FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

サンシャイン 2057

【ダニ-・ボイル新作】 サンシャイン 2057【真田広之】
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1172328882/


1 :名無シネマ@上映中:2007/02/24(土) 23:54:42 ID:JgwJYUps
2007年4月7日(土)公開

監督/ダニー・ボイル
出演/キリアン・マーフィ、ミシェル・ヨー、クリス・エヴァンス、真田広之

オフィシャルサイト
http://movies.foxjapan.com/sunshine2057/


35 :名無シネマ@上映中:2007/02/28(水) 11:59:11 ID:JOyrjz1u
イギリスでの原題はサンシャインだよね。
そのままのほうがいいのに。

38 :名無シネマ@上映中:2007/02/28(水) 16:33:03 ID:nAnhaRLu
>>35
2057付けると近未来の物語だなとわかるからじゃないの。

40 :名無シネマ@上映中:2007/02/28(水) 20:40:33 ID:uqRau+hu
金田船長って、在日の設定なのか?

43 :名無シネマ@上映中:2007/02/28(水) 22:31:07 ID:TfYBJPKG
>>40 外国人がそんな凝った設定にするわけないだろ
日本人でも滅多にしねーし
金田と言う姓が在日由来なわけでもない

45 :名無シネマ@上映中:2007/03/01(木) 11:52:39 ID:vKNYsTPb
>>40
『さんをつけろよ、デコすけ野郎!!』



57 :名無シネマ@上映中:2007/03/01(木) 23:34:06 ID:3u20vlwD
金田って、AKIRAの主役の名前と同じじゃん。
ボイルも大友のファンかもね。
むこうでは、日本人の名前としてポピュラーになったんでないの?

82 :名無シネマ@上映中:2007/03/03(土) 18:21:22 ID:DBkHgdGj
>>57
亀だがダニーボイルは確か28日後の時にAKIRAについて言及してるはず。
本国での宣伝の時にそれを意識したアートワークを使ったとかなんとか。
映画館で貰ったフライヤーで見ただけだから記憶が曖昧だけど。

83 :名無シネマ@上映中:2007/03/03(土) 18:58:21 ID:zCCJ3QOH
>82
フッと頭に浮かんだ日本名が金田だった可能性大だね。

333 :名無シネマ@上映中:2007/03/29(木) 23:21:28 ID:zDOwwIBB
う~ん、ビジュアル的にはダニー・ボイルの映像センス全快で音楽もカッコ良かったし
六本木7番スクリーンの大画面で見ると迫力満点だったけど、やっぱ脚本がイマイチ。

例えば最初の方で進路コース変更をマザーコンピューターに命令するシーンが
あるんだけど、そうするとミッション成功の確率が下がるって事で拒否されるものの
乗組員2名以上の承認によってはじめて認可実行されるとか、非日常なSFモノの
世界観にリアリティーをもたせるうえで重要なディティール描写が物語前半では
結構ちゃんと細かく描かれてるんだけど、後半で<アイツ>が出てきてからが
「ホントに一人の脚本家が全部書いたんだろか?」と思うくらい設定が無理からな
上に登場人物の行動がその場しのぎで行き当たりばったりの連続で急に萎えた。

334 :名無シネマ@上映中:2007/03/29(木) 23:49:35 ID:hXvCmhqc
自分は良い映画だと思ったけどね。
むしろ、アイツが出てくる前の方が、登場人物多くて話が分からなくて萎えたよ。
28日後に比べたら最後の行き当たりばったり度も低いと思った。
とにかく、内容がヘビーすぎて、見終わってからどっと疲れたよ・・・。

336 :名無シネマ@上映中:2007/03/30(金) 00:05:33 ID:SaeO67AT
人物のバックグラウンドがもっと詳しく描かれてるかと思った。HPの設定見ないとクルー達わけわかんないかも…
私も音楽はかなりいいと思う。

354 :名無シネマ@上映中:2007/03/30(金) 16:01:15 ID:7qCnH9Le
imdbのサイトにもう2回観たという人のコメント載ってるんだけど、すごいよ、真田のこと
べた褒め!
真田の部分だけ簡単に訳すると、「サンシャインのキャストの中では飛び抜けてる。キャスティングで
もろに成功したのが金田役の真田だ。金田の役と真田自身の持ってる威厳のある抜群の存在感が
随所にマッチしていて彼の持ち味がフル回転してる。金田/真田のシーンが映画の軸で彼の
素晴らしい演技には強烈な印象を受けた。」ってなかんじ。



356 :名無シネマ@上映中:2007/03/30(金) 16:25:29 ID:Jiqf+HTx
まあ真田は最初の犠牲者だし、他の犠牲者と比べても
この映画における象徴的な死に方だからインパクトはあるよ

作品全体としては映像や音楽は良かったけど脚本にやや難有りかな
最後の方は何してんのか分かり辛かったし

357 :名無シネマ@上映中:2007/03/30(金) 16:49:40 ID:ckBM97hk
前半は文句はないなあ
後半の「神」とは?
もういっぺん見て考えよう

船長の存在感抜群
その人物の豊かな人間性が感じられた

それにしても真田さんにいい役いただきました。
扱いに真田さんへの尊敬が感じられる

362 :名無シネマ@上映中:2007/03/30(金) 22:59:45 ID:7suU018U
ジャパンプレミア行って来ますた。私は28日後より面白かった。最後のたたみかけるとこ長過ぎたけど。
2001年を思わせるとこもあったけど、あれはキューブリックへのオマージュなのかな?
真田さん、出演は少なかったが存在感あったよ。でも「主演:真田広之」とうつのは止めて欲しい。

382 :名無シネマ@上映中:2007/03/31(土) 21:44:04 ID:hbMbV/ON
ってか世界中の核集めて起爆するって太陽にとっては屁でもない気が…

385 :名無シネマ@上映中:2007/04/01(日) 01:06:41 ID:jChFt5bI
原爆や水爆じゃないでしょ。
CAPAは dark matter bomb の専門家だというし。
重力と核融合の釣り合いで形状を保ってるのが太陽だから
核融合が止まるなら重力に変化があったはず。
暗黒物質爆弾がどんなしろものか判らないが
重力の均衡を崩すことによって再点火を目論んでいるのでしょう。

あ、今ニュースが入ってきたぞ。
アカデミー賞の美術賞を取ったって言ってる!

542 :名無シネマ@上映中:2007/04/10(火) 13:27:15 ID:10Vyw6+u
イカロス2号の物語が今回の映画なんだけど、
7年前に同じ任務でイカロス1号が旅立った設定。
そのときが2050年。

偶然とは思えないです。
これは、正式なリメイクや続編ではないけど、クライシス2050の原案のもとに、
進行したプロジェクトなんじゃないのかな。

551 :名無シネマ@上映中:2007/04/11(水) 12:27:40 ID:+y98lZnV
キリアン曰く
「自分の好きなSF映画は2001年宇宙の旅やソラリス、エイリアン。この3つが好きなら人なら、きっとこの映画も気に入ってくれるよ」
だそうです。

554 :名無シネマ@上映中:2007/04/11(水) 15:39:10 ID:kYAvftL0
>>551
某映画評論家に「ソラリスの出来の悪い焼き直し」って切り捨てられてたけどw

604 :名無シネマ@上映中:2007/04/14(土) 13:56:07 ID:qGuTtMhT
さっき朝一番で観てきた。

感想は、真田広之が出演していなかったら、
おそらく、わざわざ映画館までは足を運ばなかったろう作品。

観た後、映画としての不満をたくさん言いたくなったが、
まだネタバレには早そうだから、ここではやめにしとくw
なぜこの映画が残念な出来なのかは、
いずれ自然と、観客の声から明らかにされるでしょうw

でも真田は、限界・制約のあるなかでがんばってたし、
作品で、それなりには目立ってた。
この種の映画作品では、アジア人の比率がかなり高い。
白人:アジア人、5:5くらいに感じたくらい。
写真が出てくるんだけど、日本の国旗も映ってたり。
そのへんは革新的な試みと言えるかな。

まあ、この映画は、これまでに作られた名作に対して、
どうにか、なにか新しいことをやってやろう、
という気概・意欲は感じられるね。これは難しい課題だったろう。
ただやっぱり、あの作品と比べると・・・ということになってる。
宇宙服のデザインも、なんであんなダサかったのか疑問。

真田の次の外国作品に期待したい。

608 :名無シネマ@上映中:2007/04/14(土) 14:53:32 ID:D3ujNKg7
何やってるのかわかりづらい映画だったな。
登場人物の説明も人物描写もないから、
誰にも共感できないし、
感情移入もなし。
監督は太陽が主役の映画が撮りたかったんだなあと。



615 :名無シネマ@上映中:2007/04/14(土) 17:00:08 ID:KIxhlfvP
自分は楽しめたよ。
ただ、奴は姿を見せない方がよかったかも。
せっかくのリアル感があれ?となってしまう。
宇宙服はナサの資料からだそうだ。

618 :名無シネマ@上映中:2007/04/14(土) 17:36:33 ID:7KZk29sR
見てきた。

前半面白かったんだけど、"ヤツ"が出てきたあたりからなんか冷めた。
前半は、「これからどうなっちゃうの」っていうドキワク感があったんだけど、
>>615も言うように、ヤツの姿が出てきたらなんか急に現実味が薄れたような。
こういう映画に「現実味」なんて期待するもんじゃないのかもしれないけど。

つーか自分は理解力がないのかな。
劇中で「ドーン」とか「ワー」とかなってるのに、
登場人物達が具体的にどういう状況下におかれているのかよくわからないシーンがいくつもあった。
イカロス2号(1号も)の設計図を見ながらもう一度見返したいというか・・・。

623 :名無シネマ@上映中:2007/04/14(土) 18:10:12 ID:aldAefWw
欧州在住だが昨日見てきた。
批評家の評判はすげえ高い作品。
見ごたえあるし、深く分析していける映画。基督教の知識とか、
サイエンスと宗教の議論に興味ある奴らには評判がいい。

633 :名無シネマ@上映中:2007/04/14(土) 19:44:20 ID:rX18ggJh
主人公のポーカーフェイスっぷりが観ていて感情移入をより遠ざけた。

637 :名無シネマ@上映中:2007/04/14(土) 20:29:19 ID:k6CrqXua
光の描写は良かったな・・・
あっちの世界に誘われるような感覚に襲われたよ。

646 :名無シネマ@上映中:2007/04/14(土) 21:32:10 ID:Y3XKnqS6
つき離したような人間描写が面白かったな。
ありのまま淡々と進んで行くっつーか、
そのせいか、息苦しいよーな、船に同乗してるような
感覚になる。

656 :名無シネマ@上映中:2007/04/14(土) 23:09:02 ID:nErGQhWQ
もうちょっとミッション全体の流れみたいなのが説明あればな
とは思った。
後半はラストの地球の描写があるから、好き勝手やったような
気がしたな。
とりあえず救われたからおkみたいな。

667 :名無シネマ@上映中:2007/04/14(土) 23:47:44 ID:KT51i7UY
マンハッタン島と同程度の大きさの核ってどれくらいの威力なんだろ
ツァーリボンバの何倍くらいなんだ

672 :名無シネマ@上映中:2007/04/14(土) 23:55:32 ID:0AILQ8e/
>>667
太陽の大きさに比べたら針の穴程度なんですけど・・・
あんなので起爆するのか凄く疑問

675 :名無シネマ@上映中:2007/04/15(日) 00:00:15 ID:qGuTtMhT
>>672
なぜか妙に正しい立方体だったよなアレ。
外から見ても。

699 :名無シネマ@上映中:2007/04/15(日) 00:22:44 ID:T/eGjl/r
>>675
あの立方体や内部を見ていたらCUBEを思い出したw

679 :名無シネマ@上映中:2007/04/15(日) 00:03:57 ID:JkznSmgL
太陽=人知を超えたもの、と対峙した人間が
それに恐怖と畏怖を感じて絶望するか
宇宙の広がりと一体感を感じて彼岸に渡るか。

何でイカロス1号船長のピンヘッド(だっけ?)があのケロイド状態で生きていられたのかと考えると。
「ずっと神と対話をしていた」と言う言葉をそのまま信じてみると、
太陽(神)は人との対話を望んでいた。
希望(2号)と絶望(1号)のどちらかより強い意志にその未来を託したって事かなー?と
帰る道すがら考えた。

ホラー苦手なんで雰囲気だけでビビってたけど、
それよりも船医の太陽への傾倒ぶりがリトルピンヘッドで微妙に恐かった。
まるで太陽に犯されていってるようで。
段々顔が焼けていってたり、何より今正に死の瀬戸際の船長に
執拗に何度も「何が見える?」と聞く当りがもうガチ。(笑)

これ実は映像で見るより小説向きな話なんじゃないかと思った。
具体的な絵が無い方が想像力が羽ばたく感じ。
観念的な描写もその方が伝わりやすかった様な気がする。
うん。印象は意欲策といった所かな。

688 :名無シネマ@上映中:2007/04/15(日) 00:12:46 ID:Jzq3AZeU
>>679
凄い!!
そういう見方もあるのね

702 :名無シネマ@上映中:2007/04/15(日) 00:28:08 ID:8DAYWwmr
>>679俺は逆に映画で良かったと思った。
どんよりどよどよな映画は劇場で見ると、劇場独自の素っ気ない壁と、自宅でないって閉息感が
足されて面白さが上昇する方なんで。
この映画の鑑賞自体は満足してるんだけど、多分DVDは見ないw。

706 :名無シネマ@上映中:2007/04/15(日) 00:37:51 ID:JkznSmgL
>>702
あー。太陽への恐怖と言う視点では確かに映像の方が良いかも。
そして確かに劇場で見たほうが良い作品だよね。
(そして昼間よりレイトショー向き)
TVの画面じゃあの太陽から受ける圧迫感が薄まるか、
もしくは殆ど感じられなくなるかも、と思う。

738 :名無シネマ@上映中:2007/04/15(日) 07:30:51 ID:/kwLyhev
>679
希望(2号)と絶望(1号)のどちらかより強い意志にその未来を託したって事かなー?と
帰る道すがら考えた。

ただ単に希望(2号)と絶望(1号)と二元的にも解釈できないような。対比されてる点といえば
1号は神=太陽=全能=他力、2号は人類の意思=不完全さ=自力みたいなものを象徴しているとも
解釈できそう。1号(キャプテン)=神への崇拝を貫くことがミッションと化す、2号(キャパ)=
=1号のキャプテンと同様、神と一体化することに命をかける。目的は同じでもそれを
どのように実行させるかで違った結果が出てくるってかんじ?

生きるも死ぬも人間の判断。運命のコースを決めるのもそれによって破壊の道を辿るのかも
結局は人類の判断に委ねられているってのがメッセージともとれるね。

現実からどんどん隔離されていく中で人間の弱さ、はかなさがミッションを成功させれるか
どうかの鍵になっていくって感じ。2号のクルーも既に精神的に異常をきたしてきていたし、
1号と出くわしていなくても1号のキャプテンと同じ精神状態になる奴が
そのうちに出てきていただろって設定だろね。

681 :名無シネマ@上映中:2007/04/15(日) 00:06:14 ID:nErGQhWQ
あのサブリミナル的なカットもいまいち意図が分からなかったな。
ただ怖がらせたいだけか?

683 :名無シネマ@上映中:2007/04/15(日) 00:07:36 ID:4z6pQFR7
>>681
あの演出は不覚にもビクッとした・・・夢に出そう

696 :名無シネマ@上映中:2007/04/15(日) 00:18:08 ID:OlM/4QQk
太陽の寿命の原因がなんなのか説明されてなくて、なぜ核爆発(太陽は主に核融合)で救えるのかなど、科学的な話がなかったな。
太陽の寿命はあと50臆年くらい&寿命時には膨らんでガスになって消えていく(地球は飲み込まれて燃え尽きる)ってのが定説でしょ?

色んな映画混ぜただけかな?
ソラリス+ザ・コア+α。

697 :名無シネマ@上映中:2007/04/15(日) 00:20:14 ID:JkznSmgL
>>696
まあ、単純に考えると監督の描きたかった所が「そこ」じゃないって事では?



701 :名無シネマ@上映中:2007/04/15(日) 00:24:58 ID:jcr3a/K+
そうなんだろうね。
書きたかったのは人の精神の崩壊と信仰?
主人公は核爆発に信仰を抱いてたな。最後嬉しそうだったし。

日本人が最後まで残ったらどう描かれるのか見たいな。
何も信仰しなさそうなんだが、一応太陽を見てたか、真田も。

707 :名無シネマ@上映中:2007/04/15(日) 00:42:23 ID:T/eGjl/r
1号に乗り込む時とかのショットは、
サブリミナルもこう上手い演出もあるもんだと思ったね。
ワザと楽しそうなクルーの写真を挿入しつつクルーたちが・・・
ってのが泣けた。
映画が終わった後も1号にどういう事があったのか気になった。

723 :名無シネマ@上映中:2007/04/15(日) 02:40:42 ID:M0pIhdoY
酸素って水を電気分解したら大量に手に入らないもんかね
水が足りないか?

728 :名無シネマ@上映中:2007/04/15(日) 03:16:06 ID:ewzmcQ+O
>>723
ケロイドも水を再利用して生きてたみたいだし足りないんじゃないの?
そもそも水でどのくらいの酸素が作れるのか分からない

729 :名無シネマ@上映中:2007/04/15(日) 03:29:25 ID:dKqvbbKk
地球を救うミッションに選ばれた超エリートであるはずのクルーが
あのメンバーってのが、どうもね。
それっぽく見えなくもないのは真田広之とミシェル・ヨーくらいか。

少症人数で苦労してわざわざ有人飛行やってるところに説得力がないし、
重力の描写は悲しくなる。宇宙船が航行するのに「ゴゴゴゴ」なんて
効果音もやめてほしかった。

1号の船長が意味不明、というか登場があまりに乱暴でついていけんよ。
もうエイリアンでもゾンビでも何でもいいじゃんって感じ。

ところで、植物の栽培室が火事になったのはなんで?
太陽から何か飛んできたけど船に穴あけたわけではないようだし。

731 :名無シネマ@上映中:2007/04/15(日) 03:43:15 ID:cC8Qrm9o
核抑止力がなくなりパワーバランスが崩れていく地球で暮らすよりは
素っ裸船長の言う神の意志のもとに滅んだほうが幸せなのかもね。
なんて観終わってから3時間くらいして思った。

734 :名無シネマ@上映中:2007/04/15(日) 04:00:16 ID:cC8Qrm9o
ところで太陽に届かずに死ぬ神話の登場人物の名前を
あんな大事な宇宙船につけるってセンスはどうなんだろ。

743 :名無シネマ@上映中:2007/04/15(日) 09:42:05 ID:2X5GYJbj
最前列を予約して
最新のシネコンのソファシートに
あたかも無重力状態のように身を任せ
大画面とドルビー音響の中に飛び込んでいった
この見方が大正解
イカロスⅠに乗り込むことが出来たよ!!

カネーダ船長は死んだ後も乗組員の心に生き続け
人間は如何にして死ぬかのお手本を示していた
だから真田さんの存在は最後まで生きていた
副長が自分の為に権力を行使しようとしたシーンで
乗組員の心に船長がいるのが痛いほど判った
(ジェーンフォンダの息子が演じる通信士は
唯一妻帯者で地球の妻への想いがああした行動の背景なんだが)

(イカロスの命名についてはファンサイトに詳しい解説があるが、
要はギリシャ神話の人物のように
感情におぼれず論理にて判断しろとの乗組員への警告
最後にペイロードが離れた一瞬太陽側が映ると
巨大な羽が描かれているのがなんとも美しく象徴的だ)

803 :名無シネマ@上映中:2007/04/15(日) 19:01:07 ID:9CtHBT3A
エンドスクロールをNG集付きにするべきだ。

804 :名無シネマ@上映中:2007/04/15(日) 19:04:28 ID:FxwsjILa
>>803
見たいかもw

805 :名無シネマ@上映中:2007/04/15(日) 19:08:10 ID:FBfmehb6
香港映画かよw
あーそういえば香港は近年まで英国領土だったっけか。

867 :無名シネマ@上映中:2007/04/16(月) 00:57:19 ID:8sJBet7L
結局、キャプテン・カネダの判断ミスじゃん。
物理学者が、もっと核物質があった方が良いといっただけで、
最初の計画をあっさり変更するか?
余裕のないミッションならなおさら、変更はありえないと思うがね。

キャプテンがアホなら、乗組員もアホばっか。
イカロス1号とドッキングした時、無防備にあんな大人数で乗りこむかね?
地球を救う先鋭のクルーなら、もうちっと賢い奴らを選んで欲しいね。
あれでは、トレイン・スポッティングのチンピラ兄ちゃんレベルだよ。
 
太陽に核爆弾をぶちこんで地球を救うだけでは、
あんまり単純過ぎるというので、
宗教だか狂気だかを持ちこみたかったのかもしれないが、
あのケロイド人間はなんじゃ?
13日の金曜日のジェイソンを思い出してしもうたわ。

映像は素晴らしいのに、残念。
脚本を練り直す必要ありだな。

869 :名無シネマ@上映中:2007/04/16(月) 01:02:40 ID:1IkMcxGU
そもそも
>太陽に核爆弾をぶちこんで地球を救うだけ
これが物語の中心じゃないと思う。
設定として使っただけであって、表現したかったのは
>宗教だか狂気だかを持ちこみたかったのかもしれない
こっちでしょ。
ケロヨンは最近のダニー・ボイルって感じ。
ザ・ビーチでのランボーや28日後の軍人たちと同じで。

872 :無名シネマ@上映中:2007/04/16(月) 01:26:37 ID:8sJBet7L
>869
うーーん、しかし宗教や哲学を語るには、脚本に深みがたりないんじゃない?
圧倒的な太陽への傾倒は、感じられたけど。
どーなんだろ、
人物を描き過ぎると壮大な宇宙観が損なわれるみたいなことってありかな?
2001年宇宙の旅は、個人に感情移入してなかった。
やっぱ、キューブリックは偉大だったな。

真田のファンなので、もう一回見てくるわ。

873 :名無シネマ@上映中:2007/04/16(月) 01:42:31 ID:1IkMcxGU
>>872
ダニー・ボイルってこれも含めて3作続けて特殊な状況下での人間の精神を
撮り続けてるからね。純粋にSFを期待しちゃうと肩透かしだと思う。
前作の28日後で、純粋なホラーを期待してた自分が肩透かしをくらったように。
今回も途中からそうだと気づいたから、ケロイドが出てきて大暴れしても
なんとか納得できたけど、そうじゃなかったらやっぱり「はぁ?」だと思う。

887 :名無シネマ@上映中:2007/04/16(月) 09:50:23 ID:tjrbjt2k
イカロスが「5人目の人間がいる」と言って緊張感高めたところが一番の
見せ場だろうに、20秒後にケロイドのネタバラシ。これがなければ神映画だったな

906 :名無シネマ@上映中:2007/04/16(月) 17:18:24 ID:3b79wt7T
やっぱり、あのケロイド親父がなんだかなあ・・・
親父抜きで、もっと本格派ハードSFの方向に振ってもよかったと思うけど・・・
なんにせよ、この映画にホラー風味は不要だったように思う
壮大なストーリーの中であの親父だけが妙に安っぽくてバランスが悪い気がする
このケロイド親父を登場させてまで監督が語りたかった事とは何だろう?

908 :名無シネマ@上映中:2007/04/16(月) 17:26:56 ID:9LemQKbZ
>ケロイド親父を登場させてまで監督が語りたかった事とは何だろう?

1)温室の新鮮な野菜を食べると長生きできる。
2)一人でひきこもりは良くない。
3)キチガイはすぐに殺すべき。

924 :名無シネマ@上映中:2007/04/16(月) 20:01:37 ID:hHo4rmED
>908
わろた。


関連記事

  1. 2008/08/23(土) 07:42:13|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:1
<<幸せになるための27のドレス | ホーム | 茄子 スーツケースの渡り鳥>>

コメント

プロメテウス観てからSFに興味持ち出して流れでサンシャイン久しぶりに観た
超面白い!よー分からん展開になるSFは良いな~
映像、ミュージックはセンスあるし、極限ドラマも面白かった!流石ダニボ
そんでやっぱ気味悪い映画だ
グロいし雰囲気も不気味だし、太陽に魅了される男はその人の目玉を強調してたけど、
イカロスが太陽に向かって行くカットは誰かの目玉に見えてくるし・・・HALにも見えてくる
  1. URL |
  2. 2012/09/18(火) 09:17:29 |
  3. 大輔Z #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/219-786c901a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サンシャイン2057

作品情報 タイトル:サンシャイン2057 制作:2007年・アメリカ 監督:ダニー・ボイル 出演:キリアン・マーフィ、真田広之、ミシェル・ヨー、クリス・エヴァンス、ローズ・バーン、トロイ・ギャリティ、ベネディクト・ウォン、クリフ・カーティス あらすじ: 50年後の近
  1. 2010/08/13(金) 01:53:45 |
  2. ★★むらの映画鑑賞メモ★★

「サンシャイン2057」

お勧め度:★★★☆☆ 製作年 : 2007年 製作国 : アメリカ 配給 : 20世紀フォックス映画 上映時間 : 108分 監督 : ダニー・ボイル 脚本 : アレックス・ガーランド 出演 : キリアン・マーフィ 、 真田広之 、 ミシェル・ヨー 、 クリス・エヴァンス 、 ローズ・バーン
  1. 2010/08/22(日) 02:12:42 |
  2. ドゥル的映画鑑賞ダイアリー

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR