら無気力ブログ

★赤ずきん(2011)★

RED RIDING HOOD 恋をした、 大人になった。 上映時間 100分 製作国 アメリカ/カナダ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2011/06/10 ジャンル サスペンス/ファンタジー/ロマンス 映倫 G 【解説】 「トワイライト~初恋~」のキャサリン・ハードウ...
  1. 2011/09/13(火) 22:28:40 |
  2. Cinema Collection 2

■映画『赤ずきん』

人狼我が出るという陰惨な歴史を持つ村で、美しく成長した少女・ヴァレリーをめぐる恋の鞘当てと、“人狼は誰なのか”を探るゴシック・ホラー『赤ずきん』。 童話の「赤ずきんちゃん」の内容、けっこう忘れてしまっていたのですが、本作を観ているうちにだんだんと思い...
  1. 2011/09/27(火) 02:41:35 |
  2. Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。