FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

僕は妹に恋をする

僕は妹に恋をする
http://tv10.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1167139154/


1 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 22:19:14 ID:zROZfPdP
衝撃のテーマを描いた600万部の大ヒットコミック、待望の映画化!
―高校3年生の双子の兄妹、頼と郁。「郁は僕のお嫁さんだよ」
幼い頃にシロツメクサの咲く草原で交わしたかわいい約束は、
郁にとって大切な思い出となっている。
しかし、最近の頼はそんなことはすっかり覚えていないかのように、
郁への態度は冷たい。
しかし、ある夜、頼は郁に本当の想いを打ち明ける。
「ずっと・・・好きだった。もう自分に嘘はつけない」。
頼にとって、郁は妹を超えた大切な人として存在していた・・・。

2007年1月20日
恵比寿ガーデンシネマ、新宿武蔵野館(東京)ほかで全国公開

☆安藤尋監督
【キャスト】松本潤、榮倉奈々、平岡祐太、小松彩夏、浅野ゆう子 他

公式
http://www.bokuimo-themovie.com/
青木琴美オフィシャルサイト BlueCloverCafe
http://www.aokikotomi.com/


12 :名無シネマ@上映中:2006/12/30(土) 01:07:14 ID:v3GGxHuU
自分より背の高い妹萌える(*´Д‘)
とか思ってたらプロフィールでは一応まつじゅんの方が高いことになるのか。

109 :名無シネマ@上映中:2007/01/15(月) 22:37:24 ID:yDgfkoTZ
試写会行ってきました。
ポカーンって感じ。
原作読んだ人は見ない方が身のため

121 :名無シネマ@上映中:2007/01/16(火) 04:53:24 ID:KP8x9moZ
試写会見てきた!
原作は基本設定だけ残しつつ、全く別モノのテイストにしてて(エロ一切なし!)、
これはこれで成功。(原作最初の方しか読んでないけど、ワタシはあんまし好きじゃないので)
テンポはひじょーにゆっくりで、アイドル映画の作りにはなってないので、
会場の大半をしめたお嬢ちゃん方にはタルかったのかも知れないが(終了後ウルセかったよ)、
…これはアリです。実は非常に映画的…良くも悪くも、オーソドックスに「邦画」らしい邦画でした。

127 :名無シネマ@上映中:2007/01/16(火) 15:00:45 ID:AXm9F6Ud
試写行ってきたけど、原作とはかなり違った。
ヒロインがデカすぎない?
原作が大好きだし、松潤好きなのにちょっとがっかり・・・。

129 :名無シネマ@上映中:2007/01/16(火) 16:17:17 ID:BwObvhFc
原作も出演者も何も知らずに試写入りした一映画関係者だけど、
スタンダードな作りにダークな題材が映えてた
映像作品として日本でやらずに、仏とかそっちの文化で発信したらもっといい作品になったんじゃないかと
米のサンダンス映画祭はこういうの好きだけどね

この作品の題材が単に「禁断の恋」ならば、星一個半です
「禁断の恋も恋」なら星二個です

133 :名無シネマ@上映中:2007/01/16(火) 16:57:48 ID:RlHapwbs
エロなしって、キスもないの?

134 :名無シネマ@上映中:2007/01/16(火) 17:05:57 ID:p1f5hsrl
ネタバレしますが

最初の方で妹の寝込みに迫りキスを3回ほど。
次の場面では上半身裸な2人がベッドで寝てたw
その後に理科室で隠れてキスを4回ほど。
最後にある意味悲しいキスを1回。
それぐらいかな?
キスは全部キレイなキスですが清純派栄倉にとっては酷だったかもね。

140 :名無シネマ@上映中:2007/01/16(火) 19:14:53 ID:9UZh3OlJ
昨日試写会で観た。原作既読。

エンディングが不評だったからどんなもんかと思ってたら…
あれはマジでひどいwww
「ここで終わるワケないよな」ってとこで終わりやがったwwww
で、前のレスにもあるけど、エンドロールが流れ始めた途端、
会場がかなりどよめいた。(もちろん悪い意味で)
ワンカット長くてBGMほとんど無しで、撮り方は個人的に良いと思ったけど。
「好きだ、」みたいな感じ?
エロといえば、ラブホで松本が小松の服を捲り上げるとこくらいか。
おんぶシーンは笑い堪えるの大変だったよ。松本泣いてんだもんw
あのエンディングで駄作決定。

印象
松本:眉毛、肌荒れ、歩き方が下手なキャットウォーク
榮倉:で か い、大根
小松:ファンデ厚塗り、内股
平岡:地味

でも、生で見た二人&クリスタル・ケイは良かった。

150 :あげまん ◆ayaka502/c :2007/01/17(水) 00:29:28 ID:oGcTWsTC
妹がいる俺としては微妙な映画だな
こんなん見たら完全に家族から変態扱いされる

ところで、こまったんの演技はどうなのさ?ヽ(´ー`)ノ

198 :名無シネマ@上映中:2007/01/18(木) 01:19:24 ID:LnfbUrBh
こまったんは微妙。松潤にトップスめくられブラ丸見え
あとは歌歌ってた印象しかない



199 :あげまん ◆ayaka502/c :2007/01/18(木) 01:37:58 ID:REaFLjeE
>>198
ブラ丸見え…ブラ丸見え…ブラ丸見え…ブラ丸見え…ブラ丸見え… 松潤コロヌ!
そして、音痴なのに歌まで唄ったのか
無茶しやがって(´・ω・`)>

その一瞬だけでも観る価値ありまくりんぐ
けど劇場じゃなくレンタルだなw

200 :名無シネマ@上映中:2007/01/18(木) 01:47:58 ID:LnfbUrBh
>>199
白地に黄色のブラ


確かに結構音痴だったわ

156 :名無シネマ@上映中:2007/01/17(水) 01:59:54 ID:HYpLR1/f
まあ、榮倉と松本は綺麗だった。
絵を見る映画



166 :名無シネマ@上映中:2007/01/17(水) 03:51:16 ID:JbmjyvVY
榮倉なら兄役をもこみちとかにすりゃ良かったのに。
マツジュンじゃ妹よりチビだろw

168 :名無シネマ@上映中:2007/01/17(水) 04:13:59 ID:3rNioTC/
体格的になんか榮倉のほうが襲っているように見える
それはともかく松本、何をやっても同じ演技だな
ああいう眇目でえらそうな物言いの演技しかできないの

177 :名無シネマ@上映中:2007/01/17(水) 14:31:58 ID:IN7LlMc1
榮倉を否定する気はあまりないが、デカい。
というか松潤が小さいのか…?
でも平岡祐太も榮倉と同じくらいだったからな
榮倉が小松彩夏とか、(名前がわからないが)友達と歩いてるシーンなんて、最高に身長デカいのを強調してる

180 :名無シネマ@上映中:2007/01/17(水) 16:34:39 ID:+oibZIx2
栄倉は身長デカイだけじゃなく髪もモッサリで頭デカク見えるし
制服のブラウスのサイズがかなり大きくて上半身のデカさを強調してる
おんぶシーンなんて松潤がデカイのを何度も背負って気の毒で仕方ない
双子だからといってもデカさまで揃えなくても良かったのに。
それこそ目デカの共通点って事で平山あやぐらいで良かったよ

193 :名無シネマ@上映中:2007/01/17(水) 23:50:46 ID:lcs6Q1gk
浅野ゆう子とかマジ不憫だな。こんなのに付き合わされてw

195 :名無シネマ@上映中:2007/01/18(木) 00:27:46 ID:LnfbUrBh
榮倉って身長高いのに、声は萌系で、そのギャップがつらい

209 :名無シネマ@上映中:2007/01/18(木) 13:18:40 ID:pYDzWyWo
妹に誘われていたがここのスレ覗いていく気なくなった
映画いく前に読んでおけ
と、渡された原作もまだ読んでないし

210 :名無シネマ@上映中:2007/01/18(木) 13:32:38 ID:jWk074T9
>>209
妹さんはお前としたがっている。に一票(((( ;゚д゚)つ

212 :名無シネマ@上映中:2007/01/18(木) 15:39:24 ID:nXaqHuPm
>>209
間違いなく誘ってるぞ

219 :名無シネマ@上映中:2007/01/18(木) 18:30:49 ID:ZrSTUfAd
完全にキャストミス。
14歳の母の志田とその相手役の少年みたいキャストだったら、
映画化NGだったにしても、それなり見れる映画には仕上がったかもしれん。
兄妹もそうだけど、浅野との母子設定すら違和感あり成立なし。

240 :匿名:2007/01/19(金) 02:37:10 ID:RMAYngDp
余計なものを一切排除した映画。
マンガ読んだ時はなんじゃこりゃ!だったけど。
親切な映画とは言えないけど、本当に恋をしている時
の人間てみんなこんな風にキモイし、無様でしょ。
くどい説明連続のテレビドラマで育った人たちは、考えて観る
力ゼロなんじゃない?だから恵比寿ガーデンなんだろうし。
この映画の態度は傲慢だけど、少し寄り添ってみたら?

280 :名無シネマ@上映中:2007/01/20(土) 22:11:22 ID:Uaj44hrY
極力音楽を使わず、ゆったりとした詩的な風情は最初は良かったけど
あまりのテンポの遅さに、セリフの間の無音状態のたび睡魔が襲ってきた



以下ネタバレ

双子兄の親友で、双子妹に恋する平岡祐太が
双子の秘密の恋に驚くでも反対するでもなくあっさり応援しているのが
なんでだ?と思ってたけど、ラストに種明かしされてなるほどと思った

ラストはハッピーエンドでもバットエンドでもなく
わざと結論を出さないようにしたのかと想像したけど
観ている側はやはり戸惑う
全体的に今ひとつだけど、駄作とまではいかない
なんかちょっと惜しいと思わせる映画だった

281 :ネタバレ注意:2007/01/20(土) 22:22:53 ID:h6z4bW/Y
原作ファンだけど、見てきた。

切ない感情を全面的に出したかったのだろうけど、双子の兄妹だと説明がなければ、まったく意味がわからない。
頼と郁が双子の設定である必要性を感じることができなかった。

せめて良い面、悪い面も「双子だからどうだ」っていうのを強調してほしかった。そこだけは原作を生かしてほしかったなぁ。

というのが個人的感想。

配役は悪いとは思わないけど、脚本に納得できなかったな。

母親が感づくつかみはよかったが、後半から母親の役どころは必要なさすぎだし。

あと、郁がデカすぎ。

青木はこれで満足げなのがよくわからん。

映画館で他の映画を見に来てたカップルが、
「僕は妹に恋をするって、面白いのかね~」
「どうせ実の兄妹じゃなかったとかそういうオチなんだろ(藁」
と会話が聞こえてきたが、
そんなオチでもあった方がまだよかったよ(´・ω・`)

297 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 00:25:33 ID:qVAYtyjO
だらだらと長回しが続いて、やっと場面転換かと思いきや
また惚れたはれたの延々繰り返し。内容が薄っぺら過ぎ。
榮倉の声も最後まで一本調子の癇に障る声で、最後はイラついた。
平岡も演技出来な過ぎ。榮倉と平岡のシーンは安い昼ドラかと思った。
せめて脚本だけでももっと何とかならなかったのか。
ターゲットが子供限定のようで残念だ。

306 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 00:48:13 ID:hR1vwGG8
全体的に説明的な台詞が極力省かれてるみたいで
「まあ、見た方がそれぞれ状況を脳内補完してください」って感じ
この監督の手法がそもそもこういうものなのかな?

間違ってたらあれだけど
矢野君てぶっちゃけ頼のことが好きだったんでしょ。
頼に近づくために、というか頼の代わりとして郁を
好きになろうとした。
そう考えるとあのお揃いのラッコのアクセサリーの
意味もそうなのか・・・と

ラストシーンはノベライズ(原作?)のような感じで
すっきりさせた方が良かったかも・・・

見た方の解釈に任せますよ、って放り投げられてもねぇ~

357 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 16:44:49 ID:q0adR+Zj
榮倉はダメだった。デカいよね。演技も下手だし。
サエコのほうが良かった気がする。

358 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 17:09:35 ID:3rZzT6q5
サエコしゃ松本をおんぶ出来ない。
いっそのこと松本じゃなくて小池とサエコで。

362 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 17:30:35 ID:ZtwaV0pG
そうか、何故榮倉かというと松本をおんぶしなきゃいけないからかw

366 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 19:17:50 ID:cZKXFXkW
ここでの評判の悪さをわかってたせいか、思ったより面白かった。スマン。
俺は安藤監督の映画が結構好みなんで、動かない画面とか長い間とかも全然気にならなかった。
あー、この監督こういう間好きだなー、とかいう感じで見てた。
でも、安藤監督って普通の恋愛が描けないんだよな……
blueもココロとカラダもレズっぽいし。今度は近親相姦でしょ。
俺が一番腹立ったのは松本だな。
なんであんな尻フリフリさせて歩くんだあいつ。普通にきもい。ポケットに手を突っ込むのは、もともとこいつの演技の癖なの? それともこの映画だけ?
平岡は相変わらず左肩を下げ気味にしてしゃべる癖があるし、小松彩夏は安達裕実に似すぎだし。
若手で主演を固める場合は脇にベテランを配置して演技の質を保とうとするけど、浅野ゆう子一人じゃどうにもならんな。

370 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 20:02:38 ID:eZGqPbLK
結構よかったよ。
あの位の長まわし、どうってことないし絵的に好きな作品。
音を最小限に押さえているのも自分は心地よかった。
ただ、それだけに役者に掛る負担は大きかっただろうな。


松本潤は丁寧に演じてたと思う。
非現実的な存在感というか…。
原作のタイトルと人物設定だけ借りた全くの別物だね。

373 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 20:17:07 ID:6trnDAGS
さっき見てきました。
登場人物の心の動きが丁寧に描かれていてよかったです。
リンダリンダリンダが好きな人はこの映画の雰囲気は嫌いではないと思います。
原作を好んで読んでいるような人はこの映画はムリだと思う。
松潤は色っぽくてよかった。
平岡の切ない恋心もよかったw

377 :名無シネマ@上映中:2007/01/21(日) 20:34:02 ID:o2NRK/rM
>>373
>平岡の切ない恋心もよかった
最後のケータイの待ち受け?で「あ、そういうことか」とw

あの長い間とかはやはり監督の好みの手法なのか・・・

410 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 13:25:33 ID:Y+KaIKPq
結局先のない恋ってのは「そこで終わらす」か「先がないことを気づかないふりしてその場に漂う」しか
ないと思うんだけど、この映画の最後ってどうだったんだろう?
なんかどっちともとれる終わり方だった気が・・・
妹背負って泣きながら「もう終わりだよ」って言うあたり、ここで終わらすつもりなんかなー、
と思ったけど・・・
あと平岡くんは妹が好きなんじゃなかったのか?あの待ち受けってもしかして「薔薇」な展開?
それとも単に友情の記号化?

445 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 22:06:36 ID:3QQ+c4OI
矢野くんはホモだったのですか?



447 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 22:33:45 ID:caCqrYZO
>>445
そーです。
色違いのラッコのストラップをこっそり買ってみたり
二人で撮った写真を待ち受けにしてみたり
切ない乙女心を披露していていじらしいです。

449 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 22:59:21 ID:3QQ+c4OI
>>447
ありがとうございます。やっぱりそーだったんですね。原作ではノーマルだったと思うので、この展開にビックリです。

497 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 19:22:18 ID:nCUTnwSc
>>447 あんな爽やかなホモいるのかな?
「俺も好きな人に好きって言ってない」
てとこで、ま、まさか・・って空気が流れて、ケータイ待ち受けに二人で映ってるシーンが流れた瞬間、映画館全体が
アッー!
ってなりました。

439 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 20:38:52 ID:489dQ8qr
安藤尋ってアブノーマル専門のピンク監督だったんだな
http://www.jmdb.ne.jp/person/p0027890.htm



440 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 20:43:26 ID:fC62q0Mb
>>439
そういう監督わりと珍しくないってこと知らないの?

周防監督もそうだし

441 :名無シネマ@上映中:2007/01/22(月) 20:47:05 ID:sNqlxVme
大抵の監督はピンク映画から入るのは常識なわけで

463 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 03:03:57 ID:uxYMID18
各所での悪評のせいで逆に気になって観てきた。
映画版けっこう好きだった。ちなみに原作は嫌い。
兄妹が結ばれるシーンとラストは特に良かったと思う。あと10歩・・・印象的。
松本潤が丁寧にやってるなーと。 小松彩夏もかなり好きになった。歌は下手。
平岡祐太からはやる気が感じられず・・・。下手というよりも。
榮倉奈々はデカイ。おんぶされてる時、足が長すぎて怖かった。
水族館シーンは余計だったかと。
削ぎ落とすなら、いっそシーンも削ぎ落として部屋・学校・草原の3つに絞っても良かった気が。

松本潤の存在感が現実離れしててよかったかな。
でも彼は立ち居振る舞いが女性的すぎる。綺麗だけど。
兄妹ではなく、兄弟のほうがあっていたのでは?と思いますよw
そしたら事務所がOKしないか・・・

なんとなく『訣別』観たあとと同じような気分。
ゴダール好きな方居たら申し訳ないです。個人的な感想なので。
意外とおすすめ。エンディング曲がかなり良いです。長文スイマセン!

510 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 21:51:14 ID:hpGblwjm
ひとつに戻る、とかなんとか散々言ってたけど、
男女の双子って、大概二卵性じゃないの?
なんか違和感あった。

515 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:40:32 ID:xwEkPjJN
>>510
一卵性双生児で男と女が産まれる事は絶対ない。
一卵性は一つの精子が二つに分かれたものだから

516 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:48:52 ID:1ajk82Eq
だね ひとつの受精卵が二つに別れて男女になるということはあり得ない
もともと2つの卵子が排卵された状態のときに
染色体の異なった2つの精子をそれぞれ受精しないとね
だから男女の双子はもともとひとつじゃない

517 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 23:52:07 ID:IBrlZ4/6
わたしもそれ思った、でもそのつっこみはナンセンスかなと。
生まれる前から一緒だったということの強調だと思う
あの二人は違うだろうが異性一卵性双生児というのも超稀だがあるらしい

郁が「ひとつになろうなんて思わないよ」とかいった時がなんか一番エロかった、
あーヤっちゃんたんだなと生々しかった

518 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 00:08:45 ID:aZ9XeLHg
>>515-516
全くなくはないよ。世界中で何例かある。
ただ要するに遺伝子異常だから本当に稀だけどな。

563 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 11:22:41 ID:hlUHu3sE
昨日、観てきました。頼と郁が結ばれるシーン、早すぎ!突然、頼から告白され「嫌われてなかった
んだ、でも女として好きって…」みたいな、とまどいがなさすぎ!郁、寝てただけじゃん。告白から
自分の気持ちを確認するまでを描いて欲しかった。あと頼がどうゆう過程で郁を好きになっていくか
とか子供の頃のエピソードとかも。漫画ではちゃんと描かれてましたよ!!

564 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 12:18:18 ID:iloK9prS
原作でもそんなに説得力のある過程(きっかけ)描かれて無かったよ。
原作も映画も結ばれたその後を重点にしてるんじゃない?

583 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 01:31:12 ID:W6xX6Tyv
懐かしい写真を一枚一枚じっくり見てる
そんな感じの、すんごいゆったりした映画だった

586 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 13:10:07 ID:TB/Qbi7v
結構良かったよ。気持ちがストレートに全部伝わってくる映画。
上質なフランス映画みたいな、いつの間に泣かされてる。
美しい兄妹の恋だからみれるけどね。その後も気になる・・・

668 :名無シネマ@上映中:2007/01/31(水) 23:24:12 ID:1JUQ3Bbp
途中で眠くなったけど、本当に眠るまでには至らなかった。
力の入れ所が良く分からなかった。
監督は何を見せたかったんだろう?
娯楽作品としては全然楽しくない。
芸術は分からないのでなんとも言えない。
双子が一線を越えるまでの逡巡とか迷いとか苦悩とかがなくて、
思いが叶った途端に別れようとする頼が何とも無責任。
最初から双子は出来ているってところから始めた方がまだ良かったんじゃないか。
双子が二人とも状況を悲しんではいるけど苦しんではいないようで、そこもまた不思議。
静か過ぎる学校や、二人で向かいあって横になるシーンなどを見るとこの双子は
まだ生まれてなくて、別れたことによってやっと別々に生まれたってことなのか?
最後に大好きと言い合って手を繋いだのは兄妹に戻ったってことだと思っていいんだろうか。

717 :名無シネマ@上映中:2007/02/04(日) 13:00:25 ID:kYyfkcRk
クリスタル・ケイの歌がいいね。

物語よりもこの歌に泣かされてる客が多いんじゃないかと。

718 :名無シネマ@上映中:2007/02/04(日) 14:44:09 ID:CfaJ1vmK
>>717
同感。
愛ルケといい最後の歌で救われる。

729 :名無シネマ@上映中:2007/02/05(月) 00:46:01 ID:X8POiKri
なんで松潤と榮倉奈々が双子役?似てなさすぎる。
でも良かった気がす…る。

731 : ◆piVj.imbSg :2007/02/05(月) 07:55:17 ID:hFLOcQ4J
>>729
元々原作でも似てない双子っていう双子だったからそれは問題ないと思う☆

765 :名無シネマ@上映中:2007/02/08(木) 21:22:53 ID:XS19drKb
「ブルー」の雰囲気が良かったので、期待して見に行ったけど。
淡々とした中にも、いまいち盛り上がりに欠ける作品だったw

松潤はもう少し絞ったほうがよかったな、
屋上のシーンでのたぷたぷの顎が気になって仕方なかった。
落ち着いた現実感のある演技で頼の雰囲気が出せててよかっただけに残念。

榮倉奈々ちゃんは息使いなど厭らしい部分でも、それを感じさせないフレッシュな演技でよかった。

女の子にオンブさせるなんて、ありえない、あれじゃギャグ。
女性受けを狙うなら、C-Loverのエピと、教会でHは無理でもキスくらいしてほしかった。

矢野がホモになってたけど、あれは原作者的にOKなのかな?
と思ってたけど、今月の雑誌のインタ見たら、矢野と頼の携帯ツーショットが
お気に入りシーンみたいなので、ま・・いっか。

脚本やり直したらもっといいものが見れたと思う。
松本榮倉ファンなら十分楽しめたかも。

761 :名無シネマ@上映中:2007/02/08(木) 00:52:31 ID:qvrgK71P
いい映画だけどちょっとせつな過ぎる
郁を演じたえいくらがリアルすぎるわ

770 :名無シネマ@上映中:2007/02/09(金) 02:21:00 ID:os3CK7wg
>>761
俺もそう思った。映画の後、原作読んでみてキャラ違うと思ったけど、
むしろ映画の方がリアリティがあって怖かったよ。

773 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 02:24:06 ID:Xn1jFvsf
ラストのおんぶ良かった?
私は「早くおんぶゲーム終われよ」って思ってたら、映画自体が終わっちゃったよ。
観客も女子高生くらいの子が多く、終わった瞬間「えー」の声が沸いてた。



ラスト、『これから先一生、周りに嘘を付き通して、この純愛を貫き通して生きていく』
覚悟をもっと演出できたらよかったのに。

775 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 08:34:00 ID:lvx15F2X
結局あれは別れたんじゃないの?
隠れて付き合ってくのか?よく分からんかった。

777 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 20:59:06 ID:Nrjxy9P6
>>775
監督がおんぶが別れのための最後の儀式だと言ってるから別れるでFA。

779 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 21:56:11 ID:lvx15F2X
>>777
あ、そうなんだ。けど手繋いで帰ったのは?
これからは兄妹として仲良くしましょ。ってやつ?
何じゃそりゃ。

780 :773:2007/02/10(土) 22:34:03 ID:oEGWAAyA
あ~、あれ別れたのね。言われてみれば…
原作読んでて「別れない」という先入観があったとはいえ
自分の観察力の無さに鬱_| ̄|○

「普通におうちに帰るんかい!」って思ってしまったけど、
昔したおんぶゲームして、互いに「ずっと好きだった」と告白しあって決別。
普通の兄弟に戻って、ひとつの恋の終わりっていう話だったんだね…

ああ、ラスト30分だけもう1度観たいよ。

781 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 22:58:35 ID:sUqBmxh3
お前ら本当に見たのか?
おんぶの時頼が「これで終わりだ」って言ってたじゃん。

782 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 23:41:04 ID:lvx15F2X
いや、だから、なんで手と繋いでたのさ?ってことw
終わりってセリフがあったのに何で?って思って。

785 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 08:59:33 ID:HhtdHqFl
>>782
兄妹だから手を繋いだってことでいいんじゃないかな。
郁が「人前で頼と手を繋いだり出来ないのが嫌」みたいなことを理科室で言ってたと思う。
その流れで、恋愛関係が解消されたので手を繋げるようになったってことだと思ったんだけど。
あの場所に第三者はいないけど、開かれたスペースで密室ではないから。


関連記事

  1. 2008/08/25(月) 13:05:58|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エラゴン 遺志を継ぐ者 | ホーム | 幸せになるための27のドレス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/223-1c239d6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR