2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

アイルトン・セナ 音速の彼方へ

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1287226297/
14_alikeh_20110910205635.jpg

1 名前:びあれ主任φ ★ [2010/10/05(火) 10:31:03 ID:??? BE:91879823-BRZ(10001)]
F1ドライバーとして3度のワールドチャンピオンを獲得し、世界の頂点に登り詰めたアイルトン
・セナ。1960年3月21日、サンパウロで生まれたセナは、4歳にしてカートに夢中になり、プロ
レーサーを志す。トールマンからカーレース最高峰のF1デビュー。その後ロータス、マクラー
レン、ウィリアムズへと至る名門チームでの変遷を大迫力のレース映像やプライベート映像で
振り返る。また、その華々しい経歴の陰で、チームメイト、アラン・プロストとの確執やFISA
会長バレストルの政治的圧力に苦悩する日々を、自身のインタビュー、マクラーレンチーム
監督ロン・デニス、アラン・プロストを始めとするレース関係者、家族、恋人の証言をもとに
浮き彫りにしていく。
[ 2010年10月8日公開 ]

監督:アシフ・カパディア
脚本:マニッシュ・パンディ
出演:アイルトン・セナ、アラン・プロスト、フランク・ウィリアムズ、ロン・デニス、
ヴィヴィアーニ・セナ、ミルトン・ダ・シルバ、ネイジ・セナ


3 :名無シネマ@上映中:2010/10/16(土) 20:49:18 ID:JiwcWxS5
まじで涙出てきたよ。。

4 :名無シネマ@上映中:2010/10/16(土) 21:52:36 ID:dHQgiEdS
レース映像めちゃくちゃ迫力あったな

8 :名無シネマ@上映中:2010/10/17(日) 09:09:35 ID:gOqE7GMp
モナコのオンボード映像にはしびれた。
この頃ってセミオートマじゃないし、見応えあったわ。

20071115_inutowatashi_main_20110910205633.jpg

つか、三宅がいらなかった。
あれも、全世界で流れるの?
あんなのマジでいらないだろ・・・
正直、あそこで少し萎えてしまった。
あれがなければ、もっと浸れたのに。

14 :名無シネマ@上映中:2010/10/18(月) 17:22:00 ID:YELm8WTz
>>8
川井とかも日本限定の差し替えだろたぶん

15 :名無シネマ@上映中:2010/10/18(月) 17:40:29 ID:gCNFcBTt
あれ、日本限定の差し替えなのかな。
だとしたら、なんて余計なことを・・・
俺も個人的に三宅は嫌いなんで、勘弁して欲しかった。

16 :名無シネマ@上映中:2010/10/18(月) 22:43:31 ID:Q5axYEpW
紹介のテロップが出なかった部分は日本だけじゃないかな。

17 :名無シネマ@上映中:2010/10/18(月) 23:42:44 ID:ky8SVaOj
>>16
俺もそう思った。

71 :名無シネマ@上映中:2010/10/26(火) 00:06:37 ID:FK62DkVz
あの日依頼初めて三宅・今宮・川井のあのシーン見たわ
あらためて当時の自分の心理状態を思い出して泣けたな

72 :名無シネマ@上映中:2010/10/26(火) 00:35:42 ID:/lWXmoeD
今宮の「それでも(F1)レースは続いてゆくんですね」まで入れてほしかった

74 :名無シネマ@上映中:2010/10/26(火) 10:31:45 ID:jXcajV09
>>72
はげどう!
あそこまで言うだろうと思ったらカットされてて肩透かし食らった。

75 :名無シネマ@上映中:2010/10/26(火) 12:39:34 ID:2jrgc8Ur
でも、三宅のシーンは、いらなかったと思うなあ。

127 :名無シネマ@上映中:2010/11/22(月) 14:35:19 ID:wYV4CShN
始まってすぐ、セナが元気に動いてる映像に泣きそうになる。
ドライバーズミーティングに参加している面々の名前がスラスラと頭に浮かんできて、
「あぁ、この頃はF1を真剣に観ていたんだなぁ」と感じる。
結果も全てわかり切っている事なのに、最後のレースが近づいてくるにしたがって
胸が苦しくなっていく。

そして、問題のシーンからスタッフロール。
>>74 と同じ肩透かしを食ったせいでちょっと冷静になり、涙は出なかった。

劇場を出て、ロビーに向かって歩いてる途中、急にこみ上げてくるものがあり、
危うく嗚咽を漏らしそうになる。
声を出したら、涙を流したらきっと止まらなくなると感じ、素早くトイレの個室に駆込むと
感情が治まるまでしばらくジッとしていた。

セナの死はもう昔の事だしと思っていたのに、自分でも意外なほど傷が癒えていなかった
ことに驚いた。

オレみたいになんとなく観にいったんだけど、予想外にダメージを喰らった人って、
実はけっこういるんじゃなかろうか?

12 :名無シネマ@上映中:2010/10/18(月) 08:55:59 ID:0gJKWpx+
セナは確かに凄かったが美化されすぎてもいる

13 :名無シネマ@上映中:2010/10/18(月) 12:21:37 ID:si/sMRkZ
ドニントンのレース映像ぼとんど無かったな!!あれが最もセナを象徴するレースなのにな!

32 :名無シネマ@上映中:2010/10/20(水) 22:38:51 ID:AcLH3sWH
>>13
俺もそう思う。
イギリスで二輪WGPが開催されるドニントンパークでのF1。
非力なフォードエンジンになったマクラーレンに乗ったセナ。
スタート後、コーナーのたびに次々とオーバーテイクして行く。
あの頃、テレビの前で応援したよ…。

24 :名無シネマ@上映中:2010/10/19(火) 21:39:50 ID:tvppl5Tn
セナが最期のレースに臨む前の表情が何とも言えなかったな
別れの前の寂しさみたいな…

25 :名無シネマ@上映中:2010/10/19(火) 22:50:53 ID:3gdFfHm7
この映画の見所は最後の最後の最後だろ。
まさかプロストがあんなことしていたとは!

26 :名無シネマ@上映中:2010/10/19(火) 23:51:36 ID:CAlYZMxP
>>25 同意
あれだけヒールに描かれていたから 本人から抗議くるんじゃないの!?
と思っていたら!

30 :名無シネマ@上映中:2010/10/20(水) 08:19:34 ID:9vNdGE03
>>25
同意。
初めに言っていたカートのシーンを流したり、
最後の最後で映画らしくなったと思わない?

28 :名無シネマ@上映中:2010/10/20(水) 07:51:14 ID:ICyI56wa

41dQ0l+1QV_20110910205635.jpg

制作にあたっては、プロストの意見も取り入れたらしい

181 :名無シネマ@上映中:2011/03/30(水) 11:30:24.32 ID:DhKJDRDV
プロストがこの作品を特別なものにしたね
プロストは微妙に嘘をついていそうだけど

183 :名無シネマ@上映中:2011/04/20(水) 22:49:21.69 ID:guI4zzk5
当時どちらかと言えば
プロスト派だった俺だが
充分引き込まれた。いい作品だよ。

41 :名無シネマ@上映中:2010/10/21(木) 23:29:45 ID:lbl7NGSu
プロストは救いがあったけど、バレストルはなんかフォローあったっけ?

43 :名無シネマ@上映中:2010/10/22(金) 00:21:13 ID:JvYn10UG
>>41
フォローいらんだろ(´・ω・`)

180 :名無シネマ@上映中:2011/03/26(土) 12:26:53.91 ID:DHh4VWuP

51BVXZqazi_20110910205634.jpg

バレストルがナベツネに見えてしょうがない!

55 :名無シネマ@上映中:2010/10/23(土) 11:34:00 ID:qz+g214j
バレストル:オレの判断だけが正しいのだ!
一同:おお~ぅ 苦笑
バレストル:オレの判断が正しい。そしてみんなの意見がオレの判断だ!

みたいなシーンで不覚にもバレストルに好意をもった。

37 :名無シネマ@上映中:2010/10/21(木) 02:02:27 ID:n4FtoCJo
最初の方でクラッシュして足がありえない方向に曲がってた人はだれだったっけ?
一命は取り留めたと言っていた気がするんだけど

Darth_Vader_20110910205633.jpg

38 :名無シネマ@上映中:2010/10/21(木) 02:51:58 ID:FNlqLzcc
>>37
マーティン ドネリーだったかな

観て来たけど、舞台裏の事や死因など自分は知らなかったこともあったので観て良かった
しかしフジの総集編も良いよな 93年総集編とか94年セナ特集とか何度観ても飽きない 93総集編のエンディングは、ナレーション、曲、画とも神すぎる

39 :名無シネマ@上映中:2010/10/21(木) 03:03:25 ID:n4FtoCJo
>>38

ありがとう。

良かったけど、相当なファンはあえてみなくてもいいような気がした
やっぱり辛いだろうし

48 :名無シネマ@上映中:2010/10/22(金) 13:59:37 ID:LO7uorEd
あんな大画面でドネリーを正視出来なかった…

56 :名無シネマ@上映中:2010/10/23(土) 17:12:14 ID:gFB+gmpD
見終わった後、御通夜の帰りみたいだった・・・・・

79 :名無シネマ@上映中:2010/10/29(金) 19:22:29 ID:LX9Fctgk
信じられんぐらい過疎ってるな。
俺的には、92年だったか、モナコでマンセルに煽られまくりながらポジションを守りきったのを
見たかったな。

>>56
禿同w
映画後にこんなブルーになったの初めてだわ。

42 :名無シネマ@上映中:2010/10/22(金) 00:15:04 ID:KedQCa0h
あれだけ日本絡みの映像使ったんなら
音楽も同じようにしてほしかったな
できればセナ絡みのFACESとかLATCHKEYとかさ

44 :名無シネマ@上映中:2010/10/22(金) 00:38:34 ID:jDR6MUv5

edd854f94a0ae1bf06f6fa5b6ab68f18_20110910205657.jpg

マルボロカラーのマクラーレンは やっぱりいいなぁ・・と 改めて思った

45 :名無シネマ@上映中:2010/10/22(金) 08:22:04 ID:NKjszS5J
>>44
同意。
あと、JPSロータス。カッコよすぎ。

49 :名無シネマ@上映中:2010/10/22(金) 15:16:58 ID:fx5tJmG1
音速は時速1225キロですから~
残念

50 :名無シネマ@上映中:2010/10/22(金) 21:34:23 ID:wriXqovK
知ったかがキタ

57 :名無シネマ@上映中:2010/10/23(土) 21:01:28 ID:j5BNuLV9
めっちゃよかったな
死亡事故もしっかりと写してたのは評価できる。
正直当時のレースはよく知らなかったんだが、ある程度のモタスポ好きなら理解できる仕上がりだったし

58 :名無シネマ@上映中:2010/10/23(土) 22:08:11 ID:g10jYQlR
死亡事故時の衝突音ってホントの音なのかね
事故当時はあんな音聞いたことなかったけど
後から効果音としてつけたのかな?

59 :名無シネマ@上映中:2010/10/23(土) 22:55:22 ID:OGUYlYoP
>>58
映画だから音は後付けが多い。
死亡事故以外のところも当然後付けが多い。
オンボードの後付け音は全く合ってない酷いのが多かった。

ま、映画だから当然。

60 :名無シネマ@上映中:2010/10/24(日) 01:08:40 ID:vVKBKS/8
ブラジルGP優勝の時の絶叫は本物

61 :名無シネマ@上映中:2010/10/24(日) 08:31:34 ID:sh5VA1nb
ブラジルGP、中島とぶつかって優勝逃した年が流れるんじゃないかと、ちょっとハラハラしたw

63 :名無シネマ@上映中:2010/10/24(日) 15:30:51 ID:tUYzi9ym
音があってないっつうか、ずれてた感じが。

64 :名無シネマ@上映中:2010/10/24(日) 17:57:30 ID:zoF293lz
>>63
明らかに合ってないのが多かったべ。
6速ホールド走行中にも、音ではギア変わってたし。
あれ、クラッチで回転あおってたりしたからそう聞こえただけなのかね。これは補完たのんます。

年の違う音をもってきてるのもあった。←さすがに音がずれすぎだろ。

まー映画を作るのがいかに大変なのかわかるね。

77 :名無シネマ@上映中:2010/10/28(木) 01:44:23 ID:sN8Q45Jv
普通に撮影したフィルムを編集するだけで
ドラマになるセナって神だよな。

88 :名無シネマ@上映中:2010/11/01(月) 02:11:49 ID:4g/KBQv9
ほかのあらゆる人間を悪人に仕立て上げているな。
見てて腹が立った

89 :名無シネマ@上映中:2010/11/01(月) 02:17:36 ID:sUu1OrM7
もう一度見て来い(笑)
カート時代の何とやらが…って言ってただろ!!

98 :名無シネマ@上映中:2010/11/03(水) 08:46:34 ID:rsWyAKR/
セナの死因はドライブシャフトの破片が突き刺さったから?
原因不明とか言う事だけどヘルメットに穴が空いて
遺体も顔は見せなかったからヘルメット内でエライ事になってたんだろな。
300キロで突き刺さったらそりゃ逝くワナ。

131 :名無シネマ@上映中:2010/11/27(土) 09:51:34 ID:8NIHchkD
おいら、明日観にいくよ。昨日暇だったので、ようつべでセナの葬儀を
あつかった動画をみていたら、事故直後の顔の映像があった。鼻と口から
血を流していたが、一般に伝えられるほど損傷してなかった。

100 :名無シネマ@上映中:2010/11/04(木) 11:43:42 ID:KN/MNznE
見てきたよ
セナが死ぬシーンでオバサンが泣いててびっくりしたw
スタッフロールにも映像が付いてたからか、みんな最後まで席たたないw

個人的にはバレストルに萌えたw
「世界中がお前たちを見てる お前たちをお手本にしている 私は間違ってると思うが…」
みたいな発言に爆笑したのは俺ですwww

俺としては1994年サンマリノ金曜フリー走行の「親愛なるアラン、君がいなくて寂しいよ」
と決勝スタート前セナプロ無言の握手の映像が欲しかったな

ブラジルでのセナの映像がいっぱい見れて良かったよ

102 :名無シネマ@上映中:2010/11/04(木) 16:05:08 ID:qzJFgT51
>個人的にはバレストルに萌えたw
>「世界中がお前たちを見てる お前たちをお手本にしている 私は間違ってると思うが…」
>みたいな発言に爆笑したのは俺ですwww

あなたでしたか!

103 :名無シネマ@上映中:2010/11/04(木) 18:11:46 ID:KN/MNznE

77219_20110910205634.jpg

シューシャがセナにキスするシーン、最初はこのアバズレがって思ったけど、
キスが1993年の分で止まったのにはちょっと運勢っていうか運命を感じたな…

ペレとセナが穴兄弟って初めて聞いた時は気持ち悪かったけど、
シューシャみたいな男を股に掛けるタイプの女っていうのは
無意識だとしても、そういうのに敏感なんかね…(女卑的発言で申し訳ない)

104 :名無シネマ@上映中:2010/11/05(金) 02:44:06 ID:q7EprnO/
あのセナの困ったような顔がなんとも言えん。
案外ウブだったのかね?
神様発言が多いから、もしかして戒律が厳しいカソリックだったか。

114 :名無シネマ@上映中:2010/11/17(水) 00:28:42 ID:syj9SRqq
見てきました。
F1とかセナの全盛期は全然自分の世代と違うのでよく知らなかったけれど
この映画はすごく楽しめました。
全盛期のセナとプロストの内外での争いとかリアルタイムで見てみたかった。

115 :名無シネマ@上映中:2010/11/17(水) 06:52:47 ID:sHj8j3aT
プロストがインタビューで、1988年のモナコGPの時のことを
『セナは私に、必要もないのに限界ぎりぎりで全力で走り、私に大差をつけて私に屈辱を与えようとした。それが彼の弱さだ』と語っていた。プロストってかっこいいと思った。

116 :名無シネマ@上映中:2010/11/17(水) 17:34:02 ID:OfsoJQpa
プロストもかっこいいが、
必要もないのに限界ぎりぎりで全力で走るのが何よりかっこいいと思う。

118 :名無シネマ@上映中:2010/11/17(水) 22:58:46 ID:PX2KTgeA
>>116
ミカとかキミ、古ければジルあたり好きそうだ

119 :115:2010/11/17(水) 23:02:51 ID:xTcFgz2t
>>116
サッカーの試合で、1-0だろうが10-9だろうが勝ちは勝ち。カーレースなら100分の1秒でも先に
チェッカーを受ければいいんだ、というプロストがプロフェッショナルでかっこいいと思ったんだよ。
大差をつけてはしゃいでるセナよりプロストの方が俺は好きだ。
やっぱりあんた、若いねぇ。

120 :名無シネマ@上映中:2010/11/17(水) 23:41:17 ID:MSPw9Te1
>>118
アレジやマンセルもその系統だなw
つか、ハッキネンやライコネンもそのタイプだったっけ?

>>119
プロストはまさにプロフェッサーという言葉がピッタリだったな。
そのプロストがセナ財団の管財人というのに、俺は一番グッときたな。

121 :名無シネマ@上映中:2010/11/18(木) 01:16:46 ID:ZviCnW9y
その分野において実力的にもスター性でも飛び抜けた二人が
レース中でもレース外でもバチバチ火花飛ばしあってたんだから
マスコミや視聴者にとっては見ててすごく興奮するよね。
当人達にとってもモチベーション保つためにやっぱりライバルは必要だったろうし。

123 :名無シネマ@上映中:2010/11/19(金) 03:50:40 ID:McEOenP2
見て来た。よかった。しかしマンセルベルガー出なさすぎ
プロストばっかりだな。その割にはミスユーアランもなくて
教授の自己批判懺悔映画

初めて見る画像がたくさんあったよ。

124 :名無シネマ@上映中:2010/11/21(日) 21:10:46 ID:vfX8h1Ir
>>123
>しかしマンセルベルガー出なさすぎ

laputa05_20110910205656.jpg

中嶋さんがドライバーズミーティングの時に映ってたけど、
存在感無さ過ぎてワロス

160 :名無シネマ@上映中:2011/01/21(金) 13:48:05 ID:DWSc2/NC
映画見てないんだけど
泣ける構成ならBD買って見るぞ~
ラストにJUN SATOHのA LATCHKEYが流れるなら
どんな内容でも当時を思い出して泣ける自信あるんだが

161 :名無シネマ@上映中:2011/01/21(金) 17:09:26 ID:hLHHP5kw
>>160
さんざん煽った挙句のラストのテロップは泣ける。
あと、全体的に94年に向かってのカウントダウンっぽい悲愴な雰囲気はあるな。

182 :名無シネマ@上映中:2011/04/14(木) 07:10:02.34 ID:4+0M+zQe
この度の震災で被災された皆様に対し、「アイルトン・セナ~音速の彼方へ」ブルーレイ、DVDの売上の一部を寄付させていただくことに致しました。
現在、皆様が日々示されている母国愛に対し、心からの尊敬の念を表したいと思います
アイルトンは、いつも日本の皆様をとても称賛していましたし、
皆様と同じように困難を乗り越える決意と強さを、生涯を通じて追求していました。
アイルトンが人生を懸けて勝利を重ね、3度のワールドチャンピオンを決することができた日本、
アイルトンをいつも愛し気に掛けてくださっていた日本の復興に今回のブルーレイ、
DVDが少しでもお役に立てればと思います。
ヴィヴィアーニ・セナ(アイルトン・セナの姉/アイルトン・セナ財団代表)より

184 :名無シネマ@上映中:2011/04/24(日) 07:11:46.76 ID:HAAhmP2D
当時の映像使ってんだから元々画質が良いわけない。
DVDで十分 ブルーレイの意味が分からん。
と、レンタル組が言っております。


関連記事

  1. 2011/09/14(水) 21:25:15|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【ランキング】心を揺さぶられた実話映画トップ10(邦画編) | ホーム | [全米興行成績]豪華スター共演の感染スリラー「コンテイジョン」が初登場首位。トム・ハーディ主演「Warrior」は3位>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2238-601142ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。