2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

タイムマシン

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/sf/1025873223/
14_alikeh_20110821131100.jpg

1 :名無しステーション:2008/03/30(日) 20:53:33.46 ID:FcdHmYzY
 H・G・ウェルズの有名な同名原作を1959年に続き再映画化したSFアドベンチャー。事件で失った恋人を助けるためタイムマシンを発明してしまった男が、やがて80万年後の世界をも目撃してしまう。原作者の曾孫サイモン・ウェルズ監督が初の実写作品に挑んだ(撮影終盤、体調を崩したウェルズ監督に代わり「メキシカン」のゴア・ヴァービンスキーが一時期監督代行を務めた)。主演は「L.A.コンフィデンシャル」「メメント」のガイ・ピアース。


26 :みたけど:02/07/17 06:45
ラストが納得いかなかった。
なんだこりゃってカンジで。

未来人に過去はかえられないだろうけど、
過去人に未来はかえられそうだな。
たとえば19世紀人が21世紀のハイテク武器つんで、
80万年後の世界を支配するとか。

映像がスゴいだけに、あと「悪者」がそこそこ魅力的なだけに
オチがなあ……

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/22 01:23
観てきました。
まさかここまで場当たり的なその場しのぎのハッピーエンドになってるとは思わなかったッス・・・。

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/22 22:19
原作ラストの、友人の希望的想像を具体化した終わり方なんだろうけど…。
原作やパル版を超えたところと言えば、2030年代のニューヨークのシーンくらいか…。
ブレードランナーに対抗、匹敵できている未来社会の描写ではある。

予備知識のない人は、「現代」が20世紀末もしくは21世紀初頭でないのが理解しづらい
かも。

51 :土蜘蛛:02/07/22 11:09
どうしようもない映画です。

41dQ0l+1QV_20110821131059.jpg

主人公のガイ・ピアースは、いつも口をポカーンと開けていてヴァカ
みたいだし。ストーリーは酷いし。あのタイムマシンの外にぶら下がって
いた未来人って、主観時間ではああやって50年くらいぶらさがっていたこ
とになるの? とかつっこみどころだらけだが、つっこむ気にすらなら
ないばからしさだし。監督がウェルズの孫だって? いやあ、死んでお爺さんに
おわびしろって感じ。

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/24 00:38
プロデューサーって、監督が原作のウェルズのひ孫とは知らずに起用したらしいけど、
ホントかなあ…

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/24 01:01
脚本がウンコ。

81 : :02/07/28 23:44
途中立ち寄った2030年と2070年だかが、あまりにも伏線というか
必須の状況説明に利用されているのが、ご都合主義的で納得がいかん。
 新猿の作成もどきに、図書館のユーザーインターフェースが80万年後も
生きているのも、承服しがたい。
一端1億年以上も未来に行って、モーロックの天下を確認してから元に
戻ってくるところも、なんだかなぁと思うし。

普通なら婚約者が死んでも2度目ぐらいではあきらめたりしないだろう。
それにしても2度目で、約束より早めに来た未来からの自分は、遅れて
来た自分にとっての婚約者をさらって町にいってしまうので、すでに
ぱられるワールド状態になってしまうんだがなあ。。。

82 :いややはり:02/07/29 06:23
シツコク過去にもどり、あの手この手で恋人をすくうけど、
結局様々な方法で死んでまう。
「いしいひさいち的ワンパターン」のあげく、
画面にむかって「ダメだこりゃ」
てな映画がよか。

68 :北斗のハート様(^0_0^):02/12/25 02:59 ID:EVmeaMET

51BVXZqazi_20110821131058.jpg

モーロックの殺ぎ落としたような鼻がきもい、地下で暮らすとあんな鼻になるのかな

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/30 02:16
モーロックあんなに頭いいならもっと知性の低いエロイを品種改良して生み出しとけばよかったのに

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/30 12:42
>84
原作ではモーロック=労働階級が反乱をおこして地下に潜って進化した種族
エロイ=ほうけた貴族階級 だからねぇ。マジな話。
祖先の時代はエロイがモーロックを搾取してたのが逆転してるという話。

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/30 12:44
どうせならジェレミー・アイアンズと話し合いで解決すればグダグダ感が増して笑いが取れたのに

51jQIr2oWd_20110821131058.jpg

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/26 13:52
どうでもいいけど、アイアンズ先生が嘘ついてるんじゃなければあそこ以外にも
ムッチャたくさんのコロニーがあるはずなんですけど…
いいのかアレキサンダー?

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/01 00:42
他のコロニーは無視かよガイ・ピアース。
この映画の設定におけるエロイとモーロックの関係から推察するなら
あんな風に反抗的な種族のまま放っておくかな?
ピアースの出現が変化のきっかけだとしても、そういう危険分子が内在してたわけでしょ?
やっぱ笛吹いて巣穴までおびき寄せる戦法の方があってるよ。
この映画の中の知性派エスパーモーロックならなおさらね

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/01 02:38
>>88
俺は結構あの支配階級モーロックってイイ奴じゃんと思うんだが。
彼らには彼らなりの考え方やモラルがあるはずだし、80万年もかけて
進化してきた重みってものもあるはず。
人肉食が悪いってのも「現代」の考え方に過ぎず、おまけにあの時点では
もはや別の種なんだから、同種食いですらない。

80万年前のモラルで裁こうとしている奴を諭して「帰れ」と送り出して
くれようとしてるんだから…人間が出来てるよな(w

65 :北斗のハート様(^0_0^) :02/12/25 02:15 ID:EVmeaMET
80万年後に出てくる白いおっさんは、アレクサンダーにやさしく『さあ、もう自分の時代に帰れ』ってやさしく言ってくれたのになんでアレクサンダーはあんな酷いことをするんだ(T_T)

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/01 17:02
アイアンズのお説教から何も学ばないピアースが素敵

66 :北斗のハート様(^0_0^) :02/12/25 02:28 ID:EVmeaMET
エロイ族っていう名に笑った

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/04 03:17
脚本がダメ。てかバックトゥーザフューチャーより数段退化してるし。
まあ原作が古すぎるのが致命傷。映画化する意味あったの?

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/04 05:54
>>93
原作が古すぎるのはセンス次第でどうにでもなる。たとい原作に忠実でもね。

しかし…

95 : :02/08/04 07:34
元はイギリスの話しだし、実際この映画の出だしはイギリスのようだが、
なんだか途中からアメリカが舞台になっている。最後にこのあたりに
元の家があったという合成画像がうつるんだが、どう考えても、
直ぐ側にNY中央図書館の瓦礫があって、島国であるイギリスの家にまで
歩いていくのは大変なはずなんだが。たったの80万年ぐらいでは
NYの隣がイギリスになるほどの変化は、、、、可能性としては月の異変で
大陸移動が激しくなり、、なのかもしれないのだが、まあ無理だね。

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/04 12:52
>>95
ふっふっふ、あなたも騙されましたね( ̄ー ̄)ニヤッ
公式サイトを見てみましょう。
実は舞台はニューヨークに変えられてるんですよ。
ボクも同じ疑問を書き込んだら、そういうツッコミをされました・゚・(ノД`)・゚・。

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/21 23:19
原作だと人類は繁栄を極め
乗り越えるべき困難も苦難も無くなったが故に
必然的に衰退してしまったという、
ユートピア故の亡びだったのに

映画だと人類が引き起こした過ちに(災害)によって
文明が崩壊したというんじゃぜんぜん違うやん。

111 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/22 02:33
観たよ。クソミソに言われていたので全然期待しないで行ったら
覚悟していたほどひどくはなかった。
ただ、あのモーロックの洞窟の入り口はどういう造形なんだ。
小学生か、これデザインしたの!と思った。

124 :吹き矢になんの意味が?:02/12/30 00:14
>>111
モーロックの洞窟玄関のデザイン・・・、
NHKのマスコットキャラ「どーも君」のクチですね。w

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/21 05:18
期待して見たのだが、ダメだった。陳腐すぎる。
俺が小学校時に見た1960年製のタイムマシンの方がいい。
ウィーナが出ていないと面白くない。
まあロンドンが舞台じゃなくちゃダメまではこだわるらないが、
ウィーナが出ていなくて、ウィーナは1950年代の美人像だよね。
なんという役者さんなのだろう、やはり同時代のモンローっぽいね。
そのウィーナの代わりに有色人種の女だもんな。
それに未来社会の文明レベルは退化しているしね。
1960年の映画や原作では、退化はしていなかったよね。
ワッカを回すとDVDかビデオみたいに話す映像が出てきたり・・・

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/21 06:08
120に書いた者だ。
調べたら、ウィーナ役にはイベット・ミミューという女優さんですね。
現在でも生きているみたいです。
1942年生まれ。他には1960年ボーイハント。1962年黙示録の四騎士・・・
といった映画に出演しているみたいですね。
今年ちょうど60歳・・・。

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/21 06:15
ということは当時ウィーナ役のイベット・ミミューは18歳なのか(;´Д`)ハァハァ



http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1040396482/
77219_20110821131057.jpg

8 :名無シネマ@上映中:02/12/21 01:33 ID:kgDZswiS
ラストシーン、アレクサンダーがいない部屋へ、帽子を投げ入れる時の元同僚の人
の寂しげな顔はわすれられないね。でも、やはり人間は生きたいように素直になるべきだ。
彼の行動は正しい。悲しいだけだからね、あの時代を生きてても。

9 :名無シネマ@上映中:02/12/21 04:56 ID:VXo+I/eL
>>8
>部屋へ、帽子を投げ入れる時

部屋へ投げたんではなく、道に投げ捨てたはず。

10 :元祖映画大王:02/12/21 16:42 ID:MRUHWIDM
80万年後の世界の仕組みがいまいちわからなかったけど・・
あの白い人をさらに支配してる超文明の人間がいるの?

20 : :02/12/22 09:22 ID:cfgKB6lT
>>10
俺も疑問なんだけど、結局トップはあの白いやつだけなんじゃないの?
80万年の生物の進化の過程で、エロイ モーロック
そして、モーロックをコントロールしてるおっさんという3つの進化の
派生があって、シマウマとライオンみたいに本来自然に起こる生態系の秩序を、
超越した一人の人間が操作していて、エロイと同種のアレクサンダーが人類は
食材にしかなれないという事実に反抗してその階級をぶっ壊した、結局
生態系のトップは人間であるべきだという解釈をしたんですが、あってんのかな?

22 :名無シネマ@上映中:02/12/22 12:35 ID:goQroqbe
>>20
アイアンズはモーロックの「支配種」なんじゃないの。別の種族って訳じゃないでしょ
他にもコロニーがたくさんあるらしいし、あのオッサンがたった一人で
全部管理してるって話じゃないと思うけど

11 :名無シネマ@上映中:02/12/21 16:43 ID:dku64HRK
それなりに面白かったけど、アレクの婚約者に対する気持ちの吹っ切れ方が、
描かれてなかったよね。何故あの時代に留まろうと思ったのかは、やっぱり、
オンナ目当てでしょ?マシンに乗ってからは恐らく1日くらいしかたって
いないはずなのに、何故当初の目的の彼女を生き返らせるをあきらめてしまった
のか・・・・・。アイアンズにも説得力なかったけどな。

でも、なんか80年代の懐かしい正統派SFを見た感じで楽しめたけどね。

12 :元祖映画大王:02/12/21 16:44 ID:MRUHWIDM
>>11
女目当てで残るのはスターゲイトみたいだな・・
結局一目ぼれか

13 :名無シネマ@上映中:02/12/21 23:02 ID:bb1bKJFe
想像と違ったけど面白かった。なんかハラハラ、ドキドキ感があったよ。
アレクサンダーの無茶っぷりが、おぃおぃ…てな展開が結構あったけど。
>>11
彼女の死である「過去」は変えられない。支配された「未来」も変えられない。
で、その場「今」を変えるという結論にたどり着いたのでわ。

18 :名無シネマ@上映中:02/12/22 08:18 ID:g3a/YNHs
俺も女目当てで、主人公が残ったんじゃないかなと思った。
でも、あの黒人系の女には萌えん。

20071115_inutowatashi_main_20110821131057.jpg

白人のウィーナじゃないとダメだ・・

25 :名無シネマ@上映中:02/12/22 14:59 ID:CHhZgoeI
ちょっとアムロ似でけっこうかわいくない?巨乳だし

26 :名無シネマ@上映中:02/12/22 17:42 ID:JOFnWMsU
サマンサも有色人種にしてはイケてるし、婚約者役の人(偽ケイトブランシェット)
も美人だし、女優はあたりだね。

32 :名無シネマ@上映中:02/12/23 02:24 ID:rZTwItIV
今回おそらく有色人種にしたのは、80万年の間に人種が混合した結果ということじゃないかと思いました。
旧作では全員金髪の白色人種だったけど、今考えるとやっぱ不自然ですしね。
あ、別段ウィーナ批判じゃないですよ。
私も先日旧作ビデオで見たけど、彼女すんごくカワイかった。

旧作見てて思ったのは、1960年にロンドンに核爆弾が落ちるという設定。
ああ冷戦時代ならではだな、と思いました。

33 :名無シネマ@上映中:02/12/23 02:28 ID:cabbngJC
エマがめっちゃカワイイ
死ぬだけの役なんて~

d2002_196_c49ecaa570d000f3d3890e3de86d39d6_20110821131123.jpg

49 :名無シネマ@上映中:02/12/24 13:11 ID:jE4AxP0P
エマってなんていう女優さんなの?

55 :名無シネマ@上映中:02/12/24 22:18 ID:fpiBXaFY
>>49
シエナ・ギロリー

23 :名無シネマ@上映中:02/12/22 12:39 ID:g3a/YNHs
1960年の映画と原作の主人公像とは違うように感じられた。
もっと強い男のような感じがするんだがな・・・
なんかへなちょこっぽいし、俺だったら、あの白い奴に帰れと
言われたならば、そこは帰って、過去に行って、自分の時代でもいいし、
20世紀末でも21世紀でもいいが、とにかく棍棒とかの原始的な武器では
なく、銃器、重火器など、あの映画のモーロックの武器?の吹き矢よりも
強力で連射がきく武器を持っていって戦うんだけどな。
モーロックにタイムマシン自体を武器に使うのはもったいない。
それに、何もあそこだけしか局地的に、モーロックが
存在するわけでもないだろうから、全面的に戦うしかないと思う。

41 :名無シネマ@上映中:02/12/23 20:36 ID:Ov8wYqiM
H.G.ウェルズの孫だかひ孫だかが監督と聞いて不安に思ってたが、画作りはまともで
悪くなかった。
ストーリーは仕方ないってところかな。

42 : :02/12/23 21:23 ID:cZeieMK7
しかし、主人公もたまたま気を失ったせいで、80万年も先に行って、
偶然そこで答えを見つけて良かったよな。「答えはここにはない」って
言いつつ4年前を去るわけだけど、未来にはもっと無いだろう!と普通、
思うところだよね。でも、ちゃんとあったし、心の空洞を埋める人にも
出会えたし、ともすれば彼があの世界の支配者にもなれたってことで、
めでたしめでたしでしたな。
白い親父が言った「もともとタイムマシンは、エマが死んだから作った
もの。エマが死ななければタイムマシンは無い。だからタイムマシンで
エマを救えるわけがない」というのはなかなかの答えではないかと思う。
それから、博物館の男もいいね。彼は文明すべてを記憶しているから、
あのメンバーで新しい世界を築くのに、大いに役立つんではないかな。
しかし動力源とか何だろう。何でいつまでも動いてるんかな。

57 : :02/12/24 22:49 ID:1WsxxgRD
>42
> 白い親父が言った「もともとタイムマシンは、エマが死んだから作った
> もの。エマが死ななければタイムマシンは無い。だからタイムマシンで
> エマを救えるわけがない」というのはなかなかの答えではないかと思う。

うそ! そんなこと言ってた? ぜんぜん気づかなかった。
というか、その回答なら納得いくじゃん。

それを最後のオチにすれば、客は納得いくし、
せつない悲劇ってことでラスト盛り上げられるし、
サルの惑星で時間を使わなくても、もっといろいろ冒険できるじゃん!

ついでに。
>「答えはここにはない」って
>言いつつ4年前を去るわけだけど、未来にはもっと無いだろう!と普通、
>思うところだよね。

「なぜ、過去を変えることができないのか?」
→「未来の進んだ科学なら、因果律の謎を解き明かしているかもしれない!」
というのは、まあ自然な発想な気がする。

それにつけても、なぜあんなに後半ダメダメ映画になったんだろう。
途中で予算が尽きたのかな。

116 :名無シネマ@上映中:02/12/30 23:10 ID:GPYQBkfK
つうか主人公がやった事は正しい事なのか。
80万年前の価値観で安易に未来変えるなよ。と思った。
帰れといわれて素直に帰った方がいいだろ。映画としてはつまらないけど。

117 :名無シネマ@上映中:02/12/30 23:16 ID:GPYQBkfK
どう考えたって個人的で一時的な価値観をもって80万年かけて進化した種族を
殲滅させちゃあまずいよ。それも全て含めて必然なのかもしれないけど、
主人公は安直な愚か者だということは確か。

36 :名無シネマ@上映中:02/12/23 06:09 ID:8CrmsBA/
この話を肯定すると、ドラえもんが悲しくなってくる。
宗教的だね。

37 :名無シネマ@上映中:02/12/23 06:34 ID:wrkbStsg
タイムマシンともしもボックスで平行世界を派生しまくるドラちゃん

46 :名無シネマ@上映中:02/12/24 07:13 ID:awTp7d8i
うーむ みたけど イマイチかな。
タイムトラベルを可能にする論理とかの説明が
一切ないしね。

48 :名無シネマ@上映中:02/12/24 09:41 ID:4I/2g1Zd
俺はあれよ、あのタイムトラベルの主人公以外の時間が超高速で流れてゆく
シーンのみのために、見ましたといっても過言ではないのです...w
あれ正直すごかったと思う、さすがILM...

>タイムトラベルを可能にする論理とかの説明が
>一切ないしね。
その説明、俺も欲しかったw

77 :名無シネマ@上映中:02/12/26 00:57 ID:0DMxOBL8
タイムマシンの中で気絶している時に、時間がどんどん先へ進んでいく過程の
外の風景の変わりようは凄く美しく神秘的だった、映画館でこそ、
初めて味わえると思うそのド迫力風景描写は、まさに絶品だ!!

58 :名無シネマ@上映中:02/12/24 22:51 ID:/sKJMZmA
個人的には、月が崩壊するシーンがもっと見たかった。

Darth_Vader_20110821131123.jpg

59 :名無シネマ@上映中:02/12/24 23:06 ID:TWQSk+E/
確かにあの月が崩壊して、地球に落下していくシーンは迫力があって、
凄かったよね。あのシーンはもうすこし長く見たかった。

83 : 通行人さん@無名タレント    :02/12/26 04:16 ID:pznqleH2
雪景色が美しく、最初の方は細部まで繊細丁重に作られていてマンセー。
19世紀的なメカメカしいタイムマシンのデザインもいい。
月が崩壊して地球に落ちてくる辺りまでは良質な映画だったが…
カッパみたいのが出てきてからモロB級映画になってゆくのが悲しい。

93 :名無シネマ@上映中:02/12/28 05:11 ID:pXjw3C6U
どいつもこいつも、未来は必ず核戦争や天災が起きて人類が消滅寸前になるって
のが多すぎなんだよな。
「ターミネーター」「北斗の拳」「AKIRA」「A.I.」その他諸々。
「タイムマシン」くらい80万年もあとになっちゃうと、逆にあんな低レベルの
文化であることがまず変だよ。
今の文明は、2000年もあれば出来上がったわけでしょ?
ちゃんと今の文明があったことが認識されてるし、英語だってしゃべれるのに、
なんであんな原始の世界だったんだろうかね。
ホントは80万年の間に、何度も文明が作られて壊れてるはずだよ。
タイムトラベルしてる間に、摩天楼の3つや4つは出来ては壊れてるはずだが。
そこんところが納得いかないな。
でも嫌いじゃないです。

94 :名無シネマ@上映中:02/12/28 08:13 ID:WUwvNt5e
>>93
ホントホント。
80万年前のしかビルがないなんて、そんな馬鹿な・・・

118 :名無シネマ@上映中:02/12/30 23:48 ID:GPYQBkfK
>>93
低レベルかな?言葉も喋れるし、理路整然とした概念の元に
行動してるし、発展の方向性が違うだけじゃないのかな。一般的に想像する
未来像と比べてただ便利な機械が在るか無いかの小さな違いじゃない?
つうか文明の高い低いはどうやって判断するんだろう。確かに
現在から線上で繋がるような便利な機械は無いけど思考する生き物として
立派に確立してるというか80万年前の人間が違和感無く溶け込める事自体で
少なくとも俺には現在に比べて低レベルには見えなかったけど。

85 :疑問君:02/12/26 10:23 ID:0KYvOe3O

BlackLagoon-rebby-sleeps_20110821131124.gif

あれ、タイムトラベル中にそのタイムマシンがあるところに建物とか作られたら
どうなるのよ?穴あくのか?

95 :名無シネマ@上映中:02/12/28 08:38 ID:4mT+ZdLA
>>85
何らかの因果律が働いて、絶対マシンの位置には障害物ができないとか。
ほら、君の近所にもあるだろ?特に意識はしていないけど、昔からず~っと
建物が建たない一角が。

とか言ってみる。

96 :名無シネマ@上映中:02/12/28 08:46 ID:fndnV/Fu
>>95
いいねぇ、そういう解釈!


関連記事

  1. 2011/08/21(日) 14:57:27|
  2. た行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<恋とニュースのつくり方 | ホーム | 【FOOT×BRAIN】映画評論家 柳下毅一郎が選ぶ「歴代サッカー映画のベスト11」>>

コメント

こんばんは

リンクを貼っていただきありがとうございます。
相互RSSも始めましたので、よかったらお願いします。
  1. URL |
  2. 2011/08/21(日) 18:46:22 |
  3. eden0914 #-
  4. [ 編集 ]

Re: こんばんは

> リンクを貼っていただきありがとうございます。
> 相互RSSも始めましたので、よかったらお願いします。

ありがとうございます。
こちらもRSSに追加登録させていただきました。今後とも宜しくお願いします。
  1. URL |
  2. 2011/08/21(日) 20:44:02 |
  3. 江戸川長治 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2169-e36e793c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。