2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

シェルター

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1269791812/
14_alikeh_20110825020001.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 00:56:52 ID:b8k+q4fZ
原題:Shelter
監督:マンス・モーリンド、ビョルン・ステイン
製作:エミリオ・ディエス・バロッソ、ダーレーン・カーマニョ・ロケット、マイク・マキャリ、ニール・エデルスタイン
製作総指揮:ビリー・ロフサール、アレハンドル・ガルシア
脚本:マイケル・クーニー
撮影:リヌス・サンドグレン
美術:ティム・ガルビン
編集:スティーブ・ミルコビッチ
音楽:ジョン・フリッゼル
製作国:2009年アメリカ映画

スウェーデン出身の新鋭マンス・マーリンドとビョルン・ステインが手がけるスーパーナチュラル・スリラー。
主演はジュリアン・ムーア、ジョナサン・リース=マイヤーズ。精神分析医のカーラが、解離性同一性障害を患う青年デビッドを診察していると、
彼の中からアダムとウェスという全くの別人格が現れる。カーラはそれぞれの人格の過去を調べていくうちに、人間の魂を隔離する“シェルター”という超常現象の存在を突き止めるが……。

公式サイト
http://www.shelter-movie.jp/index.html

2010.3.27 新宿バルト9ほか全国ロードショー


4 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 13:29:11 ID:mYcspHoD
ジュリアン・ムーアでこの雰囲気だったんで
ついついフォーガットン期待していったらただのうんこだった。

5 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 20:16:23 ID:F9mRLiVN
色々とひどかった。途中20分くらい寝ちまったし。
効果音で何度か驚かせるだけで、恐怖感を煽るテクニック皆無の糞映画。

予告がホラーサスペンス臭だったから、期待したのになあ。オカルトにしても
中途半端だった。

6 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 01:30:15 ID:mj/yWNKW
>>5
同意、序盤は期待したけどダメだったなあ
効果音がなければ少しだけマシだったかもしれないけど
結局、ストーリーも色んなホラーの付け足し映画だった

でも、何か惜しい映画ではあった

7 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 22:47:14 ID:IsalUfTx
惜しいってのはなんか分かるわ
幼女は可愛かった

38 :名無シネマ@上映中:2010/04/09(金) 21:00:05 ID:4WvUTFjj
効果音が凄過ぎて
 心臓止まるかと思ったよ マジ心臓に悪い
  N数少ない俺にとっては良作 寝ないで見れたし

12 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 02:02:58 ID:PCbcpi1V

51jQIr2oWd_20110825015959.jpg

グリーンマイルの黒人大男はシェルター村の出身者だな

14 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 23:27:13 ID:SWbj9UlB
予告編に騙された

途中までよかったが、神や悪魔を出したらもうなんでもありになって、うわーっとなった

15 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 01:12:45 ID:i47ZEXT2
>>14の人生も途中までは良かったんですが、神や悪魔を出したらもうなんでもありでしたね

19 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 23:51:51 ID:SBRzqwXO

51BVXZqazi_20110825020000.jpg

すいません、終盤の肝心な所で寝てしまいよくわからなかったのですが、
結局ジョナサン・リース・マイヤーズって何者だったの?
あと、何のためにシェルターに魂を集めてたの?
あの背中がただれる病気の意味は?

それからエンドロールのスペシャルサンクスに「GOD」って出てたのは本気なのギャグなの?

20 :名無シネマ@上映中:2010/04/04(日) 18:45:18 ID:T4uwc14m
マイヤーズは100年位前?に村人をだました牧師

シェルターの本来の使い方は村の婆が心霊手術をする時に一時的に患者から
抜いた魂を入れておくためのもので、手術が終わったらシェルターから患者に魂を
戻す

マイヤーズの場合は村人をだました復讐として村の婆に魂を抜かれ、シェルター
じゃなくて空中に魂を放り出された

背中がただれるのは人の体を乗っ取ったマイヤーズの魂が、さらに他の人の
魂を集めまくる(←何でか分からない)ため、狙った対象者にかけた呪いだと思われる

31 :名無シネマ@上映中:2010/04/07(水) 23:34:55 ID:2Vye3y8P
>>20
あー、なんかよく分かる説明ありがと

それでもよく分からないんだが
あの魂を吸い出しながら生きてた奴がビデオに映ってたマイヤーズなら
おばばが空中にぶちまけた魂は
本人の体にどうやって戻ったのだろうか?

23 :名無シネマ@上映中:2010/04/07(水) 02:20:01 ID:L/IYIWDA
皆さんには不評ですが、面白かったです。
辻褄が合いそうで合わないところがむしろ良い。
=アチラ側の因果律は人間は知り得ないという意味にとれます。

洋画で初めて『呪怨』や『ノロイ』がシナリオでチャレンジしていた事を取り入れた画期的な作品じゃないでしょうか?

それに、細かな意味づけも配されていて良かったです。
被害者は全員音楽関係とか。

その割にベタな劇伴がマイナスですが。

私の見た回は、割と観客はスクリーンに釘付けでしたよ。

29 :名無シネマ@上映中:2010/04/07(水) 21:12:02 ID:4cQG9KNW
>>23
>=アチラ側の因果律は人間は知り得ないという意味にとれます。

このジャンルはその因果律こそが重要なんじゃないの?

30 :名無シネマ@上映中:2010/04/07(水) 22:26:58 ID:L/IYIWDA
>>29
そうですね。
物語を引っ張る力は因果律を求めるからこそですよね。
ただ、分かったつもりで、どこか腑に落ちない感覚が逆に恐怖を煽る気がするのです。
『実際のオカルト事件はきっとこうだろうな』と。

24 :名無シネマ@上映中:2010/04/07(水) 08:28:48 ID:4cQG9KNW
>被害者は全員音楽関係とか
オレが観たのとは違うバージョンか?

25 :名無シネマ@上映中:2010/04/07(水) 11:27:32 ID:DrgiIEIX
ムーアの友達の医者のじいさんも音楽関係だったのか?

26 :名無シネマ@上映中:2010/04/07(水) 12:24:39 ID:L/IYIWDA
>>25

細かいね。完全徹底はされてないかも。

でも、ハナウタとか無かったっけ?
後で気づいたので記憶が曖昧ですが。

28 :名無シネマ@上映中:2010/04/07(水) 19:43:01 ID:7DXHZy0/
鼻歌=音楽関係www

33 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 09:38:08 ID:jKx6RsLR
音楽関係者??神を信じてないと言った人がターゲットになってるんだろう。

27 :名無シネマ@上映中:2010/04/07(水) 19:18:12 ID:sE4onqhJ
しかしムーアは間一髪だったな。マイヤーズが「神を信じるか?」と質問したとき
「医者としては科学を信じるが、人としては神を信じる」みたいな事言ったよね。
あの時に神を信じると言わなかったら、ムーアもターゲットになっていたんだろ?
まだからくりがわかってない時点で、自分の気持ちを素直に言ったことがたまたま
相手のターゲットにならないキーワードだったんだからな。

35 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 18:02:41 ID:uQxuXnJr
ラストはおもいっきりバッドエンドで

77219_20110825015959.jpg

戻って来た筈の魂が違ってたのは結構きついものがあったな
もっとも彼女が帰って来ても
自身をころそとしたママと仲良くやっていける筈もないけど

40 :名無シネマ@上映中:2010/04/10(土) 13:50:58 ID:zWm/HKkB
アダム外見のサミーとサミー外見のダッドと、一緒に暮らすのにキツイのはどっちだろ?

41 :名無シネマ@上映中:2010/04/10(土) 18:18:41 ID:5eE3t9IL
サミー外見のカーラでお願いします
大人口調で話すロリは最強でしょう

102 :名無シネマ@上映中:2011/02/28(月) 00:14:30.01 ID:awQRHdND
最後、娘の魂の人格だったのに、よく殺せたよな。
つか、なんで殺せたの?中身は娘なんでしょ?
他の人格が出てる時に殺せば良かったじゃん。

93 :名無シネマ@上映中:2011/01/04(火) 02:14:36 ID:Y4J9GUEe
オチ悪くないけど他の奴らは魂吸い取られたら目玉溶けたりしてたのに
娘だけ吸い取られて体が無事で済んでるのが辻褄合ってないな

45 :名無シネマ@上映中:2010/04/12(月) 07:51:50 ID:dFuuvaXc
友人が「2とか続編ができそうなオチ」
と言っていたが、あれはあれでおしまいでいいと思うんだ…。

46 :名無シネマ@上映中:2010/04/12(月) 15:42:08 ID:nzt177VQ
うん、あのオチはあれでおしまいで良いと思う

ばばあがシェルターのまじないを勢いでかけて後はシラネって感じが良い

続編やるとしたら、サミーを元に戻すためにママン大奮闘な話になるのかな
全然観たくない

47 :名無シネマ@上映中:2010/04/12(月) 22:08:11 ID:UmOr0k/K
心霊手術するババァの村って近親交配が多そうに見えた

48 :名無シネマ@上映中:2010/04/12(月) 22:44:10 ID:SdDaSMxN

20071115_inutowatashi_main_20110825015958.jpg

つうか婆が牧師の魂を野放しにしてるのが諸悪の根源なんじゃねえの?

49 :名無シネマ@上映中:2010/04/13(火) 02:30:27 ID:Va0RzQv6
そうですが何か?

51 :名無シネマ@上映中:2010/04/15(木) 22:07:25 ID:7kCdlCuM
いい怪奇映画だった。こういう話は好きだ。
グラニーが、主人公を助けるいい霊能者かと思ったら
悪の根源じゃねーか!
じつはグラニーと集落の連中こそが狂信者で、不信心者を狩る魔物を世に放っているなんて
すてきな話やん。
本来の神父の魂は、自分の身体に戻れなくて、外から身体を操っているのかなあ。

55 :名無シネマ@上映中:2010/04/19(月) 00:50:10 ID:1Zvq7gwV
ジュリアン・ムーアは婆を潰さなきゃダメじゃんよ

56 :名無シネマ@上映中:2010/04/19(月) 15:48:18 ID:6z5RptV2
>>55
ボスキャラと思われた牧師霊が婆さんの産物で
婆さんもそれを承知してるわりには
婆さんの重要度がいまいち低いんだよな

72 :名無シネマ@上映中:2010/11/06(土) 20:11:58 ID:clZpXZxZ
あの婆さん何がしたいんだよ
神信じてない悪い奴らなんて他にたくさんいるだろうに
なんであんな善良な家族痛めつけるのか意味わからん
最後も生き返らせて他の人でしたって衝撃受ける前にはぁ?って感じだわ
しかし途中まで面白かったのは認めるぜちくしょう

82 :名無シネマ@上映中:2010/11/08(月) 01:45:17 ID:hQ1t0/Ib
今見終わった

黒い影の正体が音の波形ってのは面白いアイデアだったのになー
悪魔です サタンです と思ってたわ

お咎めなしな諸悪の根元のババア死ね
つーか牧場シェルター作った時からババアなのに劇中のババア何歳だよ?化け物め

103 :名無シネマ@上映中:2011/03/01(火) 04:44:42.59 ID:AmN8oj18
スペル観て肝ばばあ大勝利むかつくわあ、と思ってこれ観たら
また肝ばばあ大勝利・・・

109 :名無シネマ@上映中:2011/04/17(日) 20:53:56.94 ID:tRqIdD9E
>>103全く同じでわろた

79 :名無シネマ@上映中:2010/11/07(日) 14:58:20 ID:qvbO/a17

41dQ0l+1QV_20110825020001.jpg

この女優変なホラー映画ですぎだろ
どれもパッとしない

80 :名無シネマ@上映中:2010/11/07(日) 16:16:39 ID:lTKfRWy5
ジュリアン・ムーアを馬鹿にするなぁ!
アメリカを代表する女優だぞ
アカデミー賞にも何度もノミネートされてるんだぞ
でもズバコーーーーーーーーーーーーーーーーーんの時はさすがのわしもずっこけたけど

81 :名無シネマ@上映中:2010/11/07(日) 17:32:34 ID:iTbpYaN0
ふははw
何でも本人がその類好きらしい

36 :名無シネマ@上映中:2010/04/09(金) 12:42:56 ID:vZ0jxqe1
魂のシェルターって概念はいいとしても、もう少し最初から匂わしておかないと、最後に突然新キャラが犯人として登場するダメなミステリーみたいで萎える。

37 :名無シネマ@上映中:2010/04/09(金) 19:55:09 ID:FCb61wXF
神様なんか居る訳ねーじゃんプゲラwww



あれ?何か背中に違和感が…

2 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 01:37:49 ID:h8d9wU8e

d2002_196_c49ecaa570d000f3d3890e3de86d39d6_20110825020014.jpg

首ガックン

52 :名無シネマ@上映中:2010/04/17(土) 00:51:49 ID:B02yUrOt
脊椎がどうのこうのってとこで、
三人の脊椎を一個ずつ移植された人が
あの首の反りかえしでダルマ落としみたいに
人格を入れ替える技を見せてくれるのかと思った。

53 :名無シネマ@上映中:2010/04/17(土) 01:40:23 ID:IliRUze4
>>52
自分は、それ

神経の配列を入れ換えて人格チェンジしてるかと思った

呪術師の婆さんが何をやってんのかさえ分かんなくて
このスレ見てやっと真相が理解出来た

62 :名無シネマ@上映中:2010/04/25(日) 21:20:43 ID:ZqTY5v5/
宗教とか、一切信じないからピンと来ない内容だった。
信じないから呪われるって言われても、はぁぁぁ?って感じ。
ねーちゃん弟のケガもちょっとは気遣ってやれよなと思った。
神より俺の方が優しい。

64 :名無シネマ@上映中:2010/05/16(日) 23:57:07 ID:x5hdv5K9
そこそこ面白かったけどな
このスレでは散々だな
音で驚かすとか、いかにもな山奥の集落とか、そうゆう過剰な演出抑えたら
もっと静かな恐怖が引き立ったかも知れん。

ラストのドタバタ劇はあんまり好きじゃない。

あと、牧師の体はオリジナルなのか?ずっと若いまま生き続けてたってこと?

65 :名無シネマ@上映中:2010/06/04(金) 16:31:57 ID:1+AUP+xQ
あの牧師、自分もうんこだったくせに不信心者を呪うとかなんなのw
しかも一番恨んでるはずのババァを素通りとかないわぁ



でも画作りはまぁまぁかな?色合いとかカメラワークは惹き付けられるもんがあった

70 :名無シネマ@上映中:2010/11/04(木) 02:21:24 ID:HMwi/pVg
つまりこの映画が伝えたかったのは
「神を信じるか?」の問いにはとりあえず「yes」と言えってことですね。
これからはそうします!!あれ・・・背中が痒いな・・・

73 :名無シネマ@上映中:2010/11/06(土) 20:39:44 ID:zCStKoJX
てっきりムーアとマイヤーズの心理合戦かと思ってたのにさー
段々雲行きが怪しくなって神のど~たらでどうでもよくなってしまった
何よりあの弟がかわいそ過ぎだし
途中までは食い入るように観たんだけどなあ

75 :名無シネマ@上映中:2010/11/06(土) 22:33:51 ID:0UX5FTB2

Darth_Vader_20110825020013.jpg

弟がかわいそうすぎる。

77 :名無シネマ@上映中:2010/11/07(日) 01:59:02 ID:c0aEszmb
弟の件は神を信じるかどうか関係ないからな…
ただ、失血死なのか殺されたのかよくわからん。

あんだけ命懸けで姪っ子守ってたのに最終的に姪は…救われないな

まぁでも感想としては面白かった。

121 :名無シネマ@上映中:2011/08/06(土) 12:46:06.34 ID:JLiQ2E+I
主人公の弟以外、誰にも同情できなかった
なんだよ、神信じなきゃあぼんとか

120 :名無シネマ@上映中:2011/08/04(木) 13:23:54.43 ID:+m+Jjnrq
日本人の9割は消滅だな

74 :名無シネマ@上映中:2010/11/06(土) 22:31:08 ID:PtARP6L5
あれ、駄作評価なのこれ!?
久々のヒットだったのに

まあ婆さんが何てことしてくれてんだよお前とか
魔術とか使う割にはキリスト教徒なの?とか
言い始めたら色々アレだけどさ
神は信じないけど仏は信じますとか言って吸われたらたまらんよな
アッラーは信じますとか言ってさ

でもまあ引っ張る力もそこそこで、オチも子供をあんな風にするって珍しいしよかった

78 :名無シネマ@上映中:2010/11/07(日) 12:07:05 ID:lTKfRWy5
>神は信じないけど仏は信じますとか言って吸われたらたまらんよな
仏が蜘蛛の糸を垂らして助けてくれます

91 :名無シネマ@上映中:2010/12/08(水) 17:09:16 ID:xhNf6xaH
日本人は殆ど無宗教だからいいけど
西洋の信仰者達はこの映画観て怒らなかったのかね?

明らかにアンチ神映画だと思うけど。

神の名の下、
神の御業をもつ女が、
不信心者を隔離するという大義で
引き起こした話の顛末がこれでいいのか?

ストーリー上、一切、神とグラニーの関係を否定したり、
神の御恵み賜ることなく結末を迎えるのが凄いな。
キリスト教圏で作られたってのが凄い。
カーラは生き残った辺り、
カーラの神≠グラニーの神とも思えない。


真相に近づくまでの
サスペンスホラーの展開としては面白かったと思うけど、

ストーリーの核の部分である
特に悪いこともしてないキャラクターが
不信心=死
っていうのがどうしても受け付けない。

悪魔や殺人鬼の快楽殺人のがよっぽど清々しいと思ったのは初めてだ。

脚本家はどこの宗教なんだろう。


関連記事

  1. 2011/08/25(木) 21:29:08|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<【 公開直前 】『神様のカルテ』『日輪の遺産』『ピラニア 3D』評判まとめ | ホーム | 映画のワンシーンの画像出すから何の映画か当ててくれ Part2>>

コメント

管理人さんの好きな映画を聞きたい
  1. URL |
  2. 2011/08/25(木) 23:20:11 |
  3. ナイト #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 管理人さんの好きな映画を聞きたい

ちょっとプロファイリングされそうで恐いです…(笑)
一番好きなのはやっぱり映画好きになったきっかけでもある「スタンド・バイ・ミー」ですね。
見まくっているので好きな映画は挙げ出したら切りがないですけど、最近更新した中では「カラフル」と「あの日、欲望の大地で」が良かったです。

ちなみに、「シェルター」は個人ランキング4126位くらいでしょうか。(笑)
  1. URL |
  2. 2011/08/26(金) 01:07:15 |
  3. 江戸川長治 #-
  4. [ 編集 ]

多分俺より管理人さんのほうが映画見てるし詳しいと思うから大丈夫w
スタンドバイミー良いよなあー
あのデブがxメンのミスティークと結婚したのはびっくりしたw
デブってパイ食いじゃないほうね(笑)
4000も映画見てるんですか?
  1. URL |
  2. 2011/08/26(金) 01:31:47 |
  3. ナイト #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 多分俺より管理人さんのほうが映画見てるし詳しいと思うから大丈夫w
> スタンドバイミー良いよなあー
> あのデブがxメンのミスティークと結婚したのはびっくりしたw
> デブってパイ食いじゃないほうね(笑)
> 4000も映画見てるんですか?

数えてはないですけど、多分4千とか5千くらいじゃないかと。
でも、見過ぎのせいか、見た先から忘れていくという、意味なし状態です。(笑)
  1. URL |
  2. 2011/08/26(金) 02:14:33 |
  3. 江戸川長治 #-
  4. [ 編集 ]

すごいですね!
自分なんてまたま1000本くらいですよw
それでは毎日更新楽しみにしてますね。頑張って下さい。
  1. URL |
  2. 2011/08/26(金) 08:30:12 |
  3. ナイト #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> すごいですね!
> 自分なんてまたま1000本くらいですよw
> それでは毎日更新楽しみにしてますね。頑張って下さい。

ありがとうございます。更新への励みになります。<(_ _)>
  1. URL |
  2. 2011/08/26(金) 09:10:09 |
  3. 江戸川長治 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2177-08ab1728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。