2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

酔いがさめたら、うちに帰ろう。

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1291563307
14_alikeh_20110902012250.jpg

1 :カモちゃんの亡霊:2010/12/06(月) 00:35:07 ID:lMwvqRXr
EIGA.COM 作品情報
http://eiga.com/movie/55198/
監督・脚本・編集: 東陽一 企画・製作: 山上徹二郎
製作: 大和田廣樹、定井勇二、大島満 プロデューサー: 渡辺英二
原作: 鴨志田穣 撮影: 釘宮慎治 美術: 磯見俊裕
製作国: 2010年日本映画 上映時間: 118分 配給: ビターズ・エンド
ストーリー:人気漫画家の西原理恵子の元夫で、2007年に死去した戦場
カメラマン・鴨志田穣さんの自伝的小説を、浅野忠信&永作博美主演で
映画化。重度のアルコール依存症で入院することになった主人公が、個
性的な患者たちと触れ合いながら、家族の深い愛情に支えられて心身とも
に再生していく姿を描く。監督は「サード」「絵の中のぼくの村」の東陽一。
共演に香山美子、市川実日子、利重剛ほか。
キャスト:浅野忠信、永作博美、市川実日子、利重剛、藤岡洋介、森くれあ、
高田聖子、柊瑠美、北見敏之、螢雪次朗、光石研、香山美子

オフィシャルサイト
http://www.yoisame.jp/


2 :名無シネマ@上映中:2010/12/06(月) 00:37:08 ID:B4kMqw50
どうせこの手の西原関係は高須クリニックが
スポンサーじゃねえのと勘ぐる癖がついた。

16 :名無シネマ@上映中:2010/12/13(月) 15:11:04 ID:81JB9BLs
>>2
ビンゴだったな
開始と同時に高須クリニックのCMが入ったのには吹いたw

3 :名無シネマ@上映中:2010/12/06(月) 01:08:45 ID:eyv8UI1T
自分もアル中病棟で一ヵ月半過ごしたことあるから他人事とは思えなかった
映画としては取り立てて良く出来ているという訳でもないんだけど

5 :名無シネマ@上映中:2010/12/06(月) 05:14:27 ID:s2sL3pmU
>>3
もう見たの?

7 :名無シネマ@上映中:2010/12/07(火) 00:41:01 ID:7RYLO679
>>5
観た
病棟内の微妙な均衡とか凄く懐かしかった
浅野のアル中っぷりはちょっとかっこよすぎ

9 :名無シネマ@上映中:2010/12/08(水) 00:38:19 ID:EYJfkJ4r
円満な頃の二人を回想するシーンがなかったのが残念。
バカ話して、西原さんを大笑いさせる、若き日の一幕
があったら、原作を全く知らない人にも親切だったの
になー。体験発表するところに挿入して欲しかった。

11 :名無シネマ@上映中:2010/12/10(金) 21:44:54 ID:5wLe811d
さっき見てきたよ。淡々としてドキュメンタリー映画のようだった。
大きな起伏はないけど、みんな好演していて、良かったよ。

12 :名無シネマ@上映中:2010/12/11(土) 22:11:19 ID:iEchzJ7B
見てきた、予告の毎日母さんでちょっこと混乱したよ、えっ別の映画だよねって
所々に笑いをはさんで重くならないようにしてたのてが良いね
ただ、奥さん人間ができすぎ子供も悟ってるのか?と感じたな、自分は
アルコールホリックの親とは一生関係を修復できるとは思えない
あと、観客が中年以上ばかりだったのが印象に残った

19 :名無シネマ@上映中:2010/12/18(土) 00:09:28 ID:PUEdlnDO
壮絶な体験をともにしているのに、元嫁だけでなく、子どもまでも普通に接しようと努め
気遣いができてるという、なんという理解のある家族なんだ…

14 :名無シネマ@上映中:2010/12/12(日) 19:49:00 ID:DLutzu/0
コメディタッチで進んで行った分、
終盤、心に沁みてきた。

15 :名無シネマ@上映中:2010/12/12(日) 22:40:56 ID:i1Fpy2CC
浅野忠信
暴力と待機はかなり笑えたけど、この映画でも笑わせてもらった
永作もいい演技してたな
病院シーンではサイバラが脇役で出てたね
予想より素晴らしい映画でした

92 :名無シネマ@上映中:2011/01/27(木) 13:44:57 ID:1rdZuz7M
>>15
西原が出ていたのって洗面所で入れ違いになるシーン?
あれっ?妙に嫁に似ているがまた幻覚なの?などと思ったんだが

93 :名無シネマ@上映中:2011/01/27(木) 17:24:03 ID:2RJ2Lxoh
>>92

41dQ0l+1QV_20110902012250.jpg

キチガイの主婦が旦那の元に行くのを
みんなで見送るシーンの中に西原が混ざってたよ。

21 :名無シネマ@上映中:2010/12/19(日) 22:14:36 ID:hzS3ajMh
浅野忠信って巧いんだか下手なんだかホント迷う。迷わせるよな。
それが巧いってことなんだろうけどw

24 :名無シネマ@上映中:2010/12/21(火) 17:06:32 ID:vy1r2AtE
今日、観てきました。
微妙なデキの映画だった。
浅野が健康すぎるのがいけなかったのかな。

51BVXZqazi_20110902012249.jpg

18 :名無シネマ@上映中:2010/12/17(金) 20:51:22 ID:cojXglry
ゆうべ観てきたんだけど・・・ひとつ質問。
精神病棟の頃、洗面所で時間差の挨拶してきた女性がいたでしょ?
で、その人、旦那が面会に来たっつっておめかしして出てくじゃん。
あれって実は旦那なんか居なくて空想(妄想)に皆が毎回付き合って・・・
みたいなオチかと思ったら、引っ張るだけ引っ張ってスーッと場面変わっちゃって、
浅野がアル病棟へ移送のシーンが始まっちゃった。
あの旦那面会はアレで終わりだったのか・・・。

25 :名無シネマ@上映中:2010/12/22(水) 00:38:45 ID:pNJcAQ8y
>>18
あれは転院したんじゃないかな?
他の患者より重症な感じだったし。

20 :名無シネマ@上映中:2010/12/19(日) 00:01:58 ID:jYw+n/Gf

77219_20110902012248.jpg

今度カレー食う時は、味わって食べようと思った

22 :名無シネマ@上映中:2010/12/20(月) 19:29:54 ID:SSQPwUmw
>>20
確かにカレー食いたくなった
シーフードは落ちが読めてたから、面白くなかったけど

26 :名無シネマ@上映中:2010/12/22(水) 20:43:43 ID:LYC90SqH
なんかズレた映画だったなあ、と思ったら監督はお爺ちゃんなんだね。

浅野の妄想や、精神病院の患者の言動にいちいち笑う隣のオバちゃんが
ウザかった。

27 :名無シネマ@上映中:2010/12/23(木) 09:05:14 ID:O/eRPiJd
客席を見回すと、おれを含め、おじちゃん、おばちゃんばっかりだったな。
おれが観たときもよく笑い声が聞こえてきたが
逆にそれが救いだった。
アル中に興味のない人がアル中に興味のないまま最後までアル中の映画を撮ってしまったような気がする。

63 :名無シネマ@上映中:2011/01/13(木) 21:46:19 ID:RzRABKJh
>>27
元アル中だが、あの酒の中に引き摺りこまれる感じ、自分の脳が自分を騙しにかかってくる恐ろしさを結構巧く表現してたと思うよ。

28 :名無シネマ@上映中:2010/12/23(木) 10:46:26 ID:UDfGNBlE
>>27
自分は原作知らないけど、それがこの映画のトーンなんじゃないの?
アル中を悲惨に描こうと思えばいくらでも描けるテーマだろうし、
お涙頂戴や陰惨さとは違ったところに見所があるのでは?


自分はお涙頂戴も陰惨さも感じられなかった分(その描写も軽いし)
最後のホワンとした別れにジーンとしてしまったけどね。

31 :名無シネマ@上映中:2010/12/25(土) 11:55:46 ID:4fyiwUOy
>>28
この映画、ギャグを抜いたら重くなりすぎて気軽に見に行けなくなるよね
少年漫画で重いテーマを扱うのと同じでギャグも入れないと見るひとが少なくなるから興行的には間違ってないと思う
同じ原作からアルコールホリックを深く掘り下げたり、悲劇や喜劇、感動大作にしたり監督しだいでは色々できそうだよね
ハリウッド版ならどんな風になるだろう

33 :名無シネマ@上映中:2010/12/25(土) 17:01:24 ID:FFSDRGoi
>>31
原作自体に悲喜感があまりないので、
こういう淡々とした感じが丁度いいのかも。
アル中エピソードを色々混ぜようとするなら
物凄いドロドロな映画になるのは間違いないね。

36 :名無シネマ@上映中:2010/12/27(月) 03:19:12 ID:jTA4niWF
精神病棟のシーンからそうだけど・・・アル中病棟も重い描写がないよね。
昔、柴田恭兵がやったドラマだと、(アル中病棟だったか忘れたけど)
夜中に我慢できなくなって、消毒用のアルコール(エタノール?)まで手を伸ばす始末だって。

この作品は奈良漬食ったらスイッチ入っちゃって、とか、どことなく面白おかしく描かれてるから
まぁ、それはそれで良いのかな?と。
本当の本当の主題が、アル中の悲惨さをどうのって映画(原作)じゃないんだろうしね。

37 :名無シネマ@上映中:2010/12/27(月) 07:33:01 ID:aqG9wZsL
原作のあとがきを監督が書いてて
自分はかつて愛されない病人だったけど、
鴨は愛される病人だって書いてた
その軽やかさを撮りたかったんじゃないのかね

72 :名無シネマ@上映中:2011/01/16(日) 05:46:58 ID:wNZPp/te
コミカルなほうがリアルかもな

76 :名無シネマ@上映中:2011/01/17(月) 23:26:06 ID:mwkAgXdU
>>72
だね。

29 :名無シネマ@上映中:2010/12/23(木) 11:59:16 ID:t8Gwy80O
俺は温和な浅野が食事の量でブチ切れてすぐに忘れるシーンとか、めっちゃ
怖かったんだが、オバちゃん達にとってはそこが笑いどころらしい。
まぁ、どう楽しんだっていいんだけど映画なんて。

32 :名無シネマ@上映中:2010/12/25(土) 13:52:59 ID:8lQp5MtG
単にコミカルな部分とシリアスな部分のメリハリがなくアンバランス
な出来になってるだけ。
だから心が壊れてる人を笑うようなミスマッチが生まれる。

117 :名無シネマ@上映中:2011/05/23(月) 08:21:18.70 ID:eWJv/14q

20071115_inutowatashi_main_20110902012247.jpg

黒カモが出て来る表現がちょっと違和感あったな。

34 :名無シネマ@上映中:2010/12/26(日) 00:20:41 ID:VGQ7VazU
「地獄を見て来た」

このコマシ言葉でバカな女は股を開いてしまうことが、よくわかりました。

35 :名無シネマ@上映中:2010/12/26(日) 16:00:37 ID:Odz+QP+G
>>34
その言葉だけ抜き出すとすごい中二病臭だ
アルコール依存症になった例に出てるひとが特殊な環境の人だけで
知り合いの医者が同情されないとか、地獄を見たひとととかすごく嫌みに聞こえる

39 :名無シネマ@上映中:2010/12/29(水) 16:00:53 ID:yZs4mo0Z

BlackLagoon-rebby-sleeps_20110902012308.gif

40 :名無シネマ@上映中:2010/12/29(水) 16:20:59 ID:f/RcljXg
原作が好きなので映画も気になるが浅野さんはなんかイメージ違うので躊躇してる
もっと猛々しいかんじの人がよかった
地雷を踏んだらは好き

46 :名無シネマ@上映中:2011/01/01(土) 14:59:41 ID:OQOyEwVT
>>40
ご本人はいつも酒でgdgdな上にDVしてたから猛々しいと言えば
猛々しいのかな?
浅野に決まって自分もビックリしたけど

48 :名無シネマ@上映中:2011/01/02(日) 01:56:04 ID:oK7kOdVK
>>46
西原が殴られてたの?

49 :名無シネマ@上映中:2011/01/03(月) 11:49:57 ID:2C3VE5Pv
>>48
サイバラにDVしてて、子供にまで手を上げはじめたから離婚したんだよ
んで、病気になって気弱になった鴨を支えるために家族で過ごすことにした
勿論映画じゃこんな描写はないだろうけどね
個人的には鴨大嫌いだったよ
結婚してからのサイバラは作品のクオリティーが明らかに下がったから
鴨が死んでからはまた色々描けてるからそれはそれでいいんだけどさ
今は家族ネタで色々描いてるけど本人の中でももう鴨のことは美化されてるっぽい

65 :名無シネマ@上映中:2011/01/13(木) 23:01:41 ID:A6OQSbWr
>>49
>子供にまで手を上げはじめたから

これはやらなかったって、西原が再三、発言してるんだが。
子供に手をあげたらおしまいだと思って離婚してるんだよ。

まあ、おれも鴨は嫌いだが。

69 :名無シネマ@上映中:2011/01/14(金) 23:19:40 ID:MXIfmVDU
>>65
とあるアル中の集まりに西原が来てたんだが
「子供たちを(鴨志田から)守った」とはっきり発言してたぞ。
どっちにしろ危機感感じて別れたんじゃね?

50 :名無シネマ@上映中:2011/01/03(月) 17:15:54 ID:hUVm3gSa
えー
病気の所為で、暴力的になったんじゃないのかー
映画では通常の意識状態では気の優しい性格として描かれてたが

51 :名無シネマ@上映中:2011/01/03(月) 18:08:04 ID:2C3VE5Pv
すまん、病気ってガンの方ね
てかもともと薬中だったし
アル中になってDV→離婚→ガン発覚→元鞘 だ

52 :名無シネマ@上映中:2011/01/03(月) 20:29:51 ID:2C3VE5Pv
アル中になって、というかもともと薬&アル中だったっけな
サイバラと知り合った頃にはもう結構イカれてた
サイバラもそこら辺に惹かれたんだろうね、
破天荒だけど普段は優しい人、みたいな

54 :名無シネマ@上映中:2011/01/04(火) 04:32:47 ID:GmLFBkNL
浅野は健康的すぎたなー、やっぱ。
ニコニコしながら「反省してます」とか吹き出すほど上手いんだけど、その裏にある
筈の物をどこかで感じさせてくんないと戦争体験すら無かったように見えてしまう。
東陽一監督の聡明さが裏目に出たのか、こう撮るしかなかったのか。

どこかのブログにもあったけど小林薫。彼で見たかった。

61 :名無シネマ@上映中:2011/01/07(金) 21:17:30 ID:Ob2lxqpJ
浅野はちょっと健康すぎたかな
アル中病棟入院してたけど
ガンマ1800のアル中って不健康なんてもんじゃないよ<見た目
目はくぼむ、頬はこける、肌が垂れる、体はむくむ、黒ずんだ肌になる
自分はガンマ500くらいだったけど(それでも十分に酷いが)
あの頃は鏡に映る自分が醜すぎていつも目を背けてた


まあでも、悲壮で所在ない感じは出てた
浅野演技上手いね

79 :名無シネマ@上映中:2011/01/23(日) 18:18:58 ID:1zg0xxwz
見た目では浅野さんより村上淳があいそう
ゲッツのエッセイで平成の落ち武者、平成の三船と書かれてたから

120 :名無シネマ@上映中:2011/06/05(日) 13:32:48.61 ID:dGBXquEl
アル中の人の話を観てる気がしなかった。
紡がれるストーリーと目に映る画から受ける印象のギャップときたらもう…
これを統合しようと努力するも、まったく歯が立たない。
これを毎日のように見せられたらたぶん気が狂う。

124 :名無シネマ@上映中:2011/08/31(水) 14:36:20.70 ID:N4Cl/qbH

51jQIr2oWd_20110902012249.jpg

看護婦の子がすごい可愛かった
あの笑顔は自分でも浅野忠信みたいな行動とるわ

74 :名無シネマ@上映中:2011/01/17(月) 23:03:00 ID:OKesvM3g
昨日見てきました。
浅野忠信さん、怒るとすっごい怖い。
あと、40円食べた。?のくだりが良くわかりませんでした。
誰か解説よろ

75 :名無シネマ@上映中:2011/01/17(月) 23:23:55 ID:3rpQjv+d
10円玉たべっちゃって、うんこから出したりしてるんだよ。

85 :名無シネマ@上映中:2011/01/24(月) 23:18:30 ID:yNQn4D7s
今日観てきたけどイマイチ・・・
編集 唐突
映像 リアル感出したかったんだろうけどただ単に貧乏くさいだけに
脚本 中途半端、二時間もいらんだろあんな内容
音楽 使い方下手すぎ キヨシローの無駄遣い
浅野 なんかいつもよりも間が変 
永作 悟りきりすぎな感 唐突に泣かれても感情移入できん
あの持って回った皮肉っぽい台詞回しも苦手

正直クソ映画。浅野じゃなきゃ絶対に見に行かない
淡々とした映画は寧ろ好きな方の部類なのにこれはない
誉めるところが一つもない 浅野主演の中でもワースト
キョンキョンの方も見に行くけどあっちの方が面白そうだわ

86 :名無シネマ@上映中:2011/01/25(火) 01:39:59 ID:tVdrJ/IV
>>85

d2002_196_c49ecaa570d000f3d3890e3de86d39d6_20110902012309.jpg

夫婦の絆がイマイチ表現できてなかったよなー。
なんか親友と寝ただのどうだのって痴話喧嘩してた
だけって印象。

87 :名無シネマ@上映中:2011/01/25(火) 04:26:28 ID:sdwvCrlN
ダメな映画だったはずなんだけど・・・
その後、僕と妻の1778の物語なんて見てしまったものだから・・・
脳内で佳作に繰り上がってしまっている。
カップラーメンの後に土食ったら、カップラーメンがごちそうに思えたような感じ。

95 :名無シネマ@上映中:2011/02/09(水) 23:13:05 ID:3f2zzpEF
「毎日かあさん」にもあったけれど
「おとしゃん」って言い方が可愛かったな。

Darth_Vader_20110902012308.jpg

あんだけ迷惑をかけながら
「おとしゃん」って呼んでもらえるなんて
なんて幸せな奴なんだろ。

101 :名無シネマ@上映中:2011/02/11(金) 20:08:02 ID:A6Fv+Ej7
しかし秀逸なタイトルだなー。
泣けるわ。

103 :名無シネマ@上映中:2011/02/11(金) 20:52:57 ID:mFvH8f5W
>>101
泣ける。
鴨志田さんの出版社のサイトの最後が、「それから二人はずっと手を離す事はなかった」で終わってるのを見て、今も泣いた。
作ったわけじゃなし本当に偶然のはずなのに。本当にそう願う気持ちが強かったから、その文章で終わりたかったからそうなったのだろうか。
全然違うけどパーマネント野ばらの恋愛と通じるものがあると思った。
あまりに切なすぎる。

105 :名無シネマ@上映中:2011/02/12(土) 00:00:11 ID:LMS4hc6q
キネ旬邦画部門12位か。上出来じゃね?

112 :名無シネマ@上映中:2011/03/05(土) 19:55:16.61 ID:BcegdhJE
鴨ちゃん視点のこの作品と
西原視点のあの作品見た感想では

肝臓だけは西原の母方由来の強靭な肝臓に
似たほうがいいな 子供たち

118 :名無シネマ@上映中:2011/05/28(土) 22:15:03.00 ID:kCJ+UNQT
レンタルで見て、鴨志田さんの事がもっと知りたくなり、原作も読んだ。
闘病記だが笑える。ユーモアのセンスがあふれ、一気に読めた。
この笑いのエッセンスが、映画ではもうひとつ伝わってこない。監督がまじめすぎるのか?
おぼろさん(高田聖子)演じる女医とのやりとりなんて、もっと面白くなるはずだが。

しかし、ラストの体験発表(生い立ち)の内容、原作の方は衝撃的だわ。
映画でも、この独白シーンに30分ぐらいかけて、じっくり描いてほしかった。
その分、妻と子供との描写が増えていたが、今ひとつあっさりすぎる感じが残った。


関連記事

  1. 2011/09/02(金) 21:23:20|
  2. や行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【芸能/海外】ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリーの次女、5歳にして両すね&左手にタトゥー | ホーム | 【 公開直前 】『ライフ いのちをつなぐ物語』『劇場版テニスの王子様』『鉄拳』評判まとめ>>

コメント

エロ動画サテライト

管理人様

突然の連絡申し訳ありません!
「エロ動画サテライト」の宅と申します。
失礼を承知で、貴サイトとの相互リンクをさせていただきたく
ご連絡をさせていただきました!


貴サイト様と今後とも良い関係を築きたく思っております。
大変恐縮ですが、ご検討をお願いしても宜しいでしょうか?

どうか宜しくお願い致します!


PS.できましたらRSSにも乗せていただければ嬉しいです!


------------------------------------------------
エロ動画サテライト
http://satellite.web01-ninja.com/
http://satellite.web01-ninja.com/?xml
管理人 宅 
adult_satellite@yahoo.co.jp
  1. URL |
  2. 2011/09/06(火) 18:59:47 |
  3. #AmXOoNso
  4. [ 編集 ]

Re: エロ動画サテライト


管理人 宅さん
相互リンクの申し込みありがとうございます。 サイトを見させていただきましたが、アダルト専門のサイトのようですので、相互リンクは見送らせてください。すみません。<(_ _)>
  1. URL |
  2. 2011/09/06(火) 22:01:15 |
  3. 江戸川長治 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2205-30c15430
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。